晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

ヒュー・ダンシー

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

お買いもの中毒な私

お買い物の嫌いな女性は、少ないでしょう。
お店に行って買うのも、カタログやネットで買うのも好き♪
ファッション系は買わないようにと努めたならば、日用雑貨にはしり、最近はもっぱらDVDやらですな。消費者の鑑よ。
この映画の主人公ほどは、経済破綻してないですがねぇ。ある種の共感をもっちゃいますね。
きゃ〜♪と想ったのが、ヒュー・ダンシーが、でてた!
okaimono6お買いもの中毒な私
原題:Confessions of a Shopaholic
監督:P・J・ホーガン
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン、チャド・オマン、ロン・ボズマン
原作:ソフィー・キンセラ
脚本:トレイシー・ジャクソン、ティム・ファース、ケイラ・アルバート
撮影:ジョー・ウィレムズ
美術:クリスティ・ズィー
衣装:パトリシア・フィールド
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:105分
出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、クリステン・リッター、ジョーン・キューザック、ジョン・グッドマン、ジョン・リスゴー、クリスティン・スコット・トーマス、レスリー・ビブ、他
25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。レベッカは、毎日のストレスを大 好きなお買いもので発散していた。そして、月末になると請求書の山と支払い催促の電話に悩まされるのだった。こんな自分を変えたいと、一念発起したレベッ カは転職活動を開始。憧れのファッション誌に入るため、同じ出版社のお堅い経済雑誌の編集者として働き始めることに…。
公式サイト
お買いもの中毒な私! - goo 映画

最近、頭がぶっとんだ世界を構築しすぎてるんで、リセットにいいかもなぁと借りました。まぁ、女子サクセス&ラブコメにちょいとおしゃれが入って、ええやんみたいな。
okaimono1ラブっ気は、意外と薄めです。どちらかというと、彼女が買い物中毒から脱せるのか?っていうとこでしょ。
マネキンの誘惑に日夜負け、カードでどんどん決済。そのツケは、お取り立て。
当たり前でしょう。
カード限度額を超えたお買いものは、したことがないですな。
かわいいもんよ。
私、ポイント集めも好きよん。
okaimono2okaimono3お堅い経済雑誌の編集長ブランドンは、彼女の人と違う切り口にナニカを感じ、彼女を採用。レベッカは、あこがれのファッション雑誌と同じ出版社なので、異動を考えてという魂胆で入社。
レベッカのキャラっていうのが、女性コメディにあるような元気でどこかヌケてるけど憎めないという常套キャラなんですが、アイラ・フィッシャー、はまっています。
背の高い女性出演者が多いせいか、背が低くかわいくみえます。
彼女は記事を書いていない「ラブ・ダイアリーズ」にも出てました。(^^ゞ
ストーリー的には、安心して観られる映画。
okaimono4問題ありな主人公が、ひょんな事から仕事も恋も成功に近づくけれど、妨害があり、何もかも失い、おまけに親友まで失いかける。そして一転、問題解決し、恋も親友も取り戻す。ってな具合で(笑)
いわゆる悪人はでてこない。
タイトルメイクがどっかで観たなぁと思ったら、ブラッカイマー印でした。
プラダを着た悪魔の方が衣装担当で、鬼に金棒。
普通はNGな事かも…がOKに変えられるレベッカのキャラは、貴重。それも、バックの編集長の手腕もあるんでしょう。
hugh-dancy4okaimono5彼のキャラは、独立型王子ですね。経済界の重鎮な母がいて、実はセレブ。
ちょっと内向的に思い詰めたような役柄を多く観ていたヒュー・ダンシー、普通っぽいビジネスマンは、珍しいような気がします。新作映画「アダム」だっけかで、障害を持った人やってるしねぇ。
舞台はアメリカでも、この人も英国っぽさが残ってますね。
お買いもの中毒になってしまった原因であろうレベッカの背景も、ちらっとあって、納得。
1年間だけ父(教員)と同じ中学だったんで、地味〜に私服もさせられましてねぇ。その反動が、ありましたね。赤い(鮮やかな色彩)服が着たい!っていうのは、ありました。
あまり抑制はよくないですよ。
おまえに借金に比べたら、アメリカの借金は…は笑ったな。
私も、物欲に負けそうになったら、この映画を思い出さないとなぁー。
("⌒∇⌒") キャハハ

スリーピング・ディクショナリー

これね、いつものレンタル屋さんで、いつ見ても貸し出し中で気になってた。
(たぶん、紛失かなんかだと思う)
ヒュー・ダンシーが出てるんで、観たかったのよね。
ポストでレンタルのやつで借りました。
ジェシカ・アルバが、男子必見かもぉ。
スリーピング・ディクショナリーって、夜伽しながら言葉を覚えるための女性です。
外国語をマスターする近道は、外国人の恋人をもつことだと聞いてますねぇ。
私、そういう目に合わなかったので、日本語しかしゃべれないわよ。
スリーピング・ディクショナリー [DVD]スリーピング・ディクショナリー
原題:THE SLEEPING DICTIONARY
監督:ガイ・ジェンキン
出演:ジェシカ・アルバ、ヒュー・ダンシー、ボブ・ホスキンス、ブレンダ・ブレッシン、エミリー・モーティマー、他
発売日:2003-07-25
上映時間:108分
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
20世紀前半、インドネシアのボルネオ島。西洋文化を浸透させるために、イギリスから行政官ジョンが赴任した。島には、行政官たちのために代々受け継がれ ている秘密の習慣があった。言葉を覚えるために現地の娘と生活し、夫婦同然にベッドを共にすること。ジョンの元に送られてきたのは、若く美しい女性セリマ (ジェシカ・アルバ)。潔癖なジョンはこの風習とセリマを拒絶するが、聡明で自立心に富んだセリマに、じょじょに惹かれてゆく。やがてふたりは本当に愛し 合うようになるのだが……。 
スリーピング・ディクショナリー(2002) - goo 映画

sleeping5ヒュー・ダンシーが目当てで(爆)、あまり期待もせずに観ました。
優柔不断な男が、似合うねぇ。
ジェイン・オースティンの読書会、いつか眠りにつく前になどで好演してたおで、気になってたから観たの。ほぼ、出ずっぱりです。
もぉーどうやねんっと言いたくもなる役回りなんですが、
おんな目線だと、彼は母性本能刺激タイプですねぇ。ハハハ
私は、許しちゃうよ。
やっぱり、これはジェシカ・アルバの魅力全開な映画ですね。
ヌードもあるんですが、本人っぽい。でもボディダブルなのかしら?
脱がないと言ってるので、貴重かもね。
sleeping3色っぽいシーンが、前半に多いのですが、キレイな感じがします。
でも、思ったより濃厚ですよ(笑)
セリマは、母親もスリーピング・ディクショナリーをつとめて出来た子なので、英国人とのハーフ。だから、原住民とちょっと違和感のある顔立ちで、似合ってる。
異文化の民族との恋愛ものっていうのは、割と映画にしやすい素材でしょうね。
この映画も、大戦前の話だし、支配国と植民地の関係だし、障害が生じるわけですよ。
悲恋のような面持ちがありますね。
セリマの父親は…という秘密も明かされてきたり、取り巻く嫉妬の渦もあったり。
そこらへんは、ぼっーと観てたんですが…。
恋愛ものは、激しいというか、もっとどろっと濃い方が好きかもしんないです。
こーゆー恋愛ものが好きな人は、泣けるかも知んないですね。
sleeping1
とりあえず、彼らは別れさせられる。
お互い、別の人と結婚して…。
ジョンくんが、またボルネオに戻ってくるから、ややこしい。
ジョンくんの奥さん、扱いかわいそー。いい人なのにねぇ。
お母さんの方が、くせ者。

sleeping4映像は、エキゾチックな雰囲気がありながらもきれいだったし、雰囲気はいいです。
彼らが、愛し合いだすシーンは、いいですねぇ。
久しぶりに、綺麗なラブシーンを観たような気がした。(今までどんなんやねん)



sleeping2男性なら、絶対ジェシカ・アルバで何でも許せちゃう気になる映画です。
割と楽しんで観てしまいました。



ジェイン・オースティンの読書会

何を隠そう、これを観たかったのは、
脇役のケヴィン・ゼガーズ観たさというヨコシマさです。
トランスアメリカ」のイケメンっぷりに、
イイ子を見つけたとオバサンは喜んでた。
イイ映画だったので、未見の方はどーぞ。
ちなみに、ジェイン・オースティンの小説は一冊も読んでません。
まぁ、映画は観たな…。
jabookclub2ジェイン・オースティンの読書会
原題:The Jane Austen Book Club
監督・脚本: ロビン・スウィコード
原作: カレン・ジョイ・ファウラー
音楽: アーロン・ジグマン
製作: ジョン・コーリー / ジュリー・リン / ダイアナ・ナッパー
製作総指揮: マーシャル・ローズ
上映時間:105分
脚本: ロビン・スウィコード
キャスト:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、マーク・ブルカス、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、ヒュー・ダンシー、マギー・グレイス、ジミー・スミッツ、ケヴィン・ゼガーズ、リン・レッドグレーヴ、他

結婚歴6回を誇るバーナデット、ブリーダーで独身主義者のジョスリン、突然夫に離婚を切り出されるシルヴィア、その娘で情熱的なアレグラ、ハイスクールの フランス語教師プルーディが読書会を立ち上げる。取り上げるのは彼女たちの愛読書ジェイン・オースティンだ。ここに唯一の男性としてSF愛好家のグリッグ が加わり、オースティンの小説6冊を読み解いてゆく。それは6人それぞれが人生と向き合う体験だった。
ジェイン・オースティンの読書会 - goo 映画

jabookclub7作家ジェイン・オースティンと「読書会」は、むこうで流行ってるらしい。
jabookclub1読書会っていうのは、ホームパーティ形式で本を語り合う会のこと。だいたい月一回くらいで、一冊を決め、リーダーを選び、それまでに読み、自分の意見をきちんとはなすことらしい。ホームパーティだから、おいしもん持ち寄ったりして、食べるのよ。
オースティンの作品は、全部で6冊。だから、6人。
愛犬の死に嘆くジョスリンのために、元気づけに開こうと、友人バーナデッド、シルヴィアが思いつき、シルヴィアの娘アレグラ(同性愛者)の4人が旧知。
jabookclub9ブルーディとグリッグが加わり、会が催されていく。
この6人のいろんな問題が、ジェイン・オースティンの小説と絡ませて、進んでいく。
大きくは3つのカップルの話かなぁ??
ジェイン・オースティンの本は、読んでなくても全然平気でした。
読んだ人は、もっと面白いのかな。
jabookclub3その中でも、中核になってくるのが、ジョスリンとグレッグの関係だろうな。
SF大好きグレッグを、ひょんな事から知り合い仲間に入れたのは、ジョスリン。
ジョスリンは、ダンナに離婚を言い渡されへこんでるシルヴィアに、彼とカップリングしよう画策するけれど…。彼の心はジョスリンに向けられていて、ジョスリンも惹かれている自分がいるのに…。素直じゃない。
ヒュー・ダンシーが、よかったわっ♪

jabookclub6シルヴィアの方は、ダンナのダニエルに好きな人がいるからと別れを一方的に告げられ、かなりへこんでいたものの、いつしかふっきれ、きれいになってく。
ダニエル役のジミー・スミッツさん、どっかでみた!なんだっけ?
ベイル・オーガナじゃない!SWのレイアの養父になる人。SWネタも、グレッグがしてたなぁ。と、変なところで喜んでいたSWファン。
jabookclub5夫とうまくかみあっていないブルーディ。
実は、勤めている高校の生徒トレイに恋をしてる。
これが、ケヴィンくん♪
こりゃ、ぽっーとなりそって思うよ。
jabookclub4
キレイな顔してるもの。





ブルーディの性格付けは、変に堅い。
上から目線だったりする。
みんなと打ち解けられるのかなぁと心配になるような嫌なタイプに描かれてる。
でも、彼女の母親はヒッピー。
jabookclub8ダンナと若い彼。あぶないあぶない…
もうちょっと、ケヴィンくん観たかったよぉ。
予告でちらっとみてから、この映画は観なくっちゃと思ったもんね。
ホント、少ないけど、印象的でした。
ヒュー・ダンシーが、そのぶんイイ感じだったんでよし。
内容的には、まぁ肩の凝らない恋愛についてのドラマだったし、
ドロドロ愛でもない。
女性の年齢も様々だけど、中心は40代以上。
さばけたような感じがもてた。
いくつになっても、長年の夫婦のやり直しとか、考えるもんはあったような気はします。
うちんとこの夫婦は、平行線でいつか外れていくような気もしますけどねぇ。
(’-’*) フフッ・・
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ