晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

クリスティン・ベル

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

寝取られ男のラブ♂バカンス

ジャド・アパトー組のコメディ、これを観ておりませんでした。
ジャケのジェイソン・シーゲルの情けない顔が、恐ろしかったから(爆)
これも、面白かったです。
冒頭から、ち○ち○ぶらぶら凸そーせいじで爆笑してしまいました。
エンディングも、こいつでしめてくれます!(⌒▽⌒) 
fsm1寝取られ男のラブ♂バカンス
原題:FORGETTING SARAH MASRSHALL
監督:ニコラス・ストーラー
脚本:ジェイソン・シーゲル
製作:ジャド・アパトー
撮影:ラス・T・オルソーブルック
音楽:ライル・ワークマン
上映時間:111分
fsm8出演:ジェイソン・シーゲル, クリスティン・ベル, ミラ・クニス, ラッセル・ブランド, ビル・ヘイダー、他
人気TVシリーズ『クライム・シーン』へ音楽を提供しているミュージシャン・ピーターは、同作の主演女優サラ・マーシャルと付き合って5年になる。仕事は単純で退屈で、本当は自らが企画したロック・ミュージカルの作曲に専念したかったが、彼女との幸福な暮らしを思えばそれにも耐えられた。しかし、ある日突然、サラは他に好きな人ができたと別れを切り出す。ショックから立ち直れないピーターは、弟の勧めでハワイへ傷心旅行に出かける。ところが、同じホテルにはサラも新しい恋人とともに宿泊していた。その恋人とは、どう見てもダサいがなぜか人気のあるロックバンドのボーカリスト・アルダスだった。気分転換どころか心の傷がますます深くなるピーターに同情し、救いの手を差し伸べたのが、ホテルのフロント係をしているエキゾチックな美女レイチェル。彼女と交流を重ね、デートするうちに、ピーターは新たな恋の芽生えを実感し、少しずつ恋の痛手から立ち直ってゆく。そんなある日、サラの元に『クライム・シーン』の打ち切りの知らせが入る。ショックを分かち合える唯一の存在であるピーターに、彼女はこの話を打ち明けた。この一件でピーターの胸によりを戻す欲求が沸々と沸き起こるが、一方ではレイチェルと一線を越えて、ついに深い仲となってしまう。キャリアに関して不安に陥ったサラと、マイペースで身勝手なアルダスの仲はぎくしゃくし始めていた。やがて彼らは大ゲンカの末に破局を迎える。それを知り、慰めようとサラの部屋を尋ねるが、そこで待っていたのは彼女の誘惑だった。心乱れまくる優柔不断なピーターだが……。
寝取られ男のラブ♂バカンス - goo 映画

fsm6fsm4ヴェロニカ・マーズで日本でも、知名度を上げているかと思われるクリスティン・ベルが、ヒロインかと思いきや、実は違った。
変なミュージシャンの歌を聴かされたなぁと思ったら、見事に絡んできました。
ピーターにしたら、痛手を負わせた憎たらしいヤツの役なんですが…。変だけど、悪人はこの映画には出てこん。
サラって、かなり面白い趣味してるなぁ。
fsm7友人ブライアン(←ビル・ヘイダー)に、励まされながらも、傷心を癒すべく、ハワイにピーターは行く。そこのホテルのフロントで、サラとアルダスのカップルと遭遇してしまう。
フロントのレイチェルの助けもあり、逃げたと思われるのもシャクで、留まることにするピーター。そう、彼女こそヒロイン。
バカンスの島ハワイゆえ、なんやかんやとゆるっとした雰囲気で、いいです。
fsm5fsm3従業員のバーテンダーにジョナ・ヒルとかね。
お馴染みのヤツらが、出てくると、それだけで私は笑えてしまう、単純さ。
相変わらず、下ネタ満載ですし。Hシーンもたくさんあるし。でも、女優はさほど脱いでないです。男優は…ですけど。
ハネムーンのバカップルやら、脇の変な人も、大勢っていうか、変な人しか出てこんような気もする。まっ、人間みんな変ですし。ふつーってどうよ?
この映画って、EW誌が発表した「映画史に残る傑作オープニングシーン23本」の中の一本に選ばれていたりします(映画comの記事はコチラ)。
クリスティン・ベルのサラは女優で、犯罪捜査系TVドラマのヒロインですでね!事件は、なんか下ネタ入りだったりする。
そう思ってみると、彼女って面白い女優さんですねぇ。
fsm9ピーターは、ほんとに情けな〜い。
でも、このジェイソン・シーゲルという人は、この映画の脚本書いてるし、ドラキュラミュージカルの歌もピアノも弾いたりしてる。顔ほど、情けない人でもないようで…(ひどい言い方)
フロントのレイチェルとデートしたりするようになって、彼女のおかげで、心のどこかが変わり始めたピーター。
ミラ・クニス(カニス表記もあり)は、ザ・ウォーカーにもご出演だそうなんで、来月楽しみにします。
ピーターが本当にしたいこと(Hじゃなくって)を思い出させてくれる。
fsm2冒頭に書いたチ○ブラ、別れ話はこの姿…。
映ってる〜〜〜。
マヌケです。
エンディングのチ○ブラは、ちゃんと活かされたようでなによりでしたよ。
ドラマが急に打ち切りになったサラも、次のお仕事ができたよというのは、エンドロールでありました。これもなんか笑えましたねぇ。似たようなのがあったような気がしますが、気のせい?
あほあほコメディっていうのは、どこか女性の裸が多すぎなような気がするんですが、この映画は男性の裸で笑いをとってる映画ですな。ハハハ
あんまり女性のムダな裸が多いコメディは、あんまり吹き出すような笑えるもんがないんじゃないかなぁ。
あのぶら〜んは、なんか可笑しかった。
あっ☆ここばっかが、面白い映画ではないんですけどぉと、一応弁解だけはしときます。
へへへ(^◇^;)

みんな私に恋をする

完全に目当てありで観ました。またも、DVDスルー作品でーす。
どーでもいいのよ、ストーリーなんて。
(潔いな)
ラブコメだしな。
音楽は、なかなかいい感じでしたよ。
when-in-rome1みんな私に恋をする
原題:WHEN IN ROME
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
製作:ゲイリー・フォスター、マーク・スティーヴン・ジョンソン、アンドリュー・パネイ
脚本:デヴィッド・ダイアモンド、デヴィッド・ウェイスマン
音楽:クリストファー・ヤング
音楽総指揮:デイヴ・ジョーダン
上映時間:91分
出演:クリスティン・ベル、ジョシュ・デュアメル、ウィル・アーネット、ジョン・ヘダー、    ダックス・シェパード、ダニー・デヴィート、アンジェリカ・ヒューストン
ニューヨークの美術館でキュレーターとして働くベスは、最近ツイてない恋愛ばかり。ところが、超スピード婚を決めた妹の結婚式に参列するためローマを訪れたベスが、酔った勢いで“愛の泉”のコインを拾ってみたら、なんとコインを投げ入れた男たちからモテモテに!とても理想の相手とは言えない男性陣からの猛アタックに困惑するベスをさらに困らせるのは、キュートなジャーナリスト、ニックの存在。自分に夢中な彼に“運命の恋”を予感するベスだけど、他の男性陣たちと同様に、ニックも“コインの魔法”にかかっているだけなのかも・・・と、ベスはなかなか彼の気持ちを信じることができない。もしも魔法が本当だとしたら、彼の気持ちは本物?それとも・・・?

when-in-rome5彼女の職業であるキュレーターってなんじゃらほい?だったんです。美術館の学芸員のことでした。そのボスの女性が、アダムス・ファミリーの奥さまでしたので、ちょっと混乱を来しました(どんな混乱やねん)
美術品のオークションやさんかと思ってただけです。
「魔法」だなんだと、ちょっとファンタジックなのは、ディズニーの関係かしらん??
この映画、男性の方が妙に変なんですわ(笑)
2when-in-rome相手役のジョシュ・デュアメルも、どこかどんくさくって、そこらへんじゅうで頭ぶつけたり、こけたりしてますし。悲劇にも見舞われてた人だしね。
そう、私はジョシュ・デュアメルを目当てで観たのよ〜。
キャラ的に好きなんですね。
どこか憎めないし。
なんせ、男前だしね!
銃とかをもってるのもいいけど、コメディっぽいのはどげなもんだと思ってみたかったわけです。
ヒロインは、ヴェロニカ・マーズのクリスティン・ベル。
このドラマは、予告でしか観てないですけど、面白いみたいですね。
キュートだけど、そんな美人でもないですわ(女目線はきついな)
そんな彼女ベスが、ローマでの妹の結婚式で、ジョシュ扮するニックと知り合う。結婚式のパーティでいい雰囲気だったものの、赤いドレスの女性とキスを交わすのを観てしまい、酔っ払って目の前にあった愛の泉のコインを拾ってしまう。
when-in-rome4そんなとこから、コインを投げた男性たちからモテまくってしまい、その中のコイン(チップ)にはニックの部屋にあったチップもあり…。
このベスに求愛する男性たちが、変キャラばっかでねぇ。
あら?と思ったのは、変なマジシャンがジョン・ヘダーだった。(画像左端のひと)
笑っちゃったわぁ〜〜〜〜。キモ臭だしてるんだもん。
たしか画家の人は、俺たちフィギュアスケーターのあのライバルの人!ダックス・シェパードは、クリスティン・ベルと婚約したらしい(筋肉バカ役だったと思う)。
そんなドタバタと、ニックに対する気持ちはあるものの、コインのせいだと思い、じたばたするヒロイン。
When-in-Rome3最後までドタバタやってますが、時間的にもちょうどよく、めでたしめでたし。
悪い人も出てこなくって、よかったですね(笑)
どんくさいジョシュ・デュアメルも、かわいくてよかったですわ。(^▽^) ハッハッハ
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ