晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2012年06月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

7月に出る新作DVD&BD おうち節電→映画館?でも行くのが暑い?

TheDarkKnightRisesthe-amazing-spider-man大変だ!大変だ!
計画停電が関西も。
録画はどうなるんだよぉ〜。
と、生活感のないことを真っ先に考えてしまった私ですが、とりあえず早めに乾電池だけは多めに買い置き。
6/30からのアメイジング・スパイダーマン観に行きます。
7/20からのダークナイト・ライジングももちろん行って参ります。8月はアベンジャーズです。
この夏は、どっぷりHEROもんです。この3本は、映画館で観たい映画だとも思います。
4月のも観ていないDVDが多い中、書き出すのもどうかとも思ったけれど、7月ってなかなか揃ってるような気もします。

7/3
ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]ヒミズ
出演:染谷将太
販売元:ポニーキャニオン
(2012-07-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
はよ「愛のむきだし」観にゃ〜。6月の「恋の罪」よりこっちの方が、待ってました♪園子温監督作。第68回ヴェネチア国際映画祭にて、最優秀新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をW受賞!。
50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]50/50 フィフティ・フィフティ
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-07-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは鑑賞済み。ちょっとオススメです。私は、ジョーさん目当てでしたけど、ホンワカする映画。
7/4
宇宙人ポール ブルーレイ+DVDセット(デジタルコピー付) [Blu-ray]宇宙人ポール
出演:サイモン・ペッグ
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
(2012-07-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは見逃したので、絶対観ます!「ショーン・オブ・ザ・デッド」のあのコンビですもん。ショーン〜がまたきっと観たくなるんじゃないかなぁ。
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
出演:ロバート・ダウニーJr.
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2012-07-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも鑑賞済み♪面白かった。スウェーデン版のドラゴン・タトゥーのノオミさんが女して出てたよ〜ん。
顔のないスパイ DVD顔のないスパイ 
出演:リチャード・ギア
販売元:TCエンタテインメント
(2012-07-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
「ウォンテッド」の脚本の方が、初監督した映画だそうなので。ギアさん、アクションしてるらしいです。
ビーストリー [DVD]ビーストリー
出演:ヴァネッサ・ハジェンズ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-08-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
レンタル先行。これはアレックス・ペティファー狙い(笑)美女と野獣が下敷きになってるそうな。
7/6
キツツキと雨 ブルーレイ 豪華版 [Blu-ray]
キツツキと雨
クチコミを見る
割と評判よかったような??役所広司さんのゾンビ姿の予告をみたから。あはは
7/7
ブレイキング・ドーンPart1 / トワイライト・サーガ [DVD]ブレイキング・ドーンPart1 / トワイライト・サーガ
出演:クリステン・スチュワート
販売元:角川書店
(2012-07-07)
販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る
映画館でついに観なかった(笑)だもんで、観ます。
少女マンガからレディコミに格上げ??(*^m^*) ムフッ
7/11
アンダーワールド 覚醒 [DVD]アンダーワールド 覚醒
出演:ケイト・ベッキンセール
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2012-07-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
このシリーズも全作観てますからねぇ。あれっという間に公開が終わっていたような気がします。
おとなのけんか コレクターズ・エディション [DVD]おとなのけんか
出演:ジョディ・フォスター
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2012-07-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
監督はロマン・ポランスキー。元は舞台劇だそう。上映時間が短いのがGOODだわ〜(79分)。しゃべくりの映画なんだろうな。
7/13
ヤング≒アダルト スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ヤング≒アダルト スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
出演:シャーリーズ・セロン
販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
(2012-07-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これもなかなか評判がよかったような?『マイレージ、マイライフ』監督&『JUNO/ジュノ』脚本家のタッグでもあります。タランティーノもベストに入れてた。
7/18
TIME/タイム 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]TIME/タイム 
出演:ジャスティン・ティンバーレイク
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2012-07-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも鑑賞済み。この映画は、割とDVDむきなような気もする。設定のおもしろさが光る映画でした。主演コンビもいい。
戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]戦火の馬
出演:エミリー・ワトソン
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2012-07-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
スピルバーグ!!私さぁ、この主演の子の顔が3Dアニメだとじつは思ってた。
【初回限定生産】センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
出演:ドウェイン・ジョンソン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2012-07-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ジョシュ・ハッチャーソンは続投。ドウェインさんが頑張っているらしいです。
7/20
長ぐつをはいたネコ [DVD]長ぐつをはいたネコ
出演:アントニオ・バンデラス
販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
(2012-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コレ観たかったんだけど、吹替えバージョンしか公開してなかった。バンデラスの声が聞きたいのよぉ。
ALWAYS 三丁目の夕日'64 DVD通常版ALWAYS 三丁目の夕日'64
出演:吉岡秀隆
販売元:バップ
(2012-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この作品は観ます。前2作も観ているし。堤真一のおやっさんがすご〜く好きなんですよね。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- [DVD]デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-
出演:ドミニク・クーパー
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2012-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
フセインの息子の影武者だった人の自伝の映画化。二役でこなしてるのは、マンマ・ミーア!にでてたドミニク・クーパー。

7/27は、ロンドン五輪の開幕です。
ちょうど夏休みなんだねぇ。がんばれNIPPON!
ほんでもって、7月はドラマの改編期。あんまり気乗りはしないけど(笑)
録画したり、映画はたくさん手許にあるのですが、なんかあんまり観てないのよね。
見だすと毎日になるのかもしれないですけど。
コメントやTBも、遅滞し続けて済まなく思ってます。
コメントの方は、ネタが古くなっちゃうとね、相手の方も?かもって思ったりも。
(^_^;
なんやかんやあるけれど、身体に気をつけてイイ夏を過ごしましょう!

幸せへのキセキ

こういう邦題は、私のようなひねくれもんからすっと、見る気半減なのです。
「うちら動物園こうてん」でええやん(関西弁かいな)。
どうも幸せのなんちゃらとかなんとかの幸せたら、幸福を決めるのは本人なんぞっと反論しとうなってしまいます。
実は、アントニオ・バンデラスの「私が生きる肌」が見たかったんですが、時間がまったく合わなくって…。これに落ち着いたんです。でも、いい映画でした。
事実を基にし、原作のある映画です。
we_bought_a_zoo1幸せへのキセキ
原題:WE BOUGHT A ZOO
監督:キャメロン・クロウ   
製作:ジュリー・ヨーン、キャメロン・クロウ、リック・ヨーン   
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ   
原作:ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊・英題『We Bought a Zoo: The Amazing True Story of a Young Family, a Broken Down Zoo, and the 200 Wild Animals That Change Their Lives Forever』)
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ、キャメロン・クロウ   
音楽: ヨンシー
上映時間:124分
出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、アンガス・マクファーデン、カーラ・ギャロ、J・B・スムーヴ、ステファニー・ショスタク、他
we_bought_a_zoo7半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物が暮らしていた。ベンジャミンは動物園の再建を決意するも、資金難が発生するなど悪戦苦闘の日々が続く。しかし飼育員や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいき……。
公式サイト
幸せへのキセキ - goo 映画
原作のダートムーア動物園のサイト

実は、「愛と誠」と同じ日に観ました。(^◇^;)
広大な敷地であろうと思いますが、夜の動物の声と臭いは、考えただけでちょっとコワイものがあります。
we_bought_a_zoo3家族揃って、妻であり母である家族をひとり失った喪失感は、痛みを感じます。
どこに行っても、妻との想い出があり、子供たちも表現に違いはあれど傷心を抱えている。まだまだ、母が必要なお年頃ですもの。
仕事や長男の退学処分を受け、新しい場所で新しい人生を踏み出そうと、引っ越しを考える。で、買ったおうちに動物園が付いていたわけ。
動物たちのお世話は、元の持ち主の遺産により飼育はされていたものの「園」として開業は出来なくなっていたわけで、様々な困難に一家がむかいながら、家族の絆の再生をしていく映画でございます。
we_bought_a_zoo2思春期のディランは、中二病だよねぇ。こういう年頃は、とにかく父ちゃん否定の年頃なんだから、拍車がかかってしまう。妹のロージーは間に挟まって、無邪気なようで気の付く女の子。愛くるしいんです。
飼育員のケリーとその姪っ子リリーは、ベンジャミンとディランに深く関わっていく。このあたりの微妙な揺れ具合が、いい感じでした。
あっーキャメロン・クロウ監督だったんですよね。あちこちで書かれていることではあるけれど、繊細な心のひだを描くのが上手いです。
ちょっとした山やら谷はあるけれど、全体にそんな大きな山はないと思うんです。でも、出てくる登場人物ひとりひとりが、いいキャラになっていたと思う。
we_bought_a_zoo4動物たちも、そんなにたくさん出てくるわけではないけれど、トラさんのエピとかは印象的なものになっているし、それは息子と父親の絆の再生にも一役かってる。
マット・デイモンもすっかりパパの役が似合っていて、いい具合に老けてきてますね。
スパイなんかのクールな感じもいいですけど、こういった役は、安心感そのものです。
スカヨハさんも、大変なお仕事の飼育員で色気は隠されてます。
アベンジャーズ、楽しみですねぇ♪
we_bought_a_zoo6エル・ファニングが、姉ちゃん(ダコタ)より色気のある雰囲気が気になります。ふふ
まずは新しいオーナーとして、飼育員たちや動物たちと仲良くなることからはじまり、それが何とかうまくいけばどんどんお金も要るし、開園しようと思うと検査にパスをしなければいけない。
ウォルター検査官の厳しい指摘をクリアするには、またお金が必要になる。
絶体絶命のピンチを救うのは…いいところです。
we_bought_a_zoo5そして、20秒の勇気も!これは、色々活用できそうなことです。
たった20秒の勇気で、人生はChangeするかもしれない。
ホンワカした気分で見終わることができ、癒されます。
ただ一カ所…、ヘビがわらわら出てきよったとこが、私にはマイナスでしたけどね。
(T.T)相変わらず、ヘビが怖い…。怖かったよ〜。
さぁ、6月最後&7月最初の休日は、スパイダーマンに行くでぇ〜〜。(先行は前売りが使えなかったんですよっ!!ふん)

愛と誠 (2012/三池崇史)

割と長く生きてるからさ−、秀樹の映画も知ってるし、TVドラマも、原作もね。
パロディっぽく思ってる人も多いかもしれないけれど、実は意外にまっとうなんじゃないかなぁと思ったり(笑)
しかし、予告観て爆笑。「激しい恋」とかYouTubeで西城サンのを観ましたわさ。挙句、HIDEKIのアクションつきの若い頃の色々観て、昭和歌謡オンパレード♪
映画としては、好みは分かれてしまうと思います。私は、好き。
aitomakoto1愛と誠 (2012)
監督:三池崇史   
製作:池田宏之、藤岡修、遠藤茂行、平城隆司、奥野敏聡、阿佐美弘恭、木下直哉、伊藤秀裕、堀義貴   
プロデューサー:杉崎隆行、鷲頭政充、坂美佐子、山崎美春   
エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎、椎名保   
原作:梶原一騎『愛と誠』ながやす巧   
脚本:宅間孝行   
脚本協力:高橋美幸   
CGIディレクター:太田垣香織   
撮影:北信康   
振付:パパイヤ鈴木   
音楽:小林武史       
主題歌:一青窈『愛と誠のファンタジア』
エンディングテーマ:かりゆし58『笑っててくれよ』
スタントコーディネーター:辻井啓伺、出口正義   
企画協力:高森篤子、永安福子   
特別協力:真樹日佐夫   
上映時間:134分
出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親、他
aitomakoto51972年の新宿。良家の令嬢・早乙女愛は、幼い頃に危機を助けられた少年・太賀誠と運命的な再会を果たす。札付きの不良となっていた誠を更正させようと献身的に尽くす愛は、誠の後を追って不良の掃き溜めといわれる花園実業に転入。誠が心を通わせていく由紀や、愛を追いかけて花園にやってきた優等生の岩清水、スケバングループのガムコら、それぞれの思いが交錯し、やがて学校全体を巻き込んだ大乱闘へと発展していく。
公式サイト 公式Twitter
愛と誠 - goo 映画
愛と誠wiki(映画もドラマも亡くなられた方が多くて…秀樹もリハビリ頑張ってね)
「愛と誠」愛好家さんリンク↓
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/


aitomakoto2aitomakoto6一人、ぷぷぷって笑ってしまったところが、色々ありました。DVDだったら、間違いなく一緒に歌ってた。
昭和歌謡はもっと多くてよかったのになー(笑)フルコーラスいらないっし(特に早乙女夫妻。市村さんの足のあげ方には、おぉ劇団四季と思いましたけど)。
主要人物の紹介のようなスタイルかな。(そうでない人もいるけれど)
ミュージカルというのには、ちょいと違うよね。美空ひばりとかの映画スタイルか?付随のダンスは、パパイヤ鈴木振り付け♪
この物語、なんかもどかしい話で、後期の砂土谷峻と対決あたりは、あんまり覚えてない。この映画の方は、すっぱりここらがなくって上手くまとまってたんじゃないかな。母親とのエピも入れちゃったしね。続編はないぜよ(たぶん)。
やっぱし、高原由紀&座生権太の花園あたりが、一番盛り上がってたと思うし。
オリジナル当時もウケた
aitomakoto4「君のためなら死ねる」
が、活かされてました。
くそまじめに愛を語る度に、可笑しくなってしまうのです。これって、前からそうだったもん。だし、まっとうなんだってば。
梶原一騎さん、やっぱ「怒」だったかなぁ…。
斉藤工サン、おいしい役(笑)
スリッパで叩かれまくってましたけど。早乙女愛に惚れてなかったら、エリート官僚にでもなれたろうにね。
「空に太陽のあるかぎり」もよかったですわよ。もう一曲くらい聴きたかったわぁ〜。(モトウタはスターにしきの。まるちゃんでお馴染みよね)
愛の「素晴らしい愛をもう一度」のときの彼のリアクションが、よかったですな。
斉藤工の不良さんの映画が確かあったと借りに行ったら、貸し出し中だった。ちぇっ
aitomakoto11この映画、乱闘シーンも盛りだくさんで、そこはクローズZEROの監督さんだからして、キタキタって感じでした。あんときは、男同士だったけど、今回は対スケバンとか女子も入り乱れて、大変よ。
いやー長いスカートの女子高生を見るのって、久しぶりだわぁ。いまどきは、ほとんどがミニだもん。
この映画を三池監督がするってニュースをみて、誠が妻夫木くんで愛が武井咲ちゃんだと書いてあって、今更〜〜と思ったし、なんで30になってるぶっきーなの?って思った。いくら、三池監督でもなぁって思った。こういう料理のしかたをするとは…!!
aitomakoto10おまけに、加藤清史郎クンもやさぐれさせました。
回想のスキーのシーンとかは、アニメを使うなどの工夫もあります。
月光仮面で激高しちゃう誠っていう設定は、なかったように思うのですが、それもアリだと思えちゃった。
圧しのある映画なんで、私みたいにノリが上手く作用すると、なんでもありなのですわ。
ほりゃーもう、ツッコミ満載ですけどね(元ネタもそうだけど)。
aitomakoto9aitomakoto8ガムコのパンツ丸見えもしっかりやっちゃってくれましたねぇ。
安藤サクラさん、いい味。彼女はいわゆる二世俳優だし、ダンナさんも二世俳優。逆さまになる前に、彼女のガムコ様たる姿をもうちょっとみせてあげて欲しくなったくらいです。
それに反して、高原由紀役の大野いとさん、棒…。
それすらも、許せるワールドなのです。
aitomakoto3武井咲の特徴ある声は、「平清盛」ではちょっとばかし浮くんですが、ここではお嬢さまのKYっぷりによく活かされてたりします。清盛では、檀れいのやったたまちゃんのタイプですね。(なんだかんだと言われてますが、清盛、私は面白いですよ)
少々「滑稽」というベールをかけて、今様にしたようにも思うし、これはマジメになればなるほど外野はそうだということなんだけどね。楽しめたんでいいのだ。難点といえば、ちょっと長いかな。
DVDが出たら、ぜひ一緒に唄いたいです。


サブキャラ特集 ♪愛してるぅ〜

恋の罪

やっと私にまわってきた。置き数が少ないんだよ〜。
水野美紀、冨樫真、神楽坂恵のトリプル主演で、トリプル・フルヌード。水野さんは、そこまで脱がなくても事足りたような気もするんですけどね。
女の性的な欲望とかそれに絡むものというのは、男にはわかりにくいものがあるのは、確かです。そして、女も男のそういったことは、わからない。
けれど、女の方が理解度は、ウワテだと思いますよ。
koinotsumi1恋の罪
英題:GUILTY of ROMANCE
監督・脚本:園子温   
製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫   
プロデューサー:千葉善紀、飯塚信弘   
企画:國實瑞惠   
撮影:谷川創平   
編集:伊藤潤一   
音楽:森永泰弘   
上映時間:144分
出演:水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、町田マリー、岩松了、大方斐紗子、津田寛治、他
どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される。事件担当する女刑事・和子(水野美紀)は、仕事と幸せな家庭を持つにもかかわらず、愛人との関係を断てないでいた。謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学のエリート助教授・美津子(冨樫真)と、人気小説家を夫に持つ清楚で献身的な主婦・いずみ(神楽坂恵)の驚くべき秘密に触れ引き込まれていく和子。事件の裏に浮かび上がる真実とは……。3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる……。
公式サイト

koinotsumi6まずはプロローグとして、猟奇的な殺人死体が発見され、情事の最中に呼び出され駆けつける刑事和子。
人気小説家菊池由起夫を夫に持ついずみの毎日。判で押したように午後九時に帰宅し、午前七時に仕事場に向かう夫。一緒にお食事はなさらない。ベッドも、寝るだけ?
この夫婦の夫婦生活は、淡泊なのか?とずっと疑っていた。最終近くで、はっきりするけどねぇ。
この6/7に再審が開始された東電OL殺人事件を、この映画はインスパイアしているという。被害者の女性は、有名私立大出のエリート社員(当時39)でありながら、円山町で路上売春をしていたという。また拒食症気味?ではとのこと。監督は、この被害者女性が、昼と夜の顔の持ち主なところから、ふくらんでいったんだろうなぁ。
koinotsumi7小説家のダンナがいない間、時間をもてあましていたいずみは、スーパーにパートに出る。いいなぁ、暇つぶしのパートって。あたしなんか、生活かかってるのにな…。
神楽坂恵サン、「冷たい〜」ででっかい御胸なの知ってるし、ウインナーの試食販売って、絶対仕組んでる(笑)
そこで、モデルのスカウトをうける。そのモデルって、身体目当て系モデルだったんですね〜。
なんやかんやとおだてられながら、露出が多くなっていき、しまいに絡み…。このあたりは、たぶんそうなんでしょう。そうやって、ヌード写真って撮られるんでしょうね。
絡みのあった男性モデルとホテルで、カメラなしの絡みのおまめもあったようですが、いずみは、自分に自信をもち、他人にみられる事にためらいがなくなってくんだよね。試食販売の方も、大きな声が出せるようになり、若いお兄ちゃんに誘いまでする。
家で、すっぽんぽんでウインナーの試食販売の口上をいういずみサン、Hですね。
koinotsumi4そんなとこから、美津子という円山町で街娼をしている一風変わった女性と知り合う。
彼女の表の顔は、一流大学の助教授。
美津子さん、廃屋となったアパートで5000円で売春。お金を貰うのは、愛のないSEXだから。
女の性っていうのは、複雑なものがあると思う。とりあえず、男性のように、たまるものがないから、DNAを撒き散らかしたい本能はない。←いつも鮭の雄が卵に精子をかけてるのを想像してしまいます。
昔、今でいう女子会で「したい日」っていうのは?(え?)という話が出て、別に特に排卵日じゃないよねぇっていう話になって、生物的本能だったらそうあるべきなのになんでだろうねって…。♂と♀の世界は、複雑である。
koinotsumi3この映画の女性たちは、極端に描かれているとは思う。
いずみのモデル体験あたりから、ばんばんヌードのオンパレードになっていく。
男女の絡みもあれやこれとあるんだけど、気持ちよさそうじゃない(笑)an・anやmoreとかを思い出すんだけど、達してない。対する男の顔もあんまり出てこない。
なぜか、いずみも和子も「私は淫乱です」と言わされている。男って、聖女の淫乱のイメージが好きだよね〜。
2時間半近いこの映画、中盤はエロそうな画面ばっか。その実、エロさは少ないんじゃないですかねぇ。
言葉には、肉体がある。助教授美津子サンは、色々説いてくれるんですが、亡き父への想いと強烈な母につきるなぁ。あの母親は、実は主演じゃないの?
koinotsumi2刑事和子は、どうしても断ち切れない浮気相手との関係。
SEXってなんだ?
今年になって、歴史もんをなんやかんやと読んでいて(論説や小説と色々)、長生きになった分、精神的成熟も遅くなってるように思う。キリスト教が、民間に入るまでは日本って性にはおおらかなんですよね。処女性なんて、気にとめてないみたいです。
サスペンスの要素としては、いずみと美津子のどっちかが死体なわけだなーと、観てました。美津子が登場するまでは、いずみかと思った。
魔女っこくらぶのおにいさんは、もうちょっと背景の欲しかったところです。
koinotsumi5いずみのダンナも、そうこなくっちゃという動きをしてくれたんですが、ダンナの妻への思いとか欲しかったなぁ。
全てを描ききらないところが、映像ドラマなんかではよいとこでもあるんだけどね。
監督と結婚したんだっけ神楽坂サン。彼女の胸が強烈なだけに、水野美紀もヌードが霞んだよな〜。ハハハ

ドリアン・グレイ (2009)

なんたって、ベンちゃん♪なのだ。
ベンちゃんが、これを演るっていう情報を得てから、映画館で観るのを楽しみにていたのに、DVDスルーとは…。コリン・ファースも出てるのになぁ…。
原作だって、ファンが多いんじゃないかな?
時代が、19世紀末だし、かちっとした男性の服装も、私にはポイントでした(スーツ萌え、制服萌えしやすいの…)男前を堪能できました。
まぁ、男も女も年齢を重ねたものの意味を否定してはいけないんでしょう。
doriangray1ドリアン・グレイ
原題:DORIAN GRAY (2009/英)
監督:オリヴァー・パーカー   
製作:バーナビー・トンプソン   
製作総指揮:ジェームズ・スプリング、ポール・ブレット、チャールズ・ミラー・スミス、ティム・スミス、サイモン・フォーセット、ジェームズ・ホランド、ザヴィエル・マーチャンド、
原作:オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』
脚本:トビー・フィンリー   
撮影:ロジャー・プラット       
衣装デザイン:ルース・マイヤーズ       
音楽:チャーリー・モール
上映時間:112分
出演:ベン・バーンズ、コリン・ファース、ベン・チャップリン、レベッカ・ホール、ダグラス・ヘンシュオール、レイチェル・ハード=ウッド、フィオナ・ショウ、マリアム・ダボ、マイケル・カルキン、エミリア・フォックス、ジョニー・ハリス、ジョー・ウッドコック、マックス・アイアンズ、ヒュー・ロス、他
doriangray3美青年のドリアンは、ロンドン社交界で華麗なるデビューをする。ある日、一流画家のバジルに肖像を描いてもらう。仕上がった肖像画はまるで生き映し。美貌と純心な性格のドリアンは瞬く間に噂になるが、ヘンリーと出会いドリアンの人生が変わっていき、ある日、ドリアンは女優シビルに出会い2人は恋に落ちる。しかし、ヘンリーは、ドリアンに若い女たちとの夜を過ごさせ甘い罠に落とす。シビルにバレてしまい、傷心のあまり自殺をしてしまう。ドリアンは、ヘンリーにも言えない肖像画の秘密を持ちー彼が年齢や悪徳を重ねると、バジルの描いたドリアンの肖像画が、その分だけ醜くなっていく。やがて、彼は姿を消す。十数年後、ドリアンは再び戻ってくるが…

doriangray4doriangray10まぁともあれ、ドリアンをやる人は、美しいといえる超ハンサムで若くなくてはいけないのです。ほんでもって、どこかお品のある雰囲気ね。
ちょこちょこっと原作とは変えてありますが、大筋はこんな感じだった。
まー、でれーとして観てた部分とか多いんで、深い部分は書けないだろうな。ははは
背景は、シャーロック・ホームズと同じくらいかな。
ロンドンの駅に降り立つドリアン。虐げていた祖父が死にその相続をするために。
最近の子はそうでもないとは思いますが、一昔前の地方から東京に初めて出てきた子みたいな雰囲気で、初々しい。
こういうベン・バーンズは、スターダストの時やカスピアン王子と似た感じだなぁ。
この人の持ち味は、こういうとこにあるのかな。危険なにおいが少ないふうに思わせるところがいいところ。
その分、この作品の持つエロさも薄めなのは、しょうがないけどね。それでも、女だけでなく男も惑わされるっていうのはあってよかったと思う。
doriangray2画家のバジルが、彼を渾身こめて描いたものは、まるで生き写しのようでだった。
ヘンリーというバジルの友人は、快楽主義者で、純真だったドリアンは感化されていく。ヘンリーは、ドリアンに自分を投影させて実践してもらったというべきか。
まだまだ純真だったドリアンは、恋を知る。
女優のシビル。恋を知り、男として目覚め変化するものがなんとなく感じられました。
doriangray5彼女との恋の結末のつけ方は、原作とちょっと違ったんじゃないかと思ったら、やっぱし違ってた。
なんか、仲違いやら彼女の自殺の動機が「ん?」と唐突感があったんで、本を引っ張り出すのは面倒だったんで、ネットで調べたわさ(笑)
レイチェル・ハード=ウッド、久々やなぁ。Perfume以来ではないですかいね?こういう役がえらく似合う。
彼女との恋の破綻を転機に、彼はどんどんと人してイケナイ男へ。doriangray7女は危険な男が好きですdoriangray9けどね。この頃の退廃的なおあそびがあれやこれやとコマ割のように描かれてますが、乱れておりますな(笑)
そして、あの肖像画の前で、ヘンリーたちといるとこで悪魔に魂を売ってもいいと言ったとおりに、彼に肉体は決して衰えない傷つかない事を知る。
ベンちゃん、ちゃんと危険な男になってくれはりましたな。うふ
いやぁ〜、私みたいな人にはあんなベン、こんなベンが観られるつう素敵な映画♪(壊れかけ・画像多すぎ?)
doriangray8バジルは、ドリアンの美しさを愛していて、たぶん出会った頃の純真な心根も理解していたと思う。
ヘンリーは、彼の自分にない美貌や若さが欲しかったと思う。ある意味、ヘンリーは監督や脚本家でドリアンはそれを演じる俳優であったようにも思える。そして、虚像が実像に変わっていった。それは、ヘンリーの知らないドリアンだけの秘密があったわけで、悪魔に身を委ねてしまってたから、悪い子にならざるえないんだろうな。やっぱ、ヘンリーは導火線のようなもんか。
バジルに絵の秘密を告白し、そしてそれを知った者は葬り去られる。
そして、彼の葬儀が終わった後、ドリアンは長い旅に出る。
doriangray620数年後、再びロンドンに戻ったドリアンは、昔のままであった。
そして、ドリアンは一縷の良心が残っており、我が身を内心嫌になってるとこがでてくるんですな。
ヘンリーの一人娘との出会い、これ原作になかったよね。彼女の存在が、ヘンリーの普通の父親の部分が強調されてます。父ちゃんなら、あーいう男には娘を近づけたくないわな。
doriangrayそれでも、ラストは、やっぱ彼の美しさを愛してた人だったんだろうなって思う。
構成的に、物足らない部分はあるのですが、どんだけ楽しませて貰ったんだっていうくらいよ。
もうちょっと心情をぐにゃぐにゃみせて欲しいようなシーンが欲しかったんだけどね。
ドリアン・グレイがベンっていうのは、すんなり行く部分大きかったし、コリン・ファースのいやらしい男もよかった。もしも、バジルも男前な方だったら、悶絶してしまった事は間違いないな。でも、バジルのあやしい視線ぶりとかよかったです。
男性や若い子にはわかんないことだろうけど、おばさんはね、女性ホルモンが減少してるからこそ、若いイケメンにうつつをぬかして補わなければならないんでしょうね。若い人のように恋愛をするわけでもないし、身体がそう自然に求めているのだと思います。でも、私はおっかけまではする気にはならんけど…。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ