アカデミー賞の録画を3日がかりで観ました。観たい映画が増えました♪ショーは、難なくという感じでしょうか。ハリー・ポッターには、華を添えてあげて欲しかったですね。
今日観たのは、アカデミー賞とは関係のない映画です。この手は、選ばれそうにないわさ。
ジェイソン兄さんの刑事物ですが、思ったよりはアクションシーンは少なめでした。
あぶない刑事、はみ出し刑事といったとこですが、日本的なコメディ臭さは薄め。
blitz1ブリッツ
原題:Blitz
監督:エリオット・レスター   
製作:ブラッド・ワイマン、ドナルド・カシュナー、スティーヴ・チャスマン、ジギー・カマサ   
製作総指揮:サミュエル・ハディダ、アルウィン・ハイト・カシュナー、ケン・ブルーウン、ニック・マンジー、ガイ・アヴシャロム
原作:ケン・ブルーウン   
脚本:ネイサン・パーカー   
音楽:イラン・エシュケリ
上映時間:97分
出演:ジェイソン・ステイサム、パディ・コンシダイン、エイダン・ギレン、ゾウイ・アシュトン、デヴィッド・モリッシー、マーク・ライランス、クリスティーナ・コール、ロン・ドナキー、ルーク・エヴァンス、他
ロンドン市警に所属する強情で妥協知らずな刑事ブラント(ジェイソン・ステイサム)は、その情熱のあまり、犯罪者に対してやり過ぎてしまうこともしばしば。そんなある日、ロンドン市内で警官ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。ブラントの横暴な振る舞いを追いかけている新聞記者ダンロップは情報提供者から電話を受けるが、その男・ワイス(アイダン・ギレン)こそが殺人鬼であることを知る。ワイス(通称:ブリッツ)はダンロップに記事を書かせ、自らを虐げてきた警官を殺害し、有名になろうと目論む愉快犯だったのだ。ブラントの師や職場の仲間たち、さらには密告者までも次々と手に掛けていくワイス。だが彼の最後の標的はブラントだった……。
公式サイト
ブリッツ - goo 映画

blitz2犯人は、すんなりでてきます。謎解きものではないですから。
この犯人の異常さは、よくできてます。警察は、ちょっと足が甘い。
ブラントの情報屋の方が、よっぽどえらいぞ!
ゴミ漁りは、しなくっちゃねぇ。
そんなんだから、記者が犯人から重要なメッセージを受け取っても、通報してくれないだよね。まぁ、彼は自分の売名の方に目がくらんでましたけど。
blitz3愉快犯のようで、復讐じみてた。犯罪者のプライドを傷つけられたようですな。
人それぞれにプライドがあって、重要視するところは違う。自分はOKでも、他人はNGなところはたくさんあるよね。謝ること自体がNGな人は、少しは改めた方がいいです。多くのこういう人は、ありがとうを言えない人が多いですから。
愛妻を亡くし傷心のロバーツに代わり就任してきたナッシュ。彼は、ゲイ。
blitz6それで、署員にからかわれたりしているし、見た目は弱そう。この人、ホットファズに出てたらしい。忘れた。
しかしながら、ブラントといいコンビになっていきます。
刑事物は、コンビだよね。
ブラントは、あぶないオッサン。だからこそ、警官が天職と言い切る。
ブラントたちは、ワイスをブリッツと断定していくものの物的証拠がない。
彼を追い詰め連行するものの、釈放になってしまう。
blitz4この連行時に、ブラントが無茶しそうだから、彼も羽交い締めされてました。
あの後、ナッシュは後悔したんだろうねぇ。
警官ばかりを狙い、監視カメラの位置を熟知しており、背中しか映っていない。借りている駐車場は、カメラはついているが、HDDが壊れている。
そこに証拠品が隠されていた。
警察では、お金にならないので情報屋さんは記者に売りつけたネタ。通報しろって。
blitz5(それができない大人の事情)
この記者も、ブラントのことや警察をよく思っていない。
だからこそ、彼にブリッツは売り込んだ。
ヘンタイみたいなブリッツだけど、異様に頭がキレてます。弱そうなのになぁ。
足も、ジェイソン兄さんと同じくらいの速さで走ってた。
この追いかけっこが、大がかりなアクション(爆)
ドラッグ潜入捜査でミイラ取りがミイラになってしまった婦警と少年のエピは、あんまり要らなかったような気もします。
Luke-Evans彼女のお陰で、男前を拝顔することはできたけどね。
ゼウスアラミスで、きゃー男前と思ったルーク・エヴァンス
(インモータルズと三銃士!4月にDVD出ます)
たいした役どころではないのですが、ん?と二度観しちゃうイケメンさん。(好みですから…)
うふ。ジェイソン兄さんの派手なアクションが、たいしてなかったものの、目の保養がちょっとできてよかったです。ジェイソン兄さんも、銃が似合う。
記者のお仕置きは、ちょっとだけ笑った。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
試写会が当たった♪
アカデミー賞絡みの作品です。当日は、お仕事早退して行こっと(笑)