水曜日にこれも観てきました。
大人になった赤ずきん!いいキャラしてます。
赤ずきんちゃんの童話は、知らない人はほとんどいないと思う。リンクするようなシーンもあるけれど、あの赤ずきんが大人になったというわけではなさそうね。
ファンタジーな雰囲気をもちながら、恋愛模様に人狼絡んでホラーちっく。
監督は、「トワイライト」のキャサリン・ハードウィック。製作に、レオさん。
レディスデーだからってこともあるけど、客席95パーセント以上の女子率(爆)
でも、男子もそこそこ楽しめるとは思いますわよ。
まちがっても、お子様と観る映画ではないです。
red_riding_hood1赤ずきん
原題:RED RIDING HOOD
監督:キャサリン・ハードウィック   
製作:ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、レオナルド・ディカプリオ、ジュリー・ヨーン   
製作総指揮:ジム・ロウ、マイケル・アイルランド、キャサリン・ハードウィック   
脚本:デヴィッド・レスリー・ジョンソン   
撮影:マンディ・ウォーカー
衣装デザイン:シンディ・エヴァンス   
編集:ナンシー・リチャードソン
音楽:ブライアン・レイツェル、アレックス・ヘッフェス   
音楽監修:ブライアン・レイツェル
上映時間:100分
出演:アマンダ・セイフライド(サイフリッド)、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース、ジュリー・クリスティ、他
red_riding_hood9美しく成長した年頃のヴァレリー(アマンダ・サイフリッド)は、両親によって村一番の裕福な一族の跡取りヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約が決められたことを知らされる。だが、彼女には幼馴染みで木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)という、将来を誓い合った恋人がいた。2人はすべてを投げ捨てて駆け落ちを決意するが、血のように真っ赤な満月の夜、すべてが一瞬にして変わってしまう。ヴァレリーの姉が何者かに殺されたのだ。この村では長年に渡って、動物の生け贄を捧げることで平和を保っていたが、“それ”は協定を破ったのだ。怒りに震え、復讐に燃える村人たちは、魔物ハンターとして名を馳せるソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)を村に招く。だが、やって来たソロモンは、村人たちに思いもよらぬ事実を告げる。犯人=“それ”は満月の夜だけ狼に変わる人狼だというのだ。“それ”は正体を隠したまま村に紛れているというソロモンの言葉によって、疑心暗鬼を募らせる村人たち。次々に犠牲者が増えるなか、パニックに陥ってゆく。そして13年に一度の赤い惑星と月が並ぶ夜。血のように赤い月の下でついに“それ”は姿を現す。そして、“それ”はヴァレリーに話しかける。“俺はお前をよく知っている。一緒に来い”。一体“それ”は何者なのか?手がかりはダークブラウンの瞳だけ。愛するピーターなのか?婚約者のヘンリーか?それとも……?“それ”の目的がヴァレリーを連れ去ることだと知ったソロモン神父は、彼女を囮にして広場に拘束する。危機が迫る中、ついに“それ”の正体が暴かれるが……。
公式サイト
赤ずきん - goo 映画

red_riding_hood2赤ずきんは、小悪魔ギャルだったんだよねー。
幼い頃から、ヴァレリーはピーターと仲良しで、うさぎ狩りをしてさばいてました(汗)
こんなとこで、何気にヴァレリーを描いてますね。ハハハ
親の取り決めでお金持ちの息子(でも鍛冶屋)ヘンリーと婚約したヴァレリーですが、実は、木こりのピーターと恋人同士。
駆け落ちしようという相談ができてたのですが、ヴァレリーの姉が殺されてしまった。
この姉ちゃんは、ヘンリーにくっつきまくってたらしいが、ヘンリーはヴァレリーのことが好きだったという関係。
red_riding_hood4red_riding_hood3この村には、伝説があって、動物のいけにえを捧げていた。満月のあぶない夜になぜお姉ちゃんは外に出たのか?
ヴァレリーはヘンリーと自分の婚約で、悲しんで自殺したのではないかと嘆く。姉の気持ちなど、知らなかったから。
お母さんは、私だって好きな人がいて、お父さんとは結婚したくなかったんだよー。でも、一緒に生活してくと変わるもんよ。なーんてヴァレリーをなだめていたが、これはちょっとした伏線になってるとはなぁ。くくく
red_riding_hood8そこへ、颯爽とソロモン神父。魔物ハンター。ドラキュラではありません。(ちょっと思い出してしもた)
これは、人狼の仕業で、村の中に人狼は隠れているといい、村中を疑心暗鬼にさせる。
誰が、人狼なのか?
ソロモン神父の嫁が、そうだったんで女性も範疇。
ヴァレリーを取り巻く人間が、疑わしくみえてくるのよー。ヘンリーかピ−ターかおばあちゃんかお父さんか…。ってね。
狼さんは、ヴァレリーに固執しています。
ただ、狼のCGがやたらしょぼいのが気になるとこでしたね。
ニュームーンの監督が、彼女じゃなくてよかったのは、ここかもしんない(爆)
red-riding-hood5red-riding-hood6今作も、お若い男優陣の抜擢は、力入ってます。
野性的なピーターのシャイロー・フェルナンデスは、あのトワイライトのエドワードのオーディションに残ってた俳優さんだそうです。キャサリン・ハードウィック監督の好みなのかな?
ヘンリーのマックス・アイアンズは、ジェレミー・アイアンズの息子さん。役的に、せつない男なのもあって、私は彼の方が好みですわ。あははは
red-riding-hood7父ちゃんは、ビリー・パーク。ベラのパパの人だし、これも監督の好み?
この父ちゃんは、後世に娘をヴァンパイアにとられるんだわっていう妄想が膨らみましたよ。
村の牧師に、ルーカス・ハースだったんですが、なぜかえらくイケメンにみえてしまいました。髪型とかコスのせいもあるんでしょうけど。あれ?って思っちゃったわ。
アマンダさんの映画が、立て続けに公開されてますが、この作品は、自分では気づいてないふうけど小悪魔です。ヒロインは、イイコじゃないのよ。ふふふ
トワイライトに出てきたような森や、どこか寒々した鬱陶しいような雰囲気感が、似てるかもしれないですね。
(ヒロインも実はかくれ自己チュー系、二人の男を手玉にだし・爆)
個人的には、お母ちゃんのヒ・ミ・ツが、面白かった。ははは
途中から、誰が人狼か予想がついてくるのですが、面白いエンディングでもありました。
なんだか、ヒロインとピーターのカップルには、あんまし感情が来なかったけどねぇ。