晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

ガエル・ガルシア・ベルナル

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

ジュリエットからの手紙

アマンダさんの映画のDVDがたてつづけに出てましたが、一番健全(?)なのを…。
だって、電車の中で観たんだもん。隣に誰も座ってなくても、差し障りのないようなのがいいです。
多少の揺れもあるし、しんどくなるんですよ。
ガエルくんが出ているつうのを、すっかり忘れてました。あんまりイイ男の役じゃなかったですけどね。むさ苦しい感じではなかったのが救い。
ヴァネッサ・レッドグレーヴは、やっぱしすんごい女優さんだと思う。
letters-to-juliet1ジュリエットからの手紙
原題:LETTERS TO JULIET
監督:ゲイリー・ウィニック   
製作:キャロライン・カプラン、エレン・バーキン、マーク・キャントン   
製作総指揮:ロン・シュミット   
脚本:ホセ・リベーラ、ティム・サリヴァン   
撮影:マルコ・ポンテコルヴォ   
音楽:    アンドレア・グエラ
上映時間:105分
出演:アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、他
ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪れる。だが、料理人のヴィクターは、間もなく開店する自分のレストランのためにワインや食材の仕入れに夢中。ほったらかしにされたソフィは彼と別行動を取る。ヴェローナには、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの生家と言われる家があり、恋の悩みを綴ったジュリエット宛ての手紙が、世界中から年5000通も届いていた。ジュリエットの家を訪れたソフィは、壁一面の“ジュリエット・レター”に目を見張る。letters-to-juliet6やがて、カゴを手にした女性が、手紙を集めて去ってゆくと、好奇心に駆られたソフィはその後を追う。そこでは、“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちが集めた手紙に返事を書いていた。偶然、壁の中に眠っていた50年前の手紙を発見したソフィは、返事を書きたいと申し出る。その手紙の差出人は、クレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)という英国の女性。50年前に訪れたイタリアでロレンツォという青年と恋に落ちた彼女は、両親の反対を恐れて1人で帰国してしまったのだ。それから50年、思いがけずにジュリエットからの手紙を受け取ったクレアは、改めてロレンツォを探すためにイタリアへやってくる。彼女の想いに感銘を受けたソフィと旅に反対するクレアの孫チャーリー(クリストファー・イーガン)も同行し、3人の旅が始まる。当のロレンツォはなかなか見つからなかったものの、それでも数日間、クレアは旅を楽しむ。3人は次第に互いの人生を語り合い、絆を深めてゆく。しかし、遂にロレンツォは見つからないまま、帰国の時が訪れる。そして最終日、ブドウ畑を通りかかったクレアは目を疑う。不安と後悔、そして期待に揺さぶられるクレア。ジュリエットからの手紙を信じてイタリアを訪れた彼女が、最後に見つけたものとは……。
公式サイト
ジュリエットからの手紙 - goo 映画

ジュリエットのおうちなるものが、ヴェロなにあるんですねぇ。そこに、恋や愛に悩む女性たちが手紙を貼っつける。そのお手紙のお返事をボランティアのジュリエットの秘書たちが、返信する。
なんてやさしい!
イタリア語でなくても、翻訳したのを読んでくれるとか…。日本語にも対応してるんだって。
そこを訪れたソフィちゃんは、お手伝いをしちゃうことに。そこで、50年前の手紙を発見する。
letters_to_juliet2このソフィちゃん、実は婚約者のヴィクター@ガエルとプレハネムーンで来てるはずだった。
なのに、ヴィクターはこれから開店するイタリアンレストランのことで頭がいっぱいで、すべてこのお店に関連したノリで、甘いもクソもない。
そもそもイタリアなんかにするからよっ。南国の島にでもしとけばよかったのにね。
ガエルくんといえば、なんかむさくるしい風体のが多かった最近、まだマシです。
仕事で頭がいっぱいっていう人は、一昔前の日本の男性に多かったね。今、日本は女性の方がこういうタイプが多く描かれてることが多いような気もします。
letters_to_juliet5letters-to-juliet3あっ☆というまに、ソフィが返信したクレアが、孫チャーリーに付き添われて、50年前の恋人に会いにやってくる。ソフィをおいてヴィクターはオークションに行っちゃったんで、ソフィは暇なんです。
ほんでもって、ソフィはニューヨーカー誌の調査員なんで、人探しはお得意の分野。
3人の旅が始まる。
ソフィの家族のことや、クレアの家族のことなんかも徐々にわかってくるのね。
で、チャーリーなんですが、あんまりパッとした感じじゃないんですねぇ。段々見慣れてくるといい子に見えてきましたけどね(笑)
ソフィも段々気がついてくるのね。ヴィクターとの会話よりチャーリーの会話の方が会話らしいこととかね。ヴィクターなんか、話聞いてないもん。
チャーリーとアイスクリームなんかは、よっぽどデートっぽいですもん。
ひかれあってるんですな。
そして、もともとジャーナリスト志望のソフィは、この一件を書きだす。
それら原稿も、チャーリーは読んでくれるし、ヴィクターは読もうともしない。
letters-to-juliet4ロレンツォさんは、いっぱいいて、死んじゃってた人もいて、諦めて帰る雰囲気になってたとき、ぶどう畑で若き日のロレンツォとそっくりの子をみつけるクレア。
彼のじいちゃんが、あのロレンツォだと確信したけれど、いざとなると臆病になるクレア。
このへん、女性ならわかると思います。
ちょっとトウが経ちすぎとはいえ、白馬にまたがったナイト参上のロレンツォ爺。かっこよかったりします。
恋愛気質なイタリア男たちでもあるなんちゃってロレンツォさんたちは、クレアさんとはなんの関係もなくても浮ついた台詞を返してました。
でも、真ロレンツォさんも純粋にクレアのことを想ってくれてたんですね。
じいちゃんも、奥さんに先立たれていて、ラッキーなお二人です。
調べてて分かったんですけど、この老純愛カップルは、プライベートでもパートナーだったのね。なーんか醸しだす雰囲気が、よろしいわけです。
チャーリーとソフィは、何かしら運命を感じるものの、NYにソフィは帰ってしまう。
letters-to-juliet7書き上げた原稿が、褒められ、晴れてジャーナリストとしての一歩を踏み出そうとするソフィ、相変わらず開店準備に忙しいヴィクター。
そこに、クレアとロレンツォの結婚式の招待状がソフィに送られてきて…。
めでたしめでたし。なのです。
ほや〜と電車(2時間)で観るのには丁度よい映画でした。
イタリアのちょっと田舎の風景も、目に優しい。
ロミジュリのバルコニーのシーンのような場面もあって、かわいらしかった。
半世紀前の初恋を成就っていうのがまたロマンですかねぇ。
アマンダちゃんは、マンマ・ミーアのモードですね。小悪魔風ではなかったです。

ルドandクルシ

私生活でも親友のガエルとディエゴが「天国の口、終わりの楽園。」以来の共演で、とびつかんはずがなかろうって。子犬のようだった二人も、おっきくなりました。
セル先行で、レンタルは9月に入ってからでした。ラテンもんは、どこか暑苦しさが漂うのですが、これはまだマシでした。
今回は、腹違いの兄弟。もしかしたら、兄弟はみんな父親が違うような気がした(爆)
アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロがたちあげた「CHA CHA CHA」という制作会社の第1号映画です。
rudo-y-cursi1ルドandクルシ
原題:Rudo y Cursi
監督・脚本:カルロス・キュアロン
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロ
撮影:アダム・キンメル
美術:エウへニオ・カバイェーロ
上映時間:101分
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、ギレルモ・フランチェラ、ドロレス・ヘレディア、アドリアナ・パズ、ジェシカ・マス、他
メキシコ北部のバナナ園で働くベトとタトの異父兄弟は、毎日楽しく働きながら草サッカーに明け暮れていた。そんなある日、タイヤをパンクさせたサッカース カウトのバトゥータを助けたことをきっかけに、2人はPK対決で争うことになる。勝った方はサッカーチームに入れるという…。対決に見事勝ったタトは、メ キシコシティへと向かうが…。
公式サイト
ルドandクルシ - goo 映画


どこかおとぎ話のようなところもあるわいね。
人生、山あり谷ありでございます。
軽くほわんと観られる映画でした。
まぁ、それぞれに欠点があります。
メキシコらしく、サッカーと人生などについてのうんちくが語られるナレーションも、また面白かった。
rudo_y_cursi2rudo-y-cursi3兄のベト(ルド=タフ)は、結婚もしているけれど、ギャンブルに目がない。弟タト(クルシ)は、歌手志望。
ともに、バナナ園で働き、兄は作業長らしい。草野球ならぬ草サッカーの選手でうまい。そして、母親をとても大事に思ってはいる。
そんな二人が、どこかうさんくささの漂うエージェントと知り合い、プロのサッカー選手になる。
ちょっと歳はいっているけれど、才能があるからと売り込まれ、まず弟がスター選手への道を。でも彼は、歌手になる夢を捨てていない。
だからこそか、どうも中途半端のよう。サッカーは好きだけど、どん欲じゃないんだろうね。
rudo-y-cursi6rudo-y-cursi4彼らはめざましい活躍で、生活は一変する。
弟は、TVでお馴染みだった美女と知り合い恋愛関係に陥るものの、彼の場合ウェイトがそっちにいくから、サッカーはスランプに陥る。
兄の方は、ギャンブルの甘い誘惑で借金の山。嫁の方も、マルチ商法の健康食品にはまり(メキシコでもあるんだね)、罠に陥る。
兄弟は、同じチームに在籍していない。ポジションも同じではない。兄はキーパーで弟はMF(だったと思う)。弟の方が、スターになりやすいよね。
ちょっとばかしスターになったところで、CDやら出すんだけど…上手いっていうのは母親だけ(笑)すごくヘタでもないけど、こんなもんですな。
CheapTrickこの歌う歌が、どこかで聞いたことある歌でして、スペイン語でアコーディオンなんかで伴奏つけちゃったりもするもんだから、ん?だったんですけどね。
チープ・トリックの「甘い罠」【I WANT YOU TO WANT ME】やんっ!
映画観てから、YouTube観たわよ。
ロビン・ザンダーとトム・ピーターソンのイケメンぶりは、オトメ心にときめいた。(画像まで探したさ!)
私は、ロビンくんが好きでしたね〜(今と趣味が変わらないな)ちなみに、聞きたくなったのでCDを5年くらい前に買ってしまった。
ロビンくんやら、現在、ちょっと面影が少なくなっているので、がっくししました。(^^*)リックは、老けたけどあんまり変わらんね。
「サレンダー」とか、よくTVでBGMに使われたりしてるし、聞いたことある若者も多いんちがうかなぁ。今も、解散せずに健在で、びっくりもしたけどね。

rudo-y-cursi-5脱線。
このコンビ、さすがに息が合ってます。
仲がいいのか悪いのか、
DNAからは逃れられないようなそんな微妙な空気感を醸し出してます。
二人の実際のサッカーの試合シーンというのは、少なめなんですが、雰囲気はあるのでいいでしょう。
観客の熱さは、いかにメキシコでサッカーが人気があるスポーツなのかってことだ。
スポーツと戦争のうんちくも面白かったな。このナレーションは、最後まで胡散臭かったエージェントによるもんです。
どこかぬるい感じがまた心地よかったりします。
ヌルい感じだから、ラテンの暑苦しさが緩和されていたのかもしれないです。
脱線ついでに、cheapTrickのYouTubeをオマケにはっつけておこう。
続きを読む

太陽のかけら

ガエルくんの初監督作品です。
舞台は、メキシコ。中南米が抱える問題を青年のある一日を通してえぐったもんらしい。
世界には、まだまだ知らないことが多いですねぇ。
ガエル監督は制作・主演と大忙し!制作には、親友のディエゴ・ルナも入っています。
deficit2太陽のかけら
原題:Deficit(07'メキシコ)
監督:ガエル・ガルシア・ベルナル
製作:ガエル・ガルシア・ベルナル、パブロ・クルス、ディエゴ・ルナ
脚本:キッザ・テラサス
撮影:エウジェニオ・ポルゴフスキー
音楽:リン・ファインシュタイン
編集:アレックス・ロドリゲス
上映時間:80分
1deficit出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、カミラ・ソディ、ルス・シプリオタ、テノッチ・ウエルタ・メヒア、フェルミン・マルティネス、アナ・セラディラ 、他
妹のエリサ(カミラ・ソディ)とともに、親しい友人たちを招いてのパーティーを開いた有力政治家の息子クリストバル(ガエル・ガルシア・ベルナル)。彼は 友人が連れて来た美しいアルゼンチン人のドロレス(ルス・シプリオータ)に一目ぼれし、急接近する一方、子ども時代は仲が良かった庭師アダンとの間にある確執を 露わにしていく。(シネマトゥディより)
公式サイト(失われた肌との共同ガエルサイト)



クリストバルは富裕層で、その別荘には使用人がいる。
そこで、パーティを開くわけで、どこかドキュメンタリーっぽいつくりな感じでした。
その様子から、彼の父親がどうも腐敗政治家で海外に逃げている様子。仕送りも滞っているよう。
deficitでも、バカ騒ぎなパーティを催す息子も娘も危機感が足らないようです。
父親も、ハーバードへの留学の合格を待っています。
友人の中には、ブリンストンの合格を受けたものもいて、彼らも富裕な層です。妹の友人には、日本人もいましたなぁ。
そういった貧富の差や、人種差別・階級問題もあるよう。
夜になるにつれ、そういったことが浮き彫りになってくる。
使用人同士の会話や彼らの使用人への接し方とか、観ているうちにわかるみたいな感じ。
原題のDeficitは、不足とか劣勢という意味がある。
メキシコの格差社会の光と影
deficit4アルゼンチン人のドロレスは、かの国の政情不安定から亡命したようで、彼女に惹かれ、話をしていくにつれ、彼もまた本質を模索しだす。
しかし、クリストバルには恋人がいて、電話で彼に道を尋ねるのだけど、ドロレスに惹かれたため遠回りの道を伝える。
父親が敷くレールを歩まなければ行けないのか、ハーバードなんて彼には意味もなく、かといって何がしたいのかわからない。
一方、幼なじみでもある庭師アダンは、大学に行くという夢を持っている。
そんな中、アダンと一緒にいた妹のエリサがオーバードーズを起こし倒れてしまう。アダンとの幼なじみで、仲良かっただろうという逸話が、もうちょっと欲しかったかなぁ。
そうなると、雇用関係の強弱との対比が、もっと明確だったような気もします。
画質が荒い感じで、若者の一日っていうのはよくでていたと思う。
deficit3けれど、こうだとかいう結論めいたものはエンディングにないので、好き嫌いはわかれるかな。
時間がその分コンパクト。
ガエルのラップ?みたいなんも聴けます(笑)
ラップってよくはしらないけれど、韻踏んで主張するイメージなんですが、どうなの?
どちらかというと、被差別側ミュージックっぽいので、皮肉よね。
赤道近くから南下すると、こういう格差社会の国が、未だ多い。
南米は、政情不安定でもあり、よく知らない事が多いです。

失われた肌

連チャンでラッセル・クロウからの脱却(爆)
ガエル堪能の一本でした。かなり満足。
ストーリーは、ちょっと怖いですね。
ヘクトール・バベンコ監督というのは、巨匠だそうですが、実は一本も観てないような気がします。(^^ゞ
pasado6失われた肌
原題:El Pasado(07'アルゼンチン・ブラジル)
監督:ヘクトール・バベンコ
原作:アラン・パウルス
脚本:ヘクトール・バベンコ、マルタ・ゴエス
製作総指揮:アンドレア・ロマルホ
製作:ヘクトール・バベンコ、オスカル・クレイマー、ウーゴ・シグマン
撮影:リカルド・デラ・ローサ
音楽:イバン・ビソグロード
上映時間:114分
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、アナリア・コウセイロ、モロ・アンギレリ、アナ・セレンターノ、マルタ・ルボス 、他
若き翻訳家レミニと妻のソフィアは、高校生からの恋人で結婚12年目。長い付き合いで互いを知り尽くすふたりに、別れが訪れた。別居後すぐに若いモデルのベラと付き合い始めるレミニとは対照的に、彼を忘れられないソフィア。ベラはソフィアが仕組んだ罠により、帰らぬ人となる。暫くしてレミニは新たな女性と結婚し子供をもうけるが、トラウマによる記憶喪失で失業。追い討ちをかけるようにソフィアの狂気が、レミニを妻と息子から引き離す。全てを失った彼に手を差し伸べたのは、ソフィアだった。かつては別の女性との人生を選ぼうとしたレミニ。彼を愛しすぎたソフィアとの、深い愛の行く末とは…。
公式サイト(「太陽のかけら」とのガエル特化サイト)
ガエルのスペシャルサイト
失われた肌 - goo 映画

pasado2最近、ちぃーとばかし劣化してきたと嘆いていたのですが、これはそうでもなかったです。まっ、冒頭ロン毛で、う〜んでしたが、短くしてからは、きゃーきゃーでしたわよ。
(#^.^#)
しかしながら、物語の展開が、男性からみると、かなり怖いし、女性は共感できないヒロインに困る。
冒頭、結婚12年目の翻訳家レミニとソフィアが離婚するところから始まる。でも、その理由ははっきりわからない。どちらが言い出したのかさえも。あとからわかるのは、彼らが幼なじみであること。
pasado1ソフィアと別れ、新しいアパートに移ったレミニは、早速新しい恋人が出来たりするんだけれど、元妻が執拗に電話とかしてくる。
この辺で、「なんで離婚すんねんっ!」って思います。
冒頭に出てくるフリーダという老婦人も、ソフィアの血縁なのかそうじゃないのかようわからんのですが、妙にあやしい怖さがあって、ホラーに近いもんがある。人間の業なんて、ホラーですよねぇ。
ソフィアのせいで、目の前で恋人が交通事故死したりもする。
pasado4pasado5







新しい妻に子供が授かったときも、結局、彼らの破局に追いやったのもソフィア。
どん底まで、堕ちてしまうレミニ。
スーツ姿で通訳をするインテリ系ガエルから、父親してたり、スポーツジムのインストラクターしてたり、ひきこもりのボロボロ、囚人…あーもちろんお色気サービスなガエルと、てんこ盛りに目の保養(爆)
pasado3レミニという人物が、どこか弱い未熟さのある男だとは思います。こういう欠点の多い男をガエルは上手くやってるなぁ。
精神的に、記憶障害(ストレス?)やウツ系とかまぁくたびれます。
いくら、愛してるとはいえ、その相手をここまで追い込んででも、自分の許に取り戻したいというソフィアの偏執的な愛は、さぶいです。
怖いです。
観る人を多少選ぶ映画だと思いますが、ガエルファンには楽しいですよん。
単なるストーカー映画でもないし、結末の捉え方も人それぞれに巾はとらせてはくれると思います。

あの写真の整理を、早くしていればこんなことにならなかったのかしら?
あーいうタイプの女は、そうじゃなくてもなにか理由を付けてはクルと思いますがねぇ。
どど〜んという起伏は、少ないかもしれないですが、面白かった。
アメリカ的映画じゃない部分も大きいかもね。

赤ちゃんを抱くガエルは、そういや最近パパさんになって、こんなふうなのかなぁと想像しちまいました。
(予約投稿)

ブラインドネス

突然、失明したら…、
恐怖ですね。なんの痛みも兆候もなく、突然それはやってきて、蔓延する。
この映画の中で、一人だけ目が見える。見えることも、また恐怖となる。
なんというか、人間の内面の方にじんわりくる映画でした。
原題:BLINDNESS
監督:フェルナンド・メイレレス
収録時間:121分
レンタル開始日:2009-04-03
の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、男は検査を受けるが原因は一向にわから ない。しかも彼に接触した者も次々と視界が白くなり、目が見えなくなっていった。そんな中、療養所と呼ばれる隔離病棟が設けられ、発症者は強制的に収容さ れるが……。(シネマトゥディより)
公式サイト
ブラインドネス - goo 映画

blindness4blindness5日本人俳優も出演ということで、カンヌ映画祭の記事でもみかけました。
日本語も出てきますが、感情的になったときや二人が会話するときという上手い使い分けでした。英語の方も、そんなに違和感のない英語でした。
伊勢谷友介さんは、男前ですね(笑)彼の役は、最初の失明の状況説明もあるし、最後の方でも割とおいしい役ですね。
初期に症状のでた人々は、精神病院跡に強制収容所のような雰囲気で収容。

blindness2最初に発症したのが日本人の男性。
彼を診察した眼科医とその妻が中心に描かれていく。
彼に接触した車泥棒や助けた男、タクシーの運転手、眼科で診察を待っていた人たちなど、そしてその人々が接触したものたちへと拡がっていく。
発症した眼科医は、有無を言わさず収容所に隔離されそうなところを妻は、「私も今見えなくなった」と行動をともにする。
妻も、自分が見えなくなるのは時間の問題と思ったんだろうけれど、彼女はいっこうに見えなくならなかった。
でさ、名前なんだっけ?と調べたんですが、名前ついてないのよ。みんな…。
意図的なんでしょうね。名前も見えないということね。
blindness3はじめは、第一病棟だけであったのが、二、三と増え、収容所内はプチ世界になる。第三病棟は、泥棒さんが王となのり、独裁者国家(?)を築く。
これが、ガエルくん。
銃をもち、彼の側近に最初からの盲人がいて、点字対応や「慣れ」を武器に、すべての食料を握ってしまい、ほかの病棟の者は、貴重品をもってこいという。
館内放送を使い、その声で、彼は絶対黒人だとかいう声もあった。これこそ、外見の思い込みだろう。
そこらで、人気のガエルくんだっつうの。
こういう悪党するの好きですねぇ。
blindness7人間の本性のいやらしさが、吐出してくるんだよね〜。
男性が、女性がという性的なものや、食べて生きることへの執着。
パニック系ではあるんだけど、深いえぐり出しはあるな。
時折、真っ白な画面になり、白く失明した者の世界がそこに映し出される。
女性仲間が殺されたことから、彼女は立ち上がる。ガエルくんを殺ってしまうことで、「戦争」をふっかける。
やっぱし、土壇場には女性は強いなぁ。
blindness1
この奇病については、なんの解明もなされないままなんだけど、そういう解明がないパターンの「ハプニング」が、頭をよぎったんですよね。
でも、深み感はこっちですね。

「みえること」
表面だけをみること?

私は、どこまで何が見えているんだろう?


天国の口、終わりの楽園。

夏頃、ディエゴ・ルナの映画を立て続けに観たせいか、
この映画が、また観たくなってた。青春ビターロードムービー!
初めて観てから、ずいぶん経ちますねぇ。
しかし、冒頭からいきなり…だったんだねぇ。忘れてたよ…。
(*・・*) ポッ(恥ずかしがる事はないよねぇ、あたしが…)
原題:Y tu mama tambien
監督:アルフォンソ・キュアロン
収録時間:106分
レンタル開始日:2004-11-26
↓ あらすじ まんまネタバレやん
17歳のフリオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とテノッチ(ディエゴ・ルナ)は、学校を卒業したばかりの夏、お互いの恋人がヨーロッパ旅行に行ってしまっ たため、男同士のパーティに明け暮れていた。そんなある日、テノッチの親戚の結婚式で、2人はテノッチの従兄弟の妻であるスペイン女性、ルイサ(マリベ ル・ヴェルドゥー)に出会う。実はガンに冒されている彼女は、夫にも浮気され、ベッドでひとり泣き崩れる。
ytumama2翌日、テノッチに電話をかけた彼女は、彼とフリ オが行きたがっていた天国の口と呼ばれる伝説の海岸に、一緒に連れて行ってくれと告げた。かくして3人は車に乗って、メキシコ・シティをあとにする。ルイ サはやがてテノッチともフリオとも肉体関係を持ち、またテノッチとフリオは互いにそれぞれの恋人と寝たことがあると白状しケンカになるが、また仲直りし、 楽しく旅を続け、サンベルナベの美しい海岸に到着。そして少年2人は帰路へ、ルイサはそこに残る。旅のあと、少年2人は疎遠になるが、大学に入ってから再 会。テノッチはフリオに、ルイサが死亡したことを告げるのだった。
天国の口、終りの楽園。(2001) - goo 映画
公式サイト



ytumama4テノッチは、政治家の息子なんで金持ちです。
フリオは、秘書をしている母と左翼の大学生の姉の3人暮らし。
彼らは、お互いの恋人がヨーロッパにバカンスに行って暇になった。

この映画、前に観てるからなーと、ぼっーとみるつもりだったんだけど
かなり忘れてた。
ytumama7ルイサが、彼らとどういう関係で知り合ったのかまず忘れてるし。
彼女の夫の浮気の件も、すっぽり忘れてました。
病気だけが記憶。
記憶が鮮明だったのは、Hシーンかいっていわれそ。
いや、そのシーンも、こんなに短かったっけ?
昔は、長く感じたんだよねぇ。
わたしも、目があばずれてきたなぁ。(目がね、目!)

ytumama6私生活も、この二人こんなのかしら?と思っちゃうほど、息のあった友人ぶり。
会話も、こんなんだったんですかいねぇ。
←この画像、非常にラブリーです(笑)


彼らは、まだ富裕層の子供たちであった。
旅に出る前の彼らの暮らしぶりと旅先での人々の暮らしは、違いがある。

ytumama8それよりも、17歳の少年たちのおそるべき性欲。
この描き方が、ハンパなくって…。
ここまで行動や言動にしていなくても、この年代は
万国共通、エロ満載の頭ん中だとは思ってますよ、あたし。
これを無理に抑制しすぎたり、罪だとすると犯罪に走るんじゃないかと…。
かといって、抑制しないのも、問題。

「性」をおもいっきり意識しながら、
最後に「生」をぶつけられてしまう。
ルイサが、病気があることは匂っていても、それらしい不調はみせないし
最後までわからない。
ルイサは、17歳の頃の死んでしまった彼氏を、彼らにみたのだろうか?
夫ハノよりも、元カレの方を愛していたんだろうなぁ。

ytumama5彼らの夏からその後の様子が、ビターで
子犬のようにじゃれあっていた二人は、成犬になってしまい
じゃれあうこともなくなってしまい、疎遠になってしまったことや
彼女寝とり問題で、大げんかしたのに、二人ともその彼女たちとはつづかず
彼らは、もう逢うこともないような別れで終わるところが、いいね。
実際、このシーンをすごく記憶していた。
二人が、ものすごく表情がちがっていたのも印象的だった。
大人びていた。
テノッチは、作家志望だったけれど、父の薦めどおり経済学部にいき
フリオは生物と、進む道も変わっていった。

ytumama3若者の暑苦しいほどの熱とメキシコの乾いた暑さ、
エロな青春ロードムービーで終わらず、苦いものを残していることが
忘れられない映画として、心に残っていたのかなぁ。

ガエル&ディエゴ、いいコンビです。
ルイサのマリベ ル・ヴェルドゥーも、決してすごく美人ではないと思うんですが、
スタイルがよくって、セクシー。
しかし、ぼかしがこんなにあったとは…覚えてなかったな。
以前観た時は、もぉ、恥ずかしくってねぇ。そればっかりでしたもん。
やっぱし、「目」がエロに耐性できましたねぇ。ハハハハ
前に観た映画を、久しぶりに観るのもいいですよん。

アモーレス・ペロス

ガエルく〜〜ん
それだけで、満足の一本(笑)
原題:Amores Perros
監督:アレハンドロ・イニャリトゥ
収録時間:153分
レンタル開始日:2002-09-27
↓ ネタバレ!注意!
〈第1話〉ダウンタウンに住む青年オクタヴィオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)。兄のラミロ(マルコ・ペレス)は強盗で、妻のスサナ(ヴァネッサ・バウ チェ)につらく当たっている。オクタヴィオの夢はスサナと共にこの街から逃げ出すこと。彼は闘犬で金を稼ぎ、兄に黙ってスサナに渡す。彼と彼女は愛し合い ながらも、スサナは街を出ようとしない。苛立つオクタヴィオは、闘犬場で自分の犬がハロチョ(グスターヴォ・サンチェス・パラ)に殺されたことに怒り、彼 にナイフを突き立て車で逃走。そして交通事故。一方ラミロは、警官に撃たれて死亡。葬式でオクタヴィオはもう一度スサナを誘うが、日曜の朝、待ち合わせの 場所にスサナは現われなかった。〈第2話〉ヴァレリア(ゴヤ・トレド)はスペインから来たスーパーモデル。不倫相手の広告デザイナー、ダニエル(アルヴァ ロ・ゲレロ)が妻との別居を決意し、幸せな生活が始まろうとしていた矢先、交通事故で瀕死の重傷を負ってしまう。仕事の契約を切られた彼女は、ダニエルと の口論が続く日々。しかも脚の傷が悪化し、切断しなければならなくなってしまった。脚を失ったヴァレリアが家に帰ってくると、窓の外には自分のポスターが 取り外された建物があった。〈第3話〉元大学教授でありながら、いまは殺し屋にまで落ちぶれた老人エル・チーヴォ(エミリオ・エチェヴァリア)は、廃墟の ような家でたくさんの犬に囲まれて暮らしている。何日も殺す相手を尾行する日々の一方、彼は昔捨てた自分の娘マル(ルルデス・エチェヴァリア)のあとも 追っていた。やがて老人は、旅の身仕度を整え、マルの家を黙って訪ねる。そして稼いだ金をそっと置き、留守録に自分が父であることを名乗った。彼の傍らに は、交通事故の現場で拾って助けてやった黒い犬が寄り添っているのだった
アモーレス・ペロス(1999) - goo 映画

gooから拾ってきたあらすじですが、ネタバレしまくってる(笑)
題名の意味は、「犬のような愛」らしい。

以前に借りたことあるし、観たように思っていたのだけど
たぶん、寝たんだろーな。
冒頭は覚えていました。見覚えがあった。
ガエルくんが、日本に紹介された一作とのことで
外せない作品だとは思ってました(きゃはは)
三つの話が、うま〜くつながるところがあるわけな映画。
監督さんは、バベル、21gの監督さん。
こういう構成がすきなのかなぁ??
しかも、どれも重たいっ。
好き嫌いが、分かれそうですね。
三つの話のテーマは、一貫してあるわけです。
監督さんで言うならば、バベルよりはコッチの方がすき。
(21gもずいぶん前に観てますが、どうかな)
時間軸が、微妙にズレていても
つながりは絶妙っていう構成は、上手いです。
ガエルで言うなら、他の方がすき。
でも、この映画での子犬のような顔は、
Heartにきゅん炸裂してました。
ドアップで、あの顔…反則だわっ。
想う兄嫁スサナの前じゃ、子犬!
心は闘犬だけど(笑)

「犬のような愛」ということで、各話の主人公は犬を飼ってます。
犬たちが、彼らを体現しているようでもあるし、
「失う」「思い通りにならない」っていうことも共通。
ほんで、この犬たちと「愛」がどうなんかっていうのは
複雑な絡みですな。
ブラジルの熱そうな映像が、なんともなくマッチング。
俳優さんも、ガエル以外は知らない人ばっかなんだけど
リアルでいいね。
落ちぶれ老人のエルの哀愁は、じんじんきましたね。

あんまり話にあがってなかったんだけど
ガエルの友人の男の子って、彼の財布にガエルとの写真ばっかあったように思う。いや、あれはガエルの財布?
もしかして…なんて「腐」な妄想を抱いてしまったのは、気のせいかねぇ??

どうにもこうにも、ガエルな人なんで、よこしまな感想になってます…。
彼の作品は、まだ見てない作品もあるので、見尽くしたいっすね。
ワルな役が、またいいのよね〜〜。
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

恋愛睡眠のすすめ

今日は、CUTEな映画だよ〜♪
あたくし、ガエルくんは贔屓俳優です。
いつもとちがった彼です。
原題:THE SCIENCE OF SLEEP(英)/LA SCIENCE DES REVES(仏)
監督:ミシェル・ゴンドリー
収録時間:106分
レンタル開始日:2007-10-05
さえない人生を送るステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は父の死をきっかけに、住み慣れ たメキシコから母のいるパリへ帰郷する。彼はアパートの隣に引っ越してきたステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に恋をするが、なかなか思いを伝え ることができず、次第に彼女との関係が成就した夢の世界に逃避するようになる。
シネマトゥディより

キュート♪なガエルくん
映像もアニメを使ったり、らぶりぃな映像になっています。
ステファンが、クラフトが好きな♂なんで、段ボールで作ったような背景小物とかセロファンとかが、妙に暖かみのある雰囲気を醸し出してます。

そういや、最近「夢」なんかみた記憶がない…。
爆睡状態ですね〜。
夢の中のワケのわからんあの世界が、映像になって、映画の中の現実とごちゃまぜになる主人公なわけです。
この夢の世界っていうのが、あ〜わかるわかる、そうそう、この不条理さ!
この主人公って、夢遊病かはたまた…、
ともとれなくはないような性格なんですが、ガエルくんならではです。
そうはならない。
彼のよくある映画は、羊の顔したオオカミみたいな役どころが多く、
なんでこんな悪い男なのに…単純に悪役と感じさせないような雰囲気です。
そのまんま、これもそう。
やはり、美形のなせるわざ??
笑顔や困った顔やら、ガエルファンは嬉しくなってしまいます。
SEXYなんもいいですが、笑顔がホントにカワイイの♪


不思議な雰囲気のある映画で、恋愛系だし「寝ちゃう」んじゃないかという不安もあったんだけど、
寝なかったです。
彼の夢の世界と現実の世界が、観ている方もごっちゃになりそうでしたけどね(笑)

ステファンに、監督は自分を投影していたらしいという記事を読んだんですが
ガエルにするとはぁ〜。反則ワザ(笑)
エンディングも、どうなんかな?と匂わすようで、ただの恋愛モノちっくじゃなくて
面白かったです。

彼が恋するステファニーを演じたシャルロット・ゲンズブールも、すごく美人ではないけれど、キュートでした。
若く見えますねぇ。
彼女が、9月にジェットスキーで頭部にかなりの重傷を負ったようですが、
大丈夫なんでしょうか??

キング 罪の王

観たかった一本登場〜です。

しかし、もう「父親たちの星条旗」が、レンタルに並んでいた!
明日じゃないのかぁ〜〜??
思わず借りそうになったよ(購入者です)
プリズン・ブレイク シーズン2 も並んでて、最後の一本づつ(1と2)が
会社の子に…。今夜観て、明日貸してくれるって(感涙)
おどしてないですからねっ!
ほな、いきまひょか?
収録時間:105分
レンタル開始日:2007-05-02
海軍を除隊した21歳の青年エルビスは、一度も会ったことがない父親に会うため、テキサスの小さな町を訪れた。しかし招かざる客のエルビスは、父デビッド に拒絶される。デビッドは今では教会の牧師になり、妻と高校生の息子と娘がいる幸せな家庭を持っていたのだ。やがてエルビスは父の娘、つまり自分の妹であ る16歳のマレリーに接近し、関係を持つようになる。それは悲劇の始まりだった…。
キング 罪の王 - goo 映画

king7この手の役は、ガエルくんならでは…ですね。
水兵さんスタイルも、観られます。


すご〜く罪な役をしているのにもかかわらず、
顔色ひとつ変えず、淡々とひどいことをする。
また、映像的にも言葉的にも、
彼の心情が、ほとんど説明がない。
彼の感情が、みえないようなしくみです。

king5ガエルのこういう面立ちに、
この冷酷さの不釣り合いが
いいあんばいになってしまうのが、
不思議だといつも思う。

そう、苛立ったような雰囲気も、
策士な雰囲気もほとんどなく
父に会いに行くのも、説明無く、突然始まる。
彼の行動は、予測できない。
king4
ウィリアム・ハート扮する牧師さん一家。
息子ポールも、牧師をめざすまじめな子。
彼は、妹とエルビスの関係に気づき…
関係をやめるように、言いにいき
えっ〜〜〜な目にあう。
もちろん、ポールは彼が異母兄とは知らない。

この家族ー
父親に、復讐なんだろうか?

感想が、書きにくいですね〜。
こーいう時は、画像でごまかしときます。ちょっと、重いでしょうねぇ。

king1エルビスは、異母妹と知りながら
彼女マレリーは、兄とは知らず
関係してしまい、妊娠までさせる。

どういう気持ちで…?なんてぇのは、
存在してないんじゃないだろうか?
でも、愛はあったと思いたいですね。ラストみても…。

king2ガエルの作品は、なぜかしらキリスト教がらみが
多いように思う。
彼がブラジル人であるということも、関係してるのかな?
しかも、かなりキリスト教からタブーな役回りである。




king6最初から、こういうふうに
なっていれば、
こんな事はなかったんだろうか?
初めから、そのつもりだったのだろうか?
ライフルを、除隊の時から持っていたし…。



king9うまいこと家にも、入り込んでもしまう。
神父の行動も、?です。
行方不明のポールの代替えでしかないんですけど。

こんな家族団らんは、楽しかったんだろうか?

神父の罪の子は、自らも罪をつくり
罪の王となったってことなのだろうか?

ラストが、しっかり描かれてないだけに、強烈ですね。
うん、想像が…ふくらんでしまう。
king8
ガエルくんの悪い男の役っていうのは、
すごく好きなんで、私は堪能させてもらいました。
うまいですねぇ〜。
ファンというひいき目をひいても、
これは、はずれてないんじゃないかしらんらん。
こういう役のやれる人って、いないですよ〜。
ほんとに、ヤなヤツなんだからねぇ。

映画自体は、まぁ、万人にはどうかな?ですねぇ。

しかし、背が低いなぁ… でも、いいなぁ〜ガエルくん
アホが炸裂しかけたとこで、やめておこう〜。ホホホ(^v^)

アマロ神父の罪

男前渇望症と申してましたんで
新作「インデビジブル2」をGETしてきましたが、
ガエルよガエルっ
「インデ〜2」はHDDに、いってもらいました。
【予告】明日は、たぶんプラダ〜。

あっガエルくん、好きです♪
収録時間:118分
レンタル開始日:2004-02-25
新人神父のアマロ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、メキシコ、アルダマの小さな町ロス・レジェスの教会に派遣される。司教から有望株として大きな期待を 寄せられている彼は、いずれローマへ行くための見習いにと、教会の司祭ベニト神父(サンチョ・グラシア)のもとに送られてきたのだった。町で小さなレスト ランを切り盛りするサンファネラ(アンヘリカ・アラゴン)の一人娘のアメリア(アナ・クラウディア・タランコン)は宗教心が厚く、積極的に教会の仕事にも 参加していた。アメリアはアマロ神父の凄然とした振る舞い、野心に燃える瞳の中に愛する神の姿を見出し、憧れの気持ちを膨らませていく。アマロもまた、彼 女の率直な愛の表現に戸惑いながらも、次第に引かれてゆくのを感じていた。ある日、思いつめたような表情で教会を訪れたアメリアは、告解室にはいるなり、 「性欲のことで悩んでいる」と告白する。つとめて平静を装いそれらしい答えで取り繕うアマロ…。町に滞在してしばらく経つと、アマロは教会を中心にした様 々な隠された真実を知ることになる。ベニト神父は、病院建設への寄付という名目で麻薬密売組織から金を受け取り、またアメリアの母サンファネラと長年の愛 人関係にあった。別の教区のナタリオ神父(ダミアン・アルカサル)は、貧しい農民を救う目的でゲリラを支援しているという噂が…。そして地元の新聞にそれ らの事実を暴かれると、アマロは新聞社に圧力をかけ、記事の揉み消しと関係者の処分を要求するようにと、司祭に命じられる。なにもかもが、思い描いた理想 の世界とは、異なっていた。そして押さえきれないアメリアへの想いが噴き出し、ついにふたりは肉体関係を持ってしまう。アマロとふたりの幸せな生活を夢見 るアメリアは「神父を辞めてほしい。結婚して一緒に暮らしたい」と告げるが、アマロは聖職者としての野心を捨てきれない。ロス・ジェレスで知った教会の絶 対的権力はあまりにも大きく、抗えないものを感じていたアマロは、彼女の気持ちに応えることができない。そして運命は、更なる非情な枷をふたりの愛に与え ようとしていた……
アマロ神父の罪(2002) - goo 映画
オフィシャルサイト

ブラジルとアメリカでは、聖職者および教会や神に対する冒涜とし、
上映差し止めの運動もあったそうな。
腐敗・堕落した聖職者たちの姿が、描かれてるのだものねぇ。
アマロは、神父としての階級UPの野望も、捨てきれない。amaro1
それ以外の職も、考えられない。
でも、アメリアは好きだし、おぼれる肉欲の誘惑はかえがたい。
新聞社とのやりとりを司祭に任され
実際のやりとりは、やり手のビジネスマンだった。
彼の、やはり汚れてる部分がそこでうかがわれる。
また、冷たさもわかる。
彼も、元々清廉潔白な人間でもないのよ。

ブラジルの方のキリスト教の位置というものは、
アメリカなどとは、少し事情がちがうらしい。
でも、宗教のこと、キリスト教のことはよくわからん。
頭で、「こうらしい」くらいのもんで、把握できない。
なにが、禁断なのかだけを、わかれば、それでよしと思い観たの。
これが、フツーの男女なら、恋に落ち
人目を忍んで逢瀬を重ね、子供が出来ちゃった…っていうことなんですがね。
禁欲の見本のような方の神父さんじゃね…。
人間ではあるが、人間らしくはダメ!な部分も多い職業ですもん。

相手の少女(16歳の設定)も、敬虔な信者。
子供達に、教えをするような少女です。
中絶問題も、日本よりも倫理的に許されず、
未婚でも、子供は神の授かり物として歓迎される。(特にこの辺はそうなんだそうな)

amaro2さて、目当てのガエルくん、最近の写真は、イマイチな長髪が多く
うっ〜〜だったんですが
やはり、彼は整ってるなぁと思ってしまった。
笑顔は、八重歯が出て、なんとなくカワイイ
でも、ラブ・シーンなんかになると
途端にSEXY度が増す様な気がする。
キス・シーンだけでも、
非常にいい感じな俳優だとおもうんですけどねぇ。
苦悩で歪むもよし、企む顔もよし
ちょっとひいきすぎますかしらん?

出演作が、どこかひねりのある役や、悪い男の役が多いのですが
なんだか、目が離せないんですねぇ。
もうすぐ出る「キング罪の王」も、腹違いの妹と知って、やっちゃう役だしね。
amaro5←サービス画像です??
求め合うっていう表現が適切に感じられたシーンでしたねぇ。


amaro4相手役のアナちゃんも、熱演です。
雰囲気のある女優さんでした。



amaro3ゲリラを支援している疑いで、破門になるナタリオ神父。
この人が、一番まともな方に思えました。
彼に、アマロも意見を仰ぎますが
司教の指示には逆らわない。

お話は、宗教色が濃いので、わかりにくい面もあるし
重たいめですけど、(重たい映画は比較的好きだ)
目の保養も存分にできましたゆえ、私は満足しとります(笑)
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ