晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

アンジェリーナ・ジョリー

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

マレフィセント

アンジー姐さんのディズニー映画。オーロラ姫に呪いをかけてしまう怖い顔の魔女(妖精)を主人公に持ってきて、一捻りしたところが面白いかな。まぁ、れりごーのエルサもこの部類だとは思いますが…(この映画の感想も書いてないな)
「眠れる森の美女」(1959)のオーロラ姫は、ディズニープリンセスの中でも、美人だと思う。この役は、エル・ファニング。ダコタの妹です。そーいや、ブラピのでとった「バベル」に出てたなぁ。
12月になって、あの映画の記事も書いてないばっかなんで、取り急ぎ書きます。
maleficent1マレフィセント
原題:MALEFICENT
監督:ロバート・ストロンバーグ   
製作:ジョー・ロス   
製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー、ドン・ハーン、パラク・パテル、マシュー・スミス、サラ・ブラッドショウ   
脚本:リンダ・ウールヴァートン   
撮影:ディーン・セムラー   
視覚効果監修:キャリー・ヴィリェガス   
プロダクションデザイン:ゲイリー・フリーマン、ディラン・コール   
衣装デザイン:アンナ・B・シェパード   
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:97分
出演: アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、サム・ライリー、シャールト・コプリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル、ブレントン・スウェイツ、ケネス・クラナム、ハンナ・ニュー、イゾベル・モロイ、エラ・パーネル、ヴィヴィエン・ジョリー=ピット、他
maleficent2とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。
公式サイトは、ほぼソフトの宣伝


Maleficent9公開前のスチールで、似合いすぎって思ったわ!
マレフィセントの幼少の頃からを描き出し、
森の守護妖精のようになり、大きな翼を武器に外敵から守っていた。そして、彼女の深い悲しみから来る憎悪がわかるんですわ。
で、マレフィセントの住む妖精のいる森は、すごく既視感を感じて、アバターオズアリスに似通ってるなと思ったんですわ。似てて当たり前で、それらの映画のプロダクション・デザイナーだったロバート・ストロンバーグ が初監督した作品なんだそうで。ディズニーだからかなぁと思ったんだけど、それ以上の理由でしたわ。
maleficent6少女時代に、人間のお城で仕えるステファンという少年と出会い、心通わせあうのですが、このステファンが諸悪の根源でございました。
マレフィセントを裏切って、人間の国にとっての彼女への最大の脅威である翼を切り取って、瀕死の王へ差しだして王妃をGETして王の座についてしまう。
王の命令は、マレフィセントを殺すことではあったのですが、さすがにそれは出来なかったのが、せめてもの人間としての情を持ち合わせていたことかな。こういう男に裏切られて、華麗な変身を遂げる女の復讐ドラマって、よくあるよなぁ…。
ステファン王は、成り上がりだったのだw、この王てさぁ、見たことある人だと思ったら、第9地区のエビやんかっ(爆)
maleficent7失意のマレフィセントは、ディアヴァルというカラスを助け従者兼忍び(笑)にし、憎悪を募らせる。森の色もすっかり変化しちゃうんですな。
ディアヴァルくんは、マレさんにしょっちゅう色んなもんに変身させられています。
ほんでもって、マレフィセントの心の動きを何気に観る側に誘導してくれるようなとこもあるよね。なかなか好きな感じの役どころです。ボケとツッコミかましてくれるんでね。
ほんで、オーロラ姫が誕生し、くだんの祝賀会となる。
このシーンって、アニメ版とすごく似てるんで、うはっとなりました。見比べてみるのも面白いです。(YouTube貼っとこ)
maleficent5アニメ版では、よい妖精の3人組なんですが、この映画では、ひたすらコメディ担当。というか、ぬけてるしぃ。
青が一番マシかな。ピンクは、あのハリーポッターのピンクおばさんじゃ!ちょっと笑った。ピンク着てるとねぇ。妖精スタイルだと、少し顔がデカ目で、アリスを思い出すよ、赤の女王。
マレフィセントが、例の呪いをかけたため、オーロラは魔法を封印したこの妖精達とひっそり隠れて養育されることになるんだけど、この妖精達はダメダメで、育児が出来ない。
maleficent3様子を覗きに来たマレフィセントが、自分を怖がらないオーロラに絆されて、あれやこれやと手を出しちゃうんだな。
映画では、赤ちゃんは会心の笑みですけど、実際は大泣きだったようで、子役も怖がってしまい、実の娘ヴィヴィアンがオーロラの幼少時代に出たらしい。ヴィヴィアン以外の娘達も、怖がってたとか…。撮影中は、ブラピ父ちゃんが子守に来てたんだろうねぇ。所帯じみてるなぁ。
この辺りから、母性愛が主体に出てくる。大家族の母ちゃんでもあるアンジーだし、
maleficent4翼があった頃、長い髪を垂らしていたんで、まだよかったんですけど、憎しみの妖精に変わってから怖いよっw。凄く痩せてるから、ほお骨がとがってるくらいにみえてさ、化粧もあって強調されちゃってか怖さ倍増な気がします。ツムツムのマレフィセントは、まん丸だけんどねぇ。
オーロラの16歳の誕生日が近づくにつれ、彼女への愛情も確かなものに変わったようで、maleficent8オーロラも素直にマレフィセントを慕っていたんですが…。
フィリップ王子と実の母親の王妃は、完全に添えもんです。
フィリップ王子のブレントン・スウェイツは、新進の俳優さんのようですが、パイレーツの5に出るとか。どうもオーランド・ブルームの位置っぽいね。(1が一番面白かったなぁ)
誰もこの呪いを解けないように、最初にかけちゃってるから、マレフィセントすら解けなくって、混乱の中オーロラは糸車に憑かれたように導かれてしまい、眠り込んでしまう。
アニメから、目覚めるのは百年後という茨姫の物語も知り、王子よりずいぶんお婆さんだと思ったもんだ。
ドラゴンになるのは、マレフィセントではなくディアヴァル。ディアヴァルくん、殺されなくて、よかったです。
そして、真実の愛のキスは王子じゃないとこがミソだ。母性愛は、深いということですよ。
人間は、みんな母ちゃんがいなきゃ生まれてないんですからね。(まぁ父ちゃんも仕込みに必要ですし、イクメンもいますが)
やっぱ、悪役を主に持ってくると面白くはなりますね。

アニメとは歌詞が変わってました。
いつか夢で アニメ版(1959)


オーロラ誕生披露 アニメ版(1959)

12月に出る新作DVD&BD エンタメ映画勢揃いかな?

へぇ〜、もうあと一ヶ月ちょいでお正月ですか…。一年って早いなぁ。
今年は、自分にアクシデントが多かった(骨折とか)のですが、それはそれだし、新しい出会いもあったりして、それはよかったかなと思います。hobbit_the_battle_of_the_five_armies映画館は、機会はそれなりにあったのですがとんとご無沙汰してて、ホビットに始まりホビット(12/13〜)で終りそうです。(^◇^;)
一年のまとめな記事は、12月に書くとして、クリスマスからお正月ちゅうことで、公開映画も盛りだくさんなはずだけど、今頃の方が面白そうな映画があるよーに思えるな。お正月第一弾は、お子ちゃまに席を譲ってるんだろうなぁという感がぬぐえましぇん。第二弾の方がいつも観たい映画あるもんな。
DVD&BDは、エンタメ映画が揃ってます。ほんではいきます。

12/2
トランセンデンス [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ポニーキャニオン
2014-12-02
久しぶりな気がするジョニーさん。ほんでもって、SFもかなり久しぶりなご出演なんじゃないでしょうか。

ポンペイ [DVD]
キット・ハリントン
ギャガ
2014-12-02
監督は、バイオハザードのポールさん。どうも主演・ヒロインが無名っぽいです。脇にマトリックスの姐さんやジャック・バウワーの名前を発見しましたけんど。こういう歴史スペクタルっぽいもんは好物なんだけど…。

チョコレートドーナツ [DVD]
アラン・カミング
ポニーキャニオン
2014-12-02
口コミで上映館が増えた映画らしいですし、評判も良いです。これは観たいかなー。

12/3
マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アンジェリーナ・ジョリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
オーロラ姫は、エル・ファニング。アンジーはどうも監督業にご執心なようなので、女優さんとして観ておきたいなと思います。この姿似合いすぎなんだよねぇ(笑)王子は影が薄そうだよね。

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ホアキン・フェニックス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-03
監督は、スパイク・ジョーンズ。
評判が割と良い映画です。ただ、私は個人的にホアキンさんは苦手です。兄ちゃんは好きだったけど(単にイケメン好きか?)。

かぐや姫の物語 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
アニメのブランドなスタジオ・ジブリ。監督は、おもひでぽろぽろとかの高畑監督です。地井武男さんの遺作だそうです。そういや、高倉健さんの訃報は、びっくりしたなぁ。あの人って、未だ現役の仕事する役とか「男」が似合ってて、孫をお守りするじいさんなんて役は似合わなかったねぇ。

好きっていいなよ。 通常版 [DVD]
川口春奈
松竹
2014-12-03
娘のリク。今、人気沸騰中な福士蒼太!たぶんな、この映画でちゅーしまくる役のおかげで、今の会社休みますの雰囲気が作れるようになったと私は思う(爆)あたしゃ、三池監督の映画の方が観たいですけど…。

12/10
トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
マーク・ウォールバーグ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-12-10
キャスト総入れ替えな新シリーズ。これは、Blu-rayで観たい。変型シーンはBlu-rayがオススメです。地球は猿の惑星じゃないんだな…。


12/17
るろうに剣心 京都大火編 豪華版(本編Blu-ray+特典DVD)(初回生産限定仕様) [Blu-ray]
佐藤 健
アミューズソフトエンタテインメント
2014-12-17
つづきの「伝説の最期篇」は、1/21です。アニメ・マンガファンは、どーたらこーたらの思い入れはあるようですが、ひたすら佐藤健の身体能力を私は愛でたい。

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ポール・ウォーカー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
ポール・ウォーカーの最後の主演映画だそうなんで、ちょいと入れてみました。

ザ・ヘラクレス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ケラン・ラッツ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
まぁ、筋肉を愛でようかと(最近筋肉好きです、本人メタボだしか)。トワイライトの一番上の吸血兄ちゃんですね。神話ものも、好きなんだよねー。でも、期待はしてません。

12/23
イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
リチャード・アーミティッジ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-23
竜巻えいが!公開の頃ってさ、台風来てたように思うんだ。怖っ
主演は、ホビットのドワーフのトーリンじゃねぇか。この人て、素の顔って感じ変わるんですよね。共演に、ウォーキング・デッドやプリズンブレイクのサラさん。後は知らん(笑)最近、この手の映画減ったなぁ。

また追記するかもしれません。こんなもんかな。こん中では、クリスマス・プレゼントにくらさいっていうのはないのが、ちょっと辛いなぁ。

ツーリスト

日本でも、シネマのスター投票で、たぶん1位でさー、でなくても5位までには絶対に入ってるという二人の夢のコラボ。
ですが、評判はイマイチだったんだよね。ふふ
監督も、「善き人のためのソナタ」の監督ということで、期待するわなぁ。
私は、撮影の噂を聞いて、その写真とかリークしたけど、もうひとつ気乗りのするもんが、なかったんですよね。ツーショットが、合わない気がしてさー。思わん?
ジョニーの顔が、妙にでかいせいか?
tourist1ツーリスト
原題:The Tourist
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク   
製作:グレアム・キング、ティム・ヘディントン、ロジャー・バーンバウム、ゲイリー・バーバー、ジョナサン・グリックマン   
製作総指揮:ロイド・フィリップス、バーマン・ナラギ、オリヴィエ・クールソン、ロン・ハルパーン   
脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、クリストファー・マッカリー、ジュリアン・フェロウズ   
オリジナル脚本:ジェローム・サル   
撮影:ジョン・シール
衣装デザイン:コリーン・アトウッド   
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:103分
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーブン・バーコフ、ルーファス・シーウェル、他
tourist4傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ベネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、すべては仕組まれた罠だった……。謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていくフランクの運命は……?
公式サイト
ツーリスト - goo 映画

tourist3どこか謎めいた美女っていうのは、アンジー姐さんのはまりだと思う。
ジョニーは、数学教師でごくごく普通の男っていう設定。
だから、ちょっとぽっちゃり気味でしょうか?中に入っていた予告編集に「シークレット・ウィンドウ」があって、若っ!って思ってしもた。
そんなジョニーの設定なので、アンジーの方が目立つように出来ていると思う。
アンジー扮するエリーズさんの2年間音信不通だった彼は、ギャングの会計係で20数億ポンドを横領してとんずらこいた。
フランスに住んでいたエリーズは、ある日、その彼からの手紙を受け取り、ベニスに向かう列車に乗る。
このエリーズをはっていたのが、アチソン警部たち。
自分と似た体格の男と一緒にいろってことで、巻き込まれたのがフランクというアメリカからきたツーリストのジョニーさん。
この映画の持つ雰囲気というのは、今風ではなくちょっと昔っぽい。
派手なアクションや逃走劇っていうのは、薄い感じ。
主演二人は、なんでもやってくれそうなんだけど、そうでもない。
tourist6美しき水都ベニスということで、カーチェイスはなく、ボートチェイスだったりする。
Blu-rayでレンタルしたので、色々特典も観たのですが、いやぁ〜景色がすごいね。
住民よりツーリストの方が多そうなのもわかるわっ。
セットは要らないって、ほんとね。まぁそれだけに制約もあったりして、ロケは大変だったんだろうなぁっていうのは思う。
運河ギリギリに建物って、大雨降ったらどうなんだろうとか、妙に境目に注目してしまいました。ハハハ
アンジーの身につける衣装も、上等そうなもんが多くって、華麗でした。
この映画、GG賞でコメディ部門に入ってたんだよねぇ。うん…
tourist7警部役のポール・ベタニーが、軽〜いノリではあったけどね。
こういう軽い感じのベタニーさん、好っきやわ。
パジャマで逃げるジョニーとかねぇ。(数学教師はあんな逃げ方するかなぁ??)
どんでんがえし系のサスペンスだとは思うんだけど…
ジョニーが「だろう」っていうのは、予測があったんだけど、アンジーの「あれ」は予想はしてなかった。
でも、彼女ならありうるさーと驚きは少なかった。
キャスティングのどんでんは、この映画色々あったようですね。
ジョニーの前がアバターのサムさんで、当初はトムちんだったそうですね。
アンジーの前も、シャーリーズ・セロンだったようで。
ルーファス・シーウェルの役どころが、もっと引っかき回しててもよかったのになー。
tourist5美しきベニスを堪能できる映画っていうのは、当たってますね。ベニスの商人とかベニスに死すとか、ここが舞台の映画や小説も多い。
この共演、濃すぎるのが難だったかも。
ちょい前の映画を観ているような感じは、いいんだけどね。この二人だから…という過剰な期待が、損した映画ではないでしょうか。

ソルト

ふぅ〜、私の夏休みも終わりです。あっという間ですね。
つうことで、実家からの帰りに映画を見に行きました。
頭がふやけてるんで、スカッとアクション!
アクションにつぐアクションを堪能させていただきました。
salt1ソルト
原題:Salt
監督:フィリップ・ノイス
製作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、サニル・パーカシュ
製作総指揮:リック・キドニー、マーク・バーラディアン、ライアン・カバナー
脚本:カート・ウィマー
撮影:ロバート・エルスウィット
美術:スコット・チャンブリス
編集:スチュアート・ベアード、ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:105分
出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグスト・ディール、他
アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告する。そして、そのスパイの名は「イブリン・ソルト」だと告げる。一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず、最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走。だが自宅に夫の姿はなく、何者かに連れ去られた形跡が残っていた…。
公式サイト
ソルト - goo 映画

salt3ほんとは、違うやつを観ようかなーと思ってたんですよ。時間の都合でね、へへ。
いきなりキタに捕まって拷問を受けてるアンジー姐さん、スパイの人質交換で帰国。
そのとき、彼女の送還に嘆願署名を集めたのは、クモの学者マイクだった。
そして、彼とソルトは結婚する。表向き、彼女は石油会社にお勤め。彼は、ソルトがCIA要員であることも知って結婚してます。
このだんなはん、アウグスト・ディールだったんですねぇ。この人も、スパイや兵士向きな感じもしますが、学者でしたわ。
salt5帰宅寸前にロシアからの亡命者の尋問をすることになる、これが運命の分かれ目。
二重スパイの嫌疑をかけられて…、CIAから追われる立場になる。
こういうのって、ボーンシリーズだよねー。
いまだに、KGBの元スパイの一斉逮捕とか実際にあるようなんですが、映画的には、違う国の方が新鮮なような気もしたんですけどね。
ロシア側の指令の標的は、ロシアの大統領。米副大統領の葬儀出席のところをバ〜ンと。
この葬儀の場所に現れたソルトは、自分をはめた犯人探しできてるのかなぁと思いきや、大統領を撃っちゃった。
え〜〜?となってしまうんですが、射程距離の同僚は撃たずに捕まるが、また逃走。
salt6salt4二転三転となり、たたみかけるようなアクションの連続で、楽しかったです。
ブラピに習ったとかいうバイクでのチェイスやら、いろいろよ。
まぁね、来年になったら、どうだっけ?ってな具合になっちゃったりもしそうではあるんですけどね。
ハムスターとかの齧歯目(げっしもく)系の顔立ちリーヴ・シュレイバー、この映画にも重要な役どころでした。
いいひとそうなキウェテル・イジョフォーでしょ。
こうやって役者さんが世代交代してくんだろうなぁ〜。
salt2エンディングが、もしかして続編あり?の雰囲気ですが、ボーンに似すぎだなぁ。(笑)
ロシアの大統領じゃなくって、大使とか大臣クラスでよかったんじゃないの?
派手〜〜。
アメリカの大統領も、危機でしたしね。
その辺の風呂敷の広げ方とか、でかくってそれはそれで、楽しくもありました。
アンジーの男装とかもありました。やっぱり、細〜。
同じ服を着ると、欧米人と並んだ日本人の平均的男性と似た感じで、貧相にみえちゃうのね。
この映画が、もともとトムちん主演だったのは、もう周知ですが、アンジーの方が違った感はでてよかったとは思います。
トムの映画の予告があったんですが、トムのMr.ハリウッドスマイルに観客がなぜかみんな笑ってた。私も笑ったけど、おもしろい反応でした。

チェンジリング

クリント・イーストウッド監督作品には、ハズレがないよ。
これも、見応えありました。観に行ってよかったです。
ブレのない話の進め方、演出、音楽、絵作り、…上手いですよね。
すっかり、どっぷり。
1日の日曜日のサービスデーということで、ほぼ満席。
すんごい端っこの席でしたが、没頭してしまいました。
感情にくるものがあったので、ネタバレをしてしまってるかもしれないので
気をつけてくださいね。
changeling6changeling1チェンジリング















原題:Changeling
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
脚本:J・マイケル・ストラジンスキー
製作総指揮:ティム・ムーア、ジム・ウィテカー
製作:ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ロバート・ローレンツ
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ガトリン・グリフィス、ジョン・マルコビッチ、コルム・フィオール、デボン・コンティ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ジェフリー・ピアソン、エディ・オルダーソン、他
上映時間:142分
changeling71928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。
チェンジリング - goo 映画
公式サイト
ゴードン・ノースコット事件wiki

ほぼ80年前の話なんですが、本当にあった話で実名だそうです。
世界恐慌が1929年ですから、その一年前ってことね。
日本でいうと昭和3年。
どこか、クラシカルな色合いと質感の画面が、雰囲気があってひきこまれる。

changeling4母親の子供を捜す痛切な気持ちの裏側に、警察の腐敗した姿と猟奇的事件が潜んでいる映画でした。
もぉねぇ、すごくこういうのが許せないタチなんでしょうね、私。
警察のあの態度、精神病院の医師に看護士にいちいち腹立ててまして、
隣の女性は、ハンカチで涙を何度もぬぐっていたのにさ、
怒りでハンカチを握りまくってました。(何があるかわからないからハンカチは必ず握ってる)
LA市警は、腐敗しきっているというのは、その対応ぶりで明らかになっていく。
しかしながら、中にはまだそうともいいきれない人もいたからこそ、事件と事件の結びつきが明らかになっていったわけだ。
己の保身とかしか考えてないんですよね。
そのためなら、一人の人間を闇に葬ることもいとわない。ギャングとさして変わりはないんです。
そのことをラジオを通し、訴えていた牧師は、クリスティンへの協力を惜しまず、共に闘う。
changeling2この時代、女性の地位は低かった事は、彼女が勤める電話会社の主任に彼女がなったことに難色をしめしていたとの会話から垣間見える。
機敏に動けるようになんでしょうが、ローラースケートでの移動には、びっくり。
ウェイトレスが、履いてたりするのは、おしゃれかと思ってたんですけど、機能性なんかなぁ。
結構、危ないんじゃないかと思うんだけどね。
当時のファッションも再現されてるんですが、帽子が重要アイテムですね。
そして、赤い口紅。
シングルマザーですが、おしゃれです。
changeling3明らかに自分の子ではないという確証があり、歯科医も学校の教師もそれが判別できるのに、警察だけは非を認めない。
まず、この子はなんのために自分の子であると名乗るのか?
それが疑問としてわく。
子供なりの計算があったにせよ、「子供じゃない」といわれてもそこに居続けられるというのは、並大抵の神経じゃないですよね。裏に隠された心理状況がある。
そして、牧場での事件が絡み出す。
changeling8映画の中では、この猟奇殺人者のなぜ殺していたのかははっきりいわれてなかったように思うんですが、異常者だった。「闇の子供たち」にでてくるような嗜好でもあったことが、wikiにあり、ゾッとした。
従弟のサンフォードには、何もしなかったのか…。このサンフォードの子役の怯えた表情が、上手くて、この告白を聞く刑事のタバコの灰が効果的で、印象的。

changeling11この事件の発覚と並行して、クリスティンは、警察のいうことを聞かない、子供に愛情がないなど異常者として精神病院に送り込まれてしまう。
そこには、同じように警察に不都合な女性達が多く収容されていた。
こんなとこに入れられてたら、本当におかしくなってしまうんじゃないかっていうとこですよ。
この辺の怒り具合は、私、最高潮でしたねえ。
許せねぇぇっ〜〜〜!!みたいな。
(^◇^;)
汚い言葉も使うべき時は使わなければならないのよ。(いつも、汚いくせに)
こういう不条理、ないわよっ。
changeling10changeling5ここで、マルコビッチ扮する牧師さんたちが助けに来たときの嬉しかったこと。
私のマルコビッチさんは、どこかスケベな狡猾おじさん(ハハハ)のイメージがあるので、しばらく誰だっけこのおじさん?状態でした。
コスチューム劇での遭遇も多いですしね。
マルコビッチの穴は、いい映画です。あれって、ジョン・キューザックだったのを最近思い出しました。DVD持ってるのに。
無償で弁護する弁護士さんもすてきでしたね。
そして急転直下、警察に不利な方にどんどん傾いていくのですが、
愛するウォルターは帰ってこない。
生きているのか、死んでいるのか…

あの犯人の死刑シーンまであるとは、びっくりしました。
犯人以外は、静かなのが印象的。
残酷な人殺しだって、死ぬのが怖くって、地獄に堕ちたくないなんて。
死刑シーンの衝撃は、サルバドールの朝が一番かなぁ。
あれはみるのも痛いですよ…。

ココまで書いて、アンジーのことにはふれてないですね。
この前、「ウォンテッド」を再見したばかりなので、違いがよくわかります。
母親としての顔というのが、あちらこちらで見受けられ
哀しい顔するんです。
静ななかにも、強さを秘めた女性。
喧嘩は売るな、売られた喧嘩は、ケリをつけろ。
でしたね。
彼女の主演女優賞ノミネートも、うんそうだねって思うのですが、なんで監督賞・作品賞には入らなかったんでしょう?獲りすぎだからですかねぇ??
それくらい、満足度の高い映画でした。



カンフー・パンダ

ドラゴン・キングダムの前後にでも観たかったです。
夏のファミリー向け映画として、大々的にポスターなど貼られたりもしてたのですが、
なぜか、吹き替え版のみの上映だった…。
主役のパンダ、メタボでぐうたら食い意地が張ってる…妙に親近感わきます。
kungfupanda1
原題:KUNG FU PANDA
監督:ジョン・スティーヴンソン
収録時間:92分
レンタル開始日:2008-12-05
中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを信じていた。父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。村のヒー ロー、マスター・ファイブのようなカンフーの達人になるのを夢見ていたが現実は厳しかった。ある日、極悪カンフー・ウォリアー、タイ・ランが龍の巻物を狙 い、村にやってくるという噂が流れる。巻物を守る“龍の戦士”が村から選ばれると聞き、ポーは武術大会に…。
カンフー・パンダ - goo 映画
公式サイト
Yahoo!特集

冒頭のドリームワークスのロゴから、チャイニーズ色です。
中国は今注目の国ですからねぇ。公開時は、北京オリンピックの寸前でした。
ラーメン屋の息子ポーは、カンフー大好きで、マスターファイブに憧れ、ポスターやフィギュアまでもってます。
でも、カンフーはやったことがない。(ドラゴン・キングダムと似てるなー)
父親は、ポーが立派なラーメン屋の跡継ぎになってくれることが、何よりの夢。
この父親、鳥…。なんでやねん(笑)そりゃ、親子じゃない気もするわ。
kungfupanda3kungfupanda6マスターファイブの面々は、最強のタイガー(雌トラ)、モンキー、ツル、ヘビ、カマキリ。
その師匠であるのが、シーフー老師(レッサーパンダ)、またそのまた師匠でカンフーの始祖でもあるウーグウェイ導師(ゾウガメ)。
敵として恐るるは、シーフー老師の愛弟子でもあったタイ・ラン(ユキヒョウ)。


と、ここまで16日に書いてはいました。
いつのまにか、来年まであと10日になってしまっています
ほんでもって、20日はフジテレビ系列で「マトリックス」やってましたね。
つい…ちょっと懐かしくて観てしまい、真剣に観ちゃったよ。
3部作の中では一番好きかなぁ。
これも、カンフーがはいってます。
なにげに今月はキアヌ・マンスリー??

kungfupanda5横道それました。
でもそうでもないか、ウーグウェイ導師がシーフー老師に
「信じましょう」
って諭すんですね。マトリックスもそういうところありましたね。
ネオが、救世主なのかどうか…。
カンフー・パンダを思い出しました。(反対ではないところがあたしだな)
自分を信じる気持ちと人を信じる気持ちーこれは、大事なことですよね。
信じる方向っていうのは、また別問題ですけれども。
言葉にすると、堅苦しい雰囲気になってしまうけれど、こういうふうに描かれていると、老若男女わかりやすい感覚ではいってくるところが、スゴイとこです。
信じる気持ちのパワーを実感しましょう。
「ウソー」って、特に女性はよくつかいますが、いけませんね(笑)

kungfupanda2動物たちのキャラ立ちも、上手い具合に描かれているのでみやすいです。
カマキリさんにぜひ肩こりの針をしていただきたい。
アニメといえど、カンフーは実写以上にがんばってます。
kungfupanda4弱点を生かして長所にしてしまう訓練もまた楽しかったです。
肉まんが食べたくなっちゃいました。

JBの声がまた、パンダに合ってました!(^○^) アハハ
(運命のピックが借りられなくて、すねているちゃぴさんです)
声の出演
    * ポー:ジャック・ブラック 山口達也(TOKIO)
    * シーフー老師:ダスティン・ホフマン 笹野高史
    * マスター・タイガー:アンジェリーナ・ジョリー 木村佳乃
    * タイ・ラン:イアン・マクシェーン 中尾彬
    * マスター・モンキー:ジャッキー・チェン 石丸博也
    * マスター・カマキリ:セス・ローガン 桐本琢也
    * マスター・ヘビ:ルーシー・リュー MEGUMI
    * マスター・ツル:デヴィッド・クロス 真殿光昭
    * ウーグウェイ導師:ランダル・ダク・キム 富田耕生
    * ミスター・ピン:ジェームズ・ホン 龍田直樹 
    * ヴァチール所長:マイケル・クラーク・ダンカン 郷里大輔
    * ゼン:ダン・フォグラー 高木渉

ウォンテッド

行ってきました、先行上映。
確かに、映像は凄かった。
一緒に行った友人は、ひどく疲れてました(爆)
今月は、ジェームズ・マカヴォイ月間です♪いいわぁ
アンジー姐さんは、助演だな。主演は、彼ね。

ポスターはロシア版です↓

wanted1
ウォンテッド

原題:Wanted
監督:ティムール・ベクマンベトフ
脚本:マイケル・ブラント、デレク・ハース、クリス・モーガン
製作総指揮: マーク・シルベストリ、アダム・シーゲル、ロジャー・バーンバウム、ゲイリー・バーバー
製作:マーク・ブラット、ジム・レムリー、ジェイソン・ネター、イアイン・スミス
原作:マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ
撮影:ミッチェル・アムンドセン
音楽:ダニー・エルフマン
上映時間:110分
キャスト:ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリー、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン、コモン、マーク・ウォーレン、デビッド・パトリック・オハラ、コンスタンチン・ハベンスキー、ダート・バクタデツ、他
wanted3ウェズリーは、自分の人生の何もかもに、ひどくウンザリしている若者だ。変化のない仕事には行き詰まり、ガールフレンドは彼を捨て親友のもとへ去ってしまう始末。彼には、人生の不運に耐え抜くための「何か」が欠如しているのだ。しかし、謎の女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現れた日を境に彼を取り巻く環境全てが変わってしまう。アキレスの時代以来、神に変わり「運命の意思(will of the Fates)」を実践してきた、秘密の暗殺者組織の王位継承者が、なんと彼自身であるという・・・。ウェズリーは今や自らの新しい立場を受け入れなくてはならない。そして、「堕落」、「私欲」、「裏切り」が渦巻く世界で戦い抜くだけの潜在的超能力を覚醒する必要に迫られているのだ。
公式サイト
eiga.com特集(トリビア・インタビュー)
シネマトゥデイ
wanted2






監督は、ロシアの「デイ・ウォッチ」「ナイト・ウォッチ」の名前が覚えられん監督さん。ハリウッド進出作品。VFXはかなりなもん。
先の2作品、いまいちようわからん内容だったんだけど、これはわかりやすい。
で、キャスト、まったく、M男をやらせたら、右に出る者無し。
対して、S女は彼女にお願いしたいナンバーワン。
これだけで、もう楽しいですやん。
wanted8特に、姐さんは「待ってました!!」な役です。
予告でも出てくるカーチェイスは、すごかった。
そこで、ため息もらすのがまたSEXY。

内容は、こんなん「ありえねぇ〜」もありますが、グイグイくる。




wanted5
特筆すべきは、やはり弾道でしょう。
弾を曲げて撃つこと自体が、ほぉ〜なんですが、逆回しもあったり、障害物を避けてとぶし、凝りに凝ってます。(最後の方はちと飽きてきたけど)
あと、音の効果もかなり大きいです。
ネタバレは本文ではやめときますね。コメント欄でやりましょー♪(と、さりげなくコメント欲求。なら遅レスすんなよって言われそうですが)
映画のカラーが前半と後半は、本当にちょっと変わりますね。
wanted9前半は、冴えない青年が暗殺者となっていく課程。
後半は、このわけのわからん組織の秘密にふれていき、ちょびっとひねりがあるしくみ。(たいしたことないけどね)
この手の映画においては、内容についてたいそうなことはいいっこなしではあります。でも、面白いなと思った展開でしたね。
この組織。1を殺して1000を救うというコンセプトですが、そうやないやろーな列車のアクションもあったな(笑)
アンジー演じるフォックスの悲しい少女時代も語られるけれど、彼女自身の考えというかそういうのは全面にでてこない。
ただ、最後のシーンでの表情は、すべてを語っていて、彼女も上手いなぁと思ったし、言葉なしというのがよかった。
wanted4モーガン・フリーマンは、彼の声は確かに神の声ね。(交通事故のその後、大丈夫なのかしら?)
でも、彼の役は彼でなければ出来ないという味では無かったようにも思う。
ネズミが、またたくさん出てくるし、これを飼ってるおっさんが、デイ・ウォッチの人だったりする。ネズミは重要キャラ(笑)
他の暗殺者メンバーも、なかなかステキです。
組織では、父親の敵とされているクロスのトーマス・クレッチマンもいいなぁ。






ぼちぼち…いこか
wanted6で、マカヴォイさんね。
つぐない」以来、とんでもなくやられちゃった俳優さんですが、
それまでにも、軽率医師(ラストキング〜)も観てる。その時に、要注目はしてたんですがねぇ。
上手いですねぇ、痛めつけられる役。
とどめを刺すように笑えたのは、殴られるシーンはスタントマンより上手くて、すべて彼がやってるらしい。これは、パンフにも載ってましたが(アンジー証言)、他のインタビュー記事にも載っていました。
この映画も、きっちりダメ男とアサシンモードな男をやってくれてましたねぇ。結構ね、たれ目だけどコワい目もすんのよね。
ブルーの瞳がたまらなくいいですわ。またいい色合いなの。
今回、切ないモードはなかったけど、あれはいかんよ(笑)
欧米人にしては小柄だし、なで肩だし、角度とか髪型で、雰囲気がすごく変わるし、王子系が好みの私のタイプとちょっと違うかなと思ったんですがねぇ。
好きだわぁ〜。イチオシしときます。
文系ムードな人がアクションという映画で、成功の例でしょう。
今年のイカレは、予想に反してベン・バーンズより彼だった…。
penelope1
← 数日先には、これ観て、また騒ぎます…。
よろしく \(^^ ;)三(; ^^)/ よろしく








グッド・シェパード

昨夜に、久々映画記事UPしよ♪と思っていたのですが、
長〜〜い映画だったんで、寝ましたよ(笑)
こんなに、長かったんだっけ…2時間45分よ
「ロード・オブ・ザ・リング」なみでんなぁ
原題:The Good Shepherd
監督:ロバート・デ・ニーロ
収録時間:167分
レンタル開始日:2008-05-15
マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ、ビリー・クラダップ、ウィリアム・ハート、ジョー・ペシ、ジョン・タトゥーロ、マイケル・ガンボン、アレック・ボールドウィン
1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社スカル&ボーンズに勧誘されされたのを機に、この道に足を踏み入れて以来、戦中、戦後と優秀な諜報員として暗躍してきたが、その陰で妻と息子は孤独な生活を強いられていた…。
グッド・シェパード - goo 映画

「グッド・シェパード」っていうのは、聖書にある「良き羊飼い」のこと。
画像検索したら、羊飼いの絵がいっぱいありましたなぁ。
スパイの話は、好きなんで飽きなかったんですが、
家族ドラマ部分は、私的にはどーでもよかった(爆)
アンジーは、やっぱ893な姐さんがいいよな〜。
だもんで、「マイティハート」は、まだ観てないのよ。
gs4デ・ニーロは、将軍の役でもでてますが、この映画の監督さんでもあったんですねぇ。
ちなみに製作にコッポラが名を連ねてます(当初は監督予定だったらしいです)

この映画の現時点である1961年のビッグス湾事件と主人公であるエドワード(まっと・でいもん)が、OSS→C.I.Aにリクルートされ、入り優秀な諜報員になっていくとこを、絡み合わせての進行なため時系列がぐちゃぐちゃなんす。
顔覚えられなかったよ…(^▽^) ハッハッハ
007や他のCIA・FBIもんみたいに、派手な銃撃戦はありません。
カーチェイスもないっす。「ボーン」シリーズみたいなんを期待をしてはイケない。

誰も信じては、いけない…というのは、辛いもんがあるんですね。
今日の友は、明日の敵。今日の敵は、明日の友。
らしい…

gs1油断をすると、どこで陥れられるか分からない。

そんな世界で生きるエドワードを、マット・デイモンが冷た〜くやってました。
表情がない抑えた演技でした。
奥さんマーガレット役にアンジェリーナ・ジョリーなんだけど、この夫婦のいきさつも、大恋愛とかじゃないのよね。
学生時代、耳の不自由な恋人がいたんだよ。
gs2ある日、秘密結社の会合で友人ジョンの妹であるマーガレット(もしくはクローバー)と知り合い、理想の夫捜しをしている彼女に迫られて、Hして、できちゃった婚だもん。
なんだかなぁ…
結婚してすぐに、エドワードはイギリスなどに諜報員修行に行くことになる。
スパイに家庭というのは、似つかわしくはないけれどねぇ。
5年ぶりに家に帰っても、子供はそりゃ知らないオッサンですよ。
大変ですねぇ、スパイ稼業も。
よく離婚しなかったもんです。別居はしてたけど。
自分の子供がいる…というだけで、奥さんというオンナには愛着が無かったからこそ、稼業にせいが出せたつうことでしょう。
gs3秘密の探り合いや、弱点の握りあい、偽情報や潜入員、
そういうの楽しいヒトなんで、そこらへんは面白かったです。
用済みや危険とみなされると、情け無用です。
情け無用に、親子の感情が後半入り、盛り上げようとしてました。(私はあんまり盛り上がってなかったけど)

gs5やけに長い映画だし、時系列の複雑さもあり、好みがわかれそうね。

私は、2時間越えなら「アメリカン・ギャングスター」(2時間37分)のほうが、テンポがあって好きだな。

ベオウルフ/呪われし勇者

これを観るのは、勇気が要りました。
あたし「ポーラ・エクスプレス」は、予告でダメ!って思ったんでね。
まだ、どこかデフォルメされた面があるようなんは、OKなんだけど。
まばたきしないのって苦手です。
これは、その点がかなり解消されているということで
挑戦してみました。
原題:BEOWULF
監督:ロバート・ゼメキス
収録時間:114分
レンタル開始日:2008-04-11
世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して 討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にした のは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。
ベオウルフ/呪われし勇者 - goo 映画
公式サイト

beowulf5やはり、かなり自然な感じにはなってはいました。
でも、アニメはアニメね。
俳優たちのパフォーマンスキャプチャー・データを実物に近い形で用いての3Dアニメ。
アンジー姐さんの華麗なる変身は、効果的です。
物語は、英国最古の英雄叙事詩を原作とし、設定変更はしているようです。
グレンデルの母怪物の呪いというか契約という型が、面白いとは思いました。

2005年の実写版「ベオウルフ」が、忠実なほうかな?
ベオウルフ/ジェラルド・バトラー[DVD]ベオウルフ/ジェラルド・バトラー[DVD]
こちらは、「300」のジェラルド・バトラーで、ちょっと観たいなぁと思っています。
たぶん、こっちのほうがあたし好みでしょう(笑)




見所は、アンジー姐さんにつきます(爆)
着衣シーンないもん…ナイスバディ
beowulf4ベオウルフって、なにげに露出狂です。
巨人と闘うのに、素っ裸になって…腰のもんくらい付けてりゃいいのにさ。
闘うのに、ブラブラっていうのは邪魔なんじゃないんですか??
わからないけど…スポーツ選手は、サポーターしますよね。
「300」もまっ青よ。
ほんでもって、股間が絶対見えない!
このことは、あちこちでも書かれています。
amazonのエディターレビューにもありました。
観れば観るほど、そこは爆笑したくなるほど、見えないの…
隠すのよ、わざとらしく絶妙な角度で。しかも、何度もあるし。
別に、お笑い映画ではないのですが、笑える…

beowulf2なんとなく俳優さんたちの顔が思い浮かぶ画ですが、
アンソニー・ホプキンスは、わかりにくかったな。
声の方がわかりやすい。
もちろん主役のレイ・ウィンストンは、知らんし…(ディパーテッドに出てたらしい)
ショーン・ビーンみたいな雰囲気あったけど。

beowulf3マルコビッチはわかりやすかったな。
髪の毛ないしね (^O^)きゃはは


beowulf6ロビン・ライト・ペンもわかりにくかったなぁ
女性の方は、しわとかなさすぎて
まだコワイ系(あたしにとってはね)

とまぁ、そんなわけで、見所は裸ですね…

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

これが実写だったら、もうちょっとグッときたかもしれないです。
なにぶんにも、苦手です。人間のこーゆーアニメは…
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ