宇宙人が続きます。もしかすると、今月は、宇宙人強化月間になってしまうかもしれませんねぇ(笑)
エイリアン」シリーズのヤツらは、怖いんですわ〜、私。なんせ、snakeがダメ!は虫類怖い!もんで、異常に怖がってしまいます。ずいぶん、マシにはなってきたかなと思うんですけどねぇ。今年の年賀状作成は、時間かかりました。干支画像なんて、困ります。
このプロメテウスでは、ネットで話題になっていたのは、吹替えでございます。これも検証したかったですね。ハハハ
そして、ちょっと違うやろっていう宣伝文句。これは、絶対無視した方がいい。
公開時は、もうひとつな評判でしたが、私はおもしろく観られました。
prometheus1プロメテウス
原題: Prometheus
監督:リドリー・スコット   
製作:リドリー・スコット、デヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル   
製作総指揮:マイケル・コスティガン、マーク・ハッファム、マイケル・エレンバーグ、デイモン・リンデロフ   
脚本:ジョン・スペイツ、デイモン・リンデロフ   
撮影:ダリウス・ウォルスキー   
編集:ピエトロ・スカリア   
音楽:マルク・ストライテンフェルト
上映時間:124分
出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース、ローガン・マーシャル=グリーン、ケイト・ディッキーフォード、レイフ・スポールミルバーン、ショーン・ハリスファイフィールド、ベネディクト・ウォンラヴェル、エミュ・エリオットチャンス、パトリック・ウィルソン、他
prometheus7エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、精巧なアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、砂漠に広がる明らかに人の手により造られた遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れる。しかしその惑星では地球の科学では計り知れない異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかる……。
公式サイト
プロメテウス - goo 映画
映画のウェイランド社のサイト日本語版サイト

冒頭から、「?」となる光景↑なのですが、Blu-ray特典の未公開シーン集を後から観て、ふぅ〜ん、そうなんとなったのでした。
ディレクターズカット版が出て当たり前の監督さんなんで、いくつかのツッコミどころは裏のある事が多い。
某大手ネットショップでのカキコで、痛烈に書かれていたせいもあって、好奇心が勝ってしまい、吹替えを最初にセットしてしまいました。
う〜ん(-"-;) 、字幕にすぐに切り替えました。全部観てから、試した方がいいですよ(爆)
Prometheus3で、『人類は どこから 来たのか。』
『人類最大の謎、それは《人類の起源》』といった宣伝文句があったんですよね。それに関した事は、確かに言うてます、エリザベス・ショウ博士はそういうことが知りたい人でした。
私自身は、リドリー・スコットがエイリアンの前日譚をするらしいという方が、頭に占める率が高かったんで、「私の怖いエイリアン…」が渦巻いてた。まともにちゃんと観たのは、最近です。
prometheus2エイリアンの中で、化石化していた異星人スペースジョッキーが、この映画の中でエンジニアと呼ばれる存在であろう。(リプリーが乗船したのは2122年)
僧侶的な感じがするスキンヘッドですが、人間には優しくないです。
人間と同じDNA型を持つことから、冒頭のシーンがつながります。彼らは、彼ら自身を生け贄とし、生物を創造してきたようです。このあたりが、公開版だけだとわかりにくい。
ほんで、この映画には、元祖ドラゴン・タトゥーの女ノオミさんがヒロインで、ひっぱりだprometheus4このマイケル・ファスベンダーがアンドロイドの役をしてます。アンドロイドであることは、隠されていないのですが、「エイリアン」の設定を思い出させます。何か、隠してるんです。
監督官であるヴィッカーズにシャーリーズ・セロンで、彼女もアンドロイドっぽい感じがする演技でした。でも、人間でした。
きれいすぎますねん(笑)冷凍睡眠効果でしょうか?
みんなが冷凍睡眠の間に、アンドロイドのデヴィッドは、古代語のお勉強をしたり、映画を観たり(アラビアのロレンスがお気にいりだそうな)、乗務員の夢をのぞいてみたり。
prometheus5彼は、宇宙船プロメテウスの建造者ウェイランド・コーポレーションのCEOピーター・ウェイランドの忠実なしもべです。彼は、相当なご高齢(1990年生まれ)でして余命幾ばくもないと最初に解ります。
そして、シャーリーズ・セロンのメレディスは、彼を父と呼ぶ。密かに彼は、船内に潜んでいた。ある目的のために。
隠し部屋があったということでしょうね。
prometheus6彼の目的は、永遠の命。
老人のメイクでさっぱりわからなかったんですが、ガイ・ピアーズだったんですねぇ。彼は、どこに出てるんだ?だったんですもん。
↑にリンク先がありますが、彼の足跡や会社の業績を見ることが出来ます。
温暖化現象を食い止めたり、癌の治療薬を開発したり、切実に今の地球に欲しいことですやん。
彼に合わせて、ちょろっとデヴィッドくんのことを考えたりすると、アイロボットとかA.I.とかの映画に妄想が膨らんでしまいました。
エリザベスいわくピラミッドの中に、彼らは進んでいくのですが、やはりそこはとんでもないことが起っていて、人間が侵入したことで目覚めるんですねぇ。
prometheus8←もぉーこういう形、いやっ!
な、ヤツらが登場してくる。
エリザベスの幼体寄生やらキタキタというのが、色々ありました。このあたりの感想は、他の方に任せよう。
ギリシャ神話においてのプロメテウスは、人類を創世した神で人間に火を教えたとか色々書いてあります。このあたりを合わせ考えるとおもしろいですねぇ。
なんだか続編も作れそうな勢いだし、エンジニアの母星は、別にあるということなので、含みたっぷりです。
エンジニアたちは、生物兵器としてかのエイリアンを創世したようですが、逆に自分たちもやられてしまったようです。そして、この生物兵器は地球に送られる予定だった。
リプリーの船が受信した信号は、あのエンジニアが送ったもので誰に向けて送ったのだろうね。そういう拡がりをつくっちゃうんで、面白く観られたんです。(プロメテウス号のほうが遙かにハイテクっぽいなぁ…というのはありました)
この映画は、ソフトで人気が出るTypeかもしれません。
同じリドリー・スコットの「キングダム・オブ・ヘブン」も、ディレクターズカット版を見ると、全然変わりますからねぇ。
prometheus9なんやらかんやらツッコミどころはある映画なんですが、リドリー・スコット監督というのは、ものすごく背景や小道具ひとつにも作り込んじゃう監督だと思うんです。この監督さんのDVDなりBlu-rayというのは、そこらへんが見所♪でもあります。こういうのを観るのが好きな人なんかは、楽しめる映画だと思います。「エイリアン」も、また観ようかなとも思いますし。
というわけで、世間の不評もなんのそのでこの映画はBlu-rayを買っちゃってた。元々、この映画は映画館で観る気まんまんだったんですが、自分が夏バテしてたり気分的にダメだったりしてるうちに公開が終わってました。
今のとこ特典のほうは全部見終わってないし、音声解説も全然手つかずです。
そのうちにゆっくり特典は観たいです。最近のBlu-ray特典にタブレットやスマホとのコラボのものがあって(アベンジャーズやダークナイト・ライジングもそうでした)、セカンドスクリーンは観やすいだろうけど、めんどくせぇ〜なぁと…。アプリをいれるのも容量を占めてくるし。日本語版出してるんなら、この特典もちゃんと字幕つけてくれないと!(ダークナイトライジング。アベンジャーズは1月後半につくらしい)
剛力彩芽さんは、博士っていうのにはちょっとたどたどしい…。メイク・ラブのシーンもあるし、どうして大人の女性じゃなかったんでしょうかね。百歩譲って、宣伝効果で有名女優をいれたかったんだったら、年齢のもう少し上の人にするべきでした。完全にキャスティング・ミスです。千歩譲って、デヴィッドの役なら、棒読み俳優さんでもまだOKだったのにね(爆)
最近、変な時間に寝てしまい、変よ。長期休暇あとは辛いなー。
さて、もう一回寝ます。土曜日も仕事ですねん。
<追記>
私は、エイリアンの時と同じ星だと錯覚してたんですが、違う星やったんやねー。