前売り券を持っていたので、もうすぐ台風というか祇園さんの宵宮というかその辺りに観てきました。早く帰った方がいいなと思って、一本しか観なかったわ(「しか」か…)。
平日だし、京都はお祭りだしガラ空きな映画館でした。
7月に入ってから、パソコンがおかしくなりましてリカバリーして使えるようになりました。まぁ、後の更新やソフト入れるのがめんどくさかったけれど、結局スッキリしたようで(笑)ついでだから、ATOKも5年ぶり?に新調してやったわ(Googleのでもよかったんだけどね)。
で、今PCの物色中です。お仕事PCの扱いじゃなくて完全エンタメPCとなると、高いなー。カスタマイズをしていくとどんどん高くなってしまい、結局カタログ品の型落ちのほうが安くつきそうです。自作なんかできひんしね。
映画館で観た映画くらい書かねばなぁ。
AVENGERS_ULTRON1アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
原題:AVENGERS: AGE OF ULTRON
監督・脚本:ジョス・ウェドン   
製作:ケヴィン・ファイギ   
製作総指揮:ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム、パトリシア・ウィッチャー、ジョン・ファヴロー、スタン・リー、   
撮影:    ベン・デイヴィス   
視覚効果監修:    クリストファー・タウンゼント   
衣装デザイン:    アレクサンドラ・バーン   
音楽:ブライアン・タイラー   
音楽監修:デイヴ・ジョーダン   
スペシャルサンクス:デヴィッド・メイゼル   
追加音楽:ダニー・エルフマン
上映時間:142分
出演:アイアンマン: ロバート・ダウニー・Jr
ホークアイ: ジェレミー・レナー
ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン
ハルク: マーク・ラファロ
ソー: クリス・ヘムズワース
キャプテン・アメリカ: クリス・エヴァンス
マリア・ヒル: コビー・スマルダーズ
ニック・フューリー: サミュエル・L・ジャクソン
クイックシルバー: アーロン・テイラー=ジョンソン
J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス)/ビジョン:ポール・ベタニー 
スカーレット・ウィッチ: エリザベス・オルセン
ウルトロン: ジェームズ・スパイダー
AVENGERS_ULTRON2ドン・チードル、アンソニー・マッキー、ヘイリー・アトウェル、イドリス・エルバ、ステラン・スカルスガルド、ローラ・バートン、キム・スヒョン、トーマス・クレッチマン、アンディ・サーキス、ジュリー・デルピー、スタン・リー、ヘンリー・グッドマン、ジョシュ・ブローリン(ノンクレジット)、他
人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。
公式サイト

冒頭ヒドラのどーたらこーたらで、なんやったっけ?と思ってたんだけど、これはキャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャーから続いてるわけでんな。WOWOWでこれやっていて、ラストの方だけ観てあ〜〜そうだったぁでした。まぁ、なんも知らなくても大丈夫なようにはなっているのですが、最近のこの手のシリーズは総ナメ状態の私には、モヤモヤするのよ。
AVENGERS_ULTRON3ロキ様の杖の争奪戦であったんですが、ロキは出てこねぇ。残念だ。出てこねぇついでに、ソーの彼女ジェーン(ナタリー・ポートマン)もペッパー(グウィネス・パルトロウ)もでない。全部に出ないと気が済まないニック・フューリーは今回少なめ。スタン・リーももちろん出てます。
今作でクイックシルバーとスカーレット・ウィッチが、前半のポイントキーな特殊能力を持つ双子として出てくるんですけど、クイックシルバーはX-MENにも出てた。彼は映画映えするキャラだ。MARVELのコミックはこういうクロスオーバーなところがあって、深みにはまる人もいるんだろうね。スパイダーマンと次作はやっちゃうんだよね。違ったっけ?(三代目になるらしい)
この双子に関しては、X-MENのマグニートの子供という説もあった(現在は否定らしい)。この映画では、その設定ではありません。
クイックシルバーはキック・アスでーす(笑)クイックシルバーの能力は、おもしろいので、X-MENとの比較も書きたいとこなんだけど、我慢しよう。こっちのクイックシルバーの方が、大人びてはいます。登場場面も多い。その分、凝り方は薄味に見えるかもしれないですね。
スカーレット・ウィッチの能力は、ある意味最強かも。敵に回したくないよ。
AVENGERS_ULTRON7AVENGERS_ULTRON8Twitterでぼやいてもいましたが、割とアイアンマンのご活躍は控えめです。いつもながら、リーダー的存在だし金持ちだし目立ってはいますけどね。
その分、ハルクの大暴れとブラックウィドウとの恋愛もあったり、ホークアイにファミリーがあったりと、いつも地味な役割をくっているような面子に光が当たってるような気もしないでもない。
個人的に弓使いの人には、妙に萌え〜するのでうれしいです。
都市のぶっ壊し加減が、かなりすごいことになってるので、家族ほっこりや恋愛は哀愁も生んでドラマ力がでるかもしんないねぇ。(ほんまかいな)
AVENGERS_ULTRON6とにかく目まぐるしく世界のあっちやこっちで、破壊しあいっこするので、それはそれでエンタメ映画としては楽しめた。
何も知らなくても楽しめるとは書いたけれど、やはりそれぞれの主人公になっている映画は、観てある方が楽しみどころはあるわけで、キャプテン・アメリカやソーはなんでや?というのがあるかもしんないもんね。ハルクだって、優秀な学者なんだし。観た後にそれらを観てもいいわけ。
敵になる人間もでてくるんだけど、結構この辺はインパクトが控えて感じます。
後半のキャラが、割と強烈なのよね。
AVENGERS_ULTRON5進撃の巨人かよっというのは、予告を観たせいもあるかもしんないなぁ。
着用前のアイアンマンと変身前のハルクが、学者魂というのか強欲な知的好奇心というか、ウルトロンを誕生させてしまい、人類の危機にまで瀕してしまう。
アイアンマンの頭脳的相棒のジャーヴィスまでも、ウルトロンは吸収破壊しちゃいますが。このジャーヴィスこそが後半の重要キー。
J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス)がヴィジョンとして、器をもらい対決〜。
AVENGERS_ULTRON4このヴィジョンは、あの人だったんですよねー。なんかそうじゃないかなぁと思いながら観てて、EDロールで確認しましたわさ。それまでも、ジャーヴィスの声を当ててたなんて知らなんだわ。
悪役も脇の面白キャラも何でも似合っちゃうポール・ベタニーだった。(そういやジョニデの映画観てないな。ジョニーよりよかったらしいという)
この風貌でだ、じゃないかな?と思った私はえらいなぁ。(褒めるな)
まだまだ続くらしいシリーズですが、彼もアベンジャーズとしてこの先登場してくれるのでしょうか。
出てほしいねぇ。
MARVELのコミックなどの原作とする映画は、楽しんで観ないと損ですね。

久しぶりに映画館にきて、スパイと恐竜映画は観たいなぁと思ったわ。ブロ友さんのmakiさんが協力プッシュのアレは、マジ行きたいんだけど…(夜しかやっとらん)。あの日お葬式に出ずにすんだら…行ってたのにっ!ちゅうかおっさんが急遽行かへんと寝込みをきめこみやがったせいだ。ぶつぶつ。ここで、吐いてスッキリしたぜ!ふんっ!