晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2012年10月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

11月に出る新作DVD&BD あと2ヶ月で今年って終りなんですか…

argo一気に寒くなってきたようです。特に朝夕の冷え込みはキツいので、風邪とかひいてません?
温度調整のできるストールとか上着を持って出かけたりした方がいいよね。
今更ながら、あと二ヶ月ちょいで「あけおめ〜」なんですかねぇ。早いなぁ…。
映画館への足が遠のいてしまってる私だけど、11月、これは観たいっていうのは「アルゴ」かな。
出来れば観たいっていう映画は、色々あるけどね。ベンアフさんの監督しての力量は、すっかり信頼しちゃってるんで、観たいです。
今月、DVDも話題作が色々あります。晩秋の夜長に映画っていうより、半ば、クリスマス商戦なのかな?私の見損ね映画も何本かあるし…。
前期集中、ちゃちゃっと書きます。

11/2

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]裏切りのサーカス
出演:ゲイリー・オールドマン
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この映画観たかったんだけど、どうも集中力に自信がなくって諦めた作品。複数回の鑑賞がよいようです。
REC/レック3 ジェネシス スペシャル・エディション [Blu-ray]REC/レック3 ジェネシス
出演:レティシア・ドレラ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
スペイン版のほうです。今度は結婚式が血の惨劇のようです。前2作より出血度高め?そーいえば、私はハリウッド・リメイク版を一本も観てないわ(笑)
シャーク・ナイト [DVD]シャーク・ナイト
出演:サラ・パクストン
販売元:ポニーキャニオン
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
題の通りサメが襲うやつ。監督さんは、ファイナル・デスティネーションシリーズの方なので、やってくれるんじゃないかと…(^v^)
ミッシングID コレクターズ・エディション [DVD]ミッシングID
出演:テイラー・ロートナー
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
狼族のジェイコブ(トワイライト)が、ボーンシリーズのティーン版みたいなことになってるようです。ただし、TSUTAYA限定レンタル!(ふんっ)
バーク アンド ヘア [DVD]バーク アンド ヘア
出演:サイモン・ペグ
販売元:ファインフィルムズ
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
サイモン・ペッグの名前につられましたが、共演はゴラム@キングコング@猿…アンディ・サーキス。実際の事件がもとのようだけど、どうもイギリスらしいブラックユーモアもあるようで楽しみ。
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [DVD]愛と誠
出演:妻夫木聡
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは鑑賞済み♪三池監督、好きやわ〜。私は、いたく気に入ったんですが、好みの分かれる作品だと思います。原作のエッセンスは汲んでると思いますよ〜。西城秀樹のベストアルバムを借りたろかしらん(笑)
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]幸せへのキセキ 
出演:マット・デイモン
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも鑑賞済み♪ハートフルな実話をもとにしたお話です。スカさんがでてますが、エロ気は封印(笑)
11/7
私が、生きる肌 [DVD]私が、生きる肌
出演:アントニオ・バンデラス
販売元:松竹
(2012-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コレ観たかったわぁ〜〜。だって、私変な人の映画好きだもん。ペドロ・アルモドバル監督作品も好きだし、外せないです。
【初回限定生産】ラム・ダイアリー ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]ラム・ダイアリー
出演:ジョニー・デップ
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2012-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ジョニー・デップが親友の故ハンター・S・トンプソンの原作を自らの製作・主演で映画化したもん。ある意味、ジョニーらしい映画なのかも。

11/9

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]テルマエ・ロマエ
出演:阿部寛
販売元:東宝
(2012-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも観たい。見損ねた。レンタル先行。争奪戦が激しそう。原作はIVまで読んであります。おもろかったんで、日本人がやるローマ人っていうキャスティングもあわせ笑わせてもらいましょー。

11/14
アメイジング・スパイダーマンTM ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray]アメイジング・スパイダーマン
出演:アンドリュー・ガーフィールド
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、観損ねたんだよぉぉ〜〜〜。(;___;)ウルウル
外せない一本。
<追記>TSUTAYA限定レンタル!だってよっ(怒)個人的に「独禁法」にふれてるとしか思えん。
11/16
ワン・デイ 23年のラブストーリー ブルーレイ [Blu-ray]ワン・デイ 23年のラブストーリー
出演:アン・ハサウェイ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アンちゃん、結婚おめでとう。
ご祝儀鑑賞、なんちゃって。
ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
出演:キャシー・ベイツ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ウディ・アレン監督作。アカデミー&GG賞で脚本賞を取った作品。作品賞・監督賞にもノミニー。出演者も、くせアリの豪華。
クリスマスのその夜に [DVD]クリスマスのその夜に
出演:トロン・ファウサ・アウルヴォーグ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ノルウェー映画です。あぁクリスマス近いんだなぁと入れました。
最近、北欧映画は要チェックかなっていうのも。

11/21
メリダとおそろしの森 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]メリダとおそろしの森
出演:ディズニー
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2012-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ファミリー向けですが、こういうのも私好きだし。
しかし、この主人公の女の子、何かに似てる。なんだっけ…。

他に、長らくレンタル店で見つけられなかった映画「ベルベット・ゴールドマイン」「ナインハーフ」が、ネットレンタルの方で上がっていたので、楽しみです。
でもさ、観る気漫々なことを書いてしまったけど、今の調子でほんまかいな…と自分でも思ってます。でも、これは絶対観ちゃおっていうのは、確かに11月多いなー。列記してないB級もあるし、映画生活もどりますかね??
11月WOWOWは、特に目をひくものがいまのとこ見つからなかったけど、キーファー・サザーランド主演の「TOUCH/タッチ」は毎週録画してます。面白い。子役が上手いっ。
先月書いてた、「ダブルフェイス」のTBS版を観ましたが、なかなか本家「インファナルアフェア」に近い設定になってましたし、西島さんもよかったな。ディパーテッドでもそうだけど、やはり元が秀逸なんですよね。

スノーホワイト

最近は、監督さんと主演女優との不倫で話題になった映画やな。監督の奥さんも、王妃で出演しとったのになぁ…。
せやのに、なぜか悪役である邪悪な女王のシャーリーズ・セロンの方が、キレイに撮られてるような気がするんだけどなぁ…??
老けメイクあり、バックサービスありで姐さんは元気だ。
お話は、言わずとしれた白雪姫が題材。明るい色調のシーンもあるけど、邪悪な女王の支配下ということで、どこか色彩は暗め。
snow-white1スノーホワイト
原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
監督:ルパート・サンダーズ   
製作:ジョー・ロス、サム・マーサー   
製作総指揮:パラク・パテル、グロリア・ボーダーズ   
原案・脚本:エヴァン・ドーハティ   
脚本:ジョン・リー・ハンコック、ホセイン・アミニ   
音楽:    ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:127分
出演: クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・フロスト、トビー・ジョーンズ、他
(日本語吹き替え)坂本真綾、小雪、椎名桔平、浪川大輔、大塚明夫、他
スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。snowその時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。
公式サイト
スノーホワイト - goo 映画

snow-white2おとぎ話の映画化が流行っている。しかも、お子様向けではない仕様でね。
プリンセスもんに不可欠の王子様の役割は、この映画の場合飲んだくれのハンター。ほかにも、幼馴染の公爵の子息ウィリアムくん。
プリンセスも、今は戦うのが当たり前のようで…。
もうひとつの白雪姫の実写映画化「白雪姫と鏡の女王」もありました。これはジュリア・ロバーツが意地悪継母。ジュリア・ロバーツは、最近の作品はなんか見たくない感じが起きちゃう。わざとらしい笑い声が嫌いなのよ(笑)ターセム監督だし、見ると思うけど。
あっちの白雪姫が、なんだか明るい色調に対し、先にも書いたけれどこっちは暗い。にび色って感じね。
クリステン自体が、割と内気そうな雰囲気の子なんですよねぇ。
snow-white8王を殺した悪なラヴェンナさんは、もとから女王の座を狙ってたわけで、王妃を亡くして沈んでた王を籠絡するくらい朝飯前の計算だったのね。
でもって、王の一人娘を幽閉し続けたのが運の終わりだったようです。
このスノーホワイトの役割は、すんなり入りがたいもんはちょっとあった(笑)
城から逃げ出し、「黒い森」に逃げ込んだスノーさん、そこはお化け森やありませんかぁ。女王より怖そうだったりする。
snow-white7そこで、やっとハンターの登場。このハンターの役は、二転三転してクリス・ヘムズワースに落ち着いたらしいですが、まんまソー(笑)あのハンマーを斧に持ち替えただけに見えないこともないか。私、アベンジャーズ観たし、余計です。ソーほど、強くないですけどねぇ。
嫁はんを亡くし(実はラヴェンナの弟に殺された)、哀しみから酒浸りになっていたハンターは、黒い森を知っているということから、スノーを追跡する役割を死んだ嫁を生き返らせてあげるという女王の出まかせの褒美を引き受ける。実際にスノーに遭って、変わるんだけどね。
snow-white5反女王の軍隊を作っているという公爵の居城へ送り届けることになる。
二人が旅をするうちに、トロールに遭遇したりなんやかんやあって…
なんだか、ファンタジー映画を思い出す展開だ。
森が変化したり、こびとさんたちのいる森では、ティンカーベルみたいな妖精じゃないのやら出てきたり、どうも珍しいらしいおっきな白鹿がでてきたり、ナルニアか?と思ってしまった。ドワーフがいるしね。snow-white3ドワーフの中には、イアン・マクシェーンやニック・フロストがいたわん。顔だけ合成なのかなぁ。
ハイホーは歌ってくんなかったけど、歌う事もあるらしい様子でした。
女王の方は、劣化のスピードが速くなるようで、若さの精気を吸い取るのに必死。そんなことばっかしてると、若いおねえちゃんがいなくなって、その次の世代の若いもんが出来なくなっちゃうやんと思わずツッコミ(笑)
snow-white4ほんとならイケメン王子のはずのウィリアム。小さい頃から姫の側で遊び、姫もお気にいりだし結ばれる相手の位置のはずなんだけど、この頃そういうのは流行らないのか、毒リンゴを食べたスノーホワイトは、彼のキスで目覚めませんでしたもん。ハンターだった(本人は気づいてないみたいだったね)。
サム・クラフリンは、パイレーツ4で宣教師の役をやってたんだけど、イマイチ影が薄かった。
この映画も、ちょっと影が薄い。かわいそうなんでアップの画像を貼ってあげちゃいました。ソーより、顔は整ってるなぁ(笑)でも、存在感はやはりクリス・ヘムズワースの方が抜群です。声のせいもあるかもね。
snow-white6シャーリズ・セロンは、段々老けていくていう微妙なメイクを色々やってました。
小じわとかのメイク技が面白かった。シミとか顔色の艶のなさとかすごい。ある意味、おばちゃんの私には、酷なシーンでもあったけどね(爆)
この女優さんは、ふっきれ感がいつもながらハンパないなぁと思う。実は、彼女が主演女優じゃないかな。
いくら女王の座についても、国があんな荒れ放題では儲からへんのになぁ。ほんでも支配することは、快感なんでしょうかね。
永遠の若さや命って、やっぱいらん。
そんな期待もしてなかったんだけど、まっこんなもんかなという映画でした。
スノーホワイトが甲冑つけて、城に突撃もそんなに違和感はなかったです。
ラストが含みのある終り方だったのが、気になったかな。

ロボット(2010/インド)

これは、楽しみだった♪私の好きそーな映画でしたよぉ。
制作費37億円って!!日本のSFより、そこらへんが違うなーと思う。
ど派手にやっとりまして、後半大満足(笑)
ワケわからんが面白い!という宣伝コピーは、この映画にはいい感じだわ。お約束のダンスとお歌もちゃんとあります。私は、結構すんなりはいれましたけどぉ。
今回、スラムは出てきません。都会よ、都会。
endhiranロボット
原題/英題:ENDHIRAN/THE ROBOT
監督:シャンカール   
製作:カラニティ・マラン   
製作総指揮:ハンスライ・サクセナ   
撮影:R・ラトナヴェール   
音楽:A・R・ラフマーン
上映時間:139分
出演:ラジニカーント、アイシュワリヤー・ラーイ、ダニー・デンゾンパ、サンターナム、カルナース、他
天才工学者バシー博士(ラジニカーント)は10年に及ぶ研究の日々を経て、二足歩行型ロボット、チッティ(ラジニカーント・2役)を生み出した。あらゆる点で人間以上の能力を持ち、命令に忠実に従うチッティは、人類の未来を切り開く偉大な発明となるはずだった。だが人間の感情をも理解するようプログラムされたチッティは、バシー博士の恋人サナ(アイシュワリヤー・ラーイ)に恋をしてしまう。チッティとバシー博士がサナをめぐって恋の火花を散らす中、板挟みとなったサナは、チッティの思いをきっぱりとはねのける。人間の感情を理解してしまったがために、深く傷つくチッティ。さらにはバシー博士の怒りを買ったチッティは、博士の手で廃棄処分にされてしまう。endhiran4残骸を回収した悪徳工学者の手によって冷酷なターミネーターとしてよみがえったチッティは、バシー博士の目の前でサナを拉致、迫ってくる警官隊を難なく一蹴する。やがて占拠した研究所でチッティは自らのレプリカを量産し、最強のロボット軍を作り上げる。チッティとそのレプリカのロボット兵団は、今や世界の脅威になろうとしていた。バシー博士は愛するサナを救うためにチッティの機能を停止させようと命がけの行動に出る。しかしチッティ軍は、バシー博士の想像を超えるほどに進化し、街を恐怖に陥れる。何百体ものロボットが合体しフォーメーションを変えながら暴れ回るチッティ軍団の猛攻を前に、人間はなす術もない。世界がロボットに支配されるのは、今や時間の問題。ひたすら壮絶化するチッティの暴走を、バシー博士は食い止めることができるのか……。
公式サイト
ロボット - goo 映画

Endhiran3今日の私は、非常にオネムな人だったんだけど、後半目が覚めたよ〜。
劇場版は139分だけど、完全版上映はなんと177分もあったんだそうだ。
踊るマハラジャは、レンタル店になくって動画サイトでちょっとだけ見ただけなんですよね、実は。
すんごいSFだわ。
バシー博士が、恋人からのメールもお誘いも拒否しまくって研究に没頭してできたヒューマノイドロボットのチッティ。
Endhiran2博士をコピーして外見を作ってるので、おっさんロボット(爆)皮をつける前のロボットは、なんかおマヌケにアジアン顔だのがまず笑った。
恋人は、医大生サナ、べっぴんさんです。インドの人って顔が濃いんだけど、どこかアジアだもんで、目に馴染みやすいといえばそうかな。
バシー博士の恩師であるボーラ博士が、嫉妬も混じってワルの道。
endhiran8どうよ〜というくらい殺しまくりのシーンも多々あるのが、ご愛敬。
ロボットのくせに、サナに恋しちゃうっていうのが、またよいとこですな。これで、連隊壊滅しまくりの大騒動に発展していくんだから、すばらしい(笑)
ターミネーターやらアイ・ロボットやらトランスフォーマーやら…ありとあらゆるロボット系映画+マトリックスなんかのアクション映画がぶちこまれてるような感じ。
見所満載すぎますやん。
HERO映画的なところもあるかと思えば、ががんと落とされたり、高度なロボットとの共存の難しさも訴えてたりします(ほんまかいな)。
Endhiran6半ば「クルぞ」という気もする唐突なダンス&ミュージックも、凝ってます。
最初は面食らうかも知んないけどさ、段々キタキタになりますねぇ。こういうのが、苦手な人は困るかも知んないですが、全然大丈夫な私は、楽しませて貰いました。
ヒロインのサナの人、髪型が変わるだけでイメージも変わりますねぇ。
endhiran7ボーラ博士が、殺しのプログラムを追加しちゃったことから、パワーアップ。クローンをこさえちゃって、増殖。
フォーメーションの多彩さには、もう目が離せない。
マトリックスのスミスどころの騒ぎじゃない。まさかのトランスフォームですもん。
不敵な笑みを浮かべるチッティは、竹内力にみえてしゃーなかったぞい。
endhiran5ハリウッドのぶっ壊し映画を超えちゃってるような気もしないではないごっついパワーを感じました。
どうも続編が出来るような噂もあるので、楽しみです。
ちょっとググってみたら、主演のラジニカーントって1949年生まれなんですよぉ。還暦過ぎてる!
びっくりしたわ。確かに「おっさん」だと思ったけどさぁ、やるなっ!
私は、大変楽しく観させて貰いました。
予告編↓

グレイヴ・エンカウンターズ

スーパーナチュラル」を見続けているついでといっちゃなんだが、コレに手を出してみた。
パラノーマル〜とかでお馴染みのモキュメンタリー映画。
超常現象の追跡番組を作ってるっていう設定だもん。
日本のポスターになっていたのが、なかなか出てこんっ!初めの方は、ちょっとだらーと観てしまってました。恐いとかどうだったかは、後述するとして、モキュメンタリー映画としては、まぁよくできている方の映画ね。
grave-encounters1グレイヴ・エンカウンターズ
原題:GRAVE ENCOUNTERS
監督:ザ・ヴィシャス・ブラザーズ   
脚本:ザ・ヴィシャス・ブラザーズ   
撮影:トニー・ミルザ   
編集:ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
上映時間:93分
出演:ショーン・ロジャーソン、アシュレイ・グリスコ、ホアン・リーディンガー、マッケンジー・グレイ、メルウィン・モンデサー、他
テレビのリアリティ番組制作会社エグゼクティブ・プロデューサー、ジェリー・ハートフィールド(ベン・ウィルキンソン)の元に、ある番組のパイロット版テープが届けられる。それは、実在する超常現象を調査・追跡する番組『グレイヴ・エンカウンターズ』の録画映像だった。76時間に渡って撮影されたその映像の中で、“あるもの”が写っている箇所をつなぎ合わせたものが、今回初めて公開されることになり、それを前にして、ハートフィールドは告げた。“これは映画ではない。一切手を加えていないリアルな映像だ。”と……。grave-encounters5『グレイヴ・エンカウンターズ』プロデューサーのランス・プレストン(ショーン・ロジャーソン)と調査隊は、1960年に閉鎖され廃墟と化したコリンウッド精神科病院を訪れる。その広大な敷地には、1895年から65年間にわたり8万人もの重度の精神障害者が入院し、多くの患者が命を落としていた。そして、閉鎖後の1963年に幽霊の目撃証言が報告されて以降、今なお同様の証言が多数寄せられている。だが実は、ランスたちは超常現象など全く信じていなかった。番組出演者である霊能者ヒューストンもニセモノで、『グレイヴ・エンカウンターズ』はただのヤラセ番組だった。視聴者を怖がらせるもっともらしい映像が撮れれば、それでOKなのだ。grave-encounters2そこで一夜を過ごすことにした調査隊は、外部から出口を封鎖した廃墟に籠り、多数の暗視カメラを設置、病院内を巡回しながら霊との交信を図る……。それはいつもの段取りを踏んだ“演出”だったが、やがて事態は急転。本物の超常現象としか思えない出来事が、次々と起こり始める。半信半疑だった彼らは、徐々に恐怖にとり憑かれてゆく。8時間が経過したが、いつまで待っても夜は明けない。半狂乱になった5人は外部へのドアを破壊するが、そこには果てしなく続く回廊が待ち受けていた。彼らは、死者の迷宮に囚われてしまったのだ……。
公式サイト
グレイヴ・エンカウンターズ - goo 映画

grave-encounters3こういうノリは、フェイクだろうが、今の私にはすんなりは入りやすいと思った。
彼らは、遭遇しても対処(悪霊退散・除け)というのは、頭になかったようで、塩もなんももってないでやがんの。
一応、お札さんくらいはもっていようよ。(十字架か?)
退治するドラマばっか、毎日延々と観てるせいか、発想はこうなってしまいます。スーパーナチュラルでも、ゴーストバスターズ(ゴースト・フェイサーズ)が、そういった用意がないためディーンたちに助けられてます(彼らの出てくる回はコメディ調ですが…)。
grave-encounters4どっちかというとRECに近いカメラのノリ。けれど、これは誰が撮ってんねんというアングルはかなりあった。定点カメラは外したんじゃなかった?っていうのがわかってるし。
明らかに、幽霊を撮りますねんという意志というのも、上手く作用はしてる。TVのドキュメンタリー番組の裏側もちくちくやってますしね。
廃墟となった精神病院という設定も、絶対なんかありますっていうのが面白いとこ。迷路状態にされてしまうっていうのも、いいと思います。時間も支配されてしまうし。
最初は、からかってるふうだったんだけど、徐々にエスカレートしていき、管理人が言ってたんだっけ「怒らせない」って。
怒らせちゃったんだろうな。マットが窓を閉めたから?
grave-encounters6大盤振る舞いだと書いてあったから、出てこん〜と思ってしまいましたよ。
後半、確かにこの手にしては大盤振る舞いだったな。そう、あくまでこういうTypeの映画にしてはです。
恐いかっていうと、不気味な音響効果がありますが、そりゃーねぇ、恐いわけナイんですよ(笑)
前半のちんたらしてる部分を除いてる予告が、一番いいかもねぇ(爆)
でも、あたしが一番嫌〜な気分になってしまったのは、ラスト近くのネズミを捕獲して食べちゃうとこ。
grave_encounters5ロボトミー手術のこととかも出てくるんですが、あんまりねぇ、いらんような気もしたな。
記事を書くのに検索かけてたら、2のポスターとかありました。imdbをみてみると、このハロウィン前(10/12)に公開だそうで…。ランス・プレストン(ショーン・ロジャーソン)の名前がありました。
ぶっつり終わってたんで、2もDVD出たら観るかもね。
↓そんなに再生回数が伸びていない(笑)2の予告↓

スーパーナチュラル VI<シックス・シーズン>をやっと見終わった

はい、VIIが出回っております。私は、VIを見るのに一年以上かかってしまいました。
ブログの方は、Vの前半を観ちゃった…で止まってました。
コレまでの悪魔ちゃんとの抗争は、Vで一応の終局となりまして、私も腑抜けてしまったというのもありますね。謎は残すといういつものシーズンの終り方だったけどさ。
VIのリストをつらつらメモります。その後、書きなぐり(爆)
SN06VからVIへの歩み
兄弟は封印を守るべく必死の戦いを続けるが、サムが悪魔の罠にはまり最後の封印を解いてしまう。皮肉にもサムがルシファーを復活させてしまったのだ。このまま最終戦争<ハルマゲドン>が始まれば、それに巻き込まれる人類は死滅してしまうだろう。一人でも多くの人の命を救うため兄弟は決意を新たにする。
しかし戦いを続けるうち、ディーンが大天使ミカエルの「器」、そしてサムはなんとルシファーの「器」たる人間であることが分かる。そしてこの最終戦争がミカエルとルシファーの壮大な「兄弟げんか」であることも……。大天使の長であるミカエルは、最も愛し信頼していた弟ルシファーを父なる神の命令により地獄に突き落とした。それはまさにディーンとサムの関係そのもの。ディーンとサムが地上のミカエルとルシファーという役割であり、その対決は運命で決められているのだ。
自分たちが器としてその肉体を明け渡せば最終戦争が引き起こされてしまう。器となることを断固拒否する兄弟であったが、業を煮やしたミカエルは二人の異母兄弟であるアダムを甦らせ、彼を強制的に器としてルシファーとの最終戦争に臨む。そしてルシファーを倒す方法が、彼を檻に戻して再び地獄に閉じ込めることだと知ったサムはルシファーの器と化し、ルシファー、そしてミカエルも道連れに地獄の穴へと落ちて行った。最終戦争は自らを犠牲にしたサムの行為により食い止められたのだ。
サムとの約束を守りハンターを辞めて、昔の恋人リサ、そして彼の子供ベンとの平穏な暮らしを始めるディーン。そんなディーンの姿を路上から見つめるのは、地獄の檻に閉じ込められたはずのサムだった!なぜサムは自由の身なのか?魔王ルシファーとの戦いは本当に終わっていたのか?ハンターと無縁の新しい人生を歩き始めていたディーンは、大きな選択を迫られる……。

スーパー!ドラマTVサイトより
SN6-Ep-18《シーズン・リスト》
No.     タイトル     (The CW)         登場する魔物・妖怪
1(105) サムの帰還Exile on Main St.         ジン、アザゼル
2(106) 赤ちゃん泥棒Two and a Half Men     キングシェイプシフター
3(107) モーゼの杖The Third Man          ラファエル、バルサザール
4(108) 危険な週末Weekend at Bobby's         クラウリー、ヘルハウンド
5(109) リビング・ハードLive Free or TwiHard     ヴァンパイア(ディーン)
6(110) 真実の女神You Can't Handle the Truth     ヴェリタス
7(111) 祖父の秘密Family Matters         ヴァンパイア(アルファ)
8(112) 悲しき殺人者All Dogs Go to Heaven     スキンウォーカー
9(113) スーパーX-ファイルClap Your Hands If You Believe...  レプラカーン
10(114) クラウリーとの対決Caged Heat          クラウリー、メグ
11(115) 騎士との賭けAppointment in Samarra     テッサ、黙示録・死の騎士(ディーン)
12(116) ドラゴンの古書Like a Virgin          ドラゴン、イヴ
13(117) 許されぬ過去Unforgiven              アラクネ
14(118) 恐怖のマネキンMannequin 3: The Reckoning      怨霊
15(119) もう1つのスーパーナチュラルThe French Mistake     ラファエル
16(120) ハンターの宿命...And Then There Were None     寄生虫、イヴ
17(121) 沈まぬタイタニック号My Heart Will Go On     運命の女神
18(122) バック・トゥ・ウエスタンFrontierland     不死鳥
19(123) マザーの計画Mommy Dearest          イヴ、クラウリー
20(124) 天使の告白The Man Who Would Be King    ラファエル
21(125) 最後の願いLet It Bleed              H・P・ラブクラフト
22(126) 煉獄の扉The Man Who Knew Too Much     カスティエル

SN6-ep12一年前に少し観てあったとはいえ、途中で睡魔に負けたので、どこの回だったかさっぱり見当がつかなかった。
なかなかこのシーズンが進まなかった理由に、兄弟のキャラが入れ替わったくらいに変わっちゃった事にも一因があった。
見続けていくうちに、それは意図されたもんだってことはわかったんだけどねぇ…。
ディーンが、リサひと筋でまじめで、言うこともまじめ。
サムがワイルドだぜぇ〜に変わってんだよ。後半から、徐々に戻っていきましたけど。
ほんでも、このドラマが私、やっぱしお気にいりなんですね。この兄弟たちを観ているうちに、段々平穏になってくんですよ。スパナチュで仲良くさせていただいているJoJoさんとも話してたんですが、「癒し」なんですよぉ〜。
SN6-EP-16私自身が集中力がすごくなくなっているんで、今回吹替え+日本語字幕で観ました。私にしたら、掟破りみたいな気分だったけど、海ドラをたくさん一日で見ようと思えばコレしかない。「24」以来だわ。
今回は「煉獄」つうとこにいきましたなぁ。ラスボスかとも思われたマザーことイヴは、たいしたことなかったんだけど、地獄のボスに成り上がったクラウリーと天界での抗争やら、入り組んでややこしさも少々。ややこしいって言ったら、兄弟のじいちゃんまで蘇った。
じいちゃんは、出てこなくてもよかったのにな…。
SN6-EP21SN6-EP-161クラウリーは、どこか小物臭があって、なんか嫌いになれない悪魔くんだ。そのくせ、結構ずるい。
別の世界もん、タイムスリップ系やらパロ系なども相変わらずあって、小ネタもいつも通り仕込んでますな。
サムとディーンが、スパナチュのTVドラマ撮影をしている世界に紛れ込んでしまうところは、サム@ジャレッドの奥さんがルビー役の人であることから、おかしい。ちゃんと出演してくれるところが、笑うねぇ。ディーン@ジェンセンの奥さんは出てこない。ちょっと残念ですわ。ジャレッドはほんまにあんな豪邸に住んでるんでしょうか?(映画よりTVドラマの主演は儲かるそうですけどね)キャスのミシャがTwitterをしてるのを知ってましたが、ネタにされてましたねぇ。トリックスター@ガブリエルがいないシーズンどうするのかと思ったら、こうしたのか(笑)
SN-6-EP11以前にでてきたキャラも、よく出てくれるのがいいところ。でだ、死の騎士って吹替えだとTバッグの若本さんだったんですねぇ。(参:プリズン・ブレイク)この騎士、外見とは違い兄弟の味方っぽい視点なのが、今後のご出演もありそうだなって思ってたら、7に出てきたよ〜(観とるんかっ!4回まで観た)トリックスターっぽい扱いかもしれない。手出しが出来ないような力をもってますからねぇ。魂というのが、このシーズンに流れるものかもしれません。
サムの変貌は、魂をいまだに地獄のルシファーとミカエルのところに残したままで、要は心がないような状態ということ。サムの記憶をたどって、それらしいフリしてるんですけど、感情がないし眠らない。
SN6-EP-17サムとディーンって、考えたら何度も生き返ってるんです。すごいドラマ。さすが超常現象っていうだけあるわ。
ボビーが、実質父の役割で本人も認めてます。彼が中心にきてる4話では、ジェンセンが監督を務めてます。そこらへんの裏話も特典に入ってて、この回は一年前に観てありました。天使バルサザールが「タイタニック」の映画が嫌いだから、沈没という過去を消した事によって、エレンままがボビーの奥さんになってたり、懐かしい人が出てきました。VIIにジョーが出てきてた。
SN6-Episode-15兄弟に迫る人気のおとぼけ天使キャスが、今回後半からダーク。でも、ディーン大好きなのは変わらずで、「腐」ポイントな絡みがたくさんありました。
(画像はTwitterしてるミシャ)
キャスは、マジメゆえ天界でラファエロとの抗争から変わっていく。あ〜人間くさい(爆)
このシーズンの終り方が、キャスが次のポイント?敵?というような終り方になってしまってて、見終わった翌日から、VIIに即手を出してしまいました。見だすと止まらんな、海ドラって。
サムも、キャラが戻ってきたんでほっこりです。
SN6-ep-22ディーンのサム以外の新しい家族ともいうべきリサ親子は、ちょこちょこっと絡んでくれてたんだけど、ディーンの下した決断は、ちょっとビターでした。
ワイルドにみえて、実は超繊細な兄ちゃんディーンの本領ですな。
この先、この親子とのなにかがもうないのかなぁ。
ちょっと残念な気がします。
やっぱし、このイケメン兄弟ー私のブログと同じくらい続いてますけど、やめられまへんなぁ。な〜んかやめられんのよ。

ここで色々つぶやいてみる その3 タイタニカとタイタニック他

なんやかんやと、今年もあと三ヶ月。未だに、今って平成何年でしたっけ?となるんだけどさぁ(会社が西暦を使ってるとこうなるよね)。歳取ると一年が早いって本当だわ〜。

9/30(日)は、台風でおうちにひきこもってました。以前の私だったら、これ幸いとDVDで映画三昧であっただろうと思うのですが、ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜。
TV(BS・CS)で、相変わらず録りためてはいますけど。
なんか、面白くない。集中できない?

TitanicaHuluの解約を忘れていて(T.T)、くそぉ〜と思い(参考記事)、なぜかプリズン・ブレイクの一話とか観ました。(DVD持ってるんですけど)男前度の高いマイケル・スコフィールド♪
Huluしか観られないという「タイタニカ」というドキュメントを観た。
ー豪華客船タイタニック号の沈没は、史上最悪の海難事故の一つとして数えられている。高画質の水中撮影と二人の生存者のインタビューを交える本作のナレーターは、「スタートレック」シリーズのレナード・ニモイ。ー
今年は、沈没100年になるんだって。
あの深い海底に、鉄を食べるバクテリアがいて、タイタニック号も土に帰る日は近いそうです。犠牲者の方々は、すでに自然に還ってしまわれておられるようで、そういった影はありません。
深海というのは、未知の世界や宇宙のようで、妙に気になる世界ではありました。
でだ、こんなんっを観てしまうとだな、あの「タイタニック」に舞い戻るわけで、クリックしてしまいました。
本編よか特典ですよ。J.キャメロン監督自身も潜ってみてるわけだし、色々と反論はあるにせよ、興味深い。観た当時はそんなに実在の人物とかどうのこうのと思わなかったんだけど、へぇ〜がいっぱいあった。謎も都市伝説も多いしね。まだ、音声解説とかまでいってなくて、この辺も3種あるので、面白いかも。
こういう事故で犠牲になった方々や見舞われた方々が、多ければ多い分、物語も多いというのは、事実は小説より奇なりなんだろうな。
ふと、近い過去の事を思い出してしまいました…。
タイタニック 3D・2Dブルーレイ スペシャル・エディション(4枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る

Drive7ドライヴ」も買ってしもたんですが、これは後半リピートで観てしまいました。音声解説は、エレベーターのあのシーンのとこらへんだけ(爆)。
根気がないっつうか…。
以前なら、隅から隅までずずぃっと観まくったもんです。
老後の楽しみにしようか?(機器が対応できませんってなったりしてね、いやそんな長生きできないだろ)
DVDやBlu-rayを入れている棚が、ぱんぱんになってしまい、奥のものをだすのに一苦労するようになってきました。買うなってことだな…と思いつつ、また腹を立てたりするとクリックしてしまうことがあるんだろうな…。

この前から、ボーンシリーズの地上波放映しとりまして、つい観てしまいました。といっても、ながら見です。吹替えであんまり観ないから、新鮮なとこもあります。

TVドラマも秋の改編時期となりましたが、あんまし観たいようなんないのさねー。夏もひどかったけどねぇ。「大奥」は観ると思う。ちょっとイメージの違うキャスティングかとも思うけどな。

世間で言うホラー系映画が、さっぱりピンとこない。コレが問題だわっ。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ