godzilla2014あ〜GODZILLAが上映始まった。映画館に行くのに勇気がいって行けない。寝ちまう…という不安があるのよね。それに、クソと言いたくなるほど暑い。仕事でお疲れモード全開で、休みの日はダラケテマス。
ということで、ゴジラくんも後ろ向きな画像にしてみました。なかなか評判は、いいようで。さすがにゴジラ誕生時は生まれてないですが、第一弾は観た覚えがあります。
最近観た友人が、なかなか深いもんがあったのにはびっくりしたと言うてたなぁ。
トランスフォーマーの新作も、ちょっと大型スクリーンで観たい気はする。
Transformers47月は、アナ雪もキック・アス2もSPEC完結もホビット2の再鑑賞もしました。黒執事も観たったわ〜。進撃の巨人も、一応本編の出揃ってる分のアニメは観ました。調子こいて、FRAUのリヴァイ表紙は買ってしまった(クリアファイル目当て)。
で、半月近くレンタル店にもいってませんが…。昔観たヤツのTV放映も、色々観た。トトロにもののけにアリエッティにハリポの地上波にBSでの録画もん色々。こうやって、何観たか忘れちゃうからBlogをはじめたのになぁ…。('A`|||)
我が家も、♪ありの〜やら♪雪だるまつくろーだのサビだけ唄ってます。(やっぱ松たか子Ver.がいい・サントラはBD出る前に借りてあった)
気がつくと、就学児たちは夏休みで、ウチには学校に行っている子がいないから、そっかーとなった。ガキめ!(むこうはBBAとかデブって言ってるだろうから,おあいこさ)
まー、借りに行くのかどないやねんなんですが、とりあえず今月もあげておきます。これくらいしないとっていう思いはあるのよね。

8/2
LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ベン・スティラー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-08-02
ベン・スティラー、久しぶりな気もします。吹替えが、ナイナイの岡村さんらしいが、評判が悪いです。字幕で観よっと。映画自体は、割と海外で評価はよかったように思うんだけど、違ったっけ?


ラヴレース [Blu-ray]
アマンダ・セイフライド
Happinet(SB)(D)
2014-08-02
アマンダちゃんが、伝説のポルノスター、リンダ・ラヴレースの半生を熱演されてるようです。相手役は、ピーター・サースガード。ジェームズ・フランコも出てます。(←コレが目当て)

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]
北川景子
Happinet(SB)(D)
2014-08-13
レンタル先行です。
これはぁ、娘に借りてこいっ!と厳命されているので、備忘録です。
私は、たぶん観ないだろーな。

8/4
ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース
ポニーキャニオン
2014-08-04
共演は、ダニエル・ブリュール。監督は、ロン・ハワード。
F1の黄金期かな?ちなみに吹替えは、Kinki Kidsの二人。
Kinkiは結構好きなんですけど、吹替えはどうなんでしょうねぇ。

LEGORムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
クリス・プラット
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-08-02
なんか楽しそうなのだ!



8/6
エージェント:ライアン ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
クリス・パイン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-08-06
スタトレのカークに何とか納まってきたなぁと思ったら、CIAのこれ。4代目だそうですよん。スパイもんは、硬軟どっちでもイケる方なので、観ル気はあります。

8/8
リディック:ギャラクシー・バトル Blu-ray
ビン・ディーゼル
松竹
2014-08-08
前作とずいぶんあいたけれど、続編です。(リディック/04’、ピッチブラック/00’)
設定とか忘れてるよーなとこもあるけれど、興味はあります。

8/15
大統領の執事の涙 [Blu-ray]
フォレスト・ウィテカー
KADOKAWA / 角川書店
2014-08-15
この人っていうとさ−、あの「ラストキング・オブ〜」のアミンは強烈でしたが、他は割とイイ人が多いですよね。
こちらは、いい人みたいです。

8/22
アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-08-22
これ観に行くはずだったんだけどなぁ〜(ーー;)
おうち映画で観ます。

他、なんやかんやあったけど、これくらいにしておこう。
最近の凄惨な事件で、ちょっとグロい映画は観にくいなぁと思ってます。さすがに凹んだ。
散々、血が欲しいだのなんだの「この人大丈夫か?」という事を書いてますが、あの女子高生のようなリアルな願望と実行はまったくありません。
凄く言い訳したくなりました。
このBlogには、そういうグロい映画へのアクセスが多いのですが、観る(創る?もか)娯楽としてとどめるよう願います。老婆心です、はい。
こういうことで、規制がキツくなると、表現の自由を脅かす方にもつながることを忘れないで欲しいということも少しあります。自由というのは、個々の責務も伴うものです。
たいがい、ひでぇ事も書いてるんで、説得力ないなぁ。