さんざん迷って、やっぱこれはスクリーンで観ておいた方がいいなって思って、「ドライヴ」と同じ日はこれにした。新種のアクション・コメディ…?(笑)
笑いどころが多かったわ〜。ホームズ&ワトソンの関係は、「腐」心をそそります。
今回の舞台は、イギリスだけじゃないんですねぇ。
sherlock_holmes21シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
原題:SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS
監督:ガイ・リッチー   
製作:ジョエル・シルヴァー、ライオネル・ウィグラム、スーザン・ダウニー、ダン・リン   
製作総指揮:ブルース・バーマン、スティーヴ・クラーク=ホール   
脚本:マイケル・マローニー、キーラン・マローニー   
撮影:フィリップ・ルースロ   
衣装デザイン:ジェニー・ビーヴァン   
編集:ジェームズ・ハーバート   
音楽:ハンス・ジマー
上映時間:129分
出演:ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、ノオミ・ラパス、ジャレッド・ハリス、レイチェル・マクアダムス、スティーブン・フライ、エディ・マーサン、ケリー・ライリー、ジェラルディン・ジェームズ、他
sherlock_holmes22ヨーロッパで連続爆破事件発生。天才的な頭脳を持つ名探偵ホームズは、皇太子が殺害されたと推理。ホームズの前に立ちはだかるのは、モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)。この事件は首謀者モリアーティ教授によって画策された、より大きな犯罪のパズルの一つにすぎなかったのだ。事件の捜査を進めるホームズは、鍵を握るジプシーの占い師シム(ノオミ・ラパス)に出会う。ホームズ、ワトソン、シムの3人はイギリス、フランス、ドイツ、そしてスイスへと次々に大陸を横断して捜査を進めるが、次第に危険度を増してゆく。しかも、常にホームズたちの一歩先を行くモリアーティ。彼の策略が成功してしまえば、歴史の流れを変えてしまうほどの死と破壊の渦巻く世界になってしまうのだ。果たしてホームズたちは、いかにしてモリアーティ教授の陰謀に立ち向かうのか……?
公式サイト
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム - goo 映画
前作「シャーロック・ホームズ」のMy記事ちゃん

sherlock_holmes28OPロールまでに消されてしまったアイリーン。かわいそーですね。あっけなかったです。
今回は、もうモリアーティ教授が黒だってわかってるんで、そこらはサクサクいってしまいます。
もうね、原作と離れて楽しんだ方がいいんですよ、きっと。前作で、雰囲気わかってるからそういう風にのればいいだけのことだよね。推理どうのこうのっていうのは、この映画はあんまり期待してはいけないですねー。(^▽^) ハッハッハ楽しんじゃお♪
次のアクションの推理の方が丁寧だったりするし(爆)
sherlock_holmes27sherlock_holmes210さてさて、ワトソンくんはいよいよ挙式を明日に迎え、独身最後の夜を。
ホームズくんは、なんか思惑があるような。
こういう推理な部分っていうのは、割とさらっといってしまう感じがするこのシリーズです。アクションも派手ですしね。
今回、特に目をひいたのは、前作での評判がこっちにいっちゃったのをうけたのかどうか知らないけれど、ホームズとワトソンの強い友情(?)でしょ。
もう、BoysLoveの妄想に「腐」の心もあるあたしなんかおおいにいっちゃうさなー(爆)
リアクションの妙なんですよね。
sherlock_holmes25sherlock_holmes29今作のヒロインは、女性らしくなった元祖リスベットちゅうか、ノオミ・ラパス。ジプシーの女で、兄を捜している。この兄が、教授の陰謀に関わっているために行動を共にすることとなる。
ワトソンの新婚旅行は、途中で中止。捜査の旅に変更。嫁は、ホームズの兄ちゃんに助けられるのですが、この兄ちゃんがまた、変!
sherlock_holmes26裸族なんでしょうか…(^◇^;)人妻の前で、もぉ〜!
顔とか体型が似ていないところが、また面白かったりします。
しかし、あの嫁の扱いはホームズくん、ジェラシーでしょうか。
とにかくテンポがいいといえばそうですが、いったい今はどこ?みたいになってしまいました。いい加減な私ですから、まっいいか…と。
とにかく、あちこちにくすっとなるようなネタがあって面白く観られました。
sherlock_holmes23ホームズの女装も、完璧じゃないところが、ミソなんでしょうかねぇ?
ひげ剃り跡が青いってば!
予想はしてたけど、もうちょっとキレイかと思ったので、吹いちゃった。
ホームズさんって、乗馬はお得意じゃないんですね。あのあたりの画面はおマヌケ。
肝心のモリアーティ教授とのあれこれなんですが、よく掴みきれてません(笑)
sherlock_holmes24よそに気を取られすぎてたのか、何の為っていうのが妙に希薄に感じたというか聞いてなかったというか…。
ザ・ウォード」のお医者さんだった人だけど、アクはあんまり強くないかなぁ。
前作のマーク・ストロングの方が、濃かったせいか?
天才である教授ゆえ、これもありか。
派手な追いかけっこやファイトシーンも満載で、楽しめた一本でした。
sherlock_holmes211やっぱ、アクション映画の類は、スクリーンがでかいと迫力ありますね。
さんざん笑えたし、このあたりもよかった。