目的のDVDがなくって、はずみで借りてしまった。
そうです。この手は、好みじゃないなとわかってます。
久しぶりに、時計を何度も観てしまいました。
バツイチ讃歌な気もする…観光映画。
目当ては、J.フランコに絞りました(笑)
eat-pray-love1食べて、祈って、恋をして
原題: Eat Pray Love
監督:ライアン・マーフィ
製作:デュード・ガードナー
原作:エリザベス・ギルバート
脚本:ジェニファー・ソルト
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:ダリオ・マリアネッリ
上映時間:133分
出演:ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ビリー・クラダップ、ヴィオラ・デイヴィス、他
eat-pray-love4リズ(ジュリア・ロバーツ)はニューヨークで活躍するジャーナリスト。仕事にプライベートに忙しい日々を送っていたが、心のうちにどこか満足しきれない思いを抱えていた。“昔はもっと毎日が輝いていたのに……”。失恋と離婚を経験した彼女はある日、全てを捨てて自分探しの旅に出ることを決意。それは、イタリア、インド、インドネシアを巡る一年間の旅。イタリアではカロリーを気にせず好きなものを好きなだけ食べ、インドではヨガと瞑想に打ち込む。旅を通じて少しずつ自分が解放されていくのを感じるリズ。そして最後の訪問地はインドネシア、バリ島。そこでは予期せぬ出会いが彼女を待っていた……。
公式サイト
食べて、祈って、恋をして - goo 映画

だから、何?と思ってしまう私は、卑屈ですかね。
そこそこ仕事で、成功している方だと思われる主人公リズ。ダンナは、夢をおってはいるけれど、長続きしない。
妻の財力に頼ってる夫にしかみえないですな。
eat-pray-love6ある日、離婚を決意し、家を出る。(自分で買った家だろーに)
そんな折に、年下の役者と知り合う。ここの出会いのシーンの方が、後のハビエルさんとの出会いより、ロマンチックというか恋の演出しとるのはなぜだ?
彼から、ヨガと瞑想を知ることとのなる。
そんな彼とも、うまくいかなくなってしまい、リズは、旅に出ることを決意する。
ってなわけで、バツイチ&恋人との別れから自分探し。
eat-pray-love3イタリアで、北欧からきた女性と知り合い、友達の輪。
食べて、飲んで、しゃべって、です。
あっ、おいしそー♪
楽しい楽しいイタリアです。
ちょっと思う。どこまでも、目線はアメリカ人。
馴染んでいるようでも、そうじゃない。
どっと体重のふえたリズは、予定通りにインドへ。通っていた道場(?)のグルは、eat-pray-love2入れ違いにNYで不在の中、瞑想に朝のおつとめに励むが、うまくいかない。
お寺でさ、宿坊に寝食して体験修行するのに似てるでしょうかね。
インドの女の子の結婚式に立ち会ったりするものの、インドの結婚の形態と自分の自由さかげんは、折り合わないんじゃないの?このエピは、いる?
インドで、テキサス出身のバツイチ男さんと知り合い、色々と心の折り合いのつけかたを考えたりする。
eat_pray_love7eat-pray-love5そして、バリ。冒頭で来ているのは、初回。そこで、結婚は2回といわれたり。
その通りになって、またやってくる。
そこで、ブラジル人のバツイチ男フェリペと知り合う。ね、バツイチばっかざんしょ。
バリで離婚女性の待遇は悪いため、腕のいい薬剤師の女性は苦労を強いられていた。
リズは、自分の誕生日が近いことで、NYの友人やイタリアで知り合った友人たちにもmailで、彼女のための寄付を募る。
よかったね、イイ事が出来て。
2時間越えは、非常にしんどかったちゃぴさんでした。ふう〜
これが、好みっていうもんでしょうね。
この映画、プランBの製作ですんで、ブラッド・ピットさんの名前もあがってましたね。ジュリアの役が、アンジーだったらおもろかった?んなことないな。