晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

サミュエル・L・ジャクソン

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

キングスマン

シルバーウィークだそうですが、あたしゃそんなに休みねぇよ。休みにしてほしかったなぁ。
これは、公開してすぐ観ました。これはなんとか感想らしきものが書けそうです。
恐竜観たときだっけかに予告かなんか観て、前売りをかってしまった。でも観に行ったときは、サービスデーの日で、変わらん。オマケがあったのでよしとしよう。
キック・アスのマシュー・ヴォーン監督なので、アクションシーンのキレが素晴らしい!キック・アスを気に入った方なら、たぶん好きな映画ですよ。
X-Menのこの前のやつを監督しなかったのは、この映画を撮りたかったかららしい。
スーツ萌え〜な方もね、いいわよ。着こなしが違うね〜なのよ。
Kingsman_posterキングスマン
原題:KINGSMAN: THE SECRET SERVICE
監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン   
製作:マシュー・ヴォーン、デヴィッド・リード、アダム・ボーリング   
製作総指揮:デイヴ・ギボンズ、スティーヴン・マークス、クローディア・ヴォーン、ピエール・ラグランジェ、   
原作:マーク・ミラー『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』(小学館集英社プロダクション刊)、デイヴ・ギボンズ
脚本:ジェーン・ゴールドマン   
衣装デザイン:アリアンヌ・フィリップス   
編集:エディ・ハミルトン、ジョン・ハリス   
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージェソン
出演: コリン・ファース、マイケル・ケイン、サミュエル・L・ジャクソン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、ソフィー・クックソン、マーク・ハミル、ハンナ・アルストロム

ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。“キングスマン”のエリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)は、ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなし、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)のもとで日々秘密裏の活動を行っている。ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、新人をスカウトすることになったハリーは、街のチンピラ、エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し候補生として抜擢するが、エグジーの父親もまた機密活動中に命を落とした“キングスマン”のスパイであった。そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。その首謀者ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)は、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた……。
公式サイト

『マナーが紳士を作るんだ』

KINGSMAN1アカデミー俳優コリン・ファースって、アクションしたっけ?裏切りのサーカスでスパイはやってたけど、あれは頭脳戦が主な映画だったし。(マーク・ストロングも出てた)
そうとう鍛えたようで、キレッキレなアクションを見せてくれる、しかもどこかスマートに。
なんせ、このどこにも属しないスパイ集団の本拠地は、キングスマンというテーラーで、スーツ♪
オーダースーツって、その人に合わせて作るのだから、そうなんだろうなって思います。
昔は、紳士も婦人もテーラーがあちこちにあったのだけど、既製品に押されて希少になってると思います。この頃はサイズに人が合わせてになったね。そういう私もつくったことないですけど。
KINGSMAN3この映画が楽しめたのには、スパイのひみつ兵器が色々でてくるところ。ハイテクなものも出てくるにせよ、英国紳士必須の傘だの靴だの万年筆だの…etc.に仕込まれてるのがステキ♪
もちろん、メガネも伊達にかけてるんじゃにないんだよねー。ワクワクするぜぇ〜。
彼らのコードネームは、アーサー王と円卓の騎士の名前からきてます。
ランスロットが消されてしまったため、次のランスロットを新人選考しなくてはならなくなり、ハリーこと「ガラハッド」は、定職にも就かずゴロついてるエグジーをスカウトっていうのが物語のはじまりなのだが、冒頭はこのエグジーの父親が命を落としてしまうシーンからなのね。そこででてくるタイトルロールが結構好みでした。
KINGSMAN5ほんまの主演はこのエグジーだと思う。
すんなりスパイになれるかって言うとそうではなくって、他にも候補生がいて色んなミッションを課せられ、クリアしていかなければならない。
その中でもエグジーは、異端といったら異端。大学はオックスフォード?ケンブリッジ?というような輩がおるわけです。
キングスマンのリーダーのアーサーも、お家柄を紳士の条件にしておりましたな。←ここPOINT
アーサーは、マイケル・ケイン。この配役いいですねー。
KINGSMAN9KINGSMAN7主に教育係なのがマーリン、キック・アスにも出ていたマーク・ストロング。今回はヴィランじゃない。こちらも紳士です。
ヴィランは、アメリカを背負ってるような(笑)ヴァレンタイン、サミュエルおじさんだよ。
どこかイギリスには、アメリカがひっかかりがあるようなとこをいつも描かれてるような気がします。
アメリカはアメリカで、歴史がイギリスみたいに綿々とないし、ましてやキングも存在した事がない。(監督はイギリスの人だ)
そのあたり両者色々あるようね。
アクションは随所にあるし、くすぐられる笑いも色々ある。どきどきもね。
アクションに関しては、後半よ後半!
まぁ凄いんですけど、私らみたいな人はもう笑いどころです。
Kingsman10KINGSMAN8サミュエルおじさんの用心棒的なおねいさんガゼルは、両足が恐ろしい。ナイフというか包丁です。床が痛まないのか、後で真剣に考えた。←気にしてはいけないところです。
KINGSMAN6不良少年スタイルだったエグジーがですよ、見事に変身しちゃったところは、やはり素晴らしい。
こんなに雰囲気が変わるとは、予想外でした。
彼の成長がやはりメインでもあるし。キック・アス同様、脇がメインなのかなぁ。
ほんの少しだけお色気も匂わせるシーンもあるけれど、全体的には恋もなく色気なく楽しいです。
コリンの存在感は、やはりすごいもんがあるし、教会のシーンはサイコーよ♪
当初たいして頭になかった(というか映画情報にかなり疎くなっていた)映画ですが、ハズレじゃなくってアタリでよかったなぁと思ってます。
でさ、EDロールでマーク・ハミルの名前を見つけて、え?出てた?だったわけ。後で確認したら、あーあのおっさん…でやんした。私も歳をとってるしな…。
私はとっても楽しかった映画なのさっ!先に見たトムちゃんのM:Iより好きだと思う。
このあと昔懐かしな「ナポレオン・ソロ」(コレ好きだった)をリメイクしたコードネームU.N.C.L.E.が11月にあります。
そして、12月は007(公式Twitter)。
今年後半は、スパイを楽しもう。

ジャンゴ 繋がれざる者

これが観たかったんだわさ!先週は、2時間45分もあるこの映画を観る自信がなくってねぇ。観出すとタラさんの世界にはまったねぇ。
西部劇は、なぜかあんまり好きじゃないんですが、面白かった。各キャラがイキイキしているのが、いいです。
助演男優賞のクリストフ・ヴァルツさん、タラさん映画と相性いいですね。タラさん、脚本賞も頂きましたね。
Dは発音しないジャンゴだす。
django_unchained1ジャンゴ 繋がれざる者
原題:DJANGO UNCHAINED
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ   
製作:ステイシー・シェア、レジナルド・ハドリン、ピラー・サヴォン   
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、マイケル・シャンバーグ、シャノン・マッキントッシュ、ジェームズ・W・スコッチドープル   
撮影:ロバート・リチャードソン   
衣装デザイン:シャレン・デイヴィス   
編集:フレッド・ラスキン
上映時間:165分
出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、 レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン、ジョナ・ヒル、クエンティン・タランティーノ、ウォルトン・ゴギンズ、デニス・クリストファー、ローラ・カユーテ、M・C・ゲイニー、クーパー・ハッカビー、ドク・デュハム、ジェームズ・ルッソ、ディッキー・スペック、トム・ウォパット、フランコ・ネロ、他
django_unchained2奴隷制度をめぐる対立が色濃くなる1859年アメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷を繋ぎとめる鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)。ジャンゴはキングとともに南部の指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探していた。そのブルームヒルダは、カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が営むキャンディランドという農園にいた。カルヴィンは奴隷を鍛えあげ、奴隷同士を闘わせては楽しんでいる。ジャンゴは妻を救うため、極悪人カルヴィンに生死を賭けて立ち向かう。
公式サイト

django_unchained7奴隷制度が酷い時代であり、ニガーという言葉などが何回も出てきます。
あえてそういう差別用語を使うことに意義はあると思う。
でも、歴史に忠実には描かれてはいないと監督は断言しているので、ある程度はさっぴいて観るべきね。でも、奴隷制度があったことは、事実だし。
奴隷として繋がれ移動していたところで、キング・シュルツに出会い、自らも賞金稼ぎとして成長し、離ればなれにされてしまった妻を捜す純愛でございますだ。
django_unchained3そうそう酒場で黒人と白人が同席することって、まずは考えられなかった時代で、キング・シュルツはそういうのは意に反するため、どんどん同席させて、え?という顔されまくりです。
黒人差別は、欧州の方はまだマシだったんですよね。
私ら、欧米人自体でかいんで怖いんだけど、黒い人はあんまり見たことないんでもっと恐怖感を感じます(田舎もんですし)。京都観光もヨーロッパ系かな。最近はアジア黄色系が断然多い。でもさ、インド系の黒さとアフリカ系の黒さは違うように思い込んでるんだけど(茶色が強いかそうじゃないかの黒さ)一概に言えないのかな。
django_unchained12django_unchained4まぁいいや。ともあれ、酷く差別されていた理不尽な時代背景で、風化すべきでない点もあるでしょう。アメリカという地に白人が降り立って、原住民を虐殺し追いやったという過去もあるんだよね、彼らは。その忌まわしさはともに覚えておくべきですよ。
ジャンゴは、驚くべき才能で銃の腕を磨いていき、キング・シュルツの巧みな人心操縦も覚えていく。時に、冷酷非情にならなければならないところも。
タラさんだけに、死体損傷度もハンパなく行われるのが気分いい(爆)
django_unchained5ジャンゴのジェイミー・フォックスが、どんどん精悍な顔つきになっていくような気がするんだよね。あら、カッコイイみたいな。
キング・シュルツのジャンゴに対する接し方とか、周りが周りなんでかなり紳士に見えちゃうし、ジャンゴへの愛を感じちゃう(いやらしい意味じゃなくってね)。
お尋ね者の顔検証のためのジャンゴは、賞金稼ぎとしてかけがえのないチームメイトになってるんですよね。
音楽がいい!この頃、歌入りの映画音楽は途中で流れることって少なくなったと思うし、なんか浮いて感じる事もある。すっと入れちゃう選曲のよさは相変わらずだと思う。
django_unchained9中盤過ぎて、やっと登場の初めて悪役に挑戦のレオさん、楽しそうなんだわ〜(笑)
タイタニックの面影を消してはや●年ほど。顔でかくなったしさー、いいと思うよ。
そのキャンディさんに媚びへつらう黒人お側用人のスティーヴンのサミュエルおじさんが、またいいです。
ここで、アンクルトムのお話を私も思い出したんで、検索かけて話を思い出してみたりしました。幼い頃、涙した物語です。
django_unchained6ダークサイドなアンクルトムさね。
足が悪い設定だし、おじいなんで、顔アップくるまでは誰やったけ? あんたかいなーみたいな感じでした。
サミュエルおじさんは、どっちかというと上から目線の役が多かったので、新鮮でした。
でも、黒人の中ではえらっそうにしてますけどね。白人には媚びちゃってます。アンクルトムというのは、黒人の中では、「白人に媚びを売る黒人」という軽蔑の意もあるそうで…。そのあたりは、突いている部分もあるかもしれないですね。
django_unchained11キャンディ・ランドに乗り込むにあたって、ジャンゴは非情な黒人を演じることにし、心裏腹のひどい事を犯さずにいられない状況に陥ってしまう。
ここ、ほんまに見殺しでっか?と哀しかったですが、スルーしたジャンゴはもっと辛かったはずと思えてきました。
かくして、キング・シュルツの巧妙な計らいで、ジャンゴとブルームヒルダは再会できるのですが、彼女は自由の身ではありません。
django_unchained8ここで、おっさんの第六感が働く。
いけずやでっ!
坊ちゃまに進言しちゃって、計画が崩れます。
ぶりぶりしちゃうんですけど、ここらあたりの展開は、目が離せなくなってきちゃって、時間も忘れました。
監督の出演もちゃんとわかったし、ジョナ・ヒルもみつけたし。
レオさんは、意外に退場が早かったですねぇ。キング・シュルツもまさかの退場だったのは、彼に愛着が湧いていたので辛かったなぁ。
ジャンゴへの想いゆえっていうのが、泣かせるっ!(いやらしい書き方してしもた)友情やんね。
django_unchained10キャンディさんちで、二回の血まみれがあるんですが、楽しかったです(笑)テンションMAXよ。
何気に臓物飛んだりするところが、らしいんだよ〜。
(最近、血まみれ見てないなぁ)
2時間半ちゅうより、3時間近くの長丁場の映画でしたが、楽しませて貰いました!
Bくさーいつくりをしてくるんだけど、微細に凝ってるし、俳優は豪華。きちんと各キャラがたってるところもいいです。
自分が、血まみれ耐性があることを気づいたのが、「キル・ビル」でした。
長らく観てない「パルプ・フィクション」に再挑戦しないとね(寝たんだも〜ん)。
南北戦争の2年くらい前の設定なので、この後来月公開「リンカーン」を観ればよくわかるってわけでもないわなっ…(笑)

ザ・スピリット

今、スーパーナチュラルS4を観てる最中なんですが、とりあえずコレを。
アメコミに有名な原作者が、監督に挑戦!世間的に、評判はもう一つですが、マンガ的に楽しめました。
まっ、GOEMONと似たようなイメージだな(ちょっと違うけど)。
スタイリッシュだけど、笑える??
sprit1ザ・スピリット
原題:The Spirit
監督・脚本:フランク・ミラー
製作:デボラ・デル・プレト、ジジ・プリッツカー、マイケル・E・ウスラン
製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー、スティーブン・メイヤー、ウィリアム・リシャック、マイケル・パセオネック、マイケル・バーンズ
原作:ウィル・アイズナー
撮影:ビル・ポープ
美術:ロザリオ・プロペンザ
編集:グレゴリー・ナスバウム
音楽:デビッド・ニューマン
上映時間:103分
出演:ガブリエル・マクト、エバ・メンデス、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、ルイス・ロンバルディ、ジェイミー・キング、他
セントラル・シティを悪から守る仮面の男、スピリット。その正体は死んだはずの元刑事デニー・コルトだ。彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパスの姿が。また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフも脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。
公式サイト
ザ・スピリット - goo 映画

spirit2なんか笑えるって書いたように、どこか軽さが目立つと思うんです。
実に、マンガらしいというか。
映像的には、「シン・シティ」あたりに近く、初めの方はスピリットの赤いネクタイが印象的。
靴底の白も、わざとだし。
戦いシーンは、あまり際だった激しさはないです。
グロさも、ほどほど。別エンディングは、きちんと映像化されたら、かなりグロくなりそうでしたけど。(特典にあり・レンタルもんにもあったよ)
スピリットは、不老不死のヒーローみたいなんだけど、どうも、ぽくない。
サミュエルおじさん扮するオクトパスを目の敵にしていて、女性にも、サービス目線で応えます。
spirit5オクトパスも、不老不死らしくって、二人の関係は後半であきらかになっていくんだけど、ん?ってなる点も多いかもね。
なんか私は、面白く観られましたよ。
オクトパスも、スピリットが死なないのに、アホみたいに闘うのが半ば趣味みたいで、子供のケンカみたいっす。
オクトパスの右腕の眼鏡っこおねえちゃんシルケン・フロスがスカーレット・ヨハンソン。
SpiritWallpapers_1280x1024_scarlettspirit3お衣装が、露出度高めですが、そんなセクシーにも思いませんでした。眼鏡っこ萌えの方にはいいかもしれないですけどね。
スピリットの初恋の人であり、宝石泥棒のサンド・サレフ役エヴァ・メンデスの方が、色っぽいですね。
へぇ〜っていう感じの映画ですねぇ。
一見、ハードボイルドなんですが、コミックリリーフなクローンのオクトパスの手下もいるけど、オクトパス自体がなんかねぇ、笑えますよ。
spirit4どういう経緯で、不老不死に憧れ、そのDNAを解明したのかまったくわかんないのが、ミソですね。
実験台にされたスピリットの今後も、彼を抹殺したことにより、闇の中。
その辺が、コミックの余裕かな。
まだまだ話がふくらませられる。
今さ、スーパーナチュラルを観てるでしょ、死神とかでてくると、無駄に想像力がそっちの方へむかうんですよね。
不死のものを殺すにはどうしたらいいか?パイレーツでもあったし、トワイライトでもそうでしたが、やっぱバラバラですよ。手っ取り早いのが爆破ですねぇ。
一応は、スパナチュの方は全巻観た事になる。で、これから、先にレンタルまでしてみたのを、じんわり観させていただくの♪
これさ、また来年の秋までつづきが観られないのよね〜。(ToT)
あっスピリット!、スピリット役の方は観た覚えがないな〜。
世間様の不評ほど、意外に楽しんでしまいましたな。
観る人は選ぶ作品でしょう。

ザ・クリーナー/消された殺人

サミュエルおじさんのサスペンス。
彼の職業って、最近にわかに映画で脚光(?)浴びてる系の人の嫌がるお仕事。
7/11から公開になった「サンシャイン・クリーニング」も同じ仕事です。
殺害現場の清掃をするお仕事なんです。他には、一人暮らしの人の死後●日経過の後処理とかね。(おくりびとみたいだね)
cleaner2ザ・クリーナー/消された殺人
原題:Cleaner(07・米)
監督:レニー・ハーリン
脚本:マシュー・アルドリッチ
音楽:リチャード・ギブス
上映時間:90分
出演:サミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリス、エヴァ・メンデス、キキ・パーマー、他
 14歳の娘を育てながら、犯罪現場の清掃業をしている元警察官のトム(サミュエル・L・ジャクソン)は、ある日、とある殺人現場の依頼を受ける。しかし、その依頼主は架空の人物だということが判明。次第に大きな陰謀へと巻き込まれていくトムは、警察時代の相棒、エディ(エド・ハリス)とともに事件の謎に…
映画応援サイト(日本の特殊清掃業者さん・ふげぇ〜な現場写真もあったりする)
ザ・クリーナー 消された殺人 - goo 映画

cleaner3cleaner4↑ の応援サイトっていうのは、キーパーズっていう日本でそういう作業(CTSDecon)をされておられる会社が、この映画を応援されてるサイトです。映画の事も特集されてますし、実際のお仕事写真もあるので、リンクしておきました。公式サイトは、すでになかったの。
日本にも、こういうお仕事が、やっぱあるんですよ…。
日本より、アメリカの方が需要が多そうな気がするのは、気のせいでしょうか??
主人公のトムは、元警官で娘と二人暮らし。警察のことを知っている彼が社長となり、経営している。
彼が、警察を辞めた理由は、段々とわかってくる。
cleaner6ある殺害現場の依頼を受け、銃殺とみられる血痕でまみれた居間をキレイに清掃していくが、翌日、鍵をのを忘れ、その家に行くと…。住人の奥様は知らないという。架空の刑事名や住所であったり、元警察の彼は、何かをすぐ感じとる。その後、その家の主人が、失踪したことをニュースで知る。
まぁ、いろんな怪しそうな伏線がはりまくられてくるんですよね。
警察の腐敗内部告発だとか、それを証言しようとしていたのが、失踪したとされるあの家の主人だったとかね。
トムがなにか絡んでることを知りながら、警察にいわない奥さんだとか…
cleaner5彼が、娘の名付け親でもある旧友エディと、そういうこともあって再会する。
このエディは、エド・ハリスなもんで、このおじさんには勘ぐってしまいますよね。
だってー、いつも一筋縄でいかない役どころだもん。
ただの相談できる親友でもないでしょー。ふふ
娘との絆も絡んで、複雑にハラハラと展開していく。
誰もが、疑わしいし、どう考えても、警察内部に詳しいものの犯行に違いないのだもの。
cleaner1ラスト6分40秒、この罠は見抜けない
というコピーがポスターに載っていますが、まぁねぇ動機はわかんなかったですよ。
なんや!そんなことかいっ!
って、拍子抜けしちゃうんだもん。
犯人は、想像はついていましたねぇ。
怨恨かとにおわせたりもしてましたね。

殺害動機は、へなっとなったものの、そこにいきつくまでは、面白かったですな。
サミュエル・L・ジャクソンは、元警官だとか似合う。強面だもの。

ブラック・スネーク・モーン

いってみよ〜!
邦画続きでしたが、一転、ちょいヘヴィーな映画だ。
弟に奥さんを寝取られ、逃げられた初老のオヤジとセックス依存症のアバズレねえちゃん。ヤバそうな設定〜
ジャケだけみると、海外版「完全なる飼育」ですか?ですよね。
でも、そんなことなかったから。
原題:BLACK SNAKE MOAN
監督:クレイグ・ブリュワー
収録時間:115分
レンタル開始日:2008-01-11
アメリカ南部の田舎町。畑仕事をしながら静かに暮す元ブルース・ミュージシャン、ラザラスはある朝、道端で血だらけになって倒れている若い女を拾った。女 の名はレイ。子供の頃の虐待の影響でセックス依存症となっていた彼女は、恋人のロニーが入隊したため、孤独に耐えられなくなりドラッグと酒に溺れ、男に殴 られたのだった。レイを家につれて帰り看病するラザラスは、逃げないようにと太い鎖を彼女の体に巻くのだった…。
ブラック・スネーク・モーン - goo 映画
公式ページ

確かに、冒頭からレイとロニーのSEXしーんと初老のおっさんと妻の三行半。
ひきそうになりますけどね。
激しいHシーンで、話題になってしまってますが、ヒロインがセックス依存症だから、しゃーないんですよ。
クリスティーナ・リッチは、見事にアバズレてますし、前半、半裸状態ばっかりです。
サミュエルが、霞むほどの女優魂です。
サミュエル演じるラザラスは、信心深いまじめな男。
「あんたといると老け込む」って女房に言われて出て行かれる。
彼もまた、心に傷。
bsm4アバズレ女レイは、ロニーという恋人がいて、彼が入隊しちゃう。
ロニーは、ジャスティン・ティンバレークです。このロニーくんは、パニック症候群みたいなんですけど。緊張すると嘔吐に息が出来なくなる。
そんな気弱な優しい男を好演してました。冒頭は、セクシーだ(笑)
なぜ、彼女がそんな依存症になっていったかは、段々にわかってくるんですけど
養父による性的虐待っていうのは、可哀想な問題です。「ボルベール」でも、出てきましたけど…。

bsm1そんな見事に心に傷をおった人間達が、希望を持ってさわやかにエンディングだったので、鑑賞後の後味はよかったです。
レイとラザレスの出会いがあって、ラザレスは彼女の闇を自分の中の闇を重ねたのかもしれない。ブルースで、癒していく。
彼女にブルースを聴かせるうちに、彼もまた再び歌い出す。


bsm2bsm3
鎖につながれた女というと
どうも、H系なイメージですが
この鎖は、彼と彼女を結びつける重要な鍵です。
愛というと、男女の性愛にむきがちだけど、ココでの愛はまたちょっと違う愛。

愛だよな〜って思いました。






bsm5いたるところでブルースが入り、サミュエルもギターをかきならし歌っています。
音楽も重要な要素となっています。
ジャスティン・ティンバレークは、ちなみに一切歌っていません。
ちょっと、期待してたんですけど…。なかったです。
サミュエルのよき友人の神父が、カウンセラーのような役回りで
彼らの闇の部分と向き合わせます。
天国についてや罪の許しについても、イイコトいってました。

クリスティーナ・リッチが、体当たりの演技だし、いっちゃってます。
彼女を観るというのも、一見の価値です。
顔は、相変わらず童顔でカワイイ系ですが、スマートで色っぽい裸ですねぇ。
サミュエル・L・ジャクソンも、熱さが控えめで、枯れかけたオヤジに徹してますねぇ。イメージは、静な感じがします。ブルースを唄ってるときは、あついけどね。
ヘヴィーな題材ですが、意外とさわやかなのがミソです。

フリーダムランド

サミュエルおやじがね、
「ウィル・スミスだけかい、わいも借りてけや〜」
と睨んできはったん。(何で関西弁?)
またしても、子供を捜すジュリアン・ムーアですが、
いったい子供は、どこなんだ?と、気になった。
エイリアンではない。
身近なのだぁ〜〜。
それは、えらい住民問題に発展してしまう。
ベストセラー小説の映画化なんだって。
原題:FREEDOMLAND
監督:ジョー・ロス
収録時間:113分
レンタル開始日:2007-07-25
ニュージャージー州の低所得者向け団地でカージャック事件が発生し、事件の被害者である白人女性ブレンダ(ジュリアン・ムーア)は、奪われた車の後部座席 に幼い息子が眠っていたと打ち明ける。黒人刑事のロレンゾ(サミュエル・L・ジャクソン)は、犯人扱いされた住民たちと警官の間に走る緊張感を案じながら 捜査にあたるが……。
シネマトゥディより

フライト・プラン、フォーガットンに次ぐ、衝撃の結末。迷宮のサスペンス・スリラー。
なんて、書いてあったわけですが、「フォーガットン」の二の舞は困るで!(笑)
(そんなことはなかったです)

全編、ジュリアン・ムーアはすっぴんで、顔色悪く撮ってとのこと。
シングルマザーの4歳になる一人息子が、
カージャック&誘拐されたということで
パニック状態のようなテンションの高い演技を見せてくれます。

根底にあるモノが、白と黒の人種の問題でもあり
住民の団結のようなものもうまれはする。
家族の問題をも、浮き彫りにする。
この低所得者向けの団地は、ほとんどアフリカ系住民居住区であり、
犯罪者もしくはなんらかの法を犯している者がかなりの人数がいる。
そのため、警察はロレンゾの止めるのも聞かずに、「封鎖」してしまう。
ロレンゾは、ロレンゾで、彼女の話を聞いてるうちに、
疑問を感じるわけで…。
その疑問は、確信になっていく。

アメリカの改善できない問題のひとつが、描かれてるわけだけど
「クラッシュ」ほど、前向きでもないしな。
親子の愛情っていうほどでもないかな。

残虐事件が増えたとはいえ、やはり日本はまだ安全な国なほうなんじゃないですかねぇ。
だもんで、なかなか頭でなんとなく理解はできても、
感じきれない何かがあるのは、確かです。
登場人物は、ほとんどの人物がナニかありそうで
グレーゾーンを心がけて描かれたらしい。
ロレンゾも、今は黒人たちになにかと気をかけ、「おやじさん」的刑事ではあるけれども、
息子は囚人だし、彼も昔はジャンキーでもあったようだし
過呼吸?でもあるよう。

ネタバレ

また、精神的にもちと錯乱状態だった母親は、
過失(事故)で死なせてしまったと告白シーンは、たたみかけるよう。
私は、同情があまりできなかったけどさ。
怒りの方が強かったかな?弱さに対してね。
しかしながら、「封鎖」による住民の怒りは頂点に達し、
暴動が起きてしまう。
でも、それでどう変わったということはないのかなぁ?
オチのつけかたが、ひねりがほしかったような気はしました。

ジュリアンのパニックぶりは、ムカつくくらいすごい。
アメリカという国、児童の行方不明というのも多いらしく
「探す会」っていうのが出てくるんだけど、実際にあるそうなんですね。
かなり本格的捜査活動を草の根でしてる。
2/3は、死体だそうですが、それでも埋葬するためには探さないとという気持ちなんだそうです。
この会(ケント友の会だっけかな)が、協力して、彼女の自供に導く…。

子供を失った母親の気持ちってぇのは、男には絶対わかんないし
その根気とアクションはできないっていうのはわかるな。
やはり「母は強し」ですね。

スネーク・フライト

ほめて下さい!
観ました…
<("0")> ナント!
ヘビ恐怖症のわたくしが!(しかも、初日レンタルすんなよ)
もう、ボロボロ…ヘビーだった(シャレかい?・笑)

収録時間:106分
レンタル開始日:2007-04-20

ハワイのオフロードをバイクで走っていたショーンは、偶然、大物ギャングのキムが検事を殺している現場を目撃してしまった。目撃者を消すため組織の魔の手が迫るが、ショーンはFBIエージェント・フリンの助けで危機を脱する。そしてショーンはフリンの護衛のもとロスへと向かい、キムの悪事を証言することに。2人は民間の航空機へと乗り込むが、それを察知したキムは、航空機に“暗殺者”――大量の毒ヘビを送り込むのだった。
スネーク・フライト - goo 映画

冒頭、ハワイの美しい海、サーファー…
オフロードのバイクでさわやかに始まってしまう。
B級ティストですが、かなりいけてると思いますよ。
これが、ヘビじゃなかったら…(ToT)
かなりのお気に入りです。
ヘビだから、怖かったんだけどね。
画像なんか、絶対いれないからねっ!
ヘビさんが登場してからというもの、なんべんギャッ★と叫んだか…
深夜便の機内というんで、画面が暗いとこでアヤツらは襲いに来るのね、初めは。
だから、少々耐えられたわけです。
声も、出るわ、目をつぶらんならんわ(おそうとこ、観てないのもあるの)
胴体の鱗がぬめぬめだけで、嫌だしっ!
ただ、面白い襲い方しやがるんだよぉ。
目玉ぎゃぶっとか、口にパクッとか、男性のナニにっていうのも当然ありやした。
死体の変なとこから出てきたりぃ〜
ところどころ、そういうアホさも満開さしてるんですね。

私にとっては、近来稀に見るホラー度?でして

むっちゃ怖かったっ!

そう言う意味でも、かなりなんじゃないでしょうか?
犠牲者も多数な割に、ノリの軽さもあって
ホラー映画の趣向だわぁ〜

話の筋も、それなりにありまして
泣かせどころのようなとこもありました。
乗員・乗客のキャラも、まぁまぁしてありました。
へびが、比較的マシなら、ちょっと観たらどうです?
私みたいなヘビ恐怖な人で、ホラーもダメな人は
観ない方がいいです。

こういう映画に突っ込みどころは、野暮でしょう。
サミュエルおやじのサーファー姿だけは、つっこみたい!
似合わねぇ〜〜〜〜。

あ〜〜〜つっつっ疲れた…(´ρ`)

へび女という漫画が、
へびダメにしました。
楳図かずおの恐怖漫画、よく読みましたけど…

じぇったい、明日はさわやかにしたいっ!

(j o j) うっうっ…

ツイステッド

収録時間:97分
レンタル開始日:2005-02-11

サンフランシスコ市警の殺人課捜査官へ昇進したジェシカ(アシュレイ・ジャド)は、パートナーのマイクとともに、撲殺された水死体の捜査に取り掛かる。被害者は、ジェシカが一晩だけ夜を共にした男だった。ストレスと緊張から酒の量は増え、夜は気を失うように眠ってしまうジェシカ。やがて第二の殺人が起るが、被害者はまたもやジェシカが関係を持った男だった。自分と寝た男が次々と殺され、仲間から疑いの目に晒されるジェシカは、次第に自分自身を信じられなくなっていく…。ツイステッド - goo 映画

先ず、彼女に疑いの目が、いくようになってるんですが、途中でアヤシイ人の目星が付いてきちゃったよ。
あれよあれよという間に、解決してしまいました。
練れば、ぐっとおもしろくなりそうなのになぁ。
そんな感じがしました。

彼女が、飲んでブラックアウトしちゃう晩に、いつも殺人があり、
彼女と寝た男ばかりだった…。
犯人は、殺しの痕跡を残さないプロな犯行。
追い込まれていくジェシカ。精神的にも、ズタボロ。

精神科医のカウンセリングのシーンがあるんだけど、
イマイチなんよ、会話が…。

捜査サスペンスもんも、見過ぎなんでしょうか?
最近、あたしモンクが多いよなっ〜。
感謝して映画みなくっちゃねぇと思うんですけどね。
(ー’`ー;) ウーン

アシュレイ・ジャドは、きれいな女優さんですね。
ちょっと色っぽい仕草もあったし。
アンディ・ガルシアは、とがったような色気がなかったはぁ、コレ。
サミュエルおじさんは、相変わらずです。
上官役が板に付いてるねぇ。

明日は、新作GET出来るかなぁ??

Cut11月号読んでてさぁ…

Cut (カット) 2006年 11月号 [雑誌]
読んでたわけよ。
この雑誌、グラビアがイイんでねぇ。
書いてあることも面白い。
ほんでね、「スネーク・フライト」ーSneakes On A Planeーとサミュエルおやじのコトやらインタビューが、載ってた。
観たいなぁ〜〜、なんかおもしろそっ!

でも

わたし、蛇が大だい∞嫌いちゅうか、怖いんです。

夢見て、泣きそう。・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ〜ん

snakes/fこの前、予告編観てしまって、
「こりゃ、あかんっ!よう観んっ」
だったんだけどねぇ。
B級映画ぽくて、バカっぽくて、なんか観たい…
でも、観られない…

と、葛藤しています。

映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ