晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

スカーレット・ヨハンソン

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

前売り券を持っていたので、もうすぐ台風というか祇園さんの宵宮というかその辺りに観てきました。早く帰った方がいいなと思って、一本しか観なかったわ(「しか」か…)。
平日だし、京都はお祭りだしガラ空きな映画館でした。
7月に入ってから、パソコンがおかしくなりましてリカバリーして使えるようになりました。まぁ、後の更新やソフト入れるのがめんどくさかったけれど、結局スッキリしたようで(笑)ついでだから、ATOKも5年ぶり?に新調してやったわ(Googleのでもよかったんだけどね)。
で、今PCの物色中です。お仕事PCの扱いじゃなくて完全エンタメPCとなると、高いなー。カスタマイズをしていくとどんどん高くなってしまい、結局カタログ品の型落ちのほうが安くつきそうです。自作なんかできひんしね。
映画館で観た映画くらい書かねばなぁ。
AVENGERS_ULTRON1アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
原題:AVENGERS: AGE OF ULTRON
監督・脚本:ジョス・ウェドン   
製作:ケヴィン・ファイギ   
製作総指揮:ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム、パトリシア・ウィッチャー、ジョン・ファヴロー、スタン・リー、   
撮影:    ベン・デイヴィス   
視覚効果監修:    クリストファー・タウンゼント   
衣装デザイン:    アレクサンドラ・バーン   
音楽:ブライアン・タイラー   
音楽監修:デイヴ・ジョーダン   
スペシャルサンクス:デヴィッド・メイゼル   
追加音楽:ダニー・エルフマン
上映時間:142分
出演:アイアンマン: ロバート・ダウニー・Jr
ホークアイ: ジェレミー・レナー
ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン
ハルク: マーク・ラファロ
ソー: クリス・ヘムズワース
キャプテン・アメリカ: クリス・エヴァンス
マリア・ヒル: コビー・スマルダーズ
ニック・フューリー: サミュエル・L・ジャクソン
クイックシルバー: アーロン・テイラー=ジョンソン
J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス)/ビジョン:ポール・ベタニー 
スカーレット・ウィッチ: エリザベス・オルセン
ウルトロン: ジェームズ・スパイダー
AVENGERS_ULTRON2ドン・チードル、アンソニー・マッキー、ヘイリー・アトウェル、イドリス・エルバ、ステラン・スカルスガルド、ローラ・バートン、キム・スヒョン、トーマス・クレッチマン、アンディ・サーキス、ジュリー・デルピー、スタン・リー、ヘンリー・グッドマン、ジョシュ・ブローリン(ノンクレジット)、他
人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。
公式サイト

冒頭ヒドラのどーたらこーたらで、なんやったっけ?と思ってたんだけど、これはキャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャーから続いてるわけでんな。WOWOWでこれやっていて、ラストの方だけ観てあ〜〜そうだったぁでした。まぁ、なんも知らなくても大丈夫なようにはなっているのですが、最近のこの手のシリーズは総ナメ状態の私には、モヤモヤするのよ。
AVENGERS_ULTRON3ロキ様の杖の争奪戦であったんですが、ロキは出てこねぇ。残念だ。出てこねぇついでに、ソーの彼女ジェーン(ナタリー・ポートマン)もペッパー(グウィネス・パルトロウ)もでない。全部に出ないと気が済まないニック・フューリーは今回少なめ。スタン・リーももちろん出てます。
今作でクイックシルバーとスカーレット・ウィッチが、前半のポイントキーな特殊能力を持つ双子として出てくるんですけど、クイックシルバーはX-MENにも出てた。彼は映画映えするキャラだ。MARVELのコミックはこういうクロスオーバーなところがあって、深みにはまる人もいるんだろうね。スパイダーマンと次作はやっちゃうんだよね。違ったっけ?(三代目になるらしい)
この双子に関しては、X-MENのマグニートの子供という説もあった(現在は否定らしい)。この映画では、その設定ではありません。
クイックシルバーはキック・アスでーす(笑)クイックシルバーの能力は、おもしろいので、X-MENとの比較も書きたいとこなんだけど、我慢しよう。こっちのクイックシルバーの方が、大人びてはいます。登場場面も多い。その分、凝り方は薄味に見えるかもしれないですね。
スカーレット・ウィッチの能力は、ある意味最強かも。敵に回したくないよ。
AVENGERS_ULTRON7AVENGERS_ULTRON8Twitterでぼやいてもいましたが、割とアイアンマンのご活躍は控えめです。いつもながら、リーダー的存在だし金持ちだし目立ってはいますけどね。
その分、ハルクの大暴れとブラックウィドウとの恋愛もあったり、ホークアイにファミリーがあったりと、いつも地味な役割をくっているような面子に光が当たってるような気もしないでもない。
個人的に弓使いの人には、妙に萌え〜するのでうれしいです。
都市のぶっ壊し加減が、かなりすごいことになってるので、家族ほっこりや恋愛は哀愁も生んでドラマ力がでるかもしんないねぇ。(ほんまかいな)
AVENGERS_ULTRON6とにかく目まぐるしく世界のあっちやこっちで、破壊しあいっこするので、それはそれでエンタメ映画としては楽しめた。
何も知らなくても楽しめるとは書いたけれど、やはりそれぞれの主人公になっている映画は、観てある方が楽しみどころはあるわけで、キャプテン・アメリカやソーはなんでや?というのがあるかもしんないもんね。ハルクだって、優秀な学者なんだし。観た後にそれらを観てもいいわけ。
敵になる人間もでてくるんだけど、結構この辺はインパクトが控えて感じます。
後半のキャラが、割と強烈なのよね。
AVENGERS_ULTRON5進撃の巨人かよっというのは、予告を観たせいもあるかもしんないなぁ。
着用前のアイアンマンと変身前のハルクが、学者魂というのか強欲な知的好奇心というか、ウルトロンを誕生させてしまい、人類の危機にまで瀕してしまう。
アイアンマンの頭脳的相棒のジャーヴィスまでも、ウルトロンは吸収破壊しちゃいますが。このジャーヴィスこそが後半の重要キー。
J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス)がヴィジョンとして、器をもらい対決〜。
AVENGERS_ULTRON4このヴィジョンは、あの人だったんですよねー。なんかそうじゃないかなぁと思いながら観てて、EDロールで確認しましたわさ。それまでも、ジャーヴィスの声を当ててたなんて知らなんだわ。
悪役も脇の面白キャラも何でも似合っちゃうポール・ベタニーだった。(そういやジョニデの映画観てないな。ジョニーよりよかったらしいという)
この風貌でだ、じゃないかな?と思った私はえらいなぁ。(褒めるな)
まだまだ続くらしいシリーズですが、彼もアベンジャーズとしてこの先登場してくれるのでしょうか。
出てほしいねぇ。
MARVELのコミックなどの原作とする映画は、楽しんで観ないと損ですね。

久しぶりに映画館にきて、スパイと恐竜映画は観たいなぁと思ったわ。ブロ友さんのmakiさんが協力プッシュのアレは、マジ行きたいんだけど…(夜しかやっとらん)。あの日お葬式に出ずにすんだら…行ってたのにっ!ちゅうかおっさんが急遽行かへんと寝込みをきめこみやがったせいだ。ぶつぶつ。ここで、吐いてスッキリしたぜ!ふんっ!

アベンジャーズ 2D・字幕

これは、観ないとね!
アイアンマンも、マイティ・ソーも、キャプテン・アメリカも観ていない友達といってきました。
私は、全部観てあります。アイアンマンとマイティ・ソーは観ておいたほうが、より面白いと思うなぁ。でも、観てなくても、大丈夫だって友人は申しております。
夏休みの昼下がりの映画館って、すごいわ〜。お子ちゃまだらけだった。
長めのEDロール後、映像ありです。ちょっと笑えたわ。油断しないで最後まで観てね。
Avengers2アベンジャーズ
原題:Marvel's The Avengers
監督・脚本:ジョス・ウェドン
製作:ケヴィン・フェイグ
製作総指揮:アラン・ファイン、ジョン・ファヴロー、スタン・リー、ルイス・デスポジート、パトリシア・ウィッチャー、ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム
原案:ザック・ペン、ジョス・ウェドン
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
視覚効果監修:ジャネク・サーズ
衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン
音楽:アラン・シルヴェストリ
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
上映時間:143分
出演:
ロバート・ダウニー・Jr トニー・スターク(アイアンマン)
クリス・エヴァンス スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)
マーク・ラファロ ブルース・バナー(ハルク)
クリス・ヘムズワース ソー
スカーレット・ヨハンソン ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)
ジェレミー・レナー クリント・バートン(ホークアイ)
トム・ヒドルストン ロキ
クラーク・グレッグ エージェント・フィル・コールソン
ステラン・スカルスガルド エリック・セルヴィグ
コビー・スマルダーズ  エージェント・マリア・ヒル
グウィネス・パルトロー  ペッパー・ポッツ
サミュエル・L・ジャクソン ニック・フューリー、他
Avengers1長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。だが突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球支配を目論むロキ(トム・ヒドルストン)。彼は、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)を操り、キューブを強奪して姿を消す。その野心を知ったフューリーは、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”結成を決意し、女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)とともに、ヒーローたちを招集する。70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、インドのカルカッタに身を隠していたブルース・バナー(マーク・ラファロ)などが集結。キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込もうとするロキはドイツへ向かうが、ロジャース、ロマノフ、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)らによって捕えられてしまう。ロキを特殊監房に収容しようとしたところ、姿を現したのは兄のソー(クリス・ヘムズワース)。一堂に会したアベンジャーズだったが、意思に関係なく集められた彼らは、チームを組むことを拒否する。そこへ、ロキ奪還を狙い、バートン率いる部隊が空飛ぶ母艦ヘリキャリアを急襲。爆発の衝撃で我を失ったバナーは、凶暴なハルクに変貌し、暴れ始める。混乱に乗じてロキは逃走。ソーとバナーも乱戦の果てに姿を消し、アベンジャーズは存続の危機に陥る。ロキの地球侵略計画によって、マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか……?

08年の「アイアンマン」以来のやっとの本編に思います。こんだけ、長〜い豪華予告はないでぇ〜。
日本公開前に、興行収入は既に凄いことになってまして、そのせいでもないやろうけど、上から目線のキャッチ・コピーが話題にもなってます。
このコピーは、私も「ん?」って思いました。
アベンジャーズこぴー←こうやろ〜ってね。
「これが映画」じゃなっくて、「これがアメリカ映画だろ」って。
コミック実写映画というのも考えたけどさぁ。
日本映画が一部の金持ち?によって、文化ではなく金儲けのモンスターTV化してるとは思うし、映画産業の人材育成にもお金がかかってないとは思う。
観客の目も曇るように仕掛けてるんじゃないかと思ったりすることもあります。
映画好きさんたちは、好みのジャンルを超えて、ある種の憂いをそれぞれに持ってると思いますよ。

今回の表立った敵は、マイティ・ソーからくるもんなんで、友だちは観ていないし、どうかなーと思ったんですが、「面白かった」って言ってました。
ほりゃ、理解度の違いやあーあの人もでてるっ〜っていうのは薄いだろうけどね。今度、持ってるのは貸すわ〜とお約束してきました。
Avengers3ハルクだけは、E.ノートンがでぇへんから(色々口出ししそうだしねぇ)、マーク・ラファロに交代となった以外は、関係者がぞろぞろ出てます。
このハルクさん、意外なほどいい働きをしてた。ハルク姿のCGと一番違和感がなく感じられたんです。(モーションキャプチャー撮影だからか?)
ここっていうときに現れる。普段は、温厚なのに。「いつも怒ってるんだ」っていうのは、いい台詞だったと私も思う。なるほど〜〜〜でしたよ。
なんせ、ハルクとロキとの対決は友人と爆笑しちゃいました!
Avengers9スタークとの頭の良い人の会話は、さっぱりついてけません。
今回、スタークさんちのおもちゃルームはさして出て来なかったんですけど、最後半はスタークさんちが、ボロボロにされちゃうんで、この辺りのハイテクさと壊され方が楽しかった。
個性が強すぎるがゆえ、チームとして成り立たないアベンジャーズたちの面々が詳しく描かれていて、対立関係も、あちこち変化し、一度対立してしまうと派手なのも楽しい。
Avengers8弓を射る人がどうも好みな私の気になっていたホークアイは、序盤早々にロキによるマインドコントロールにより敵側についてしまう。
いつ、戻るんだろう?どうやって戻るんだろう?とハラハラしてたんだけど、意外に面白い治し方です(当たり前すぎというか)。ジェレミー・レナーは、ボーン・レガシーも観たいなぁ…。
Avengers7スカちゃんの紅一点ブラック・ウィドウ@ナターシャと彼は、過去になんかあったようです。彼ら二人だけが、生身って感じの人間なんだけど、超人だわ。オリンピック出たらどないですのん級です。
同じように、ステラン・スカルスガルド扮する博士もねぇマインドコントロールされる、ナタリーは安全なところにいるとか言う説明もあったな。(参;マイティ・ソー)
とにかく、過去の色々な作品の出演者がちゃんとつながりを持って出演するっていうのは、楽しい。これは、お祭り映画なのだ。
Avengers102時間超えだったんだけど、楽しかった。
頭に予備知識が入っていて楽だったせいもあるけれど、この大所帯をそれぞれのエピを混ぜ込みながら、うまく収拾がついてる形になっている。
神様(もどき?)はどうすんだと思ったんだけど、うまく馴染んでましたね。なにげにソーも好きなキャラです。
なんか、神さまなんだけどさ、応援したくなっちゃう。
ハンマーは打ち出の小槌に見えてしょうがなかった。
(義)兄弟げんかの異星バージョンっていうか、地球人類巻き込まれなんですわな。
Avengers6Avengers11性格悪&浅はかロキちゃん、目に新鮮な俳優さんですが、それなりの存在感をもってて◎。
筋肉お人好しなソーと好対照なのが、今回もいい。で、不死身っぽい彼らをどうやって封じ込めるのか、ロキの新しいお友達たちをどうやって退散させるのか、ほぉ〜なるほどぉな展開でした。
アイアンマンが、捨て身にきちゃうっていうのもなかなかです。ほんで、ポッツとあんなにラブラブだったっけかいな〜。(2は映画館で観たきりだったしなぁ)
Avengers4キャプテン・アメリカは、影が薄い人なんですが、戦闘モードではちゃんとリーダー采配してたところが、ソルジャーです。
キャプテン・アメリカとアイアンマンの年寄りモードの会話は、なかなか笑えました。
笑いどころもあちこちにあって、アクセントになってます。
ド派手な戦い(お金のかかったCG)と大破壊が、やっぱしアメリカ的だと思うんです。
アイアンマンのスーツが空中で装着するシーンは、日本人のクリエーターによるものというのをTVで観ましたが、ほぉ〜〜でしたよ。見所!
そういった細かい見所は、あちこちにあります。こだわりも色々あるんだと思う。
今年のお祭り映画として、一見の価値ありだと思います。
Avengers5サミュエル親父のニック・フューリーがさ、丹下段平に見えてしゃーなかったのは、私だけじゃなく友人もだったそうで、笑えました。CMのせいもあるんだろうけどね。ウイキに千葉真一の柳生十兵衛を参考に云々と書いてあったんですが、「ちゃう!丹下のおやっさんや」とやっぱ思う。
アイアンマン3のクレジットもありましたが、アベンジャーズ2も決定らしいので楽しみですな。

呑気にしてたらさ、スパイダーマンを見そこねてしまいました(泣)

幸せへのキセキ

こういう邦題は、私のようなひねくれもんからすっと、見る気半減なのです。
「うちら動物園こうてん」でええやん(関西弁かいな)。
どうも幸せのなんちゃらとかなんとかの幸せたら、幸福を決めるのは本人なんぞっと反論しとうなってしまいます。
実は、アントニオ・バンデラスの「私が生きる肌」が見たかったんですが、時間がまったく合わなくって…。これに落ち着いたんです。でも、いい映画でした。
事実を基にし、原作のある映画です。
we_bought_a_zoo1幸せへのキセキ
原題:WE BOUGHT A ZOO
監督:キャメロン・クロウ   
製作:ジュリー・ヨーン、キャメロン・クロウ、リック・ヨーン   
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ   
原作:ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊・英題『We Bought a Zoo: The Amazing True Story of a Young Family, a Broken Down Zoo, and the 200 Wild Animals That Change Their Lives Forever』)
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ、キャメロン・クロウ   
音楽: ヨンシー
上映時間:124分
出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、アンガス・マクファーデン、カーラ・ギャロ、J・B・スムーヴ、ステファニー・ショスタク、他
we_bought_a_zoo7半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物が暮らしていた。ベンジャミンは動物園の再建を決意するも、資金難が発生するなど悪戦苦闘の日々が続く。しかし飼育員や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいき……。
公式サイト
幸せへのキセキ - goo 映画
原作のダートムーア動物園のサイト

実は、「愛と誠」と同じ日に観ました。(^◇^;)
広大な敷地であろうと思いますが、夜の動物の声と臭いは、考えただけでちょっとコワイものがあります。
we_bought_a_zoo3家族揃って、妻であり母である家族をひとり失った喪失感は、痛みを感じます。
どこに行っても、妻との想い出があり、子供たちも表現に違いはあれど傷心を抱えている。まだまだ、母が必要なお年頃ですもの。
仕事や長男の退学処分を受け、新しい場所で新しい人生を踏み出そうと、引っ越しを考える。で、買ったおうちに動物園が付いていたわけ。
動物たちのお世話は、元の持ち主の遺産により飼育はされていたものの「園」として開業は出来なくなっていたわけで、様々な困難に一家がむかいながら、家族の絆の再生をしていく映画でございます。
we_bought_a_zoo2思春期のディランは、中二病だよねぇ。こういう年頃は、とにかく父ちゃん否定の年頃なんだから、拍車がかかってしまう。妹のロージーは間に挟まって、無邪気なようで気の付く女の子。愛くるしいんです。
飼育員のケリーとその姪っ子リリーは、ベンジャミンとディランに深く関わっていく。このあたりの微妙な揺れ具合が、いい感じでした。
あっーキャメロン・クロウ監督だったんですよね。あちこちで書かれていることではあるけれど、繊細な心のひだを描くのが上手いです。
ちょっとした山やら谷はあるけれど、全体にそんな大きな山はないと思うんです。でも、出てくる登場人物ひとりひとりが、いいキャラになっていたと思う。
we_bought_a_zoo4動物たちも、そんなにたくさん出てくるわけではないけれど、トラさんのエピとかは印象的なものになっているし、それは息子と父親の絆の再生にも一役かってる。
マット・デイモンもすっかりパパの役が似合っていて、いい具合に老けてきてますね。
スパイなんかのクールな感じもいいですけど、こういった役は、安心感そのものです。
スカヨハさんも、大変なお仕事の飼育員で色気は隠されてます。
アベンジャーズ、楽しみですねぇ♪
we_bought_a_zoo6エル・ファニングが、姉ちゃん(ダコタ)より色気のある雰囲気が気になります。ふふ
まずは新しいオーナーとして、飼育員たちや動物たちと仲良くなることからはじまり、それが何とかうまくいけばどんどんお金も要るし、開園しようと思うと検査にパスをしなければいけない。
ウォルター検査官の厳しい指摘をクリアするには、またお金が必要になる。
絶体絶命のピンチを救うのは…いいところです。
we_bought_a_zoo5そして、20秒の勇気も!これは、色々活用できそうなことです。
たった20秒の勇気で、人生はChangeするかもしれない。
ホンワカした気分で見終わることができ、癒されます。
ただ一カ所…、ヘビがわらわら出てきよったとこが、私にはマイナスでしたけどね。
(T.T)相変わらず、ヘビが怖い…。怖かったよ〜。
さぁ、6月最後&7月最初の休日は、スパイダーマンに行くでぇ〜〜。(先行は前売りが使えなかったんですよっ!!ふん)

アイアンマン2

前日の昼下がり、WOWOWをつけたら前作をやっていました。しばらく観ていたのですが…。W杯開幕のパーカッションでとび起きた。
アイアンマンの魅力は、ロバートさんだよな。
そこに、レスラーのミッキーがどう絡んで、スカさんのアクションはどうだろうてなところを楽しみに行きました。
そうそう、エンドロール後まで座っていた方がいいですよ。半分以上の人が席を立ってしまってたんですけどぉ〜。
Iron-Man-2ironman203アイアンマン2
原題:Iron Man 2
監督:ジョン・ファブロー
製作:ケビン・フェイグ
製作総指揮:アラン・ファイン、スタン・リー、デビッド・メイゼル、デニス・L・スチュワート、ルイス・デスポジート、スーザン・ダウニー
脚本:ジャスティン・セロー
撮影:マシュー・リバティーク
美術:J・マイケル・リーバ
編集:リチャード・ピアソン、ダン・レーベンタール
音楽:ジョン・デブニー
上映時間:124分
ironman204出演:ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、ミッキー・ローク、スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソン
普段は普通の人間と同じ能力しか持たない天才科学者兼経営者トニー・スターク。自ら開発した凄まじいパワーを発揮するパワード・スーツを身にまとい、いくつもの戦いを経て、メディアの前で自らが“アイアンマン”であることを明かしたトニー。そんな彼の前に、次なる試練が待ち構えていた。パワード・スーツの受け渡しを国家から命じられるが、トニーはこれを拒否したため、査問会へ出頭を命じられる。そんなトニー・スタークの存在に憧れながらも、同時に対抗心を燃やすウィップラッシュは、アイアンマンと同様の破壊力を身に付け、モナコGPに出場したトニーの前に現れる。その最大の武器である“エレクトリック・デス・ウィップ”は、一撃でF1カーを真っ二つにするほどの威力だった。さらに、次々と現れる正体不明の予期せぬ敵が、アイアンマンに襲いかかる…。
公式サイト
公式ブログ
アイアンマン2 - goo 映画
前作「アイアンマン」の記事

ironman207前作の最後で「I am Iron Man」と明かしたトニー・スタークさん、HEROなアイドルだわな。
そんな彼にも、人知れず悩み事があり、ダークな2作目です…というのはウソです。
悩み事は悶々とあるけれど、どこかコメディな雰囲気はおとしていない。
スタークさんちのハイテクなのが、私スゴく好きでして、それだけで楽しい。
アクションシーンも、派手にかましてくれてますし。
ですが…、今作さぁ、すごく眠かったのはなぜ?中盤、めちゃ眠かったのよ。
昨日は、昼寝もしたし早く寝たのになぁ。風邪気味のせいかしら?
悪役は、ミッキー・ローク扮するウィツプラッシュ。
予告にあったモナコGPで高圧電流ムチを振り回す姿はよかったんです。
大リーグ養成ギブス(古っ・注:巨人の星です)つけてんのも。
しかし、彼のスタークに対する復讐心というものも薄く感じちゃうし、ほんまは利欲に走ったのはスターク父ではなかったのかとかっていう想いも拭いきれない。
いいキャラなのに。物理学者というよりは、レスラーやっていたに違いない!なのよね。
あっけないような彼の結末は、ちょっと淋しいものがあったなぁ。
結局、彼は復讐だけだったの?
ironman205どこまでも、うざかったハマー。
立派に悪役なんです。
それでも、なんかどっか軽くて楽しいのがこの映画でしょう。
謎の女ナタリー。スカさんが予想外によかったですね。
アクションもばっちり決ってて、一番良かったかも。(⌒▽⌒)
スカさんが結びついてく相手が、あの方とはなぁ。それは予想してなかったな。
ペッパーさんとトニーの関係は、大人の線ひきが存在していて、イマドキにしては新鮮に映る関係です。
ironman202ironman208今回、匂わせ方が進歩(笑)パラジウムの毒素が体に影響していることを、ペッパーには言えないでいるし、社長の座も彼女に譲るのはそこらへんの思いがあってこそ。
そのために、ナタリーという秘書が必要になり、スカさんの登場と相成った。
前作で、かっこいいわぁ〜と思ったローズ中佐ですが、テレンスからドン・チードルに俳優さんが変わってしまった。
この役は、テレンス・ハワードがいいなぁとやっぱり思ってしまった。
アイアンマンスーツは今度だっていってた前作だったので、あこがれのこのスーツを着たローズ中佐♪
テレンスの顔だとスーツから、顔がはみ出すかもとは思ったけどね。

スタークさん万博は、上海万博より面白そうだよな。
続編です!という心構えでいったので、私は楽しめました。1よりは、どことなく整然としてないのが気にはなったけどね。
こういう映画は、やっぱり男性が多いのかな、デートでも行けると思うけど、ほとんど男。
第9地区のときみたいだった。

そんな彼なら捨てちゃえば?

お正月なんで、長編か軽い映画か?
アバターで目が疲れちゃったんで、軽そうなラブコメ。
女性が、男性をふりまくる映画かと思ったらそうでもなかった。
この邦題は、ちょっと違いまっせ!特に、女優さんが豪華な映画です。
karesute4そんな彼なら捨てちゃえば?
原題:He's Just Not That into You
監督:ケン・クワピス
製作:ナンシー・ジュボーネン
製作総指揮:ドリュー・バリモア、トビー・エメリッヒ、ミシェル・ワイス、マイケル・ビューグ
原作:グレッグ・ベーレント、リズ・タシーロ
脚本:アビー・コーン、マーク・シルバースタイン
音楽:クリフ・アイデルマン
上映時間:130分
出演者:ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ジェニファー・コネリー、ケビン・コノリー、ブラッドリー・クーパー、ジニファー・グッドウィン、スカーレット・ヨハンソン、クリス・クリストファーソン、ジャスティン・ロング、他
いつも自分が空周りして、一向に運命の相手に出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、同棲して7年になるのに結婚する気のないニール(ベン・アフ レック)と、本音を隠しているけど本当は結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)。幸せな結婚をしたものの、いまや家のリフォームに夢中なジャニーン (ジェニファー・コネリー)と魅力的なアンナ(スカーレット・ヨハンソン)と浮気する夫・ベン(ブラッドリー・クーパー)。メリーランド州ボルチモアを舞 台に、20〜30代の男女が織りなす恋愛ドラマの交錯を描いていく。お互いの心を読もうとする男と女は、例外はないという恋愛のルールを前にしても、自分 だけは相手にとって“例外”と信じて疑わない――。(シネマカフェネットより)
公式サイト

karesute5すべての恋は、女のカン違いから…?!
女のカン違いと男の本音が、おもしろおかしく入ってます。
痛いエピも多いですが、身に覚えがある?(笑)
女友達の励ましから、カン違いに至りやすい女たち。
原題は、彼はあなたに気がないだけ…みたいな題らしい。こっちがフィットですね。
私はねぇ、もうガツガツに恋♪なんて歳じゃないし、一応既婚者だし。
結婚していても、色々あるところも描かれてました。
アクションやSF、人殺し、はたまた複雑人間模様…映画の方が、やっぱり好みなんですが、気分転換にラブコメは観ます。
この映画は、ラブコメのジャンルですが、男女9人の群像ドラマなところもあります。
職場の同僚だったり、友人だったりとつながりがあったりね。
karesute3ジジは、どうも恋が上手く運ばない。
ベスは同棲して7年のニールと結婚したいが、ニールはそういうかたちを望んでいない。
ベンとジャニーンの夫婦は、学生時代からの付き合い、この頃なんかすれ違う。
メアリーは、出会い系にはまってる。
アンナは、スーパーで出会ったベンと惹かれあうが、ベンは既婚者だった。
karesute1ジェニファー・アニストン、ドリュー、スカヨハ、ジェニファー・コネリーとピン女優がたくさん出ているのも見所でしょうね。
ジェニアニは、結婚したい女、スカヨハは不倫をつきすすむちょい小悪魔、コネリーは神経質そうな妻とイメージとゴシップが、リンクしてるよーな??
恋的には、ジジのアレックスとの関わりと結末が、そうこなくっちゃねという雰囲気でした。ジジは、ちょっと女からみても困ったちゃんなんですが、こういう子いるなぁと思ってしまった。
karesute2ベンとジャニーン夫婦の話は、リアルかも。彼らは、結末を付けましたが、このまんまズルズルな夫婦って、日本では山ほどいると思います。
ずるいよ、アンタ!って思います。
ドリューが、実は端役っぽい扱いですな。
彼のジャスティン・ロングのサポートかしらん?
群像ドラマとして観られる分、よくできたラブコメだったなー。

それでも恋するバルセロナ

今月二度目なスカさん。これは、どこか彼女のイメージっぽかった。
どこか自由奔放な女でね。でも、ペネロペ&ハビエルには、負けてます。
ペネロペ・クルスがアカデミー賞助演女優賞をとった作品でもありますね。
そればっかり頭にあったら、ウディ・アレン監督作というのをすっかり忘れてました。
vcb1それでも恋するバルセロナ
原題:Vicky Cristina Barcelona
監督・脚本:ウッディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、ギャレス・ワイリー、スティーブン・テネンバウム
製作総指揮:ハウメ・ロウレス
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
美術:アラン・バネ
上映時間:96分
出演:スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケビン・ダン、クリス・メッシーナ、ザック・オース、キャリー・プレストン、パブロ・シュライバー、クリストファー・エバン・ウェルチ、ホアン・ケセダ、エミリオ・デ・ベニート、マネロ・バルセロ、ホセ・マリア・ドメネック、他
バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹(ひ)かれていく。そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、やがてクリスティーナとマリア・エレナにもある感情が芽生え始め……。
公式サイト

vcbarcelona3vcbarcelona5記事を書くのに、調べてたりすっと、いろんな発見があるもんなんですが、今回は原題をみて、ヴィッキーの名前があるのに、レベッカ・ホールのレの字も話題にされてないってかわいそーと思ったよ。
主役ともいえるのにねぇ。
ヴィッキーは、婚約者もいて、堅実な未来がお約束されてますが、どうもスペインの雰囲気にのせられていくとこが、面白く、途中退場かと思いきや、きちんと結末もつけてくれましたね。
vcbarcelona2ハビエルさん扮するファンは、えろ画家だねー(笑)
ファンと元妻マリアは、ともに芸術家であるというところが、なんぼ情熱のスペイン人でもっていうのをぬいてくれます。
映画的には、ナレーションが多く使われ、わかりやすいっていったらそうね。トントンと進むクリスティーナとファンの関係も、無理なくいく。
アメリカ女のひと夏のアバンチュールなような感もあります。
vcbarcelona04あれよあれよという間に、クリスティーナはファンと住みはじめちゃいまして、そこに元妻マリアの自殺未遂騒動から、3人が同居というけったいな事態になり、女同士の闘いが起こりそうだったんですが、お互いの才能を感化しあいながら、奇妙な関係に。
この辺が、とりだたされて評判になったんですが、もろに3Pとかいうシーンはないし、エロおやじとの絡みも、さらっといきまして、そういうのを期待するとダメよ。
ペネロペ&ハビエルはぬぎっぷりもいい俳優ですが、今回はさほどってことですよ(笑)→ハモンハモンが凄いねぇ(^^ゞ

スペインの観光も楽しめて、ちょっと行ってみたい気になりますね。
スパニッシュ・ギターは懐かしい。学生時代に、演奏する子がいました。この先輩に、えらくハンサムがいた。(結局、そうかい)
スペイン留学をした友人が言うには、ほんとにスペインの人って情熱的らしいですねぇ。
日本人は、いつまでも若く見えるから得なのよって言ってた。

キョーレツな愛だったりするんですが、軽さは健在です。
濃いスペインでも、軽い感じです。
vcbarcelona6ペネロペの役は、かなりの激情家。意外と出演場面も少ないんですが、確かに印象的でした。
もうちょっと観たかったなぁっていうところかしらね。
自分の感性で生きている芸術家って言うのと、堅実に結婚していこうとするヴィッキーたちの世界との対比構造と、いやいや似たとこがあるっていうのは面白いとこかしらねぇ。

私がクマにキレた理由(わけ)

今回のスカさんは、小悪魔ではない。
大学出たての就活中。エリート目指すものの、自分が何者か考え込んでしまう。
彼女の名前はアニー。日本語で言う子守のナニーと間違えられたことから、彼女のナニーがはじまった。
そこそこ楽しめます。脇役がいいね。
nanny6私がクマにキレた理由(わけ)
原題:The Nanny Diaries
監督・脚本:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
製作総指揮:ハーベイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル、ダニー・ウルフ
製作:リチャード・N・グラッドスタイン
原作:エマ・マクローリン、ニコラ・クラウス
音楽:マーク・スオッゾ
上映時間:106分
出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エバンス、ニコラス・リース・アート、ポール・ジアマッティ、ドナ・マーフィ、他
ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は、ひょんなことからマンハッタンのゴージャスなマダム、ミセスX(ローラ・リニー)に雇わ れ、彼女の幼い息子の面倒を見るベビーシッターとして働くことに。しかし、自由なニューヨークの生活を夢見ていたアニーは、自分勝手なセレブ一家に24時 間振り回されるハメになる。(シネマトゥディより)
公式サイト
私がクマにキレた理由(わけ) - goo 映画

久々に通して見た未見映画(爆)
ほんとは、違うのにしようかと思ったんですが、軽い方がいいかなっと。
原作はベストセラー小説『ティファニーで子育てを』だそうです。
冒頭、メリー・ポピンズふうで、ん?と思ったんですが、たいして違和感はなかったです。
nenny3スカさんが、その辺にいる女性を演じてるのはかわいかった。パンツみせのサービスもあったしね。
ナニーというお仕事は、映画の中ではよくでてくるし、それこそ普通の家庭でも高校生をバイトで雇ったりして、大人の世界を守ってますね。
そういうのを知るにつけ、羨ましく思いましたよ、もう、今や必要ないですけどねぇ。
NYのアッパーイーストで暮らしてるっていうのは、セレブというのは聞いたことがありました。
nanny5この高級マンションで暮らす家族というものが、また強烈でしたね。
まず、ミセスX。おもっくそタカビー。
これも、夫婦仲がよろしくなくって、ナニーに当たり散らし。
子守っていうより、もう雑用係のメイドと変わらんやん。
映画の中でも、ナニーには3つに分類されると言われてました。ここでは、24時間営業の子守り兼教育係。
彼女のような大卒のナニーなんて、やはり珍しいんです。
nanny2ミセスXは、いろいろ規則も設けてて、一応はお子様にお気遣いなさってますが、母親の端くれからみても、ダメな母親ですね。子供を知らんすぎ。チャリティだのセミナーだのお忙しいんですけど。
息子のグレイヤーは、ワガママなやんちゃ息子。アニーは振り回されながらも、グレイヤーと仲良くなっていき、グレイヤーもアニーを慕う。
裕福なご家庭でも、問題は多くって、アニーはきついミセスにも同情してしまう。
上品だとされるセレブですが、昔の貴族の話にせよ、かなりドロドロなもんはあるし、失礼甚だしいとこあるね。礼儀がどうのこうのって言いながら、なってないような描写の映画や小説多いです。実際は、どうなんだか知りませんけど、多いということはかなりの確率でそうなんでしょうねぇ。
nanny3ミスターXも、やっとこさ登場したものの彼女と顔を合わせようともしなかった。
この夫婦、圧巻ですね。
嫌らしくて絶妙な二人。
そんな中で、同じマンションの階上にすむハーバードの男性と知り合う。
定石!恋愛もきちんと絡む。
このハーバードくん、観たことあるわ、誰だっけ?と終始。クリス・エヴァンスだったとは〜〜。イメージとちがってセレブなエリートお坊ちゃまな役。似てるとは思ったんだよね、まさか本人だったとはねぇ。(^◇^;)
どっか短気で明るい肉体派っていう感じだもん。さわやかでよかったです
nanny4彼女の友人役に、アリシア・キーズも出てました。
で、クマ。
題名のクマさんは、もうエンディング近くでしたね。
クマにナニー監視カメラが仕込んであって、それに啖呵を切っちゃうアニーは予告でありました。
そのシーンが、あんな具合に使われて、エンディングはちょい拍子抜けな感はしちゃいました。
そこに行くまでの課程は、X夫妻がやらしーのと子役がかわいくなってくんで、面白かったです。
まっ、軽くどうぞ〜な一本だなと思いました。
アニーと母親との関係も、X家からは伺えないような絆はありました。その辺のさりげない対比もよかったかな。
中にはとんでもないのもいるんでしょうけど、子守のバイトっていうのは、この先の人生経験には有用だろうとは思われますな。

ブーリン家の姉妹

コスプレ映画は、好きなんですよね。
夏に、「エリザベス」「エリザベスGA」も続けてみたことだし、
そのプリクエともいうべきこの映画、観なくっちゃ!
久々のレディース・デーで、7〜8割は女性でした。このときばかりは、女に生まれててよかったなぁと思う(おおげさな)。
イングランド版大奥っていう感じもしないではないけれど…(爆)
boleyngirl1
ブーリン家の姉妹

原題:The Other Boleyn Girl
監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:ピーター・モーガン
製作総指揮:スコット・ルーディン、デビッド・M・トンプソン
製作:アリソン・オーウェン
原作:フィリッパ・グレゴリー
撮影:キーラン・マクギガン
音楽:ポール・カンテロン
美術:ジョン=ポール・ケリー
出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、マーク・ライアンス、クリスティン・スコット・トーマス、デビッド・モリッシー、ベネディクト・カンバーバッチ、オリバー・コールマン、アナ・トレント、エディ・レッドメイン、他
上映時間:115分
16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。 ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われ たアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。
ブーリン家の姉妹 - goo 映画
公式サイト

boleyngirl2この映画を観た後で、「エリザベス」を観たら、もうちょっとよくわかってたかもしれないですねぇ。
アンは、小悪魔的なイメージがついていて、
スカさんの方が?っていうイメージは、私もありました。
でも、ナタリーで正解でした。
観た人は、みんなそう思ってると思う。
この姉妹のお父さんは、新興貴族なので、さほど裕福な暮らしはしていない。
お母さんが、王の側近でもあるノーフォーク公爵の姉で、「愛」で裕福でないブーリン家に嫁いだわけです。
ノーフォーク公爵と父親が、ブーリン家の姉妹を男の子が生まれない王の愛人にし、両家の繁栄を画策したのが、はじまり。
利発なアンを差しだそうとし、アンもそれにのったわけで、彼女の運命はそこで方向付けられたのかもしれない。
boleyngirl3しかし、王が選んだのはメアリー。
メアリーは、すでに結婚していたのにもかかわらず、である。
一家総出で、宮廷に行くことを命じられ、一家の暮らしは激変。
母親だけは、どこか醒めてます。
王の愛人になるはずだったアンは、許嫁のあるヘンリー(ノーサンバランドン公爵)と恋人関係に陥り、秘密の結婚をし、許嫁のある彼であるため別れさせられフランスにいくことに。
この件をアンを想い、親に告げたのはメアリーで、逆にアンの憎悪を招いていた。王の愛人の件では嫉妬もあり、姉妹関係はぎくしゃくしていく。
boleyngirl4boleyngirl7
てな具合で、姉妹を中心に、憎悪と嫉妬と愛に陰謀がからんで、飽きない内容になってました。

フランスから帰ったアンは、「じらす」事で王を思うがまま操ってましたねぇ。
アンは、愛人ではなく王妃の座を得ることを、妹の例を見て思ったのかな。
寵愛がなくなれば、子供を産んでも私生児。
離婚を認めないカトリックから、イギリス国教会を成立させたのは、アン。
ローマから離れることで、イングランドはヨーロッパ諸国から異例の存在となってくわけで、敵も多くなる。
「エリザベスGA」でのスペインとの確執も、わかりやすくなる。

boleyngirl5boleyngirl6冒頭、仲のよいブーリン家の子供たち(姉妹と弟)が描かれ、彼女たちの行く末を考えると、哀しい。
特に、弟のジョージはかわいそう。大嫌いな王妃の侍女ジェーンと政略結婚させられ、姉アンの無理な頼みと指一本触らぬ夫への恨みから、残酷な末路をたどらされてしまう。
この件は、アンも末路に導いてしまう。
映画では描かれなかったけれど、そこにはきっと政略的宗教的陰謀があったはずだと思う。
boleyngirl9
アンは、聡明さと美しさで王の愛を得ようとしたが、メアリーは、人柄で得ようとし、最後まで王の信頼は彼女にはあった。そこらへんがアンにはなかったもの。
でも、姉妹は表裏一体をなしていたと…。

姉妹の葛藤とか、感情のもつれかたが、おもしろかったですねぇ。
豪華な衣装やセットも、よかったです。
boleyngirl8ナタリーとスカさんは、もちろんよかったです、
エリック・バナも、王らしい威厳もありながら、「世継ぎ」と女にふりまわされる男でした。
脇に徹してたというようなインタビュー記事を読みましたが、そんな感じでしたねぇ。
ジョージのジム・スタージェスは、「ラスベガスをぶっつぶせ」、12月にDVDの「アクロス・ザ・ユニバース」での主演がありますが、フレッシュな魅力でした。
メアリーの最初の夫ウィリアム・ケアリー役は、「つぐない」のチョコレート王。ジョージの嫌いな妻ジェーン役が、やはり「つぐない」のローラ。
くすっと笑えてしまいました。最初の夫は、ちぃーとかわいそうだったんですがね。 
ジェーンは、いけ好かんタイプな女性です。ジョージ曰く「へびみたい」だったし(爆)
諸悪の根源、振り回しまくりのノーフォーク公爵は、観だした英ドラ「ステート・オブ・プレイ」のスティーブン議員だったりするし。
メアリーを幸せにする次の夫ウィリアム・スタフォード(またウィリアムかい)役は、そのうち観る予定の「美しい母」の問題の息子役のエディ・レッドメイン(グッド・シェパード、エリザベスGAにも出てた)。そばかすが多いのよね。
あげだしたら、まだまだあるんですが、なかなか豪華なメンツ、若手の起用も多くて、楽しみもありました。

こういう大河的なコスプレは、やっぱし好きだわぁ。
面白かったです。
エリザベスよりは、彼女たちの立場的にも、個人同士の葛藤に焦点がいってるかな。

この後、ヘンリー8世は懲りずにあと4回結婚して、合計6人の王妃を迎えました。
3回目の結婚でエドワード6世をもうけたものの、夭折し、最初の妻キャサリンの娘メアリーが女王となり、次いでアンの娘エリザベス1世が誕生という次第でございます。
パンフ買ったんですが、それに相関図(DIAGRAM)がありまして(公式サイトにもあります)、
アン・メアリー・ヘンリー・ウィリアム・キャサリン・エリザベス・ジェーン・トマス…みんな二名以上いるんですけど…。
ジョージだけだったわ、一人だったの。ややこしいです。

タロットカード殺人事件

返却期限が定められていないオンラインレンタルは、
どーもズルズルやっちゃってしまう。10日は経ってるよなぁ。
つうことで、観ました。
原題:SCOOP (2006/英)
監督:ウディ・アレン
収録時間:95分
レンタル開始日:2008-03-19
夏休みを利用してロンドンの友人宅に滞在中のアメリカ人学生サンドラは、遊びに行ったマジック・ショーで、敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊に遭遇し、巷を 震撼させる連続殺人事件の犯人が青年貴族ピーター・ライモンであるという特ダネを明かされる。ジャーナリスト志望のサンドラはスクープをものにしようと、 三流マジシャンのスプレンディーニこと同じアメリカ人のシドと組んで上流階級のピーターに近づく。
公式サイト
タロットカード殺人事件 - goo 映画

マッチポイント」みたいに、サスペンスなドラマかと思ったら、サスペンスの要素もあるコメディだよね。
軽〜い。
切り裂きジャック以来の凶悪事件とは、映画で言っていても、死体はでてこん。
幽霊や死神は出てくるけど、違和感なくて、宗教色も恐ろしさもナシ。
scoop4ジャーナリストを目指すアメリカの学生にスカさん、うさんくさい老マジシャン(アメリカ人)にウディ・アレン、疑惑を持たれるイギリスの貴族の富豪の御曹司にヒュー・ジャックマン、幽霊になった新聞記者にイアン・マクシェ−ンといった配役です。
ほとんど、スカさんとウディ・アレンの会話。
早口でスカさんまくしたてまくりだし、ウディは回りくどくしゃべってみたり、ずれたようなテンポで、ユーモアをふりまく。

なんかね、会話の多さとか、むか〜しの映画みたいな感じがしてね、懐かしい感じがした。
二時間ドラマのようなお筋書きなんだけど、「練り」は感じられました。
片平なぎさと船越英二が、コメディちっくな会話をしながら、犯人を追うような感じではあるんですけどね(爆)
ハリウッドで流行の大どんでん返しというふうではないけれど、ひねってはありました。
それを揶揄するのか、「アメリカだったら、ヒーローなのに」なんてセリフもあったな。
紳士な富豪御曹司に、石油発掘してる父と娘なんてウソこいて近づいく。
セレブなみなさんとは、会話がどこかかみ合わない庶民な二人。
ばれるんじゃないかと心配でした。こっちの方が、ハラハラのサスペンス(笑)
スカさんとヒューさんは、段々、恋の模様。
実は凶悪犯なんじゃないかと近づいていくウチに、紳士な彼によろっときちゃう。
そうなると、女は割と理性がなくなってくる。
しかも、犯人が捕まったりするし。
scoop5scoop3エロなシーンはありません。
エロいといえば、スカさんの水着姿ね。これで、ピーターに近づいたんだもの。
この映画の最大の見所!
なんの装飾もないのが、Hよ、スカさんには。
(⌒▽⌒) あたしら、女には「色っぽいね」だけですけど。バスローブ姿やバスタオル姿もよいんじゃないの?
ヒュー・ジャックマンは、胸毛ある(胸毛は好きじゃない)。でも、まずまずイイからだよ。女はこっちよ。ケケケ

それまで、コンタクトはキライだからと眼鏡っこでいましたからねぇ。
事件の証拠探しも、どこかゆるめ。
事件の方は主題じゃないからねぇ。
幽霊さんは、天国へ行くのか、地獄へ行くのか知りませんけど
なんも喋らない死神と船に乗って航海中です。三途の川?
その船で、ピーターの秘書だった女性にあい、「彼が犯人だと思う」と聞き
記者魂がうずき、死神の目をかいくぐって、この世に出ちゃい、
マジックショーに引っ張り出されたサンドラに会い、探るよう伝えるっていうのが、事の始まり。

結末は、ハリウッド映画ではない雰囲気で、そうきたのかぁ〜でした。
秘書の毒殺か否かは、違ったんですかねぇ??
本人は、「毒殺されたと思う」って言ってたけど。
事件は、どうでもいい映画だから、まぁいいか…。
scoop1
ポスターとか、ウディ・アレンさん登場してませんが、
主役は、スカさんとウディ。
疑似父娘しながら、息のあった会話がポイントな映画でした。
軽く観られるし、時間も短いんで、いいです。
じっくりと会話のウィットやペーソスを楽しむのもまたよし。

雰囲気が、明るい感じもあって、観やすかったです。



ブラック・ダリア

収録時間:122分
レンタル開始日:2007-05-11
つてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。ロス市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近。仕事上でもバッキーは年長のリーに引き 抜かれ、特捜課でコンビを組み始める。そんなある日、身体を腰から切断され、口を耳まで切り裂かれた若い女の全裸死体が空き地で発見される。間もなく死体 の身元は、映画女優を夢見ながら娼婦まがいの生活を送っていたエリザベス・ショートだと判明。2人も事件の捜査に乗り出すが、リーはこの事件に異常な執着 を抱き始め……。
ブラック・ダリア - goo 映画
晴れたらいいね〜 10/02サーチ…マイアミ・バイスTV版とブラック・ダリア

↑ 有名な実在の猟奇殺人ということで、以前サーチ記事してましたね。
ジェイムズ・エルロイが、この事件を元に書いた本が原作。
実際の犯人は捕まってない。
猟奇的な意味合いは、少なくって、コレを探る警官たちの動向が主ですね。
血しぶき、ブッ〜とか、切断とかを期待してはいけなかった(笑)
上映時から、イマイチっぽいレビューだったので
期待せずに観ました。
なんだか、とってつけたような感じがする事件背景になってた。
バッキーとリーとリーの恋人ケイとの三人模様は、
なんか面白かった。
bkd1ジョシュとスカさんが、この時恋に落ちちゃったからかもしれんね(笑)
二人の雰囲気は、実にいい感じです。
惹かれ合ってるっていうのが、よぉくわかる。


bd1奔放なお金持ちの女マデリンを、ヒラリー・スワンクがしてるんですが、
ミリオンダラー〜のイメージとちがって、色気むんむん妖しい悪女の役。
確かに、雰囲気はでてるんですけど、なんかやっぱし…
スカさんの色気が、同じフィルムにあるから損ですね。
サービスショットも、スカさんより断然多いんだけどねぇ。
ジョシュが、彼女の肉体に溺れてく様っていうのも、彼女じゃなくても女ならダレでもよかったんじゃないかと思えてしまった(笑)

ジョシュ・ハートネットのイメージは、昔、あんましよくなかったんですね、
どっちかというと、サイアクでした
youngjosh←これのせいです

(『ヴァージンスーサイズ』ですよ)
なんで、これがモテ男の役なんよ…って。
おかっぱ頭もありましたねぇ。

シン・シティ』を観てから、ちょっと思い直すようになりました。
『ラッキーナンバー7』に期待してます!
コレ、観たかったんだよな〜。

マッチポイント

風邪がぁ、しつこいっ★
熱はないんだけど、(微熱はあるかなぁ、計るとしんどくなるから計ってない)
気管支系と頭がいかれてます。
早退して寝たら、ちぃっ〜と元気になったのでUPしやす。
( ̄ー ̄;
収録時間:124分
レンタル開始日:2007-02-02
アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり二人は結婚、クリスの人生は前途洋々に見えた。しかしクリスはトムの恋人・ノラとも浮気を続けていた。ノラを愛しているが、クロエが与えてくれるリッチな生活も手放せない。自分の人生を完璧にするため、クリスは殺人を思いつく…。マッチポイント - goo 映画

いかにも野心家というクリスを、ジョナサン・リース・マイヤーズがいやらしくやっていると思う。(好みじゃないし…笑)
スカさんは、SEXYですねぇ。この映画にはじめて登場したときも、印象的でした。小悪魔満開(*^o^*)
努力して上昇するのと、運をもってというのはちがうでしょう。
運も努力のウチかもしれませんけど。
この映画は、「運のある人、ない人」
会話のやりとりは、ボレーのようで面白かった。
イギリスの上流階級というのは、リッチね。
トムがノラと別れてからは、もう暴走ですね。
妻クロエは、子供が欲しい…。
そのために、「今からsexしましょう…」| ̄ω ̄A;
それを断って、朝っぱらからノラの所、会社の途中でも…
ノラとはがんばる!
肉欲はこっち。
肉欲の果てに、予期せぬ妊娠。
ここらへんのノラさんは、ちょっとウザイ。
殺害…
ノラと巻き添え食らった隣の老女の幽霊?とクリスが話すシーンがあるけど、これって妻をまちがえて喋ってるんじゃないか?とか勘ぐったんだけどねぇ。ちがいましたねぇ。
殺害してから、通行人とぶつかるところもあったんだけど
ナニもなかったね。
重要なのは、老女の指輪を河に投げるとこ
指輪は、柵にひっかかり河には落ちない。
あ〜これで「負け」、バレルと思わせておきながら
河に落ちたら「負け」だったというひねり具合は、上手いです。
冒頭、テニスのネットオンの説明で始まるしね。
警察も怠慢?というか、
クリスを疑ってはいたものの
指輪をもった容疑者も死んでしまっているし、
いいやんって私みたいでええんかいっ!(笑)
洗い直せば、ボロがでたろうになぁ。
強盗があったアパートって、最初にノラが言っているものねぇ。
隣人の老女とノラには、運がなかったですませばいいのかしらん。
ちょっとかわいそう。
犯罪サスペンスのドラマじゃないので、これでいいのかな。
運は、あると思いますよ。あたし。
運を開くには。掃除をしろとか書いてあったなぁ…
だから、私には運がイマイチなのかしらん(笑)
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ