晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2011年05月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

30デイズ・ナイト:ダーク・デイズ

初見の映画を久しぶり(ほんの4、5日)に観たのが、これかい…。
これは、あんまし評判良くないですね。
正統な続編だけど、キャストも監督も変わっちゃいましたねぇ。
本国も、ビデオスルーのようです。
30daysnight2130デイズ・ナイト:ダーク・デイズ
原題:30 DAYS OF NIGHT:DARK DAYS
監督・脚本:ベン・ケタイ
原作・脚本:スティーヴ・ナイルズ
製作:ヴィッキー・ソーサラン
撮影:エリック・マッディソン
音楽:アンドレス・ボルトン
上映時間:97分
出演:キエレ・サンチェス, リス・コイロ, ディオラ・ベアード, ハロルド・ペリノー, ミア・カーシュナー、他
前作から一年、夫を失ったステラ(キエレ・サンチェス)は世界中でバンパイアの存在を説いて回るが、信じてもらえない。同じ境遇のポールらと出会い、バンパイアたちへの復讐を決意する。失うものなど何も無い、恐れるものも何も無い。今度は、ロサンゼルスの奥深くへと足を踏み入れ、バンパイアたちを根絶すべく自らを極限に追い込んでいく――。
ソニピクの商品紹介サイト
前作30デイズ・ナイトの感想

舞台は、アラスカからなぜかLAへ。
前はさ−、白い世界と鮮血が、よかったんですけどね。
前作と比べてしまうのは、仕方ないことです。続編だし、なおのことだわさ。
ステラとエバンは、夫婦扱いになってるけれど、前作では一度壊れた夫婦だったよね。事件を機に愛を取り戻したって事かしらんが、ステラはエバンに執着してるように思えた。
30daysnight23謎の男デインという人物から、何度も手紙をもらい、その内容はヴァンパイアのこと。
このデインというのも、妙に宙ぶらりんでした。
各地で、嘲笑されながらも自分の身に起こったことを公演してまわるステラのところに、同じような境遇で大切な人を失ったヴァンパイア・ハンターと知り合う。
もうねぇ、前作もつっこみたい映画でしたけど、満載過ぎる。満載過ぎていいわっていうTypeとつっこまずにはおられないTypeとあるけど、今作は、後者の方じゃないかな。
30daysnight22前作は、どっちかというとゾンビ感染もののような雰囲気が強かったように記憶してるんですが、ドキッというところも、まぁあったし、見せ場があった。
今作は、血ぃ吸うてまんねんみたいなシーンも多くて、ヴァンパイアらしいといえばそうだけど、退治にしても割とあっけない。
リリスという吸血鬼一族の女王をやってしまえば、なんとかなるような語り口で、いっちゃうんだけどねぇ。
30daysnight24そこは、吸血鬼でありながら人間に荷担するデインの裏の策略?とも感じていたんですけど、そんな展開はなかった。
トワイライト・サーガ」のカレン家真似っこ?しかも、ひとりで…。
ここの吸血鬼の様相は、黒い目でどこかキモいんですが、リリスは割と人間風。
リリスって言う名前は、聖書とか神話に登場する悪魔のイメージ。(私は、ドラマ「スーパーナチュラル」のファンやしな)
悪い女の悪魔ですよ。
30daysnight2530daysnight26まぁそれはそれとして、彼女のどこが強くて他のものを従わせているのかがあまりない。
最終的に、ステラは彼女の首をはねることができたものの、それでどうなん?
生き残ってるヴァンパイアの数の方が多いし、権力の座を狙うヴァンパイアだっているだろー。
と、ぶつくさ思っていたところ、ラストが「あかんやろ〜〜〜」の展開で、がっくし。
新しい説。太陽光で焦げちゃったヴァンパイアも血を浴びると復活できるとな。
やはり、首をはねるしかないのか。
ステラは、新たにヴァンパイアを復活させてしまい、また逆戻りとはなぁ。
エバンも、ジョシュじゃないし(笑)
ポールとは、Hしたかっただけかい…(^◇^;)
評判に違わぬツッコミ映画でした。
でもさ、暇つぶしにはいい映画かもよ。ストレス感じるけどね。
前作のデビッド・スレイド監督の撮り方は、よかったなと思ったわ。

きみがくれた未来

この映画は、予告を観ていて、ちょっと爽やか青春&兄弟映画ではなさそうで、気になっていた映画です。
映画館に、でっかい横断ポスターもあったなぁ。ザッくんが、メインのね。
イマドキの言葉で言えばスピリチュアルなやつですね。
幽霊は出てくるけれど、恐くはありません。もうひとつのひねりは、予想外だったわ。
今の日本人が観るには、ちょっと早いかもしれないです。もうちょっと経ってから観ると、しみじみ感じるところが多いかもしれません。
Charlie_St_Cloud1きみがくれた未来
原題:CHARLIE ST. CLOUD
監督:バー・スティアーズ
原作:ベン・シャーウッド
脚本:クレイグ・ピアース、ルイス・コリック
製作:マーク・プラット
製作総指揮:マイケル・フォトレル、ライアン・カヴァナー、ベン・シャーウッド
撮影監督:エンリケ・シャディアック
音楽:ロルフ・ケント
上映時間:99分
出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、チャーリー・タハン、レイ・リオッタ、キム・ベイシンガー、オーガスタス・プリュー、ドナル・ローグ、他
チャーリー・セント・クラウド(ザック・エフロン)は、女手一つで家計を支える母のクレア(キム・ベイシンガー)、自分を慕う11歳の弟サム(チャーリー・ターハン)とともに暮らす高校生。charlie-st-cloud4ヨットの才能に恵まれた彼は、スポーツ奨学金を得て大学進学が決まっていた。だが、卒業式の夜が運命を変えた。大規模な自動車事故に遭遇した彼は、奇跡的に命を取り留めるが、同乗していたサムは帰らぬ人となる。弟を守れなかったことに強い罪悪感を覚えるチャーリー。葬儀の最中、いたたまれなくなった彼は、逃げるように墓地の裏手の森へ駆け込む。かつて2人は、ここで一緒に野球の練習をすることが日課となっていた。だが今はもう、キャッチボールの相手はいない……。その時、目の前に赤いジャンパーを着たサムが現れる。驚きながらも弟との再会を喜ぶチャーリー。2人はこれから毎日、夕暮れの時間に何があってもこの場所で練習を続けるという約束を交わすのだった。そして5年後。進学もヨットも諦めたチャーリーは、約束を守るため、サムを埋葬した墓地の管理人として暮らしていた。ところが、高校の同級生で、ヨットレースのライバルだったテス(アマンダ・クルー)が故郷へ戻ってきたことを知り、彼の心は揺れ動く。自分が失った夢を追い続けている彼女に、眩しさと羨ましさを覚えるチャーリー。心の中で、日増しにテスのウェイトが重くなっていく。そんな兄の変化を敏感に感じ取るサム。テスと一緒にいると、サムが遠くなってしまう。弟を失いたくない気持ちと、テスへの想いの間で揺れ動く…。
公式サイト
きみがくれた未来 - goo 映画

charlie-st-cloud2冒頭、ヨットのレースで、弟サムとともにチャーリーは優勝する。仲の良い兄弟なわけです。父親が、失踪しており、余計に兄弟の絆は強いのでしょうね。夏休みの間は、日没の大砲の音を合図に、野球をサムに教える約束をしていた。
スタンフォード大学の奨学金も得て、高校を卒業したチャーリーは、入隊する友人たちの送別会をかねてパーティに行きたがっていた。が、看護士の母親は夜勤で、サムの面倒を見なければならない。サムは、友だちの家で野球の試合を見るということで、二人は家を出る。そこで、飲酒運転の車にぶつけられ、事故に遭ってしまう。
charlie-st-cloud3このとき、チャーリーも臨死状態で、救命士のフロリオが蘇生した。サムは無理だった。
深く心に傷を負ってしまったチャーリー。
約束の時間、ひとりたたずむチャーリーの前にサムが現れた…。こうして、毎日この日課をするために、チャーリーは、墓地の管理人になり5年の歳月が流れていた。
あれほど打ち込んだヨットにも乗っていなかったが、忘れてるわけではなかった。
墓地の管理人の後輩が、彼を誘ったり、女性を紹介したりと、あれこれ気は遣ってる。このひょうきんなお兄さん、後半で力になってくれていい人だな〜と。
入隊した友人たちの一人は、帰らぬ人になりサムと同じ墓地に眠っている。
ガチョウが墓地を荒らしてたりのコミカルな場面もあるのは、いい感じ。
charlie-st-cloud5高校の同級生でヨットのライバルだったテスが、世界一周するための準備で、街に帰ってきた。
なぜか心が騒ぐチャーリー。
そしてテスと話す機会が偶然にあり、親しく会話する。
テスは、高校時代からチャーリーが気になってた風なんだよね。チャーリーはそうでもなかった風だったけど。
テスト航海にでたテスは、天候が悪い中をわざとヨットを走らせる。
そのころ、チャーリーは、サムと泥んこになって遊び回っていた。
かつて自分を助けた救命士フロリオと再会し、彼はガンであることと、チャーリーを蘇生した奇跡について語る。
チャーリーが生き返ったのは、生かされる意味があるはずだと。
このフロリオが、レイ・リオッタで、いい人やってるんですよ〜。あやしいなんかのボスじゃないんです。ふふ
最初と電話の声だけだったけど、チャーリーたちの母親はキム・ベイシンガー。
若手の多い映画には、がつっとしたベテランですね。
charlie-st-cloud6嵐のあとの夜、テスがチャーリーの家を訪ねてくる。
心惹かれ合う二人。
テスが航海に出てしまうと、6ヶ月後しかあえないというのが、二人のネックだった。
チャーリーは、サムとの約束を守るため。
テスの存在が大きくなっていくことで、チャーリーの心の中も変化していく。
自分自身、両親の死があり、大切な人を亡くすことの辛さとか想いは、わかるものがあります。チャーリーは、自分の責任だと追い込んでいるから、余計でしょう。
喪失感というものだけでも、違いますね。
死んだあと魂はどうなるんだろうということは、思う事も多いです。
癌に冒されているフロリオが、幸せな人生だったと思うと語るようにはなりたいです。
いつ何があるかわからないと身近に感じさせられた今、生かされている自分は、やはり意味があるんだろうとは思います。
そうでもなくっちゃ、やってられないしねぇ。悪い方に考えると、自分ってなんて不幸だになるのも、嫌じゃないですか。悲劇のヒロインとかになりたがる人もいますが、そんな甘いもんじゃないと思うのです。
charlie-st-cloud7テスへの気持ちが大きくなるにつれ、サムの「ぼくを忘れてしまう」という気持ちの板挟みに、チャーリーは苦しむのですが、そこで、テスは実は嵐の航海から帰還していないことを知る。テスもまた、自分がショーウインドウに映っていないことに気がつく。
チャーリーは、臨死体験から、そういうものがみえるようになっていたのでしょうね。
えー、テスも幽霊か?かわいそうやん、チャーリーと思ったんですが、そこは、奇跡。
久しぶりに船に乗り、テスの捜索をする。そして日没。サムとの約束を守れなくなってしまうことになったチャーリー。そして、サムもまた一歩踏み出す。
テスは、弱りながらも生きていた。
ファンタジーな映画と、特典でザッくんも言ってましたが、こういうミラクルってあるような気もします。
ザッくん、この髪型、顔が丸くみえる。けど、ザッくんの目の色は妙にいいですね。いつも書いてることだけど。
テスを探しながら、チャーリーは「生きている」自分をつかんだと思うし、生かされている意味だとも思ったようです。
サムは、あの世(天国)とこの世の境に留まっていたと考えればいい。
この映画、身近に大切な人を亡くした経験のまだない人には、ピンと来ない部分も多々あるかもしれないです。
主人公は、悶々としてるしうじうじだし、過去に囚われすぎだしね。
こんな後ろ向きな主人公、たまんなくウザっと思うでしょう。
ただ、表面ではこんなんでなくても、内面で抱えてる人は多いはずなんです。
私なんかも、そういうところはグサっです(笑)
母を亡くして、ちょうど1年と半近くになり、客観的にみることができますけど、そうでないと結構しんどいもんがあっただろうなって思います。1周忌を過ぎると、私は客観的になったもんです。
それでも、割り切れないような気分になっちゃうんですね。
でもね、未だに、どうして私は仕事に行くためになくなる前晩に帰ってしまったんだろう…と思ってますしね。いくら有休を取ってる人がいるからって、帰ること無かったのにって、ぐちゅぐちゅ自分のしたことを後悔してます。

6月にでる新作DVDは、色々あるわよ。映画館にも行かなくっちゃね

x-men-first-classパイレーツは、観たので、今度はX-Menだわさな(笑)マカヴォイさんがでてるし、半ば無条件に観るような…。ちょっと、これは復習しておいた方が、小ネタがわかりやすいかもしれないですね。
あとさ、SUPER8は、どんなんだろうね。
5月は、さほど目玉DVDもないし(観てた映画が多かった)、旧作を観よう〜と思ってたんだけど、ぼぉっーとした日々を過ごしていました。( ̄。 ̄)ボーーォ その割には、眠たいばっかで。
6月になって、こーゆー販売もちょっくら落ち着きを取り戻してきたような気もします。6月は、前期集中〜。梅雨時ゆえ、雨の夜はまったり映画を…。
6/2
ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ コレクターズ・エディション [DVD]ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
出演:アーロン・ジョンソン
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
「キック・アス」のあのヲタク青年が、ジョン・レノンの若き日だよー。ついでに、23歳年上の監督さんとできちゃた婚約ってな…。1990年生まれやで!
デイブレイカー [DVD]デイブレイカー
出演:イーサン・ホーク
販売元:ポニーキャニオン
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ヴァンパイアもの。人類の大半がヴァンパイア化した世の中ですって。
観たいよ、観たい。
クレイジーズ [DVD]クレイジーズ
出演:ティモシー・オリファント
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これ、当初4月の予定だったんですよね。リメイクものです。待たされると観たくなるわさなぁ。ハハハ ティモシー・オリファントは、好みだし。へへ
エクスペリメント [DVD]エクスペリメント
出演:エイドリアン・ブロディ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、「es」のリメイク。主演は、エイドリアン・ブロディだ(まただ)。製作チームはプリズン・ブレイク。キャム・ギガンディ(バーレスク)もでてますね。(ちょっと気にしておこう)
イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパックイップ・マン 序章&葉問
出演:ドニー・イェン
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ブルース・リーの師匠の伝記映画に、ドニー・イェン。2本合わせて215分か…。一気観したいほうだしなぁ。一週間レンタルで借りたいですねぇ。
リトル・ランボーズ [DVD]リトル・ランボーズ
出演:ビル・ミルナー
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
もう一人の子役に、ナルニア3章のいけすかない従弟の子が好演してるそうです。予告を観て、気になってた作品です。
6/3
シチリア!シチリア!スペシャル・エディション [DVD]シチリア!シチリア!
出演:ランチェスコ・シャンナ
販売元:角川書店
(2011-06-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
監督さんは、「ニューシネマパラダイス」の方です。監督の父親がモデルらしいです。人間ドラマで、ネックは151分ですね。
トロン:レガシー ブルーレイ [Blu-ray]トロン:レガシー
出演:ジェフ・ブリッジス
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2011-06-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは、映画館で体験(!)するつもりだったんです。なるべくBlu-rayで観とうございます。
チャットルーム [DVD]チャットルーム
出演:アーロン・ジョンソン
販売元:アット エンタテインメント
(2011-06-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
監督は「リング」の中田秀夫監督だよ〜。イギリスで撮ったらしい。主演は、またもアーロン・ジョンソンです。観るって(笑)男前には、弱い。
バレッツ [DVD]バレッツ
出演:ジャン・レノ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2011-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ジャン・レノさんのマフィアもん。バイオレンス好きだし。観たい気はする。セルが、なぜか一日早い。
戦火の中へ スタンダード・エディション [DVD]戦火の中へ 
出演:チャ・スンウォン
販売元:角川書店
(2011-06-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
韓国映画。朝鮮戦争もん。
6/8
グリーン・ホーネット [Blu-ray]グリーン・ホーネット
出演:セス・ローゲン
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2011-06-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、映画館で見損ねた。主演が、日本じゃ地味ですからね。
モード的には、こっちよりな私なので楽しんでみたいです。
武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]武士の家計簿
出演:堺雅人
販売元:松竹
(2011-06-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
堺雅人さんは、なんか好きな俳優さんです。にこっとされると、へにゃーとなりそうなんですよねぇ。

6/15
ウォール・ストリート ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ウォール・ストリート 
出演:マイケル・ダグラス
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2011-06-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これもさ、ウォール街をみてちゃんと準備してたんですけどねぇ。あっという間に、ソフトですな。(まだ遅い方だけど)
最後の忠臣蔵 [DVD]最後の忠臣蔵
出演:役所広司
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2011-06-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
13人の刺客で役所さん見たとこだと思うけど…。共演に、佐藤浩市さん。彼の出てくる映画も観てるのが多いです。
6/17
[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [DVD]借りぐらしのアリエッティ
(2011-06-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは、映画館で観てます。美しい絵柄は保証します。ストーリーに関しては、好みが分かれるかもしれない。私は好き。
床下のおうちは、もう興味津々になるよ。
6/22
ノルウェイの森 【スペシャル・エディション2枚組】 [DVD]ノルウェイの森 
出演:松山ケンイチ
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2011-06-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
松ケンちゃんも、割と気になる俳優さんですが…。ノルウェーの森は未だ未読。好みでもなさそうなんだけどね(笑)

6/24
【初回生産版限定封入特典】エリックを探して [DVD]エリックを探して
出演:スティーヴ・エヴェッツ
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2011-06-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ケン・ローチ監督作です。マンUの90年代のスター選手エリック・カントナが本人役で出てるんだって。監督は、サッカーファンらしい。
SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】SPACE BATTLESHIP ヤマト
出演:木村拓哉
販売元:TCエンタテインメント
(2011-06-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これね、観ますね。アニメのヤマトは、観たなぁ…。キャスティングは、おぉ〜っていう人も結構あったのよ。木村拓哉はんの古代進として観ましょう。アニメは、たしか18歳くらいの設定でしたから。一番の楽しみは、ヤマトがドドッーとでてくるとこ。コスモクリーナーDは、今欲しいアイテムです。

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 

初夏のイベント!ジャック・スパロウが帰ってきたぁ〜〜〜♪
シリーズ初の3D上映ということですが、あえて2Dで観ました。最近、目の疲れがひどいし、時間も気が合ったし。暗いとぶつぶつ言わなくてイイもんね。別料金払うのもねぇ。
内容については、あんまり期待もせずに、ジャック・スパロウに会いに行こうみたいな気分で行ってきました。お約束の長いEDロール後になんかあるのは、変わってないので、トイレは、もうちょっとガマンしましょう。続編もあり??
相変わらず、ネタバレ気味な感想になっているので、これから観る人は、気をつけて下さい。
potcost1パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉
原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN:ON STRANGER TIDES
監督:ロブ・マーシャル
原作:ティム・パワーズ
脚本・製作総指揮:テリー・ロッシオ
脚本:テッド・エリオット
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン、 チャド・オマン、バリー・H・ウォルドマン、テッド・エリオット、 ジョン・デルーカ
撮影監督:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイナー:ジョン・マイヤー
衣装デザイン:ペニー・ローズ
音楽 :ハンス・ジマー、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
上映時間:141分
出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ、ケヴィン・R・マクナリー、サム・クラフリン、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、キース・リチャーズ、スティーヴン・グレアム、グレッグ・エリス、リチャード・グリフィス、ジュディ・デンチ、ジェマ・ウォード、クリストファー・フェアバンク、ポール・ベイズリー、ブロンソン・ウェッブ、リチャード・トムソン、松崎悠希、セバスチャン・アルメストロ、他
potcost7キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が漕ぎ出す新たな航海。それは、永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)たちが動き出す。さらに、ジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)だった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる……。幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?
公式サイト
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 - goo 映画

なんで期待そこそこだったかっていうと、なんか前ほどワクワクしなかったから。
これは、当たってましたね、残念ながら。
監督が替わってしまったことやキーラとオーランドがでないからっていうのも、多少あったのか?あったかもしんないですねー。予告がでる以前からでしたから。
ほんでも、前売りのオマケのジャックの人形をきっちりGETしてるし、こういうノリの映画は好きなので、映画館で観ちゃう気はまんまんでした。
パイレーツ・オブ・カリビアン別章の始まりなんでしょうかねぇ…。

potcost3なんとなくデッドマンチェストの始まりみたいに、ちょっと暗くはじまって、舞台は陸。
カリブのイギリス植民地ではなくって本土だ。
あ〜これもかも。カリビアンじゃないからかも。
なーんて、ちょい乗り切れないなぁという自分が居た。
ほんでも、ジャックにイヤリングを取られてしまう馬車のマダムが、ジュディ・デンチだったのは、くすっとした。この辺りが、ゴア・ヴァビンスキーじゃないとこかも。
バルボッサは、片脚が義足になりながらも、なぜか英国将校になっちゃってる。公的海賊の身分みたいですよ。
potcost2そしてペネロペのアンジェリカと遭遇。ペネロペのジャックの扮装は、いいわね。
酒場「船長の娘」はトルトゥーガとは、やっぱちがう。
アンジェリカの船で、「生命の泉」を目指すことになったジャック。バルボッサは、英国王の命をうけ、そして英国と敵対するスペインも狙っていた。その目的は、それぞれに違うわけで、その収束がやや収拾つきにくかったりして。アンジェリカは、伝説の最恐海賊「黒ひげ」の娘で、昔ジャックとなにやらね。
生命の泉で、永遠の命をもらうにはいくつかのお約束やらあって、そこらの説明部分も相変わらず大雑把ですが、ラゲッティとピンテルあたりがコメディでやってくれてた事は大きかったですよな。なんで、でてないんだよぉ。
potcost5あっちいったり、こっちいったり、てんやわんやの展開は同じようなもんですが、なぜか船の中でのアクションが少ない。そのせいか、海の印象が薄いの。
そのぶん、美しい人魚が大勢でてきますが、彼女たちは凶暴なので、笑うね。
黒ひげ&アンジェリカの船の捕虜の宣教師フランクリンが、人魚シレーネと惹かれ合ってしまう。
ウィルとエリザベスのような色合いを出してるんだけど、ちょっと弱いかな。
フランクリンとジャックの絡みも、ほとんどないのね。
楽しいのは楽しいんです。
お馴染みの音楽もちょこちょこっと入ってくるし。
こういう映画は、楽しんだもの勝ちなんだし。
それでもさ、やっぱしコレは外して欲しくなった事が多くってね。ぶつぶつの感想になってしまいましたね。
ブラック・パール号は、海に浮かんでてなんぼなんだよぉぉ〜〜。ジャックと一緒にね。コレが一番残念なの。
potcost6そのために、実は意に沿わない公僕になっていたバルボッサであったことや、片足を無くしたわけなんかも盛り込まれてはいます。
最終的に二人が協力し合うっていうのも麗しい。
バルボッサの帽子も、あの羽根つきのね。不死身のサルのジャックはバルボッサといなくっちゃ。
あと、もうひとつウィルとエリザベスのその後のうわさ話も、ちょっと位さ、盛り込んで欲しかったです。
彼らの存在感って、大きかったんですね。
トルトゥーガのおねえちゃんたちもさ、でて欲しかったね。ロンドンの売春宿くらいで。
新機構のジャック・スパロウに、馴染むのは時間がかかりそうです、私。
つうことで、これから前のを観よう(爆)

トワイライトゾーン/超次元の体験(1983)

今月のブログ DE ロードショーの映画です。この作品を選んでくださったのは、「たまさんのHR/HM シネマカフェ」の たまさん です。
アメリカで、1959年〜64年に放映されていたSFTVドラマが基。85年、02年にもリバイバルされてます。GYAOで、今新しいバージョンが配信されてますよん。
このテーマソングは、かつて着メロにしていたことがあります。(変わったのをいつも入れるTypeな私でした。最近は割とノーマルですな、「24」の内線音だし)
日本だと、世にも奇妙な物語なんかが、これと同じような題材ですよねぇ。
単発でも大丈夫なので、何本か観てるはずです。リバイバル版かどうかは定かじゃないけどねぇ。白黒でも観たような気もするのよ。
映画は、オムニバス形式で4話という体裁でした。
twilightzone2トワイライトゾーン/超次元の体験(1983)
原題:TWILIGHT ZONE THE MOVIE
監督:ジョン・ランディス、スティーヴン・スピルバーグ 、ジョー・ダンテ、ジョージ・ミラー
製作:スティーヴン・スピルバーグ、ジョン・ランディス、ジョン・デイヴィソン、ジョージ・フォルシー・Jr、マイケル・フィネル、キャスリーン・ケネディ   
製作総指揮:フランク・マーシャル   
脚本:ジョン・ランディス、ジョージ・C・ジョンソン、リチャード・マシスン、ジョシュ・ローガン、
撮影:ステヴァン・ラーナー、アレン・ダヴィオー、ジョン・ホラ   
特撮:ロブ・ボッティン   
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
上映時間:101分
出演:ダン・エイクロイド、アルバート・ブルックス、ヴィック・モロー、スキャットマン・クローザース、キャスリーン・クインラン、ジョン・リスゴー、ドナ・ディクソン、プリシラ・ポインター、アル・レオン、ケヴィン・マッカーシー、ディック・ミラー、他
ネタバレしてます
(プロローグ)真夜中の田舎道を1台の車が走っている。若い男2人が乗っており、退屈さをまぎらわすために、TVシリーズのメイン・テーマの当てっこをやり始めた。「トワイライトゾーン」が出て、あれは本当にこわかったなあーなんて会話になる。助手席にすわっていた男(ダン・エイクロイド)が運転した男(アルバート・ブルックス)に「もっとこわいことをしてやろうか?」といい、車をとめさせる。わくわくしながら待っていると、助手席の男が世にもおそろしき悪魔に変身。絶叫がひびき渡る。
(第1話)原題「TIME OUT」 とあるバーで、セールスマンのビル(ヴィック・モロー)が友人にぐちっている。自分より能力が下のユダヤ人に昇進を横取りされたというのだ。ビルはさらに黒人も東洋人もけなしてから、バーを出ていく。外はなんとドイツ占領下のフランスだった。彼はユダヤ人とみられて逃走。ビルの壁にへばりついているところを射たれて、気づいた時はKKK団に「この黒人め!」とこづかれていた。さらに逃げて川へ。ここでは、彼はヴェトコンとみられてアメリカ兵の一斉射撃をくらう。再び、ドイツ占領下のフランスに逆戻りし、ユダヤ人強制収容所行きの列車に押し込まれた。外を覗くと、あのバーがあり、友人たちが彼の名を呼んでいる。ビルの叫びは、しかし彼らには届かなかった。
(第2話)原題「KICK THE CAN」サニーヴェイル老人ホーム。子供に見捨てられたコンロイ氏。「人間は遊びを忘れた時から年をとり始めると私は思います。どうです、今夜、庭でカン蹴りしませんか」と黒人のブルーム氏(スキャットマン・クロザース)が提案する。コンロイ氏を除くみんなが賛成し、真夜中に庭でカン蹴りをした。彼らは子供にもどった。だが「もう一度人生を繰り返したくない」「夫は死んでるもの」といった理由で、みんなは大人にもどる決心をする。ただ1人、ダグラス・フェアバンクスみたいに暴れてみたいといっていたエイジー氏が、少年の姿で窓から外の世界に飛び出していった。翌日、庭でカン蹴りをしているコンロイ氏の姿があった。
(第3話)原題「IT'S A GOOD LIFE」ヘレン(キャスリーン・クインラン)は教師の職を捨て旅に出る。途中のドラッグストアで知り合ったアンソニー少年(ジェレミー・ライト)を家へ送り届けた。少年の家族はみな異常な雰囲気をただよわせている。アンソニーは超能力の持主で、彼にさからった姉はテレビの漫画の世界におくられてしまった。ヘレンはアンソニーを導く教師になろうと決意する。
(第4話)原題「NIGHTMARE AT 20,000 FEET」嵐をついて空を飛ぶジェット旅客機。飛行機恐怖症のヴァレンタイン氏(ジョン・リスゴー)は、青白い顔をし、落ちつかぬようすですわっている。窓から外をみると翼の上に怪物がいた。騒ぎたてる彼にスチュワーデスは精神安定剤を与える。彼がもう一度外をみると怪物はエンジンを食っていた。彼は窓をぶち破り、銃を向けるが、効果はない。怪物は彼のところに近づき、いけない子だねと指を左右に動かし、銃を奪っていった。飛行機は着陸し、整備士はエンジンが何者かに食いちぎられているのを発見する。その頃、ヴァレンタイン氏は救急車に乗せられていた。「ダンナ、ひどい目にあったそうだね」と話しかける運転手(ダン・エイクロイド)。さらに運転手はいう。「もっとこわい目にあいたい?」

トワイライトゾーン - goo 映画

twilightzone3ジョン・ランディス、スティーヴン・スピルバーグ 、ジョー・ダンテ、ジョージ・ミラー という当時新進気鋭の若手監督によるものだったそうです。
こういう感じのSFスリラーは、好きな方です。
が、今日は一段と眠い日で、仕事中から寝そうだったんですよね(笑・こんな土曜日なんか出勤にしなくてもいいのにさ)。(* ̄。 ̄*)。。。oO
まぁ撃沈せずにすんだのですが、スピルバーグが監督したやつ(2話)とか、一番ぼぉ〜と観てましたねぇ。あはは
目が醒めたのは、4話です。
twilightzone久しく飛行機に乗る機会のない私ですけど、ちょっと怖いね。あんなん出てきそうでさ。
うはっとなってしまいまして、この話は食いついてしまいました。
うちの娘は、若いくせに飛行機なんか乗りたくないと言うてます。海外旅行なんか、一生行きたくないんだそうです。(それでも修学旅行で嫌々乗りましたが変わらないそう)
若者は知らないでしょうが、ウルトラマンの前クールだったかに「ウルトラQ」っていうのをやってて、この番組はトワイライトゾーンの影響大だったそうですね。今にしたら、なるほどって思う。でっかい蜘蛛がでてくるのが、怖くってねぇ。トイレに蜘蛛がいたら、「おかあさ〜ん」だった私です。
てっきり、あの音楽で始まるかと思ってたら、プロローグがあって、「もっと怖いこと」っていうのは、たぶん…っていうのがあったけど、きゃほとなった。元の同乗者は、いつ餌食になってたんだろうね。
twilightzone41話目は、いわくのあるお話だったそうです。意外にあっさりしたエンディングだったので、ちょっとだけ力が抜けたのですが、それもそのはずだったんですね。
主役のV.モローは、このときの撮影事故で子役とともに亡くなってるそうです。
検索をしててそういう記事をみつけて、おまけに事故の時のYoutubeまで観てしまったけどね。巻き込まれで、恐かった。残念だったろうなぁ。監督さんは、ずっとこれをひきずってるんだそうです。この監督さんは、「ブルース・ブラザーズ」だけど、私には「スリラー」のPVというほうが馴染みがイイです。
twilightzone5懐かしい感じの雰囲気と、ありえへんけどもしかしてっていうのが、面白い題材です。
超次元ものは、最近でもスーパーナチュラルを筆頭にフリンジだのと海ドラを漁ってますが、はずせないジャンルなのではないかな。日本でも、特番で必ずあるもんね。
現実離れしているようで、どこか真実味があるように思うんですね。
元々、現実逃避傾向のある自分にとっては、おいしいジャンルです。
映画では、一つの題材をやるのかなーと思っていたので、軽く観やすかった1本でした。一つの題材だけを取り上げると「運命のボタン」みたいになっちゃうんだろうな。

Twitterではなくblogでつぶやいてみる その2

Twitterのアカウントはあるんですけどね(横っちょのやや下のほうにあります)、なんとなく。相当なめんどくさがりなんだと思います。

最近、すんごい物忘れがひどくって、やばいです。親が認知症だったし、結構シビアに心配なのよね。とりあえず、DHA飲んでみて、魚肉ソーセージをおやつにしてみる。たぶん、なんの効果もないような気もしますけど。CTとってもらおうかとか真剣に考えてますが…。めんどくさくって、まだ行ってない。30過ぎのときにも、妙に不安で風邪のついでに聞いたら、ただの「老化」と一笑された。そうだといいんだけどね。

pirates_4はじまったな、Pirates!作品そのものには、あんまり期待はしてません(きっぱり・笑)。好きだから、観に行きます。初めて購入したDVDソフトは、一作目でした。あの頃のDVDの値段って、今のBlu-rayより高かったと思う。

新しくリリースが発表になったのが、英国王のスピーチ、ザ・タウン、ザ・ファイター、エンジェル・ウォーズ(まだやってるとこもあるよね)、ちょい前にナルニア国物語、ツーリスト、ラプンツェルとか。映画館へもみんな行けよ。(自分もな…(^◇^;))

映画館と言えば、ほりゃ地方ってさ、こないわけよ。実家の方なんか悲惨だもん。映画館まで行くのにさ、交通手段も時間を取る。1時間に2〜3本ならマシか。たいそうなのよね。都会の人にはわかるまい。制約の多い二世帯同居の身の上としては、そんなにたくさん映画館では観られないです。レイトなんて終電が無くなるしなぁ…身体も持たん。

イベント的な映画だと思うパイレーツ〜なんかだと、何年に一度みたいな人も映画館にやってくる。それはそれで、映画ファンとしては喜ばしいです。でもね、ぜひ、お願いしたい。映画館のマナーは守って下さい。特に、携帯の扱いは席に着いたらやめてけろ!すごくイライラするんですよね。注意はしたことあります。予告の間くらいは、がまんできるけどな。

映画館で、ふっと記憶喪失いや寝たことあるけど、ぐーぐーと寝たことはないです。これって、凄い贅沢だなぁと思う。お金を払って、BGMだよ。贅沢だなぁ。レンタルDVD観ながら寝たことは、数えきれませんけどねぇ。

DVD観ながら寝た映画ー、決してつまらなかったわけではないです。慢性的睡眠不足です。監督さんの音声解説は、いいですよ、直ぐ寝られます。たいていボソボソしゃべるんだもん。

レンタル屋さんで、「これ観られませんでした」と言って、サービス券をもらってる人がいた。結構、そういう人たくさんいるの。その人たちって、デッキがもうダメなんじゃないのかねぇ。クリーニングもあんまししてないんじゃない?うちの子のプレステも、クリーニングしたら、また観られるようになった。ずるいと思う。サービス券欲しいよ、私も。私のPCはDVDデッキが一番初めに調子悪くなるから、今のパソは、温存もあってBD外付けと二刀流です。だって、一体型にしてしもたんだもん。

ちなみに、私の部屋巣にはTVアンテナがないので、PCでしかDVD/BDは観られません。

今週は、土曜日出勤なので、頭にきてます。仕事、暇なんだもん。GWにいやらしく休みを取ったので、有休をとるのはやめました。6月にとったるわ〜〜、映画見に行くねん。

6月公開で観たい映画は、127時間、X-men、SUPER8、あたりかなぁ??夏やなぁ〜。 

十三人の刺客(2010)

やっと観た♪
あわよくば、映画館でとも思ってたのだ。やっぱし、チャンバラですぜ。
稲垣吾郎ちゃんの悪役ぶりが、凄くイイと聞いていたので楽しみでした。うん、いい。
ちょっとしたドラマや映画で、主役級の人がいっぱいでてます。平幹二朗さん、松本幸四郎さんといった時代劇には、重鎮的な人も顔を出す。松方弘樹さんなんか殺陣もみせてくれてるし♪
1963年のオリジナル版は観てません、でも観てたりする事はおおいにあるのよね。
祖父が時代劇ファンでして、今みたいに何台も家にTVなかったし、チャンネル権は、おじいさまですもん。あほほど毎日観てました。松方さんのおとっつあんのまで、知ってるわよ。
13assassins1十三人の刺客
監督:三池崇史
製作総指揮:ジェレミー・トーマス、中沢敏明、平城隆司
原作:池上金男(池宮彰一郎)
脚本:天願大介
音楽:遠藤浩二
上映時間:141分
出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波岡一喜、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、光石研、内野聖陽、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親、他
弘化元年3月。明石藩江戸家老・間宮が、老中・土井家の門前で切腹自害。間宮の死は、明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりを訴えるものであった。将軍・家慶の弟である斉韶は、明年には老中への就任が決まっている。事件は時の幕府を動揺させ、このままでは幕府、ひいては国の存亡に関わると判断した土井は斉韶暗殺を決断、御目付役・島田新左衛門(役所広司)にその命を下す。大事決行を控え、新左衛門は刺客集めに奔走。剣豪浪人平山、酒と女と博打に溺れる新左衛門の甥・新六郎ら十一人の強者達が新左衛門のもとに集う。暗殺計画が極秘裡に進められる中、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛(市村正親)はその情報を掴んでいた。13assassins7彼は、かつて新左衛門と剣の同門でありながらも道を違え、御用人千石の身分を自ら掴んだ傑物であった。そんな中、新左衛門は、斉韶を襲うのは江戸から明石への参勤交代の道中しかないと判断、襲撃場所を交通の要所の落合宿に決める。明石藩の参勤交代が尾張を通る時、尾張藩への通行を阻止すれば、勢力を削られた行列は落合宿に出るはず。斉韶を落合宿に誘い込むため、新左衛門は事の詳細を尾張藩の木曽上松御陣屋詰・牧野靭負に打ち明け協力を求める。斉韶が落合宿にやって来るかは、極めて危険な賭けであったがそれしか手はない。刺客たちは現地へ急行、明石藩を迎え撃つべく落合宿を要塞へと改造する。道中、山の民・木賀小弥太が加わり、落合宿にて総勢十三人の刺客が揃う。だが、明石藩は待てども待てども落合宿にやってこない。新左衛門の計略は失敗に終わったかに思えたその矢先、敵は200騎以上の多勢となってやってきた。鬼頭は兵を蓄え、この戦いに備えていたのだ。混乱の中、明石藩の退路を断つ大橋が爆破。13人対300人超の決戦が始まった……。
十三人の刺客 - goo 映画

13assassins2多勢に少数という不利な条件ながら、泰平の世が続き、武士もなまくら侍が多いのが幸い。
少数精鋭ですもん。
将軍の異母弟で、かなりの暴君の松平斉韶(なりつぐ)は、次の老中が確定していた。主君を諫めるため家老の間宮図書が、切腹をしてまでも幕府に直訴したが、将軍の弟であることで将軍は沙汰なし。しかしながら、間宮の家族には及ばない措置がとられていた。
にもかかわらず、斉韶さん「みなごろし」です…。
猟奇殺人犯、変態の域のお方なんですねー。これが、ゴローちゃん似合ってるんですな。
幕府の老中土井は、ひそかに島田新左衛門を呼び、斉韶暗殺を命する。
どっこい斉韶の御用人鬼頭半兵衛は切れ者で、土井の邸宅を訪れたものを調べさせ、殿の暗殺計画が、あることを察する。
島田と鬼頭は、道場での旧知であるというのが、またよくある話。こうでなくっちゃ、時代劇はね。
参勤交代を機に行われることを、お互い承知し合うしっ(笑)
13assassins3島田は精鋭を集め、12人の暗殺集団となる。
伊勢谷友介さんは、いつ出てくんねんっ!と思ったら、山の民で、とってもばっちい姿で登場。そして、彼が13人目となる。
スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」のキレッぷりも、印象的でしたが、今回は顔に似合わずコメディリリーフです。
わりかし、男前なひとなんですけどねぇ…。
 (震災時の素早い対応も男前でした)
 落合宿の絶倫ぶりに、つづく庄屋の三州屋の岸部一徳との絡みは、爆笑してしまいました。まさか、まさかでしたもん。
落合宿をお金で買い取り、まんま要塞化しちゃうというのは凄い作戦だわっ! 
13assassins4鬼頭半兵衛は、殿が暴君であることはわかってるんですよね。それでも、お仕えするのがお仕事とばかりに、忠誠を守ります。
島田新左衛門は、世のため人のため。
こういう図式は、今でも当てはまるようなもんは色々あるでしょうね。
13人の刺客の中でも、別格松方さん、甥っ子山田くん、剣豪伊原さん、槍の使い手おじー古田さん、若手部長(ん?)沢村さん、若者チームの高岡あおいの夫、ヤン顔波岡くん、石垣くんあたりは、よくわかるんだけど、あとの方は顔は見たことあるか顔と名前が一致しない気がする状態。すんませんです。(^◇^;)
13assassins6で、こんな時間からはじまっていいのか?と思った落合宿の死闘。50分くらいあったそう?
オリジナルでも、30分あったそうですが、すごいわ。血まみれよ(笑)飽きないわ。
冒頭の切腹シーンも、かなり長くって、ちゃんと横にいって縦にいってというのが、映ってなくてもわかるもんねぇ。リアルなグロさは、面食らう人もあるんでしょうね。
刀は、人を切れば刃こぼれしちゃって使い物にならないと昔聞いたことがあります。それを、見事にやっちゃってくれてました。
刀があちこちに刺さっていたのは、そういうことかっていうシーンがありました。
やっぱりねぇ、松方さんの殺陣は違う。早い!それでいて、重量感がある。さすがだなって思いました。かっこいいんです。
伊原さんは、剣豪役で立ち回りが凄く多いのですが、彼は背が高いせいか振りがすごく大きくみえました。それはそれで、かっこよくまとまってました。
市村正親さんは、イメージ的にオペラ座の怪人か猫なんすが(舞台を観たことないけどね)、好演でした。
13assassins5殿は、自分が悪いとはちっとも思ってないのね。死闘のさなかでも、「楽しい♪」と発していたように、そのものが病んだ人なんだろうね。
断末魔も、ゴローちゃんよかったです。どろどろに厠にあの台詞、イイ演出ですよねぇ。
伊勢谷さん、死んだはずじゃなかったのか?幽霊?
盆に帰るといっていた山田くんも、背中きられてなかったっけ?
もしかして、二人とも?
記事を書くのに、調べてて知ったんですが、芸者も山の女も吹石一恵さん二役だったそう。
これは、この二人の絡み??
そういう疑問もあるんですが、なぜかさほどは気にはならなくって、面白かったな〜って思いました。
あと斉韶は実在した殿様だけど、こんな暴君ではなくって、その息子が木曽のあたりでちょっとあったみたいですな。どっちかというとその息子がモデルみたいね。
☆豪華な配役一覧
※刺客
島田新左衛門(御目付七百五十石):役所広司
島田新六郎(新左衛門の甥):山田孝之
倉永左平太(御徒目付組頭):松方弘樹
三橋軍次郎(御小人目付組頭):沢村一樹
樋口源内(御小人目付):石垣佑磨
堀井弥八(御小人目付):近藤公園
日置八十吉(御徒目付):高岡蒼甫
大竹茂助(御徒目付):六角精児
石塚利平(足軽):波岡一喜
平山九十郎(浪人・剣豪):伊原剛志
佐原平蔵(浪人・槍の名手):古田新太
小倉庄次郎(平山九十郎の門弟):窪田正孝
木賀小弥太(山の民):伊勢谷友介

13assassins8
※明石藩
松平左兵衛督斉韶:稲垣吾郎
鬼頭半兵衛(明石藩御用人千石):市村正親
間宮図書(明石藩江戸家老):内野聖陽
浅川十太夫(明石藩近習頭):光石研
出口源四郎(明石藩近習):阿部進之介
※幕府
土井大炊頭利位(江戸幕府・老中):平幹二朗
※尾張藩
牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰):松本幸四郎
牧野妥女(靭負の息子):斎藤工
牧野千世(妥女の嫁):谷村美月
※その他
芸妓お艶・山の女ウパシ(2役):吹石一恵
三州屋徳兵衛(落合宿庄屋):岸部一徳
両腕両足の無い女:茂手木桜子

ジャーロ

エイドリアン・ブロディ主演作がつづく今日この頃、6月にもあるでね。
「サスペリア」などのイタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督作で、ございます。
 ジャーロは、イタリアの黄表紙本(paperback)のジャンルからきてるらしい。
私が、つい観てしまうジャンルでしょうな(笑)
色のイメージで、人はいろいろな事を表現するけど、欧米のイエローはあんまりよくないですね。 嘘つきとかね。シンシティでも、イエローバスタードがいたよ。
でも、アジアの仏&ヒンズー教僧侶は黄色い衣だよねぇ。ウコンの色らしいけど。
giallo1ジャーロ 
原題:GIALLO
監督:ダリオ・アルジェント
製作:ラファエル・プリモラック、リシャール・リオンダ・デル・カストロ、エイドリアン・ブロディ
脚本:ジム・アグニュー、ショーン・ケラー
撮影:フレデリック・ファサーノ
音楽:マルコ・ウェルバ
上映時間:92分
出演:エイドリアン・ブロディ、エマニュエル・セニエ、エルサ・パタキ、シルヴィア・スプロス、ロバート・ミアノ、ルイス・モルテーニ、他
北イタリアの都市・トリノで、美しい外国人女性ばかりを狙う連続誘拐殺人事件が発生。犯人は改造タクシーを用いて、乗車してきた被害者を秘密の隠れ家に拉致、執拗なまでに拷問を行い、鋭利な刃物で切り苛むという残虐な行為を繰り返していた。そんなある日、スチュワーデスのリンダ(エマニュエル・セニエ)は、ファッションモデルの妹・セリーヌ(エルサ・パタキ)と共に休日を過ごすためトリノを訪れるが、約束の時間になってもセリーヌは現れない。心配したリンダは地元の警察に出向き、猟奇殺人専門のエンツォ警部(エイドリアン・ブロディ)を紹介される。共に捜査を開始した二人は、事件の被害者が死の間際に残した「彼は黄色い」という不可解な言葉から、謎の殺人鬼“ジャーロ(イエロー)”の正体に迫っていく。暗い過去を持つジャーロはその時の疎外感から、完璧な美貌に激しい憎悪を燃やし、美しい女性をさらっていたのだった……。
ジャーロ - goo 映画

giallo4始まりは、日本人観光客。え?って思います。微妙に、英訳と喋ってる日本語が違うような気がしたけどぉ。(魚屋が通訳したのがまた超意訳で、ウソコケ〜と笑った)
ジャーロが黄色を意味するようだからかと思いますねぇ。
イタリア最後の夜を、イタリア男と楽しみにいったいかにも日本人な女の子はじゃなくて、一人淋しく(?)ホテルに帰る女の子が、犠牲。
乗ったタクシーの運転手に拉致されてしまいます。
そういえば、アメリカのタクシーはイエローキャブだよなぁ…。
リンダが、モデルの妹セリーヌと会うためにトリノに来たが、セリーヌがいつまで経っても帰ってこないので、警察に行く。
giallo2そこで、エンツォ警部を紹介され、なぜか素人のリンダを同行させて捜査開始。
エンツォ警部が、エイドリアン・ブロディですだ。
犯人は、変態です。
じっくり時間をかけて、美女たちを醜く殺していた。
エンツォとリンダが捜査をしていると、ある惨殺死体が発見され、まだ息のあった被害者は「犯人は黄色(おうしょく)」という日本語を残す。
日本人が、話し言葉で「おうしょく」ってキイロのことを言わないです! と、ツッコミはいれておきたいところですな。
顔が黄色いから黄色人種が犯人というわけではなく、病気で黄色いんだと推理。
そこで、病院に行くと守秘義務で教えてくれないというえらく堅い看護士さん。イタリアの人は、あっけらかんとしたイメージですけどねぇ。
そこに、逃げる男発見!で、犯人が割れてきちゃう。病院も、いっぱいあるだろうにね。
推理サスペンスの方は、脚本が悪いんかと思うほどあっけないです(笑)
今回のエイドリアン・ブロディは、悩める影のある男です。幼い頃に、母親が惨殺され、その一部始終を彼は見ていた。
giallo5犯人もまた、生まれに重たい過去があり、そのせいかすでに肝臓を患ってたんでしょう、顔が黄色いことをからかわれて少年時代を過ごしてきた。イジメのトラウマからの犯行でもあったというわけだけど、変態は変態。
この二人の過去の出来事がもたらすものっていうのは、大事なのかもしれません。
 エンツォ警部、リンダ、セリーヌ、そして犯人の攻防戦になってくんですけど、なんだか大雑把な感じがしてしょうがない。
エンツォはFBIでもあるようなんですが、らしくない。ハイテクを使ってなかったからか?
犯人に行き着くまでが、とっても都合がいい。ここは、百歩譲るわ。
giallo3鮮血もんの痛かったのは、映像に映らないとこという(笑)うん、唇をちょん切るとか指を切るっていうのは、あきまへんねー。これだけでは、被害者は死なない事がわかっているからかもしれません。
これに限らず、身体の一部をちょん切る映画は痛くなっちゃう。
で、この変態さんなんですが、最初に隠れ家のところのシルエットで、エイドリアン・ブロディみたいな鼻やなぁーと思っていたら、そうだったんですねぇ。
あちこちでそう書いてあったんで、そうなんだ。公的には、あんまし書いてなかったけど。
ほんでもって、この映画は、エイドリアン・ブロディが出演料未払いで告訴してるんです。おかげで、京都みなみ会館での上映は中止になってました。DVDが出たってことは、解決したようですね。
製作の方にも、名前があることから、すったもんだなことはあったんでしょう。
アメリカとかは、DVDスルー作品になってしまってます。
ほんでも、エンディングは「だろうな」という終わり方で、パツンとEDロールにいっちゃいます。
私は、こういう系統の映画では好きな終わり方です。
リンダはどっかで観たと思ったら、「潜水服は〜」だったし、セリーヌは「スネークフライト」に出てたらしいです。今度の「ワイルド・スピードMEGA MAX」にも出るようです。
ちょっと、覚えておきましょうか。(たぶん、わすれます)
なんだか、気分的にコッチの気分なようですね、私。

デスカッパ

かっぱ様、遅くなってごめんなさい…
棚に並んだその日に、私は手に取っていたのに、今頃になりまして。
なーんちゃってね。TOKYO SHOCKシリーズの第3弾でごぜぇます。この映画に関しては、前2作にあったような残酷描写は、あまりありません。
妙に、和んだひとときでした。
deathkappa2DEATHKAPPA1デスカッパ
英題:DEATH KAPPA
監督・特殊造型:原口智生
原案・脚本:右田昌万
エグゼプティブプロデューサー:ジョン・シラベラ
プロデューサー:千葉善紀、羽山陽子
上映時間:85分
出演:平田弥里、深華、北岡龍貴、ダニエル・アギラル、なべやかん、星光子、庵野秀明(友情出演)、樋口真嗣(友情出演)、桜井浩子(友情出演) 他
東京でアイドル歌手の夢に破れ故郷に戻った加奈子(平田弥里)だが、帰省したその日、車を暴走させて村にやってきた若者たちが祖母をひき殺した上に村の守り神である河童地蔵も破壊し、海に突き落としてしまう。やがて河童地蔵にまつられていた“河童様”が長い眠りから目覚め、加奈子たちの前に現れるが……。
公式サイト
デスカッパ - goo 映画
TOKYO SHOCKーアメリカ完全出資・日本で制作、アメリカで先行公開&DVD化で大ヒット。その過激さから一時期は日本での公開不可能と言われ、ファンからの熱い要望により逆輸入されるや否や空前の大ヒットを記録。『片腕マシンガール』(監督:井口昇)『東京残酷警察』(監督:西村喜廣)その正統なる第3弾が本作『デスカッパ』である。…そうな。

deathkappa5左のポスターの方がいいなぁ。外国版のポスターが右??
片腕マシンガールも東京残酷警察も観てるのに、観ないわけにはいかないでしょっ(爆)
河童を敬う村で、特に敬っていたおばあさまの孫娘加奈子が、アイドル歌手の夢破れ村に帰ってきた。 
このおばあさまが、初代ウルトラマンの女性隊員だった人。ウルトラシリーズの関係の方が、色々登場されてますね。最近のウルトラシリーズは、観てないから知らないんだけどねぇ。
あの人が、おばあさまとはなぁ、観てた私(注:ガキんちょでした)は感慨深いじゃないのさ。(^◇^;)
 あほばかな若者たちが、ばあさまを車ではねてそのまま逃走(ひき逃げやん)、おばあさまは加奈子との再会を喜びながらも亡くなってしまう。
 その遺言は、かっぱ様をお守りしなさい。
バカ者たちが、河童の祠を海に落とした事から、河童が復活。
加奈子のアイドル歌手時代のカセットテープの歌を気に入り、みんなで盛り上がる…。
deathkappa4加奈子たちは幸せに暮らしていたのも束の間、けったいな科学者と好戦主義の変な奴らにつかまってしまう。 そこで、助けに入ったかっぱと加奈子にさんざんな目にあい、逆ギレした科学者は、原爆スイッチを押してしまう。
このあたりのいっちゃってる女性科学者のノリは、片腕マシンガールのドリルブラの姐さんを思い出しますね。白衣の下は、ボンデージとな。
ヒロインが、あまり戦うTypeでないのが惜しいか??
そのせいかなんなのか、科学者の作った兵器半漁人は、 怪獣になり都会で暴れ出すのだ〜〜
ゆるい展開と唐突さが、郷愁を誘います。
たまにはいる解説は、ご配慮でしょうかねぇ。
deathkappa3deathkappa6都会で、怪獣が暴れ出すシーンは、特撮バリバリでして、ピアノ線はみえてるし、ミニチュアがまるわかりというすばらしさ(笑)わざとなんでしょうねぇ。
カッパはどこやねんというくらい待たされて、巨大化したデスカッパの登場。 
ウルトラマンは、もっと早く出てくるわよっ。
ここで、怪獣同士のデスマッチ。
送電線をリンクにたとえ、レスリング。
カッパが勝つのは、わかってますとも。
正義の怪獣ではなく、カッパまで暴れ出して、どうすんねんと思ったら、巨大化加奈子の登場。
めでたしめでたし。
でも、ガリバー化した加奈子さん、この先どうするのか、とっても心配です。
こういう映画は、本当に郷愁をそそりますな。色々、昔の円谷もんを思い出しました。
予告が、一番楽しかったかもしれないです。
ヱヴァの庵野秀明さんまで、ご出演だったり、
なべやかんが、子供役から大人、司令部、プロレス実況解説者やら、大活躍でした。背が伸びない人ですねぇ。
ゆるゆるとあほくささを楽しみたい一本でしょう 。

アンノウン (2011)

ブラック・スワンのついでに観ました。(ついで…)
あっ、ジョエル・シルバー製作だと、OPで思ったんですけど、監督が「エスター」の方だというのは、ついさっき知りました…エスター怖かったなぁ。
96時間」ばりの、リュック・ベッソン製作だと勝手に思い込んでました。最近、こういう間違いが多い。
別人が、自分になりすましている…。という映画。
舞台は、ドイツです。
unknown20111アンノウン
原題:UNKNOWN
監督:ジャウマ・コレット=セラ   
製作:ジョエル・シルヴァー、レナード・ゴールドバーグ、アンドリュー・ローナ   
製作総指揮:スーザン・ダウニー、スティーヴ・リチャーズ、セーラ・マイヤー、ピーター・マカリーズ   
原作:ディディエ・ヴァン・コーヴラール   
脚本:オリヴァー・ブッチャー、スティーヴン・コーンウェル
撮影:フラビオ・ラビアーノ
音楽:ジョン・オットマン、アレクサンダー・ラッド
上映時間:113分
出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、ジャニュアリー・ジョーンズ、エイダン・クイン、ブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラ、セバスチャン・コッホ、オリヴィエ・シュニーデル、スタイプ・エルツェッグ、ライナー・ボック、ミド・ハマダ、クリント・ディアー、カール・マルコヴィクス他
unknown20114植物学者マーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、学会に出席するために、妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)とベルリンへ旅立つ。ホテルに着いたところで忘れ物に気付いたマーティンは、タクシーで空港へと引き返すが、途中で交通事故に遭遇。彼が目を覚ましたのは病院のベッドの上だった。急いでホテルへ向かい、妻の姿を認めて安心したのも束の間、彼女は自分を知らないと言う。そればかりか、自分の名を名乗る見ず知らずの男が彼女の傍らに……。マーティンの所持品は、携帯電話と一冊の本だけ。一方のマーティンを名乗る男(エイダン・クイン)は、パスポートはもちろん、妻との新婚旅行の写真まで持っていた。当然、警察はマーティンの訴えに耳を貸そうとしない。自らの正気を疑い始めるマーティン。だが、何者かに命を狙われたことで、陰謀の存在を確信する。マーティンはタクシー運転手ジーナ(ダイアン・クルーガー)と元秘密警察の男の協力を得て、謎に立ち向かうことになる。果たして彼は、自分の人生を取り戻せるのか……?
公式サイト
アンノウン - goo 映画

アンノウンという題名の映画は、2006年のでジム・カヴィーゼルとかバリー・ペッパーが出てて、やっぱ記憶障害の関係してる映画を観てます。
unknown20112今回、植物学者マーティン・ハリス博士が妻とともに、ベルリンへ学会できたというところから、始まります。
空港で乗ったタクシーで、スーツケースを一つ積み忘れられたことから、彼はホテルに入らず取りに空港に向かったところ、交通事故に巻き込まれてしまう。
このタクシーの運転手が、ダイアン・クルーガ。奥さん役かと思ったら違うのね。でも、ヒロイン。
実は不法滞在者で、マーティンを助けてから、そそくさとその場からいなくなっていた。
所々に記憶がないマーティンだったが、外出許可をもらい、奥さんのもとへ行く。スケジュールは、綿密に頭の中に入っている。
unknown20113そこには、マーティン・ハリス博士と名乗る別の人間が居て、妻も「あなたなんか知らない」という。こんがらがったマーティン、挙句には自分は抹殺されようとしていることを知る。親切にしてくれた看護婦まで、殺し屋は殺している。検査技師もやられてますし、プロよ。
殺し屋から逃げる彼は、ちょっと学者ぽくないなぁ…と。
Unknown20118とどめに、ジーナを探し当てた彼がジーナとカーチェイスするはめになった時のハンドルさばきは、ただ者ではないと確信。
何者かに消されようとしているーそして、自分はマーティン・ハリスだがその存在は否定されている。
ジェイソン・ボーンを思い出す展開です。
巻き込まれたジーナは、マリーか?
そして、親切な看護婦さんから紹介をしてもらった探偵さんは、元秘密警察(シュタージですね)のユルゲン。シュタージに関しては、「善き人のためのソナタ」が詳しい。
unknown20115unknown20117ホテルのフロントの折に、特別スィートルームは空いてませんと妻が言われていたんで、あんたら、学会出席の学者のくせにえらい豪勢やねって思ってた。
そこのスィートには、とある国の王子が泊まり、王子はマーティンたちの研究の後継者であり、そのことで利益問題が生じるため、かねてから狙われていた。
この辺で、なんとなーくマーティンの素性は、わかってきた。ただ、どの辺りまでが、仲間っていうのが面白いところでしたね。
暗殺者たちの真の狙いも、違うしね。
持ち歩いていた新婚旅行の写真も、違うマーティンがそっくりそのままな顔だけ違う写真を持っていたことも、なるほどねーと思いました。
ブラック・スワンの後で観たので、記憶障害とかに加えて、また精神が崩壊気味系?みたいだわぁと想いながら、派手なアクションとかサスペンスで楽しめました。
96時間の記事にも書いたんですが、リーアムさんは長身です。それゆえ、手足が長い。アクションが大きく見えて、かっこいいです。声もいいしね(アスランだもん)。
脇のおじちゃんたちも、渋くなってます。
ブラック・スワンと同じ日に観たという分の悪さはありますが、単体だけで考えると、面白かった映画です。

ブラック・スワン

これは、とにかく「観たい」映画でした。
『これは見た方がいい』と心の声がした(笑)
大きいホールではなかったのですが、盛況でした(14日はTOHOシネマズデー千円だもんね・私は前売りだったけどさっ)。
主人公がだんだんと追い込まれて、変化していく様は、怖いのだ!
観て後悔した人もいるんじゃない?人が段々と狂気に満ちていく様や狂気の人が振り回すのは、ホラー映画にあります。だから、これもそういうとこがおおいにあってね(後半)。
漆黒の狂気ですからね。
これから観に行く人は気をつけた方がいいです。苦手な人は、心すべし。
私は、観てよかったわ〜ですけどねぇ。
black_swanブラック・スワン
原題:Black Swan
監督:ダーレン・アロノフスキー   
製作:マイク・メダヴォイ、アーノルド・W・メッサー、ブライアン・オリヴァー、スコット・フランクリン   
製作総指揮:ブラッドリー・J・フィッシャー、アリ・ハンデル、タイラー・トンプソン、ピーター・フラックマン、リック・シュウォーツ、ジョン・アヴネット   
原案:アンドレス・ハインツ   
脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクラフリン   
撮影:マシュー・リバティーク   
視覚効果監修:ダン・シュレッカー
衣装デザイン:エイミー・ウェストコット   
編集:アンドリュー・ワイスブラム   
振付:バンジャマン・ミルピエ   
音楽:クリント・マンセル   
音楽監修:ジム・ブラック、ゲイブ・ヒルファー
上映時間:108分
black_swan8出演:   ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ、クセニア・ソロ、クリスティーナ・アナパウ、ジャネット・モンゴメリー、セバスチャン・スタン、トビー・ヘミングウェイ、他
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリー(ミラ・クニス)の出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。
公式サイト公式ブログ
ブラック・スワン - goo 映画
シネマトゥデイ特集

black_swan9ナタリー・ポートマン渾身の一作ですね。
白鳥の湖の音楽は、知らない人がいないのではないでしょうか?音楽の授業にも、必ず出てくるだろうし、効果音楽に使われていたりもしてます。
白鳥の湖は、ハッピーエンドの物語だと思っていたのですが、そうではなくって元々は来世で…というのだったようですね。
この白鳥の湖とヒロインやその周りの人々がリンクしているようなところもあります。
最近、寝てしまう…という悪い癖が出てる私ですが、寝る隙がなかったです。ナタリーに惹きつけられたことや踊りにもありますが、
ニナはどうなるんだろう?スワン・クィーンは誰が踊る?とか、考えてしまって。
ニナはどうなる?に関しては、特に後半は、ホラー。鳥の羽根が不気味に見えるシーンも。
black-swan7black_swan2このバレエ・カンパニーのプリマはベスであったが、(半ば強制)引退していくことになるため、次の舞台は、新しいプリマドンナの誕生である。
ソロ・チームにいたニナも、その候補となる。
ニナの生真面目な性格や背景は、早くわかってきます。
スポーツにせよ、こういう芸術の世界にせよ、ある頂点を目指すことも目的の一つにはあります。
ベスも、激しい性格であり、それがゆえにな行動に出る。
他のダンサーが、ベスのことを「更年期」と陰口を言う中でも、ニナはダンサーとしての敬意を外さない(口紅やら盗んでたけど)。そんな優等生的な彼女に、白鳥は完璧であっても、黒鳥はしっくりこないわけだ。白鳥の湖は、白鳥と黒鳥は二役で踊るのが通例になってることは、バレエ漫画を昔読んだせいで、知っていた(笑・このネタはまだでてくる)
振り付け師のトマスは、ニナを主役に据える。ここで、黒鳥へのアプローチに「自身を触る」という課題をだす。(あからさまにいうと●ナニーです)
black-swan5black-swan3新人ダンサーのリリーが、ニナにとっては脅威である反面、黒鳥にぴったりの彼女に近づいていってしまう。
振り付け師トマスが、好色かというと、まぁどこかそんな匂いもあるけれど、芸術性を尊重しているとも思う。
リリーと外出するようになって、殻を破ろうとするニナ。
彼女には、母親の存在が大きい。
母親こそが、彼女の狂乱の原因なんじゃないでしょうか。
拒食や掻きむしりといった自傷行為は、強迫性障害の典型的症状とナタリーが、パンフでいっていた。
black-swan6舞台の重圧もさることながら、母親から娘へかける想いというものも、相当である。
元ダンサーであった母親である。そこには、娘に対する妬みも入り交じっていると思う。
中盤から、ニナは妄想をみるようになる。
そこには、鏡が効果的に使われている。
母親のアトリエの絵も、動いたりするしね。
どこからが、現実で、妄想なのかの境目がわからなくなったりするし、釘付けになってしまった。
悪魔のほほえみをするナタリーもいるわけですよ。
リリーがニナになったり。(反対か)
バレエ漫画ネタでは、黒鳥の踊りが難易なのは、32回転のパ・ド・ドゥなんですが、官能的なものではなかったな。32回転ってどんなんや〜、考えただけで目がまわる〜と思ったもんです。
トマスの言わんとするようなことは、「芸の肥やし」なんていうことで豪遊する人を思い出しました。男(王子)を誘う黒鳥だから、誘ってみろみたいなね。
心の解放をしろっていうのは、目の付け所がいいようにみえたわ。
black-swan4人間ドラマの捉え方で、映画に臨んだのですが、ホラーのノリにもなってしまいましたね(笑)
妄想で、逆に足が折れるとこやらチキン肌つき掻きむしり跡とそこから黒い羽が出てくるとこやら、大変ですよ。
ミラー・マジックも、わっ☆です。レズは、もしかすると彼女はそっちの方の傾向があったのかもしれないとも考えちゃいます。
この物語、どうケリをつけるんだろう?と、初日の舞台がはじまったへんから思いましてね、この舞台さえも妄想ではないかとも思いましたもの。
飛び降りたところで、目覚めた場所は格子付の病院か?とかね。
誰にでも、闇の部分はあると思う。その部分をたいていの人は、何かで蓋をしていて、ガス抜き穴くらいの大きさの穴があってね、それで抜いてはいるとするとね。
ニナは、母親の蓋もあり、重かった。ガス抜きも小さかった。それが、闇の部分が膨満してきたうえに自分で閉めていたパッキンまでとれて、一気にきてしまったため壊れたんじゃないかな。な〜んて思った。
時間的には、いいくらいの時間なのですが、濃かった!
「あそこ、怖かったね」と話している女性客や、泣いていた人もみました。
見応えはじゅうぶん。ナタリーの小柄な体型をより絞ったスタイルは、違和感がありません。ミラ・クニスも、ずいぶん絞ったようですね。
泣き顔ナタリーは、レオンの頃を思い出しましたわ(笑)眉が、ぐぐっと八の字になるの。
ダーレン・アロノフスキー監督は、私の頭の中では「レスラー」というのが定着してたんですけど、あのファウンテン 永遠につづく愛」もだったんだねぇ。これは、苦手でした。
ナタリー・ポートマンの代表作となる映画ですが、この後、孵化と雛育てに入り、寡作になりそうですねぇ…。

スプライス

これ観たのは、GW前です。忘却のかなたへやろうかと思ったのですが、メモです。
気持ちに余裕があったら、もうちょっと違ったかなぁ??
すごく気になっていた作品であったことは、確かです。
Spliceスプライス
原題:SPLICE
監督・脚本:ヴィンチェンゾ・ナタリ   
製作:スティーヴン・ホーバン   
製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ、スーザン・モントフォード、ドン・マーフィ、クリストフ・ランデ。、イヴ・シェヴァリエ、ジョエル・シルヴァー、シドニー・デュマ   
原案:ヴィンチェンゾ・ナタリ、アントワネット・テリー・ブライアント   
脚本:アントワネット・テリー・ブライアント、ダグ・テイラー   
撮影:永田鉄男
音楽:シリル・オフォール
上映時間:104分
出演:エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー、デルフィーヌ・シャネアック、デヴィッド・ヒューレット、他
splice3クライヴ(エイドリアン・ブロディ)とエルザ(サラ・ポーリー)の夫婦は、ともに科学者である。2人は法と倫理を無視して禁断の領域に踏み込み、人間と動物のDNAを配合し、新種の生命体を創造するという実験を行う。実験は成功し、新生命体が誕生する。クライヴとエルザはその生命体にドレンという名前をつけ、誰にもこのことが知られないよう、秘密裏に育てていく。ドレン(デルフィーヌ・シャネアック)は、急速に美しい女性に成長する。しかし彼女の成長は止まらず、2人の想像をはるかに凌ぐ、得体の知れないモンスターへと変貌を遂げる。クライヴとエルザはドレンを抹殺しようと考えるが、反対に彼女の恐ろしい目的に巻き込まれていく。
公式サイト
スプライス - goo 映画

Splice2んー。
途中で居眠りしたりしてたんで、(^◇^;)
どうにもこうにもどうしようかなーだったんですけどね。
ちょっと受け付けにくいもんがありまして、ヤだなぁと思ってたら、記憶障害です(寝ただけ)。
まぁ、クライマックス〜結末はしっかりみました。
どうも、真ん中で気が数秒ぬけるや否や遙かな世界に飛んでしまう事が多いですね。
その間は、割と短いんですけど。これが、居眠り運転の恐怖なんでしょう。
昼下がり、食欲が充たされたところで、一人でつまらん仕事でもやったらなるやつです。学生なら、興味のわかない授業でしょう。
SFっぽいような実験室とかの雰囲気は、嫌いじゃないんですけど、ノリが最初から悪くって、どんどん、うへっーで。
splice4あらすじには、急速に美しい女性とありますけど、そうでもなくって…。
最後の方は、気持ち悪くなった!
種の存続の本能というのは、恐ろしいもんだ。
これに続編でもあったら、人類VS新種の攻防映画かもしれないですね。ハハハ 滅亡種は、人類か?
エイドリアン・ブロディって、素のインタビューとかダージリン急行とか、コメディっぽい感じもおおいにもちあわせているけれど、あの眉のせいもあって、悩むふうなTypeがよく似合ったひと。かと思えば、傭兵も似合ってたプレデターズと、演技派です。
サラ・ポーリーだって、監督に脚本もこなす方です。
その辺に、救われたんかもしれないですけど…。余計に、ひぃっーっていうのも増幅されたような気もしないでもない。
この頃、俳優さんが好むのか、ネタがなさすぎなのか、高級Bティスト映画が増えているような気もします。
このあと、直ぐ寝たはずですが、イイ夢は見られなかったんじゃないかと思う。(夢は見た覚えが、この頃無いのでわかんないけど)

ネスト

ケヴィン・コスナーのデビュー30周年記念作らしい(日本で言うてるだけ??)が、これまでの事を考えると、ちんまりしてるような気がしないでもない。
アカデミー監督で、俳優なんだし。
でもさ、こういうジャンルにっていうのは、新鮮です。
彼の娘役には、「パンズ・ラビリンス」のイバナ・バケロ、息子には「チェンジリング」のガトリン・グリフィスで、監督は「REC/レック」の脚本さんとなると、ちょっと観たい気も、煽っちゃうんですよね。
nest1ネスト
原題:THE NEW DAUGHTER
監督:ルイス・ベルデホ
脚本:ジョン・トラヴィス
原作:ジョン・コナリー
製作:ポール・ブルックス
撮影監督:チェコ・ヴァレス
音楽:ハビエル・ナバレテ
上映時間:108分
出演:ケヴィン・コスナー、イバナ・バケロ、ガトリン・グリフィス、サマンサ・マシス、ジェームズ・ギャモン、ノア・テイラー、他
サウスカロライナの田舎町。離婚した小説家のジョン(ケヴィン・コスナー)は新生活を始めるため、思春期の娘ルイーサ(イバナ・バケロ)と7歳の息子サム(ガトリン・グリフィス)との3人で人里離れた大きな一軒家に引っ越してくる。ある日、家の周りを散策していたルイーサとサムは、古墳のように土が盛られた塚を発見、地中から何者かが囁くのを耳にする。やがてルイーザは毎夜、家を抜け出してはその塚に向かい、泥だらけになって帰ってくるようになる。しかも彼女はそのことを全く覚えていない。心配したジョンが寝室を覗くとルイーサは奇妙なワラ人形を握りしめていた。ジョンは娘の異常な行動が新居とその近くの塚に関係しているのではないかと疑い始め、不動産業者に問いただすと、かつてこの家では娘が異常な行動をとり、娘を監禁した母親が失踪、祖父に引き取られたその娘は謎の火災で死亡していたのだった。子供たちの身を案じたジョンは、ベビーシッターを雇うことにする。ジョンは死亡した娘の祖父を訪ね、その娘の行動がルイーサと全く同じであったことを知る。彼が帰宅するとベビーシッターの姿はなく、サムが恐怖に震えていた。ジョンは全ての元凶と思われる塚の破壊を決意。爆薬を用意し、シャベルカーで塚を崩そうとしたその時、塚の研究をしている大学教授が現れ、歴史的に貴重な塚を壊さないようにとジョンを制止する。彼らの研究ではその塚は“マウンド・ウォーカー”と呼ばれる絶滅寸前の地底に住む種族が埋葬されており、彼らの生き残りが今も種族を存続させるために彼らの女王となる人間の若い女性を探しているのだという。
公式サイト(FaceBook/日)
ネスト - goo 映画

nest3化けもんと対峙するケヴィン・コスナーを観るとは、思わなんだ。
監督さんの基盤のスペインの人が、スタッフにたくさん参加されてるようです。
Rな指定などがないせいか、割と残酷描写は少ないと思います。Hもありません。
音の風景が、ゾワゾワな感じでいいかもしれないですね。
永遠のこどもたち」みたいな雰囲気の音かなぁ??
足音とかささやきのような声とか、怖がらせようと奮闘してます。
引っ越してきて早々、この家はなんか変?というゴーストハウスのような出だしから、窓から外をうかがうルイーサの横の屋根を何かが上がっていくんですよね。おまけに、愛猫マーマレードが帰ってこなくなり、パパは惨殺された猫を見つけてしまう。
ここで、これはなんかやなと…。
妻から突然の離婚を切り出され、おまけになぜか養育権も放棄、ジョンは子育てもすることになり、引っ越してきた。
nest4nest6ルイーサは、多感なお年頃で、親としたら一番やりにくい頃なのかな。パンズのときとは、ずいぶん女らしい雰囲気が漂ってきました。
弟サムが、かわいいんですよねぇ。チェンジリングの時もかわいかったゆえに、余計に…という気にさせてくれましたが、かわいい♪
ラストのあの終わり方は、サムも救われないってことだよねぇ。
あらら…
nest2あの奇っ怪な奴らが、「ミッドナイト・ミート・トレイン」を思い出してしまいました。
チェンジリングというと取り替え子(妖精が人間の子をさらって妖精の子を置いていくなどの民話)の事ですが、この題材は「スーパーナチュラル」でもあって(記事はこれS3-2)その正体の顔が、この映画のと似てる〜〜。歯の付具合がね。どっちが先なんですかね。
伏線の張り具合が、もうちょっと欲しいなぁ、発展して欲しかったなぁっていうようなところが、チラホラあったんですが、父子の愛を重きにしていた節もありますね。
nest5サムが教材としての蟻の生態とかは、奴らの生態に似たものがあって、へぇ〜でした。蟻の映像は、これは虫の映画?とびびりそうでした。蜘蛛もでてきたしっ(私は蜘蛛が怖い)。
やたらと親切な女教師も、この女は敵か?とか思ってしまいそうに、やさしそうでない人相だし(爆)
全体に、あんまりホラーを観ないような人が恐がりそうな雰囲気なので、ベビーシッターさんが災難にあうところとか、映像無いもんね。
あのヤツらは、肉食なんでしょうね。おばちゃんだし、子供は産めそうにないしっ。
女教師も災難に遭ってたし、奴らはどちらかというとロリ気味なんでしょうかね。ハハハ
ホラー系が好きな人には物足りないかもしれないです。
ゾワゾワ感があったので、まぁいいかなーと思います。
かわいそうな一家だったなぁ…。エンディングは、救いがないっていうのは、見慣れない人にはショックかもしれませんね。

キス&キル

GWは実家でしたんで、ひっさしぶりにレンタル店に行ってみた。一番目当ては、なかったが、まぁ軽くコレをいっちゃお〜と、観ました。
ナイト&デイ」に似た感じだろーとは思ったんですが、あれはアクションにラブコメで、こっちはラブコメにアクションが付いているという感じね。
意外だったのですが、アシュトンってガン・アクションは、これが初めての映画だったそうです。次は、アクション映画もいけますね。
killers1キス&キル
原題:Killers
監督:ロバート・ルケティック
製作:スコット・アヴァーサノ、アシュトン・カッチャー、ジェイソン・ゴールドバーグ、マイク・カーツ   
製作総指揮:クリストファー・プラット、チャド・マーティング、ウィリアム・S・ビーズレイ、ジョシー・ローゼン、ピーター・モーガン、マイケル・パセオネック、ジョン・サッキ
脚本:ボブ・デローサ 、テッド・グリフィン
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:ロルフ・ケント
上映時間:101分
出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ、他
killers2過保護に育てられたお嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は失恋の傷を抱えたまま、両親とともに南仏へ旅行にやってくる。ジェンは、ホテルのエレベーターでスペンサー(アシュトン・カッチャー)と名乗る青年に一目惚れする。スペンサーもジェンに興味を持ち、惹かれ合うようになる。スペンサーはジェンの厳格な父(トム・セレック)から結婚の許しを得る。しかしスペンサーは、バカンスに来ていたわけではなかった。3年後、アメリカ郊外で幸せな結婚生活を送っていたジェンは、スペンサーの誕生日に南仏旅行を計画する。しかしスペンサーが気乗りせず、計画を断念する。そんなある日、オフィスに届いた小包に入っていたカードを見て、書かれていた番号にスペンサーが電話をかける。その最中、ジェンの父が入ってくる。スペンサーは慌てて電話を切る。スペンサーは父の車で、ジェンが用意した誕生日パーティーに行くが、さっきの電話のせいで心から楽しめない。ジェンはそんなスペンサーを見て、2人の関係に不安を感じる。翌朝、ジェンはサンフランシスコへ出張に出かける。スペンサーが、パーティーで酔いつぶれ、泊まっていた友人ヘンリーと朝食をとろうとしていると、当然ヘンリーがスペンサーに刃物を振りかざす。スペンサーは元CIAのスパイで、ある暗殺の遂行のため訪れた南仏でジェンと出会い、組織を抜けた。しかしメンバーの変更によって、命を狙われる身になっていたのだ。偶然家に戻ったジェンは2人の様子に戸惑うが、スペンサーの指示で銃を撃ち、彼を助ける。ヘンリーは、スペンサーの命を狙う者は他にもいると告げる。ジェンとスペンサーは車に乗り込み、逃走する。
公式サイト
キス&キル - goo 映画

killers3ニースで出会った二人は、恋に落ち結婚する。
そこは、ラブコメなので、恋に落ちるさまはちゃんとあるのでした。でも、結婚式はなかった。
3年後となって、起承転結の承の部分にはいります。
二人の仕事の様と生活の様子があって、順調で平和な暮らしぶりで、彼の誕生日を控えたある日、彼は昔のボスからのメッセージがあり、自分は狙われていることを知る。
ここから、はちゃめちゃにアクション映画がはいってくる。とはいえ、スペンサーがニースに滞在していたのは、任務のためだったので、任務のシーンはあるんですけどね。
killers7アシュトンさん、鍛えましたね。
バレンタインデー」の時って、太った?とちょっと思ったもん。
元々の体格がいいので、まっするは映えます(笑)
ジェンは、ここでポッーとなっちゃった。
トムさんも、イイ身体してましたが、ちょっと若い分ね、ハリが違うような気はしましたね。(今33だもんね、トムは48です)
killers5新ラブコメの女王となってるキャサリン・ハイグルも、相変わらずのテンションですね。
脇の方は、サタデーナイト・ライブというアメリカのTV番組の人が、がっつりでてるそうです。(ここからビル・マーレーとかウィル・フェレル、エディー・マーフィー、マイク・マイヤーズなどを輩出)次のコメディ・スターがいるかもね。
ジェンのパパとママは、トム・セレック、キャサリン・オハラ。キャサリン・オハラのとぼけた風味は、いいですね。
killers4ジェンとスペンサーが、逃げ回るのは世界各国ではなくって、割と近所回し。
ほんでもって、彼らの敵になってくる殺し屋が、彼らの身近な人物。あの人もこの人も…と、「味方は居ないのか…」とスペンサーが嘆くのも無理はない。
スペンサーの懸賞金は、2000万$!(16億円/80円換算・高額はわからん?あってる?どうよ)
一体誰が、暗殺のボスなのか?
これは、たいがい読めてきてしまうんですけど、それにはなんつう多大な犠牲者が出てるだろう?この辺を、スルーできるかできないかっていう点はあるかもね。
コメディなんで…と、おもっくそ割り切って観てたんで、意外にまだイケた。
この映画、割と本国では評判が芳しくない。そういうところもあるかもしれないです。
killers6アシュトンも、バレンタインデーも込みで、ラジー賞主演男優賞をかっさらってしまいましたわな(笑)
この人、なんか軽いの好きですね。バタフライ・エフェクトみたいな映画にも、また出て欲しいですな。
パートナーが、実は……だったんです。こうきて思い出したのは、奥さまは魔女だった(あくまでTVドラマのやつ)。
別に、アシュトンの半裸を観たからってワケでもないけど、そんな世間が言うほどはひどくも思わなかったです。
日本男子よ、アクションをするなら鍛えた身体でお願いします。ラブコメでもね。
(^▽^) ハッハッハ
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ