こういう邦題は、私のようなひねくれもんからすっと、見る気半減なのです。
「うちら動物園こうてん」でええやん(関西弁かいな)。
どうも幸せのなんちゃらとかなんとかの幸せたら、幸福を決めるのは本人なんぞっと反論しとうなってしまいます。
実は、アントニオ・バンデラスの「私が生きる肌」が見たかったんですが、時間がまったく合わなくって…。これに落ち着いたんです。でも、いい映画でした。
事実を基にし、原作のある映画です。
we_bought_a_zoo1幸せへのキセキ
原題:WE BOUGHT A ZOO
監督:キャメロン・クロウ   
製作:ジュリー・ヨーン、キャメロン・クロウ、リック・ヨーン   
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ   
原作:ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊・英題『We Bought a Zoo: The Amazing True Story of a Young Family, a Broken Down Zoo, and the 200 Wild Animals That Change Their Lives Forever』)
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ、キャメロン・クロウ   
音楽: ヨンシー
上映時間:124分
出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、アンガス・マクファーデン、カーラ・ギャロ、J・B・スムーヴ、ステファニー・ショスタク、他
we_bought_a_zoo7半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物が暮らしていた。ベンジャミンは動物園の再建を決意するも、資金難が発生するなど悪戦苦闘の日々が続く。しかし飼育員や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいき……。
公式サイト
幸せへのキセキ - goo 映画
原作のダートムーア動物園のサイト

実は、「愛と誠」と同じ日に観ました。(^◇^;)
広大な敷地であろうと思いますが、夜の動物の声と臭いは、考えただけでちょっとコワイものがあります。
we_bought_a_zoo3家族揃って、妻であり母である家族をひとり失った喪失感は、痛みを感じます。
どこに行っても、妻との想い出があり、子供たちも表現に違いはあれど傷心を抱えている。まだまだ、母が必要なお年頃ですもの。
仕事や長男の退学処分を受け、新しい場所で新しい人生を踏み出そうと、引っ越しを考える。で、買ったおうちに動物園が付いていたわけ。
動物たちのお世話は、元の持ち主の遺産により飼育はされていたものの「園」として開業は出来なくなっていたわけで、様々な困難に一家がむかいながら、家族の絆の再生をしていく映画でございます。
we_bought_a_zoo2思春期のディランは、中二病だよねぇ。こういう年頃は、とにかく父ちゃん否定の年頃なんだから、拍車がかかってしまう。妹のロージーは間に挟まって、無邪気なようで気の付く女の子。愛くるしいんです。
飼育員のケリーとその姪っ子リリーは、ベンジャミンとディランに深く関わっていく。このあたりの微妙な揺れ具合が、いい感じでした。
あっーキャメロン・クロウ監督だったんですよね。あちこちで書かれていることではあるけれど、繊細な心のひだを描くのが上手いです。
ちょっとした山やら谷はあるけれど、全体にそんな大きな山はないと思うんです。でも、出てくる登場人物ひとりひとりが、いいキャラになっていたと思う。
we_bought_a_zoo4動物たちも、そんなにたくさん出てくるわけではないけれど、トラさんのエピとかは印象的なものになっているし、それは息子と父親の絆の再生にも一役かってる。
マット・デイモンもすっかりパパの役が似合っていて、いい具合に老けてきてますね。
スパイなんかのクールな感じもいいですけど、こういった役は、安心感そのものです。
スカヨハさんも、大変なお仕事の飼育員で色気は隠されてます。
アベンジャーズ、楽しみですねぇ♪
we_bought_a_zoo6エル・ファニングが、姉ちゃん(ダコタ)より色気のある雰囲気が気になります。ふふ
まずは新しいオーナーとして、飼育員たちや動物たちと仲良くなることからはじまり、それが何とかうまくいけばどんどんお金も要るし、開園しようと思うと検査にパスをしなければいけない。
ウォルター検査官の厳しい指摘をクリアするには、またお金が必要になる。
絶体絶命のピンチを救うのは…いいところです。
we_bought_a_zoo5そして、20秒の勇気も!これは、色々活用できそうなことです。
たった20秒の勇気で、人生はChangeするかもしれない。
ホンワカした気分で見終わることができ、癒されます。
ただ一カ所…、ヘビがわらわら出てきよったとこが、私にはマイナスでしたけどね。
(T.T)相変わらず、ヘビが怖い…。怖かったよ〜。
さぁ、6月最後&7月最初の休日は、スパイダーマンに行くでぇ〜〜。(先行は前売りが使えなかったんですよっ!!ふん)