晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2011年01月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

東京島

ここんとこ、女に翻弄される男の映画ばっかし観てるような気がします。
設定が面白かったんで、原作は読んでしまいました。長くないし直ぐ読めます。
戦時中〜戦後にかけて実際にあった「アナタハンの女王事件」というのが、ベースになっているそうです。一人の女と複数の男っていう無人島生活ね。検索すると、なかなか興味深い事件です。
映画化もんは、未読なら先に原作を読まないようにしているのですが、これはDVDスルーと思ったんで先に。
やっぱし、清子さんはもうちょっとオバサン然なとこがなくっちゃ!小ぎれいなんですよね。細いし。
tokyoujima2東京島
監督:篠崎誠
製作:宇野康秀、森恭一、伊藤嘉明、宮崎忠、喜多埜裕明
プロデューサー:吉村知己、森恭一
原作:桐野夏生
脚本: 相沢友子
上映時間:129分
出演: 木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、山口龍人、南好洋、結城貴史、清水優、阿部亮平、テイ龍進、趙民和、鶴見辰吾
清子(木村多江)と隆(鶴見辰吾)は、結婚20周年を記念して夫婦ふたりきりのクルーザー旅行に出かけるが、途中で嵐に遭い、太平洋に浮かぶ無人島に漂着する。43歳、専業主婦だった清子は、東京では何かと夫を頼っていたが、島で救助を待つ日々を送る中、意外にもサバイバル能力を発揮。一方、隆は島の生活に馴染めず、小屋にこもって食べ物の絵を描き続け、日に日に衰弱していく。そんなある日、16人の若いフリーターの男たちが漂着。彼らは島を“東京島”と呼び、シブヤ、ブクロ、ジュク、コウキョ、トーカイムラと地名を付け、地域ごとに役割分担を決め、それぞれ生活を始める。やがて密航に失敗した6人の中国人も加わり、男23人と、女は清子ただ一人という奇妙な共同生活を送ることになるが、隆が崖から落ちて死亡、清子は島でただひとりの女性として女王のように君臨し始める。しかし、トーカイムラにひとり暮らすワタナベ(窪塚洋介)だけは、清子を敵視するのだった。少しずつ島のバランスが崩れていく中、争いを避け、ルールをつくって島に安住しようとする日本の男たち。脱出計画を立てながらも生存能力を発揮する中国人。相容れない2つのグループの間を渡り歩き、何があろうと脱出しようと決意する清子。果たして、この“東京島”から脱出できるのは誰なのか……。
公式サイト
東京島 - goo 映画

tokyojima3途中から、中国人漂流者も加わるのですが、フヌケな日本人の若者たちより「生き抜く」ことに頭と体をつかってます。この辺の描写が、すごく今を感じます。
ほぼ原作と同じような進み加減でした。
隆さんのエピが、すごく省略されていたのと10年後の清子さんたちが、どうやって暮らしてるのかの描写が欲しかったかな。
原作を先に読んでしまうと、自分のイメージが大きくって、的が外れたところがあると気になってしまうのでのめりこめない。だから、あえて読まないようにしてます。
これも、清子さんは40過ぎたおばさんで、体型も崩れてるイメージです。
映画の中で、島生活で太ったのはアンタだけだとか、ブタだとか言われたりするんだけど、そうでもないのよね。
どっかタフな女というのは、よくでてます。
tokyojima1tokyojima5ワタナベくんの窪塚洋介さんは、はまり役。
ヤワな日本人の中では、実は比較的タフ。
中国人と言葉がわからないのに、通じ合っていくという、面白い持ち味を上手くやってるし、清子さんに対しての目線が、おもろいですわ。
彼は、不法投棄船にのることができ、その後っていうのは揶揄されたまんまで映画は終わってしまいます。
隆亡き後カスカベが、清子の夫になるんだけど、そのいきさつもなかったですね。
色っぽいシーンは、行水くらいなもんで、濡れ場シーンとかさわりです。
これは残念です(笑)
清子さんが、女であることとともに重要であったのかは、持ち物があった。
tokyojima4カスカベ亡き後は、くじ引きでGMと結婚することに。
このGMは記憶喪失で、清子がユタカと名付けたものの実際は森軍司という名前で、清子が中国人ヤンたちと島脱出のあとリーダーとして、権力を持っていく。
この島を東京島と名付けたのは、日本の若者たちで、グループに分かれジュクだのシブヤ・ブクロと棲み分けた。ワタナベなんか不法投棄のドラム缶のとこだし、トーカイムラだ。
サバイバルなはずの無人島生活だけど、男どもも小ぎれいです。
清子さんはエルメスのスカーフを何枚持ってるんだっていうくらいあって、色んなモンに使ってました。彩りにはなってますね。
女という武器が失墜しかけたときに、もうひとつの女の武器が備わるのが笑えますね。そう、妊娠です。
ユタカとヤンとどっちの子かわかんないんだけど、うまく天秤にかけてしまうのが清子さん。
何人か亡くなってしまう人もいるんだけど、ようわからんキャラのまんま消えちゃった人もいたりかわいそうでしたな。
マンタのキャラも、もったいないなぁ。
清子の出産した双子の男の子と女の子の行き先が、笑えました。
平和ですね…。女はタフです。

誘惑/セダクション

「アデル ファラオと復活の秘薬」のヒロインだったルイーズ・ブルゴワンのエロサスっぽいジャケだったDVDが出てたので、ふぅ〜んと手にとってみた。
実のところ、借りる気はなかった。
なんで借りたかっていうと、裏の出演者にメルヴィル・プポーって書いてあったから。「ぼくを葬る」以来、好きです♪
いつ出てくんねんっていうくらい、なかなかお出になってくれませんでしたが、キーになる人でした。あと、新作が安く借りられた日だったしね。
あ〜、またも日本未公開映画です。
L-Autre-monde1誘惑/セダクション
原題/英題:L'autre monde /Black Heaven
監督: ジル・マルシャン
脚本: ジル・マルシャン、ドミニク・モル
製作: キャロル・スコッタ
Black Hole"監修: ジブリル・グリッサン
撮影: セリーヌ・ボゾン
上映時間:104分
出演:ルイーズ・ブルゴワン、 グレゴワール・ルプランス=ランゲ、メルヴィル・プポー、 ポリーヌ・エティエンヌ、他
ガスパールとその彼女マリオンはある日、自動車の中で自殺を図っていた2人組のうち、オードレイという美女を助け出す。“Black Hole”という名のオンラインゲーム上で自殺相手を探していたというオードレイの妖艶な姿に魅かれたガスパールは、彼女の黒い“Heaven”というタトゥーを手がかりに、現実世界とゲームの世界で彼女に接近していく。しかし、次第に彼女に溺れていくガスパールを待ち受けていたのは、あまりにも危険な陰謀だった。そこで、オードレイがヴィンセントという男に洗脳されていることを知ったガスパールは、彼女を探し出し助け出そうと決意するが・・・。ガスパールとその彼女マリオンはある日、自動車の中で自殺を図っていた2人組のうち、オードレイという美女を助け出す。彼女の妖艶な魅力にひかれたガスパールは、誘われるがままにBlack Holeというネットゲームに足を踏みいれてしまう。アバターを作り上げ、美しく、しかし危険なサムを探す。サムはゲームの中で誘い出し、実生活でも自殺へと誘いこむ。次第にBLACK HOLEへ溺れていくガスパールは真実を知ることに・・・。
DVD作品サイト

L-Autre-monde5日本のジャケは、←の感じのやつです。
アデルとは違って、ミステリアスな女性を演じてます。
化粧をすると、パーツのはっきりした欧米人は、より変わるんだということですな。
さすがに、フランスの女優さんらしく、ヌードのサービスは、多いです。
色欲なサスペンスと思ったら、バーチャルな世界がリンクしており、現代的なふうになってました。
が、なんかね、私ノリが悪くってね。
どうでもよくなってきたことは確かです。
L-Autre-monde3仲良し4人組の中で、ガスパールとマリオンはお互いにひかれあってて、更衣室で携帯を拾うことから、話が始まる。でも、冒頭がいきなり3Dアニメで、へ?だったんですけどね。
持ち主のサムという女性と着信者のドラゴンに、二人は興味を持ち、メールから二人の待ち合わせ場所に翌日出向き、後をつける。
ガスパールの人が、クリス・エヴァンズに似てる感じだなぁと終始観てました。
途中の森で、見失ってしまい、二人はそこでいちゃいちゃしてたんですが、犬の鳴声のするほうに行くと、サムとドラゴンが車でガス自殺を図ってた。
二人を助けるが、ドラゴンは死亡しサムだけ助かる。
この自殺の様子を、ビデオカメラで撮影しており、ガスパールはこっそりカメラを持ち帰る。
L-Autre-monde2サムは、オードレイという名前が実名で、サムというのは「BlackHole」という自分のアバターを作って、バーチャルな世界で暮らすネットゲームでの名前。
オードレイと偶然に再会したガスパールは、彼女に誘われるまま、自分も参加していく。
一方、マリオンとの関係も父親が厳格で、思うように二人はなかなかHできなかったりという事もあったりという様なこともあります。
L-Autre-monde4オードレイの兄というヴィンセントっていうのがプポーさんで、これが厄介な人物だったんですな。
自殺するのを観るのが好き、させるのも好きなような感じ?
私も、ほんまにぼけぇ〜〜と観てたせいか、理解できてないんですけどね。
実のところ、記事にあげるのもどうかいな?とも思ったんですが、ルイーズ・ブルゴワンはみなさん好印象のようなんで、目の保養にはこれもいいですよとだけいいたかっただけです。
マリオン役の方も、惜しげもなく脱いでくれはる。どこか、そこらにもいるおねえちゃんぽいのがかわいい。
ルイーズ・ブルゴワンは、背も高いしプロポーションもキレイでした。
まっ、おばちゃんにはどーでもいいです。
プポーさんは、どんどんおっちゃんになってくなぁと…。
ロン毛にはしてくれないんすかね。
BlackHoleのアニメは、違和感なく楽しめました。

魔法使いの弟子

ニコさんと「ナショナルトレジャー」の製作&監督のトリオ。ほんでもって、ディズニーさん謹製です。
アメリカに、神話の神々が出てきたり、魔法使いがマッチングするようになってきたんですねぇ。
情けな系の弟子は、ジェイ・バルチェル。私は、ファンボーイズで、彼はコメディ俳優だという認識ですがぁ〜。
apprentice7魔法使いの弟子
原題:The Sorcerer's Apprentice
監督:ジョン・タートルトーブ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
原案・脚本:マット・ロペス
原案:ローレンス・コナー / マーク・ローゼンタール
脚本: ダグ・ミロ / カルロ・バーナード
音楽: トレヴァー・ラビン
上映時間:110分
出演:ニコラス・ケイジ、ジェイ・バルチェル、アルフレッド・モリーナ、テリーサ・パーマー、トビー・ケベル、モニカ・ベルッチ、他
今は亡き偉大なる魔法使いマーリンの弟子で、善なる魔法使い“マーリニアンズ”を率いる第777代目の最高指導者バルサザール(ニコラス・ケイジ)は一千年近くの間、マーリンの後継者を探して世界中を旅していた。現代のニューヨークで、バルサザールはついにその“選ばれし者”を見つける。apprentice1しかしその男デイヴ(ジェイ・バルチェル)は、物理学には強いが、ケンカひとつしたことない気弱な大学生だった。突然のできごとに混乱するデイヴの意志をよそに、バルサザールは彼を自分の弟子とし、魔法の技と美学を教えようとする。そのころ、人形の形の“魔法の監獄”に封じ込められていた邪悪なる魔法使い“モルガニアンズ”が、次々と甦ろうとしていた。バルサザールの宿敵マクシム・ホルヴァート、巨大な竜を操るサン・ロック、17世紀の少女の魔女アビゲイル・ウィリアムスらは、史上最悪の女魔法使いモルガナ・ル・フェイ(モニカ・ベルッチ)を蘇らせるために暗躍し始める。それを阻止するには、デイヴに秘められた“謎の力”が覚醒しなければならない。しかしデイヴは魔法使いとしては未熟で、さらに魔法使いの弟子としての自覚がまったくなかった。モルガニアンズが勢力を拡大するなか、バルサザールとデイヴは彼らの陰謀を阻止することができるのか?
(↑ちょっと違うような気もするあらすじだな〜)
公式サイト
魔法使いの弟子 - goo 映画

あのディズニーの名作「ファンタジア」の実写版のようなシーンが、見ものですね!
Blu-ray特典のこのシーンのメイキングは、思わず観ちゃいました。
モップは、全身グリーンタイツのスタッフが動かしてたのが、笑えます。全部、CGというわけではなかったんですね。
ニコラス・ケイジが、嬉々として魔法使いを演じてるような印象です。
apprentice2彼バルサザールは、偉大な魔法使いマーリンの弟子の一人で、邪悪な魔法使いモルガナを師とともに戦っていたが、弟子の一人ホルヴァートの裏切りにあい、マーリンを失うことに。そして、残るもう一人の弟子ヴェロニカはモルガナを吸収する(合体か)魔術で、マトリョーシカみたいなとこに閉じ込められることを選ぶ。
マーリンはいまわの際に、ドラゴンの指輪をバルサザールに渡し、マーリンの後継者を捜し、モルガナの壊滅を託す。
そして千年ですよ。
apprentice3ひょんなことから、10歳のデイヴと知り合い、彼がマーリンの後継者であることを見抜く。
ところが、ホルヴァートが、マトリョーシカから復活しちまい、バルさんとともに中国のツボに10年閉じ込められてしまう。
NYを舞台に、あっちにこっちにドラゴンづかいの魔法使いやら、ミュージシャン風なイカレ気味魔法使い(ペルシャの王子にもでてた人だった)とかも参戦して、デイヴは修行やら大騒ぎな映画です。
このデイヴは、10歳の時の経験が影を落としてしまってますが、物理オタクとして大学の教授の助手をしていたり、そちらの面では優秀なようで。
apprentice410歳の時の初恋の少女ベッキーとも再会し、恋に魔法に忙しい。
普通なら、修行中は恋は御法度に師匠は厳しくするのですが、どうも甘い。
これには理由があって、バルサザールとヴェロニカの弟子同士の悲しい恋の物語があったせいのようでしたが、ぬるいね(笑)
そもそも、ホルヴァートもヴェロニカに恋をしていたために、モルガナについちゃったという安易な流れですわ。ハハハ
この手の映画に、深いもんは期待してはいけないですな。
アメリカという国は、なんたらかったら言っても、白人中心になってから歴史は浅いです。アメリカ大陸の神々は、ネイティブのもんだわな。
パーシー・ジャクソン〜にしても、欧州の伝説的なものをこの国にもってくるっていうのは、あこがれがあるんだろうなぁ。
apprentice5デイヴのジェイ・バルチェルは、ヒックとドラゴンの吹替えもしてますが、どうも日本語吹替えで、まず観たせいか、ヒックに関しては日本語の吹替えの方が好きかな。
独特のゆるめのしゃべり方ですしね。
ファンボーイズの折は、眼鏡のやせっぽっちで、オタク臭むんむんの役でした。これがまた、似合いすぎ。
バス男のジョン・ヘダー系ですね。
よく観ると、そんな不細工でもない。
apprentice6ヒロインのベッキーは「明日、君がいない」のテリーサ・パーマー。やっぱし、クリスティン・スチュワートに似てる感じはあるね。
モニカ・ベルッチは、ヴェロニカさんとモルガナがいる状態のヴェロニカを。今回は、さすがに無駄脱ぎはなかったですね(爆)
エンドロール後にも、ちょこっと映像がありました。これって、ホルヴァートの復活ってことなんでしょうかねぇ??
魔法と物理というか科学をからめるのは、アメリカもんらしいかも。プレステージにも出てきたテスラ(D.ボウイのやった人)のテスラコイルがでてきます。
(物理が大の苦手だったのに、賢そうだ、私…といい気になる・笑)
すごーくワクワクするような映画ではなかったですが、まぁそれなりに、いつものように楽しませていただきましたです。

女性鬼

この題名、なんとかならんか…。(原題はTEETH)
B級ホラー・コメディかと思いきや、なかなかブラックなコメディでした。
設定がすごくってね。
男性は、観てビビった方がいいですって(爆)
バカにしてると、ちょん切られるよっ!ケケケ
サンダンス映画祭作品賞にノミネートされてます。元ネタは神話からです。
もちろん、日本はDVDスルー。しかも、レンタルのみです。
Teeth2女性鬼
原題:TEETH (2007/米)
監督・製作・脚本:ミッチェル・リヒテンシュタイン   
製作:ジョイス・ピアポリン   
撮影:ウォルフガング・ヘルド   
衣装デザイン:リタ・ライアック   
編集:ジョー・ランダウアー   
音楽:ロバート・ミラー   
音楽監修:ベス・エイミー・ローゼンブラット
上映時間:94分
出演:ジェス・ワイクスラー、ジョン・ヘンズリー、ジョシュ・パイス、ヘイル・アップルマン、アシュリー・スプリンガー、レニー・フォン・ドーレン、他
結婚するまで誰にも体を許さないと誓うドーンだが、思春期の体は何かを求めるように疼いていた。自分の体に異常を感じる彼女だったが、男に襲われた拍子にその正体が分かり…。

Teeth雑誌を見ていて、くっ、面白そうと借りてしまったわけです。
有歯ちつ…(漢字で書くとなぁ…)を持った女性の話です。大事なとこに鋭い歯が生えてた。
ドーンは幼い頃に母親が再婚して、ブラッドという義兄ができます。
二人が幼い頃、簡易プールで水遊び中に、ブラッドがあそこをみせっこしようといい、ドーンのを触ったところ指を怪我します。
そんな二人が、大きくなり、ドーンは高校生になりました。
Teeth7ドーンは、純潔の会に参加しており、貞操を守ることを真剣に考えています。
その会で、トビーと出会い、二人は恋に落ちていきます。
一方、ブラッドはピアスとタトゥーだらけの体に欲望のままに暮らしてる。
母親は、重そうな病気で寝込んでます。ドーンは、ここまで手芸を楽しんだり、ウェディングドレスを夢見る乙女なのよね。
Teeth6学校では、思わせぶりに性教育みたいな授業やらしとります。
ドーンは、恋の始まりから性の目覚めを感じ、戸惑いながらも、トビーと友人たちとWデートをしたり。
ある日、トビーと二人きりで湖に…。
男は、その気になっちゃうでしょー。どう見ても、誘ってるような風にみえますよ、ドーンさん(笑)
一線を越えそうになったら、ダメよ…と理性が働くのは女です。
すっとこどっこい、爆発しそうな男子には無理な話でしょう。無理に、やっちゃおーとします。
哀れトビーは、あそこの歯にぶっちぎられて、そのままどこかに行ってしまう。
こんなとこに歯という伝説は、男目線なとこからきてるようです。
出てきたとこから、戻る恐怖ですか?
teeth4ドーンは、ショックを受けながらも、ネットで検索をしながら、この伝説に突き当たる。それを解くのは英雄とか…(こここそ男の勝手な理屈)
産婦人科で調べてもらおうとするが、行きすぎた診察で医師の指を食いちぎっちゃう。
トビーの死体が、湖からあがる。医師とトビーを殺してしまったと思い、ドーンは取り乱す。
Teeth5同級生のライアンに相談にいくと、安定剤(たぶんドラッグでしょ)を飲まされ、英雄だからと難なくできちゃうんだけど、2回目の最中にライアンが友人とドーンとやれるかを賭けしていたことが、ばれてしまい、ライアンもかみ切られてしまう。
模型のちょん切られたおチンは、出てくるよ〜。さすがに、歯の生えた女性の部分は、出てきません。
ドーンちゃんの脱ぎも、控えめです。でも、彼女はどんどん妖艶な雰囲気になっていくところが、面白い。
おうちに帰ると、母親が倒れており、兄は真っ最中で母親のことはほったらかし。
この兄は、義妹に対し愛情を持ってるんですが、どこか屈折してるんでしょう。指も噛まれたしなぁ…。そのせいか、お尻のほうでばかりを女性に強要してました。
teeth3やがて、母親が亡くなり、兄の恋人から母親をほっておけといったことを聞き、ドーンは兄に復讐を!
兄のちょん切られた先っぽは、犬に食べられちゃうしっ☆
ドーンは、旅にでます。エロじじいの強要に、すべてを受け入れたドーンの目が光るとこで終わりました。
成敗してくれようぞ!(-^〇^-)アハハハ
ちょん切れてしまった指とかは、牛乳につけていたら、数時間(?忘れた)は大丈夫で、もってくとひっつくらしいっすね。
産婦人科医は、どうしてこうなったかは言えなかったようですが、手術してました。
ライアンも、手術してたけど付くんでしょうか、付いてなくても変わらない大きさだといわれてましたけど。ブレッドは、出来んしね、宦官みたいですね。
自分を守る武器をもったドーン。闇の仕置き人でもしてくれるんかな?
もし、妊娠とかしたら?てなことも考えてしまいました。
守られるべく存在である女というふうにしてきたのは、男だっていうこと。男の支配欲からきたもの。
こうして、女はまた強くなってしまうんですわよ。ハハハ
男性には、ホラーな映画かなぁ?怖いもんね。もしかすっと、パートナーのあそこにも歯はあるかもしんないですよ。ふふふ

ソーシャル・ネットワーク

今年お初な映画館です。これで、ちょっと弾みが付くといいんだけどな。
前々から興味のあった映画ですが、ここにきて賞取りレースの激化で、俄然close-upされている作品ではあると思います。
決して、気分爽快になるわけでもないし、怒濤の感情の嵐の映画でもないんですが、
あっ映画だ!と思えた作品でした。
the-social-network1ソーシャル・ネットワーク
原題:THE SOCIAL NETWORK
監督:デヴィッド・フィンチャー   
製作:スコット・ルーディン、デイナ・ブルネッティ、マイケル・デ・ルカ、セアン・チャフィン   
製作総指揮:ケヴィン・スペイシー   
原作:ベン・メズリック   
脚本:アーロン・ソーキン   
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス
上映時間:120分
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、他
2003年。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いに関してはおくてで、今もガールフレンドのエリカ(ルーニー・マーラ)を怒らせ別れてきたところだ。寮の自室に戻り、やけでビールを飲みブログに彼女の悪口を書いていたが、やがてハーバード中の寮の名簿をハッキング、女子学生たちの写真を並べてランク付けするサイト作りに没頭していた。このサイト“フェイスマッシュ”はたった2時間で22,000アクセスに達し、マークの名前はハーバード中に知れ渡る。これが利用者全世界5億人以上のSNS“フェイスブック”の始まりであった……。2004年。資産家の家に育ち、次期オリンピックにも出場が期待されるボート部のトップ、双子のウィンクルボス兄弟は憤慨していた。自分たちが企画した学内男女のインターネット上の出会いの場“ハーバードコネクション” 立ち上げのためマークに協力を要請していたが、彼は“フェイスブック”を立ち上げてしまったのだ。彼らは、早速、自分の父親の会社の弁護士を介し知的財産の盗用だ、として停止警告を送る……。一方、“フェイスブック”の共同創業者&CFO、エドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)とマークはNYへ広告スポンサー候補との会合に出かけ、19歳で“ナップスター”を作ったショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)に出会う。ショーンは“フェイスブック”が目標にすべき評価額は10億ドルだとアドバイス、そこまで成長させるためカリフォルニアに来るように持ちかける。マークはスタッフを増やしサーバーを増設、ショーンは次々に投資家とのミーティングを設定するが、それに怒ったエドゥアルドは会社の口座を凍結する……。やがてウィンクルボス兄弟はアイデアを盗用されたと言い、エドゥアルドは創業者としての権利を主張、マークを告訴した……。
公式サイト
ソーシャル・ネットワーク - goo 映画

私自身も、匿名で参加できるSNSには登録している。
どうもめんどくさがり体質なので、ほったらかしてます。blog更新お知らせになっちゃってますね。
フェイスブックに関しては、本国の公式サイトでよく見かけていたし、知ってはいました。でも、実名登録っていうのは知らなかったなぁ。ちょっと、登録するのは躊躇しちゃう。
これって、原作と脚本が同時進行だったそうで、舞台はほんの5年ほど前のこと。登場人物は、存命だし。
the-social-network3アメリカの去年の顔にもなったマーク・ザッカーバーグは、大学2年で彼女エリカとデート中から始まりました。
これが、マークの人となりをインプット(笑)
早口で、あーいえばこういうというヤな男です。
そりゃ、振られるやろって思うんですが、本人はそこに気づかない。
なんぼハーバードでも、クラブ(フラタニティですね)に所属してないと…みたいなとこあるようですね。
the-social-network2ふられて、ビール飲んで、勢いでblogに彼女の悪口を書き、学内の女子のランク付けサイトをつくってしまう。
あたしなんか、blog記事を書くのに数時間も四苦八苦しちゃう事もあんのになぁ。
ここらへん、マークの人間としての偏った部分と天才的な部分が、すぐわかるところがすごいっすね。
数少ない友人のエドゥアルドは、お金持ちのぼんぼんで、同じく訴訟を起こした双子もお金持ちのぼんでした。
the-social-network4このエドゥアルドは、観ていて一番感情移入しやすい人物でした。
ネットを扱って起業することが、もうひとつわかってない私なんですが、人間模様としてのおもしろさは、よくわかりましたよ。
エドゥアルドとウィンクルボス双子兄弟が、彼に対して訴訟を起こし、その諮問から進むという形式であって、学生生活から諮問が入ってきて、最初は、ん?となっちゃった。あ〜これは、ここで過去をほじってるというわけなのね。
the-social-network5ウィンクルボス兄弟は、学内のコミュニティサイトをマークに製作協力を要請、しかし、マークは自らのフェイスブックを製作していく。このことにより、兄弟はアイデアの盗用で、マークを敵視。
エドゥアルドは、マークのつくるフェイスブックの資金調達をうけもつ。が、マークはCMを入れるのは、Coolではないとし、このあたりから二人の溝みたいなモノが見受けられる。
the-social-network6そこに、ナップスターの寵児ショーンとの出会いがあり、マークとエドゥアルドの仲は、どんどん離れていってしまう。
マークたちは、スポンサーを西海岸で探すというのもあり、カリフォルニアに移ってしまうことから、大きく変わっていくし、そこにショーンが転がり込んでしまう。
ここら、ショーンとマークの波長っていうのが合ってるのはよくわかる。
ショーンは、この映画の中であんまりいい奴じゃないですね。
ジャスティンは、ミュージシャンでもあるし、ナップスターの創始者を演じるというのは皮肉っぽいね。彼も、すっかり俳優としてみてます。
どんどん遠ざけられるエドゥアルドは、収益の取り分も下げられていってしまう。
エドゥアルドのやり方は、堅実な方向だけど、斬新さはないかもしれない。
けれども、マークもそこらへんの表し方が人間として、妙に下手なコミュニケーションなんだと思います。
コミニュケーション・ツールの創始者でありながら、妙に孤独感を感じてしまいますねぇ。同情はしないし、そんなの必要ないと思います。
マークの服装についても、よれっとしたパーカーにTシャツであり、無頓着というか…欠落した部分があるというか。
これは、実際そうだったようですねぇ。
天才っていうのは、凡人つうか愚人にはわかんない生き物でもあり…(笑)
どこまで、実際の話だったのかはわかりませんが、訴訟問題があった事は事実でしょう。エドゥアルドの名前も、創始者として復活しているそうだし。

ジェシー・アイゼンバーグの出演作は、まだ観てる方かな?イカとクジラのときから、存在感がありました。
99テイクもやったという冒頭のエリカとのシーンは、すさまじい早口とかみ合わなさが素敵(?)でした。ゾンビ・ランドも楽しみ。
アンドリュー・ガーフィールドは、大いなる陰謀のときから、気になったのですが、スパイダーマンで注目を浴びるんでしょうね。「私を離さないで」は観たい!
エリカ役のルーニー・マーラは、リメイク版ミレニアムのリスベットです。女の子っぽい感じだし、どうなんでしょ??
「パシフィック」のジョセフ・マッゼロがモスコビッツ役で出ていたのが、なんか懐かしかった。
双子は一人で二役だったそうで、顔だけすげ替えやっちゃったんだろーかっていう場面ありました。(ベンジャミン・バトンの監督さんだもん)
ご本人の写真もネットで検索したのですが、雰囲気似てる人を配役してたのが、ほぉ〜と思いました。
アクションも起伏も、実は意外と大きくないと思う映画なんですけど、だれない作りだったと思います。

2月の新作映画ソフトは、観るわよっが多い

2月は、まだ寒くなるんですかね?
おうち映画にはいいチャンスなのか、私が観たい映画が、集中してたりします。
kickass3/4予定の「キック・アス」ですが、これとても観たい映画です。でも、ソフト化仕様にはムカつきます。というのは、Blu-rayは特典ディスクがDVDなのに、結構高い(¥5985)。
ほんで、レンタルはTSUTAYA限定って、どういうことやねんっ!!
どこにでも、TSUTAYAはあるってことなんでしょうが、ちょっと遠い。私は、DISUCUSを利用してるので、待てばいいのかもしれないですが、イヤな気分になってしまいました。こういうの、なんかヤだ!
気を取り直して…
2/2
マイ・ブラザー [DVD]
マイ・ブラザー [DVD]
クチコミを見る
これは、公開時から観ようか迷ったので観るよ。ナタリー・ポートマン、ジェイクに元スパイダーマンの共演。
デス・レース2 [Blu-ray]
デス・レース2 [Blu-ray]
クチコミを見る
ジェイソン兄さんは出てないけど、あの続編。
【Amazon限定】 ガフールの伝説 Blu-ray&DVDセット 外付け予約特典キャラクターぬいぐるみ付き [ 550個完全数量限定 ]【Amazon限定】 ガフールの伝説 Blu-ray&DVDセット 外付け予約特典キャラクターぬいぐるみ付き [ 550個完全数量限定 ]
出演:ジム・スタージェス
ワーナー・ホーム・ビデオ(2011-02-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
<追記>です。忘れとった!これも、観たいですね。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
クチコミを見る
ずっと観てきてるシリーズだし、いつかは観ます。すぐは観ないかも。

2/4
ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
出演:カーレ・ヘーデブラント
アミューズソフトエンタテインメント(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは、絶対観る。
スウェーデン映画で、ハリウッド・リメイク版はS.キングのお気にいり。
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]
出演:ミカエル・ニクヴィスト
アミューズソフトエンタテインメント(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
今回は、どうも法廷劇なようですが、楽しみです♪
原作本も読みたいなぁ。

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]
出演:ウディ・ハレルソン
Happinet(SB)(D)(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、観たい映画です。
インスパイアは「ショーン・オブ・ザ・デッド」というだけに楽しみ。

闇の列車、光の旅 [DVD]闇の列車、光の旅 [DVD]
出演:パウリーナ・ガイタン
Happinet(SB)(D)(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
南米の人の密入国の話だそう。ガエル&ディエゴも制作に参加してます。
おまえうまそうだな [DVD]おまえうまそうだな [DVD]
出演:原田知世
Happinet(SB)(D)(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも追記。
こういうのは、なんか観たくなっちゃうのよね。

ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)
クチコミを見る
コレは鑑賞済。私は好きですね〜。
2/9
ちょんまげぷりん [DVD]ちょんまげぷりん [DVD]
出演:錦戸亮
ジェネオン・ユニバーサル(2011-02-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
きっとスイーツが無性に欲しくなるんでしょうね。
評判もいいので観たい。
2/11
瞳の奥の秘密 [DVD]瞳の奥の秘密 [DVD]
出演:リカルド・ダリン
東宝(2011-02-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
去年のベスト10に、この映画を入れておられる方が多かった!
是非みたいです!楽しみだ。(レンタル先行)
2/23
終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]
出演:ヘレン・ミレン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2011-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コレ観ますわよ。久々にマカヴォイくんが出てます、嫁と一緒に。


2/25
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット 完全版 [DVD]
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
クチコミを見る
INDEX「ぬ」増強タイトルです!

SUPERNATURAL THE ANIMATION / スーパーナチュラル・ザ・アニメーション 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]SUPERNATURAL THE ANIMATION / スーパーナチュラル・ザ・アニメーション 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
出演:内田夕夜
ワーナー・ホーム・ビデオ(2011-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アニメの作画が、イマイチ、ピンとこないのですが、興味あり。
Vol.1は、実は490円だったから予約しちゃった。BOXは。今のところ購入予定はないです。レンタルしていくかTV放映で観ると思います。
とりあえず、2/23より1〜3がレンタル開始です。

クロッシング (08’韓国)

この映画は、かなり覚悟をきめて観ました(笑)
気分的に、観られないかもしれないなぁ…とも思ったり。
「息もできない」を観て、韓国語に慣れてるところだし、観てしまえっ!
私たちは、とても恵まれていることを痛いほどに感じました。
crossing02クロッシング
原題:Crossing
監督:キム・テギュン
脚本:イ・ユジン
撮影:チョン・ハンチョル
音楽:キム・テソン
上映時間:107分
出演:チャ・インピョ、シン・ミョンチョル、ソ・ヨンファ、チョン・インギ、チュ・ダヨン、他
2007年。北朝鮮の炭鉱で働く元サッカー選手のキム・ヨンス(チャ・インピョ)は、妻ヨンハ(ソ・ヨンファ)と11歳の一人息子ジュニ(シン・ミョンチョル)と共に貧しい生活ではあったが幸せに暮らしていた。だがある日、妊娠中のヨンハが肺結核で倒れてしまう。風邪薬も容易に手に入らない北朝鮮では、薬を入手するには隣国の中国へ行くしかなかった。ヨンスは中国に渡ることを決意、決死の覚悟で国境を越え、やっとの思いでたどり着いた中国で薬を買うために森林伐採の仕事に就く。しかし、不法労働の現場が発覚、無一文で公安に追われる身となってしまう。中国では、北朝鮮からの脱北者は発見されれば容赦なく強制的に送還される。それは、死をも意味していた。ヨンスは薬を得るまでは戻れないと身を隠していたが、北朝鮮の実情を話せばお金を得られるという話が舞い込み、インタビューに応じることにする。だがその頃、北朝鮮では夫の帰りを待ちわびていたヨンハがひっそりと息を引き取っていた。孤児になったジュニは父との再会を信じ、国境の川を目指す。途中、やはり家族と引き裂かれた幼馴染の少女ミソニ(チュ・ダヨン)と出会うが、二人は脱北に失敗、無残にも強制収容所(道集結所)に入れられてしまう…。
公式サイト
クロッシング - goo 映画

CROSSING03第81回アカデミー賞外国語映画部門賞の韓国代表作品で、中国・モンゴルで秘密ロケをして製作されたそうです。
元サッカー選手だったキム・ヨンスは、妻と子と炭坑
町で、貧しいながらも静かに暮らしていた。
この雰囲気は、日本の終戦直後か戦時中(後半)のような感じがした。
南である韓国の雰囲気が、ちょうど昭和の高度成長期以降なら、もうひとつ前の時代だ。
中国も、都会に描かれる。
スタッフにも脱北者がいたり、リサーチも行われていたそうなので、そんなに違いはないのだろうと信じる。
飼っている犬まで痩せてる。
妻が、妊娠中で栄養失調による結核にかかってしまうが、クスリがまず手に入らない。医者でさえ、手に入るといいが…なのよね。薬も、見た目闇市みたいなとこで売っとるんかいっ!とつっこみたくなるほどの状況です。
crossing01仲のよいサンチョルは、中国に縁戚があるため党から合法的に貿易を許可されていたので、比較的裕福に暮らしていたが、党から禁制のものを持ち帰ったために捕まってしまう。サンチョルに中国で妻のための薬の調達を頼んでいたヨンスは、国境を決死の覚悟で超え、材木屋で出稼ぎをすることに。
ここで、あのひとたちの顔を思い出してしまった。
(あえて書かないけど、あの人よ!様で呼ばれる人)
あの人たちは、「太っている」!!!
これも、隣の国の出来事なんですよね。日本で、栄養失調になるのって、ダイエットのしすぎでの人の方が多いんじゃないですか?
中国とキタは、国交がまだある方なのですよね。中国の公安に捕まれば、強制送還だし、その後は収容所で待つのは「死」だろう。
国境を越えるーこれは、フローズン・リバーにもあったし、南米からアメリカへという不法移民の映画も何本か観ている。
島国に住む私なんかには、ちょっとわかりにくい点ではありますね。感覚的には、理解しているつもりではあるけれども、ちょっと違うんじゃないかなとも思う。
飛行機で超えるのとは、違うしね。
ヨンスは、妻のための薬とかを調達するのが目的で、決して当初の目的は脱北ではなかった。家族で暮らすことが、彼の一番の幸せなのだから。
運命の女神は、彼をそうはさせなかった。
図らずも、脱北という道に歩んでゆき、遠くて近い韓国に身を移す。
中国に出てから、祖国と違う雰囲気の二つの国をみてしまう。
韓国では、結核の薬は無償であり、愕然とする。
一方、彼を待つ妻子にも過酷な状況がやってくる。
力尽きた母親は亡くなってしまう。孤児になってしまったジュニは、父を求め中国を目指す。
ジュニの会話の字幕が、親に対して非常に丁寧な言葉遣いなんです。
これは、うちの子に真似さしてあげたいわ(笑)そういうふうに躾けてしまった親が悪いんですけどねぇ。
昔は、割とそうだったよね。
CROSSING04ストリートチルドレンになってしまったサンチョルの娘ミソニと再会し、一緒に中国を目指す。子供の淡い恋のようなものっていうのも、後の悲しみをひきます。
脱北に失敗し、収容所に二人は入れられてしまい、やるせない映像がつづいてしまうんですよね。
ミソニは、体をこわして亡くなってしまう。
今でも、人の扱いってあんなにモノのようにぞんざいなんですかね。
信じられないよっていうものは多い。
私たちが、こういったかの国の底辺の人を救いたいと思って援助の物資を送ったとしても、それが届けたい人々に届くことはないと聞いています。
軍事力を誇示するようなパレードにお金をかけてるよりも、することがあるはずなのにね。一体何を守りたいんでしょう。
CROSSING05ジュニは、なぜか簡単に収容所を出させてもらう点は、ちょっとわかりにくいところなんですけど、とにもかくにも、この父子が再会できることを、どうしても望んでしまいます。
ジュニは、モンゴル経由での脱北で勧められていきます。このルートは、スタッフが実際に行ったルートのようです。ヨンスが国境を超えるときも、ジュニの時も、必ず犠牲者もいます。

やっぱりね、泣かされましたよ。
辛いですけど、観て損はない映画だと思います。いかに、自分が自由で裕福であるかは知らされましたね。
それでも、モンクがでる罰当たりな私。

ベスト・キッド

1984年のオリジナルの方は、TVでやってたのをちらっと観た程度の記憶。
リメイクの話を聞いたときに、観ようと思いながら、結局DVDまで出てしまった。
正直なとこ、観てないに等しいで正解だったような気もします。
原題のThe Karate Kidは変。中国語題が「功夫小子」となっていたので、こっちの方がしっくりきました。
ジェイデン・スミスの身体能力は高いなぁ…。
karate_kid1ベスト・キッド
原題:The Karate Kid
監督:ハラルド・ズワルト
製作:ジェリー・ワイントローブ 、ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット=スミス、ジェームズ・ラシター、ケン・ストヴィッツ
脚本:クリストファー・マーフィー
音楽:ジェームズ・ホーナー
上映時間:140分
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン、ハン・ウェンウェン、ワン・ツェンウェイ、ジャスティン・ビーバー 、他
父を亡くし、母親と2人で暮らしをしている11歳の少年ドレ(ジェイデン・スミス)。彼は母の転職を機に、アメリカから中国・北京に引っ越してくる。言葉も文化も違う新天地での生活に馴染めないドレは、近所のカンフー少年チョンたちにいじめられる。ドレは彼らから逃げてばかりいたが、ある日、マンションの管理人ハン(ジャッキー・チェン)に助けられる。実はカンフーの達人であるハンは、自分を守るために使うことを条件に、ドレにカンフーを教える。ドレはカンフーの訓練にひたむきに取り組み、同時に、逃げずに立ち向かうことの大切さも学んでいく。やがてドレは、チョンとのカンフー決戦の日を迎える。
公式サイト
ベスト・キッド - goo 映画

bestkid2製作にスミス夫妻という念の入りよう。
アメリカでは、超アイドルのジャスティン・ビーバーとジェイデンのデュエットが主題歌だったりします。ジャスティン・ビーバーもご出演です。
そして、ジャッキー・チェンが師匠役とくりゃーねぇ。
ジェイデン・スミスは、「幸せのちから」で、親より印象的だったんで、カエルの子ぶりは念頭にあり。
もうちょっと成長して、確か12歳くらいの設定だったと思う。
勢いめざましい中国を舞台とし、何気に中国も変わったんだよっていうのをアピールされてます。
高く並ぶビルやオリンピック・ドームなんかでね。
彼が通うことになる学校も、たぶんインターナショナル・スクールなんでしょうね。その中の中国人の子供たちは、帰国子女かなんかの裕福な階層でしょう。
底辺や中流の中国家庭は、あんまり描かれてないと思います。
それでも、紫禁城や万里の長城などの観光スポットは、ちゃんとあってらしくなってました。
お話も、すごく見通しがよかったんですが、これで140分は長いなぁ〜。
bestkid5ドレがいじめられちゃうのも、馴染めていないからという部分がからかいの対象っていうのが大きいでしょう。
ドレが、彼らが使うカンフーに興味を持ち、強くなりたいというのは自然の流れで、カンフー教室を覗いたところ、武道にあるまじき師匠に彼らは教わってたことが、観てる方はわかってくる。
bestkid6ジャッキーは、ジェイデンを引き立てるような感じで、ずっと位置してますね。
ジャッキーを目当てだと、ちょっと淋しいかもしれないです。
上着の脱ぎ着とかける動作で、鍛えるっていうのはオリジナルでもあったんだよね。
bestkid4ジェイデンくんの腹筋には、びっくりしましたわ。
体も柔らかいし、敏捷です。
お得意のダンスも、ちょこちょこっと披露してくれてます。
ほ〜んと息子さんのための映画です。
ココでは一切描写はなかったですが、日本人ってね、たぶん多くの人が、アフリカ系の人とリアルに顔つきあわすとびびるよ。
(-^〇^-)アハハハ
電車などで出くわすと、なんで手のひらは色がないんだろとか、ひそかに観察してしまいますね。いかんと思いながら、つい…。
bestkid3彼とほのかな恋を匂わすメイちゃんとの部分もあったり、メイの親から付き合いを反対されてのアクシデントもありながらも、それを乗り越えていきます。
(実に簡単に乗り越えていた)
ハンの悲しい過去の話も、ふぅ〜んって流しちゃうくらいで、すみませんですでした。
話としては、少年のスポ根サクセスストーリーになるんでしょうねぇ。
エンドロールの撮影スナップショットで、ドレとカンフーいじめっこ少年が、仲よさそうにしていたのが印象に残ってます。
ジェイデン・スミスの可能性で、まぁまぁ面白かったかな〜。
見所も、彼の動きだと思うもんね。

ヤギと男と男と壁と

実話を元にしているようだけど、これはコメディ系列のようです。
変な題名は、千原ジュニアがつけたそう。「女と女と井戸の中」風な付け方なんでしょうかねぇ。
1980年代にあったという特殊超能力部隊は、Love&Peaceの精神に基づき新地球軍を設立とな。
やたらと俳優が豪華な顔ぶれで、楽しそうに演じておられるんですが、どっか置いてけぼりを食らってるような気もするコメディ。
しかしながら、ユアン・マクレガーの出演意味は、かなり大きい。
goats1ヤギと男と男と壁と
原題:The Men Who Stare at Goats
監督:グラント・ヘスロヴ
原案:ジョン・ロンスン
製作総指揮:バーバラ・A・ホール 、ジェイムス・ホルト 、アリソン・オーウェン 、デヴィッド・M・トンプソン
製作:ポール・リスター 、ジョージ・クルーニー 、グラント・ヘスロヴ
脚本:ピーター・ストローハン
音楽: ロルフ・ケント
上映時間:94分
出演:ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシー、スティーヴン・ラング、ロバート・パトリック 、ニック・オファーマン、ティム・グリフィン、ワリード・F・ズワイテル、レベッカ・メイダー、他
goats32003年、ミシガン州。地元の地方紙の記者ボブ・ウィルトン(ユアン・マクレガー)は愛する妻との生活に満足し、元米軍所属で自称超能力者のイカレ男を取材するような馬鹿げた仕事もこなしていた。しかし、その妻が編集長と浮気をして去っていく。傷心のボブは、戦争が始まったばかりのイラクでの取材を志願する。5月、ボブはイラクへの入国待ちで、クウェートのホテルに滞在する。レストランで知り合ったセールスマン風情の米国人の名前“リン・キャシディ”を聞き、それがあの自称超能力者が軍で2番目に有能な超能力者と語っていた男だと気づく。リン(ジョージ・クルーニー)はボブに縁を感じ、米軍の超能力部隊・新地球軍の設立メンバーだったことを打ち明け、ボブの同行取材を許可する。イラクへの道中、リンはボブに超能力部隊の話を聞かせる。ベトナム戦争で啓示を受けた陸軍小隊長ビル・ジャンゴ(ジェフ・ブリッジス)はヒッピー修行を経て、1980年、新地球軍を設立した。リンはその極秘部隊で、愛と平和の精神に基づき新たな才能を開花させるべく学び、透視能力の腕を上げ、ナンバー2のエスパーになった。しかし、彼の才能に嫉妬したラリー・フーパー(ケヴィン・スペイシー)が、LSDと洗脳実験でスキャンダルを起こす。ラリーは責任をビルになすりつけ、彼を追放した。司令官を失った新地球軍は、動物を使った殺傷実験を始める。それに心を痛めたリンは、ヤギを見つめて殺したという伝説を残して軍を去った。ボブはそんな話に次第に魅了されながら、リンと旅を続ける。テロリストに拉致されたり、銃撃戦に巻き込まれたりと波瀾の連続だった旅のゴールには、さらに驚くべき事実が待っていた。
公式サイト
ヤギと男と男と壁と - goo 映画

この新地球軍と称するエスパー部隊は、ジェダイを気取っているので、自分たちのことをジェダイと何度も言うとります。
そのたんびに、ユアンをやはり意識してしまいます。彼自身の台詞も、セルフパロなのかと思えるようなのがいくつかありました。
ビル・ジャンゴ→ジャンゴ・フェット
ボブ→ボバ・フェットを思い出す。
ファンですか?
見終わって、なんなんだ、これって…。
……な私だったんですけど、製作の方にもジョージ・クルーニが名前を連ねているってことは、意外と、反戦やアメリカ政府にチクリな部分は狙ってたのかなぁと思う事にいたしました。
goats5goats4ジョージ・クルーニのリンも、かなり変なキャラだけど、ジェフさんのビルはもっと変です。昔のヒッピーを思い出して懐かしかった。
ヒッピー修行も、時代を感じます。こんな時代もあったねぇ。
ジョージ兄さんのロン毛なんかは、あんまり拝めるもんでもないですな。
キラキラ目力もみせてくれますし。
ホプグッド将軍のスティーヴン・ラングは、なんでこんなに軍が似合うんでしょ。
全体的に、ゆるっとした感じで、軍ものっていうと厳しい鍛錬とか概念がこびりついているわけで、自己解放のダンスだのなんだのやら、脱力感この上ない。
記者のボブとリンが中東を旅しながら、遭遇するトラブルもなんだかゆるゆるとしてしまう。
goats2バカ笑いどころも、さほどないしね。まぁ、ヤギの顔はなんかマヌケた感じでどうも笑えてくるけど。
なんでヤギなのか?動物実験で犬は、隊員が拒否反応をしめし、ヤギならいいそうで…。
アルプスの少女ハイジだったら、どっちもダメよっていいそうな気はします。(なんでハイジが出てくるんだよぉ)
ダークサイドよりの部隊の仲間だったラリーは、ケヴィン・スペイシーだったんですが、ヒッピー風時代にはちっとも気づいてませんでした。
goats6俳優さんたちが楽しそうでよかったねぇと思えた映画でした。
アメリカって、ある意味さ、のどかな国に思えます。
映画を観て、壁ヌケや運転中の雲消し、ヤギに殺意を持って睨むとかは、しないようにって最後に出てました。しないわよ。

リンもクラシックでボストンといってた曲、主題歌としてよく流れ、なんだっけこの曲とエンドロールを最後まできっちり観たというか聞いた。
「宇宙の彼方へ」More Than A Feeling ボストン

サイレンサー

これを撮った監督さんは、「プレシャス」の監督さんでした。「チョコレート」のプロデューサーもっていうと、なんとなく納得もしたり。
主演が、ヘレン・ミレンのように書かれてる映画情報が多いんだけど、これってキューバ・グッディング・Jrが主人公。
ハードボイルドとかギャングな世界を期待すると、肩すかしな部分もあるかも。
しかし、なんでわけのわからんカップルばっかりなんだ?
shadowboxer1サイレンサー
原題:SHADOWBOXER
監督・製作:リー・ダニエルズ   
製作総指揮:ドーン・レンフェスト、タッカー・トゥーリー   
脚本:ウィリアム・リップズ
音楽:マリオ・グリゴロフ
上映時間:93分
出演: ヘレン・ミレン, キューバ・グッディング・Jr., スティーヴン・ドーフ, ヴァネッサ・フェルリト, ジョセフ・ゴードン=レヴィット、メイシー・グレイ、ウェンディ・バロン、モニーク、他
それは、最後の仕事となるはずだった。女ヒットマンのローズ(ヘレン・ミレン)は末期の癌に侵され、自らの死期を近くに感じていた。仕事のパートナーであり恋人のマイキー(キューバ・グッディング・Jr)は、今度の仕事を最後に、二人でどこか遠く、彼女の余生を共にするつもりでいた。犯罪組織の冷酷なボス、クレイトン(スティーヴン・ドーフ)からの依頼は彼自身の妻ヴィッキー暗殺だった。妻の不義を疑い、始末させようとしたのだ。屋敷に侵入した2人は護衛の用心棒たちを次々に仕留め、最後にヴィッキーに銃を向ける。ところが臨月を迎えていた身重のヴィッキーはショックの余り破水してしまう……。ローズはマイキーの忠告を聞かずに、ターゲットを仕留めることを中断してしまう。ベテランが最後の仕事で選択したこの判断は、ローズ自身だけでなく恋人マイキー、ヴィッキーの運命をも大きく変えることとなる。
サイレンサー - goo 映画

shadowboxer3殺し屋ローズは、末期ガンで最後の仕事のはずであった。
死が間近に感じられ、どこかで人を死にやることに気弱になってしまってきたのか、良心が表に出てきたのか、新しい「生」がまぶしかったのか、複雑な心境を感じたんでしょう。
目の前のターゲットであるヴィッキーは、まさに新たな生を落とそうとしているのだから…。
というわけで、おもっくそ冒頭〜中盤までは、ローズさん主体なような気がするわけよ。
相棒であるマイキーは、彼女に服従する。これは、ずっとね。
彼の台詞は、割と少なかったんじゃないかな?
全体の流れは、生みの親より育ての親という流れな様な気がします。
徐々にわかってくるマイキーの過去。
これは、ヴィッキー親子にもかぶるものがあるなぁ。
親子ほど年の違う二人が、どうして恋人関係になっていったのかはわからなかったけれど、少年マイキーを父親から救い、ローズは母代わりだったろうと思われます。
ローズの手で出産したヴィッキーと赤ちゃんは、ローズとマイキーとの奇妙な同居生活を送ることになる。
shadowboxer4赤ちゃんと母親の診察を、こういう闇のお仕事の人たちを請け負うDr.ドンと恋人で看護婦のプレシャスにみせる。
これが、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとモニークのカップル。
この二人も、かなり変なカップルだ。
shadowboxer5最後半で、アンタにはお金をかけてるような台詞があったんで、ローズとマイキーに似たようなとこもあるなぁと思ったりもした。
このJGL、どっかふらふらしたような医者っぷりが、印象には残ります。
そう髪型のせいか、窪塚洋介に似てるというのは、否定できん。
モニークは、プレシャスで鬼母だったんですが、ここではプレシャスです。ちょっと笑ったな。
冒頭近くで歩いていたシマウマは、こういう白人x有色のひっかけ??
以後出てこなかったけどねぇ。
このドクターとプレシャスは、そんな秘密を知りながらも、暗殺指示者のクレイトンの方にも出入りもしている。
これが、最後に大きな展開を作ってくるので、この二人のちょっと大きめな存在感はそういうことだったのかと思いました。
shadowboxer2末期ガンで、余命数ヶ月かと思ったんですが、子供アンソニーのおかげか、私が思ったより長生きしてました。
まぁ、最期のシーンがまさかのキューバ・グッディング・JR.のおしりがやけに印象なとこだとは…。というか、彼のお尻が、やけに拝める映画でしたな。
二人の絡みも、結構濃厚でして…(^◇^;)
あっけなくローズがいってしまいまして、ここでこれはマイキーが主人公だなと確信にやっとなった。
shadowboxer6ローズがいなくなり、傍目には夫婦と子供にしかみえない奇妙な同居生活を。子供も父親と思いなついて、穏やかに暮らしてはいるものの、マイキーは一人殺し屋稼業をつづけており、そのことでぎくしゃくもしたりする。
それでも、ヴィッキーとマイキーは惹かれ合うものを感じてた。
クレイトンに見つからないように暮らしている彼らなんだけど、途中でローズが決死の覚悟で、クレイトンを殺しちゃうのかなぁとか想像したんですが、そうじゃなかったですねぇ。
嫉妬に駆られたプレシャスにより、秘密をクレイトンに知られてしまい、絶体絶命になってしまった3人。
冷酷なボスのクレイトンの息子でもあるアンソニー、育ての父の裏の顔は殺し屋。
エンディングの台詞が、妙にコワイ子供の台詞でありました。
この映画、未公開かもと思っていたら、公開されてたんですね。
ちょっとハードボイルドっぽいジャケ文句とかで、勘違いしそうだし、そこら辺で損をしていると思います。
役者さんたちは、よかったと思うし、時間の割には濃く感じました。
ヴィッキーの女優さん ヴァネッサ・フェルリトは、どっかで観たような気がして、調べたら、デス・プルーフのおねえちゃんの一人でした。(たぶん前半のバッドガールズ)

アデル/ファラオと復活の秘薬

たくましい女性のアドベンチャー・ムービーと思いきや…ですね。
元々は、フランスのコミック(フレコミか?)が原作で、展開がそう、コミック的。
翼竜の復活やらミイラやら、ファンタジックというよかコメディ調です。
これを見て思い出した映画は、ナイト・ミュージアムです。ルーブル美術館もでてくるしっ。
adell1アデル/ファラオと復活の秘薬
原題/英題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC
監督:リュック・ベッソン   
製作:ヴィルジニー・ベッソン=シラ   
原作:タルディ   
脚本:リュック・ベッソン   
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:エリック・セラ
上映時間:107分
出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジャッキー・ネルセシアン、ニコラ・ジロー、ロール・ド・クレルモン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーブ、他
adele31911年、世界中の秘宝を集めるルポ・ライター、アデル・ブラン=セック(ルイーズ・ブルゴワン)は、不慮の事故で瀕死の状態にある双子の妹アガット(ロール・ド・クレルモン)を救うためにエジプト王家に伝わる“復活の秘薬”を手に入れようと、エジプトの砂漠を越えていた。アデルはラムセス2世に仕えたミイラを発見するが、黄金を横取りしようとする盗賊の襲撃を受ける。それをかわしたのもつかの間、いつも彼女の邪魔をするマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)によって石室に閉じ込められてしまう。アデルは隙をついて火を放ち、ミイラの石棺に滑り込んで脱出する。地下水脈に落ちた石棺は、ナイル川に辿り着く。そのころパリでは、謎の巨大な怪鳥が現われて人々を恐怖に陥れていた。メナール教授(フィリップ・ナオン)と助手のズボロフスキ(ニコラス・ジロー)は、博物館に展示されているジュラ紀に絶滅した翼竜プテロダクティルスの卵の化石が割れているのを発見する。メナールはカポニ警部(ジル・ルルーシュ)に、ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授(ジャッキー・ネルセシアン)を紹介するが、エスペランデューこそ翼竜を蘇生した張本人だった。カポニはエスペランデューを逮捕する。政府は著名なハンター、サン=ユベール(ジャン・ポール・ルーヴ)を遠征先のアフリカから呼び戻し、翼竜掃討作戦を開始する。エジプトから帰還したアデルは、エスペランデューの事件を知る。すんでのところでギロチン台から救われたエスペランデューは、アデルが持ち帰ったミイラを蘇らせるが……。
公式サイト
アデル/ファラオと復活の秘薬 - goo 映画

リュック・ベッソンだし、女性インディ・ジョーンズを期待するといけないし、ミイラが暴れるハムナプトラシリーズほどでもないわさ。
出てくるキャラが、みんなどこかお茶目な感じがしました。
ヒロインは、フランスではコスプレで超有名なお天気おねえさんだそうです。
それもあってか、コスプレ・変装もふんだんにありました。
チョイデブ弁護士や調理のおばさんや超肥満看守など。
adeleコスプレというのか、どうなんか、アデルがエジプトで出くわすマッドサイエンティストが、マチュー・アマルリックというのは、出演者を調べるまでわかんなかったですよ。(潜水服〜やら007のあの人)
目力に特徴のある方なんですけど、それが見えないですしねぇ。
なんだか、すっごく楽しそうにみんな演じてるような感じがするので、いいんではないかいな。
元のコミックを知らないので、かなり荒唐無稽な展開にも思えたのですが、そういう原作って聞くと納得してしまうものがあります。
宣伝や予告の雰囲気だけで観に行った方は、びっくりだったんでしょうね。
なんとなく「ナイト・ミュージアム」を思い出してしまった私ですが、これは男子にサービスな映像もあるんで、ファミリー向けとは言い難いところもありかしら??
adele7一番に、翼竜プテロダクティルスの卵がかえっちゃって、プテロちゃんが飛び回るからかもしれないです。
この仕業は、エスペランデュー教授で、この人すごいです。
超能力者ですよっ!!
adele6学者は、どうしても変なキャラであることが多いですが、変を通り越した人物です。
変というと、出てくる人、みんな変ですよ。
アデルは、どうして復活の秘薬を知るファラオの御殿医のミイラを捜していたのかというと、adele5双子の妹が不慮の事故で植物人間に近いような状態になってしまっているからで、エスペデランデュー教授がミイラを復活させて聞いてみようということになったようです。
連れて帰ってきたものの教授は投獄され、死刑の寸前。
プテロちゃんは、教授の友人のメナール教授の助手が保護でしていた。
ホントにドタバタで、エスペデランデュー教授もミイラ蘇生したら、あえなく退場というのが惜しいキャラでした。ここまで蘇生できたら、妹も復活させられそうな勢いに思えるんだよね。
この教授とプテロちゃんとはつながってるので、彼も退場です。
ミイラはなぜか無事で、美術館にいるファラオたちのミイラにも影響を及ぼし、復活してしまう。
adele2アデルは、当時としては珍しい女性ジャーナリストで、それも世界の秘境などを巡ってるようで、兼高かおるさんを思い出した(今もお元気で旅されてるそう)。
時代設定がどうあれ、やっぱり男性以上の女性をリュックは好みますね。
アデル役のルイーズ・ブルゴワンは、決して美人場夕でもないですけど、好感の持てる雰囲気のある人でした。
ほんでもって、1912年の4月にタイタニックの事件があったことを、エンディングに思い出してみるといいです。
タイタニックの悲劇は、ミイラの呪いともいう記事も見つけて、笑ったわ。続編になっちゃうかもねぇ。

ミレニアム2 火と戯れる女

復習をしておくべきだったかなと思いつつも、大丈夫でした。
原作は、映像完結してからの方がいいかなと思い、手を出していません。
先回の少女失踪事件自体はあまり関係なくって、リスベットとミカエルの背後関係がつかめていたからでしょう。
3作のうち、上映時間は一番短いのですが、2時間越え。このシリーズは、長さを感じないですね。面白かったです。
1本の映画の収束感はあるものの、つづく的なエンディングだったので、3が待ち遠しい!解決しているわけではない。
millennium21ミレニアム2 火と戯れる女
原題/英題:Flickan som lekte med elden/ Millenium 2: The Girl Who Played with Fire
監督:ダニエル・アルフレッドソン
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:ヨナス・フリュクベリ
撮影:ペーテル・モクロシンスキー
音楽:ヤコブ・グロート
上映時間:130分
出演:ノオミ・ラパス、 ミカエル・ニクヴィスト、アニカ・ハリン、ペール・オスカーション、レーナ・エンドレ、ゲオルギ・スタイコフ、ミッケ・スプレイツ、ペーテル・アンデション、ソフィア・レダルプ、ヤスミン・ガルビ、ヨハン・シレーン、ターニャ・ロレンツソン、パオロ・ロベルト、アンデルス・アルボム・ローセンダール、他
millennium23リスベット・サランデル(ノオミ・ラパス)は、身長150cm体重40kgの子供のような小柄な体型で、全身にタトゥーやピアスを施し、誰かに媚びたり、必要以上に言葉を発したりしない。良識人なら眉をひそめる外見と態度を持つ彼女だったが、明晰な頭脳と映像記憶能力、天才的なハッキング技術を駆使し、数々の謎や疑惑を暴くことができる。そのリスベットが、社会派雑誌『ミレニアム』の発行人ミカエル(ミカエル・ニュークヴィスト)とともに、富豪ヴァンゲル家の少女失踪事件を解決して1年が経ったが、それ以来、リスベットは姿を消したままだった。『ミレニアム』では少女売春組織の実態に迫る特集号を発行しようと準備を進めていたが、担当するジャーナリストが殺害されてしまう。その現場に残されていた銃にリスベットの指紋が残されていたため、彼女は指名手配される。しかしミカエルはリスベットの無実を確信し、仲間たちと共に独自の方法で真実に迫っていく。
公式サイト ↓(2・3合同サイト)
映画「ミレニアム」シリーズオフィシャルサイト 「ミレニアム2 火と戯れる女」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」9月シネマライズ他連続公開。
ミレニアム2 火と戯れる女 - goo 映画
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 のMy記事

今回は、リスベットを取り巻く謎に迫っていくので、前作とはまた違うドキドキの面白いもんがありましたわ。
衝撃の過去というふれこみです。まぁそうやわな。
millennium25前作は、ミカエルが罠にはめられ有罪にというはじまりでしたが、今度はリスベットが殺人事件の犯人として追われる立場に。
しかも、被害者はミレニアム誌の担当ジャーナリストとその恋人で犯罪学者の女性。
リスベットとミカエルが、関わるようになってるのですが、この二人、ツーショットは最後まで拝めませんでした。
三部作の真ん中は、どうも中継ぎの役割のために、一つの映画としては物足らなさとかあったりするものですが、リスベットの過去の謎にふれていくため、だれることなく観られました。
いろんなドキドキな場面もあったりして、起伏もつくってあったからかもしれないですね。
millennium22ミカエルも、エリカと関係を続けながらも、リスベットの事を常に気にかけており、容疑者として名前があがったときも、彼女は無実だと断言する。
前作でいやらしい後見人ピュルマンは、リスベットに屈辱的な文字を彫られビデオまで撮られた。ひそかに彼女への復讐をしようと動き出し、それを察知した彼女は、海外から戻ってきて罠にはめられる。しかし、ピュルマン本人も殺され、その容疑者にもされてしまう。
ピュルマンは、ある者の秘密を握る人間でもあった。
ミカエルは、人身売買・少女売春組織のリストから、ザラという人物にたどり着いていく。リスベットは、天才ハッカーだからミカエルのPCを覗くくらいお手の物だし、ミカエルも承知の上のこと。
millennium27ピュルマンを殺した殺し屋が、金髪ででかい男で、リスベットの友人であり肉体関係をもったりする女性ウーと共通の友人のボクサーパオロが、彼に襲われる。
この殺し屋、ほんまにモンスターの様な奴で、プロボクサーですら歯が立たない。ボクサーの立場から、彼がトレーニングを受けたものであることや、叩かれた痛みをださないことなどが判明。この二人も、殺されるかと思ったねぇ。大男すぎて知恵が回りかねるのか、ちょっと抜けている部分も多いようだ。
この大男ニーダーマンは、無痛症であるため痛くないという設定がすごいね。
リスベットが単身、ザラに対峙しにいくあたりのクライマックスは、ドキドキとびっくりだったり。早くミカエルが着かないかと願ってしまったよ。
millennium24そのシーンにからみながら、ミカエルがリスベットの過去を知っていき、ピュルマンの悪事をも知る。
リスベットは、ミカエルを信頼している事も伺える。
ミカエルもまたそう。
リスベットの忌まわしい過去は、ザラにつながっており、ニーダーマンまでつながるとは予想外。
そんな3人に、血のつながりはあっても愛はない。
冷血な人間だわぁ〜〜〜。
millennium26この3人の決着はなく、持ち越しであるところが3を観たいと思わせますよ!

ハリウッド・リメイクは、ミカエルをダニエル・クレイグ、リスベットはルーニー・マーラという女優さんだそう(「ソーシャルネットワーク」「エルム街の悪夢」)。ダニエルさんはいいわね(笑)でも、エリカとのベッドシーンとかで、ちょいぼよ〜んとしたお腹が妙にリアルで好感を感じちゃったんですけどねぇ。ハハハ
エルム街の悪夢は、観たんですけど、感想書けてないなぁ…。彼女の印象は薄かった。リスベットは、ノオミさんの印象が強烈だ!(シャーロック・ホームズの続編に出るんだって)
3は、2/4で〜す。(レンタルは3日からってことだな)

フローズン

夏に公開だったこの作品、DVDは旬な時期ですね。
つうか、さぶっ★
ストーブ全開、毛布付で挑みましたわよ(私は寒がり)。
スキーもスノボもやらないから、この心配だけはなくて済むので、安心して観た(笑)
そうそう、冬版「オープン・ウォーター」というのは、当たってますね。
「トランスアメリカ」で、そのイケメンぶりにしっかと名前を覚えたケヴィン・ゼガーズが出てたので、即レンタル。(あ〜単純)
frozen1フローズン
原題:FROZEN
監督・脚本: アダム・グリーン
製作: ピーター・ブロック
上映時間:93分
出演:ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア、エマ・ベル、他

ダン・ウォーカー(ケヴィン・ゼガーズ)、ジョー・リンチ(ショーン・アシュモア)、パーカー・オニール(エマ・ベル)の3人は、日の暮れたスキー場で最後の滑りを楽しもうとリフトに乗り込むが、山上への途中で突然停止してしまう。大声で助けを呼ぶ3人。しかし、大自然の真っただ中では誰にも悲鳴は届かず、まもなくゲレンデの照明が消え、地上15メートルの空中に置き去りにされてしまう。スキー場の営業が再開されるのは1週間後。携帯電話も食料も持っていない3人は、猛烈な吹雪にさらされ、気温マイナス20℃という暗闇の中、体力と気力を失い、寒さと凍傷の恐怖から逃れられない。まさしく絶体絶命、最悪の状況に陥ってしまった3人は、この悪夢から脱出することができるのか……。
公式サイト

frozen2リフトにギリギリの時間で乗って、リフトの上に置き去りにされてしまう3人の恐怖です。
ほぼ、3人のみで、ちょろっとリフトの管理人のおじさんたちとかが出てくるくらいの低予算ぽい映画。
この3人の会話で成立の映画でもあったりする。90分頑張りました(笑)
ダンとリンチは小学生からの親友同士で、毎年スキーやスノボを楽しんでいた。今年は、ダンが彼女のパーカーも同伴。パーカーは初心者で、リンチとしてはちょっと物足らない。
だもんで、もう一滑りを楽しむべく日曜の夕方に最後のリフトへ。
この3人、びんぼー学生らしくって、リフト券を買うお金が3人分ない。パーカーに管理のおっちゃんを買収させて、乗ってます。最後も、「しゃーないなー」みたいに乗せてもらったのはいいけれど、アクシデントで違う管理人に交代したりしたために、みんな帰ってきたと間違えられ、途中でリフトを止められてしまうっていう事の始まりですわ。
そこに行き着くまでに、彼らの関係がわかるような会話やら、このスキー場が週に金・土・日の3日間営業しかしてないことなどの状況がわかるようになってます。でも、この辺が妙に長く感じてしまった。
これは、予告を観ているせいか、3人は置き去りにされるっていうのをわかっているからでしょうね。
frozen3宙づりになってしまっても、よくあることだからと(最初にそういうシーンもちゃんとありました)、さほど3人は慌ててもいなかったのですが、スキー場の灯りが消えていってしまい、途端に不安になってしまう。雪上車には気づかれないし。
食べるものも携帯もないし、段々吹雪いてくる。
ぎゃーぎゃーとパニックってしまってたパーカーの顔も凍傷に。
トイレだって、男子はホースを出せばいいけど、女子はそうはいかないもんね。
おまけに片方の手袋まで、彼女は落としてしまう。
見かねたダンが、飛び降りて助けを呼びに行くと決断。
哀れ、彼は骨折して歩けなくなってしまう。ここ、骨が突き破ってて痛い!
frozen4リンチがケーブルを懸垂しながら低いリフトに移り、梯子のある支柱にむかうことにするが、凍って滑ってうまくいかない。
下では、血の匂いを嗅ぎつけた狼が…。
サメのかわりに狼の恐怖ときたもんだ。
ケヴィン・ゼガーズの退場で、私、残念に思いました…。
リンチは、Xmenのアイスマンをやってた人でした。
ダンの悲惨な光景のあとのリンチが、パーカーを責めちゃうとこがいいね〜。
1年やそこらの恋人だろって。子供の時からの親友を失うことの方が悲しい。
これは、一理ある。
後から、パーカーもダンは結婚を考えた唯一の人というけどね。
朝を迎え、予告であった握ってたバーに凍り付いて手の皮がむけちゃうパーカー。
リンチが寝ている間に、ガマンしていたおしっこをもらし、涙するパーカー。ここで、水分は凍り付いて、お尻がえらいことになっちゃうんじゃないかと心配したんですが、それはなかったです。
意を決し、またも支柱めざして進むリンチの下には、狼さんが待っている♪
さて、誰が助かったでしょう〜。(^v^)フフフ
そんなん、強いのは女に決ってるわ!と最初から思っとりました。
どうしても、海ほどはバラエティに富まないので、単調な感じはあります。
会話の部分が上手くできていたなぁとは思いました。
しかし、この時期に観るのにはさぶすぎです。
雪山のお好きな方は、気をつけてみて下さいましね。

10’私の観た映画から(BD&DVD中心編)

去年、記事に挙げた映画は217本でした。うち映画館で観たのは25本。あとは、DVDなどやTV録画です。観た本数は、もうちょっと多い。
思ったよりも、多くてびっくりしました。
09年が193本を記事にしていて、え?9年より多いの?ってね。
10年は、とにかくBlu-rayシフトが顕著でした。もう、DVDは買えないわっ!くらいの勢いですな。(^O^) 去年の購入ソフト本数は、あえて書かないけど…。
09年末にTV録画もBDで扱えるようになったので(焼きやすい)、WOWOWやCS活用が大きくなってきました。いっぱいたまってます。
あと観てなかったシリーズものも、いろいろ観ました。
こういう、ベストとかを考えるのって、どうしても後半に観た映画の方が有利。すでに、内容があまり思い出せない映画もあるもんなー。順位をつけるのが、苦手なので勝手に部門でいっちゃお。なるべく、新しい目の映画を中心にします。

(500) Days2とにかく好きで賞
(500)日のサマー
ポストでBlu-rayレンタル→店でDVDれんたる→廉価版Blu-ray購入しちまう…
久々に複数回レンタルの末、買ってしまいました。
妙にツボでした。男と女の生態の極意かも。音楽とか構成とかの雰囲気もいい。ズーイの小悪魔ぶりも、わかるわかるなんですねぇ。
意外でしょ。
joe-gそうよ、この後インセプション(これの特典は観て損なし)観て、ジョセフ・ゴードン=レヴィットのカメレオンっぷりにはまりましたねぇ。
9月、立て続けに出演作を3作観ました。
まだ、WOWOWで録画したキル・ショットが、残ってますわん。そのうち観ますし、まだまだあるのよ。子役時代もあるしね。ふふふ 新作も楽しみです。

Invictus1ハズレなしで賞
インビクタス/負けざる者たち
やはり、クリント・イーストウッド監督にはハズレがない。
観た後の爽快な高揚感はよかったです。
新作はどうなんかなぁの期待が高まってしまう。
南アも、10年の注目国でしたね。
スポーツ(?)絡みだとローラーガールズダイアリーズはさわやか。
Le_Concert2kanpai2笑と涙で賞
オーケストラ!
人生に乾杯!
どちらも、前半は笑っちゃいましたね〜。人生に乾杯!は、ほろっと泣かせておいて、くくっとさせられてしまい、泣き損したけど、面白かった!


millennium1唸る面白さで賞
ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女
三部作の一作目ですが、これだけでも十分面白かった。2が、もうすぐレンタル開始♪たのしみやわぁ〜。



Breathless3救いがないで賞
息もできない
韓国の暴力系映画は、すごいものがありますね。
含みのあるバッドエンドが当たり前のような…。
ある意味、社会派映画でしょ。
暴力の生み出すもの、その連鎖は、見事な切り口です。
pyjamas1縞模様のパジャマの少年
(:_;)
泣けましたなぁ、これ。
めちゃ、落ち込みましたです。
カティンの森の事実にも、びっくりしました。

frozen_river5望みはあるで賞
フローズン・リバー
メリッサ・レオの疲れた女の表情が、印象的。
母親同士である部族の女との奇妙な友情の顛末と結末のつけ方が、父親・男にはできないだろっという説得力。


ORPHAN1かわいい顔して怖いで賞
エスター
女と子供は怖いんだ!
母役のヴェラさんには、スクリーム賞もあげたいかな。
マイレージ・マイライフとは別人で、彼女もうまい方ですね。この映画は、なんといっても、子役のうまさで怖い!
エクトプラズム怨霊の棲む家も怖かったなぁ。
今回は、血まみれ賞はない。マーターズは真っ赤かでしたけどね。スペルは、笑ったしねぇ。おばぁが怖かったっけ。

moon2低予算でもSFはできるで賞
月に囚われた男
妙に印象的でした。
監督が、SF映画が、すごく好きなんでしょうっていうのが、よくわかります。
画が、どこかオサレな雰囲気がしました。

adventureland1されど未公開で賞
アドベンチャーランドへようこそ

ゆるっと面白かったです!
主演は、奇しくもソーシャルネットワークで、注目をうけるはずのジェシーくん。ヒロインは、ベラ(爆)こっちの方が、素に近いと思う。
誰も知らない「21番目のベッド」なんかも好きですね。
fanboys7公開されてよかったで賞
ハングオーバー!
ファン・ボーイズ
いやいや、こういうの好きです♪
アメリカン・コメディも変わっては来てます。


買ってよかった特典満載Blu-ray
内容うんぬんというより「特典」ね。
アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション(本編3種収録)(初回生産限定3枚組) [Blu-ray]
アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション(本編3種収録)(初回生産限定3枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る
私が思うに、これ春の在庫処分バーゲンで、安くなるはず!
エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る
これ、ほぉ〜でしたよ。
インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
クチコミを見る
↑ これもバーゲンで、きっと悔しいほど安くなる、ワーナーだもん。
ほか、バック・トゥ・ザ・フューチャーのパックも。

旧作もんでは、バグダッド・カフェは残ってます。音楽もよかった。
エイリアン1・2も、ちゃんと見ることができたし。バイハザも、全部観たし!
処刑人も、まとめて観ちゃったのは楽しかったです。

印象が悪い方な映画っていうと、「恋するベーカリー」「脳内ニューヨーク」あたり?
さっさと忘れてしまう方が、埒がいいと思うわ〜。
スターな方がでてるけれども、おいてけぼりになってしまった。
B級・低予算映画には、私寛大ですから、あえて書かない(笑)

めっちゃ、疲れたよ、この作成には…。いっぱい漏れてるもんな。
トータルで、やっぱし私「第9地区」は、10年の映画として外せないですね。

あ〜〜〜、もう新年早々、不義理してます…(T_T)続きを読む
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ