晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

ジョニー・デップ

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

6月に出る新作DVD&BD 気分は7月な暑さ、いかがお過ごし?

あついっーとわめいていたら、5月が終わってしまう。
なんやかんやと家族に振り回されて、ストレス過多な日々を送ってるこの頃です。そのストレスをぶつけるべく、更新したるわっと思っていたのですが、余力がなかったようで…(汗)実家の方の葬儀後のごちゃごちゃは、ほぼ自分一人でやっていたので、さして気にも留めてなかったんだけど、口数が増えるとそれだけまとまらなくって困ります。嫁としては、あんまり口出しの出来る事でもないんだけど、誰に従えばいいんだ状態に近いし、お金の問題がね、誰が払うかが頭痛しますで。あたしは払わんぞ!あたしの前に戸籍上の夫と義母だろーがと声を大にして言いたいわっ!(以上、愚痴)
mad_max_fury_road出だしから、愚痴で申し訳ないです。
私の親戚の香典返しの選べるギフトで、圧力鍋を貰ったんだけど、いやー高圧力でいいわ。今のヤツは低圧力がほとんど、たまに高圧力の不安定さでイラついてたんで(←安かったからか、設計上の不具合だと思う。パッキンの位置が巧く入ってくれない)、嬉しい。圧力鍋は便利ですよ、奥さん。
5月は、何とか映画館で一本観ましたが(シンデレラ♪)6月はどうでしょうかねぇ。映画館では、アクション映画が観たいかなー。
新作で出るDVDとかも、もそっとあるかと思ったんだけど、あんまり無かったな。

6/2
REC/レック4 ワールドエンド [Blu-ray]
マニュエラ・ヴェラスコ
Happinet(SB)(D)
2015-06-02
RECシリーズの最終章。アンヘラちゃんが出てくる模様。今度の舞台は、船上だとか。絶対観ると思うのですが、今までのんよりはあんまりいい評価は聞いてないので、期待せずに観ます。


ザ・ゲスト [Blu-ray]
ダン・スティーヴンス
Happinet(SB)(D)
2015-06-02
「サプライズ」の監督&脚本コンビだそう。実は「サプライズ」観てないのよね。録画があったはずだけど。割と評判もいいようなので、こちらはちょっと期待値かな。

6/3
エクソダス:神と王 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
クリスチャン・ベール
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-06-03
これは鑑賞済み。3Dで観たのでふつーに観たいかなぁ。十戒と比べたら可哀想な気もします。この映画、ディレクターズカットの方が楽しみだったりします。

6/10
ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ミーガン・フォックス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-06-10
個人的に萌え〜な点がないのですけど、本国では人気あるんですよね。
子供の友人に、昔このアニメが好きな子そういえばいました(マニアックだなぁ)。

アオハライド DVD 通常版
本田翼
東宝
2015-06-17
難病系じゃなかったら、青春きゅんきゅんもんが私は意外と好きなんだなぁと最近思ってまして…。しかし、東出さんの高校生はちょっと無理があるんでねぇか?桐島〜やクローズ3(感想書いてない)はまぁいいとして…。既に脳内では、杏のダンナです。

6/19
チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(初回限定版) [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-07-03
レンタル先行です。共演は、グウィネス・パルトロウ、ユアン・マクレガー、ポール・ベタニー。ポール・ベタニーがいいっていうのは聞いてるよー。最近、ジョニーの映画は「らしく」なってきたのかなぁ…。??

来月は、ヒックとドラゴン2が楽しみなの。アメリカン・スナイパーは、よかったですよ。
イントゥ・ザ・ウッズも観たいなぁ。と来月の予告までしちゃった。

最近寝ちまった作品 トランセンデンス、テルマエ・ロマエII

つまらなかったから、寝てしまったというわけではないんですが、とにかく寝ちゃった作品二つ(笑)
私の鑑賞メモの一つだと思ってくれたら。リベンジかけるかどうかわかんないけどさ。
transcendenceトランセンデンス
ジョニー・デップのSF。情報(allcinema)
結構、中盤以降まで見てたんだけど…。
本来のジョニーらしいようなそうでないような気もしないではない。人工知能というもんは人間という動物をおびやかすもんかもしんない。
どうも、慢性不眠症なのか睡眠不足なのか、食べたら寝るのは自分でよくわかっている。
だいたい、なかなか眠れなくてもジタバタしないで、私、好きなことやってますから。んっー寝よって思うとすぐ眠れるんだよね。なんなんだ。


terumaeIIテルマエ・ロマエII
顔の濃い日本人がローマ人になってる続編。
情報(シネマトゥデイ)
安定感のある面白さではあったのかもしれないです。
新鮮味が薄れたのか、寝てしまった…。ちゃんと観てはいたつもりだったんですけどねぇ。
気がついたら、混浴してた。次に気がついたら終わっていた(爆)
どこからブラックアウトしたか定かではない。
この二本に共通するのは、休日の昼下がりだったこと。でもさ、るろうに剣心 京都大火篇も同じだったんだけどね。これは、ちゃんと観たもんね。(ご飯はあまり食べてなかったかも)


ついでですが、思い出すまま今年記事が書けてないのもメモ。順不同。追記はすると思います。
ゼロ・グラビティ、キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー、キック・アス/ジャスティス・フォーエバー、マイティ・ソー/ダーク・ワールド、れりごーアナと雪の女王、スター・トレック/イントゥ・ザ・ダークネス、パシフィック・リム、永遠の0、悪の法則、ドン・ジョン、ノア 約束の船、黒執事、SPEC漸&爻篇、トリック劇場版ラストステージ、風立ちぬ、ルパンVS名探偵コナンTHE MOVIE、舟を編む、トランス、清洲会議、リディック:ギャラクシー・バトル、ほか(マニアックな映画は題名を思い出せない)

12月に出る新作DVD&BD エンタメ映画勢揃いかな?

へぇ〜、もうあと一ヶ月ちょいでお正月ですか…。一年って早いなぁ。
今年は、自分にアクシデントが多かった(骨折とか)のですが、それはそれだし、新しい出会いもあったりして、それはよかったかなと思います。hobbit_the_battle_of_the_five_armies映画館は、機会はそれなりにあったのですがとんとご無沙汰してて、ホビットに始まりホビット(12/13〜)で終りそうです。(^◇^;)
一年のまとめな記事は、12月に書くとして、クリスマスからお正月ちゅうことで、公開映画も盛りだくさんなはずだけど、今頃の方が面白そうな映画があるよーに思えるな。お正月第一弾は、お子ちゃまに席を譲ってるんだろうなぁという感がぬぐえましぇん。第二弾の方がいつも観たい映画あるもんな。
DVD&BDは、エンタメ映画が揃ってます。ほんではいきます。

12/2
トランセンデンス [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ポニーキャニオン
2014-12-02
久しぶりな気がするジョニーさん。ほんでもって、SFもかなり久しぶりなご出演なんじゃないでしょうか。

ポンペイ [DVD]
キット・ハリントン
ギャガ
2014-12-02
監督は、バイオハザードのポールさん。どうも主演・ヒロインが無名っぽいです。脇にマトリックスの姐さんやジャック・バウワーの名前を発見しましたけんど。こういう歴史スペクタルっぽいもんは好物なんだけど…。

チョコレートドーナツ [DVD]
アラン・カミング
ポニーキャニオン
2014-12-02
口コミで上映館が増えた映画らしいですし、評判も良いです。これは観たいかなー。

12/3
マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アンジェリーナ・ジョリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
オーロラ姫は、エル・ファニング。アンジーはどうも監督業にご執心なようなので、女優さんとして観ておきたいなと思います。この姿似合いすぎなんだよねぇ(笑)王子は影が薄そうだよね。

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ホアキン・フェニックス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-03
監督は、スパイク・ジョーンズ。
評判が割と良い映画です。ただ、私は個人的にホアキンさんは苦手です。兄ちゃんは好きだったけど(単にイケメン好きか?)。

かぐや姫の物語 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
アニメのブランドなスタジオ・ジブリ。監督は、おもひでぽろぽろとかの高畑監督です。地井武男さんの遺作だそうです。そういや、高倉健さんの訃報は、びっくりしたなぁ。あの人って、未だ現役の仕事する役とか「男」が似合ってて、孫をお守りするじいさんなんて役は似合わなかったねぇ。

好きっていいなよ。 通常版 [DVD]
川口春奈
松竹
2014-12-03
娘のリク。今、人気沸騰中な福士蒼太!たぶんな、この映画でちゅーしまくる役のおかげで、今の会社休みますの雰囲気が作れるようになったと私は思う(爆)あたしゃ、三池監督の映画の方が観たいですけど…。

12/10
トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
マーク・ウォールバーグ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-12-10
キャスト総入れ替えな新シリーズ。これは、Blu-rayで観たい。変型シーンはBlu-rayがオススメです。地球は猿の惑星じゃないんだな…。


12/17
るろうに剣心 京都大火編 豪華版(本編Blu-ray+特典DVD)(初回生産限定仕様) [Blu-ray]
佐藤 健
アミューズソフトエンタテインメント
2014-12-17
つづきの「伝説の最期篇」は、1/21です。アニメ・マンガファンは、どーたらこーたらの思い入れはあるようですが、ひたすら佐藤健の身体能力を私は愛でたい。

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ポール・ウォーカー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
ポール・ウォーカーの最後の主演映画だそうなんで、ちょいと入れてみました。

ザ・ヘラクレス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ケラン・ラッツ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
まぁ、筋肉を愛でようかと(最近筋肉好きです、本人メタボだしか)。トワイライトの一番上の吸血兄ちゃんですね。神話ものも、好きなんだよねー。でも、期待はしてません。

12/23
イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
リチャード・アーミティッジ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-23
竜巻えいが!公開の頃ってさ、台風来てたように思うんだ。怖っ
主演は、ホビットのドワーフのトーリンじゃねぇか。この人て、素の顔って感じ変わるんですよね。共演に、ウォーキング・デッドやプリズンブレイクのサラさん。後は知らん(笑)最近、この手の映画減ったなぁ。

また追記するかもしれません。こんなもんかな。こん中では、クリスマス・プレゼントにくらさいっていうのはないのが、ちょっと辛いなぁ。

ローン・レンジャー (2013)

昔のTV版は、観たことがあるはずなんだけど、ちっとも思い出せなかった。
「インディアン嘘つかない」てな台詞をマネしたり、インディアンごっこ(汗)とか「Hi-Yo」とかいって馬に乗ってるとかしたことのある世代なんだけど、番組は全然覚えてない。
で、映画観たら思い出すかと思って観に行ったんだけど、思い出せなかった。
キモサベは当時も言うてたんですかねぇ??
思い出したのは、パイレーツ・オブ・カリビアンでした(爆)スタッフがこんだけ被ってると致し方ないか…。
lone_ranger2ローン・レンジャー
原題:THE LONE RANGER
監督・製作:ゴア・ヴァービンスキー   
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン、チャド・オマン、テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、ジョニー・デップ   
原案・脚本:テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、ジャスティン・ヘイス   
衣装デザイン:ペニー・ローズ   
音楽:ハンス・ジマー
上映時間:149分
出演:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェームズ・バッジ・デール、ルース・ウィルソン、ブライアント・プリンス、メイソン・クック、JD・カラム、ハリー・トレッダウェイ、ジェームズ・フレイン、ホアキン・コシオ、デイモン・ヘリマン、lone_ranger1マット・オリアリー、W・アール・ブラウン、ティモシー・V・マーフィ、ギル・バーミンガム、ケヴィン・ウィギンズ、ロバート・ベイカー、リュー・テンプル、レオン・リッピー、スティーヴン・ルート、ランディ・オグレスビー、ブラッド・グリーンクイスト、ランス・ハワード、レナード・アール・ハウズ、トラヴィス・ハマー、ジャック・アクセルロッド、フリーダ・フォー・シェン、他
少年時代のある忌まわしい事件のせいで復讐に燃える戦士となった悪霊ハンター、トント(ジョニー・デップ)は、その悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと自らの聖なる力によって、瀕死の状態にあった検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)を甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺された過去があるジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組む。しかし、法に基づく正義の執行を求めるジョンと、復讐のためなら手段を選ばないトントはまったく噛み合わない。しかし、愛する者に再び魔の手が迫り、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として生きる覚悟を決めたジョンは、白馬シルバーを従え、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう……。
公式サイト

lone_ranger4運動会の定番曲にもなってしまっている「ウィリアム・テル序曲」は、TVドラマでも使われていたそうなんで、これが元ネタかもしれないですね。
今作もバリバリ使われてます。
昔は、西部劇が流行ってました。子供心に、西部劇よりチャンバラの方が好きだなと思ってました。(今でもそうやなぁ)怪傑ゾロともごっちゃになってるなー。
lone_ranger5lone_ranger11てなわけですが、パイレーツ〜の製作陣とジョニーだし、まぁそれなりに、ハデで楽しめるんじゃないかというのもあった。それは、まぁ外れてない。
楽しめると思います。
時々、パイレーツ〜であったようなシーンがあったりして、狙ったんだろうなと思いましたが、私にはマイナスに働いてしまいました。
パイレーツの4が、こんな感じだったらっていうのはあったけどね。
キャラが被ってるかもしんないなーという段階で、似たシーンが出てきちゃうと、よりそっちの方に転んじゃうんですね。海賊のノリで観ちゃえばいい。海が赤土に変わっただけのことさね。
lone_ranger10冒頭とラストの汽車でのアクションは、ゴア&ブラッカイマーらしくて面白かったです。
2時間半つう長丁場の映画だったんですよねー、中盤だらっとしちゃって頭が寝てしまったように思う。(前晩、遅くまで録画ビデオの整理をしてたせいもあるけど)
ほんでも、白人が先住民であるインディアンにしてきたことや鉱山掘りに中国人労働者とかの背景は、ラジオやTVドラマの時よりは辛辣に描いているかもしれない。
lone_ranger7ジョニーも、チェロキーの血の流れを持つ人だし、頓挫しかけたときもギャラの削減してますしねぇ。
そんな制作背景もちょっとだけ思いを巡らせ、楽しむのに徹した方がいいよね。
きっと線路も引いちゃったんだろうと思ったら、そうだったし。スケール感は感じますよ〜。
白雪姫の王子で、三枚目っぷりを発揮していたアーミーさん、今作はイケメン枠。オーランド・ブルーム枠です(笑)アーミーさんの方が、達者だと思うんだけど、ここはオーリーみたいな人の方がトントが活きたかも。
lone_ranger12lone_ranger6ヒロインは、今作は兄ちゃんの嫁で子持ちという初々しさに欠けるヒロイン設定ですが、女優さんは目新しい。
そのせいか、ヘレナさんが顔出してるもんが多いけど、彼女の出番は遅い。私が思いっきりダレてた時間でした(笑)
相変わらずですよね、ふふふ。ぼけぇ〜と観てるもんだから、ティムの映画に思えてきたりするし…。
lone_ranger8lone_ranger9悪役担当は、トム・ウィルキンソンにウィリアム・フィクトナーとバリー・ペッパーあたりか。
トム・ウィルキンソンは、この前マリーゴールド・ホテルを観たばかりなんですが、ヒゲがあるのと悪役なので、違う人みたいでした。
最初の方はだれかさっぱりわかりにくかったのが、ウィリアム・フィクトナー。マホーンですよ(プリズン・ブレイク)。彼は、かなり顔面装飾(飾りかいっ)してるしね。
lone_ranger3ぼっーと観ていた時間が結構あったんで、大それた事はいえないんですが、やっぱしツッコミどころも多い映画にもなってます。
そこを、ぐぐっと力業で圧しちゃうようなカラーの映画ですけど、海賊に比べたらもうちょっとだったかなー。
そんなに西部劇にこだわりないし…(笑)
なんやかんやと言いながらも、楽しかったのは確かです。
しかし、あの老トントと少年はようわからんだなぁ…。
映画館に行ったら、「マジック・マイク」のチラシがあった。やってくれるんだねぇ。おばちゃん、メンズ・ストリップ映画観に行くで!(爆)

21ジャンプ・ストリート(12’映画)

ジョニー・デップが、アイドル人気を博して有名になったTVドラマのリメイク映画。
日本では、DVDスルーでTSUTAYA限定という作品になってしまいました。私も、T限定はTV放映するまでは観んとこと思ってたんですが、ついでがあったんで…。リスト上位だったてことだよな(汗)
映画では、ジョナ・ヒルとチャニング・テイタムがコンビを組んでコメディ・アクション映画として、軽快になってます。ちなみに、ドラマは観ていない。
ジョニーもカメオ出演しとります。
21jump_street121ジャンプ・ストリート
原題:21 JUMP STREET
監督:フィル・ロード、クリストファー・ミラー   
製作:ニール・H・モリッツ、スティーヴン・J・キャネル   
製作総指揮:ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム、エズラ・スワードロウ、タニア・ランドー   
原作:パトリック・ハスバーグ、(TVシリーズ)、スティーヴン・J・キャネル(TVシリーズ)
原案:マイケル・バコール、ジョナ・ヒル   
脚本:マイケル・バコール   
音楽:マーク・マザースボウ
上映時間:109分
出演:ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム、ブリー・ラーソン、デイヴ・フランコ、アイス・キューブ、ロブ・リグル、ダックス・フレイム、クリス・パーネル、エリー・ケンパー、ジェイク・ジョンソン、ニック・オファーマン、ホリー・ロビンソン・ピート、ピーター・デルイーズ(クレジットなし)、ジョニー・デップ(クレジットなし)、他
高校時代の敵役シュミットとジェンコの2人が新人警官としてコンビ結成。 青年犯罪を撲滅するために高校で潜入活動する犯罪特別捜査課「21ジャンプストリート」に配属。思いのほか高校生活をエンジョイしまくるが、彼らはそこで、高校にはびこる凶悪犯罪を目の当たりにし…。

21jump_street2ジョナ・ヒルの出るコメディは、結構面白いもんが多い。
下ネタも出ますが、なんか許せる範囲内だと思います。さらっと感があるかな?くどくない印象があります。
チャニング・テイタムは、セクシー系らしいんですが(日本人はあまり思ってない?)、筋肉バカっぽい役でコメディもいけてたんだなっと思いました。
イケてるグループのプロム・キングのジェンコ(チャニング)とヲタ系シュミット(ジョナ)は、高校時代合うはずもない二人だったんだけど、警察学校で再会し、足らない部分をお互いが補い合ういい関係に変わっていった。
21jump_street8白バイならぬチャリンコおまわりさんですが、日本の交番のおまわりさんよかよっぽど高価な自転車です。
一台高いよ〜。
あっ、ジョナ・ヒルってスリムになってる。もっとすごいメタ腹してたもん。
麻薬の売人をとっつかまえて初逮捕というところで、ヌケてる二人なのだ。ジェンコはアホなんで、逮捕の時に言うべき被疑者への台詞が言えてなかった(覚えられてなかった)。シュミットは転けて擦り傷の方が気になって取り逃した。
21jump_street4かくして、彼らは21ジャンプ・ストリートに配属され、高校生として潜入捜査をすることになる。ドラマの方は観てないですが、そういう設定というのは知っていました。
久しぶりに高校生になった二人が目にしたものは、昔と生徒の棲み分けが違うことでしょう。
gleeのせいだと映画で言ってた(笑)スポーツマンが、高校生のイケてる集団っていう時代じゃないんですね。
むしろ、ヲタ系が市民権を勝ち取ってるようでして。
21jump_street5とはいえ、二人はまんざらでもない高校生活をエンジョイ。校内で売られているドラッグで中毒死が出たための潜入捜査で、その売人に縁がなさそうな環境保護をウリの金持ちエリックが売人として浮かび上がる。彼らは、その元締めまでたどりつかなあかん。
このエリックをやってるのは、ジェームズ・フランコの実弟デイヴくんです。やっぱし、似てます。
このエリックにシュミットは近づいていくうちに、ジェンコは置いてけぼりで寂しそうなんですね。ジェンコはジェンコで、化学ヲタたちと仲良くなり、盗聴しかけたりしちゃうんですが…。校長が兄弟設定の二人を取り違えたまんまで、二人もそのまんまでいったんで、アホのジェンコが化学コースなんて設定に。
21jump_street3捜査もんや警官バディもんとかは、もう世界共通の鉄板ジャンルですねぇ。あんまりハズレはないというか、どこか面白く観られるであろうってあるもんね。
ピーターパンな扮装も、退学を言い渡されクビになるものの、ハイスクールもんのお約束、プロムも登場し、クライマックスへ突入。
そこで、ジョニー・デップを思い出した。いつ出てた?
クライマックスにでてきますねー。
そこで、一気にジョニーの映画に一時しちゃうような空気感(笑)
21jump_street621jump_street7いやいや、もそっと前から出てたやん!
気がつかなかったなぁ。
彼の声は印象に残ってるし、わかると思ったのになぁ。ちなみに、吹替えもいつもの平田さんじゃないからね(調べた)。ドラマ版の設定の相棒と潜入麻薬捜査官だったというにくい演出ですが、えっーな二人の結末です。
Johnny-Depp-21-Jump-Street-←ドラマ時代のジョニーさん、若いなー。

ほんでもって、元締めも意外な人物(でもないか)というゆるさ。意外な人が、こんな悪いというのは、現実もそうなんでしょうが、多いなぁ。
めでたしめでたしな現コンビになるんですが、続編決定らしいです。どうも、キャンバスに次は行きそう?(そのほうが無理がないわな)
W主演なんだろうけど、イケメン担当ではないジョナ・ヒルの方がいい役回りかな。本来イケメン担当であるはずのチャニングが、引き立て役のような役回りに徹しているのは、いい感じになってるひとつかもしれません。
日本人には、海外コメディはあんまり笑えないんですが、まだいける方だと思います。

11月に出る新作DVD&BD あと2ヶ月で今年って終りなんですか…

argo一気に寒くなってきたようです。特に朝夕の冷え込みはキツいので、風邪とかひいてません?
温度調整のできるストールとか上着を持って出かけたりした方がいいよね。
今更ながら、あと二ヶ月ちょいで「あけおめ〜」なんですかねぇ。早いなぁ…。
映画館への足が遠のいてしまってる私だけど、11月、これは観たいっていうのは「アルゴ」かな。
出来れば観たいっていう映画は、色々あるけどね。ベンアフさんの監督しての力量は、すっかり信頼しちゃってるんで、観たいです。
今月、DVDも話題作が色々あります。晩秋の夜長に映画っていうより、半ば、クリスマス商戦なのかな?私の見損ね映画も何本かあるし…。
前期集中、ちゃちゃっと書きます。

11/2

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]裏切りのサーカス
出演:ゲイリー・オールドマン
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この映画観たかったんだけど、どうも集中力に自信がなくって諦めた作品。複数回の鑑賞がよいようです。
REC/レック3 ジェネシス スペシャル・エディション [Blu-ray]REC/レック3 ジェネシス
出演:レティシア・ドレラ
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
スペイン版のほうです。今度は結婚式が血の惨劇のようです。前2作より出血度高め?そーいえば、私はハリウッド・リメイク版を一本も観てないわ(笑)
シャーク・ナイト [DVD]シャーク・ナイト
出演:サラ・パクストン
販売元:ポニーキャニオン
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
題の通りサメが襲うやつ。監督さんは、ファイナル・デスティネーションシリーズの方なので、やってくれるんじゃないかと…(^v^)
ミッシングID コレクターズ・エディション [DVD]ミッシングID
出演:テイラー・ロートナー
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
狼族のジェイコブ(トワイライト)が、ボーンシリーズのティーン版みたいなことになってるようです。ただし、TSUTAYA限定レンタル!(ふんっ)
バーク アンド ヘア [DVD]バーク アンド ヘア
出演:サイモン・ペグ
販売元:ファインフィルムズ
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
サイモン・ペッグの名前につられましたが、共演はゴラム@キングコング@猿…アンディ・サーキス。実際の事件がもとのようだけど、どうもイギリスらしいブラックユーモアもあるようで楽しみ。
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [DVD]愛と誠
出演:妻夫木聡
販売元:Happinet(SB)(D)
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これは鑑賞済み♪三池監督、好きやわ〜。私は、いたく気に入ったんですが、好みの分かれる作品だと思います。原作のエッセンスは汲んでると思いますよ〜。西城秀樹のベストアルバムを借りたろかしらん(笑)
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]幸せへのキセキ 
出演:マット・デイモン
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2012-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも鑑賞済み♪ハートフルな実話をもとにしたお話です。スカさんがでてますが、エロ気は封印(笑)
11/7
私が、生きる肌 [DVD]私が、生きる肌
出演:アントニオ・バンデラス
販売元:松竹
(2012-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コレ観たかったわぁ〜〜。だって、私変な人の映画好きだもん。ペドロ・アルモドバル監督作品も好きだし、外せないです。
【初回限定生産】ラム・ダイアリー ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]ラム・ダイアリー
出演:ジョニー・デップ
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(2012-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ジョニー・デップが親友の故ハンター・S・トンプソンの原作を自らの製作・主演で映画化したもん。ある意味、ジョニーらしい映画なのかも。

11/9

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]テルマエ・ロマエ
出演:阿部寛
販売元:東宝
(2012-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも観たい。見損ねた。レンタル先行。争奪戦が激しそう。原作はIVまで読んであります。おもろかったんで、日本人がやるローマ人っていうキャスティングもあわせ笑わせてもらいましょー。

11/14
アメイジング・スパイダーマンTM ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray]アメイジング・スパイダーマン
出演:アンドリュー・ガーフィールド
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
これも、観損ねたんだよぉぉ〜〜〜。(;___;)ウルウル
外せない一本。
<追記>TSUTAYA限定レンタル!だってよっ(怒)個人的に「独禁法」にふれてるとしか思えん。
11/16
ワン・デイ 23年のラブストーリー ブルーレイ [Blu-ray]ワン・デイ 23年のラブストーリー
出演:アン・ハサウェイ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アンちゃん、結婚おめでとう。
ご祝儀鑑賞、なんちゃって。
ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
出演:キャシー・ベイツ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ウディ・アレン監督作。アカデミー&GG賞で脚本賞を取った作品。作品賞・監督賞にもノミニー。出演者も、くせアリの豪華。
クリスマスのその夜に [DVD]クリスマスのその夜に
出演:トロン・ファウサ・アウルヴォーグ
販売元:角川書店
(2012-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ノルウェー映画です。あぁクリスマス近いんだなぁと入れました。
最近、北欧映画は要チェックかなっていうのも。

11/21
メリダとおそろしの森 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]メリダとおそろしの森
出演:ディズニー
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(2012-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ファミリー向けですが、こういうのも私好きだし。
しかし、この主人公の女の子、何かに似てる。なんだっけ…。

他に、長らくレンタル店で見つけられなかった映画「ベルベット・ゴールドマイン」「ナインハーフ」が、ネットレンタルの方で上がっていたので、楽しみです。
でもさ、観る気漫々なことを書いてしまったけど、今の調子でほんまかいな…と自分でも思ってます。でも、これは絶対観ちゃおっていうのは、確かに11月多いなー。列記してないB級もあるし、映画生活もどりますかね??
11月WOWOWは、特に目をひくものがいまのとこ見つからなかったけど、キーファー・サザーランド主演の「TOUCH/タッチ」は毎週録画してます。面白い。子役が上手いっ。
先月書いてた、「ダブルフェイス」のTBS版を観ましたが、なかなか本家「インファナルアフェア」に近い設定になってましたし、西島さんもよかったな。ディパーテッドでもそうだけど、やはり元が秀逸なんですよね。

ダーク・シャドウ

ティム・バートン&ジョニー・デップのタッグだしなぁーと観に行った。MIB3と二本立てで観たんだけど、今回3本いけそうだったんですよ。でも、これはどっかで「寝る」と思い、やめました。
元ネタのTVドラマは見たことないけど、流行りのヴァンパイアでなんか面白そうだったし。白塗りジョニーは、すっかり見慣れた感はあります。
期待なしで、ノリで観る事をオススメします。
darkshadows1ダーク・シャドウ
原題:DARK SHADOWS
監督:ティム・バートン   
製作:リチャード・D・ザナック、グレアム・キング、ジョニー・デップ、クリスティ・デンブロウスキー、デヴィッド・ケネディ   
製作総指揮:クリス・レベンゾン、ティム・ヘディントン、ブルース・バーマン   
原案:ジョン・オーガスト、セス・グレアム=スミス   
脚本:セス・グレアム=スミス   
オリジナル脚本:ダン・カーティス   
衣装デザイン:    リーン・アトウッド   
音楽:ダニー・エルフマン
上映時間:113分
出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベラ・ヒースコート、ガリバー・マクグラス、クリストファー・リー、アリス・クーパー、他
darkshadows21752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。20年後、バーナバス(ジョニー・デップ)は、コリンズポートの町で、コリンウッド荘園の所有者となっていた。裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)を失恋させるが、実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果て、さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。ここには他に、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)や、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)にも降りかかる。そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すのだが……。
公式サイト
ダーク・シャドウ - goo 映画

darkshadows3オリジナルがソープオペラ(昼ドラ)らしい。
鉄板コンビだし、観ないとって思って行ったんだけど、昼下がり眠かったんですね〜。
うん、眠かった。すごく。
ジョニーとエヴァを観ていたら、アダムス・ファミリーが観たいなぁと頭の中をずっとよぎってた。
家族配置が似たようなとこもある?ジャッキー・アール・ヘイリーはハンドくんか?
若気の至りで弄んでしまったメイドが、魔女であったため、最愛のジョゼットを死に至らしめ、バーナバスもヴァンパイアに変えてしまった。
挙句、民衆を扇動して銀の棺桶に封印。それが、掘り返しで200年後に世に出てきたわけだ。人間のバーナバスは、割とかわいかったな(笑)
darkshadows5ジョニーのキャラは、ティムの映画では特に毎度「変」っていうのがあるから、私以外の人も耐性あると思う。
やっぱ、エヴァ・グリーンの魔女っぷりがステキでしたねぇ。メイド時代は割とそんなふうだったのに、いっちゃってました。
その分、純なヒロインのはずのジョゼット&ヴィクトリアの存在が、影が薄い。彼女についての掘り下げも、ところどころでもうちょっと欲しかったような気もします。
魔女アンジェリークのバーナバスへの曲がっちゃった愛の方が、強く感じてしまうもの。
darkshadows4ヴァンパイアになったバーナバスは、200年後のコリンズの末裔の没落ぶりから、何より大切な財産である「家族」の再生を考えるんですけど、コリンズ家にとってかわって街の名士になっているアンジェリークの邪魔にあう。
くすっとした笑いのネタは、あちらこちらにあるんだけれど、同時にみたMIB3の方がぬきんでてるんだよね。
家族のドラマ部分が弱いという皆様のご意見と同じです。この面子のこのキャラだったら、もうちょっとおかしくなるはずっていうのはありました。
darkshadows6darkshadows8母親の幽霊をみる僕ちゃんと家庭教師にきたヴィクトリアは、リンクするのに真ん中で盛り上がりがない。
ラスト付近で、あっモールス?な形相をみせてくれたクロエちゃんも、そこまでの伏線があまりにもなさすぎて、びっくりするだけ。
darkshadows9住み込みの博士のヘレナさんも、なんかもったいない。
女主人のミッシェルも。
古めかしいお屋敷の雰囲気は、スゴくいい感じ。
隠し扉もね。
唯一の財産の家族、もっと描いて欲しかったなぁってほんまに思う。
中盤、ほんとにたる〜としちゃったんだもん。
アブナイ、寝そう…と眠気と闘ってたんです。
darkshadows7でも、噂の魔女と吸血鬼の絡みは、激しかったですね。
エヴァ・グリーンは妖艶ですねぇ。
この映画の舞台の年代は、1972年。MIB3は69年。
なんかの符合でしょうか。
ハリウッドにとって、よき時代と思われてるのかなぁとか考えちゃいました。
ファッションも、派手めだし、お化粧もケバい系(今だとね)。
案外、この映画はDVDで観た方が面白いかもしれないですね。しかも、期待なしで。
ドタバタのラストだったなぁ。幽霊の方が強いのかぁ〜〜。
魔女が幽霊になったら最強だね。
コリンズ家は、再興するんでしょうか?家族揃ってが、唯一の財産ですかいね。アダムス・ファミリー化しちゃうんだろうな。

試写会に行ってきました

ironlady当たったのはね、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。
『ヒューゴ』もやっと観に行きました。邦題は、詐欺ですね…。彼は、発明家ではないですよ。
ジョニー・デップが製作に絡んでたのをOPロールで知った。
感想の記事は、後日…。

休日ならともかく、一働きしてから外出して映画というのは、疲れまんな。
コメントの整理もしたいんですが、寝させてもらいます。
ぐっな〜いっ
(@ ̄ρ ̄@) zzzz

ランゴ

有休消化のお休み♪サービスデーでもない平日って、空きすぎっ。散々迷ってこれにした。
カウボーイ&エイリアンを当初は観ようと思ったのですが、今の私には、こっちの方が面白そうな気がしたから。女のカンよ。
キャプテン・アメリカは、いい時間が3Dだったんで、却下です。
ツーリストより、「ジョニーだ!」って思う映画だと思う。
これは、大人のが楽しむ映画。字幕版が主流なのは嬉しい。
RANGO1ランゴ
原題:RANGO
監督・製作・原案:ゴア・ヴァービンスキー   
製作:グレアム・キング、ジョン・B・カールズ   
製作総指揮:ティム・ヘディントン   
原案:ジェームズ・ウォード・バーキット、ジョン・ローガン   
脚本:ジョン・ローガン   
視覚効果監修:ジョン・ノール   
音楽:ハンス・ジマー
上映時間:107分
声の出演:ジョニー・デップ、アイラ・フィッシャー、アビゲイル・ブレスリン、アルフレッド・モリーナ、ビル・ナイ、ハリー・ディーン・スタントン、レイ・ウィンストン、ティモシー・オリファント、他
人間のペットとして飼われていたお調子者のカメレオンのランゴ(声:ジョニー・デップ)は、飼い主のドライブ中に水槽ごと道路に投げ出されてしまう。ランゴは自分とおもちゃしかいなかった水槽の世界から一転、砂漠でさまよう羽目になり、西部の荒野にある町ダートにたどりつく。天敵から身を守る方法さえ知らないのに、自分は怖いもの知らずのヒーローだと嘘をついてしまった彼は、町の保安官に任命され、砂漠で最も大切なものである水を探すよう依頼される。しかし彼の前に待ち受けていたのは、命がけのアドベンチャーだった。消えた水を巡る陰謀、過酷な生存競争など現実世界の厳しさを学びながら、それまで保護色になって身を守っていたランゴは、生まれて初めて“自分のほんとうの色”を探し始める。
公式サイト
ランゴ - goo 映画

RANGO2てっとりばやく言えば、カメレオンの自分探し。
最初から最後まで、ジョニー@ランゴが、ほぼ出ずっぱりなので、ジョニーのファンには嬉しい映画。みてくれカメレオン(しかもキモかわ)だけど、な〜んかジョニー・デップみたいなんだよねー。
はっちゃけ系です。
実際にジョニーの動きをキャプチャーしてっていうのが、よく生きてます。
元々は水槽で飼われていた人間様のペットだったランゴが、砂漠あたりで落っこちてしまう。しばらく、ランゴの一人芝居が続くんだけど、これが子供向けな台詞じゃない。
エロじゃなくて、ちょいと哲学的だったりして(ほんまかいな)。
監督さんは、前3作のゴアさんだったんですね。音楽も、ハンス・ジマーでほほほー。
Rango5rando6私自身、実はあんまし西部劇って好みとは言い難い。おかあさんが好きだったようで、TVの洋画劇場で観てたから、なんとなく色々観てるみたいですけど。
そんな西部劇(マカロニも)のシーンが、あちこち出てくるからよく知ってる方には、めちゃ楽しいと思います。私でさえ、既視感ありましたもん。
ヒロインは、サバクイグアナのマメータ(原語はビーンズ)ちゃん。造形的に、ティム・バートンぽいような気もするけれど、まぁいい。
画面はすごくキレイ。よくできてますねぇ。3Dアニメの進化はすごいね。
真ん中へんで、ものすごーく眠気が襲ってきて(最近いつもやな)、うつろなとこも実はあります(^◇^;)
クライマックスで、困り果てたのがおヘビ様でした。頼むし、クチを明けんといてくれって思ってましたが、何度もあけやがりました!
キモいといわれるは虫類やらその手の動物が満載でして、とにかく「へび」だけダメだ。あとは、怪獣にもみえるしいいんですけどねぇ。
登場人(?)物は、そんなんですが西部劇だよー!
RANGO3ワルが街を制圧してたり、ヒロインがワルに捕まってしまったりね。そこに流れ者が街を助けるなんて、王道じゃ。
荒くれ大地の西部を制するものは、水を制するもの。
アニメだとバカにしないで、これは大人が楽しむために作られてるし、おおいに楽しむべくでしょうね。
ランゴのウソがばれ、街を出て、ハイウェイの道を横切った向こうは、ディヴィジョーンズロッカーなソルト・レーク・デザートの風景。(パイレーツ3)
そこに現れる「西部の精霊」!このモデルは、あの俳優→監督の方。あの方です。
声は、ヒットマンだけどさ(笑)
Rango4日本でも人気の高いジョニー効果もあったでしょうけれど、私が観たところは字幕版しかありませんでした。
もし、吹替えしかなかったら観てなかったと思います。
アメリカとかって、西部劇は日本の時代劇っぽい位置なのかしら?
西部劇は、先住民族の問題とかもあったりして、がくんと廃れてしまったけれど、ここのところ題材によく用いられてるなぁって思います。
↓こんな風にしてたとは…

ツーリスト

日本でも、シネマのスター投票で、たぶん1位でさー、でなくても5位までには絶対に入ってるという二人の夢のコラボ。
ですが、評判はイマイチだったんだよね。ふふ
監督も、「善き人のためのソナタ」の監督ということで、期待するわなぁ。
私は、撮影の噂を聞いて、その写真とかリークしたけど、もうひとつ気乗りのするもんが、なかったんですよね。ツーショットが、合わない気がしてさー。思わん?
ジョニーの顔が、妙にでかいせいか?
tourist1ツーリスト
原題:The Tourist
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク   
製作:グレアム・キング、ティム・ヘディントン、ロジャー・バーンバウム、ゲイリー・バーバー、ジョナサン・グリックマン   
製作総指揮:ロイド・フィリップス、バーマン・ナラギ、オリヴィエ・クールソン、ロン・ハルパーン   
脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、クリストファー・マッカリー、ジュリアン・フェロウズ   
オリジナル脚本:ジェローム・サル   
撮影:ジョン・シール
衣装デザイン:コリーン・アトウッド   
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:103分
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーブン・バーコフ、ルーファス・シーウェル、他
tourist4傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ベネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、すべては仕組まれた罠だった……。謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていくフランクの運命は……?
公式サイト
ツーリスト - goo 映画

tourist3どこか謎めいた美女っていうのは、アンジー姐さんのはまりだと思う。
ジョニーは、数学教師でごくごく普通の男っていう設定。
だから、ちょっとぽっちゃり気味でしょうか?中に入っていた予告編集に「シークレット・ウィンドウ」があって、若っ!って思ってしもた。
そんなジョニーの設定なので、アンジーの方が目立つように出来ていると思う。
アンジー扮するエリーズさんの2年間音信不通だった彼は、ギャングの会計係で20数億ポンドを横領してとんずらこいた。
フランスに住んでいたエリーズは、ある日、その彼からの手紙を受け取り、ベニスに向かう列車に乗る。
このエリーズをはっていたのが、アチソン警部たち。
自分と似た体格の男と一緒にいろってことで、巻き込まれたのがフランクというアメリカからきたツーリストのジョニーさん。
この映画の持つ雰囲気というのは、今風ではなくちょっと昔っぽい。
派手なアクションや逃走劇っていうのは、薄い感じ。
主演二人は、なんでもやってくれそうなんだけど、そうでもない。
tourist6美しき水都ベニスということで、カーチェイスはなく、ボートチェイスだったりする。
Blu-rayでレンタルしたので、色々特典も観たのですが、いやぁ〜景色がすごいね。
住民よりツーリストの方が多そうなのもわかるわっ。
セットは要らないって、ほんとね。まぁそれだけに制約もあったりして、ロケは大変だったんだろうなぁっていうのは思う。
運河ギリギリに建物って、大雨降ったらどうなんだろうとか、妙に境目に注目してしまいました。ハハハ
アンジーの身につける衣装も、上等そうなもんが多くって、華麗でした。
この映画、GG賞でコメディ部門に入ってたんだよねぇ。うん…
tourist7警部役のポール・ベタニーが、軽〜いノリではあったけどね。
こういう軽い感じのベタニーさん、好っきやわ。
パジャマで逃げるジョニーとかねぇ。(数学教師はあんな逃げ方するかなぁ??)
どんでんがえし系のサスペンスだとは思うんだけど…
ジョニーが「だろう」っていうのは、予測があったんだけど、アンジーの「あれ」は予想はしてなかった。
でも、彼女ならありうるさーと驚きは少なかった。
キャスティングのどんでんは、この映画色々あったようですね。
ジョニーの前がアバターのサムさんで、当初はトムちんだったそうですね。
アンジーの前も、シャーリーズ・セロンだったようで。
ルーファス・シーウェルの役どころが、もっと引っかき回しててもよかったのになー。
tourist5美しきベニスを堪能できる映画っていうのは、当たってますね。ベニスの商人とかベニスに死すとか、ここが舞台の映画や小説も多い。
この共演、濃すぎるのが難だったかも。
ちょい前の映画を観ているような感じは、いいんだけどね。この二人だから…という過剰な期待が、損した映画ではないでしょうか。

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 

初夏のイベント!ジャック・スパロウが帰ってきたぁ〜〜〜♪
シリーズ初の3D上映ということですが、あえて2Dで観ました。最近、目の疲れがひどいし、時間も気が合ったし。暗いとぶつぶつ言わなくてイイもんね。別料金払うのもねぇ。
内容については、あんまり期待もせずに、ジャック・スパロウに会いに行こうみたいな気分で行ってきました。お約束の長いEDロール後になんかあるのは、変わってないので、トイレは、もうちょっとガマンしましょう。続編もあり??
相変わらず、ネタバレ気味な感想になっているので、これから観る人は、気をつけて下さい。
potcost1パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉
原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN:ON STRANGER TIDES
監督:ロブ・マーシャル
原作:ティム・パワーズ
脚本・製作総指揮:テリー・ロッシオ
脚本:テッド・エリオット
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン、 チャド・オマン、バリー・H・ウォルドマン、テッド・エリオット、 ジョン・デルーカ
撮影監督:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイナー:ジョン・マイヤー
衣装デザイン:ペニー・ローズ
音楽 :ハンス・ジマー、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
上映時間:141分
出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ、ケヴィン・R・マクナリー、サム・クラフリン、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、キース・リチャーズ、スティーヴン・グレアム、グレッグ・エリス、リチャード・グリフィス、ジュディ・デンチ、ジェマ・ウォード、クリストファー・フェアバンク、ポール・ベイズリー、ブロンソン・ウェッブ、リチャード・トムソン、松崎悠希、セバスチャン・アルメストロ、他
potcost7キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が漕ぎ出す新たな航海。それは、永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)たちが動き出す。さらに、ジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)だった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる……。幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?
公式サイト
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 - goo 映画

なんで期待そこそこだったかっていうと、なんか前ほどワクワクしなかったから。
これは、当たってましたね、残念ながら。
監督が替わってしまったことやキーラとオーランドがでないからっていうのも、多少あったのか?あったかもしんないですねー。予告がでる以前からでしたから。
ほんでも、前売りのオマケのジャックの人形をきっちりGETしてるし、こういうノリの映画は好きなので、映画館で観ちゃう気はまんまんでした。
パイレーツ・オブ・カリビアン別章の始まりなんでしょうかねぇ…。

potcost3なんとなくデッドマンチェストの始まりみたいに、ちょっと暗くはじまって、舞台は陸。
カリブのイギリス植民地ではなくって本土だ。
あ〜これもかも。カリビアンじゃないからかも。
なーんて、ちょい乗り切れないなぁという自分が居た。
ほんでも、ジャックにイヤリングを取られてしまう馬車のマダムが、ジュディ・デンチだったのは、くすっとした。この辺りが、ゴア・ヴァビンスキーじゃないとこかも。
バルボッサは、片脚が義足になりながらも、なぜか英国将校になっちゃってる。公的海賊の身分みたいですよ。
potcost2そしてペネロペのアンジェリカと遭遇。ペネロペのジャックの扮装は、いいわね。
酒場「船長の娘」はトルトゥーガとは、やっぱちがう。
アンジェリカの船で、「生命の泉」を目指すことになったジャック。バルボッサは、英国王の命をうけ、そして英国と敵対するスペインも狙っていた。その目的は、それぞれに違うわけで、その収束がやや収拾つきにくかったりして。アンジェリカは、伝説の最恐海賊「黒ひげ」の娘で、昔ジャックとなにやらね。
生命の泉で、永遠の命をもらうにはいくつかのお約束やらあって、そこらの説明部分も相変わらず大雑把ですが、ラゲッティとピンテルあたりがコメディでやってくれてた事は大きかったですよな。なんで、でてないんだよぉ。
potcost5あっちいったり、こっちいったり、てんやわんやの展開は同じようなもんですが、なぜか船の中でのアクションが少ない。そのせいか、海の印象が薄いの。
そのぶん、美しい人魚が大勢でてきますが、彼女たちは凶暴なので、笑うね。
黒ひげ&アンジェリカの船の捕虜の宣教師フランクリンが、人魚シレーネと惹かれ合ってしまう。
ウィルとエリザベスのような色合いを出してるんだけど、ちょっと弱いかな。
フランクリンとジャックの絡みも、ほとんどないのね。
楽しいのは楽しいんです。
お馴染みの音楽もちょこちょこっと入ってくるし。
こういう映画は、楽しんだもの勝ちなんだし。
それでもさ、やっぱしコレは外して欲しくなった事が多くってね。ぶつぶつの感想になってしまいましたね。
ブラック・パール号は、海に浮かんでてなんぼなんだよぉぉ〜〜。ジャックと一緒にね。コレが一番残念なの。
potcost6そのために、実は意に沿わない公僕になっていたバルボッサであったことや、片足を無くしたわけなんかも盛り込まれてはいます。
最終的に二人が協力し合うっていうのも麗しい。
バルボッサの帽子も、あの羽根つきのね。不死身のサルのジャックはバルボッサといなくっちゃ。
あと、もうひとつウィルとエリザベスのその後のうわさ話も、ちょっと位さ、盛り込んで欲しかったです。
彼らの存在感って、大きかったんですね。
トルトゥーガのおねえちゃんたちもさ、でて欲しかったね。ロンドンの売春宿くらいで。
新機構のジャック・スパロウに、馴染むのは時間がかかりそうです、私。
つうことで、これから前のを観よう(爆)

Twitterではなくここで色々つぶやいてみる

昨日のわたし。久しぶりにYouTube三昧してみる。見てたものーモノマネ・昭和の歌謡曲いろいろ・ニューミュージックとかフォークと呼ばれていたうた・映画パロ・トレイラー・古い洋楽などか。はまったのが、「昭和」のうたでした。

昭和の歌もわけのわからん歌詞のもあるけれど、今どきより歌詞が聞き取りやすい。
これは、大きな違いだ。いくら、いい歌詞でもね、もったいないです。メロディラインもきれいなものが多いか?

モノマネも、青木隆治さんのは以前に娘とアホほどみたので、山寺宏一さんとか色々観たわ。でも青木さんの「かもめが翔んだ日」はすごいなと一緒に歌ってしまった。そこからHydeにいって、昔のラルクやGlayを。そこから、X-Japanへ。とかなんとかやってたら、眠くなって爆睡。目覚めたら朝5時前だった。

「シンパシー・フォー・デリシャス」つう映画に、オーランド・ブルームが出ている。日本で3館しかやっとらんのか?でも、彼は脇役だと予告を見る限り思うんですが、公式サイトはなんなんだ?主役の待遇が悪いぞ。O氏はちょっと悪そうなところが、いい方向転換かもね。この辺りは、パイレーツ4つながりでみつけた。

パイレーツといえば、親日家だと思うジョニー・デップさん。震災にコメントとかなしかよって思ってたら、今朝やっと会見をみた。まぁ、寄付はもっと貧困な国へと思ってるのでしょう。モヤモヤがすっきりした。ヒデさん、なんで?
anakin
今晩の洋画劇場が、SWエピIII♪たぶん、見てしまうだろう。ヘイデンさん、この前激太りの写真をみてしまった。あなたは、スレンダーでいてください。で、アウェイクも公開って?DVDもでないしと当時思ってた。2007年のアメリカ公開なんで、お美しいと思う。共演は、ジェシカ・アルバとテレンスさん。観に行くかは不明。

SWのBlu-rayは、9/16にでます。アラを探せばなんぼでもあるんですけど、あのオープニングを聴いたら血が騒ぐ。やかましいし、携帯の目覚ましにもなってますけどねぇ。ちなみに、DVDもBS録画も持ってますけど…。さすがにLDはない。

プリクエのSWは、アラが多い。画面は、めちゃキレイなんだけどねぇ。なんか変なセリフや演出が多いよね。IIIで、ナタリーがブスなしーんがある。映画館で、ちょっとふきそうになった。ユアンのほくろも懐かしいな。IVでナイのは、除去したんだな。(違います)ハハハ

実家でひとりでいるし、エロ映画でも見たろか〜と思ったが、もってきてなかった。前に、金瓶梅を観た。記事も書いてないが、あほえろでした。しつこくヤッてるんで早送りで見たら、すごく早く終わった。TV録画なんですが、ディスクを無駄にしたな…。そもそもなんで録画したんだろ??容量空けるのにほいほい焼いたんですよね。

実家に置き去り中のTV録画BDだけでも、スナッチ、コットンクラブ、激突!・ベン・ハー、トラブル・イン・ハリウッド、愛のむきだし、デビル、ドクトル・ジバコ、アンナと過ごした4日間、ショコラ、ニュー・シネマ・パラダイス、なぜかジム・キャリー3作なんかがありまして…。愛のむきだしこそ、はよ観なあかん!

家に置いてあるTV録画のは、なんぼほどやねんとなると思います。はい。お金は貯められないけど、こういうのは貯めるのうまいわ、私。ディスクも安くなったからなぁ。50GBのんが、BSからの録画にはいいっすね。

潔癖症で…という人。他人が汚いような素振りする人ね。そういう人がなんでSEXしたりKissはOKなのか、ようわからん。おしっこするもんが、自分の中に入るんだよ!なんで許せるの?マッチスティック・メンを観て、思い出したこと。私は、大雑把なんで大丈夫です。

今朝のワイドショーで。あの焼肉チェーン店の社長の謝罪が、内容以前に話し方が不快。なんで、あーいう語尾と間で喋るのかなぁ。プレゼンの練習で、あんな話し方する人いたけど、やめなさいっていってあげたけど直らん。今日一番の不快。出てきたら、チャンネル替えてたけど、スイッチ切るハメになった。

GW前。レンタル店にて。ちょっと興味のわいた旧作が頭に浮かんで、みたらまたなかった。この一ヶ月くらいいつもない。家に帰ったら、5日くらい前に自分が借りていた…。もう一発、同系列で。新作をいそいそ借りたら、amazonで予約して買っていた。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

家族もいないし、友だちに電話も出来ない(仕事してたりするし)し、ぼやいてみた。

アリス・イン・ワンダーランド (3D・字幕)

早速、観てきたよ。前日に、チケット確保ということまでして(笑)
の割には、期待は抑えめだったんだよん。それで、ちょうどよかった。
アバターの時に、メガネの不具合に当たってしまったけれど、今回はどうもなくってやれやれでした。
alice1アリス・イン・ワンダーランド
原題:Alice in Wonderland
監督:ティム・バートン
製作:ティム・バートン、リチャード・D・ザナック、ジョー・ロス、スザンヌ・トッド、ジェニファー・トッド
製作総指揮:クリス・レベンゾン
脚本:リンダ・ウールバートン
原作:ルイス・キャロル
撮影:ダリウス・ウォルスキー
美術:ロバート・ストロンバーグ
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ダニー・エルフマン
上映時間:119分
出演(声の出演):ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、クリスピン・グローバー、マット・ルーカス、アラン・リックマン、スティーブン・フライ、マイケル・シーン、ティモシー・スポール、クリストファー・リー、他
alice5アリス・キングスレー(ミア・ワシコウスカ)、19歳。美しく成長した彼女は、ある日求婚者から逃げ出し、誤って“うさぎ穴”に落ちてしまう。そこは、かつて少女が迷い込んだワンダーランド。しかし、いまは残忍な“赤の女王”が支配する国。ワンダーランドの住人たちは、「預言の書」に記された、伝説の救世主“アリス”を待ち望んでいたのだが…。(CinemaCafeNetより)
オフィシャルサイト
eiga.com シネマトゥデイ Yahoo!映画
アリス・イン・ワンダーランド - goo 映画

alice3ジョニーは、老若男女に人気があり、私も大好きです。
ほぼ原型が…なんですが、比較的に誰にでも受け入れやすそうな題材と3Dということもあってか、「完売」パレードでしたねぇ。なんでも、アバター超えしそうとか。
そこまで、どうよ?って思ったんだけどね。
映像は、きれいです。CGも、いいと思うし、クリチャーデザインも素敵。
ティム・バートンの色使いのうまさは、健在でしたが。
alice8alice7どこか、ナルニアを思い出してしまった。
たぶん、「毒気」が物足らなかったのです。
そのぶん、残酷映画を見慣れていない人にも、大丈夫だし、万人向けといえばそうよねぇ。
変な性格のしゃべる動物や変な人はいっぱい出てきます。
悪役の赤の女王があたまでっかちだからねぇ(笑)
まともだと首をはねられます。ヘレナさんは、想像通りの感じでよかった。
alice4白の女王のアンちゃんは、実はこの中では一番毒気を秘めてたような気もします。
どこかみんなイカレてるようなこの世界だもんで、マッド・ハッター(いかれ帽子屋)といってもさほどマッドにみえないんだなぁ。あはは
みんなが、にせ者アリスと言ってる時から、ずっと信用して守ってきたり、かなりまともですわ。あ〜そこが、この世界では、マッド?

alice2

← この画像、なんか好きですね。

3D映画の課題は、映像に目が奪われている分、ストーリーをどんだけ配分してくかかもしれないなぁと思いました。
フェイク3Dといわれている「タイタンの戦い」も、観に行こうと思ってます。
3D映画は気持ちが悪くなる人もいるわけで、主流になるかどうかはまだまだ時間が必要とは思います。
alice6浮き出る字幕は、私はアバターですぐ慣れたし、どうもなかったけど、吹替えで見た方がという人も多いし、それゆえ吹替え映画が増えるのは、個人的には好ましく思っていません。最近の吹替えが粗悪なのも多々というのがあるんですけどね。

アリスですが、話のネタには、いいけど、すご〜く満足度が高かったということもなかったんです。
寝てしまう事もなかったけどね。
お気にいりキャラは、なぜかチェシャ猫です。
アリス役のミアちゃんも、雰囲気があってよかったです。
アリスの元の世界での選択は、ちょっと拍子抜けしちゃったかなー。あの後、彼女はキャプテン・ジャックに出会うと思います(爆)

予告で観たもう一人のアリス、バイオハザード4の3D予告は、きゃー飛んでくるぅ〜〜と血が騒いだ。ウェントさんは出てこなくて残念でした。
飛び出すオトコマエも、みたいよ。
とりあえず、コナンくん、しんちゃん、のだめ…などなどと映画館はとんでもない状態でして、人混みの嫌な人はしばらくは平日をオススメします。でも、サービスデー駆使の3D料金で観るべき。(どういう意味だ)
シャッター・アイランドは、いつ行けるんだろ??

パブリック・エネミーズ

みんな大好きジョニー・デップ♪友達と行ってきました。
「愛」が…という宣伝ですね。どうでもいいねん、ジョニーを観よう(笑)
ジョン・デリンジャーに関しては、よく知らなかったんですが、アメリカでは有名な方ですね。FBIの射的標的も彼のシルエットだったようで…。あ〜そういやこのスタイルの観た事あるって思いました。彼を映画にしてる作品も多かったんですねぇ。
peパブリック・エネミーズ
原題:Public Enemies
監督:マイケル・マン
製作:ケビン・ミッシャー、マイケル・マン
製作総指揮:G・マック・ブラウン、ジェーン・ローゼンタール
原作:ブライアン・バーロウ
脚本:ロナン・ベネット、マイケル・マン、アン・ビダーマン
撮影:ダンテ・スピノッティ
美術:ネイサン・クロウリー
編集:ポール・ルベル、ジェフリー・フォード
音楽:エリオット・ゴールデンサール
上映時間:141分
出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーブン・ドーフ、スティーブン・ラング、ジョバンニ・リビシ、ロリー・コクレイン、デビッド・ウェンハム、スティーブン・グレアム、ジョン・オーティス、チャニング・テイタム、ジェイソン・クラーク、他
1930年代前半のアメリカ。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とpublic-enemiesも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為、強者から金を奪っても弱者からは一銭も奪わないといった独自の美学を貫くカリスマ性に、不況に苦しむ多くの国民は魅了され、まるでロックスターのようにもてはやした。そんなデリンジャーとって、一人の女性ビリーとの出会いは、これからの人生を決定付ける運命の瞬間だった。ビリーもまた危険な選択だと分かりながらも、彼の強引で一途な愛に次第に惹かれていく。一方で捜査当局は、デリンジャーをアメリカ初の“社会の敵ナンバーワン(Public Enemy No.1)”として指名手配する。捜査の包囲網が徐々に彼らを追いつめていくなか、永遠の愛を信じながら、二人の自由への逃亡劇が始まった…。
公式サイト
ジョン・デリンジャーwiki
パブリック・エネミーズ - goo 映画


public-enemies3社会の敵とはされながらも、大恐慌から数年しか経っていないアメリカで、どこか義賊風な彼らは、どうもヒーローだったようで、今も伝説の人。実は、逃げて生きていたとかいう説も根強くあったりする。
映画の中では、なんとなくそう思うのがわかります。
チェンジリングと同時期である事から、私自身もちょい警察には、所変われども、怪訝な目をもってしまう。ギャングの女ビリーの拷問的尋問のときには、すっかり思い出したぞ(爆)
今の時代背景とも、不景気さは似たような時代であるのかもしれないですねぇ。

public-enemies1久しぶりに、ジョニー・デップが化けて無くってさ、スーツ着ててさ、素敵よね。それだけでも、満足ですかね。
いやぁ、男前ですね、声もいいし。
そんなこたぁ、みんなそう思ってるな。

映画としては、ギャングのジョンと創設したばかりのFBIのパ−ヴィスの二人に軸があるようなんだけど、ちょっとパーヴィスさんの影が薄いよーな気がしますな。(他人をいかすクリスチャン・ベイルだしか?)
public-enemies7そこに、ビリーとジョンの真実の愛みたいなんを絡ませてる。ジョニー・デップにしては、久々に色っぽいシーンがあったんじゃないでしょうかねぇ。
私自身は、どっちかというと「愛」よか、ギャング同士の絆のようなもんを描いてる方が、好きなタイプです。萌えます。
マリオン・コティヤールは、キレイだし、逮捕されて拷問受けても、啖呵切ってカッコよかったです。演技の方も上手い方だし安心。
public-enemies4後から、えっこの俳優さん?っていうのも多くてねぇ…(^◇^;)
というのは、この時代の男性はハットを愛用されるんで、顔がわかりにくいんですわ(笑)夜や暗いシーンも多かったしね。ジョニーばっか観てたんじゃないかとも思うけどね。チャニング・テイタムもデヴィッド・ウェンハムも言われなきゃわかんねぇよぉ。
どこかカリスマ的ボスのジョン・デリンジャーっていうのを、ジョニー・デップというのは、イイ配役だったと思います。
銀行強盗も、1分40秒という時間を守り、かなりシステム化してたよう。
ただ、映画の中ではその辺の用意周到にしていた要素は描かれていなくて、あれ?っていうのもありました。
John_Dillingerpublicenemies8







逮捕され、マスコミに対してのこのシーン、ご本人の写真で同じようなスタイルがあったんですねぇ。本人も、なかなかのハンサムであったようで、運動神経もかなりよかったようです。
脱獄も繰り返し、仲間の脱獄にも荷担し、銃撃戦をかいくぐりながらの刺激的な彼ら。でも、意外にも普通の生活を普段は続けられてたようです。
映画館で、デリンジャーの指名手配写真とともに、観客が左右観るよう仕向けられても、誰も気がつかない。
public-enemies5そういったところが、彼に油断を招いたのか、友だちでもある売春宿の女主人アンナに密告され、映画「男の世界」を見終わった後、最期の時を迎える。「男の世界」の中の台詞が、暗示されるようなものをはめこんでくれて、面白かったです。クラーク・ゲーブルの若〜い姿も懐かしいし。
アンナのオレンジのスカートから「赤いドレスの女」は、「破滅に導く女」という意味の用語として使われてるそう。
パーヴィスも、翌年に自殺を図ってるとか。

public-enemies6追う捜査官と逃げるギャングたちの図式は、面白かったし、捜査官たちの失態にほくそ笑む私は、すっかりデリンジャーよりですな。だからこそ、大衆は彼を義賊として扱ったのかも。
仲間に対しての篤さや、女に対しても強引でありながらもやさしく一途なところが、いい男である。
危険な道を歩んでいる男の死に際も、潔く感じた。

男の絆を感じたくなる題材だけに、そっちに心が動くとちょっと物足らなさはあるかもしんない。そこら辺は、未見の彼の題材映画に描かれているのかもしれないです。
興味深い人物で、ワルな道を進みながらもちょっと惹かれるものを感じずにはいられない。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ