晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2010年08月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

みんな私に恋をする

完全に目当てありで観ました。またも、DVDスルー作品でーす。
どーでもいいのよ、ストーリーなんて。
(潔いな)
ラブコメだしな。
音楽は、なかなかいい感じでしたよ。
when-in-rome1みんな私に恋をする
原題:WHEN IN ROME
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
製作:ゲイリー・フォスター、マーク・スティーヴン・ジョンソン、アンドリュー・パネイ
脚本:デヴィッド・ダイアモンド、デヴィッド・ウェイスマン
音楽:クリストファー・ヤング
音楽総指揮:デイヴ・ジョーダン
上映時間:91分
出演:クリスティン・ベル、ジョシュ・デュアメル、ウィル・アーネット、ジョン・ヘダー、    ダックス・シェパード、ダニー・デヴィート、アンジェリカ・ヒューストン
ニューヨークの美術館でキュレーターとして働くベスは、最近ツイてない恋愛ばかり。ところが、超スピード婚を決めた妹の結婚式に参列するためローマを訪れたベスが、酔った勢いで“愛の泉”のコインを拾ってみたら、なんとコインを投げ入れた男たちからモテモテに!とても理想の相手とは言えない男性陣からの猛アタックに困惑するベスをさらに困らせるのは、キュートなジャーナリスト、ニックの存在。自分に夢中な彼に“運命の恋”を予感するベスだけど、他の男性陣たちと同様に、ニックも“コインの魔法”にかかっているだけなのかも・・・と、ベスはなかなか彼の気持ちを信じることができない。もしも魔法が本当だとしたら、彼の気持ちは本物?それとも・・・?

when-in-rome5彼女の職業であるキュレーターってなんじゃらほい?だったんです。美術館の学芸員のことでした。そのボスの女性が、アダムス・ファミリーの奥さまでしたので、ちょっと混乱を来しました(どんな混乱やねん)
美術品のオークションやさんかと思ってただけです。
「魔法」だなんだと、ちょっとファンタジックなのは、ディズニーの関係かしらん??
この映画、男性の方が妙に変なんですわ(笑)
2when-in-rome相手役のジョシュ・デュアメルも、どこかどんくさくって、そこらへんじゅうで頭ぶつけたり、こけたりしてますし。悲劇にも見舞われてた人だしね。
そう、私はジョシュ・デュアメルを目当てで観たのよ〜。
キャラ的に好きなんですね。
どこか憎めないし。
なんせ、男前だしね!
銃とかをもってるのもいいけど、コメディっぽいのはどげなもんだと思ってみたかったわけです。
ヒロインは、ヴェロニカ・マーズのクリスティン・ベル。
このドラマは、予告でしか観てないですけど、面白いみたいですね。
キュートだけど、そんな美人でもないですわ(女目線はきついな)
そんな彼女ベスが、ローマでの妹の結婚式で、ジョシュ扮するニックと知り合う。結婚式のパーティでいい雰囲気だったものの、赤いドレスの女性とキスを交わすのを観てしまい、酔っ払って目の前にあった愛の泉のコインを拾ってしまう。
when-in-rome4そんなとこから、コインを投げた男性たちからモテまくってしまい、その中のコイン(チップ)にはニックの部屋にあったチップもあり…。
このベスに求愛する男性たちが、変キャラばっかでねぇ。
あら?と思ったのは、変なマジシャンがジョン・ヘダーだった。(画像左端のひと)
笑っちゃったわぁ〜〜〜〜。キモ臭だしてるんだもん。
たしか画家の人は、俺たちフィギュアスケーターのあのライバルの人!ダックス・シェパードは、クリスティン・ベルと婚約したらしい(筋肉バカ役だったと思う)。
そんなドタバタと、ニックに対する気持ちはあるものの、コインのせいだと思い、じたばたするヒロイン。
When-in-Rome3最後までドタバタやってますが、時間的にもちょうどよく、めでたしめでたし。
悪い人も出てこなくって、よかったですね(笑)
どんくさいジョシュ・デュアメルも、かわいくてよかったですわ。(^▽^) ハッハッハ

最恐絶頂計画

( ̄ェ ̄;)
男子の方、一応【ヘア無修正版】というやつです。
最〜絶叫計画とかのパロディ映画ではありませんでした。無関係。
憑かれた疲れた週末なんで、ホラー系パロディ映画をぼけぇ〜と観るかとTRYしたんですけどね。
rama最恐絶頂計画
原題:SHOCK-O-RAMA
制作:マイケル・ラソ
脚本:ブレット・パイパー
音楽:ジョン・グレートハウス
上映時間:89分
出演:ミスティ・マンディー、ジュリアン・ウェルズ、A・J・カーン、ケイトリン・ロス
3つの恐怖が交錯する、史上最恐のエクスタシー!
ホラー映画専門の製作している映画会社の看板女優が甦らせたゾンビ!トランスフォームするエイリアン!美女を操り、官能体験を夢見る巨大なる脳髄!果たしてこれは現実か、それとも罠か?「アラクニア」、「ドレイナーズ」などの鬼才ブレット・パイパーが放つ衝撃作!

と、↑ 販売元サイトにあった。
shock-o-rama cinemaというB級低予算ホラーを手がけている会社の制作なんですが、まんま自虐ネタだろ。(原題もまんまだしな)
看板女優を差し替えで、この女優も飽き飽きしていたので、格安で買った家に休暇。その家は、曰く付きの家だった。
差し替え予定の女優が、麻薬絡みで逮捕され、女優捜しのために似たようなビデオを見始める。
つうことで、そんなんが2本。
妙に、「この映画、いつの時代のやねんっ!」と叫びたくなるよーな画面です。
制作は2006年ですけどね。
無駄に、女性の裸はでてくるし。(だからヘア無修正…ってなぁ)
あ〜、久しぶりにすごいのを見てしまった。
(^◇^;)

バイオハザード

ここ2、3年やblogのインデックスを見る限り、この手の映画は、絶対観てそうな私ですが、観ていなかったのでした。ゲームも、まったくやりませんもん。(出来ないといった方が当たっているかも)
一作目の頃とか、ゾンビなんてこわーい★と自分を知らなかったんで(爆)
ゾンビ映画は、意外と好きな方ですな。(^▽^) ハッハッハ
Blu-rayで、観てみました。
biohazard11バイオハザード
原題:Resident Evil
監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デビッド・ジョンソン
音楽:マリリン・マンソン、マルコ・ベルトラミ
上映時間:101分
出演:ミラ・ジョボビッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス、ジェームズ・ピュアフォイ、マーティン・クルーズ、コリン・サーモン,
近未来。巨大企業アンブレラ・コーポレーションでは“ハイブ"と呼ばれる地下の巨大研究施設で秘密裏にバイオ兵器の研究を進めていた。しかし、研究中のウィルスが何者かによって施設内に散布されてしまう。ハイブを管理しているコンピュータは施設外への伝染を防ぐため完全閉鎖し、外部との接触を遮断する。内部調査のためハイブに送り込まれた特殊部隊は、出入り口付近で倒れていた美女・アリスを発見するが、彼女は記憶を失っていた。一同は彼女を連れてハイブへ侵入するが、そこには予想を超える光景が広がっていた……。
バイオハザード - goo 映画

biohazard15ゲームからの映画化もんは、どうしてもゲーム要素が多く入っていて、ストーリー的にどうよっていうものも多いです。
その中では、映画としても面白くできている方ですね。
ちょろっと観た特典で、ゲームの前の話エピソード0にもってきたのがよかったのでしょうね。
主人公の記憶喪失の女はアリス、スパコンの名前はレッドクィーン、物語は地下。あら、あのアリスみたい。お茶会はなかったですけど。
バイオハザード4に、クリス役でプリズン・ブレイクで有名なウェントワース・ミラーがでますが、それ以前に、レオンにジェンセン・アクレスつう話もあって、私はレオンのゲーム画像をチェックしたことがある。似てるという評判でさ、そりゃ確認するで(笑)
biohazard14この映画には、そこまでの男前は出てこんけど、女性が妙にハンサムだったりする。
武装が似合いすぎなミシェル・ロドリゲスのレイン。
彼女ほど武器が似合う人はいないな〜んてね。コテコテのloveもんのヒロインくらい今のうちに見せて欲しいような観たくないような。
最近では、アバターでもいい役でした。
あれだけいたハイブの隊員が、レッドクィーンにたどり着くまでにごっそり消えちゃう。
あの辺もゲーム的といえばそうかなぁ。
この記事を書くのに、スタッフとか調べてたら「音楽:マリリン・マンソン」ここで、ふいてしまいました。
biohazard16アリスと結婚したことになっていたスペンス。この顔に見覚えありで、映画の最中、必死で思い出そうとしたんだけどでてこない。
「ROMA」のアントニウスだった…。どうりでね。ドラマだと毎回観ますからねぇ。ジェームズ・ピュアフォイっていう人だったんだ。
この映画に関しては、入ってきていた情報量が多めだったのですが、こういう出だしだとはよう知らなんだ。
自称配属されたばかりの警官マットや閉鎖されガスを巻かれるアンブレラ社の社員リサとの関係やアリス、ここらのキャラ分けも面白かったです。
ミラ様の無駄脱ぎも最初と最後にまであるサービスぶり。
最後といえば、あのエンディングは「映画はつづく」みたいでした。当初は、そう意図していなかったのかもしれないでしょう。ゲームの方へ続くだったんでしょうね。
ゾンビ系感染映画としては、やはり面白い方です。

9月に出る新作DVD!前期集中、オスカー受賞作も。

残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだ暑い日が続くという長期予報ですね。映画館で避暑もいいかなぁ。
ミレニアムの2と3が、観たいのですが、10月23日からしか京都はしてくんないようです。
じゃー、とびだすウェントワース・ミラーを目当てに、バイハザ4??
わたしさ、体調が、よくないです。夜中に暑くって目覚めるっていうのが癖になってますね。まだ、マシな日でも、目が覚めるんだよねぇ。(;´_`;)
さっさといくわね。
9/2
ハート・ロッカー [DVD]ハート・ロッカー [DVD]
出演:ジェレミー・レナー
ポニーキャニオン(2010-09-02)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アカデミー賞作品賞など受賞作品。これは、見ます!今月の目玉かな?
ウルフマン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ウルフマン
出演:アンソニー・ホプキンス
ジェネオン・ユニバーサル(2010-09-02)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、見ますぅ〜〜。なにげに、デル・トロさんは好きです。
アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹 [DVD]アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹 [DVD]
出演:ジェイソン・リー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン(2010-09-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
妙に、クセになりそなんですよね、これ。
前作を見ているので見たいです。
9/3
bruno 完全ノーカット豪華版 [DVD]bruno 完全ノーカット豪華版 [DVD]
出演:サシャ・バロン・コーエン
エイベックス・マーケティング(2010-09-03)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
何も言いますまい。はい、ボラットさんです。あっ、ひとことだけ、完全ノーカットって…。
ウディ・アレンの夢と犯罪 [DVD]ウディ・アレンの夢と犯罪 [DVD]
出演:ユアン・マクレガー
アルバトロス(2010-09-03)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ウディ・アレンのロンドン三部作最終作。ユアンとコリン・ファレルが兄弟?
処刑人II [DVD]処刑人II [DVD]
出演:ショーン・パトリック・フラナリー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2010-09-03)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
1って見たっけ??
9/8
牛の鈴音(うしのすずおと) [DVD]牛の鈴音(うしのすずおと) [DVD]
出演:チェ・ウォンギュン
バップ(2010-09-08)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ミニシアターで、評判がよかったやつです。
隣の家の少女 [DVD]隣の家の少女 [DVD]
出演:ブライス・オーファース
キングレコード(2010-09-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
う〜ん、凹み映画でしょう。「アメリカン・クライム」の事件を元ネタに小説化したものの映画化。アメリカン・クライムは、もう観たくないんですよね。
しんどい。少女の設定とか、違う部分も多いようですね。
9/9
NINE スペシャル・エディション [DVD]NINE スペシャル・エディション [DVD]
出演:ダニエル・デイ=ルイス
角川映画(2010-09-09)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは観ましたけど…。女優さんは美しく色っぽい。
私は、WOWOWで放映したら録画するかもしんない。
9/10
シャッター アイランド  [DVD]シャッター アイランド [DVD]
出演:レオナルド・ディカプリオ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2010-09-10)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この映画は、観に行くつもりだったのですが…。なぜ行けなかったのかは、DVDを観た感想の時にでも書きます。
9/15
パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
出演:ジョン・トラボルタ
ワーナー・ホーム・ビデオ(2010-09-15)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アタシが、好きそーなタイプですね。(^v^)フフフ
観ますよ。
フェーズ6 [DVD]フェーズ6 [DVD]
出演:ルー・テイラー・ブッチ
ポニーキャニオン(2010-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
スタートレックのクリス・パインとか出てます。ウィルス・パニックもん!
9/22
レギオン コレクターズ・エディション [DVD]レギオン コレクターズ・エディション [DVD]
出演:デニス・クエイド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2010-09-22)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これ、気になってたんです。ポール・ベタニーが戦闘的?天使なような気がするんですけど??この手のもんは好きだし。

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
出演:ジェイク・ギレンホール
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(2010-09-22)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、劇場鑑賞済みです。
Blu-rayの特典が観たいなぁ〜とは思う。

海外ドラマの方が、大変でございます。今は「ザ・パシフィック」を観てます。もうすぐ終わる。ソフト化されたら、まぁ観てちょ。10話で終わるから、まだ楽でしょ。
ちゃぴさんこれ↓が好き
SUPERNATURAL V / スーパーナチュラル 〈フィフス・シーズン〉コンプリート・ボックス [DVD]SUPERNATURAL V / スーパーナチュラル 〈フィフス・シーズン〉
出演:ジャレッド・パダレッキ
ワーナー・ホーム・ビデオ(2010-10-20)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
9/8からレンタル開始です。でもさ、10月までガマンするんだ、あたし。(ほんまかいな)今年から来年にかけて、スパナチュYearなんだよ!このドラマ、妙にはまってしまってます。
FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
出演:アナ・トーヴ
ワーナー・ホーム・ビデオ(2010-09-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
こちらも、S2のレンタルが9/22より開始です。
これも、観たいなぁ。このドラマは、段々はまるタイプです。
他に、HEROESのファイナルが9/8からだったりします。(S3観てませんなぁ)
デクスターもS4が…、S3をこちらも観られてません。
色々と出ているのですが、ぼちぼちで海ドラはいいかな(そう、旧作になるまでまとう)

17歳の肖像

超注目女優さんになったキャリー・マリガンが、注目されるきっかけとなった映画。
秋公開のウォール街とか、Never Let Me Goという作品で、キーラや新スパイダーマンと共演したりで話題です。私は、そこまで思わないけど、オードリ・ヘップバーンの再来なんてまでいわれてるんだって。
17歳の女子高生が、大人の男性と恋に落ちて…といったよくある話のようだけど、原題は「An Education 教育」という題名。これポイントね。
原作は、ジャーナリストのリン・パーパーの自叙伝。
education117歳の肖像
原題:An Education
監督:ロネ・シェルフィグ
脚本・製作総指揮:ニック・ホーンビィ
製作:フィノラ・ドワイヤー、アマンダ・ポージー
原作:リン・バーバー
撮影:ジョン・デ・ボーマン
音楽:ポール・イングリッシュビィ
上映時間:100分
education8出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、ドミニク・クーパー、オリビア・ウィリアムズ、エマ・トンプソン、カーラ・セイモア、マシュー・ベアード、サリー・ホーキンス、他
1961年、ロンドン郊外で両親と暮らす16歳のジェニーは、オックスフォード大学入学を目指して勉強に励んでいた。ある雨の日、ジェニーはデイヴィッド という大人の男性と出会い、音楽会や食事に誘われる。ジェニーの両親をうまく説得し、彼女を連れ出したデイヴィッドは、友人のダニーとその恋人ヘレンらと 引き合わせ、ジェニーに大人の世界を教えて行く。だんだんと彼への恋を募らせていくジェニーだが、学校で噂になり…。
公式サイト
17歳の肖像 - goo 映画

education3この映画撮影時は、22歳だったそうなのですが、変貌の激しいお年頃なのに、女子高生にしかみえない。透明度の高い女優さんですね。
そんな彼女が、美しくおしゃれをして化粧を施すと、立派な大人の女性に変貌していく。
元々、利発でオックスフォードを目指していたジェニー、そこには父親のコンプレックスによる期待も大きく作用していた。
父親の存在というものも、この映画の中では大きい。
オックスフォード大に行くためなら…というのが、最優先。退屈な毎日の彼女は、本当はシャンソンを聴いたり、パリに行ってみたいことが憧れ。
楽団でチェロを弾いてるのも、大学に有利なように。家で練習なんかしなくていい…なんだもの。
そんな彼女が、楽団の練習の帰りに雨に見舞われ途方に暮れている彼女に、「きみのチェロが心配だ」というオトナの男性に声をかけられる。しかも、チェロだけ最初のっけてくれる。
まぁー、すごいナンパだわ(笑)

このデヴィッドという男性、そりゃ同年代の男の子に比べたら、親への言葉のかけ方も気が利いてるし、騙されまっせ。
そして、彼は彼女の知らない世界に誘っていく。それは、今までの生活とは比べものにならないほどに刺激的で贅沢な日々。
education4education5デヴィッドとその友人ダニーとその恋人ヘレンとともに、音楽会、絵画オークションや競馬、ナイトクラブなどに行かせてもらったら、ほりゃーおばはんの私だって、きゃーきゃーしたくなるってもんよ。
徐々に、彼らのお仕事内容のダークさも垣間見えてくるんですけどね。
親は、あたりのいいデヴィッドにまるめこまれてる。単に口が上手いんですけどねぇ。
education2education7彼とパリに行く約束をしたジェニーは、有頂天。先生たちの耳に入り、厳重に注意をうけるが、彼女は耳をかさない。
校長が、エマ・トンプソンだったりするのも、当を得てる配役。彼女の知性もろもろを高く評価しているスタップス先生のオリビア・ウィリアムズもいいです。
この教師とジェニーの会話が、最後の方でいいなと思います。
原題が珍しく見る前に目に入っていたので、この辺のところが、より楽しめたように思いました。
女性の地位も、今よりももっと低かったこの60年代という時代で、親も翻弄されてるのも、また哀しいけれど面白いですね。アルフレッド・モリーナを、こういうドラマの父親で見るのは、新鮮でした。
education6デヴィッドに求婚され、それをうけ退学してしまうし、親乃方も相手は金持ちだし安泰に思えるんですよね。大学行けといっていたのに、ジェイン・オースティンの時代になっちまう。
そして、デヴィッドの重要な秘密が明らかになってしまう。
お屋敷でのシーンは、デヴィッドの家ではなくって、あれはダニーの家だったんだなぁ。美術や音楽に関しての造詣も、実はデヴィッドよりダニーの方があるようだ。
ヘレンも、あまり学はない。
中間で、先生が「彼らはあなたの知性を生かしてるか」といったような事を尋ねるのは、印象に残ってます。
そしてジェニーがつける決断は、題名ですね。
私もね、あの時にこんなことをもっと勉強をしておけばよかったというのは、学校を卒業してから何度思ったかしれない。
若いときにしかできない楽しめない経験もあります。
「学ぶ」という贅沢は、かなりの贅沢ですね。

ゴッドファーザー (1972)

第12回ブログDEロードショーに参加。2度目の参加です。
今回は、「ゴッドファーザー」。
映画史に残る名作として、映画ファンで知らない人はいないんじゃないかとも思われるんですが、長い作品なので、結構かまえます(笑)
3部作のBOXを以前に中古で購入しました。いまや、Blu-rayBOXが出ているのが、ちょっとくやしいかしらね。ビトとマイケルを中心としたコルレオーネ家の大河ドラマ。
godfather1ゴッドファーザー
原題:The Godfather
監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作:アルバート・S・ラディ ロバート・エヴァンス
原作:マリオ・プーゾ
脚本:フランシス・フォード・コッポラ マリオ・プーゾ
撮影:ゴードン・ウィリス
メイクアップ;ディック・スミス
音楽:ニーノ・ロータ
上映時間:175分
出演:マーロン・ブランド アル・パチーノ ジェームズ・カーン ジョン・カザール ダイアン・キートン ロバート・デュヴァル リチャード・カステラーノ タリア・シャイア スターリング・ヘイドン ジョン・マーリー リチャード・コンテ
コルレオーネ(マーロン・ブランド)の屋敷では、彼の娘コニー(タリア・シャイア)の結婚式が行なわれていた。一族の者を始め、友人やファミリーの部下たち数百名が集まった。ボスのドン・ビトー・コルレオーネは、書斎で友人たちの訴えを聞いている。彼は、相手が貧しく微力でも、助けを求めてくれば親身に なってどんな困難な問題でも解決してやった。彼への報酬といえば、友情の証と“ドン"あるいは“ゴッドファーザー"という愛情のこもった尊称だけだった。 そして彼の呼び出しにいつなりとも応じればよいのだ。これが彼らの世界であり、その掟だった。ドンのお気に入りの名付け子で、歌手として成功したが今は落 ち目になっているジョニー・フォンテーン(アル・マルティーノ)もその1人だった。新作映画で彼にきわめつけの役があり、俳優として華々しくカムバックで きるに違いないのだが、ハリウッドで絶大な権力を持つプロデューサー、ウォルツ(ジョン・マーレイ)からその主役をもらえずにいた。フォンテーンの窮地を 知ったドンは静かにうなずいた。ある朝、目を覚ましたウォルツはあまりの光景に嘔吐した。60万ドルで買い入れた自慢の競走馬の首が、ベッドの上に転がっ ていたのだ。それからしばらくしてフォンテーンの許に、その新作の大役があたえられた。Godfather5ある日、麻薬を商売にしている危険な男ソロッツォ(アル・レッティ エーリ)が仕事を持ちかけてきた。政界や警察に顔のきくドンのコネに期待したのだが、彼は断った。だがソロッツォは、ドンさえ殺せば取引は成立すると思 い、彼を狙った。早い冬の夕暮れ、ドンは街頭でソロッツォの部下に数発の銃弾を浴びせられたが一命はとりとめた。これはドン・ビトー・コルレオーネに対す る挑戦だった。ソロッツォの後にはタッタリア・ファミリーがあり、ニューヨークの五大ファミリーが動いている。こうして1947年の戦いが始まった。末の 息子マイケル(アル・パシーノ)は、一族の仕事には加わらず正業につくことを望んでいたが、父の狙撃が伝えられるや、家に駈けつけ、偶然にも2度目の襲撃 からドンの命を救った。ドンの家では長男のソニー(ジェームズ・カーン)が部下を指揮し、ドンの復讐を誓ったが、一家の養子で顧問役のトム・ハーゲン(ロ バート・デュヴァル)は、五大ファミリーとの全面戦争を避けようと工作していた。やがてソロッツォが一時的な停戦を申し入れてきた。だがソロッツォを殺さ なければドンの命はあやうい。マイケルがその役目を買ってでた。ソロッツォ殺しは危険だが失敗は許されない。彼はこの大役を果たし、シシリーへ身を隠し た。タッタリアとの闘いは熾烈をきわめ、ソニーは持ち前の衝動的な性格が災いして敵の罠に落ち、殺された。そんななかでドンの傷もいえ、和解が成立した。 ドンにとっては大きな譲歩だが、マイケルを呼び戻し、一家を建て直すためだった。2年後、アメリカに帰ったマイケルは、ドンのあとを継ぎ、ボスの位置につ いた。
公式サイト(ソフト)
ゴッドファーザー - goo 映画
2007に書いた記事

godfather2何度観ても、重厚な雰囲気に圧倒されるなぁ。
名画というのになるべく振り回されないで観ようかなーと思ってたんですが、見出すとダメね。
末娘コニーの結婚式の最中に、ドンは友人たちの訴えを聞いている。
この結婚式のシーンで、ドンとファミリーの紹介がなされているし、彼のドンとしての姿も。
三男のマイケルは、家業に就いておらず、ドンも彼も堅気の生活を望む。
コルレオーネ家は、平穏無事にしていたのだが…。
ギャング、マフィア、ヤクザ、いずれも、昔は仲間同士は確固たる信頼関係の絆があったなぁと今にしたら思う。義理と人情ってやつ。
最近の裏社会もんは、なんだかそういうもんが希薄な気もしないでもない。
この映画にだって、裏切りはあってこそなんだけど、太いものを感じる。
Godfather3マイケルは、家業のほうにいくつもりもなく、恋人も一般家庭の娘であった。
しかし、運命はそうはさせない。
血の気の多いソニーやぼんくら系フレドより、マイケルが一番ドンに近い人物だった。
段々、眼光鋭くなっていく気がしたのは、気のせいか?
色々検索をしてみると、時系列にまとめてくれているものもあったり、わかりやすいですね。こんな時系列をみると、やっぱり大河ドラマだよなぁと思います。
以前に観た折、マイケルがシシリーに逃亡し、アポロニアに一目惚れして結婚してしまうくだりは、ケイは?どやねん!というのがあったのですが、今回はあまり感じませんでした。
環境が変わったと思ったのか、すっと入れたし、アポロニアが殺されないといかんもんね。
特典ディスクに、あのハリウッドのプロデューサーのベッドに転がる馬の頭って、本物だったという談話があって、うっ〜〜とこころなしか凹んでしまった。
マイケル役にレッドフォードやライアン・オニールといった当時集客のあった俳優にさせたかったという話や、無名のアルに決まってからも嫌みを会社側から言われ続けてた話などは今では考えられないね。
godfather4一度は観ておいて損はない映画なんですが、なかなか手が出ないことも事実。
私も、所有いるものの、ぶっ通しで観ることはなかったです。
このほか、かなり好きだけど長いロード・オブ・ザ・リングにしても、SWにしても、必殺チャプターとばしでばかり観ますしね。
観ることが出来てよかったなと思います。


特攻野郎Aチーム THE MOVIE

夏バテPart2というか、お盆休み明けてから、仕事が終わったら、おうち映画もせずに、ゴロンゴロンの毎日。気を取り直して、これを観てきました。
予告編が、やたらあほで面白そうだったから。TVドラマの方は、観たことあるはずなんですが、ちっとも覚えていません。
注目は、ブラッドリー・クーパーとシャールト・コプリー!ですな。
ありえねぇ〜〜が観たい気分だったしね。
エンドロ−ル後のお楽しみは、TVドラマからのファン向けかな。
ateam1特攻野郎Aチーム THE MOVIE
原題:The A-Team
監督:ジョー・カーナハン
製作:ジュールズ・ダリー、アレックス・ヤング、イアイン・スミス、スティーブン・J・キャネル、スパイク・セルディン、トニー・スコット
製作総指揮:リドリー・スコット、マーク・シルベストリ、ロス・ファンガー
脚本:ジョー・カーナハン、スキップ・ウッズ、ブライアン・ブルーム
撮影:マウロ・フィオーレ
美術:チャールズ・ウッド
編集:ロジャー・バートン、ジム・メイ
音楽:アラン・シルベストリ
上映時間:118分
ateam6出演:リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、シャルト・コプリー、ジェシカ・ビール、パトリック・ウィルソン、ジェラルド・マクレイニー、ブライアン・ブルーム
幾多の特殊ミッションを遂行し、輝かしい戦歴を刻んできた〈Aチーム〉――ハンニバルことスミス大佐率いる元特殊部隊員で編成された4人の精鋭たちが、イラクでの米ドル紙幣の原版強奪事件に巻き込まれて逮捕される。だが半年後、リーダーのハンニバル(リーアム・ニーソン)は、刑務所から脱獄、部下のフェイス(ブラッドリー・クーパー)、B.A.(クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン)、マードック(シャルト・コプリー)と合流する。かくして復活したAチームは、無実を証明するために行動を開始。ハンニバルが編み出す荒唐無稽な作戦のもと、当局の追跡をかわしながら、自分たちの名誉を汚した黒幕に迫っていく。フェイスの元恋人でありながら、4人の逮捕に執念を燃やす国防犯罪調査局のソーサ(ジェシカ・ビール)や、謎のCIA捜査官リンチ(パトリック・ウィルソン)との策略合戦が火花を散らす……。
ateam2公式サイト
特攻野郎Aチーム THE MOVIE - goo 映画

冒頭は、チーム結成のお話から、ちゃんとやってくれる。
ドラマを見ていないに等しい私にも、わかりやすい。
BAが、飛ぶのが嫌いなわけも、わかる。
覚えているのは、葉巻をくわえたおっさんくらい??だったような気もする。
このおっさんをリーダーとして、個性あふれるメンバーが、とんでもない計画で、頑張っちゃいます。
ateam8
自分としては、もうちょっとゆるゆるな雰囲気もあるのかなと思ったんですが、アクションの方がたっちゃったかなぁ。
テンポもいいし、奇抜だったりするし、火薬量も多い。
でも、中だるみ感は、私も感じましたね。
なんでかなー?
もっと、笑えるんじゃないかと期待し過ぎちゃったのもあるかな。
クレイジーなマードックは、前半あほ言ってましたね。
B.A.とは、いいコンビだわ。
ateam10ateam9ブラッドリー・クーパーは、半裸状態も多く、サービスだわ♪とにんまりしてました。(-^〇^-)アハハハ
出番も、かなり多めですし、日本でも女性ファンが増えそう。
いやぁ〜、かっこいいですねぇ♪
こんな楽しみ見つけちゃったら、観た甲斐があったつうもんです。
贋ドル札の原版逃亡のゲリラ組織をバグダッドで追い、そこで上官が爆死。上官殺害と原版横領の罪で、彼らはバラバラの刑務所に10年の懲役を言い渡されることになる。
ateam7そして、脱獄。これには、CIAのリンチ捜査官が絡む。
パトリック・ウィルソンだっ。ウォッチメンだ!不倫男だ!
私の記憶より、この映画ではシャープにみえた。
(どんな記憶?う〜ん、Hなシーン?)
フェイスは、獄中でも日焼けマシーンがあったり、リッチな生活。なんでやねん。
脱獄でおかしかったのは、マードックね、3D映画を観ようって…。いやぁ〜今風です。
リーアムさん、髪の毛の色が本来の色ではないのですが、そのせいか、いつもと違う感じがする。(ほんでも96時間のおとっつあんより余裕があるオッサンの雰囲気かな)
ateam4唯一のヒロインで紅一点あるジェシカ・ビール。
軍人であり、大尉とエリートなんです。フェイスの元カノでもあったらしい。
この人がでてくると、なんだか急にスピード感がなくなっちゃった気がしないでもない。
男の人でもよかったんじゃないのかなぁ??
軍服もお似合いなんですけどねぇ。
野郎ばっかのほうが、面白かったかもぉ。
そんでも、へんてこな空中戦や後半の貨物船での攻防は、見所です。
ヘリコプターに戦車とか、アホ満開ですって。
ほんまに計画?行き当たりばったり計画?な〜んてね思っちゃうほど、ありえへん。そこが、又楽しいところでしょう。
でも、あのワルは本当に捕まちゃったんでしょうか?はなはだ疑問。
わたし、こいつ、怪しい…というのが、当たりすぎで、困ります。
ateam3なんだかんだといいながら、ノリで観ちゃって正解すね。
楽しかったです。
監督は、スモーキン・エースの人なんだね。おっと、The 4th Kindの製作もしてたんですね。製作といえば、この映画にリドリー&トニーのスコット兄弟も名前を連ねてますね。
へぇ〜。ロビン・フッドは、イマイチのれないんですが。
バイハザ4、エクスペンダブルズとか、この秋もアクション映画はまた観そうです。
こういう映画って、いわゆる男子映画なんでしょうけど、私好きですねぇ。
唯一、女性らしいのは、イケメンに目がない事ぐらいでしょうか。ξ^▽〆オーホッホッホ

新しい人生のはじめかた(BlogPet)

ちゃぴの「新しい人生のはじめかた」のまねしてかいてみるね

久しぶりに出席するためロンドンへの父の役割はないです(笑)ですら、ハーヴェイ回復物語です(笑)で淋しいものもケイトもなくなってくれたりするところが丁寧にはいる。
新しい人生のGG賞ですら、父親がちゃんとくみ取れる!!
仕事のかと頼む。
抑えめな娘で再会してくる。
私もする電話ばかりし、それはいつしか会話が続いて主演男優・ブローリン、マゴリアムおじさんだとか考えることをどうなる雰囲気が揃うの脇役共演にノミニーされ、エマ・デ・ポーマン音楽:ジョン・シフ、人生の付け方はそれはないかなせいも多かった。
それ?
もうこれでいいよみたいなのあらすじのな娘で存在感をじっくり見たものの、さすがな状況が傷ついたりもあるけれどっていうの出演:ディコン・ハインクリフェ美術:ディコン・ハインクリフェ美術:ティム・ホプキンスプロデューサー:ディコン・ハインクリフェ美術:93分出演:LastChanceHarvey監督・アトキンス、相手がない寂しされ、ブロナー・ギャラガー、ジェームズ・トンプソンの結婚式にラブコールさを醸し出す二人揃っていた人間でのハーヴェイはないとか考えることって思う?
小品のね、良作で飛行機の出演:ジョン・アトキンス、相手にノミニーさをやめることをしてるかなんで、年齢を仕掛けてはクビをエマに一本でした原題:ロビン・セイルス上映時間:LastChanceHarvey監督・シフ、花嫁のお年頃なせいもケイトにダスティン・シフ、渋滞で淋しいもの?
ここからは否めない…でも披露宴に描かれ、真っ直ぐに家族がお年頃な二人のだった一度出会ってた2人だわーっていうやつね、真っ直ぐにあって痛手をキャンセルします。
暇な調合師だとか、ブロナー・ギャラガー、会話を考えてましたときに大切なせいかと、次第にほぐれて主演男優・ホプキンスプロデューサー:ダスティン・ホプキンスプロデューサー:ジョエル・脚本:ディコン・ハインクリフェ美術:LastChanceHarvey監督・ホフマンを宣告するケイトはいつしか会話を考えてきた。
明らかにダスティン・ホフマンと大きな一度出会って、どうするが募ることばかり。
近くに委ねられて主演男優・ベイカー、ちょうど街頭の脇役共演で白ワイン片手に、色んな話を仕掛けている。

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

新しい人生のはじめかた

久しぶりにダスティン・ホフマンをじっくり見たなぁと思いましたね。
脇のお年頃なせいか脇で存在感出してたけど、マゴリアムおじさんだとか、変てこな調合師だとか、コメディアンっぽい役も多かった。
イギリスの才女女優エマ・ワトソンと「主人公は僕だった」での脇役共演で意気投合。この作品への出演をエマにラブコールされ、共演に相成ったとか。
08年のGG賞でこの作品において、二人揃って主演男優・女優賞にノミニーされました。
lastchance1新しい人生のはじめかた
原題:Last Chance Harvey
監督・脚本:ジョエル・ホプキンス
プロデューサー:ティム・ベレル
撮影:ジョン・デ・ポーマン
音楽:ディコン・ハインクリフェ
美術:ジョン・ヘンソン
編集:ロビン・セイルス
上映時間:93分
出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、キャシー・ベイカー、リチャード・シフ、ブロナー・ギャラガー、他
NY在住のCM作曲家ハーヴェイは、一人娘スーザンの結婚式に出席するためロンドンへ向かう。離婚以来久々に家族が揃うのを期待していたが、花嫁の父の役割はすでに元妻の再婚相手に委ねられていた。追い討ちをかけるようにNYの上司からはクビを宣告する電話が。所在なく落ち込むハーヴェイは、空港のバーで白ワイン片手にひっそりと読書をするケイトと知りあう。孤独を抱えた2人はいつしか会話を弾ませるのだった。
公式サイト
新しい人生のはじめかた - goo 映画

lastchance3ハーヴェイもケイトも、孤独感を抱えた人間で、人生の半分以上を過ぎている。
前半は、そんな二人の孤独な状況が丁寧に描かれてました。つうか、上手い俳優さんなんで、そう見えたのかなとも感じたけどね。
とにもかくにも、ハーヴェイはイギリスに来てから、孤独が募ることばかり。飛行機の中ですら、会話の拒絶にあい、つづく孤独を暗示してるかのよう。その後の不幸は、上のあらすじのとおりです。
ケイトは、空港の統計局で働く40代の独身女性。近くに住む母親は、父親が秘書とできちゃって痛手を負っている。暇なせいもあって、ケイトにしょっちゅう電話ばかりしてくる。
同僚がお見合いデートを仕掛けてくれたりもするが、相手が偶然会った若い友だちたちも同席となり、居場所のない寂しさを味わう。
lastchance4そんな二人は、ハーヴェイ入国時に一度出会ってはいるものの、ちょうど街頭のティッシュ配りを拒否するようなもんですね。
バーで再会し、孤独感いっぱいのハーヴェイは、読書中のケイトに声をかけてしまう。
誰かと話をしたいという気分っていうのなんでしょうね。その辺がちゃんとくみ取れる。
うるさいアメリカ人だわーっていうのから、次第にほぐれていくケイトと会話が続いていく。
イギリスの町並みを散歩しながら、色んな話をする彼ら。
明らかに、エマの方が背が高い(笑)
でも、そういうのもあまり気にならなくなる雰囲気を醸し出す二人は、さすがな感じがします。
lastchance5lastchance6仕事のため披露宴をキャンセルしてきたものの、渋滞で飛行機にも乗り遅れるし、その仕事もなくなってしまうは、彼なりに大切な娘でもあるのに、花嫁の父の役割はない。
lastchance2そんな彼を、ケイトは今からでも披露宴に行くよう勧める、ハーヴェイは、不安から一緒に来てくれと頼む。
ここからは、ハーヴェイ回復物語です(笑)
しかしながら、この大人な二人の行方は、真っ直ぐには進まない。思わぬアクシデントは、年齢にあったアクシデントだったりするところが、うまいな。
邦題の付け方は、ケイト目線の方が強いかな。
ケイトは、この先の未来をどうするとか考えることをやめることで、楽な道を選んでます。それはそれで淋しいものもあるけれどっていうやつね。でも、これでいいよみたいなのね。うん、わかるよ、それ。私もそんなとこあるもの。
年齢を重ねていくと、何か一歩を踏み出すことって、恐いんですね。もうこれ以上、自分が傷ついたりしたくないとか、マイナス方向を考えてみるから。そうなったときに、先がないのにとかって思うもの。
だけど、どうなるかわからない…でもとりあえずという答えは、この年齢からすると大きな一歩であるなと思います。
きっとね、若い人にはわからない部分はあるんじゃないかなって思う。
抑えめな雰囲気が、気持ちよく観られた一本でした。
イギリス映画だよなーっていうやつですね。
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの演技も絶妙で、みどころでしょうね。
小品の雰囲気は否めないですが、良作であると思います。

ソルト

ふぅ〜、私の夏休みも終わりです。あっという間ですね。
つうことで、実家からの帰りに映画を見に行きました。
頭がふやけてるんで、スカッとアクション!
アクションにつぐアクションを堪能させていただきました。
salt1ソルト
原題:Salt
監督:フィリップ・ノイス
製作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、サニル・パーカシュ
製作総指揮:リック・キドニー、マーク・バーラディアン、ライアン・カバナー
脚本:カート・ウィマー
撮影:ロバート・エルスウィット
美術:スコット・チャンブリス
編集:スチュアート・ベアード、ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:105分
出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグスト・ディール、他
アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告する。そして、そのスパイの名は「イブリン・ソルト」だと告げる。一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず、最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走。だが自宅に夫の姿はなく、何者かに連れ去られた形跡が残っていた…。
公式サイト
ソルト - goo 映画

salt3ほんとは、違うやつを観ようかなーと思ってたんですよ。時間の都合でね、へへ。
いきなりキタに捕まって拷問を受けてるアンジー姐さん、スパイの人質交換で帰国。
そのとき、彼女の送還に嘆願署名を集めたのは、クモの学者マイクだった。
そして、彼とソルトは結婚する。表向き、彼女は石油会社にお勤め。彼は、ソルトがCIA要員であることも知って結婚してます。
このだんなはん、アウグスト・ディールだったんですねぇ。この人も、スパイや兵士向きな感じもしますが、学者でしたわ。
salt5帰宅寸前にロシアからの亡命者の尋問をすることになる、これが運命の分かれ目。
二重スパイの嫌疑をかけられて…、CIAから追われる立場になる。
こういうのって、ボーンシリーズだよねー。
いまだに、KGBの元スパイの一斉逮捕とか実際にあるようなんですが、映画的には、違う国の方が新鮮なような気もしたんですけどね。
ロシア側の指令の標的は、ロシアの大統領。米副大統領の葬儀出席のところをバ〜ンと。
この葬儀の場所に現れたソルトは、自分をはめた犯人探しできてるのかなぁと思いきや、大統領を撃っちゃった。
え〜〜?となってしまうんですが、射程距離の同僚は撃たずに捕まるが、また逃走。
salt6salt4二転三転となり、たたみかけるようなアクションの連続で、楽しかったです。
ブラピに習ったとかいうバイクでのチェイスやら、いろいろよ。
まぁね、来年になったら、どうだっけ?ってな具合になっちゃったりもしそうではあるんですけどね。
ハムスターとかの齧歯目(げっしもく)系の顔立ちリーヴ・シュレイバー、この映画にも重要な役どころでした。
いいひとそうなキウェテル・イジョフォーでしょ。
こうやって役者さんが世代交代してくんだろうなぁ〜。
salt2エンディングが、もしかして続編あり?の雰囲気ですが、ボーンに似すぎだなぁ。(笑)
ロシアの大統領じゃなくって、大使とか大臣クラスでよかったんじゃないの?
派手〜〜。
アメリカの大統領も、危機でしたしね。
その辺の風呂敷の広げ方とか、でかくってそれはそれで、楽しくもありました。
アンジーの男装とかもありました。やっぱり、細〜。
同じ服を着ると、欧米人と並んだ日本人の平均的男性と似た感じで、貧相にみえちゃうのね。
この映画が、もともとトムちん主演だったのは、もう周知ですが、アンジーの方が違った感はでてよかったとは思います。
トムの映画の予告があったんですが、トムのMr.ハリウッドスマイルに観客がなぜかみんな笑ってた。私も笑ったけど、おもしろい反応でした。

ミムジー〜未来からのメッセージ〜

ちょっと前に観たSFファンタジー。ファミリー向けです。
ロード・オブ・ザ・リングの製作であったロバート・シェイが、監督。
「ゴースト ニューヨークの幻」とかの脚本を書かれたブルース・ジョエル・ルービンが脚本。
日本劇場未公開映画でございます。またやで、また。
mimzy1ミムジー〜未来からのメッセージ〜
原題:THE LAST MIMZY (07'米)
監督:ロバート・シェイ
脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
上映時間:90分
出演:リアノン・レイ・リン、クリス・オニール、ティモシー・ハットン、他
家族で避暑地にやってきたノアとエマの幼い兄妹。二人が浜辺で遊んでいると、不思議な箱を見つける。中にはプリズムを発する板とウサギの人形が入っていた。エマは人形から「名前を聞いた」と言い“ミムジー”と名付けるが、ノアは信じなかった。しかし、ノア自身も不思議な体験をする。そんなある日、プリズムを発する板が共鳴し出し、アメリカ全土が大停電となる。原因がノアたちであることを政府は突き止め、施設に二人を隔離するが、エマはミムジーから「未来の人々は“純粋な心”を失い、争いばかりをしており、科学者が“心”を取り戻すために現代へミムジーを送り込んだ。」とメッセージを受け取る。不思議な力に導かれ、施設を飛び出すノアとエマは、ミムジーを未来に戻すことを決意するのだが…。
果たして、幼い兄妹は未来を救うことができるのか!?

mimzy3脚本が、ブルース・ジョエル・ルービンつうことで、タイムパラドックスだった「きみがぼくを見つけた日」の脚本のひとでもありますが、未来っていう副題から、人が未来から来るわけではないです。
不思議な箱が、未来から転送されてくるのです。その未来は、純粋な心を失ってしまった未来人たちは争いばかりしているということらしいです。
最初の方は兄妹の兄のもつプリズムが、不思議で、不思議な力も気づかぬうちについていたり、一瞬彼の活躍かと思わせながら、本当の未来人を救うアイテムは、妹でした。兄ノアは、いうなればエンジニアの役割のようです。今まで、何度か過去にもこのアイテムを送ったもののノアの役割をするものがいなかったせいで、失敗をしていたようです。
mimzy2なんだか、兄妹が指命に目覚めるのですが、大人はそうは想わない。
プリズムや不思議な浮かぶ石や、そういったアイテムとそれにまつわるVFXは、きれいです。
大規模な停電を招いてしまい、その元が彼らの家からということで、家族揃ってFBIに拘束されたりします。
このFBI職員が、グリーン・マイルシャイニングのあの黒人さんだったりするので、助けてくれるんかいなーとも思ったが、そうでもなかった。
ノアが描く絵が、曼荼羅にそっくりだということで、彼の先生とそのmimzy5mimzy4彼女は、なにかまた違うもんを感じて、手助けはしてくれますけどね。
展開が、意外と唐突なところも多く、荒削りな雰囲気は否めないです。
でも、なんだか不思議な気分になるところは、まぁまぁよかったかな。
ウサギと少女というのは、アリスからくるものなんでしょうねぇ。アリスの本に載っていた写真の少女とウサギのぬいぐるみが、過去に送られたという証拠なようです。
子役さんは、かわいいですが普通かな。ちょっと前にねぇ、天才的な子役さんを観ちゃうと、普通かなーと思っちゃいますな。

流されて…(74’イタリア)

島がキーみたいな映画を色々見てたりすると、「東京島」なんかも、頭にひっかかってしまって、つい原作の方を読んでしまった。その時に、この映画が、またひっかかってきて借りてみました。
なんか聞いたことはあったけどっていうのもあったしね。
それが、なんで聞いたことがあったのかというのは、あのマドンナ姐さんが元ダンナと作った「SWEPT AWAY」が、このリメイクだった。マドンナのは未見ですが、ラジー賞やら色々ゲットされてるんですよね。
「流されて」を撮った監督さんも、ご不満だったようですし。その気になったら、観てあげてもいいけど、ある程度、覚悟がいるようですね??
日本でも、「楽園-流されて」というのが、この映画のパターンらしいですね。
sweptaway1流されて…
原題:TRAVOLTI DA UN INSOLITO DESTINONELL’AZZURRO MARE D’AGOSTO
監督・脚本;リナ・ウェルトミューラー
撮影:エンニオ・グァルニエリ
音楽:ピエロ・ピッチオーニ
上映時間:116分
出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、マリアンジェラ・メラート、他
地中海の華麗な8月の海を一艘のヨットが走っていた。このヨットに乗っているブルジョア仲間の一人、実業家夫人のラファエラ(M・メラート)はビキニ姿で太陽を浴びながら、召使いのジェナリーノ(G・ジャンニーニ)のシャツの匂いが臭いと文句をいったり、仲間たちと時局問題について、とりとめなくしゃべりまくっていた。そんなある日、彼女はヨットからはなれた洞窟で泳ぎたいと言い出し、ジェナリーノに命じて二人だけでモーター・ボートで沖に向かった。しかし、ボートのモーターが故障し、海上をさまよったあげく無人島にたどりつく。ジェナリーノは、さっそく小屋を作り自給自足の生活を始めるが、こうなるともはやラファエラの召使いではなかった。料理も洗濯も、魚をとることもできないブルジョア育ちのラファエラは、伊勢エビなどをとって料理しているジェナリーノのまえでは、まったくの無力だった。この時とばかりにジェナリーノの屈辱と怨みが一度に爆発し、ラファエラに“ご主人さま"と呼ばせ主従の立場はまったく逆転する。原始社会に帰ったようなこの世界では、男は本来の野性の姿をあらわし、ラファエラも、いつしかジェナリーノのたくましい男の魅力にひきつけられていった。ジェナリーノはラファエラに欲求不満をぶつけ、殴る蹴るの暴力でいためつけ、ついには砂丘で彼女の肉体を奪う。ラファエラはその性の快楽に、いまだかって経験したことのない強烈なものを感じた。彼女は高慢なブルジョア女ではなく“女"そのものとなって征服される喜びにひたっていたのだ。それ以来、野性に帰った男と女の本能におもむくままの愛の生活が始まった。
流されて…(1974) - goo 映画

sweptaway2sweptaway4裕福な方々の夏のバカンス。冒頭から、一人の若いマダムがやかましい。
イタリア語でまくしたててるって雰囲気で、とにかく一人「やかましい」。
文句言いたい放題、ワガママ。
ヨットの給仕の一人は、辟易していた。仲間に、高いお金払ってくれてるんだから、我慢しろと諭されてはいましたが。
あんまりやかましくって、観るのやめたろかしらんと思ったほど。
そして、彼女のワガママからゴムボートを出すことに。
ほどなく、エンジンの故障と潮流が速いので、二人は流されてしまう。
ここでは、まだ、立場は奥様の方が強かった。
sweptaway3島をみつけ、二人は上陸するが、その島は無人島だった。
ここから、生活力のない女より生活力のある男の方が立場は逆転。
最初は、抵抗していたのだが…。
殴られ、蹴られ、服従を誓わせる。そして、無理に性的関係も強要してしまう。
女は、そこで「征服→服従」の関係に陥ってしまうわけですねぇ。
お互いにイヤな相手であったものの、その二人が無人島で二人きりになったらという設定の面白さでしょ。あの人とこの世で二人っきりになったら、どーするー?っていうのとにてる。
そんな超嫌いな相手同士が、愛し合いまくります。
「東京島」は、夫婦で流れ着いて、野性的生活には二人とも同水準であり、違うのは適応性でした。
私、女はしたたかだから、この女にも裏があって服従してる節があるのかな?とも思ったのですが、近くをヨットが向かっているのを発見しても、この愛のある生活を壊したくないと隠れます。
ふぅ〜ん、えらくラブストーリーになちゃったなぁ、
とうのたった青い珊瑚礁だなーなどと観てました(笑)
(勝手に、やりまくっとれという心境)
それから、二人同時にヨットを発見したあと、女は隠れようという、男は愛の証明にもたき火をしようと。
上手く救助されるわけですが、ここからが、やっぱりそうだな。
ロマンチストは男、女はリアリスト。
エンディングが、面白かったですね。結局、奥さんの元に戻るんかいっ!ってね。

やかましい女としおらしい女の演じわけは、よかったですねぇ。

この前、なんだっけか立ち読みしてた本で、昔の庶民の娯楽って、あれですよ、Hが一番だったようで。
お勉強とかないし、灯りは暗いし、もちろんTVもないし、ゲームもないしね。
成人したらHだよっていうふうな事書いてあったような…。
なんもない無人島で、食の確保ができるのなら、そりゃあとは性欲を満たすことなんでしょうねぇ。

<オマケ>
kyotofestival2010-hp本日、五山送り火

ゴールデンスランバー

ここらで、邦画をいれてみる。戦争もんで、クタクタの私。
癒し系堺雅人さんのお顔でも…と観だしたのはいいが、2時間超えてて、また疲れちゃった。
またしても、香川照之さんっ!私が、邦画観ると、香川サンと佐藤浩市サンと阿部寛サンの誰かが出てるんだよなー。(ここんとこ香川サン多し)
原作ありで、このところ映画化の多い伊坂幸太郎サンの小説。
この映画は、真犯人捜しの映画ではないんですね。人と人の信頼やつながりがメインテーマでしょう。
gs6ゴールデンスランバー
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一
上映時間:139分
出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、伊東四朗、永島敏行、石丸謙二郎、ソニン、でんでん、滝藤賢一、木下隆行、木内みどり、竜雷太、他
首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。銃を構えた警官たちから、反射的に逃げ出す青柳。本人の知らない“証拠映像”が次々に現れ、青柳は自分を犯人に仕立てる巧妙な計画が立てられていた事を知る。青柳は大学時代の友人たちに助けを求めるが…。
公式サイト
ゴールデンスランバー - goo 映画

ゴールデンスランバーは、ビートルズの隠れた名曲の題名。黄金のまどろみと映画の中でいうてはりました。この曲は、ビートルズの最後のアルバムに入ってるのですが、ポールが当時バラバラになってしまったメンバーをつなぎとめようという思いがあるそうで、その辺が、映画の中で大学時代の仲間たちと関連してるようでして。
gs1gs7最初から、堺さん演じる青柳が首相をねらった爆弾犯ではなく、逃亡者のように無実の罪で逃げるという役なのは、わかってます。
それは、友人森田が妻による莫大な借金をちゃらにするという脅しからのようなんですが、彼の周辺は大学時代以降でてきません。
宅配職員の青柳は、数年前アイドルを暴漢から救ったことで、仙台では有名人であった。
逃亡者ーみたいなドラマは、緊張感はしりまくりな雰囲気が常套なんですけど、これは軽さもあって観やすいと言えば観やすい。
そんな重たい人いないもんね。
gs3gs2誰が犯人というのは、これはとてつもない陰謀に巻き込まれているというのは、わかってくるからどうでもよくなっちゃう。
なぜか連続刺殺犯のキルオが、彼の手引きをし、どこからか情報をもらっっていたというのは、興味深いものを感じます。あら、これはアメドラみたいだわってね。
キルオのキャラは、面白い。動きはニンジャですし。
非情なスナイパーがいて、交番の警官を撃っておきながら、警察からの報道では青柳のせいにしてるしねぇ。
大学時代のおかしなサークル仲間たちは、一緒に花火工場でバイトをしていて、それも爆弾犯に仕立て上げられる一環になってるわけです。
gs4gs5裏稼業のものには、ピンとくるものがあるのか、こいつはやってないという確信があるようで、助けてくれるものもでます。この花火の親方もどこかあやしいしねぇ(笑)
サークル仲間であり、恋人であった樋口晴子は、出張の多いダンナと娘がいるが、彼の無実を感じ取り、やはり手をさしのべるが、彼に直接会うことはないというのが、また面白かったですね。
そういう事件があってこそ、同じ時に同じ昔を思い出すという仕組がいいのでしょう。
冒頭がエンディングに繋がってるというのは、よくあるんですけど、これ冒頭がまんまそのままの時間にもうつっちゃうところが、ニクイね。
なかなか配役も、そつがなくって豪華でした。

ザ・パシフィック 第3章メルボルン第4章グロスター岬/パヴヴ

pacific41やっぱしね、つづき観ちゃいますね。
今回観た3と4は、主にロバート・レッキーの周辺のお話です。
このレッキーもしくはラッキーもしくはボブと呼ばれる彼を演じてるのが、ジェームズ・バッジ・テール。どこかで観た男前♪と思って1と2を観てたんですが、思い出したんです。
「24」のS3のチェイスだぁ〜〜。
あん時は、ボーズでしたからねぇ。
このレッキーの役は、かなり複雑な内面を持ち合わせている。
どこか大胆でやんちゃなとこもあるのですが、ナイーブ。
このドラマの音楽も、映画っぽいと思ったら、ハンス・ジマーの参加もあった。さすが、200億円!
第3章〜メルボルン〜
pacificep32ガダルカナルからオーストラリアのメルボルンに到着したアメリカ軍は、市民たちから大歓迎を受ける。市内のクリケット競技場が海兵隊の宿営地となり、久し ぶりの休養で街に繰り出した隊員たちは羽目を外す。バジロンとモーガンも街に出て、戦死した仲間を偲んでグラスを傾ける。一方、レッキーは通りで見つけた 娘ステラに声を掛ける。しかし、ステラは酔っぱらっているレッキーを軽くあしらう。
第4章〜グロスター岬/パヴヴ〜
pacificep31海兵隊に入隊したスレッジは、カリフォルニア州のキャンプ・エリオットでオズワルトたち仲間とともに新兵訓練を続けていた。一方、レッキーたちはニューブ リテン島のグロスター岬に派遣されるが、ジャングルや降り続く雨が隊員たちを滅入らせ、心を蝕まれていった。偵察に出たレッキーたちは、ジャングルの中で 日本軍の小さな陣地を発見する。すでに日本軍の姿はなかったが、ギブソンは負傷して残されていた日本兵を絞め殺し……。
WOWOW公式サイト

pacificep34第3章では、オーストラリアのメルボルンで、つかの間の休暇を過ごす兵士たち。少し、ほっとするんですよね。
戦場じゃないから。
驚くほどの歓待をうける兵士たち。
そこで、メルボルンの女性と知り合い、恋が生まれたりする。
厳しかったガダルカナル戦の後遺症を、どこかにみんな残している。
パジロンは、J.P.とともに自分の功績の犠牲になったとも言えるロドリゲスのために、酒を酌み交わし、名誉勲章の受勲が決まる。それは、彼にとって複雑な思いがあった。
レッキーは、ステラというギリシャ系の女性と知り合い、彼女の家族に、競技場の宿舎ではかわいそうだからうちに泊まればという厚意を受け、温かな休息の時間を過ごす。
二人の間には、恋愛感情も育っていくが、ステラの哀しい決断により、別れを…。
荒む彼は上官にいい感情をもたれず、配置換えされてしまう。
本土のヴェラという女性に、いつも手紙書いてるのに、彼女はどうした?と思うさなー。
でも、それが人間だよ。手の届くところにあるものに、人間は心がいくもん。
ヴェラは彼を好きであるけれど、彼だけを待っても保証はない。父母も彼を気に入っているけれど、苦渋の決断だったんだろうな。
そして、新たな戦地へ
ユージンは、厳しい新兵訓練を受け兵士として教育されていく。
パジロンは、父親たちの星条旗のように、国債集めのヒーロー・キャンペーンボーイと帰国させられる。
4話になって、また戦地なのですが、ここでは激戦のさまより、南の島で精神がおかしくなっていく様ですねぇ。
もはや、敵はジャップではなく、ジャングル。
過酷な土地で蝕まれていく肉体と心。
日本兵は、負傷兵等を残し、早々と撤退していた。
米兵たちは、ガダルカナルからの毎夜の奇襲攻撃やバンザイ・タックルに精神的に参っていたところに、過酷な自然が、おかしくさせる。
自殺する兵士もでてくる。
3話で、メルボルンでの訓練では、少量の食料で3日の行軍とかあって、日本軍はその食料だともっと長く持たせるようなこと言ってました。
日本人って、欧米人に比べたらビンボー体質に出来てるから、マラソンとか強いんだと父が言ってた。今は、どうかなぁ??
レッキーは、上官と、もめちゃったりするようななかなか反骨的なとこもあるし、また上官もいやらしーところもあったりするのが、面白いですね。
そのレッキーは、夜尿症になり、近くの病棟施設に移される。
テンノウヘイカバンザイ…で突撃してくる日本兵。そりゃ、ワケわかんないでしょう。
日本兵の大陸での話が、大陸の国家で問題になっていて、今もそれを言われています。
でもさ、戦争って、おかしくなってるんですよね、きっと。
米兵の武器の威力とか、日本兵のそれよりすごくって、米兵の犠牲者は少なめにみえるんです。
この後、ペリリュー戦はかなり過酷であったようで、米兵の精神に異常をきたしたものがかなりあったそうです。ジャングルというのは、日本兵以上に敵であった。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ