晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

シャイア・ラブーフ

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3D・字幕

これは、3Dで観ちゃった。シリーズ3作、全部映画館で観ることができました。
できれば、映画館がいいですね。ソフトなら、Blu-rayです(きっぱり)。
個人的に、この夏必見の映画の一つでした。
ヒロインが、交代となりましたが、相変わらずなめるように撮ってますね。
後半のど派手な市街戦は、必見。
tf31トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
原題:TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON
監督:マイケル・ベイ   
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、イアン・ブライス   
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン   
脚本:アーレン・クルーガー   
撮影:アミール・モクリ   
プロダクションデザイン:ナイジェル・フェルプス   
衣装デザイン:デボラ・L・スコット   
編集:ロジャー・バートン、ウィリアム・ゴールデンバーグ、ジョエル・ネグロン、
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
上映時間:154分
出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロ、タイリース・ギブソン、ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ、パトリック・デンプシー、ケヴィン・ダン、ジュリー・ホワイト、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、アラン・テュディック、ケン・チョン、グレン・モーシャワー、レスター・スパイト、バズ・オルドリン、他
tf321969年7月20日、月面着陸に成功したアポロ11号のアームストロング船長とオルドリン操縦士は、人類で初めて月に降り立った。全世界が注目したこの歴史的偉業の陰で、米国政府とNASAはある事実をひた隠しにしていた。その事実とは、宇宙の遥か彼方からやってきた、未知の金属生命体であるトランスフォーマーたちの地球侵略の足がかりとなる宇宙船が、月の裏側に不時着していたということだった……。現代のアメリカ・シカゴ。社会人となったサム(シャイア・ラブーフ)の周囲で、異変が再び始まる。オフィス機器に姿を変えていた侵略者・トランスフォーマーたちが、人間を襲い始めたのだ。政府が40年前の事実をひた隠しにしたことが原因で街は壊滅的な状態に陥り、その被害は世界の都市へと広がっていく。一部のトランスフォーマーたちは地球に味方し応戦するが、地球上に潜んでいたトランスフォーマーたちや宇宙から次々とやってくる新たな敵の圧倒的なパワーに対し、なす術もなく追い詰められていく。
公式サイト
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - goo 映画

tf382時間半超え。
昼下がりに観たせいか、中盤、眠くて眠くてしょうがなかった…。こういう人は、ほかにもたくさんおられたので、ちょっと安心したけど。
後半は、眠気も吹っ飛び、口ぽか〜んとあけて観てたと思う。眼鏡も軽くなったし、気にならず。
現代の人間界はサムの就活からはじまりますが、冒頭は実際にあったアポロ11号の月面着陸にまつわるお話から。
実際にあった出来事を、こんな風に絡めちゃうんだね。あと、チェルノブイリなんかもでてきちゃうしね。
tf33サムは、ミカエラに捨てられて、新たにカーリーという女性と恋に落ちて、カーリーの家にご厄介中。サムは、なぜかベッピンさんが彼女にという点は、素晴らしいねぇ。
サムのパパ&ママも、健在。キャンピングカーでお出ましです。
2度も世界を救った立役者なのに、オバマさんに勲章をもらっただけだと、ぼやくぼやく(笑)就職は世話してくんないよぉってね。
ディセプコンたちからは、未だに小僧扱いされてますが、立派に大人になってきたサム。昔みたいに、おどおどした対応ではないです。
tf313バンブルビーが、NESTのお手伝いにいって不在が多いので、淋しいようです。
私は、ビーちゃんの贔屓です。
偶然、TV放映のんを観ちゃってるんで、復習はできてます。双子のオートボットは今回は、出番なしでした。
オートボットやディセプコンたちやら、なにがなんだか敵味方?だし、Blu-rayでたら、ちゃんと観ないとダメだわ。(DVDではトランスフォームするシーンがわかりにくい)
今回は、カマロにサムを乗せた状態でトランスフォームして…なんていうシーンもあったわねぇ。
tf311tf310今回、頭堅めな上官は、マダムと呼ばれるとご立腹なミアリング。
シモンズは、本の印税でお金持ちで、セクター8って?すっかり、オートボット側の人間になってます。
レノックスも相変わらずかっこいい。片腕のエップスがいないと思ったら、ちゃんと出てきてくれた。
先回が、少々悪のりが多かったかなと思ったんですが、今回はガタッと減りました。
tf39tf36カーリーの雇い主の社長が、パトリック・デンプシーで、悪役な役回りの人間です。
ちょっとアクが薄いかなぁ…。
1のジョン・タトゥーロくらいのアクが欲しかった。
最後の行動は、意味不明にも思えたりしちゃった。
シカゴの街が、ディセプコンの攻撃やオートポットとの戦いで、壊れまくりになるのですが、ここで6月に観た「スカイラインー征服ー」を思い出した。あの映画は、低予算なのに頑張ってたなぁとこういう大作の似たよなシーンを観ると、余計感じます。
tf312tf37イチ押しなNESTのシーンは、人間飛行のとこ。
ほんまに飛んでたみたいですけど。
あーこれって、あれよ、うん、アレって思ったのよ。
ガッチャマンよ。
(⌒▽⌒) ケラケラ
あっち行ったり、こっち行ったり、大騒動で、アイアンハイドが無残な目にあうのも、束の間の出来事に流れちゃった。
tf34tf35破壊王マイケル・ベイは、健在なり(笑)
3Dの方も、なかなかの迫力でした!
この映画に関しては、2Dとどっち観るかっていうと、3Dでしょうか?やっぱり、それ用のカメラで撮られたっていうのは、どっちにするかの判断基準のひとつにはしてます。なるべく、2Dでの方向ですけどね。
予告で、M;I:IVが観られたのは、ちょっと嬉しかったかな。あの音楽は、心がはやる。
最近のんって、そういう映画音楽が少ないなぁと思ったなぁ。
このトランスファーマーは、Linkin Parkが似合ってました。相変わらず、いい感じ。
ツーリストのエンディングテーマは、合ってなかったのを思い出した。
長かったんで、ちょっと椅子に座ってるのがしんどいとこや眠かったりもあったけど、楽しい時間が過ごせました。
この夏は、ぜひ映画館でどーぞ。

ウォール・ストリート

さてどうはじめようか…
前作を、公開直後に観たものの、結局ソフトですわ(笑)
お金は、なんとかこっちが動かさないと増殖はしないもんなようですね。私の場合は、せいぜい宝くじだよね(買ってないけど)、いやいやポイント集めの方かねぇ(あー小物)
インサイダー取引違反で、刑務所に入っていたゲッコーが出所してくるところからはじまります。お迎えは、誰もいない…。
wall_street21ウォール・ストリート
原題:Wall Street: Money Never Sleeps
監督:オリヴァー・ストーン   
製作:エドワード・R・プレスマン、エリック・コペロフ   
製作総指揮:セリア・コスタス、アレックス・ヤング、アレサンドロ・キャモン   
キャラクター創造:スタンリー・ワイザー、オリヴァー・ストーン   
脚本:アラン・ローブ   
撮影:ロドリゴ・プリエト   
衣装デザイン:エレン・マイロニック   
音楽:クレイグ・アームストロング   
音楽プロデューサー:バド・カー
上映時間:133分
出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、チャーリー・シーン、他
ウォール街の若き金融マン、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)の会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の陰謀だと知ったジェイコブは復讐を誓い、刑務所を出た元大物投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に助言を求める。しかしゲッコーはジェイコブの最愛の恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親でもあった。ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを条件にジェイコブと手を組むことに同意する。本能の赴くままに“欲望”を追及し、卓越した頭脳とあらゆる手段で虎視眈々と復活を目論むゲッコー。そんなひと筋縄ではいかないゲッコーとの駆け引きによって、愛の強さを試されるジェイコブとウィニー。3人に微笑むのは女神か、それとも悪魔か。
公式サイト
ウォール・ストリート - goo 映画
ウォール街(1987)の記事

wall_street226老舗の金融会社の社長ルイ・ゼイベルを師と仰ぐジェイコブは、ゲッコーの娘ウィニーを恋人にもち、結婚を考えていた。彼は、ナチュラルエネルギーの開発資金を担当しており、それを送り出すことが夢でもあった。
そんな折、何者かによるよくない風評と株式操作されたふしで、会社は破綻してしまい、ゼイベルも、自殺をしてしまう。
ウィニーは、父であるゲッコーを憎んでおり、絶縁状態にあった。兄を薬物中毒でなくし、母も不安定になったとき、父は塀の中。
元を正せば、ゲッコーがお金、お金となっていたからということらしい。
そんなウィニーが選んだ男が、ウォール街の男っていうのは、「皮肉なものね」と言っていたが、実のところは、求めるものがあったんだろうなーと思う。
ゲッコーは、出所してから本を書き、講演にまわる生活をしていた。彼の話はわかりやすく、講演に行ったジェイコブは魅了される。
wall_street23プロポーズの快諾は得ていたが、自分の妻となろう人の父親であるゲッコーにも祝福を受けたいというのは、ジェイコブがウォール街の男でなくても思うはずだろうね。
取引だ。
普通は、取引なんて言わないけれど、ゲッコーの場合はそうなっちゃうね。
ジェイコブは、ゼイベルを死に追いやったケイマンにあるペーパーカンパニーらしき会社の洗い出しをゲッコーに依頼、その見返りはウィニーとの再会をお膳立てするということ。
親子の愛憎の絡みが入ってしまうので、マネーゲームのみではなくファミリードラマの雰囲気も、強く感じちゃいました。
wall_street22ジェイコブは、儲けより復讐心の方が強かったようにも思うしね。
とはいえ、相手も金融界の大物であり、一筋縄ではいかない。
ジェイコブは、ゲッコーを相談相手に隠れて動くようになる。ジェイコブも、才覚ある若者のように描かれてはいるけれど、ほりゃ経験値がにじみ出て違うようにみえます。
ゼイベルを陥れたブレイトンは、自社に損益を出させたジェイコブを逆にヘッドハンティングする…。
ジェイコブにしてみれば、相手の懐に入り込む復讐のチャンス。
ウィニーは、妊娠する。が、かつての父と重なるジェイコブを苦々しい想いを隠せない。
マネーゲームの要素は、前作の方が面白く感じて…、これはな〜んも知らなかったからかもしれないですけど。
後半、ゲッコーの指図ではない動きで、ジェイコブによりブレイトンは追い込まれていく様は、気持ちいいもんがあったね。
金融業界の最古参の大物ジュリーじいちゃんのイーライ・ウォラックが、いい味を出してました。このおじいちゃん、「ホリディ」でもよかったわ。ついでに調べたら、ナース・ジャッキーのチキンスープの回にでてたおじいちゃんだった。
ほんでもって、1915年生まれということで、死んだ祖父(93でした)より、生きておられることにびっくり。しかも現役です。
wall_street25前作のチャーリー・シーンも、カメオでご出演。ゲッコーに近況を話しちゃったりなんかしちゃって。
ゲッコーさんも、策士でして、娘に再び近づいたのは、ウィニー名義のスイス銀行の1億ドルの隠し金を元手にカムバックしたかったからと思わせ、かつてなかった親の顔をみせてくれたのは、冷えた世界の状況だからかしら。
めでたしめでたしのファミリーのお祝いがエンドロールにはさまれてる。今の世の中の方が、殺伐としてるからなんだじゃないかと逆に思えちゃうんですね。お金より大事なものですよーみたいなね。
wall_street24その分、ウォール街の看板が家族ドラマに思えるのは否定できないと思うん。
記事書く前に読んだwikiだっけかに、監督は前作でゲッコーに憧れてしまった人が増えたことを、よく思ってなかったそうで、そういう意味合いもあったのかなぁ。
今は、破局してしまったシャイアとキャリーのカップルも、初々しい雰囲気がよかったです。スーザン・サランドンが、シャイアの母役でしたが、あまり出番がなくって残念でした。
また、撮影後闘病したマイケル・ダグラスですが、その後お元気そうで何よりだなぁと思いました。

ニューヨーク、アイラブユー

人種のるつぼであり、色んな顔のある街、ニューヨーク。もちろん、私は映画の中でしかこの街を知らない。そんな街ニューヨークを舞台に、色んな国の監督10人が色んな愛を紡ぐ映画。
パリ、ジュテームの姉妹版。次は、上海?、う〜ん上海ね。
俳優さんたちが、豪華です。パリ〜の方を気に入ったので、観に行きたいなーと思っていたんですが、配給元の倒産とかのゴタゴタで、縮小上映だったような気もしないではない。結局、観に行けなかったも〜ん。
ny1ニューヨーク、アイラブユー
原題:New York, I Love You
監督:イヴァン・アタル、アレン・ヒューズ、岩井俊二、チアン・ウェン、ジョシュア・マーストン、ナタリー・ポートマン、ブレット・ラトナー、ファティ・アキン、シェカール・カプール、ミーラー・ナーイル、ランディ・バルスマイヤー
製作:エマニュエル・ベンビイ
上映時間:103分
出演:オーランド・ブルーム、クリスティーナ・リッチ、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、シャイア・ラブーフ、レイチェル・ビルソン、マギー・Q、ロビン・ライト・ペン、ジェームズ・カーン、ジョン・ハート、アンディ・ガルシア、イーサン・ホーク、イルファン・カーン、クリス・クーパー、アントン・イェルチン、オリビア・サールビー、ドレア・ド・マッテオ、ブラッドリー・クーパー、ジュリー・クリスティ、カルロス・アコスタ、ジャシンダ・バレット、ウグル・ユーセル、スー・チー、イーライ・ウォラック、クロリス・リーチマン、エミリー・オハナ
ny5ニューヨーク。スリを生業とする青年ベン(ヘイデン・クリステンセン)は、中年紳士ギャリー(アンディ・ガルシア)から財布を盗む。中に入っていた写真の 美女モリー(レイチェル・ビルソン)を偶然、街で見かけたベンは……。47丁目ダイヤモンド取引所。インド人の商人マンスークバイ(イルファン・カーン) のもとへ、結婚間近の仲買人リフカ(ナタリー・ポートマン)が訪れる……。アパートにこもって映画音楽を作曲する音楽家デイヴィッド(オーランド・ブルー ム)は、顔も知らない監督アシスタントのカミーユ(クリスティーナ・リッチ)からの電話で、監督の奇妙な指示を伝えられる……。レストランの前では、作家 の男(イーサン・ホーク)が魅惑的な女(マギー・Q)に火を貸し、女を口説き始める……。最近失恋した17歳の青年(アントン・イェルチン)は、近所の薬 剤師リッコリ(ジェームズ・カーン)から、卒業プロムに一緒に行くようにと美しい娘(オリヴィア・サールビー)の写真を見せられる……。数日前に一夜限り のつもりで愛を交わしたリディア(ドレア・ド・マッテオ)とガス(ブラッドリー・クーパー)は、再会するためにバーへと向かっていた……。元オペラ歌手の イザベル(ジュリー・クリスティ)は5番街のホテルにチェックイン。足に障害のある外国訛りの若いホテルマン(シャイア・ラブーフ)と出会う……。セント ラル・パーク。黒人青年ダンテ(カルロス・アコスタ)が、幼い白人少女と遊んでいる。ダンテは少女を母親マギー(ジャシンダ・バレット)のもとへ連れて行 き、明日も迎えに来るように頼まれる……。チャイナタウンで働く若い女性(スー・チー)を、記憶を頼りに描き始めた画家(ウグル・ユーセル)。だが、どう しても彼女の目だけが描けなかった……。再びレストラン前。中年ビジネスマン、アレックス(クリス・クーパー)がタバコを吸いながら携帯電話で話している と、魅力的な女性アンナ(ロビン・ライト・ペン)が火を借りに来る……。老夫婦が歩いている。せっかちで心配性の妻ミツィー(クロリス・リーチマン)は、 夫のエイブ(イーライ・ウォラック)に歩き方が遅いと小言を言うが、エイブも負けずに離婚して若い男を見つけろと言い返す……。至る所で愛が生まれる街、 ニューヨーク。ビデオアーティストのゾーイ(エミリー・オハナ)は、タクシーの窓から、あるいは駅やカフェから、様々な愛を撮影している……。(moviewalkerより)
公式サイト
ニューヨーク,アイラブユー - goo 映画

ny6オムニバスのようで、オムニバスではないようですね。どこかで、つながりを持たせたような描き方でした。
私の目当ては、色々ありました(笑)
まず最初に、ヘイデンくんが今や元婚約者となってしまったレイチェル嬢とアンディ・ガルシアとの話。
なんかな、これは単にヘイデンって、やっぱ男前だなぁと見入ってしまって、レイチェル嬢は目にいれたくない感じになっちゃった。
ストーリー的にもな。
なんかようわからん。
ナタリー・ポートマンは、主演のものと自ら監督をしたものと、大活躍。
ny9ny7彼女の監督作は、割とよかった。セントラルパーク(行ったことないのにすぐわかっちゃう)での子守の男性の話なんだけど、賞も獲ってるダンサーの方らしいですね。最後のダンスが素敵でした。
スカヨハさんも、監督に挑戦したそうなんですが、全体的にバランスがとれないとかで、全カットされたそう。レンタル版には、それは特典映像に入ってなくって残念だったなぁ。
ny10オーランドくん、久しぶりです
出演作が、しばらくなくってさー、プライベートニュースばっかですもん。気がつくと、彼も33歳になってた。私も、年をとった分、彼も年をとったな(笑)
クリスティーナ・リッチとの共演で、日本の岩井俊二監督もん。
かわいい感じの作品でした。
ちょっとばっちい部屋と自前の着古しTシャツで、いつものこぎれい青年ではない。でも、やっぱし、あんたは男前です。
しゃべり続けてる役っていうのも、珍しいような気もするな。
ny2ny11シャイア・ラブーフとジュリィ・クリスティ、ジョン・ハートのお話は、なんだか一番残ったなぁ。
え?なんだろう?って。
アンソニー・ミンゲラさんの遺作の脚本だったそうです。不思議な雰囲気が、素敵でした。
アントンくんのプロムのお話も、オチがあって面白かったですね。
ny8ny4ブラッドリー・クーパーは、タクシーの相乗りでところどころで顔を見せていたのですが、NYの色っぽい一面でした。
うふ♪
NYって、やっぱセックス&シティなんすかね。
セックスにまつわる会話が、多かったなぁ。
もういいよって思うのもあったな(爆)
ニューヨークには、生粋のアメリカ人は少ないという。みんなヨソからきたもんなんだとか。
ny3このじいちゃんとばあちゃんのお話も好きです。
なんか笑えるしね、いいね。
ここの風景も、映画で観たよ。
全編、あっあの映画で観た!とか、そういうのが多くて面白かったですね。
まして、NYに行ったことのある方は、楽しめること倍増なんでしょうねぇ。
国際色豊かな俳優さんたちでもありました。
画家のおっちゃんの話は、「愛より強く」の監督さんだし、画家のおっちゃんはトルコで有名な俳優さんらしいしね。
スラムドッグにもでてたインドの人とかね(私の中では、お馴染みの顔です)。
な〜んとなく、パリ〜の方が好みですが、こちらも無難にまとまっていたようで…。

トランスフォーマー/リベンジ

世界最速先行上映〜〜♪調子に乗って観てきました。(しかも、初回…)
楽しみにしていた大娯楽コーフン映画第三弾!!
早く観ちゃうと、これで、夏が終わる気すらもするじゃない?どうしよう…
最速で観た「認定証」なんてものも、もらったけど、あとからプレミアつくかしら?
上映時間が、2時間半というのを今日初めて知った…
長さは感じず、一気に観られるおもしろさ、ぜひ、映画館で観て欲しい。
TransformersR2トランスフォーマー/リベンジ
原題:TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN
監督・製作総指揮: マイケル・ベイ
製作: ロレンツォ・デ・ボナヴェンチュラ / ドン・マーフィ / トム・デサント / イアン・ブライス
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ / ブライアン・ゴールドナー / マーク・ヴァーラディアン
脚本: アーレン・クルーガー / ロベルト・オーチー / アレックス・カーツマン
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー
TransformersR8TransformersR12出演: シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、ケビン・ダン、ジュリー・ホワイト、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ラモン・ロドリゲス、イザベル・ルーカス、グレン・モーシャワー、レイン・ウィルソン、マシュー・マースデン、他
上映時間:150分
オートボットとの壮絶な戦いの末に敗北したディセプティコンが、新たな仲間を率い、より凶悪になって復活。ディセプティコンの新たな侵略計画は、現存するオートボットたちの総力をはるかに上回る巨大なトランスフォーマー、“デヴァステーター”やメガトロン以上に凶悪な“フォールン”を擁するものだった……。(シネマトゥディより)
公式サイト
アメリカ・オフィシャルサイト
前作トランスフォーマーのmy記事
トランスフォーマー/リベンジ - goo 映画

TransformersR6TransformersR9冒頭から、つかみOKで、そのままハイテンションで、いっちゃいました。
平日ということで、年齢層やや高めながらも、7〜8割は男性だったような気がします。私のようなオバサマのお一人様も何人かあったので、心強かった(笑)

TransformersR5前作もでしたが、この映画は映画館じゃないと、ちょっと寂しいと思いますよ。
ど派手な演出は、健在です。
このエイリアンなロボットたちとか味方のロボットたちの説明とかは、少ない分、アクションがパワーアップしてますね。
前作の2年後という設定で、サムはミカエルを残し大学に入学することになりますが、ラブラブは変わらず。
TransformersR10一年間は車をもてない大学の規則なので、サムんちにバンブルビーも残すことに。そこで、ビーちゃん、うるうる(笑)大好きよビーちゃん♪
前作の時のサムの記念のパーカーから、キューブの「かけら」が付いていたことから、家電がトランスフォームして、家庭内暴力事件です。
TransformersR7サムくんは、すご〜く男っぽくなりました。セクシーな彼女とも、釣り合ってきた(笑)
大学での寮で、同室レオは、以前の事件や最近の事件にエイリアンが関与していると、好奇心のみで語る。そんな彼も、当事者に巻き込まれていってしまう。
この映画のいいところは、コメディ担当がしっかりあって、ほどほどに笑わせてくれるところ。
ロボットチームは、twinsだよね。
エンタメに徹しているというのか、気持ちがいいくらい楽しめるように出来てると思うんだけどな。そりゃ、ツッコミどころもあるんだけど、圧していく感じが凄いっ!
シリアスにダークにばかりでは、疲れる。
最近、どうもダークに陥る傾向の娯楽映画の中で、気分がいい。
なんでも、ダークに行けばいいっていうもんじゃないと思うし、ここんとこ流行りの悩めるヒーローもんも、ぼちぼち路線を変える潮時かもね。

TransformersR4このシリーズで、私のお気に入りは、レノックスのジョシュ・デュアメル♪
単に、すご〜く好みな男前だから(爆)
今回も、出てくれてうれしいっす。
エップスも!
シモンズが、ママさんとデリのお店は笑った。今回は、仲間として大活躍。プライドをもって、ピラミッドにまで登ってしまう。
TransformersR3トランスフォームだけでなく、合体まであるし、瞬きできない変型シーンも、満載です。
観る前に、目薬ボタボタさして、準備しましたよぉ。
音響も迫力あったし、満足してます。

とにかく、まぁ「観ろや」っていうのが、感想(爆)
すごく当を射てる思うんですが…。

スタートレック→ターミネーター4→トランスフォーマー/リベンジと観て、誰でも比べたくなっちゃうとは思います。
どれもが、それなりによくできていて、似てるようであり、似てないので、満足のあまりに、今年はもう終わりか?とも思いたくなっちゃう。
爽やかに観られたのが、これ!
150分を感じさせないおもしろさでした!!

TransformersR11←これが、認定証。
高くなってるようなら、知らせてください(笑)

イーグル・アイ

公開日に観て来ちゃった。
アクションがたたみかけるようにつづく緊張感のある映画。
公開週にいかないと、とっても変な時間に上映…っていう目に、
何度か遭遇すると早く行かなきゃって思ってしまう。
予告だけでは、ちっともわからなかった謎の指令。
ちょっと映画を見出すと読めてきた。ネタバレは、公開間もないから避けたいとこだけど、書けないやん…
eagleeye1
イーグル・アイ

原題:Eagle Eye
監督:D・J・カルーソ
脚本:ジョン・グレン、トラビス・アダム・ライト、ヒラリー・サイツ、ダン・マクダーモット
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、エドワード・L・マクドネル
製作:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、パトリック・クローリー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ブライアン・タイラー
美術:トム・サンダース
原案:ダン・マクダーモット
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン、他
上映時間:118分
「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務 係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪 い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていくアリアは、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。
イーグル・アイ - goo 映画
公式サイト

eagleeye2冒頭、アフガンのあぶなそうなお話で、「きみのためなら千回でも」の宣伝?かと思った。男の子が二人出ていたせいもあるんだけどね。
なんだか投げやりに人生を送ってるような冴えない男ジェリー。
一人息子サムをこよなく愛するシングルマザーのレイチェル。
接点もない二人が、自分の愛する者のために無理難題な指令をこなさざるえなくなって…、それは、とんでもない計画の遂行に。つうかんじ?

eagleeye7キーポイントは、ジェリーには出来のよい空軍勤務の双子の兄イーサンがいた事。そして彼が、交通事故で亡くなった。
監視システム。うちの近所にもあるんだろうか??
コンピュータ制御。

観たことのあるような映画の内容ではあります。
FBIからは、テロリストのように疑われ、逃げることを余儀なくされ、どこを走っていても、指令者は「見ている」。
eagleeye4指令の遂行のために、信号がすべて青に変わったり、電光掲示板が指令の文字になったり…このへんで、指令者の予想がついてくる。
ありえんだろーというのが前提になってくるもの。
ありえんといえば、「ウォンテッド」のありえなさは、つきぬけたようなありえなさ。
絶対、無理〜っていう。(回復風呂には入りたいですな)
この映画のありえなさは、どこか保守的な感じがする。
それでも、二時間近く絶え間なくつづく緊張感は、
面白かった。
カーチェイスや電車、銃、肉弾戦、様々なアクションが用意されてる。

自由の国アメリカのはずだけど、携帯電話の傍受やハッキングは、TVドラマでも映画でも扱われているし、実際、そうなんだろうと思わざる得ないですねぇ。
監視されてる?…これは、恐ろしい。

eagleeye3なぜこの二人が選ばれたのかは、最後の方で明らかになっていくけど、
なんぼ双子でも…と思っちゃう。

シャイア・ラブーフは、どこか普通の青年っぽさがウリなんでしょう。
この映画で、もしかすると学生じゃないのは初めてかな?お笑いもなかったし。
ぜひ彼は、警察沙汰じゃない話題で賑わせて欲しいと思う。
ミッシェル・モナハンと恋には至らなかったのも、当然ですけど(笑)

eagleeye6eagleeye5







脇も、ビリー・ボブ・ソートン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリスなど、がっつり。
ビリーおじさんは、イイ役でしたな(笑)
マイケル・チクリスは、えっとなんだっけ、何に出てたっけ?今年見たやつ…って悶々とした。
ファンタスティック4だった。
ロザリオ・ドーソンも、もっとアクションするかと思ったら、意外と控えめ。

絶対、最後、死んだと思ったら、死んでなかったなぁ。
ハリウッド的でございました。
この監督さん「ディスタービア」もそうだったけど、緊張の持続は上手ね。

サーフズ・アップ

暑い…っすね。
こーゆー時観る映画は、寒々とした吹雪のでてくるようなんとか、海だ…
ということで、ペンギンサーファー映画にしましただ。
ドキュメンタリータッチで、描く、スポ根ペンギンアニメ!
時間も短くって、今の私向き(爆)
原題:Surf's Up
監督:アッシュ・ブラノン , クリス・バック
収録時間:85分
レンタル開始日:2008-06-25
イワトビペンギンのコディは、子供の頃に見た伝説のサーファー、“ビッグZ”に憧れ、サーフィンに情熱を注いでいた。ある日プロモーターの目に留まり、新 人サーファーとしてワールドカップに出場することに。しかし、戦いの舞台ペングー・アイランドには、コディにとって最大の試練が待っていた…。落ちぶれた 元プロサーファーのギークや、優しくセクシーなライフガードのラニとの出会い。彼らと共に過ごす中で、勝つことがすべてだと信じていたコディは、本当に大 切なものに気づいていく。
サーフズ・アップ - goo 映画
公式サイト

三連休、海の日もあったことだし、海に行かれた方も多いでしょうね。
会社でも、日焼けの顔がありました。皮がむけて、ちょっとばっちい方でしたが(爆)
surfsup2surfsup8ペングー・アイランドって、ハワイみたいっす。
ペンギンと南の島って、ちょっと違うぞなんですが、なぜかマッチしてしまう。
コディの故郷は、定番な南極。南極の「シバレルタウン」というとこ。
氷の中です。なんかイワシを積み上げたり、おかーさんは、魚をさばいていたり
漁港みたいな暮らしです。お兄ちゃんは、夢ないし(笑)
コディは小柄で、夢はでかい。
surfsup6ほんでもって、サーファーのプロモーターなんかもいて、どっかのスポーツ界みたい。地球をあちこちスカウトに歩いてまして、ニワトリサーファーもスカウト。他はペンギンばっかり。
日本にも、出歩いてます。字幕は、「湘南」って書いてあったけど、湘南なんて英字幕書いてないつうの(笑)

なんせ、波が美しい〜。実写とみまごう!

内容は、大会に勝つ事よりも楽しむ事や友達の大切さを知っていく主人公の成長物語で、王道といえば王道だわ。
ペンギンという癒し系なキャラでというのが、ミソでしょう。
surfsup4なぜかその中に、ニワトリがでてきますけど。
このチキン・ジョーが、ペンギンたちより癒し系なキャラ立ちしてるのが、笑えます。
声は、脱力系ジョン・ヘダーだったりするし。
チキン・ジョーのお父さんは、フライドチキンにされて、いなかったり、原住民のペンギン(?)と交流してたりという変な設定も、随所にあります。
コディの父ちゃんも、食べられちゃってますし。
そういった家族の境遇とかから、二人(?)は、仲良くなってお友達になるんですが…。
surfsup3もちろん、ヒロインもいます。
ライフセーバーのラニーちゃん。
救助にイカはどうやってつかうんだろ?
よくわかんなかった。
向こう見ずなコディが、現チャンピオンのタンクとの一対一の対戦を大会前にしてしまい、溺れちゃって彼女に助けられ、叔父のギークに預けられ、色々と教わる。ギークもまた、コディに出会って何かを取り戻すわけですわ。
surfsup7ギークこそ、死んだと思われた伝説のサーファー「ビッグZ」だったわけで、ボード作りから教わる。
でも、反抗的な生徒さんですよ。
大会なんて…というギークに背いてまで、出場するコディ。
決勝にチキン・ジョーとともに残り、タンクとの3人(?)で、決勝戦を行うんだけど…。
彼は、優勝よりも友達を助ける事をとった。

surfsup1とまぁ、先が読みやすい映画です。
でも、サーフィンのシーンは、見応えがある。
すごーくイイ感じなんです。
音楽もまたマッチしてて、楽園リゾート。
やはり、チョー暑くなるまで、この映画観ないでよかったな。
うん、雰囲気抜群。
今の時期に、ぜひ〜な映画です。
頭も要らないし、暑さでやられた脳ミソにもやさしいですよん。(^▽^) ハッハッハ

コディの声は、どこかで聞いた事あるなーと思ったら、シャイアくんでした。
(忘れてたよ。私は字幕派)
ちなみに、日本語吹替えは小栗旬。そーいや、映画館上映時、TOHOシネマズ二条のポスターには、小栗旬のサイン入りが貼ってあった。
ちょびっとだけ、聞いてみましたが、まぁまぁでした。
サーファーでもあるマイク真木も、ビッグGの吹替え。
surfsup5<声の出演>
コディ - シャイア・ラブーフ/小栗旬
ラニ - ズーイー・デシャネル/山田優
ギーク/ビッグZ(ジー) - ジェフ・ブリッジス/マイク眞木
チキン・ジョー - ジョン・ヘダー/佐藤せつじ
タンク - ディードリック・ベーダー/楠大典
レジー - ジェームズ・ウッズ/山寺宏一
マイキー - マリオ・カントーネ/真殿光昭
エドナ - ダナ・L・ベルベン/清水ミチコ





ディスタービア

これを初日レンタルしようと思ったら、なくて「スリザー」になった。
あれは、面白かったなぁ〜。
シャイアくんは、気になるお子さんです。(ハタチ過ぎてるけどね)
この映画は、ティーン向けのスリラーらしいです。
原題:Disturbia
監督:D・J・カルーソ
収録時間:104分
レンタル開始日:2008-04-25
父を自動車事故で亡くして自暴自棄になっていたケールは、学校で暴行事件を起こし、裁判所から3ヵ月の自宅軟禁処分を言い渡された。足首に監視システムを 付けられて外出できない彼は、退屈しのぎに近所の覗き見を始める。これが意外と面白く、隣に越してきたアシュリーや親友のロニーも交えて覗きに興じていく ようになる。しかしある日、裏手に住むターナーが連続行方不明事件の容疑者と同じ車に乗っていることに気づき……。
ディスタービア - goo 映画
公式サイト

私、○年前はティーンだったし、楽しめました。
(○に入る数字は、かなりな二桁ですが…)
disturbia5サスペンスで、青春もあり、友情も。
最初に、父親との釣りのシーンがありほほえましいんだけど、彼が運転していた車で交通事故に二人があい、奈落です。
学校の先生もイヤミです。殴りたくもなるよ。
そこらへん、すごく伝わるモノがありました。
等身大のそこらへんのお兄ちゃんぽい役が、相変わらず上手いなぁと思った。
これが、彼の足かせとなり、身動き取れない主人公なわけ。
でも、すぐ警察が来てくれるっていうのも、映画に展開をもたせる。
監視システムつうのが、半径30メートルを超えると、装置も緑から赤ランプに代わり、GPSで警察が監視。即、パトカーがきます。
うちなんか、30メートルあったら、結構近所に行けると思う。軒が連なってるものねぇ。
そこで、彼は家の周りにマーキングポイントを作ってる。
disturbia2時は、3ヶ月もあるサマーバケーションですだ。
(羨ましい…っ、ただし私が学生だったらだけど)
お隣さんに、美人が引っ越してきたり、クソガキがう○こぶつけてきたり…でも、家の敷地から出られない。
ゲームも止められ、iチューンも止められ、退屈になってきて、ふとしたことからご近所を「のぞき」をしちゃう。
すると、裏手の住人がどうも不審な人物のよう。
隣の美人アシュリーとも、口をきくようになり、お互いに興味を抱く。親友ロニーも交え、3人でスパイごっこ。尾行とか潜入は、ロニーやアシュリーが担当しちゃう。

disturbia3ヒッチコックの「裏窓」が、どうもベースなようです。

不審な人物ターナーは、見るからに怪しそうな雰囲気なんだもん。
「16ブロック」の悪い人やった人だそうです。

どんどんのぞき見スパイが進んでいくうちに、緊張感もでてくる。
このオッサン、怖いよ…
ますます、疑いを深めた3人なんだけど、脅しもあったりするんだもん。
ハイテクな事もやってくれます(私にとってはね)
携帯・デジタルビデオも大活躍ですな。
disturbia6
アシュリーとケールは、段々恋模様もあったり、そのへんも、なんとなく爽やかにみえてしまうのは、なんだ?
やはり、ティーン向けのせい?
アシュリーちゃんは、水着姿も色々見せてくれます。


disturbia4
あとで出演者の名前を確認するまで、お母さん役のヒトが、
「誰だっけ?観たことある」だったのね。
マトリックスのおねいさんでした。
息子を守るために、カンフーはなかったです(爆)
テンポがよく、後半のハラハラは面白かったです。もうちょっと長くても、私はよかったんですけどね。
一気に展開しちゃうんで、物足りなさも、オトナにはあるかもしれません。
それでも、結構ドキドキしました。

視点のおもしろさとか、主人公の足かせとか、青春恋物語もイイ感じで違和感もなかった。
殺人鬼宅の凄い内装には、そそるもんがありました。
この人の犯罪記でさー、多少大人向けの映画作って欲しいです。B級系でいいからっ(笑)
最近、好きな映画はどういうの?って聞かれると、
「人殺しのん」と答えてしまうちゃぴさんです…。
サスペンスも、たいてい人殺しですからねぇ。( ̄ー ̄)ニヤリ

穴/HOLES

穴って言う題の映画は、色々ありましてぇ。
サスペンスな「」(キーラとソーラ・バーチのやつ)じゃなくって
ディスニー製作のほうです。
原題:HOLES
監督:アンドリュー・デイビス
収録時間:117分
レンタル開始日:2004-03-17
スタンリー(シャイア・ラブーフ)は、一族にかけられた呪いのために、悪運に悩まされていた。ある日、スタンリーは靴泥棒の汚名をきせられ、青少年犯罪者の矯 正施設グリーン・レイク・キャンプで18ケ月服役することになってしまう。グリーン・レイク・キャンプは「レイク=湖」とは名ばかりの砂漠だった。環境は 劣悪、脱走しても生き残る見込みはない過酷な環境だった。施設を運営するのは謎の女所長(シガーニー・ウィーバー)と一癖あるミスター・サー(ジョン・ボ イト)、そしてカウンセラーのドクター・ペンダンスキー(ティム・ブレイク・ネルソン)の三人だった。彼らは、少年たちに1日1個、大きな穴を掘らせた。 少年たちは朝暗いうちから出かけ、毎日毎日干上がった湖の底を掘リ続けるのだった。人格形成のためとミスター・サーは言うが、そこに所長の大いなる野望が あることは誰も知らなかった・・・。(ディズニーモールより)
オフィシャル・サイト

トランスフォーマーで、次はインディジョーンズ4と、注目されてるシャイア・ラブーフが出てるっていうんで、やっぱし観てみんべ〜と借りてみました。
ルイス・サッカーによる全米図書賞など受賞のベストセラー小説を本人の脚色です。ディズニー映画なのですが、なかなか面白かったですねぇ。
子供向けなんでしょうが、意外に奥がある。
女所長・スタンリー・ゼロの先祖の話にさかのぼってしまう。
これが、うまく最後につながっていくところがよかったです。

子供たちは、更正施設に入れられてるんだから、クセがある子たちばっか。
スタンリーと心通わせるゼロくんは、かわいいですね。

↑ のクレジットもそうなんですが、子供たちがない…。
オフィシャル・サイトもそうで、醜いわっ!
おとなだけかよっ。
主人公は、これ、シャイアですよ。
シガニーたちは、悪役です。
(パトリシア・アークエットはちがうけど)

シャイア・ラブーフの表記なんですが、シアと昔は表記されてるようですね。
トランスフォーマーん時、間違えたかと思った。

この映画、私は結構イケてました。
あとね、
タマネギは、薬だよ。

トランスフォーマー

やっと、観てまいりました!
もう、みんな見終わって、「なに?」って思われそ〜。
「ラッシュアワー3」の宣伝をTVで、ばんばんしてたので
ちょっと、見たい気もしたのですが、前売り券を消化しなくっちゃ!
だって、来週のなったら、上映回数が減って、時間調整が難しくなりそうだもん。

トランスフォーマー
tf1tf2













原題:TRANSFORMERS
監督: マイケル・ベイ
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ / マイケル・ベイ / ブライアン・ゴールドナー / マーク・ヴァーラディアン
製作: ドン・マーフィ / トム・デサント / ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ / イアン・ブライス
脚本: アレックス・カーツマン / ロベルト・オーチー
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー
上映時間:144分
キャスト:シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、タイリース、ジョン・ヴォイト、アンソニー・アンダーソン、ジョン・タートゥーロ、他
ストーリー:探検家を祖先に持つサムは冴えない高校生。やっとのことでオンボロのスポーツカーを手に入れたものの、同じ高校のミカエラを家に送る途中に車はエンスト。 せっかくの関係を深めるチャンスもどこかしまらない。その日の夜、彼のスポーツカーが突然家から走り去った。自動車泥棒だと思い必死で追いかけるサム。そ の先で彼は常識を疑うような光景を目にする。それは、巨大なロボットが歩き回る姿だった…。
トランスフォーマー - goo 映画
公式サイト

みんなが書いたり、言ってる「スゴイ」って、こういうことなのね〜。
ほんま、すんごいわ!
ロボットものは、アニメのほうが好きなとこもあるんですが、
面白かった!!
スコーンとぬけるように単純に楽しめる!
オタクが世界を救う…ダイ・ハード4.0もそうだったよね。
はじめに、予告を観てただけでは「宇宙戦争」の悪夢?があって、心配があったのは事実です。
マイケル・ベイだし…。(失礼かなぁ?)

tf4まずは、カタールの空軍基地での襲撃から…
ここは、まだシリアスっぽい。
なにげに、スクレが出てるので、それだけで和んでる私って、アホだなぁ〜と(スクレ→プリズン・ブレイク参)
サソリ型のヤツらが…、すでに爆薬すごいなぁ

そして、舞台は一転して、サムくん♪
コメディぽさを残しながら、緊張感もあって、犬もいいし
このパーツいいわぁ。
あこがれの女子ミカエルとの接近もあるし。
e-buyに売り払おうとした探検家の祖先のめがねが、とんでもないくらい重要なアイテムだったもんで、どんどん巻き込まれて行くし
やっと買ってもらった中古のカマロは、スゴイ奴だったり!
tf3そこで、フットボール部の入部テストにも、へたってた彼が、どんどん成長していくんだよね〜。
サム役のシャイアくんが、いいね〜。
21歳だし、イイ役者さんになるといいよね。
ミカエルも、色っぽさも印象的だけど、最後の方で車をぶっとばすシーンは、かっこいい!
この二人と味方のトランスフォーマーとのやりとりが、ロボットアニメのテイストを残していて、嬉しかった。
アニメ版「トランスフォーマー」は未見だし、おもちゃ自体よく知らなかった。
でも、親戚の子からうちのあほぼんにもらったオモチャに、あったような気がするのよ。変形出来るのがあったの。違うかなぁ??
tf6
変形する時は釘付けですよ
じぇったい、コマ送りしてみたいですねぇ。
金属の寄せ集めみたいなんだけど、心のふれあいみたいなシーンもあってよかったぞ。
バンブルビーとサム&ミカエルとの絆は、ぐっときちゃいます。
声帯を戦闘でつぶしたバンブルビーが、声の代わりにラジオの音楽鳴らしたりも
かわいかったですね。
一生懸命、サムを応援しているんだもん。

ええオバサンが、一人映画館で、ロボットもん観て、目が爛々としてる図ってぇのは
今、考えると、ちょい恥ずかしいですね。
でも、めちゃくちゃ楽しめました。
ロボット同士が戦いながら、ビルを貫通していったり
はちゃめちゃに壊しまくってるわ、撃ちまくる軍人やら
破壊好きですねぇ。
ストーリー自体、敵と味方がきっちり分かれているし、わかりやすい。
適度な笑えるとこと、緊張感が具合よくって、144分もあったのに、そんな感じがしなかったです。
tf5← この二人も、お笑い&和み系ですね。
ハッカーは、オタクが一番優秀ってことでしょうか?

ロボットさんたちのトランスフォームは、面白い。
ポータブルCDやケータイといった小物までも、へんし〜んです。
スキャニングで、いろんなものに変われるところが、ツボ!
難しい事は、考えないで、楽しめるっていうのは極上ですね。
いっぱい書きたい事はあるのですがぁ、

もう一回、観たいぃ〜〜っ。
(DVDだろ〜なぁ…)
tf8
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ