最近は、監督さんと主演女優との不倫で話題になった映画やな。監督の奥さんも、王妃で出演しとったのになぁ…。
せやのに、なぜか悪役である邪悪な女王のシャーリーズ・セロンの方が、キレイに撮られてるような気がするんだけどなぁ…??
老けメイクあり、バックサービスありで姐さんは元気だ。
お話は、言わずとしれた白雪姫が題材。明るい色調のシーンもあるけど、邪悪な女王の支配下ということで、どこか色彩は暗め。
snow-white1スノーホワイト
原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
監督:ルパート・サンダーズ   
製作:ジョー・ロス、サム・マーサー   
製作総指揮:パラク・パテル、グロリア・ボーダーズ   
原案・脚本:エヴァン・ドーハティ   
脚本:ジョン・リー・ハンコック、ホセイン・アミニ   
音楽:    ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:127分
出演: クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・フロスト、トビー・ジョーンズ、他
(日本語吹き替え)坂本真綾、小雪、椎名桔平、浪川大輔、大塚明夫、他
スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。snowその時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。
公式サイト
スノーホワイト - goo 映画

snow-white2おとぎ話の映画化が流行っている。しかも、お子様向けではない仕様でね。
プリンセスもんに不可欠の王子様の役割は、この映画の場合飲んだくれのハンター。ほかにも、幼馴染の公爵の子息ウィリアムくん。
プリンセスも、今は戦うのが当たり前のようで…。
もうひとつの白雪姫の実写映画化「白雪姫と鏡の女王」もありました。これはジュリア・ロバーツが意地悪継母。ジュリア・ロバーツは、最近の作品はなんか見たくない感じが起きちゃう。わざとらしい笑い声が嫌いなのよ(笑)ターセム監督だし、見ると思うけど。
あっちの白雪姫が、なんだか明るい色調に対し、先にも書いたけれどこっちは暗い。にび色って感じね。
クリステン自体が、割と内気そうな雰囲気の子なんですよねぇ。
snow-white8王を殺した悪なラヴェンナさんは、もとから女王の座を狙ってたわけで、王妃を亡くして沈んでた王を籠絡するくらい朝飯前の計算だったのね。
でもって、王の一人娘を幽閉し続けたのが運の終わりだったようです。
このスノーホワイトの役割は、すんなり入りがたいもんはちょっとあった(笑)
城から逃げ出し、「黒い森」に逃げ込んだスノーさん、そこはお化け森やありませんかぁ。女王より怖そうだったりする。
snow-white7そこで、やっとハンターの登場。このハンターの役は、二転三転してクリス・ヘムズワースに落ち着いたらしいですが、まんまソー(笑)あのハンマーを斧に持ち替えただけに見えないこともないか。私、アベンジャーズ観たし、余計です。ソーほど、強くないですけどねぇ。
嫁はんを亡くし(実はラヴェンナの弟に殺された)、哀しみから酒浸りになっていたハンターは、黒い森を知っているということから、スノーを追跡する役割を死んだ嫁を生き返らせてあげるという女王の出まかせの褒美を引き受ける。実際にスノーに遭って、変わるんだけどね。
snow-white5反女王の軍隊を作っているという公爵の居城へ送り届けることになる。
二人が旅をするうちに、トロールに遭遇したりなんやかんやあって…
なんだか、ファンタジー映画を思い出す展開だ。
森が変化したり、こびとさんたちのいる森では、ティンカーベルみたいな妖精じゃないのやら出てきたり、どうも珍しいらしいおっきな白鹿がでてきたり、ナルニアか?と思ってしまった。ドワーフがいるしね。snow-white3ドワーフの中には、イアン・マクシェーンやニック・フロストがいたわん。顔だけ合成なのかなぁ。
ハイホーは歌ってくんなかったけど、歌う事もあるらしい様子でした。
女王の方は、劣化のスピードが速くなるようで、若さの精気を吸い取るのに必死。そんなことばっかしてると、若いおねえちゃんがいなくなって、その次の世代の若いもんが出来なくなっちゃうやんと思わずツッコミ(笑)
snow-white4ほんとならイケメン王子のはずのウィリアム。小さい頃から姫の側で遊び、姫もお気にいりだし結ばれる相手の位置のはずなんだけど、この頃そういうのは流行らないのか、毒リンゴを食べたスノーホワイトは、彼のキスで目覚めませんでしたもん。ハンターだった(本人は気づいてないみたいだったね)。
サム・クラフリンは、パイレーツ4で宣教師の役をやってたんだけど、イマイチ影が薄かった。
この映画も、ちょっと影が薄い。かわいそうなんでアップの画像を貼ってあげちゃいました。ソーより、顔は整ってるなぁ(笑)でも、存在感はやはりクリス・ヘムズワースの方が抜群です。声のせいもあるかもね。
snow-white6シャーリズ・セロンは、段々老けていくていう微妙なメイクを色々やってました。
小じわとかのメイク技が面白かった。シミとか顔色の艶のなさとかすごい。ある意味、おばちゃんの私には、酷なシーンでもあったけどね(爆)
この女優さんは、ふっきれ感がいつもながらハンパないなぁと思う。実は、彼女が主演女優じゃないかな。
いくら女王の座についても、国があんな荒れ放題では儲からへんのになぁ。ほんでも支配することは、快感なんでしょうかね。
永遠の若さや命って、やっぱいらん。
そんな期待もしてなかったんだけど、まっこんなもんかなという映画でした。
スノーホワイトが甲冑つけて、城に突撃もそんなに違和感はなかったです。
ラストが含みのある終り方だったのが、気になったかな。