今、スーパーナチュラルS4を観てる最中なんですが、とりあえずコレを。
アメコミに有名な原作者が、監督に挑戦!世間的に、評判はもう一つですが、マンガ的に楽しめました。
まっ、GOEMONと似たようなイメージだな(ちょっと違うけど)。
スタイリッシュだけど、笑える??
sprit1ザ・スピリット
原題:The Spirit
監督・脚本:フランク・ミラー
製作:デボラ・デル・プレト、ジジ・プリッツカー、マイケル・E・ウスラン
製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー、スティーブン・メイヤー、ウィリアム・リシャック、マイケル・パセオネック、マイケル・バーンズ
原作:ウィル・アイズナー
撮影:ビル・ポープ
美術:ロザリオ・プロペンザ
編集:グレゴリー・ナスバウム
音楽:デビッド・ニューマン
上映時間:103分
出演:ガブリエル・マクト、エバ・メンデス、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、ルイス・ロンバルディ、ジェイミー・キング、他
セントラル・シティを悪から守る仮面の男、スピリット。その正体は死んだはずの元刑事デニー・コルトだ。彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパスの姿が。また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフも脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。
公式サイト
ザ・スピリット - goo 映画

spirit2なんか笑えるって書いたように、どこか軽さが目立つと思うんです。
実に、マンガらしいというか。
映像的には、「シン・シティ」あたりに近く、初めの方はスピリットの赤いネクタイが印象的。
靴底の白も、わざとだし。
戦いシーンは、あまり際だった激しさはないです。
グロさも、ほどほど。別エンディングは、きちんと映像化されたら、かなりグロくなりそうでしたけど。(特典にあり・レンタルもんにもあったよ)
スピリットは、不老不死のヒーローみたいなんだけど、どうも、ぽくない。
サミュエルおじさん扮するオクトパスを目の敵にしていて、女性にも、サービス目線で応えます。
spirit5オクトパスも、不老不死らしくって、二人の関係は後半であきらかになっていくんだけど、ん?ってなる点も多いかもね。
なんか私は、面白く観られましたよ。
オクトパスも、スピリットが死なないのに、アホみたいに闘うのが半ば趣味みたいで、子供のケンカみたいっす。
オクトパスの右腕の眼鏡っこおねえちゃんシルケン・フロスがスカーレット・ヨハンソン。
SpiritWallpapers_1280x1024_scarlettspirit3お衣装が、露出度高めですが、そんなセクシーにも思いませんでした。眼鏡っこ萌えの方にはいいかもしれないですけどね。
スピリットの初恋の人であり、宝石泥棒のサンド・サレフ役エヴァ・メンデスの方が、色っぽいですね。
へぇ〜っていう感じの映画ですねぇ。
一見、ハードボイルドなんですが、コミックリリーフなクローンのオクトパスの手下もいるけど、オクトパス自体がなんかねぇ、笑えますよ。
spirit4どういう経緯で、不老不死に憧れ、そのDNAを解明したのかまったくわかんないのが、ミソですね。
実験台にされたスピリットの今後も、彼を抹殺したことにより、闇の中。
その辺が、コミックの余裕かな。
まだまだ話がふくらませられる。
今さ、スーパーナチュラルを観てるでしょ、死神とかでてくると、無駄に想像力がそっちの方へむかうんですよね。
不死のものを殺すにはどうしたらいいか?パイレーツでもあったし、トワイライトでもそうでしたが、やっぱバラバラですよ。手っ取り早いのが爆破ですねぇ。
一応は、スパナチュの方は全巻観た事になる。で、これから、先にレンタルまでしてみたのを、じんわり観させていただくの♪
これさ、また来年の秋までつづきが観られないのよね〜。(ToT)
あっスピリット!、スピリット役の方は観た覚えがないな〜。
世間様の不評ほど、意外に楽しんでしまいましたな。
観る人は選ぶ作品でしょう。