晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2012年11月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

放課後ミッドナイターズ AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS

いつも行かないT-ジョイで、この予告を観て、「観たい…」と思ってた。
なんかもう、この展開はいいぞ。深いテーマがあるのっていうアニメが(そうでもないくせにだよ、本当にそうなのもあるが)、多発してるなか、このアホさはいい。
キュン様にきゅんしちゃったんだよね。
大人も楽しめると思います。気楽な気持ちが、ベター。
midnighter1放課後ミッドナイターズ AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS
監督:竹清仁   
プロデューサー:伊藤耕一郎、平田武志   
脚本:小森陽一、竹清仁   
CG監督:田中賢一郎   
音楽:北里玲二   
音響効果:笠松広司   
主題歌:ねごと    『Re:myend!』
上映時間:95分
声の出演:山寺宏一、田口浩正、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子、小杉十郎太、谷育子、家中宏、茶風林、松本大、郷田ほづみ、屋良有作、大塚芳忠、黒田勇樹(アルバイト)、伊瀬茉莉也、下崎紘史、飯塚昭三、他
長らく理科室に立ち続けているため天才的な科学知識が身についてしまった人体模型のキュンストレーキ(声:山寺宏一)は、いたずらばかりする子どもたちが大嫌い。ある学校開放日、両親に連れられてやってきた、怖いもの知らずのマコ(声:戸松遥)、おしゃまなミーコ(声:雨蘭咲木子)、不思議ちゃんのムツコ(声:寿美菜子)の3人組は、取り壊し予定の理科室に忍び込み、はだかんぼの人体模型・キュンストレーキを見つけ、好き勝手に飾り立てる。日中身動き取れずにいたキュンストレーキは、そのいたずらに怒りが爆発。仕返しをするため3人を真夜中の学校に招待する。相棒で心配性の骨格標本ゴス(声:田口浩正)らとともに、3人を待ち受けるキュンストレーキだった……。相棒の骨格標本・ゴスの提案で、三人に伝説のメダルを集めさせ、理科室の取り壊しを阻止しようと企むが…。
公式サイト
放課後ミッドナイターズ - goo 映画

midnighter3この映画、お化け屋敷風味、アトラクション、アドベンチャー…遊園地じゃないか。
そういう映画ですね。
どっかで観たような登場人物が、可笑しい。
キュンストレーキ(キュン)とゴスという、人体模型と骨格模型のコンビ。
対する女の子は、マイペースなかしましい子、ワガママお嬢さま、不思議っこというトリオ。
ホルマリン漬けうさぎの三兄弟は、イタリアン・マフィアもどき、名前もマイケル・フレッド・ソニー。
ハエが、存在感を醸し出す。金のハエ叩きも、何気に絡みます。
midnighter6取り壊し予定の理科室は、キュンが開発したタイムマシーンやらあるし、なにょりキュンはHPを開設したりしている。
声が、山寺さんなんですけど、さすがですよ。脅すふう、コミカル、歌、キャラがたってます。
えらっそうなんだけど、へたれだし。そうかと思うと、後半はワキの下からジェット噴射で、空飛んだりして、ヒーローになっとりましたな。(腋っていうのがいいね)
目玉は、しょっちゅう落とすし。
midnighter2スーパー幼稚園児のマコ、ミーコ、ムツコは、キュンたちの範疇を超えてます。
すぐ、銃を持ったうさぎたちに脅されるキュンとゴスに比べ、彼女たちはうさぎたちをとっとと捕まえてしまう。
そして、メダルを獲得するためのミッドナイターズへの挑戦も、彼女たちなりの挑戦方法だ。
怖いもの知らずの幼稚園児は、スーパーだな。
うさぎ三兄弟の末っ子ソニーが、誤ってタイムマシンでどこかへ飛んでいってしまったため、兄ちゃんたちは、キュン達を狙う。
そんな中、旧校舎の開かずのトイレのシャブリが、飛び出てきて、大混乱。
midnighter4このシャブリの正体やら、閉じ込まれていた原因やら、アホですね〜。ちゃんと明かしてくれるのもいいところ。
とっちらかった何気ない事が、怒濤のように纏まってしまうのが、アハハです。
あんなにぶっ壊れてしまった学校も、そうかそれも戻るんだなってなりますし。
子供が大好きなう○こネタや、裸ネタもきっちりあります。裸ネタは、キュンがこういう造型なんで、終始そうですけどね。
マネキン工場に、入り込んでしまったときは、なんかオヤジが喜びそうだなーと。
midnighter5半漁人や賢者の双子のばーさんやら、なんかファンタジー系の映画に出てきたような題材だし、音楽室の楽人だちも、CMだっけか?なんだっけかにあったよねぇ。
真っ黒くろすけかと思いきや、虫だったり、ジブリに出てきそうな毛むくじゃらは、なんだ?思ったら,あっと驚くでした。
しかし、あのハエはすごい。ハエ叩きで叩かれて死んだのかと思ったら、ちゃんと瓶の中で生きてた。気絶しただけだったんだ。何度も、死にそうな目にあってるんですよね。
midnighter7学校は、やはり都市伝説の宝庫なんですね。
人体模型っていうのは、なんでかあんまり触らせてもらえなかった記憶があります。
そのせいもあって、妙に愛着を感じてしまうのでしょうかねぇ?
妙に好きだわ、この映画。アホで笑えたしね。
↓ これも、ぜひ! ↓ 笑った〜〜〜

12月の新作DVD&BD クリスマス商戦!

xmasイルミ未だに、あんまし今年が残り少ないことに実感が湧きません。(毎年だけど)
12月は、007やらホビットやら外したくない映画があるなぁ。どうか、仕事がおひまで休みしやすいように…なんて不届きにも思ってます。働き口がないと困るんだけど。
この前からの映画館で、気になった映画は「レ・ミゼラブル」。
昔は「ああ無情」っていう原作だったよな。
les-miserables-movie-postersこの予告のアンちゃんの歌でぎゅっとわしづかみにされてしまいました。12/21からなので、お正月休みに行くかもしれません。
年末にくるなと思っていたあのサマームービーたちが、入ってきてます。ふんっ、きっちり予約入れたわよっ。

12/4
ハングリー・ラビット [DVD]ハングリー・ラビット
出演:ニコラス・ケイジ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-12-04)
販売元:Amazon.co.jp
ニコさんのサスペンスもん。なかなかこれは、評判はよかったんじゃないかなぁ?共演は、ジャニュアリー・ジョーンズとガイ・ピアーズ。
ピラニア リターンズ [DVD]ピラニア リターンズ
出演:ダニエル・パナベイカー
販売元:ポニーキャニオン
(2012-12-04)
販売元:Amazon.co.jp
きたぞー。一作目よりは、トーンダウンしてるような気はするけど、観るね。
ジェーン・エア [Blu-ray]ジェーン・エア
出演:ミア・ワシコウスカ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-12-04)
販売元:Amazon.co.jp
ブロンテの有名作品の映画化。共演は、マイケル・ファスベンダー。となりゃ、観なきゃ。

12/5
ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ダークナイト ライジング
出演:クリスチャン・ベール
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2012-12-05)
販売元:Amazon.co.jp
これは鑑賞済み。もちろん予約済み!
三部作の完結をきちんと見届けて下さい。
ソウル・サーファー [DVD]ソウル・サーファー
出演:アナソフィア・ロブ
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2012-12-05)
販売元:Amazon.co.jp
サメに片腕をやられてしまった天才サーファー少女の物語。
感動作みたいです。評判も上々。

12/7
少年は残酷な弓を射る [DVD]少年は残酷な弓を射る
出演:ティルダ・スウィントン
販売元:東宝
(2012-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
これが気になる!とっても気になる。
悪魔のような息子さんでっせ。母親に悪意です。興味津々。
マダガスカル3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]マダガスカル3
出演:ベン・スティラー
販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
(2012-12-07)
販売元:Amazon.co.jp
クリスマスプレゼント用かしらん。映画の内容はよかったみたいです。
柳沢慎吾のあの歌が、一時耳に張り付いてしゃぁなかった。
宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD]宇宙兄弟
出演:小栗旬
販売元:東宝
(2012-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
レンタル先行。TOHOシネマズで毎回予告を観させられたなぁ。
お嬢のリクのため。
ーなぜか間が12日空くー
12/19
アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]アベンジャーズ
出演:ロバート・ダウニーJr.
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2012-12-19)
販売元:Amazon.co.jp
これも鑑賞済みで予約済み。
お祭り映画ですよね。楽しい〜。
バイオハザードV リトリビューション ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]バイオハザードV リトリビューション
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2012-12-19)
販売元:Amazon.co.jp
これは見逃しました。シリーズ観てるので、これもぜひ観たいです。
ジルの復活とレオンが登場ミッシェル姐さんも嬉しいな、レオンがもっと男前かと…。クリスとクレアは出ないのか?
デンジャラス・ラン [DVD]デンジャラス・ラン
出演:デンゼル・ワシントン
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
(2012-12-19)
販売元:Amazon.co.jp
デンゼルのアクション映画だよ〜〜〜。ライアン・レイノルズとヴェラ・ファーミガの共演。
映画 ホタルノヒカリ DVD通常盤映画 ホタルノヒカリ
出演:綾瀬はるか
販売元:バップ
(2012-12-19)
販売元:Amazon.co.jp
ドラマの方は、ずっとお嬢と観てました。
見届けないとね。ぶちょおが誘拐される?

12/21
るろうに剣心 通常版 [DVD]るろうに剣心
出演:佐藤健
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2012-12-26)
販売元:Amazon.co.jp
佐藤健は意外とお好みなんです、私。たま〜に兄ちゃんの付合いでアニメ観たことありますが、さっぱりわかってません。
ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]ヘルタースケルター
出演:沢尻エリカ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
エリカ様の話題の映画でした。
女優としては、彼女イイと思うんですが、演ずるだけがお仕事でもないと思うので、大変そうですね。

12月の目玉は、なんといってもアメコミ大作2本でしょう。
WOWOWで、ツリー・オブ・ライフ、ものすごくうるさくて〜、J.エドガー、などをやってくれるんで、録画スタンバってます。まだ、観てないんだもん。約一ヶ月前から、録画予約がWOWOWは出来るんですわ。ミニシア系や懐かし系も、チェックしなきゃ。
期待値なしのパラノーマル3もやるみたいだ。レンタル料いらんし、録画しとくわ。
くまのプーさんをこの前やっててね、先週のお休みの日にぼけ〜と観てたら、妙に癒されました。変人・変態・狂人ばっか観てないわよ〜(笑)

幸せの行方...

今年のかなりのお気にいりのライアン・ゴズリング主演映画(あとスーパーチューズデーがまだ残ってた)。
陰鬱そうな映画だったんで、ちょっと避けてたんですが、最近の変な人映画をなんやかんや観てて、思い出したんです。実在の不動産王セイモア・ダーストの息子ロバート・ダーストの周辺で起きた夫人失踪事件と殺人事件をもとに映画化ということなんですが、「史上最も不穏な未解決事件」として、有名な話らしいです。ちゅうことは、夫人は失踪したまんま。
映画では、無罪判決を受けたダンナが殺しているような描きぶりなんですが、訴訟の国アメリカで何もないんですか…。
映画を観るかぎり、ハスミンみたいなとこあるんだよねー。
AGT1幸せの行方...
原題:ALL GOOD THINGS
監督:アンドリュー・ジャレッキー   
製作:マーク・スマーリング、アンドリュー・ジャレッキー、ブルーナ・パパンドレア、マイケル・ロンドン   
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、ミシェル・クラム、ジャニス・ウィリアムズ、バーバラ・A・ホール   
脚本:マーカス・ヒンチー、マーク・スマーリング   
音楽:ロブ・シモンセン   
音楽監修:スーザン・ジェイコブス
上映時間:101分
出演:ライアン・ゴズリング、キルステン・ダンスト、フランク・ランジェラ、フィリップ・ベイカー・ホール、クリステン・ウィグ、他
大富豪の御曹司として裕福に育ったデイビッド。ある日、父親が所有するアパートの水道が壊れたと連絡が入り、応急処置をするためにアパートを訪れることに。そこでデイビッドはケイティと出会った。普通の家庭で愛情たっぷりに育てられたケイティはやさしく、彼が持っていないものすべてを持っているかのように思えた。二人は出会った直後から惹かれあった。
デイビッドの父親は身分や育ちの違いから反対したが、それを押し切り二人は結婚した。つつましく田舎暮らしに幸せを感じる二人だったが、父親の薦めもあってデイビッドは家業の不動産業を継ぐことに。そんな最中、ケイティが妊娠する。喜ぶケイティに対し、デイビッドは一族の血を自分の代で絶やしたいと、ケイティに中絶を強要した。やがて、少しずつ幸せだった二人の歯車が狂い始めてゆく…。
幸せの行方... - goo 映画

ロバートではなくデイビッドと名前も変えられてはいますが、タイムススクエアに関係していたことなどはまんまです。誰が観ても、そのまんま夫人失踪&殺人事件。
このデイビッドが、やっぱしちょっと変な人でして…。心の傷を負ってしまってるというかなんというか。病的というのか…。
私が、生きる肌で、娘が母親の飛び降り自殺を目の前でみたのとまるで同じ経験をしたという設定になってます。実際のとこどうだったのかは知りません。
実話ベースですが、容疑者として捕まった彼は、「無罪」になり、生きてて不動産業を営んでるそうですから、映画に描かれる事件そのものは、フィクションだと思ってみた方がいい。真相は、藪の中です。事件については、ロバート・ダーストなどで検索してね。日本語ページは、私は詳しいのはあんまり見つけられなかった。
AGT6ナレーションのように、裁判での陳述が織り込まれていて、そこでのライアンは老けメイク。(実在の人は裁判当時60才)
他にも、女装姿までみせてくれました。(世間から身を隠すため)
何不自由なく育てられたお坊ちゃまですが、心に闇を抱えています。
AGT2そんな彼が、ひょんな事で知り合ったケイティは、父親を亡くし医学生の道を諦めたものの、家族が仲良く暖かに育った娘で、裕福の差でいうと違った環境の人間でしょう。
父親にたいして、すねた態度をぶつける彼も、ケイティといると明るく楽しいようです。デイビッドの父親に反対されながらも、そんな二人は、結婚を。散々、玉の輿だのお金目当てみたいな事も、周りから言われてます。
キルスティンのことを、割とひどく言っちゃうんですが、いい女優さんだとは思ってます。ただ、すごく可愛くみえるときと、めちゃめちゃオバサン顔にみえちゃうことがあって、あれ?となっちゃうだけのことです。
役どころとしては、上手く作用していたと思います。
AGT3二人は、デイビッドの夢でもある自然食品の店を田舎に構え、ささやかながらも楽しい新婚生活を送ります。
でも、この生活には、父親の援助がちゃんとあった。
このまま、田舎で二人で暮らしていたら、こんなことにはならなかったんだろうか?
後々のDVや愛犬のくだりだと、何か発端さえあればダメでしょうね。
二つの自分に葛藤する事になるでしょうから。性格的にも弱いし。雑草的逞しさは持ち合わせてないように思います。
AGT7父親に、家業を手伝えと言われ、マンハッタンに引っ越し、仕事も変わる。
もう、ここから歯車が狂ってきたのかもしれません。
湖畔に別荘まで持つようになります。
デイビッドの母親とのことも、ケイティは知ることになります。彼にとって、知られたくなかったことだったんだろう。ケイティとの生活では、無かった事にしておきたい事柄なのではないかと。ケイティは、子供を欲しているのですが、デイビッドは浮かぬ顔。
やがて、予想外に妊娠。
ここから、大きく二人の歯車は狂ってくる。
AGT5中絶を言われ、不本意ながらもそれに従うケイティ。
この時から、彼女は自分のために生きることをやりだす。諦めていた医大への進学を、実行に移す。
お金もあるんだしねぇ。
すれ違ってきた気持ちは、デイビッドの病的さを顕著にさせる。
DVがでてくる。そこから逃げても、デイビッドに迎えに来られたり、電話があったりすると帰っていくケイティというのは、特に男性には理解しがたいものがあるでしょうね。
このあたりは、DV被害の体験談等を知っているとわかる点かな。Mなんじゃないです。
NYに来てからは、サスペンスの色合いが濃い。
AGT4ライアン・ゴズリングが、ドライヴとはまた違う静な男でありながら、暴発してしまう男を繊細に上手くやってるなぁ。
でも、ケイティのことは愛してるんだ…みたいなもんは、醸し出してますから。
先に愛犬をやってしまったであろうという件は、彼のこの映画においての確証をもたらしますね。
ケイティ失踪ーこのことから、元々、人に囲まれるのを嫌がっていた彼は、女装してとあるアパートに隠れる。
そこの家賃の支払いに困っている隣人と仲良くなる。彼の殺人容疑で、捕まるわけなんですが、彼を殺したいきさつにケイティを殺害したことと関連してくるのが理由。
ケイティと偽装させた小説家の友人(幼なじみ)に耐えられなくなって、隣人に彼女を殺させている。偽装ケイティは、デイビッドかと思ったんだけど、違ったんだなぁ。
正当防衛と銃の暴発という事で、彼は無罪判決を受けるんだけど、映画はそうじゃないと言っている。
どこか、悪の教典のハスミンにも似た排除をデイビッドに感じてしまった。
ケイティはどこに…は、キーワードは父親でした。
息子の前では、母親が飛び降りは出来ないと思っていた父親の弱みでしょうか。仕事も出来んしとかボロクソ言ってても、見捨てられない息子なのです。
いい母親になっていてかもしれない…。今更、もうそれはないよ。あんたは、いい父親になれないだろうけど。
元々の事件においても、隣人をバラバラにして捨てているらしいんで、彼はやっぱりブラックだなぁっていうのが拭えないです。
何かもう…、救われませんねぇ。
また、変な人の映画を観てしまったなぁ。

私が、生きる肌

これは、興味津々の映画でしてDVDになったら、初日に観たるわ〜と思っていたのですが、ちょっとだけ出遅れた。
図らずも、今月は変な人が主人公の映画ばっか観てる。元々、アブナイ人が出てくる映画は、好んで観てるんで、珍しいことでもないですけどね。
この映画は、ペドロ・アルモドバル監督とアントニオ・バンデラス。バンデラスが、ハリウッド進出するまでは、ペド組さんだった。(三池組とかみたいなもんです)
このバンデラスが変な人っ。とってもね。
まさかぁーっな展開で、やっぱしペドさんもんは好きだな。
skin1私が、生きる肌
原題/英題:LA PIEL QUE HABITO / THE SKIN I LIVE IN
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル   
製作:アグスティン・アルモドバル,エステル・ガルシア   
原作:ティエリ・ジョンケ、『私が、生きる肌』/『蜘蛛の微笑』(早川書房刊)
脚本:アグスティン・アルモドバル   
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ   
美術:アンチョン・ゴメス   
編集:ホセ・サルセド   
音楽:アルベルト・イグレシアス
上映時間:120分
出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス、他
謎めいた雰囲気を漂わせる女性ベラ(エレナ・アナヤ)は、全裸と見まがうしなやかな肢体に肌色のボディ・ストッキングをまとい、ヨガの瞑想に耽っている。彼女は画期的な人工皮膚の開発に没頭する天才形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)によって幽閉されていた。ロベルが夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”の創造。あらゆる良心の呵責を失ったロベルはベラを実験台に、開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げてゆく……。そして、ベラは一体何者で、どのような宿命のもとでロベルと巡り合ったのか……。
私が、生きる肌 - goo 映画

skin6変な人って書いたけど、ヘンタイですよ。しかも、最近流行りのインテリのさ。
ちらっと母親の愛情も漂わせているところが、らしくっていい。
ロベルは、豪邸に全身タイツの女性を監禁している。
メイドのマリリア以外は、すべてやめさせてしまい、一切の家事などをマリリアに任せている。
ロベルの妻は、マリリアの不肖の息子セカ(トラの着ぐるみ男)と駆け落ちしようとして、事故に遭い、全身に火傷をおい、ロベルが救出したものの、後に自殺してしまう。
skin5その娘ノルマも、母親の飛び降り自殺の現場におり、心に傷を負う。結婚パーティに父娘で出かけた折に、レイプされ(実際は未遂)、正気に戻ったときに父親にされたと勘違いをしてしまい、より心に障壁をもち、挙句に飛び降り自殺をしてしまう。
かわいそうなロベルさんなんですけどねぇ。
ロベルさん、知ってんのかどうだか、実はマリリアの息子で、セカとは異父兄弟にあたる。セカにとってみたら、母親の愛情は名目上乳母として入ってるロベルに注がれてるようなもんで、歪みのある親子関係でもある。セカは,強盗していたり、ロベルとはまったく違う世界の住人になってますし。でも二人とも、実はあんまり変わりがない。マリリアが、嘆くわけです。
ここで、また謎のベラをセカは犯す。
skin7複雑そうな人間関係を動かしながら、過去にさかのぼる。
ベッドでの二人を映しながら、別々の彼らの過去にさかのぼっていくあたりは、なるほどなぁの写し方。
ワイルド&セクシーさんでならしたバンさんですが、だいぶと枯れが出てきた感じがします。それはそれでいいと思う。昔は、もっと油分が多い感じがした。(ポワゾンだっけ、アンジーとの共演のなんか、凄かったなぁ)
skin3ベラと名乗る女は、どっからきたのか…。これは、びっくりしましたねぇ。ほんまに。
ビサンテという古着屋の息子が、ノルマを押し倒した青年で、この日若者たちはこぞって薬をやっちゃって盛り上がっていたようで、お庭で乱交まっさかり。
そんな人たちとは、離れたところにいた彼らですが、薬の力でビサンテも。叫ばれてしまい、途中で逃げたのですが、そこをロベルにみられていた。
ロベルさんの異常さが、静かにはじまる。
まさか男→女に変えちゃう事をやっちゃうとは…。
復讐ですか…。
人工皮膚の人体実験の被験者にしています。
ロベルは、顔までも最愛の妻そっくりに変えてしまう。呼び名も妻と同じベラと…。
ソフトに哀愁漂わせてますが、ヘンタイだよ。
最初の方で、マリリアが心配してたんですよね。顔まで、同じにすることは、私がいたら反対していたのに…と。
skin4ベラは、当初自殺を試みたり反抗していたものの、ヨガにあい、心の奥深くに誰も侵入できないところにビサンテを隠し通す。
だから、従順そうにしてるんです。
ビサンテのベラという器に目を奪われてしまって、ロベルはその辺を見失っていく。
ビサンテの方も、復讐心が芽生えない方がおかしいもん。
私が目覚めたら、男になっていたとしたら、ギョウテンするわさ、そりゃ。素直にさ、立ちシ○ンが出来ると喜ぶわけないですよ。
ほりゃー、現状限りなくおじさんに近いホルモン状況なのかもしれないけれどねぇ。急には困ります。
こういう状況というのは、性質的に男性の方がショックは大きいと思う。
ヘンタイの影に隠れて、母親は心底、息子を想う。マリリアにしてもビサンテの母親にしても。ラストのほっこり感がある。
skin2ほんとに、ロベルは変!それだけに、軽くあらすじを読んだだけで、こいつは観ないととも思ったわけだけどね。
結局、愛していた妻には裏切られていたんだし、娘にも誤解からおかしくなってしまうし。娘の資質は、アンタから受け継がれたもんも大きいわよって思うとこもある。
画面は、すごくきれいだし、エレナ・アナヤの思い切りのいいヌードも、いやらしくない。彼女は、美しい。
この彼女の役って、当初ペネロペ・クルスという話だったそうで、それはそれでえらくゴージャスな感じします。
いつも観るような変態系映画(汗)とは、また違った雰囲気を楽しめた一本でした。
超がつくヘンタイなのに、愛の迷い子で通しちゃうようなアントニオ・バンデラスが、よかったですわ。感想も、切り口を変えると色々書けるシロモノです。

悪の教典 -序章-

映画を観てからなので、当然、正体を知って観る。っていうか、彼の正体は、ネタバレでもなんでもなく、最初から「そうですよ」と提示してあるようなもんですけどね。
序章は、BeeTVとdマーケット VIDEOストアにて配信された全4話からなるスピンオフドラマ。映画版での主要生徒や先生は、ほとんど出てこないと思ってよいです。(ある意味ツッコミどころですが)ヒミズ・コンビやエロ教師、同性愛カップルは出てきません。
スクール・カウンセラーの水落聡子が中心。そして、釣井と校長の関係が…。
akunokyoutenjosyou1悪の教典 -序章-
監督:野本史生   
監修:三池崇史   
原作:貴志祐介  『悪の教典』 
脚本:渡辺千穂   
音楽:遠藤浩二
上映時間:100分/全4話
出演:伊藤英明、中越典子、岩松了、高杉亘、高岡早紀、吹越満、他
蓮実聖司(伊藤英明)は、アメリカの投資銀行で成功を掴みながらも、「やりがいのある仕事を見つけた」と突如帰国。私立高校の英語教師となった現在は、生徒たちから「ハスミン」と慕われ、校長や同僚からも絶大な信頼を得ていた。新任スクールカウンセラーの水落聡子(中越典子)も、明るく聡明な蓮実に好意を感じる一人。しかし、穏やかに見えていた学園内で、にわかに不穏な出来事が起こり始める。聡子のカウンセリングルームが「死ね」のメッセージと共に荒らされたのをはじめ、生徒の一人が体育教師の体罰で負傷。物理教師の釣井正信(吹越満)は、執拗に蓮実の周囲を嗅ぎ回っていた・・・
一方、蓮実は聖者の仮面の裏で、人知れず凶悪な牙を研ぎ澄ませていた。
第1話 理想の教師
    教師の鑑、明るくて優しい人気者「ハスミン」
第2話 予兆
    「死ね」…にわかに起こり始める不穏な出来事
第3話 疑惑
    暴かれていく“彼”の異常な行動
第4話 潜む悪
    聖者の仮面に隠された驚愕の真実、そして・・・
公式サイト(携帯用だなー)
BeeTV番組サイト
映画「悪の教典」公式サイト
聖司Twitter
映画の感想記事

akunokyoutenjosyou7映画版より、生徒たちの荒廃ぶりが顕著。映画では、惨劇のせいもあるけれど、まだいい子に思えた。
特に、蓼沼クンは、家庭環境から割とダークな一面を持つのがよくわかります。
ハスミン親衛隊も、何かとよく絡んでます。
配信もんである特性からか、衝撃的な映像はありません。
誰でも観られるつくりでしょう。
なんといっても、釣井先生。映画では、早くに退場されたので、ここで大活躍(笑)
akunokyoutenjosyou8やる気がなく、うつ病気味のような先生が、私学でなぜ免職にならないか。映画の方でも、ちらっと校長の弱みを握っているんじゃないかと噂してましたが、そうだったんですね。
妻殺し(これが中越典子さん二役なんすね)は、校長とも関係があったとはなぁ。
ハスミンの胡散臭さを察知し、色々と嗅ぎまわる。
一方、ハスミンは女生徒たちが校内で飼っていた犬の一件を解決したり、それだけだったら、青春爽やか教師まっしぐらなんですよね。
朝のジョギングで、自分をいつも吠える犬のモモに、毎朝タマネギ入りのハンバーグを食べさせ、弱らせていく。その様を上から見ているのは、あのカラスたちだ。
akunokyoutenjosyou2保健のセンセ田岡とは、肉体関係を匂わせているものの、そんなシーンはない。
原作では、早水とも関係があるそうですが…。映画には出てこなかったもんね。
カウンセラー聡子が、ハスミンに気持ちが傾いていくのを妬いたり、アクセントにはなっているけれど、標的にはなってない。
聡子は、再三にわたり釣井から警告を受け、蓮実の作成していた学校の人物プロファイルを渡される。そのことにより、カウンセラーとして、心理的な面から、蓮実の分析をし、恐ろしくなるわけで、そこら辺が蓮実にとって、彼女は脅威となる。
釣井の警告は、当初は気持ちの悪いものでしかなかったのに。
akunokyoutenjosyou6吹越満さん、田岡にゾンビって言われていたけれど、不気味ですわぁ。嗅ぎまわっている時点で、どうして彼は放置してるのかっていうのは、序章を見てより不思議になったとこです。この時点では、蓮の生徒のプロファイルを盗んでいた事まで、気がついてなかったのか?
時折の妄想で、死霊のはらわたっぽい描写があるのが、私の笑いどころでございました。(そうだよ、笑うんだよっ)
akunokyoutenjosyou3中越サンの唇をさわる癖は、意味があったんだなぁ。
彼女も、蓮に一時は籠絡されてたと思う。
熱血体育教師と堅物お局教師の始末が、深くなかったのは残念です。
考えると、彼の周りの人物もかなりみんなアクがあるキャラばかりだし、善人そうな人が極端に少ない。
実際のところ、デフォルメされた社会のようでもあるのかと思いたくないが、思う。
akunokyoutenjosyou5蓮実のアメリカでの成功とライバルの失踪も、挟み込まれてましたが、映画にあった「仲間」との裏の仕事は出てきませんでした。これが観たかったねぇ。
スーパーの袋に石いれたやつっていうのは、彼の常套手段のようですな。
映画を観る前に、コレを観ると生徒のことが、割と困ったちゃん色が強くなるし、リアルなのかもしれない。
蓮実は、この後やらかすことをよく知っていても、楽しめた。
サスペンスの色合いが強いし。
これを片付けたので、次は原作です。その間に、なんか他の映画を観たいな。

akunokyoutenjosyou4映画版の感想で、殺戮シーンでスッキリ感を味わった方がたくさんおられたようです。そうなんですよ、ストレスがたまってる人ほどスッキリすると思う。
え〜?なんて思ってる人の中で、ゲームでバタバタ殺し合いしてるんじゃないのぉ?それと同じようなもんですよ。モンスターでも同じです。はい
ちなみに、私はゲームしません。鈍くさいんです。映画のような場面になったら、真っ先に殺されてしまうと思います。

悪の教典

やっぱり観に行きました。今年、いまんとこ、数少ない邦画の映画館鑑賞は三池作品ばっかという事態になってます(笑・もう一本は愛と誠だもん)
ハスミン、いいわ〜。EXCELLENT!
なぜか、女性の方が多い鑑賞でしたが、どうしよう怖いといいながら、賑やかな女性集団。騒いだら、席うつろっとと思いながら観てました。しばらく、席を立てない人もいたみたいですよ。私?平気でした。サイコパスが出てくる映画、色々観てるしぃ。
原作は未読。でも、帰りに買っちゃった〜♪少し読み始めてます。
akunokyouten1悪の教典
(英題:Lesson of the evil)
監督・脚本:三池崇史   
製作:市川南   
プロデューサー:東幸司、坂美佐子、森徹   
原作:貴志祐介『悪の教典』(文藝春秋刊)
音楽:遠藤浩二   
助監督:原田健太郎   
上映時間:129分
出演: 伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、平岳大、吹越満、他
ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。
公式サイト
文藝春秋特設サイト
悪の教典 - goo 映画
サイコパスとは何か(テストもあり)

akunokyouten5実は、序章のDVDも手許にあるんですが、伊藤英明のインタビュー記事で映画を観る前に観なくても、後でも楽しめるっていうのを信じてまだなのよ。(変な時間に寝たから観られなかったというのも正しい)
冒頭から、少年がアヤシい行動…ではじまるんですが、中盤まで殺戮らしい殺戮は、もろに出てこないんです。まだかー、まだかーと思う私もちょい異常?
ハスミンと慕われ、生徒たちに絶大な人気を持つ蓮実聖司。海猿の熱い男の伊藤英明の好青年で高身長と筋肉のビジュアルが、巧く作用してる。
akunokyouten2だから、殺戮での彼の変貌は楽しみだったんです。
彼以外の先生たちも、闇を抱えている。
柴原は、美彌の万引きをネタにセクハラ、淫行ですな。久米は、前島雅彦と同性愛の関係。釣井は、みるからに陰鬱で蓮実の中に自分との共通性を早くも見いだしている人物。実は、妻を殺してる。
彼らは、みんな蓮見に転がされていく。
三池組の山田くん、エロ教師ですか…。美彌は蓮見にいいようにされてしまう。結局、蓮実もエロ教師なことやっちゃうんだね。でも、心はない。
久米と前島の純愛(ぶっ)は、どう関係していくのかと思いきや、利用されていく。
akunokyouten9akunokyouten11そして、釣井。
早水圭介に、蓮実の経歴を教えることで、消される。秘密を知った者は、消されます。
電車の中での一瞬の早業。釣井のキャラは、後半まで絡んで欲しいようなキャラだったんだけど…。早い退場だったなぁ。映画においては、あっさりめに周辺は描かれてる。釣井は、序章で妻との件描かれているみたいだし。
akunokyouten3早水圭介と片桐怜花、そして夏越雄一郎の3人は、ハスミン崇拝者ではない。
早水と怜花は、ヒミズこんび。あ〜まだヒミズもみられてないわぁ。
携帯によるカンニング事件により、妨害電波による一時的に圏外にしてしまう措置は、後半の大殺戮に使われる。
原作者のインタビューが、特設サイトにありましたが、このアイテムを使えなくするためのカンニング事件だったようです。
akunokyouten6akunokyouten7AEDや緊急脱出の訓練も、後半への伏線になるとは、思わなかったなぁ。
三文オペラの中のマック・ザ・ナイフ。
おんぼろハイゼット。
住めるん?というくらいのボロ家。フギン & ムニン(思考と記憶)と名付けられたカラス。背中の傷。
原作は、上下あって長い。たぶん、ここはもっと書かれていたのかなという想像もありました。だから、読んじゃおって思ったわけでして…。
akunokyouten4そして、問題の後半。
散弾銃の殺戮が主なのは、私とするとちょっと悲しい。
(ナイフとかの方が好きやねん)
そのうちに、なんかさ、楽しそうな伊藤さんで、のせられました。
流血具合は、容赦なくって、見慣れない人にはかなり大変かと思います。サイコ友だちのクレイの銃にへばりついた目玉と肉みたいなんも、気持ち悪いしね。
私も、流血・ホラーなんかは無理〜と思っていた人です。今や、嬉々としてみている。
akunokyouten12時々、自分は変かと自問自答。うん、大丈夫。
ぜひ、理性を忘れなきよう。自己防衛してください。マネはしないでよね。そういう病んだ子は観るべきじゃない。
映画とかのキャラほど、賢くないんだからっ。
ラスト…、これは続くのだ。生き残りは、蓮実の想定外の3人というのは書いておこうっと。(自分のためよ)
怜花の目が、片目白くなったのは、カラス?
サスペンスとして面白かった。後半は、ゾクゾク。
そして、流血を楽しんでしまいました。(°◇°;) ゲッ
悪い人は、魅力的なもんですよ。ふふ
生徒たちは、主要メンバーのほかにも、この先きっと出てくるかなっていう子がいるのではないかと思います。
ダルビッシュの弟KENTAや工藤公康や田原俊彦の子供もいるし、JUNONボーイもいます。

公式サイトの教員・生徒一覧には蓮見のプロファイル付
akunokyouten10    伊藤英明    蓮実聖司
    二階堂ふみ    片桐怜花(2年4組)
    染谷将太    早水圭介(2年1組)
    林遣都     前島雅彦(2年4組)
    浅香航大    夏越雄一郎(2年4組)
    水野絵梨奈    安原美彌(2年4組)
    山田孝之    柴原徹朗
    平岳大     久米剛毅
    吹越満     釣井正信
    KENTA     蓼沼将大(2年4組)
    宮里駿     伊佐田直樹(2年4組)
    横山涼     塩見大輔(2年4組)
    堀越光貴    坪内匠(2年4組)
    武田一馬    泉哲也(2年4組)
    竹内寿     鈴木章(2年4組)
    米本来輝    中村尚志(2年4組)
    岸田タツヤ 山口卓馬(2年4組)
    荒井敦史    加藤拓人(2年4組)
    西井幸人    鈴木翔(2年4組)
    秋山遊楽    脇村肇(2年4組)
    中島広稀    木下聡(2年4組)
    藤原薫     田尻幸夫(2年4組)
    永瀬匡     鳴瀬修平(2年4組)
    尾関陸     渡会健吾(2年4組)
    小島藤子    阿部美咲(2年4組)
    塚田帆南    芹沢理沙子(2年4組)
    岸井ゆきの    星田亜衣(2年4組)
    林さくら    去来川舞(2年4組)
    藤井武美    清田梨奈(2年4組)
    菅野莉央    高橋柚香(2年4組)
    山谷花純    三田彩音(2年4組)
    神崎れな    牛尾まどか(2年4組)
    山本愛莉    久保田菜々(2年4組)
    山崎紘菜    塚原悠希(2年4組)
    夏居瑠奈    小野寺楓子(2年4組)
    綾乃美花    佐藤真優(2年4組)
    伊藤沙莉    永井あゆみ(2年4組)
    三浦透子    横田沙織(2年4組)
    秋月成美    柏原亜星(2年4組)
    松岡茉優    白井さとみ(2年4組)
    藤本七海    林美穂(2年4組)
    兼尾瑞穂    吉田桃子(2年4組)
    宇治清高    松井翼(2年1組)

12’最もセクシーな男性は…(People誌)

なんか毎年書いちゃってるし、今年も書かないとあかんやろってことで。
channing-tatum-sexiest-man-alive-2010-people-cover今年は、チャニング・テイタム!
私としては、ライアン・ゴズリング
向こうより、公開がだいぶ遅れる日本だし、ワンテンポ遅れますねん。
チャニングさんの最初に観た映画は、ステップ・アップかなぁ?
来年、日本公開らしいマジック・マイクは、自身の男性ストリッパーとしての過去の投影映画みたい。
他、21ジャンプ・ストーリーの映画化もんやG.I.ジョーの続編なんかも公開されるようです。
マジック・マイクに関しては、観たいよぉ〜とどこかの記事でほざいてたんで覚えてる方もいるかなぁ?
チャニング・テイタムを知らん人も、多いやろなぁと思いながら書いてます。
ちょっと前の、ジョニーとかジョージ兄さんやジュードならいざ知らず。
向こうの国は、マッチョな方がセクシーだし、痩せ系草食アイドルの多い日本とは好みが違うのは明らかです。日本も、この頃は40代のかつてのトレンディ俳優さんとか人気復活みたいね。そういえば、キムタクさんも40代突入したしね。
an・anで、これに近い特集号も毎年娘と買っていたんだけど、なくなったもんね。つまらんのですよ。
欧米雑誌でも、これと同じようなランキングがあって、それぞれ違うけど、イイ男好きとしては、密かにチェックいれます(笑)
目の保養は、大事ですしっ。
毎年、1分間で100人の今年のセクシー男性のビデオがあるんだけど、今年は見つけられてません。(目がまわりそうだし、よくわかんない人も多々)

なんとかな映画(キャラなども)ランキングっていうのも、映画ニュースをチェックしたりすると出てきますよね。観た映画が入ってると、楽しいです。

アメイジング・スパイダーマン

暑い…とかなんとかで、ぼや〜っとしていたら、映画館で観損ねてしまった作品。今は、もう寒いなぁっていう時季になり、家で観られるようになりました。
12’の夏から秋にかけて公開されたんは、こんなんばっかです(汗)。
サム・ライミ版スパイダーマンから、仕切り直しての蜘蛛男。どんなんかな〜って思ってたわけよ。
主演は、繊細な青年が似合うアンドリュー・ガーフィールド。ヒロインは、メキメキ出てきているエマ・ストーン。監督は(500)日のサマーのマーク・ウェブ。高校時代のみを描いています。これも、EDロールは観ましょう、次作へ期待が高まるよん。
amazing-spider-man1
原題:THE AMAZING SPIDER-MAN
監督:マーク・ウェブ   
製作:ローラ・ジスキン、アヴィ・アラッド、マット・トルマック   
製作総指揮:スタン・リー、ケヴィン・フェイグ、マイケル・グリロ   
原作:スタン・リー、スティーヴ・ディッコ   
原案:ジェームズ・ヴァンダービルト   
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト、アルヴィン・サージェント、スティーヴ・クローヴス   
撮影:ジョン・シュワルツマン   
音楽:ジェームズ・ホーナー
上映時間:136分
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド、デニス・リアリー、リス・エヴァンス、イルファン・カーン、キャンベル・スコット、エンベス・デイヴィッツ、他
amazing-spider-man313年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)を密かに慕っていた。そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・エヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。
公式サイト
アメイジング・スパイダーマン - goo 映画
スパイダーマン3のMy記事

amazing-spider-man2amazing-spider-man9サム・ライミ版三作全て観てあります。
今作から、ヒロインはMJからグウェンに。見映えもよくなってます(笑)
ハリー親子は出てこんのか…。次回に期待しますわ。オズボーンの会社は健在で、謎の社長さんがおります。
時代背景も変わった事で、スマホやPCも使いこなします。でもって、蜘蛛の糸攻撃は、装置で出すように変更になったところが大きいかな。
ピーターは、やっぱしダサ目の設定なんですが、トビーみたいなおもっくそダサい事はないところが、ガーくんです。(名前が長いので勝手に略)
amazing-spider-man4彼の両親は、死んだような失踪してるような曖昧な言い方でした。連作設定マンマンです。
ベンおじさん夫婦に育てられ、高校生になったピーターは、グウェンに気があるものの…といったところからはじまります。
終始高校生で、胸きゅん系青春ラブストーリーの要素が強いかな。500日の監督さんならではのそこらへんの描写が、いいです。
ピーターは、科学者の息子さんらしく頭もよいようです。カメラはお好きですが、記者カメラではありません。その後への布石のようなことは、しはりますが…。
amazing-spider-man6ふとしたことから、父親の鞄を見つけ、その中にあった父の親友で科学者のカート・コナーズ博士との写真から、彼に会いに行き、コナーズ博士たちの秘密の研究部屋にはいってしまったことで、蜘蛛に噛まれてしまう。
なんだって、蜘蛛が飼われてたのかわかんないし、その蜘蛛たちは、みんななんらかの力を授けてくれそうでもないみたいです。研究のためといったら、元も子もない。
謎がまだまだありそうです。
トビーさんのピーターは、悶々と暗くよくしてましたが、こっちのピーターは複雑な悩み方をしていると思う。
amazing-spider-man10こういうトビーさんの下敷きがあればこそっていうのはあると思う。だからこそ、割とあっさりした風に描写されてるし、時間の割き方も少なく思えます。
新しく微妙に設定を変えてやっちゃってるわけだから、キャラが変わっていくのも医院じゃないかと思うし、スパイダーマンの長い歴史の中でも,彼女も変わってるしキャラも色々違うんだろうなって。
鬼太郎やアッコちゃん、おそ松、サリー、etc.と時代に合わせて、微妙に変わっていってますから、そんなもんだと思う事にしておいてよかったです。
amazing-spider-man6amazing-spider-man8今回の敵となるのは、リザード。トカゲ男です。うん、ギャラクシー・クエストを思い出すんだよねぇ。アレは、トカゲ・ヘッドですけどね。
こいつと闘うシーンや、トカゲ男大暴れ〜なシーンは、意外と印象薄いなぁ。派手にさぁ、あんまり暴れてないんですよ。この辺の力の入り具合は、サム・ライミのがいい(笑)
グウェンのパパさんが、警察で、スパイダーマンを敵視しちゃってます。
amazing-spider-man5まぁ、異分子みたいなもんだし、排除したくなる心理です。それだけ、スパイダーマンというもんが、ようわからん頃で、悪い人をやっつけようとしてるのかなんなのかわかんないということでしょう。
リザードの方も、実際のところなりたくてなった「悪」でもないし、トカゲ的発想(?)に支配される事の方が強くなったためのようですねぇ。
どこか、力を持つというスパイダーマンと共通するように作られているのかもしれないです。リザードが、原作ではどんなんだったかは知らんし。
原作と言えば、原作者スタン・リーさん、相変わらずのご出演。彼が出るということで、バッタもんじゃないという証明なような気もします(笑)
amazing-spider-man7スパイダー・アクションの方は、スパイダーマンが高校生であるから、若さはあふれてる感じはするのね。どこか無鉄砲な感じとか、ぶら〜んぶらん浮遊感なんかを楽しんでる風とか。マスクをしょっちゅうはずしちゃうとこもご愛敬かもしれません。
グウェンにも、自分の秘密を打ち明けることとなります。まぁ、ばれちゃったのは、キスするためでしたけど。
私的にも、恋人同士になっちゃったこの二人、雰囲気はいい感じです。エマちゃん、ガーくん見映えもいい。(キルスティンはなんやかんや言われてたねぇ)
まだ、ほとんどの人が前シリーズを覚えている中でのリニューアルは、なんでなのかな。
枯渇しちゃってるハリウッド映画だからかなぁ。
だからこそ、ハードルも高かったと思います。
苦悩するヒーローという新しい形をつくってきた前のんは、やっぱり好き。でも、こっちの方も受け入れられるものをもっていて楽しめた。

これさー、TSUTAYA限定レンタルになってるんだよね。毎度、愚痴りたくなっちゃうんだけど、それに屈してしまう私もツラい。DISCUSはやめられないんだもん。
今回は、前のシリーズを持ってるよしみでコレクトに加えました。だもんで、TSUTAYAにぶりぶり加減もマシなんですわ(^▽^) ハッハッハ

テルマエ・ロマエ

珍しく原作をかじってあった映画です。
コミックをレンタルしました。(買ってないわ)呑気なもんでギリギリになってからという人です。ヤマザキマリさんの間にはさんであるエッセイ(?)が、あんまり読めてないのが心残り。コミックを読んだときは、笑いまくってたんですが、映画はハテサテ。
ローマ人の主要メンバーは、全て日本人の濃い顔の俳優さんというので、話題になりました。キャスティングで笑ったな。私が読んだとこら(I〜IV)までは、上戸彩の役どころは別キャラ?ここまで絡んでましたっけか?
観ると、お風呂にのんびり入りたくなる映画!
tr1テルマエ・ロマエ
監督:武内英樹   
製作:亀山千広、市川南、寺田篤、浜村弘一   
プロデューサー:稲葉直人、菊地美世志、松崎薫   
原作:ヤマザキマリ   
脚本:武藤将吾   
監督補:洞功二   
撮影:川越一成   
美術:原田満生   
衣裳:纐纈春樹   
編集:松尾浩   
音楽:住友紀人   
テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』
助監督:野尻克己   
上映時間:108分
出演: 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収、他
tr2古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)たち“平たい顔族”、つまり日本人だった。日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻ると、そのアイデアを利用して大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、ローマで浴場技師としての名声を得ていくのだが……。風呂を愛する2つの民族が時空を超えて出会った時、世界の歴史が大きく動き出す。
公式サイト
テルマエ・ロマエ - goo 映画

のだめのキャスト設定と似たよーな感じ(竹中直人やウェンツ、ベッキーが外人役ALL日本語)やなぁと思ったら、のだめの劇場版の監督さんだったのね。のだめのキャスティングは、TVドラマからもだったけど、あれをまんまと使ったような気がしないでもない(笑)
tr3阿部寛サンは、気に入ってる俳優さんですが、ローマ人役っていうのは最初聞いたときは笑ったわ。
しかも、お風呂が舞台でもあるだけに、異常にヌード♪
コミックを読んだときに、うわっ☆映画はどうすんだ?と思っちゃった。阿部さん、お尻丸出しでがんばってくれはりました。
コミックで、日本人を表現している平たい顔族っていうのが、ツボでしてん。
ルシウスが最初にタイムスリップする銭湯のお客さんが、そのものです。
tr9tr4画像の左のいか八郎さんね、漫画みたいな顔してるよ。
ルシウスの大事なとこは、見えそうで見えない角度っていうのが、映画はお上手でした。
うちの実家は、家にお風呂があったんですが、結構長い間冬場は近所の銭湯に行ってました。だって、寒い道を歩いて行くけど、暖まるから。たまに、乳飲料や焼き芋を買って貰うのが嬉しかった。
今は、もう銭湯はなくなってます。時代を感じますね〜。
tr6古代ローマ人のルシウスが、日本の風呂などの文化に触れ…ってことで、たぶん日本独特なんだろうな事柄が色々出てきます。
共に、ルシウスの生きた時代の文化や政権などについても、触れることが出来ます(ほんとかぁ?)古代ローマも、お風呂好き。
最近うちんちはお風呂につかんないことが多い。ほとんど、シャワーで終りなんだよねー。一旦、入ると私は長いし…寝ているし(^◇^;)
ローマのセットは、いやに凝ってるなぁと思ったら、イタリアのチネチッタのオープンセットだそうで、あの「ROME」のドラマのセットが残っていたのを使ったそうな。そういえば、そうだったかもって思う。映画並み以上の作り込みなんで、興味のわいた方はどうぞ(ただし色んな面でR指定ドラマ・爆)。
tr8当たり前に思っている独特の日本文化やちょっとだけ日本人気質のいいところを描いていて、日本人からしても、見直すところにはなってるかも。
震災のときの被災者の素晴らしい品格や日本のカルチャーに対する諸外国の反応やらで、改めて日本人も日本人である誇りみたいなんを感じている事が多いような気がします。結構、ネットで目にするんですよ。
あたしら若い頃なんて、欧米崇拝ばっかでしたからねぇ。
和製なんとかは、ダサいみたいなね。(そのくせ、食べ物や製造もんは日本製がよかったのは変わりはない)
敗戦国っていうのは、私の時代は薄れてるし、私自身はあまり思ってなかったけれど、容姿に関するコンプレックスも大きいかもしれません。顔が薄い、足が短い、メリハリボディじゃないとかさー。言葉の壁もあるし。
ディスカバー・JAPANっていうJR(国鉄)のCMもあったけど、本当に今がそうなんかも。
tr7映画自体は、まぁまぁかなぁ。
今年の日本の上映作品の上半期のナンバー1ですけどね。コメディ・テンポがもうちょっといいといいのになぁって思った。
タイムスリップの時って、凝ってるんだけど、微妙に長いし、毎度飽きます。いかにも人形のルシウスとかは、ふきだしたけど。うん、セットでもちゃっちいセット(いかにも発泡?)と豪華なセットと色々あるんで、一人ツッコミ。
ルシウスと真実の別れのシーンに、蝶々夫人を持ってくるあたりの音楽はよかった。オペラもいい。もうちょっと、音楽も欲しかったなぁ。
竹内力は、平たい顔族側だったんだねぇ。意外でした。百人隊長くらいしてもいい感じよ、ほんと。
tr5宍戸開や北村一輝、市村正親のローマ人トリオも、違和感ないし。宍戸開の顔を見てたら、室伏さん思い出した。彼も出て欲しかったねぇ(笑)
上戸彩ちゃんも、ボケ加減がよかったかな。
入浴シーンはあれど、サービスはそこまでっていうのが、男性には残念でしたかねぇ?
ケロリンの洗面器やシャンプーハットが妙に懐かしかったわぁ。シャワートイレは、もう無いと困る存在。ちゅうか、古代ローマの人って、海綿で拭いてたんですか…知らなかったわ。
ルシウスの寝取られ話は、あっさりしちゃったんだなぁ。
原作の持ち味を生かして、まずまずな映画だったと思います。

アルゴ

この映画は、見逃したくなかったんです。今年は、映画館見逃し作品が、めちゃ多いです。その中でも、特にコレはしんどくても行かんとあかんと念じてました。
絶対的信頼を2作でもってしまったベン・アフレック監督作の3作目。巷の評判も上々ですね。ええこっちゃ。
これも、実話ベース。この日の鑑賞(最強のふたり)は、実話ベースもんばっかとなってしまいました。パーレビ国王、そうそうって思い出してました。
冒頭で、事件のきっかけがわかりやすく語られたので、すごく入りやすかった。
結果は予想がつくくせに、緊張感がたまんない!
argo1アルゴ
原題:ARGO
監督:ベン・アフレック   
製作:グラント・ヘスロヴ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー   
製作総指揮:デヴィッド・クローワンズ、ニーナ・ウォラースキー、クリス・ブリガム、シェイ・カーター、グレアム・キング、ティム・ヘディントン   
脚本:クリス・テリオ   
撮影:ロドリゴ・プリエト   
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ   
音楽:アレクサンドル・デスプラ
上映時間:120分
出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレイン、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル、ヴィクター・ガーバー、ジェリコ・イヴァネク、リチャード・カインド、スクート・マクネイリー、クリス・メッシーナ、マイケル・パークス、テイラー・シーリング、他
argo61979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。argoトニーの知人で特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、自宅で山積みになっているボツ脚本から、イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。
公式サイト
イランアメリカ大使館人質事件wiki
アルゴ - goo 映画

今回は、ちょっとSF映画愛も感じちゃったりしました。
大使館を襲撃する様は、最近どこぞの国での意味わからんテロ的行為を思い出してしまい、群集心理の恐ろしさを再び…。この件は、解決どころか余計ややこしくなっているので、私なりの意見はあるがあまり書きたくはない。
この映画では、革命なのですから…
argo8CIAで、人質の救出のプロであるトニーは、大使館で人質にならずに裏口から逃れ、カナダ大使館に逃げ込んだ6名の救出を要請される。
チャリンコでの逃走(ちょっと笑ったけどマジメなのよね)とか色んな案が出る中、決定打がなかった。
別居している息子との電話で、今TVで「最後の猿の惑星」観てるよっていう息子につられ、TVをつけ、砂漠などのロケからヒントを思いつく。(観たのか、さだかでないなぁ)
息子の部屋に、STAR WARSのポスターがあったり、スタートレック(ただいま2の編集中)のグッズ♪
argo2映画のロケをしたいから、出入国。実際、SF映画は、中東やアフリカでのロケも多い。モロッコやらエジプトやら…。砂漠とかがいいんでしょうねぇ。
トニーは、知人の特殊メイクの第一人者ジョン・チェンバースに協力を要請し、快諾。チューバッカや〜とか別のとこでもるんるんワクワクしてしまった…。
本格的にでっちあげの製作を公表。CIAの人も、ぼやいてましたが、映画を作るお金も出しちゃうCIAって、スケールありまんな。
こういう荒唐無稽にも思える計画に、きちんと関係者が関与していることで、より現実味をおびさせたのは、さすがです。付け焼き刃でないように見せるための努力は、後半に実を結びます。
argo5何気に、映画製作の過程も出てくるところが、私みたいな人にはまた違う楽しみでもありました。とはいえ、ミッションは進んでいきます。
アメリカでの段取りの様子と、不穏なイランの様子が上手い具合に描かれるので、前半もぐいっと観てしまいました。潜伏中の6人のキャラも植え込まれます。
トニーが単身入国してからは、ドキドキしっぱなし!
んなこと出来るわけないやろっ!みたいな弱音も多く飛び交いながらも、やらねば殺されるしかない。
好意でかくまってくれているカナダ大使館長の身の上だって危機感をおびてきている。
6人も気づく、荒唐無稽な計画を持ち込んできたトニーだって危険なのだ。失敗すれば、命はない。家族はいるのか…と何気なく尋ねる。
argo3ただ、この6人はその時点の境遇は、大使館で人質になっている人たちより恵まれてはいるんです。その分、見つかったら、極刑に即でしょう。この人質事件は、解決をみているので(444日後解放)、いいんだけど…。
大使館に押し入られる前に、全ての重要書類を処分することに心血を注いでいた様子が見受けられましたが、彼らはすごい。シュレッダーにかけられた書類から、彼らの顔写真を子供たちにつなぎ合わさせている。判明するまでのタイムリミットは、わずかしかなかった。だから、シュレッダーかけたのを復元してるふうなポスターとかあったりするんだなぁ。
argo7カナダ大使館の危険を承知の行いは、本当に凄いものがあると思います。素晴らしいです。勘づいていながら、彼らを庇った召使いの女性の勇気も。彼女がひどい目に合わないようにと願わずにいられなかったのですが、その辺も後々描かれておりほっとしました。
堂々とバザールに繰り出してみることー頭で理解できるけれど、実際怖いですよね。そのあたりの感じも、よく出てたなぁ。
いよいよというところで、本国から切り捨てのような通告。もぉドキドキは止まらない。
続行を決断するトニー、本国でのてんやわんや。
argo4飛行機の予約までも消されてしまうんだもん。
まぁさー、こういう二転三転の混乱はよくある感じなのかもしれないけれど、あちこちで迫るタイムリミット!
さて出国というところで、足止めを食らう7人。そこで、力になってくれたのは、一番計画に異を唱えていたジョーだった。絵コンテを堪能なペルシャ語で説明する。絵コンテなんていうのは、DVD特典を観るようになって知り得た製作過程のひとつですが(最近はSF大作だと3Dアニメ化されたもんが多い)、管理官も楽しそうに説明を受けるんです。みんな映画が好きなんだ。
本国の方も、人命尊重には機能してくれたよ。誰か、邪魔が入るんじゃないかとか思ったよ。否定的意見の指示組織人もいたからねぇ。
ここを無事ぬけても、飛行機が離陸してしばらくするまでは、本当に気が抜けませんでした。
この件は、成功するんだという意識はどこかにあるものの、すっぽりと映画の中にはまり込んでしまって、手に汗握るって感じなんでしょうね。
イラン国境を越えたという飛行機内のアナウンスの時、うっすら涙が出てしまったもん。
適度にメリハリが効いていて、しかも人物の心理描写も巧い。
映画人のレスター・シーゲルとジョン・チェンバースの二人も、GJでした。
勲章のお預けの話とかでてきますが(長らくこの件は公表できなかったため)、トニーが息子のところへ帰ったシーンは、じゅんわり。
実話のドキュメンタリーな部分、親子の愛の部分、エンタメ的なタイムリミットの部分やらなんやかんや…、考えたら、いっぱいはいっているように思います。
アメリカと中東の関わりについても、9.11の前に何があったか、なぜに…といった社会勉強も、疎い私も考えさせられました。
このときの大統領がカーターでしょ、で次はレーガンでしょブッシュ・クリントン・ブッシュ・オバマ(再選だそうでノッチよかったね)…アメリカの大統領は、な〜んとなく出てくるのに、日本の首相は続けて出てきません…。自分の国の首長が出てこないって、これは問題あると大いに思う。
製作に、ジョージ・クルーニの名前があって、元々彼のとこに来てた企画らしいです。兄さんも硬派な社会映画撮るの好きだもんね。
観てよかった一本です!

久しぶりの映画館で、色々予告を観させて貰ってさー、あれこれ観たいのが出来てしもた…。

最強のふたり

9,10月は、とうとう映画館に一回も行かず。アベンジャーズ以来ですわ。ははは
この映画も諦めてたんだけど、大ヒット御礼、まだ間に合いました。
冒頭のミッション(え?)の成功を祝い、ふたりが聴いてた曲が、E.W.&F「September」で、のってしまいましたよ。(好きっ)
障害者を扱った映画ながら、笑いのほうでおしてくる。笑いの中に、ほわっとね。でもまー、笑いがキツいと思う人もいるかもしれないですね。
実話ベースの映画です。この手は、強いなぁ。
とにかく評判のよい映画です。これを機にユーロ圏の映画もどんどん上映してほしいっす。
Intouchables1最強のふたり
原題/英題:INTOUCHABLES / UNTOUCHABLE
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ   
製作:ニコラ・デュヴァル=アダソフスキ、ヤン・ゼヌー、ローラン・ゼトゥンヌ   
脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ   
撮影:マチュー・ヴァドピエ   
編集:ドリアン・リガール=アンスー   
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
上映時間:113分
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、トマ・ソリヴェレ、シリル・マンディ、ドロテ・ブリエール・メリット、他
不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。Intouchables2スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。
最強のふたり - goo 映画

原題のINTOUCHABLES (複数形だよね)っていうのは、「不可触賎民」という訳が出てきた。アンタッチャブルって「触ることができない、触ってはいけない」。転じて、ふたりの間は誰も入り込めないほどの絆があるような邦題になっとりますな。
intouchables6Intouchables7富豪だけど首から下は感じないし動かない障害者と前科もある複雑な家庭に育ったスラムの青年。普通は、つながりそうにもないですから。
スラム出身で介護経験も何もないドリスは、ただ不採用通知をもらって、手当の支給を考えてきただけのこと。
ところが、同情もクソもないドリスをフィリップは、住み込み採用しちゃう。どうせ、誰も続かないんだからっていうのが半分はあったんだろうね。
Intouchables4パラグライダーの事故で障害者になったフィリップは、事故後に病気の妻もなくし、淋しい人なんですね。富豪ゆえ、使用人はいるし誰もが気を遣う。
実際のところ、そういうのは嫌だったんでしょう。あいつは私に同情しないという言葉から、「同情するなら、金をくれ」を思い出してしまいましたが…。
ドリスは、なんやかんや問題を抱えているけれど、持ち前の資質がいいのかな。周りの人たちも、巻き込まれて変化してます。
感じた事や思った事をズバズバっと言って、さほど嫌な気にさせられないというのは、その人のある種「徳」なんじゃないかな。
intouchables3彼なりに気を遣いながらも、二人の距離が縮んでいく様は巧く描かれてると思います。
ドリスとフィリップの受けが、なんか面白くって。
フィリップの顔も、笑顔が多く観られるようになります。
クラシックに造詣の深いフィリップとEarth, Wind & Fireやクール&ザ・ギャングの好きなドリス。もうCMの曲とかトムとジェリーだのハローワークの電話の音楽だのっていうドリスのクラシック曲のイメージは、うちの子たちと一緒だもんね。(私もそうだよな…)
Intouchables5まったく踊れない私なんですが(少々リズム感と運動神経に難があるようで)、Earth, Wind & Fireとかノリがよくなってしまうんです。2曲も入れてくれたこの映画、それだけでノリノリ(笑)
フランス映画の言葉の使い方っていうのは、慣れてないとぎょっとするものがあるかもしれません。
ユーモアというのかジョークというのかエスプリというのか、ブラックな風にもとれてしまう言い回しもあるよね。
この前、職場でハラスメントに関する事でお勉強しましたが、全部守ろうとすると、いや〜窮屈ですよ。見知らぬ人同士でずっといなきゃなんないみたいだわよ。
そこを緩和するのは、信頼関係のあることでしょうねぇ。
そういったことを、映画を観ながら思い出しました。
Intouchables4ハリウッドのコメディとはまた違う笑いの感覚は、日本人に実は馴染みやすいところもあると思います。
「ダンシング・インサイド/明日を生きる」というアイルランドのTV映画がありました(04’)。日本未公開で実は、私も観てないし(YouTubeでちょっと観ただけ)、確かDVDにもなってないんです。
単に、ジェームス・マカヴォイの出演作を漁ってるときに見つけたんですが、首から上しか動かない役なんです。コメディぽいんだけど、ハートフルなやつっぽいです。スゴクみたいなぁと思ってたので、フィリップの状態を情報で読んだときに、すぐにこれを思い出しました。今考えると、実話の彼らを多少ヒントにしたものかもしれないですねぇ。でも、マカヴォイの相手の人も小児麻痺で障害の人の設定です。
扱うテーマは、軽々しいものではないんだけど、なんか爽やかに見終えたし、気分がよくなりました。
ドリスの人は、ミックマックに出てた人だって。私、感想書けてないんだよね。2年くらい前になるけど…。

11月だけどSeptember

スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜

「REC3」を返却して、コレを借りてきました。3は違う監督さんだけど、RECの12は、この映画の監督さんなんだって。このジャケ、目をひいてたんで(えー)。
まぁ、変な人の出てくる映画って嫌いじゃないんですよね。
好んで観てる方ですよね。(^◇^;)
原題を翻訳にかけたら「あなたの寝ている間、」とでました。寝ている間に…このやろー!な映画なんですが、なかなかやりおる。
mientras_duermes1スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜
原題/英題:MIENTRAS DUERMES / SLEEP TIGHT
監督:ジャウマ・バラゲロ   
製作:フリオ・フェルナンデス   
製作総指揮:フリオ・フェルナンデス、カルロス・フェルナンデス、アルベルト・マリーニ   
脚本:アルベルト・マリーニ   
撮影:パブロ・ロッソ   
編集:ギジェルモ・デ・ラ・カル   
音楽:ルーカス・ビダル
上映時間:101分
出演: ルイス・トサル、マルタ・エトゥラ、アルベルト・サン・フアン、ペトラ・マルティネス、カルロス・ラサルテ、他
バルセロナのマンションで住み込み管理人として働く、冴えない四十過ぎの男・セサル。周囲には親切に接する彼は、特に住人である美女クララに目を懸けていた。今日もセサルの仕事上がりと入れ違うように、帰宅したクララは疲れた身体を休ませる為、ベッドに横たわり寝息を立てはじめる。時が過ぎ、彼女が寝静まるのを伺いながら、ベッド下から息を潜め、這い出てくるセサル。何と彼は毎夜、クララの部屋のベッド下に潜み、彼女との時間を共有していた。さらには寝静まった彼女に薬を嗅がせ、深い眠りにつかせると、彼女の身体を夜な夜な慰め続けていた。そして日を追うごとに異常な行動を増長させるセサルは、彼女の歯ブラシを使うなど、自分の痕跡を密かに残し始める。そんなある日、いつもと同じようにベッド下に潜んでいたところ、クララが男を連れて帰宅する。そして二人の営みが始まり、嫉妬と興奮を抑えきれなくなったセサルは、気づかれぬようベッド下から抜け出すのだが…。
アルバトロスの作品サイト
スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 - goo 映画

mientras_duermes4劇場公開作品だったんですね。アルバトロスもんは、要注意版が多いのですが、これは良作です。サスペンス的な要素もあるしね。
そんなにも、ふげぇなシーンっていうのは少ないし、エロもたいしたことない映像です。それでも、まぁ、人を選ぶジャンルではありますけどぉ。
ヘンタイですよぉ。そう、実はブロガーさんの記事で「ヘンタイ」という文字を見つけ、置いてあったのを覚えていたし、次はコレを借りようと思ってしまった次第です。(詳しい内容読破はこのときはスルーさせてもらいました)
mientras_duermes7マンションの管理人のセサルは、人当たりもよくって…なんですが、ヘンタイ。
彼は、人の不幸をみる事で幸せという病的資質を自分でもよくわかってるんですね。
少なからず、人間って「他人の不幸は蜜の味」なとこはあることはあるんだけど。芸能人のゴシップ好きな人もその傾向でしょ(私も好きですけど、ハハハ)。
クララさんは、明るくて前向きな女性だって事も一端があると思う。
マンションに住む人や掃除の母子に、自分は関与なしな顔をして、結構やっちゃってます。
mientras_duermes5クララには執着しているところがあって、夜な夜なベッドの下に潜み、寝込んだところでクロロフィルムをかがせ、好き勝手なことをしちゃってるわけです。管理人だから、全ての鍵を預かってるわけだし出来ること。
彼女の歯ブラシを使い、化粧品には薬品を混入して荒れさせたり、ゴキちゃんを繁殖させてみたり、添い寝してたり…。
そうなんだよね、添い寝してるだけでもなかったんだよね。これは後からわかる事だけど。ストーカーmailや手紙を送りつけも並行して行っていて、彼女を追い込んでいく。
mientras_duermes3変な人の映画だけど、なんかちょっと巧い感じの描き方だし、エンディングがおそるべしな感じがしました。
内面的なサディスティックなのか。
ゴキちゃん退治を頼まれ、その間実家に帰っていたクララが再び戻ってきたとき、彼氏と一緒だった。
遠距離恋愛中だった彼女たちは、ベッドに直行。
そのしたにはセサル。そこで、思わずヤツが薬をかいじゃうハメになるという可笑しさ。うはっ、思わずニッと笑ってしまうちゃぴさんです。
一人で彼女が帰ってきたとき、彼は何をするつもりだったんだろう。
ロープに包丁とか…。そこらは、やっぱしぃ…なのかな。
mientras_duermes6朝から、イチャイチャのカップルを尻目に退散を目論むんだけど…。ここらへん、なんかおもろかった。気分的には見つかってしまえと思うんだけど、映画的には見つからん方がいいなとか、葛藤しました(笑)
なんとなくスルーしたもんの彼氏には、疑惑の念をもたれてましたねぇ。くくく
クララの部屋に夜な夜な出入りをしているのを、向かいの少女に知られており、口止め料を取られていたり、ソツがないつくりです。その後もちゃんとあるし。
ストーカー犯人を掃除婦のアホ息子になすりつけ、それでもクララを不幸に出来なかったセサルは、不幸のどん底。(はよ飛び降りんかいと思った)
mientras_duermes2急転直下、そうきたか。やっぱ、やることはやってたんだな。
プリズン211」という映画を以前に観てますが、セサルとクララの俳優さんは、その映画に出てたんですねぇ。特に、セサルの人ルイス・トサルは、感じ違うんで、へぇ〜です。あっちの映画では、スキンヘッドの強面だったもん。
ラストの落とし方が、またバッドで、彼はこのことで生きていけるんですな。
生まれるまで待つって、いやぁ〜ひどい。セサルのDNAなんて…。
で、あのセサルの母親は、どうなったんだろ?
海外のポスター、オッサンの顔が怖いよ(笑)日本のジャケに使ってある方が、不気味でいいな。
<追記>
記事を書いて寝たんですが、その夜…場所が変なとこでさー、夜に厨房にゴキちゃんが一匹いるから叩いてって、顔の濃い日本人(アジア?)にいわれて、スリッパで構えてたら、茶色いでさ、追い回してたのよ。気がつくとオッサンはいない。そこで、ふっとあっ娘がひとりだわ、アブナイわ…。っていう変な夢を見てしまいました。まぁ、トイレに行きたかったのもあったんだけど、飛び起きた。
キモいよぉ〜〜。管理人(T.T)

裏切りのサーカス

これ、公開時すごく観たかったんですよ。でも、どうも頭を使いそうな映画だったんで、断念しました。複数回観た方がいいという話も耳にしたしぃ。監督さんは、「ぼくのエリ〜」のトーマス・アルフレッドソン、主演はゲイリー・オールドマン。共演にコリン・ファースなど英国俳優ザクザク♪
スパイ映画だけど、派手なアクションや道具はありません。これがリアルなのかも。
実際に原作者のジョン・ル・カレはMI6に所属してた。静か〜なスパイ映画。組織幹部の中で二重スパイ「もぐら」がいる。そのもぐら探しなわけですな。
原作は、当然ながら読んでません。関係本も。
Tinker-Tailor-Soldier-Spy3裏切りのサーカス
原題:TINKER TAILOR SOLDIER SPY
監督:トーマス・アルフレッドソン   
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ロビン・スロヴォ   
製作総指揮:ジョン・ル・カレ、ピーター・モーガン、ダグラス・アーバンスキー、デブラ・ヘイワード、ライザ・チェイシン、オリヴィエ・クールソン、ロン・ハルパーン   
原作:ジョン・ル・カレ    『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』
脚本:ブリジット・オコナー、ピーター・ストローハン   
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ   
音楽:アルベルト・イグレシアス
上映時間:128分
出演/役名:ゲイリー・オールドマン    ジョージ・スマイリー
    コリン・ファース    ビル・ヘイドン
    トム・ハーディ    リッキー・ター
    トビー・ジョーンズ    パーシー・アレリン
    マーク・ストロング    ジム・プリドー
    ベネディクト・カンバーバッチ    ピーター・ギラム
    キアラン・ハインズ    ロイ・ブランド
    キャシー・バーク    コニー・サックス
    デヴィッド・デンシック    トビー・エスタヘイス
    スティーヴン・グレアム    ジェリー・ウェスタービー
    ジョン・ハート    コントロール
    サイモン・マクバーニー    オリヴァー・レイコン
    スヴェトラーナ・コドチェンコワ    イリーナ
    ジョン・ル・カレ、他
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。ハンガリーの将軍が<もぐら>の名前と引き換えに亡命を要求。コントロールは独断で、工作員ジム・プリドー(マーク・ストロング)をブダペストに送り込むが、Tinker-Tailor-Soldier-Spy2ジムが撃たれて作戦は失敗に終わる。責任を問われたコントロールは長年の右腕だった老スパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と共に組織を去ることとなる。直後にコントロールは謎の死を遂げ、引退したスマイリーのもとに<もぐら>を捜し出せという新たな命が下る。標的は組織幹部である“ティンカー”ことパーシー・アレリン(トビ―・ジョーンズ)、“テイラー”ことビル・ヘイドン(コリン・ファース)、“ソルジャー”ことロイ・ブランド(キアラン・ハインズ)、“プアマン”ことトビー・エスタヘイス(デヴィッド・デンシック)の4人。過去の記憶を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。浮かび上がるソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>、そしてかつての宿敵・ソ連のスパイ、カーラの影。やがてスマイリーが見い出す意外な裏切り者の正体とは……。
公式サイト
裏切りのサーカス - goo 映画

ttss妙に執着が残っていた作品だったので、Blu-rayを買いましたさっ!観てないのに買うというのは、特価廉価版以外ではあまりしないことです。まだ、字幕で一回しか観ていないし、特典もたいして観てない。吹替えでもう一回観ないとね(字幕も付で・笑)。音声解説は、先に観るべきか?
確かにこれは、きちんと映画の情報を読んでみた方がいい映画!私なりに、登場人物の名前とポジションを頭にいれてのぞみました↑。名前はフルネームで覚えた方がいい。(公式サイトがなくなったら困っちゃうんで、相関図を拝借)
で、時間軸の戻りまであったじゃないか〜。こいつが曲者じゃ。過去をさかのぼるってことだから、そうなんだけど…。
そう古くはない過去だったりすると、あれ?って思うわけですよ。
tinker-tailor-soldier-spy4特に、マーク・ストロングの途中での出番は、「ん?」なとこもありました。観ていけば、わかるんだけどね。(こんなに髪が大変な風になってたんだな…と脱線)
彼は、冒頭で消えたかと…。この冒頭は、伏線があるから後からじっくり目を凝らして観るつもりです。
いい人も悪役もこなす俳優さんたちばかり出てるので、「もぐら」予想は相関図をみただけでは、どの人もありな感じでした。まぁ、それでも私は予想として、一番いい人そうな役のつきやすい人が怪しいと思ってましたけどね。ふふ
相変わらず、眠たい時間(夕ご飯の後)に観てたんですが、寝なかったわ。頑張ったわよ!
静かなる緊張感が漂ってて眠れなかったし。
エンドクレジットを観るやいなや寝てしまい、家族にPCを切ってもらいました。以前に朝までメニュー画面だったことあるしね(汗)。
tinker-tailor-soldier-spy9とにかく、ゲイリー・オールドマンが渋い。抑制の演技とかって書いてあったりして、そうだなぁと思ってみてました。
ジョージ・スマイリーを題材にした小説は、三作あるそうです。ほんでもって、以前にTVドラマ化されており、アレックス・ギネス(SW4のオビワンなど)がスマイリーだったそう。
この映画には、原作者も製作に名前があり、彼はゲイリーたちに原作通りにする必要はないということ、映画は別物でいいというようなことを言われたそう。
tinker-tailor-soldier-spy8諜報部の中っていうのも、いかにも年代を感じるようなつくりなんです。
でも、映画的にはそう古くささも感じないで観る事が出来ました。案外、ハイテク機器のない方が、頭脳的緊張感が高まるもんです。言葉や仕草を見落とすまいとしますし。
さっき、10分くらいWOWOWでMI:2を観たけど、あれはあれ、コレはコレだなっと。
何度も名前出てくるカーラというKGBの人物の顔が、はっきり出てこない。スマイリーの妻アンもだったけど、そういう雰囲気っていうのいいなって思った。
tinker-tailor-soldier-spy10そして、原題はTINKER TAILOR SOLDIER SPYとなっているのは、マザーグースからとっているもので、コントロールがつけたコードネーム。
トビーを水兵はもったいないからプアマンっていうのは、そういうことだったんだなと検索をしてみつけました。
花びらちぎって占いに使ったりとかそういう数え歌らしいです。
<Tinker, Tailor, Soldier, Sailor >
Tinker,Tailor,Soldier,Sailor,Rich man,Poor man,Beggarman,Thief.
(鋳掛け屋 仕立屋 兵隊 船乗り 金持ち 貧乏人 乞食 泥棒. )
tinker-tailor-soldier-spy7パーシーはちっこいからティンカー・ベルで、ビルはスーツがお似合いだからテイラーで、ロイは武闘派っぽいからソルジャー…なんていう私の考えはまるで違いました(爆・マジメにきっとそうだと思ってたんですよ)。
ものすごく記事の書きにくい映画だわ〜。
自分の中で、また吹替えで観るしっていうのがあるのかもしれない。
映画の内容については、他の人の感想とか観て下さいって言っちゃいたい。
ややこしいといったらそうだしね。とりあえず、人物が大量なので注意ですね。
tinker-tailor-soldier-spy6私は、面白く観たし、好きな映画。確かに集中力を要しましたが、気にしないで二時間で収まったところなんで、まぁいいかなと。
そんで監督さんが、あのぼくエリの人ってことで、スウェーデンの人がイギリスもんをどうすんのかなっていう興味もありました。
どんよりロンドンの空気感を感じました。あの凛とした北欧の空気感と同じように雨に煙るようなロンドンだわ。ええですね〜。
中盤から絡んでくるリッキー・ターに、トム・ハーディ。観る度に感じが違うわ〜。オッサンばっかりの中で、貴重な若手の一人(20代がおらんね)。彼が愛しあってしまうKGBのイリーナが(ロシアでは有名な女優さんらしい)、彼女こそこの映画で唯一のきれいどころかも(笑)
Tinker-Tailor-Soldier-Spy5そして、スマイリーの相棒的役割になるピーター・ギラム
をベネディクト・カンバーバッチ♪
SHERLOCKよぉ〜(これ感想書けてないわ)   
髪型とか違うし、違うんだけど、ホームズさんだわっと時々ざわめいてしまいました。
ピーターは、事務室のナンシーがどうのこうのってソルジャーと言ってたけど、ほんとはゲイだったのよね。あそこ衝撃だったわ(てこともないけど〜)。
ソルジャーのキアランさんて、なんで観たんやったけ〜と思い出せずにいたら、ROMEのカエサルだった。他にも観てました。
邪魔にならない音楽もいい感じでした。
近いうちに、また観る予定です。

REC/レック3 ジェネシス

久しぶりに借りてきました!RECシリーズ(スペイン版)は、POVもんの近年の先駆け成功もんだと思います。ハリウッド版は、一本も観てない。同じだったと聞いてから、手をつけず。
本作は、前作とはちょっと変わってきています。時間軸は、1と同じくらいの時期みたいですね。2の手前かしらん。
rec31REC/レック3 ジェネシス
原題:[REC]3 GENESIS
監督・脚本:パコ・プラサ   
製作・製作総指揮:フリオ・フェルナンデス   
製作総指揮:カルロス・フェルナンデス、アルベルト・マリーニ   
脚本:ルイソ・ベルデホ   
撮影:パブロ・ロッソ   
編集:ダビ・ガラルト   
音楽:ミケル・サラス
上映時間:80分
出演: レティシア・ドレラ、ディエゴ・マルティン、イスマエル・マルティネス、アレックス・モネール、セニョール・ベ、エミリオ・メンチェッタ、ハビエル・ルアノ、他
その日、コルド(ディエゴ・マルティン)とクララ(レティシア・ドレラ)はバルセロナの結婚式場で永遠の愛を誓い合う。新郎の従弟(アレックス・モネール)はビデオカメラを回し、参列者たちの姿を撮っていた。やがてカメラは一族きっての明るい性格の叔父ペペが、病院で犬にかまれたという、彼の右手に巻かれた包帯を映し出す。友人のプロ・カメラマン、アトゥンも本格的な映像で記録していく。やがて式を終えた一行は披露宴会場へと移動し、盛大なパーティが始まろうとしていた。が、その時、手に包帯を巻いていたペペ叔父さんが突如豹変、妻の首筋に猛然と噛みついたのだ。やがて、逃げまどう人々で大混乱となる大広間…。
公式サイト
シネマトゥデイ
RECREC2のMy記事

rec33今日は、クララとコルトの結婚式で〜す。
両家の親戚一同・友人一同わんさか集まって、教会で結婚式でその後披露宴。
だから、撮影係がおります。本格機材のプロのアトゥンと新郎の従弟くん。二人は、仲良くなってます。
招待客にもビデオを携えてる人います。
会場を監視カメラが当然回ってます。
とはいえ、後半はほとんどRECな場面は出てきません。
それはそれでいいと思う。
rec36今回は、ゾンビ様より今日の晴れの日、主役のはずの二人の愛♪なのです。
犬に噛まれちゃったという叔父さんは、観てるもんならすぐにわかる。こいつがしでかすんだなって。カメラもなぜか強調撮り(笑)女性の胸の谷間も映してたけどね。
さりげなく絡んできそうな人たちの紹介もあったりします。耳の遠いおじいちゃんやあごなしデブおばさんやら美熟女のママさんやらね。
親戚の長い面白くないようなスピーチはないようですが、日本の披露宴に二次会を足した感じね。ケーキカットもあったし。
はよ、暴れんかいと思ったら、キタキタ。
あっという間に、ゾンビ映画。らぶらぶクララとコルトは離ればなれになってしまいます。
クララは、結婚式の朝になにか深刻そうな秘密を妹だっけかに打ち明けてるようなんだけど、コルトとの仲には関係ないようなんで、あれしかないなと…。
クララとコルトは、お互いに生きているという事を感じ、管理室からクララは呼びかけます、そして、妊娠したことが今朝わかったとコルトに告げます。
会場にあるチャペルに一旦逃げ込んだコルトは、放送を聴いてクララの許へ。
ゾンビたちは、聖域には入れないことをおばちゃんの言葉から知ります。
クララは、神父さんと行動をともにしており、管理室も危険になり、窓から階下に降ります。ここですれ違っちゃう二人。
rec32いつしか、なんとか逢わせてあげたいやんと応援してしまう。
地下通路に逃げ込んだクララたち。ここからがいいです。
女が腹を決めて、チェーンソー(なんでこんなとこにあるんというツッコミもあるんだけど)を持って、覚醒しちゃうとこいいです。マスカラがにじみまくった顔にウェディングドレス、「キル・ビル」のポスター思い出すやん。(あれは日本刀でしたよね)
rec34似合うよ、クララ(笑)ハイヒールも武器です。
一方、コルトは会場の音楽のボリュームを最大にし、存在をクララに伝えようとする。
でも、あの不幸の元凶叔父さんが襲ってくる。彼も、チェーンソーとはいかないけれど、ブレンダーでぐちゃぐちゃに応戦。
やっとあえたね。
というのも束の間、周りはゾンビだらけ。でも、親戚やら知人だらけ。
rec35愛を貫こうとする本日の主役たちには、頭が下がります。
(本当にそう思ってんかい・笑)
ここのゾンビたちって、感染系ではあるけれど、2であらまっの展開「悪魔系」でもあったんでした。すっかり、忘れとったぞい。悪魔に操られているゾンビなのだわ。
神父さんが、最終戦争のことやら言うてたし…。神父さんの聖書のお言葉で、ゾンビたちは身動きできなくなっちゃう。ここで、ノリが変わる人もいるかもしれないですね。
暗視カメラのドキっも少しあったし、POVの不安定なカメラワークもあったけれど、今作に関しては、POVの映画という位置ではないと思うし、それはそれでいいと思う。
パラノーマル〜が毎度毎度やってるのは、やっぱし飽きてますから。
この二人の愛も、哀しい結末になってしまうものの貫き通したところは、血まみれらしからぬスイート(どこがやねん)。
見やすい画面、明るい場所もふんだんにあるせいか、どこからか襲ってくる怖さ感は薄まっているものの、「逢える、逢えない」が風味になってた。
ある程度、血まみれてますが、私的にはそうたいしたこともなかったかな。
4もあるんだろうなぁ…。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ