暑い…とかなんとかで、ぼや〜っとしていたら、映画館で観損ねてしまった作品。今は、もう寒いなぁっていう時季になり、家で観られるようになりました。
12’の夏から秋にかけて公開されたんは、こんなんばっかです(汗)。
サム・ライミ版スパイダーマンから、仕切り直しての蜘蛛男。どんなんかな〜って思ってたわけよ。
主演は、繊細な青年が似合うアンドリュー・ガーフィールド。ヒロインは、メキメキ出てきているエマ・ストーン。監督は(500)日のサマーのマーク・ウェブ。高校時代のみを描いています。これも、EDロールは観ましょう、次作へ期待が高まるよん。
amazing-spider-man1
原題:THE AMAZING SPIDER-MAN
監督:マーク・ウェブ   
製作:ローラ・ジスキン、アヴィ・アラッド、マット・トルマック   
製作総指揮:スタン・リー、ケヴィン・フェイグ、マイケル・グリロ   
原作:スタン・リー、スティーヴ・ディッコ   
原案:ジェームズ・ヴァンダービルト   
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト、アルヴィン・サージェント、スティーヴ・クローヴス   
撮影:ジョン・シュワルツマン   
音楽:ジェームズ・ホーナー
上映時間:136分
出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド、デニス・リアリー、リス・エヴァンス、イルファン・カーン、キャンベル・スコット、エンベス・デイヴィッツ、他
amazing-spider-man313年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)を密かに慕っていた。そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・エヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。
公式サイト
アメイジング・スパイダーマン - goo 映画
スパイダーマン3のMy記事

amazing-spider-man2amazing-spider-man9サム・ライミ版三作全て観てあります。
今作から、ヒロインはMJからグウェンに。見映えもよくなってます(笑)
ハリー親子は出てこんのか…。次回に期待しますわ。オズボーンの会社は健在で、謎の社長さんがおります。
時代背景も変わった事で、スマホやPCも使いこなします。でもって、蜘蛛の糸攻撃は、装置で出すように変更になったところが大きいかな。
ピーターは、やっぱしダサ目の設定なんですが、トビーみたいなおもっくそダサい事はないところが、ガーくんです。(名前が長いので勝手に略)
amazing-spider-man4彼の両親は、死んだような失踪してるような曖昧な言い方でした。連作設定マンマンです。
ベンおじさん夫婦に育てられ、高校生になったピーターは、グウェンに気があるものの…といったところからはじまります。
終始高校生で、胸きゅん系青春ラブストーリーの要素が強いかな。500日の監督さんならではのそこらへんの描写が、いいです。
ピーターは、科学者の息子さんらしく頭もよいようです。カメラはお好きですが、記者カメラではありません。その後への布石のようなことは、しはりますが…。
amazing-spider-man6ふとしたことから、父親の鞄を見つけ、その中にあった父の親友で科学者のカート・コナーズ博士との写真から、彼に会いに行き、コナーズ博士たちの秘密の研究部屋にはいってしまったことで、蜘蛛に噛まれてしまう。
なんだって、蜘蛛が飼われてたのかわかんないし、その蜘蛛たちは、みんななんらかの力を授けてくれそうでもないみたいです。研究のためといったら、元も子もない。
謎がまだまだありそうです。
トビーさんのピーターは、悶々と暗くよくしてましたが、こっちのピーターは複雑な悩み方をしていると思う。
amazing-spider-man10こういうトビーさんの下敷きがあればこそっていうのはあると思う。だからこそ、割とあっさりした風に描写されてるし、時間の割き方も少なく思えます。
新しく微妙に設定を変えてやっちゃってるわけだから、キャラが変わっていくのも医院じゃないかと思うし、スパイダーマンの長い歴史の中でも,彼女も変わってるしキャラも色々違うんだろうなって。
鬼太郎やアッコちゃん、おそ松、サリー、etc.と時代に合わせて、微妙に変わっていってますから、そんなもんだと思う事にしておいてよかったです。
amazing-spider-man6amazing-spider-man8今回の敵となるのは、リザード。トカゲ男です。うん、ギャラクシー・クエストを思い出すんだよねぇ。アレは、トカゲ・ヘッドですけどね。
こいつと闘うシーンや、トカゲ男大暴れ〜なシーンは、意外と印象薄いなぁ。派手にさぁ、あんまり暴れてないんですよ。この辺の力の入り具合は、サム・ライミのがいい(笑)
グウェンのパパさんが、警察で、スパイダーマンを敵視しちゃってます。
amazing-spider-man5まぁ、異分子みたいなもんだし、排除したくなる心理です。それだけ、スパイダーマンというもんが、ようわからん頃で、悪い人をやっつけようとしてるのかなんなのかわかんないということでしょう。
リザードの方も、実際のところなりたくてなった「悪」でもないし、トカゲ的発想(?)に支配される事の方が強くなったためのようですねぇ。
どこか、力を持つというスパイダーマンと共通するように作られているのかもしれないです。リザードが、原作ではどんなんだったかは知らんし。
原作と言えば、原作者スタン・リーさん、相変わらずのご出演。彼が出るということで、バッタもんじゃないという証明なような気もします(笑)
amazing-spider-man7スパイダー・アクションの方は、スパイダーマンが高校生であるから、若さはあふれてる感じはするのね。どこか無鉄砲な感じとか、ぶら〜んぶらん浮遊感なんかを楽しんでる風とか。マスクをしょっちゅうはずしちゃうとこもご愛敬かもしれません。
グウェンにも、自分の秘密を打ち明けることとなります。まぁ、ばれちゃったのは、キスするためでしたけど。
私的にも、恋人同士になっちゃったこの二人、雰囲気はいい感じです。エマちゃん、ガーくん見映えもいい。(キルスティンはなんやかんや言われてたねぇ)
まだ、ほとんどの人が前シリーズを覚えている中でのリニューアルは、なんでなのかな。
枯渇しちゃってるハリウッド映画だからかなぁ。
だからこそ、ハードルも高かったと思います。
苦悩するヒーローという新しい形をつくってきた前のんは、やっぱり好き。でも、こっちの方も受け入れられるものをもっていて楽しめた。

これさー、TSUTAYA限定レンタルになってるんだよね。毎度、愚痴りたくなっちゃうんだけど、それに屈してしまう私もツラい。DISCUSはやめられないんだもん。
今回は、前のシリーズを持ってるよしみでコレクトに加えました。だもんで、TSUTAYAにぶりぶり加減もマシなんですわ(^▽^) ハッハッハ