夏バテPart2というか、お盆休み明けてから、仕事が終わったら、おうち映画もせずに、ゴロンゴロンの毎日。気を取り直して、これを観てきました。
予告編が、やたらあほで面白そうだったから。TVドラマの方は、観たことあるはずなんですが、ちっとも覚えていません。
注目は、ブラッドリー・クーパーとシャールト・コプリー!ですな。
ありえねぇ〜〜が観たい気分だったしね。
エンドロ−ル後のお楽しみは、TVドラマからのファン向けかな。
ateam1特攻野郎Aチーム THE MOVIE
原題:The A-Team
監督:ジョー・カーナハン
製作:ジュールズ・ダリー、アレックス・ヤング、イアイン・スミス、スティーブン・J・キャネル、スパイク・セルディン、トニー・スコット
製作総指揮:リドリー・スコット、マーク・シルベストリ、ロス・ファンガー
脚本:ジョー・カーナハン、スキップ・ウッズ、ブライアン・ブルーム
撮影:マウロ・フィオーレ
美術:チャールズ・ウッド
編集:ロジャー・バートン、ジム・メイ
音楽:アラン・シルベストリ
上映時間:118分
ateam6出演:リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、シャルト・コプリー、ジェシカ・ビール、パトリック・ウィルソン、ジェラルド・マクレイニー、ブライアン・ブルーム
幾多の特殊ミッションを遂行し、輝かしい戦歴を刻んできた〈Aチーム〉――ハンニバルことスミス大佐率いる元特殊部隊員で編成された4人の精鋭たちが、イラクでの米ドル紙幣の原版強奪事件に巻き込まれて逮捕される。だが半年後、リーダーのハンニバル(リーアム・ニーソン)は、刑務所から脱獄、部下のフェイス(ブラッドリー・クーパー)、B.A.(クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン)、マードック(シャルト・コプリー)と合流する。かくして復活したAチームは、無実を証明するために行動を開始。ハンニバルが編み出す荒唐無稽な作戦のもと、当局の追跡をかわしながら、自分たちの名誉を汚した黒幕に迫っていく。フェイスの元恋人でありながら、4人の逮捕に執念を燃やす国防犯罪調査局のソーサ(ジェシカ・ビール)や、謎のCIA捜査官リンチ(パトリック・ウィルソン)との策略合戦が火花を散らす……。
ateam2公式サイト
特攻野郎Aチーム THE MOVIE - goo 映画

冒頭は、チーム結成のお話から、ちゃんとやってくれる。
ドラマを見ていないに等しい私にも、わかりやすい。
BAが、飛ぶのが嫌いなわけも、わかる。
覚えているのは、葉巻をくわえたおっさんくらい??だったような気もする。
このおっさんをリーダーとして、個性あふれるメンバーが、とんでもない計画で、頑張っちゃいます。
ateam8
自分としては、もうちょっとゆるゆるな雰囲気もあるのかなと思ったんですが、アクションの方がたっちゃったかなぁ。
テンポもいいし、奇抜だったりするし、火薬量も多い。
でも、中だるみ感は、私も感じましたね。
なんでかなー?
もっと、笑えるんじゃないかと期待し過ぎちゃったのもあるかな。
クレイジーなマードックは、前半あほ言ってましたね。
B.A.とは、いいコンビだわ。
ateam10ateam9ブラッドリー・クーパーは、半裸状態も多く、サービスだわ♪とにんまりしてました。(-^〇^-)アハハハ
出番も、かなり多めですし、日本でも女性ファンが増えそう。
いやぁ〜、かっこいいですねぇ♪
こんな楽しみ見つけちゃったら、観た甲斐があったつうもんです。
贋ドル札の原版逃亡のゲリラ組織をバグダッドで追い、そこで上官が爆死。上官殺害と原版横領の罪で、彼らはバラバラの刑務所に10年の懲役を言い渡されることになる。
ateam7そして、脱獄。これには、CIAのリンチ捜査官が絡む。
パトリック・ウィルソンだっ。ウォッチメンだ!不倫男だ!
私の記憶より、この映画ではシャープにみえた。
(どんな記憶?う〜ん、Hなシーン?)
フェイスは、獄中でも日焼けマシーンがあったり、リッチな生活。なんでやねん。
脱獄でおかしかったのは、マードックね、3D映画を観ようって…。いやぁ〜今風です。
リーアムさん、髪の毛の色が本来の色ではないのですが、そのせいか、いつもと違う感じがする。(ほんでも96時間のおとっつあんより余裕があるオッサンの雰囲気かな)
ateam4唯一のヒロインで紅一点あるジェシカ・ビール。
軍人であり、大尉とエリートなんです。フェイスの元カノでもあったらしい。
この人がでてくると、なんだか急にスピード感がなくなっちゃった気がしないでもない。
男の人でもよかったんじゃないのかなぁ??
軍服もお似合いなんですけどねぇ。
野郎ばっかのほうが、面白かったかもぉ。
そんでも、へんてこな空中戦や後半の貨物船での攻防は、見所です。
ヘリコプターに戦車とか、アホ満開ですって。
ほんまに計画?行き当たりばったり計画?な〜んてね思っちゃうほど、ありえへん。そこが、又楽しいところでしょう。
でも、あのワルは本当に捕まちゃったんでしょうか?はなはだ疑問。
わたし、こいつ、怪しい…というのが、当たりすぎで、困ります。
ateam3なんだかんだといいながら、ノリで観ちゃって正解すね。
楽しかったです。
監督は、スモーキン・エースの人なんだね。おっと、The 4th Kindの製作もしてたんですね。製作といえば、この映画にリドリー&トニーのスコット兄弟も名前を連ねてますね。
へぇ〜。ロビン・フッドは、イマイチのれないんですが。
バイハザ4、エクスペンダブルズとか、この秋もアクション映画はまた観そうです。
こういう映画って、いわゆる男子映画なんでしょうけど、私好きですねぇ。
唯一、女性らしいのは、イケメンに目がない事ぐらいでしょうか。ξ^▽〆オーホッホッホ