晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2018年03月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

シェイプ・オブ・ウォーター

blog投稿は久々すぎるので、わからん…。公開設定にしているけれど個人のメモであり戯言でもあることは書いておきます。あくまでも個人の意見感想。そしてネタバレも回避出来ていないと思う。以前から一応努力はしているつもりだけれど・・公式などのあらすじに書いてある程度は絶対OKですよね。ということはいつも踏まえていたと記憶しています。
コレの前に劇場鑑賞したのは「グレイテスト・ショーマン」。ミュージカルに苦手意識のない人は「観なよ」です。物語的にはあんまりないですけど、ええぞ。感想なぁ…気が向いたら。鼻歌でなくなっちゃたし。
シェイプ・オブ・ウォーターは、前評判の噂も聞いていたけれど(腰痛に耐えていた間にアカデミーとってやがった)、公開前から観たかった。(腰痛に関してはTwitter、今もまだ多少は痛い)
ギレルモ・デル・トロ監督は、「パンズ・ラビリンス」でやられました。
shape_of_water_2シェイプ・オブ・ウォーター(2017)
原題:THE SHAPE OF WATER
監督・原案:ギレルモ・デル・トロ
製作:ギレルモ・デル・トロ J・マイルズ・デイル
脚本:ギレルモ・デル・トロ ヴァネッサ・テイラー
撮影:ダン・ローストセン
プロダクションデザイン:ポール・オースタベリー
衣装デザイン:ルイス・セケイラ
編集:シドニー・ウォリンスキー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
上映時間:124分
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノンリチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、
マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサーデヴィッド・ヒューレットニック・サーシー、 ナイジェル・ベネット、ローレン・リー・スミス、ジョン・カペロス、モーガン・ケリー、他
1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密
かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。
2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第90回アカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞
公式サイト

ギレルモ・デル・トロ監督の「パンズ・ラビリンス」にやられたと書いたが、「クリムゾン・ピーク」は観てなかった。今日は雨だし、朝っぱらから観だしたんだけど、DLNAが途中で切れちまってハイ途中です。(Wi-Fi接続はよくなる、ウチんち土壁あるし)
あーブレラン2045観てねぇわっ!←突然今思い出すなよ

もうさー、わっーわっーでしたわ。
評判はいいけれど、ダメな人はだめかもなっていうのも感じます。この監督作はあながちいえることなんだけどね。どんな監督でもそうかもしれんけど。
ラブストーリーな位置づけでいいのかなぁ。ラブファンタジーだよね。
今回のテーマカラーは緑かなぁ。
「彼」は半漁人のような不思議な生き物だぜぇ。どうよ?
半漁人といえばさぁ、ヘルボーイ!(2はこちら)そこでこの役をやったのが、ダグ・ジョーンズ。シェイプ・オブでもダグさんなのもうすぐわかっちゃった。
でだ、そんなことより重要なのはヒロインは言葉を失っていて、彼女の周りの人も何かしらの阻害を受けている人物で、世間的には「others」ともいう。時代背景も関係している。
とはいえ今の時代、みんな違っていいだの個性は大切なんて言ってるけれど、つつくと実はそうでもないところがかなり怖い部分でもあるんじゃないかと私は思っている。そういう私も、聖人ではない。ちょっとでいいから何かしらに優位に立ちたいという気持ちは否定できない。
お猿や犬猫と自分は違うと思うことと何ら変わりはない部分がある。人間だけが優位なのもおかしいわけですよ。まぁいいやこれだけでひとつ記事書けるじゃん、ご意見無用で。
特別美人でもなく普通とされない境遇で、隣の人で友人はゲイで親友は有色人種で仕事は宇宙開発センターだったっけの研究所の清掃で、秘密裏に運ばれた「生き物」に遭遇するわけだ。
ヒロインのイライザと不思議な生き物の間で、少しづつ心を通い合わせていくシーンはすごくいいのです。そして少ない理解者たちの存在。
異形のものとの心通わせるには抵抗はないのですが、恋愛となるとめちゃ抵抗感を感じたのが「おおかみこどもの雨と雪」でした。アレは子供たちがメインかもしれないけど、一箇所もの凄く拒否感でると生活背景までも否定的になってしまったもんな。ファンタジーに捉えられなくなってしまった。
見終わってからこのことを思い出したのですが、この映画に関してはすんなり受け入れられました。なぜだろう?変身するしないの問題なのか?身もふれ合うシーンが直接か間接かなのか?自分の中で答えは出ませんでした。
彼女も生身の「女」であることは、入浴シーンで感じるものがあったんですけど、あれはそうだよね、誰か教えてくれ。そういう部分もあるかもしれない。きれい事すぎないこと。
この不思議な生き物さん、最初はどうなん?キモ系?と思ったんだけど、かっこよく見えてきたww
初めての映画館での映画を観る背中がかっこよくみえた。
ヒール役のマイケル・シャノンがまた憎々しい。ステキにやらしい人物にできてます。
ロシア人研究者もスパイと学者としてのの狭間で揺れているのもまたよかった。ある意味語り部の親友ゼルダの「それはダメよ」からイライザの心情を汲み取って、惜しみない愛情を感じるとこはこころにきた。
電車の時間を見間違えていて、FOXのファンファーレで入場して冒頭シーンでぜぇぜぇいってて、落ち着いてみられてなかった。ラストを観てから、あー冒頭も一回観たいんだけどとなってます。
まだまだ書き足りないですが、もうこの辺でぶったぎります。Σ('◇'*)エェッ!?
ではでは ごきげんよう

shape_of_water1

最近をダラダラと書いてみた

ほったらかしのblogになってしまったなぁ。
しかしながら、ちょっとは自分の役には立っていて、この映画って?俳優さんって?とかいうときにはわかる。まぁ自分の見解があるんだから(そんなたいしたもんでもないが)。あんまり更新なくてもおいとくんじゃないかなぁ。
今、自分がおかれている環境もずいぶん変わって、安くこき使われていた会社から解放され、自堕落な生活に…ww 会社に解放というより、業務縮小に伴う契約満了という名の人員削減ですな。自分だけじゃなくって、結構お仲間がいるのでなんかプライドは守られた(爆)。あんな安い賃金であんなに長くいたもんだと今にしては思う。そのおかげで失業保険は早く出たし期間も結構あるんです。失業保険の金額は、収入が少なかった分「安っ!」はしゃーないです。
ほんで、あまりにもグダグダ生活なので就活をはじめました。就活つーかババアなんであんまり選り好み出来ないし、非正規でばっちい仕事でもいいわよです(今までも3Kな仕事ばっか回ってきてたけど、ラスト付近が一番まともでした)。4月頃から働き出そうかなってね。
いろいろな会社情報を見たり聞いたりしてると、あたしってなんでこんなにひでぇとこにいたんだろ?ってつくづく思って、もっと早く見切りをつけるべきだったなぁ。ある程度年齢を重ねてしまうと、新たに仕事を覚えるのはヤだとか人間関係の再構築も面倒くさいとか通勤距離(めちゃくちゃ近かった)がぁとか怯んでしまう部分があって、まぁいいかぁできてたんだよね。考えたら、関連性はあるとしても新しい仕事を覚えることはかなりやってきたし、転勤されたりや若い子の入れ替わりとか部署異動やら人間関係も変化はかなりあったんだよね。これは自分が悪いのだけれども、評価を求めていなかったせいというか自己評価が低すぎてか、お手柄を人に差し上げていたような気もするし、我慢強いおばさんだった。要はアホだな。上もそれを上手く利用していたんだろう。聞こえよくいえばお人好しというらしい(そう言われた)。人があそこだけはヤだと言う仕事も「イヤ」っていえないと思っていたようにね。
趣味と言い張る「映画鑑賞」なんですが、どうなんでしょう?な状態がつづいてますよね。
最近では、ほーんと情報すらおっかけていなくて…(^^;)あれほど日参していた近くのレンタル店も、三年以上行っていないかもしんない。ちょっと遠いTSUTAYAはポスト返却できるし行ったりはある。HULU入ってるしamazonプライムもはいってるしWOWOWもだし、待てばいつか遭遇できる訳よ。新作ハンターは引退です。(イケメンちゅうか男前発掘&萌え〜は密かに継続してます)
それでもやな、アレは観たい、コレ観たいは一応ありますが。
そうよ、仕事の引き継ぎで毎日カッカしすぎて疲れて観られなかったブレランとか、偏頭痛が酷くて断念したキングスマン2とかな。未だに、映画館で観たかったよぉと思う。
アメコミ映画はほぼ制覇していると思うのですが、この先はあんまり観ないかもなぁと。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは好きだし観るな。
パソコン環境もちょっと改善したんで、こうやって打てるようにはなりました。仕事でPC触ってると家で触りたくなくなるっていうんじゃなくて、本当はきっとiPhoneで事足りることが多かったんでいじらなくなったんだよね。仕事辞めてからそう思うようになった。私iPhoneのplusのほうだから画面でかいです。オンデマンドも結構観られますよん。ほかの方のblogとかもね。
仕事辞めてから、Twitterの頻度は上がってます。

まぁこんなもんすか?
3/14に観てきた「シェイプ・オブ・ウォーター」の感想をあげようかなぁ〜と思ってます。出来たらな!できたらやで!
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ