最近のワルメンブームのさきがけにもなったクローズZEROの続編。
かなり早くGET出来ていたんですが、なぜかPCで寝てました。
色んなワルメンキャラが、登場してますけど、どなたがお好み?
私はねぇ、時生ちゃんか多摩ちゃんか鳳仙の鳴海くんも好きですね。
源治は、なぜか、もひとつでんなぁ。視野が狭いような気がするからかな?
crz021クローズZERO?
監督:三池崇史
プロデューサー:山本又一朗
原作:高橋ヒロシ
脚本:武藤将吾
音楽:大坪直樹
上映時間:133分
出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、三浦春馬、高岡蒼甫、金子ノブアキ、桐谷健太、岸谷五朗、山田孝之、他
不良の巣窟・鈴蘭男子高校で巻き起こった史上最大の抗争。壮絶な闘いの末に芹沢を倒した源治は、最後の敵“リンダマン”こと林田恵との頂上決戦に挑むが、その圧倒的な力を前に敗北を喫する。それから数ヶ月…。鈴 蘭高校に、『殺しの軍団』と恐れられている鳳仙学園の刺客が現れた。かつて両校に影を落とした“血の抗争”…その哀しき因縁が新たなる闘いの火種と化し て、固く守られていたはずの休戦協定が破られる。cz2_wp02_wideトップに君臨する鳴海大我を中心に、一枚岩と化した鳳仙学園による侵攻が始まる。リンダマンとの勝負に固 執するあまり周囲が見えなくなっている源治、空中分解寸前のG・P・S、沈黙を守る芹沢軍団、好き放題の1年グループ…。まるでひとつにまとまる気配も無 いまま、鈴蘭高校はかつてない危機を迎えることに。そして1年生にして幹部入りを果たした鳳仙のスーパー・ルーキー、美藤竜也は、この機にどう動くのか?…いま、鴉達の最後の闘いが始まった。(by;amzon)
公式サイト
公式ブログ(出演者のリレー記事もあり)

crz022crz023男は素手で勝負よね。
飲酒・喫煙は、ひどいもんですが、高校生はハジキもヤクも致しません(笑)
中の人は、ほとんどが成年なのでねぇ。タバコ吸いまくりですね。
crz024でも、立派なアイテムになっています。
学園ものですが、授業もセンセも登場しない。
学校なんて、どうしてみんな登校してんだ。
ストーリーは、前作の方が面白かったかもしんないです。
でも、まぁ〜素手でのバトルは、凄いわ。

実は、「鴨川ホルモー」も観てありますんで、山田孝之ウィークな気もします。
一作目の画像観たら、えらく老けた気がしますわん。この人、ロン毛は似合わないですね。
反対に、小栗クンは長めの方がいい。今みたいに短いと、唐沢寿明サンに似てますよねぇ。(会社の人が小栗旬は20世紀少年に出ていると言い張っていた)
多摩ちゃんが、学ランを今作でほとんど着ていないのは、源治に負けたからだっけ?
crz026crz028鈴蘭VS鳳仙のバトルは、オモロかったですね。
鳳仙は、幹部は髪の毛ありますが、その他大勢は坊主です。
今回も、女性の出演は僅少。
やくざの拳さんも、源治との絡みが直接無くって、ちょっと残念でした。
学校抗争の裏で、ヤクザの抗争もまたちょいあるんですが、この辺中途半端な感じがしましたです。
鈴蘭の面々のキャラエピは、やっぱ牧瀬くんですね。
笑えました。
バトル中とバトル前の時生&ツインズのセメダインRも、笑いました。
鳴海の「校内は上履きに!」っていうのも、予想外だったけどね。
crz025三浦春馬の美藤くんは、「クローズ」のキャラだそうです。1年生とはいえ、幹部であり、鈴蘭と因縁のある関係。設定では、この1年後鳳仙のトップに君臨するそうです。
今回は、「観とけ」という鳴海。
お得意らしい蹴りは、一発しかみせてもらえませんし、バトルもありません。
鳳仙幹部のキャラも、公式サイトなどにあり、「イケメンブラウン」「イケメンゴールド」なんて方もいらします。
漆原というアブナイ奴もいて、最後は芹沢とタイマン。芹沢に憧れていたようです。
レンタルもんじゃー本編とちょびっとのメイキングくらいなんですが、カットされたタイマンバトルも色々あるようです。
だれか貸してくんないかなーと思ってしまった(笑)
映画館で、クローズZEROのマナーCMがあるって聞いたんですが、去年観られずじまいでした。Youtubeにあったので、のせときます。
映画館マナーは守りましょうね(爆)監督は小栗旬。
観てる映画は「感染列島」だと思います。(彼らぜんぜん観てねぇよ)