晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

マーク・ウォールバーグ

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

12月に出る新作DVD&BD エンタメ映画勢揃いかな?

へぇ〜、もうあと一ヶ月ちょいでお正月ですか…。一年って早いなぁ。
今年は、自分にアクシデントが多かった(骨折とか)のですが、それはそれだし、新しい出会いもあったりして、それはよかったかなと思います。hobbit_the_battle_of_the_five_armies映画館は、機会はそれなりにあったのですがとんとご無沙汰してて、ホビットに始まりホビット(12/13〜)で終りそうです。(^◇^;)
一年のまとめな記事は、12月に書くとして、クリスマスからお正月ちゅうことで、公開映画も盛りだくさんなはずだけど、今頃の方が面白そうな映画があるよーに思えるな。お正月第一弾は、お子ちゃまに席を譲ってるんだろうなぁという感がぬぐえましぇん。第二弾の方がいつも観たい映画あるもんな。
DVD&BDは、エンタメ映画が揃ってます。ほんではいきます。

12/2
トランセンデンス [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ポニーキャニオン
2014-12-02
久しぶりな気がするジョニーさん。ほんでもって、SFもかなり久しぶりなご出演なんじゃないでしょうか。

ポンペイ [DVD]
キット・ハリントン
ギャガ
2014-12-02
監督は、バイオハザードのポールさん。どうも主演・ヒロインが無名っぽいです。脇にマトリックスの姐さんやジャック・バウワーの名前を発見しましたけんど。こういう歴史スペクタルっぽいもんは好物なんだけど…。

チョコレートドーナツ [DVD]
アラン・カミング
ポニーキャニオン
2014-12-02
口コミで上映館が増えた映画らしいですし、評判も良いです。これは観たいかなー。

12/3
マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アンジェリーナ・ジョリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
オーロラ姫は、エル・ファニング。アンジーはどうも監督業にご執心なようなので、女優さんとして観ておきたいなと思います。この姿似合いすぎなんだよねぇ(笑)王子は影が薄そうだよね。

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ホアキン・フェニックス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-03
監督は、スパイク・ジョーンズ。
評判が割と良い映画です。ただ、私は個人的にホアキンさんは苦手です。兄ちゃんは好きだったけど(単にイケメン好きか?)。

かぐや姫の物語 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-12-03
アニメのブランドなスタジオ・ジブリ。監督は、おもひでぽろぽろとかの高畑監督です。地井武男さんの遺作だそうです。そういや、高倉健さんの訃報は、びっくりしたなぁ。あの人って、未だ現役の仕事する役とか「男」が似合ってて、孫をお守りするじいさんなんて役は似合わなかったねぇ。

好きっていいなよ。 通常版 [DVD]
川口春奈
松竹
2014-12-03
娘のリク。今、人気沸騰中な福士蒼太!たぶんな、この映画でちゅーしまくる役のおかげで、今の会社休みますの雰囲気が作れるようになったと私は思う(爆)あたしゃ、三池監督の映画の方が観たいですけど…。

12/10
トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
マーク・ウォールバーグ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-12-10
キャスト総入れ替えな新シリーズ。これは、Blu-rayで観たい。変型シーンはBlu-rayがオススメです。地球は猿の惑星じゃないんだな…。


12/17
るろうに剣心 京都大火編 豪華版(本編Blu-ray+特典DVD)(初回生産限定仕様) [Blu-ray]
佐藤 健
アミューズソフトエンタテインメント
2014-12-17
つづきの「伝説の最期篇」は、1/21です。アニメ・マンガファンは、どーたらこーたらの思い入れはあるようですが、ひたすら佐藤健の身体能力を私は愛でたい。

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ポール・ウォーカー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
ポール・ウォーカーの最後の主演映画だそうなんで、ちょいと入れてみました。

ザ・ヘラクレス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ケラン・ラッツ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-17
まぁ、筋肉を愛でようかと(最近筋肉好きです、本人メタボだしか)。トワイライトの一番上の吸血兄ちゃんですね。神話ものも、好きなんだよねー。でも、期待はしてません。

12/23
イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
リチャード・アーミティッジ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-23
竜巻えいが!公開の頃ってさ、台風来てたように思うんだ。怖っ
主演は、ホビットのドワーフのトーリンじゃねぇか。この人て、素の顔って感じ変わるんですよね。共演に、ウォーキング・デッドやプリズンブレイクのサラさん。後は知らん(笑)最近、この手の映画減ったなぁ。

また追記するかもしれません。こんなもんかな。こん中では、クリスマス・プレゼントにくらさいっていうのはないのが、ちょっと辛いなぁ。

ローン・サバイバー

8月の終りに、この映画の事をすっかり忘れていたんですが、ミリタリー好きの人に「出た?」と聞かれて思い出した(DVDの情報屋さんか、私)。今月出るDVDに間に合ったんですわ。
ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦で、たった一人生き残った元隊員の手記を原作とした、実話に基づいた映画です。
でだ、映画を観る前からいっぱい死亡フラグがたってるわけで、生き残りは配役上この人しかおらんなっていうんもあって、ネタバレもクソも初めからナイのよん。ポスターに書いてありまんがな。単純にアメリカ万歳の映画でもないところが、よかったな。
戦争にHEROはいません。戦争は、嫌だな…。うん
lone_survivor1ローン・サバイバー
原題:LONE SURVIVOR
監督・製作・脚本:ピーター・バーグ   
製作:マーク・ウォールバーグ、スティーヴン・レヴィンソン、ランドール・エメット、サラ・オーブリー、バリー・スパイキングス
製作総指揮:ジョージ・ファーラ、サイモン・フォーセット、ブレイデン・アフターグッド、ルイス・G・フリードマン、アディ・シャンカル、レミントン・チェイス、ステパン・マーティローシアン、マーク・ダモン、ブラント・アンダーセン、ジェフ・ライス   
原作:マーカス・ラトレル、パトリック・ロビンソン共著『アフガン、たった一人の生還』(亜紀書房刊)
音楽:エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ、スティーヴ・ジャブロンスキー
上映時間:121分
出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ、アリ・スリマン、アレクサンダー・ルドウィグ、ジェリー・フェレーラ、ユセフ・アザミ、サミー・シーク、ローハン・チャンド、他
Lone-Survivor-Movie-Website-Banner_revised2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズは200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまう。それは世界最強の戦闘能力を持つ精鋭部隊といえども、死に等しい絶望的な状況だった。そんな想像を絶する極限状況の中、一人の兵士が生き延び奇跡的に生還する。
公式サイト
アフガン紛争wiki レッド・ウィング作戦wiki

largelone_survivor4冒頭は、シールズへの厳しい道程で、ここら辺は他の映画で見たり読んだり聞いたりしていたので、わっ厳しいとか凄まじいなとかそういう思いは、なかったです。でも、これがあったからこその彼らの行動原理が伝わるものは大きかったと感じます。肉体的にも精神的にも合格したものしか入隊できない。仲間より自分を優先させる者は×です。
また、任務に就くまでに、彼らが本国に大切な人たちがいることは、感情を動かせるもののひとつだね。
偵察が任務で、期あらば残忍な幹部のアフマド・シャーを射殺OKだった。偵察中に山羊飼い達に出くわしてしまい、彼らを射殺するかどうするかで、もめたが、電波状況が悪く、彼らを解放したところで事態が大きく変化してしまった。
lone_survivor3中盤時点で、満身創痍の誰がいつどうなってもおかしくない状態にまで追い込まれていく。
動くかぎりは、諦めずにいく…。
精鋭部隊だけに、銃の命中度はタリバンの兵士よりは抜群にいい。でも、人数が違う。地形は不利。
ブラック・ホーク・ダウンに似たタイプの映画だなぁと。記事を書くのに、あちこちで調べもんとか画像探しをするときにそう書いてあったんであながち間違ってなかったなぁ。エリック・バナを観て、まずそう思ったんですね(ブラック・ホーク・ダウンの出演者だもん)。
lone_survivor2作戦に関わる4人もですが、なんでみんなヒゲ面なんかなっていうのは、あの戦場カメラマンが謎を解いてくれてた。映画を観る方は、ひげ面は顔の判別がしにくいんでヤなんですけどね。今回は、人数も少ないし髪の色とか違うので楽でした。
坂を転がり落ちるシーンとかリアルで、骨の一本や二本折れてるはず。今年、腕の付け根を骨折したんですけど、上げたいのに手が上がらなかったですからねぇ。これはマズイと即思いました。
指を吹っ飛ばされても、なんとかして銃を撃つ。打たれた傷には泥を塗って止血する。
この人は、ここで…と思ったシーンが何度かあってからでしたね、それは。
結果は、ある程度わかっていても、緊張感のある画面が続きました。なんとでも書けることだけど、コレは観た方がいい。戦争ってこんなもんなんだよ、たぶん。
lone_survivor7そして、命をかけてマイケル。マーフィー大尉が衛星電話で急を連絡したことは、さらなる悲劇につながってしまう。けれども、それも間違いではない。
援護に来たヘリは、待ち伏せをされ撃墜されてしまい、あっけなくバナさんも新入りも16名が木っ端みじんになってしまう。うわっ☆でした。
マーカス・ラトレルは、追ってきた敵を何とかやり過ごし、重症を負いながら水場にたどり着く。そこで、手をさしのべたのはアフガニスタン人だった。
lone_survivor5彼の村の掟もあり(「助けを求めてきた客人は、どんな犠牲を払っても守り抜く」)、マーカスはひとときの安息をもらう。アメリカ軍にも連絡を入れてくれる。
が、この村が危険にさらされてしまう。それでも、彼を守ってくれるんだよねー。
無頓着に世界情勢を眺めていると、見失いがちになるのですが、アフガニスタンという国の人がすべてタリバンの手の下ではないわけだ。
助かるとわかっていても、ドキドキしましたね。
ある程度展開が明示されているこういう映画は、やっぱり観て感じて欲しいところです。
実話ベースというのは、どこかずっしりくるものがありますし。
軍に対しては、さておき、シールズたちの仲間同士の連帯感と誇りを感じます。
lone_survivor6←こっちが本物の彼ら。
配役に関しては、マーク・ウォールバーグは狙撃手の映画でとったし、テイラー・キッチュもバトルシップと兵士は経験済み。この映画で、テイラー・キッチュはなぜかしらヘムズワース兄弟に似てるなーと思っちまいました。
久々に、ズシンと来るものがあった映画です。実話は強いな〜。

テッド (吹替え版)

久しぶりの映画館。レディスデーは、盛況でした。いつだったかの水曜日は、こんなに混んでなかったなぁ…。新公開の映画を尻目にこれです。
この映画、日本でウケてますねぇ。
縫いぐるみのクマの映画ながら、堂々のR15+指定。下ネタのオンパレード。
楽しかったのは、映画ネタ。知っているとより楽しいでしょう。
ted1テッド
原題:TED
監督・脚本・製作・原案:セス・マクファーレン   
製作:スコット・ステューバー、ジョン・ジェイコブス、ジェイソン・クラーク   
製作総指揮:ジョナサン・モーン   
脚本:アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド   
音楽:    ウォルター・マーフィ   
ナレーション:    パトリック・スチュワート
上映時間:108分
出演: マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン(声の出演)、ジョエル・マクヘイル、ジョヴァンニ・リビシ、パトリック・ウォーバートン、マット・ウォルシュ、ジェシカ・バース、エイディン・ミンクス、ビル・スミトロヴィッチ、ノラ・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、トム・スケリット、ブレットン・マンリー、ラルフ・ガーマン、アレックス・ボースタイン、ローラ・ヴァンダーヴォート、ジェシカ・ストループ、メリッサ・オードウェイ、レイ・ロマノ、ライアン・レイノルズ(クレジットなし)、テッド・ダンソン(クレジットなし)、他
ted21985年、ボストン郊外。誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンに「一生親友だよ」と約束する。しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する……。それから27年。ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。少年時代の約束通り、親友として今日も自宅ソファーで自堕落で低モラルな毎日を送るジョンとテッド。そんな中、ジョンは4年間付き合っている彼女ローリー(ミラ・クニス)から、自分かテッドのどちらかを選ぶよう迫られ、テッドから自立することを決意するが……。
公式サイト
テッド - goo 映画

最近のシネコンは、発券が自販機でして、時間も字幕/吹替えも間違って買っちゃった。お昼を食べてから観たから、眠くって困っちゃったわ。そんなとき、吹替えだと台詞だけでも、頭に入っては来るね。
ted9日本人は、カワイイもんが好きでしょ、クマのぬいぐるみなんて好みですよねぇ。(テディベアと言おうよ)
字幕もそうらしいんですが、吹替えも町山智宏さんの監修で、ガチャピンや星一徹にくまモンも台詞に登場。そんなとこらへんも、親しみやすいのかな。海外のコメディは、ちょっとハードルがある部分がありますんで…。バラエティ番組なんかは、ごく一部しか入ってこないし、ドラマだってそうです。そういう話題が、会話に出てきてもピンとこないですから。
いじめられっ子より、どうよって感じの相手にされてない子ジョンの祈りが通じて、クリスマスプレゼントのテディベアがしゃべり出す。
ted6ted4テッドは、一躍スターに。それでも、ジョンとの友情は変わりなくあった。そんなセレブなテッドも幻惑キノコで逮捕され(爆)、ダラダラ…。
子供時代は、両方とも子供の声でしたが、おっさん声になりました。
映像的には、ヤク中シーンとかはいけないでしょうけど、そうやばい映像はないと思います。心はおっさんぽいぬいぐるみが、違和感なく溶け込む世界というのも、なかなかあるようでないですわよね。
でも、かなりの下ネタをさらっというか日常的に出まくってるんで、大人オンリーで楽しむ映画ですね。結構、モロとか際どい。
下ネタは、耐性があるので全然平気の範囲ではありました(笑)
ted7フラッシュ・ゴードン』ネタは、出演者のサム・ジョーンズも本人役で出演しているので、気になるところです。実のところ私も、未見。録画してあるんですけどね。クイーンのテーマソングくらいは、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。(なおフッシュ・ゴードンはポルノ映画です)アメコミのヒーローもんというだけで、なんとなくそれでよしでもあるわよね。
ジョンとテッドは、よく映画ネタを話します。
SF映画が多いですが、ちょっと古め。トップ・ガンエイリアン2などの有名なもんもあるし、知っているとフフとなりますね。
色々兼務なセス・マクファーレンの映画愛ですよね。
テッドを手に入れたい変な親子とか、B級映画に出てきそうなキャラだし。
ted8ted3ジョンとテッドの雷兄弟に、ジョンの4年越しの彼女ローリーは「自立」を迫る。
テッドが、スーパーで働くっつうのもおかしいけれど、ここの店長の変さも際立つね。
レディースデーだし、女性の占拠率がどうしても高いんですが、女友だち数人でというパターンが多かった用にも思います。
なんだか、ダイ・ハードは観る気が起んなくって、隙間に見る事も出来たのですが、千円出すのもいいや〜って。なんでかわかんないです。
見逃してるトラの方は、時間が合わなかった。
ted5主人公と人間ではない何かとの友情の映画ということで、あらかた予想はつくところはあります。
下ネタ満載ゆえ、笑いどころはズレたりもしますが、なごやか〜な雰囲気っていうのは、私の映画館での鑑賞傾向からいうと珍しいです。
ほろっと泣かれる方もおられるようですが、なんかしら笑えるクマですね。ぬいぐるみの負傷っていえば、綿がでるんだよなぁとしみじみ思う。
久しぶりに、着想の面白い映画だったなって思いました。
吹替えのテッドは、有吉さんだったんですが、いい感じでした。歌が出てくるところは、さすがに声の違いを耳にしましたけどね。概ね、みんなの反応もよかったようです。
マーク・ウォールバーグは、サル顔だと思うし、たまに猿と書いたりしてましたが、猿の友だちがクマねぇ。そういえばガチョウの名前は、ジェームズ・フランコだったな。
ノラ・ジョーンズやライアン・レイノルズとか、面白い出方しちゃうのねぇ。

※声の出演メモ
( 役名     俳優     日本語吹替)
テッド(声)     セス・マクファーレン     有吉弘行
ジョン・ベネット     マーク・ウォールバーグ    咲野俊介
ロリ・コリンズ     ミラ・キュニス     斎藤恵理
レックス     ジョエル・マクヘイル     三木眞一郎
ドニー     ジョヴァンニ・リビシ     落合弘治
ロバート     エイディン・ミンクス(英語版)     沢城みゆき
ガイ     パトリック・ウォーバートン     立木文彦
トーマス     マット・ウォルシュ(英語版)     大塚芳忠
タミ・リン     ジェシカ・バース     小島幸子
フランク     ビル・スミトロヴィッチ(英語版)     飯塚昭三
スティーヴ・ベネット     ラルフ・ガーマン(英語版)     相沢まさき
ヘレン・ベネット     アレックス・ボースタイン     安達忍
ターニャ・テリー     ローラ・ヴァンダーヴォート(英語版)     弓場沙織
若年期のジョン・ベネット     ブレトン・マンリー     田村睦心
若年期のテッド(声)     ゼーン・コワンズ     釘宮理恵
ジーナ     ジンジャー・ゴンザーガ     てんちむ
トレイシー     ジェシカ・ストループ     福田桃代
ミシェル     メリッサ・オードウェイ(英語版)     今泉宏美
本人     サム・J・ジョーンズ(英語版)     羽佐間道夫
ノラ・ジョーンズ     松本梨香
トム・スケリット     岩崎ひろし
ミン     ロバート・ウー
アリックス     ジョン・ヴィーナー(英語版)     明平鉄平
ニュースキャスター     マイク・ヘンリー(英語版)    
ウェイター     ダニー・スミス(英語版)    
ナレーター     パトリック・スチュワート     富田耕生
ジャレッド     ライアン・レイノルズ(カメオ出演)

ザ・ファイター

アカデミー賞の映画紹介を観てて、観たくなった作品。
クリスチャン・ベールの怪演と「フローズン・リバー」の記憶も(わたしは)新しいメリッサ・レオの困った母ちゃんぶりは、評判に違わないもの。
そーいえば、「あしたのジョー」は行かなかったわっ!大昔にアニメの劇場版を観に行った事ありますけどぉ。
ボクシング映画といえば、ロッキーもだったね。これは、家族の問題がより深く、実在のお話に基づくものだそうです。
fighter1ザ・ファイター
原題:THE FIGHTER
監督:デヴィッド・O・ラッセル
製作:デヴィッド・ホバーマン、トッド・リーバーマン、ライアン・カヴァナー、マーク・ウォールバーグ、ドロシー・オーフィエロ、ポール・タマシー   
製作総指揮:タッカー・トゥーリー、ダーレン・アロノフスキー、レスリー・ヴァレルマン、キース・ドリントン、エリック・ジョンソン   
原案:キース・ドリントン、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン   
脚本:スコット・シルヴァー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン   
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ   
音楽:マイケル・ブルック   
音楽監修:ハッピー・ウォルターズ、シーズン・ケント
上映時間:116分
出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー、ビアンカ・ハンター、エリカ・マクダーモット、デンドリー・テイラー、ジェナ・ラミア、フランク・レンズーリ、マイケル・バッファー、シュガー・レイ・レナード、他
fighter6マサチューセッツ州の労働者の街ローウェルに、性格もファイティングスタイルも全く違うプロボクサーの兄弟がいた。兄のディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)は、かつては実力派ボクサーとして活躍、現在は弟のトレーナーに専念している。外向きにはユーモアとカリスマ性に溢れた男だが、実は傲慢で欲望に弱く、数年前に手を出した麻薬に今ではすっかり溺れていた。一方、父親違いの弟ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)は、ボクシングの全てを兄から教わった。だがミッキーは、兄とマネージャー役の母アリス(メリッサ・レオ)の言いなりで、彼らが組んだ明らかに不利なカードで一勝もできず、不遇の日々を送っていた。ある日、ミッキーはバーで働くシャーリーン(エイミー・アダムス)と出会う。声をかけたのはミッキーだが、気の強いシャーリーンに押し切られるような形で二人の関係は始まった。そんな中、ディッキーが窃盗の現行犯で逮捕され、既に逮捕歴のある彼は実刑となり、監獄へ。ミッキーの父は息子の将来を案じ、別のトレーナーに話をつけ、ミッキーは家族と決別、シャーリーンと共に新しい人生へと旅立つ決意をする。スポーツ経験のある彼女の献身的なサポート、新トレーナーの訓練メニュー、そしてミッキーをスターボクサーにするための対戦カードが功を奏し、ミッキーのまさかの連勝が始まった。だがたとえ刑務所の中にいても、兄は弟の専属トレーナーのつもりだった。やがてミッキーの世界タイトルマッチへの挑戦が決定、時を同じくしてディッキーが出所する。
公式サイト
ザ・ファイター - goo 映画

今回、強行スケジュールでして、最初の予告編集が観られませんでした。
(そのくせ、しっかりコーヒーは買っている)
マーク・ウォールバーグのミッキーが、主役なんでしょうが、なんせ脇が濃い。寡黙で振り回されている弟という役どころなので、よかったです。
fighter4クリスチャン・ベールは、減量してなおかつ歯並び・髪の生え際まで変えてしまうという凄さ。
以前に、彼は脇を引き立ててる主演俳優てなことを書いた事があるんですが、今回はまさに逆でしたね。
元は、天才的なプロボクサーであったディッキーも、いまや麻薬に溺れ、弟ミッキーのトレーナーでありながら、練習には遅刻してくる。
母親は、マネージャーだが、兄の過去の栄光から、どうみても兄に甘いし、対戦相手の選び方がミッキーを潰すようなものだったり、むちゃくちゃでございます。
この家族、母親が離婚再婚を繰り返しているものだから、異父兄弟姉妹9人。姉ちゃん7人で、まぁうるさい(笑)誰も、自立してないのかいって思った。
fighter3fighter5そんな中で、ミッキーは、バーで働くシャーリーンと出会う。
シャーリーンも、また気が強い!
あの母親&姉ちゃん軍団に、ひけをとらない強さは、姑・小姑VS嫁の戦国の図です。
こういう環境に育った男性って、やっぱりどこか母親に似た強い女を捜してしまうんでしょうねぇ。
それでも、頭のいい彼女は、ミッキーにとって何が障害になっているのか、察しているわけです。
試合シーンに、ヘヴィな今ではクラシカルなロックを流されるとねー、ノリノリになってしまいますねぇ。ハハハ でも、題名が…の曲ばっかりでした。聞いたことあるんだけど!そこらへん早く解決したい。(ToT)
そして、事件。
兄は、窃盗罪で逮捕される。そのとき、弟は警察に拳をやられてしまう。
案ずる父の助けもあり、ミッキーは家族と切り離した環境で再起にかけ、成果を上げていく。
ディッキーは、リハブで薬物を抜き、刑務所ですごす。
決して、ミッキーはこんな困った家族たちを嫌ってるわけじゃないんだよね。兄に対しては、やはり敬意は捨てていないと思う。自分に、ボクシングを教えてくれた人ですから。
とはいえ、やはりプロボクサーには、悪影響の人たちだ。
fighter7後半あたりの展開が、加速がついてきて、心のジャブの応酬なようで、面白かったですねー。クライマックスは、世界チャンピオンへの挑戦の試合。
子役・動物ものと同じくスポーツの試合もんは、あかんねぇ。もう、すっかりその気。
泣けてきましたもん。
エンドロール前だっけかに、ご本人の兄弟のインタビューが入っていて、うわっ★キャラ一緒だわと感動しました。
こういう映像が入ると、一層、これはリアルなお話だったんだよ〜って思えますね。
ロッキーとかと、また違ったテイストで楽しめる映画でした。
.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○
この映画を観る前に、わたしはそれこそ親族と悪い関係に陥りまして、というか前から兆候はあって、わたしがとうとう爆発したといっていいのかな。
どうして、こう嫌な思いをさせてくる人っているんだろう。反対に意固地にならざる得なかった。それこそ、ACの金子みすゞの詩のCMじゃないけどって思った。
違う親族に慰めてもらって、ちょっとスッキリしましたけどね。しばらく、口をきかないようにするだけのことだわ。あはは

デート&ナイト

なぜか、ナイト&デイに合わせてのソフトでしたね。
原題もまんまでした。夫婦として、安定してるし、家庭もそれなりに平和だけど、どこか倦怠感もある夫婦が、子供を子守に預けて、二人だけのディナーを楽しむ。
日本では、子守に子供たちを「寝かせてね〜」と頼む光景は、一般的にない。そういう子守のバイトもないです。
洋画や海外ドラマでは、よく目にする光景だけどね。そこで、事件に巻き込まれちゃうというわけですな。
何気に、豪華な出演者には驚くなぁ。
date_nightデート&ナイト
原題:DATE NIGHT
監督:ショーン・レヴィ   
製作:ショーン・レヴィ   
製作総指揮:ジョー・カラッシオロ・Jr、ジョシュ・マクラグレン、トム・マクナルティ   
脚本:ジョシュ・クラウスナー   
撮影:ディーン・セムラー
音楽:クリストフ・ベック
上映時間:88分
出演:スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ、マーク・ウォールバーグ、タラジ・P・ヘンソン、コモン、ジミ・シンプソン、ウィリアム・フィクトナー、レイトン・ミースター、J・B・スムーヴ、クリステン・ウィグ、マーク・ラファロ、ジェームズ・フランコ、 ミラ・クニス、他
NY郊外で暮らす倦怠期のフォスター夫妻は超人気レストランを訪れるも、満席で意気消沈する。だが予約席の人物が来店しないのをいいことに、その名を名乗って勝手に席をいただくことに。優雅にディナーを楽しむ彼らだったが、突然謎の男たちが現れて「ブツを返せ!」と、銃を突きつけてきた!この席を予約していたヤバい連中と人違いをしているらしい。何とかその場を切り抜けて街中を逃げ回るハメになった夫婦は、やがてマフィアや警察までもが絡む大きな事件に巻き込まれてゆき……。
FOXDVDサイトより

スティーヴ・カレルとティナ・フェイが、息のあった夫婦フィルとクレアをやってます。読書会なんかにもでちゃってる夫婦で、そこで友人夫婦が、離婚することを聞く。この友人が、マーク・ラファロ。
夫婦とはいえ、同居人(ルームメイトって言ってたね)になってしまったからと。
そんなことから、定期的に行ってるらしいデートナイトは、NYはマンハッタンの超人気シーフードレストランにおめかしして行く。
date_night4予約でいっぱいの店で、空きがあるわけない。呼び出しに答えのない客になりすまし、まんまと席に着いてしまった事が、不幸(?)の始まり。
銃を持った二人の男に、脅され、追いかけ回される羽目になる。なぜか、切り抜けて逃げ切る(笑)
どうも、予約していた客が関係あるらしい…という展開で、マフィアのボスの名前は出てくるし、やばそうなのだが。この二人は、なぜかNYPDですよ。
date_night2不動産業をしているクレアは、顧客にセキュリティ関連の仕事をしているというホルブルックを探し、逃げ込む。
なぜか半裸なマーク・ウォルバーグ。ハイテク機器もお持ちなら、車も色々。セクシー美女も。元軍人とか刑事が言ってたけど、ほんまはスパイ??
半裸なのは、マークくらいでしょ。トークは限りなくエロネタ満載ですが、あっけらか〜んと観られてしまいました。露骨にエロいシーンはありません。どうも、エロねたトークはアドリブも多いみたい。
date_night5ホルブルックスのおかげで、探し当てた元の予約カップルは、ストリッパーと泥棒。
これが、J.フランコとミラ・クニスという取り合わせで、「返せ」といわれたいたものも、ホイっとフィルに渡して、とんずらします。
まぁ〜、これだけにご出演。
ミラ・クニスとナタリー・ポートマンの「ブラック・スワン」、楽しみですな。J.フランコのシリアスもん「127時間」も6月に公開予定のようで、観に行きたいなぁ。その前に、司会やってるアカデミー賞を観ますわん。
date_night3へんてこカーチェイスも、大がかりなものですが、全体がゆる〜としてるし、会話も多いんで、気楽なムードです。
いくら、主人公たちがアブナイ目にあっても、心配はしないですね。
マフィアが経営するストリップ・クラブに乗り込んで、あれよあれよと解決してしまうんですが、一体ホルブルックスこそ何者なんだよ〜っていうのが、残りましたです。
やたら、かっこよく筋肉みせてるだけなんですけど。顔は、サル顔だけどさ。
Date_Night6マフィアのボスは、レイ・リオッタさんだったんですが、ノン・クレジットでしたね。カメオになるのかなぁ?
実は変態なほうきを持った検事が、マホーンさんじゃあーりませんか。参)プリズン・ブレイク
終始、鋭い目つきはなし(爆)
よくもまぁ、こんだけ俳優さんをあっちやこっちに配したもんですわ。
監督さんは、ナイト・ミュージアムの監督さんだったですねぇ。
この映画は、やっぱし日本未公開、DVDスルー。
スティーヴ・カレルは、とぼけた雰囲気が割合好きですねぇ。

ラブリーボーン

PJ監督は、LOTRで知り、DVDのてんこ盛り特典のおかげで、作品に対するその姿勢とか諸々でファンです。ほんでもって、「つぐない」ははまって観ましたからねぇ、子役というより女優なシアーシャ・ローナンが出てますし、見逃せないですよ。
相変わらずのビジュアルつくりのうまさは、むこうの世界で存分に堪能できました。
あ〜これで原作を読めるっ!
相変わらず、ネタバレがでてくるので、よろしく!
lovelibones1ラブリーボーン
原題:The Lovely Bones
監督:ピーター・ジャクソン
製作:ピーター・ジャクソン、キャロリン・カニンガム、フラン・ウォルシュ、エイメ・ペロンネ
脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ,テッサ・ロス、ケン・カミンズ
原作:アリス・シーボルド
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:ブライアン・イーノ
上映時間 :135分
出演:シアーシャ・ローナン マーク・ウォールバーグ,レイチェル・ワイズ スーザン・サランドン スタンリー・トゥッチ マイケル・インペリオリ、他
スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感 に苦み、家を飛び出してしまった。スージーは天国にたどり着く。そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。スージーは、自 分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願うのだった…。
公式サイト
ラブリーボーン - goo 映画

lovelibones2原作本も持ってるんです。前売り券もあるんです(ToT)
まぁ家庭の事情で、行けなくなってしまいまして、おまけのストラップを買ったということにしています。
この作品が、評価われしてるのは知ってます。わかる気がしますね。結末が、サスペンス脳では満足できないと思う。
とはいえ、すごく映像的に難しい作品だと思います。
包んでいるものは、家族の愛だったりするにもかかわらず、猟奇殺人が絡んでるし、もっとふげぇな描写もありかと思ったのですが、それはなかった。
なんせ主人公の少女は、襲われて殺されてるんですもん。
PJ監督は、血まみれ描写は容赦がないと確信していただけに、あれ?なとこはあったんです。
でも、シアーシャ・ローナンのそういうのはあまり観たくない気もします。
lovelibones5ごくごく普通に幸せな家庭だったサーモン家、その長女スージーは、14歳で、今まさに恋を知ろうとしていたところだった。
好きな人ルイにデートに誘われ、少しばかりるんるん気分でトウモロコシ畑を歩いていたところで、近所のキライなおっさんハーヴィに遭遇します。
言葉巧みにのせられてしまうスージー。
lovelibones4この犯人ハーヴィに、スタンリー・トゥッチで、アカデミー賞助演男優賞にノミニーされました。好きな俳優さんなんですが、ほんまにキモいんです。
スージー亡き後、妹のリンジーにまで狙いをつけます。そして、これまでの犯歴もスージーはあちらの世界で知ってしまう。警察も家族もそれは知らない。
ハーヴィが制作しているドールハウスは、なかなか手が込んでいて、あーいうの欲しいです。
自分が住むとちらけてしまうし、ちょっといい家具は買えないし…憧れが昔からあったので、じとっーと観てしまいました。
スージーが、事件に遭遇するまでの描写が結構長いです。これは、ある意味エンディングに係わるなぁと感じますね。
でなきゃ、犯人がなぁ、罪を償うといった描写のないのは、肩すかしだと思うのが強まる。これでも、そう思う人が多いのはさっき知った。私としては、ボーンという表題にみえてるのだから、ボーンは浮かびだしてあげて欲しかったな。そこは、スッキリ感がない。
昨日の記事にも少し書いたが、ちょっぴり仏教観な気もします。
話しかけることもできないゴーストなスージーは、家族の再生を願います。
犯人への復讐とかそういったものは、超越してしまうものなのかもしれない。
犯人を導くことを手助けはしているようですが…。
リンジーの犯人宅侵入はドキドキしました。助けてあげて〜と思ったよ。
lovelibones6その前に、父がトウモロコシ畑にハーヴィが行くのを尾行し、反対に重傷を負ってしまうのは、辛かったし、あそこも助けてあげて〜と思いましたね。
結果的に、母親が帰ってくることになってよかったけど。
何年経っても、愛する人を亡くすことは辛いものだと思うし、まして、事件性があり死体もないとなると、かすかなものを抱いたりもしたくなる。たとえ、血が多く残っていたと聞いても。

彼女の最後の願いは、かわいくも哀しかったな。
lovelibones3見たことのある人の少ない世界の映像は、美しい。
ここのシーンだけでも、映像的には見応えある。
こういうVFXは、いい。
もしかすると、こういう世界が待ってるのかもとやがて来る日も恐くなくなるかもしれない。

題材的に、上映期間中に観たらやばかったなぁとあの頃を思い出してしまいました。(母が亡くなった直後でした)

先に旅立ってしまった私の家族のみんなへー今でも愛してます。

マックス・ペイン

またも、銃撃アクション映画!つづきますねー。まだリリースつづくよ(笑)
元ネタは、ゲームなんですね。
映像は、アメコミ?って思ったりしたんですよね。ゲームの映画化っていうのも、そうだなぁって思えます。
主演は、散々「猿」と言ってしまってるマーク・ウォルバーグ。
予告もイヤほど観ましたが、思っていた雰囲気とは異なってました。
PBのスクレちゃんが、悪役でご出演〜。
maxpayneposters2マックス・ペイン
原題:Max Payne
監督:ジョン・ムーア
製作:ジュリー・ヨーン、スコット・フェイ、ジョン・ムーア
製作総指揮:リック・ヨーン、カレン・ローダー、トム・カーノウスキー
脚本:ボー・ソーン
撮影:ジョナサン・セラ
編集:ダン・ジマーマン
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
上映時間:100分
mpks-002_large出演:マーク・ウォールバーグ、オルガ・キュリレンコ、ミラ・クニス、ボー・ブリッジス、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、クリス・オドネル、アマウリー・ノラスコ 、他
最愛の妻子を惨殺された苦しみに耐えながら、復讐のためにその犯人を追い続けるNY市警の刑事マックス・ペイン。クラブで誘惑してきたセクシーな美女ナターシャや、 “何か”を知っていたドラッグ・ディーラーなど、手がかりを求めて彼が接触する人物は次々と何者かの手によって殺害されていく。そして、“羽根”のタトゥー、新種の麻薬、正体不明の男と、この殺人事件の陰に見え隠れする謎を追ううちに、いつしかマックスは危険な迷宮へと足を踏み入れていった。そこは想像を超えたバトルフィールド。死闘の果てにマックスがみた驚愕の真実と真犯人とは…!?
公式サイト
マックス・ペイン - goo 映画
ゲームの公式サイト

mpks-001_largeクスリ絡みな話なんで、その副作用の幻影シーンが結構出てくるんですよね。
サタンのような黒い羽をもったもんが、空を飛んでる。
コンスタンティンを思い出しました。
だもんで、もしかしてオカルトもはいってるんじゃないか?なんて、思ったりもしてきます。
入ってはなかったけど、それに近いもんがあるのかもしれんね。
ところどころ、?なところも多いし、最初の方は主人公の内面がつかみにくいので、取っつき悪いとこもありました。
sub2_largeボンド・ガールのオリガ・キュリレンコが、マックスを誘惑する女ナターシャとして、出ています。007より、セクシーですが、出番は僅少(笑)
マックスと別れた直後に、何者かに惨殺されたことから、動き出す。
彼女の無惨な死体横から、マックスの財布があったことで、彼は疑いの目を署内でうける。
ナターシャの姉モナも彼を疑うが、手を組むことに。
mpks-134_largeまた、妻子の事件から仲違いした元相棒から、妻子との事件との関連性を教えられようとするが、相棒は何者かに殺される。
前半は、思ったよりもアクションシーンが少なかったんだけど、後半、どど〜んとございます。
内部捜査官も、彼を追ってでてくるし、父の相棒の元警部の人やら、彼の助けのようなんだけど、なんかきな臭さはある。それは当たり(あっネタバレ)。
mpks-301_largeプリズン・ブレイクのスクレちゃんことアマウリー・ノラスコは、元軍人の悪い奴。顔にも入れ墨を施してるんだけど、どうも私めは、スクレちゃん=いい人なイメージなんで…。困っちゃった。
ほんでもって、昨日やら観てましたからねぇ、プリズン・ブレイク(笑)S4Vol.8まで観ましたって!面白くなってきました。
また来月までガマンしなくちゃいけないのねー。
あっ、映画ね映画。
maxpayne1sub1_largeマックスは、妻子を殺されて、犯人を執拗に追う孤独な男になってしまい、にやけた猿ではございません。
どこか、極大射程のスワガーを思い出す。
画面は暗い目で、雪のシーンも多いです。この雪が、降るじゃなくって舞い上がってるみたい(笑)。
銃もいろんなタイプの銃が出てるようだし、それなりに楽しめました。
トーン暗めで、趣はグラフィックアメコミ(シン・シティみたいな)ですが、顔が猿なマークだろうが、スタイリッシュな感じはする。そのぶん、やっぱし、バンコック・デンジャラスはまた評価下げ〜(爆)主人公の暗さも、一貫してるし。(なんか比べたくなっちゃう)

彼が警官であるという設定だけで、サスペンス臭があると勝手に思い込んでた。まさか、ゲームの映画化とは思ってなかったわん。
ゲームの映画化の割には、アクションシーンの唐突さはなかった用に思います。

アンダーカヴァー

どうも、ホアキンさんが苦手で…。「帰らない日々」もまだだなー。
何度か予告を観たし、潜入サスペンスもんだろうなぁという予想で、こっちを先に見ました。
役者やめて、ミュージシャンに転向したらしいホアキンさん。
確かな演技力があると思う。でも、やっぱ苦手。(笑)
兄役のマーク・ウォルバーグとともに、製作にも名前を連ねています。
原題:We Own the Night
監督:ジェームズ・グレイ
収録時間:117分
レンタル開始日:2009-04-24
1988年のニューヨーク。名の知れたナイトクラブのマネージャーとして働くボビーは、名字も変え自分が警官一家の出である事を隠してきた。オーナーとの 関係も良好なボビーだったが、そのオーナーの甥に麻薬取締班が目をつける。それを指揮するのはボビーの実兄のジョゼフと父のバート。彼らはボビーに協力を 求めるが、ボビーは申し出を断る。しかしジョゼフが撃たれ、父にも危険が迫り、ボビーはどちらの側につくか決断を迫られる。
公式サイト
アンダーカヴァー - goo 映画

ownnight1やさぐれ弟に優等生兄。一家は、お堅い警察官。
映画としては、わかりやすい家族構成の図式。
この一家に、非情なロシアン・マフィアが絡んでくる。
最近、マフィアって、イタリア系でもなくロシアンが多いような気がする…。

やさぐれ弟ボビーは、クラブのオーナーにもかわいがられ、信用されていた。
恋人ともうまくいっていて、冒頭からラブラブ(笑)
ボビーは、母方の姓を名乗り、警察署長である父と警部である兄がいることを知るのは、恋人のアマダだけ。
父にも兄にも、疎まれていると彼は思っていた。
そんな彼が、兄の昇進祝いに義理でいき、そこで潜入をもちかけられる。

すったもんだで、兄が暗殺者に重傷を負わされた事から変わっていく。
男の親兄弟の間の愛なんかが、重要ポイントだよなー。
ownnight3やさぐれながらも、心の奥で父と兄を愛しているという屈折した弟役にホアキンさん、上手いです。
クラブのマネージャーという商売も似合ってます。
恋人役のエヴァ・メンデス、色っぽいです。

非情なロシアン・マフィアは、警察のことを「へ」とも思っていなくて、ボビーの店でがさ入れにあったことで、警察が邪魔になり、兄を暗殺しようとし、次は署長だと…
どんどんボビーが、警察側にいき、潜入が成功したかに思えた矢先、マフィアの方も、ボビーが警察一家の出であることを知る。
展開が早いようで、そうでもないので、見やすかったし、テンポもよかった。
なかなか、面白かったな。
ownnight4マーク・ウォルバーグが、優等生な兄貴で、制服姿もお似合いでした。
けど、彼って、昔、かなりのやんちゃしてたんだよねー。そう思うと、面白いね。
役者さんって、役柄でいろんな職につけて、面白いですね。
ポルノの帝王からロックスター、狙撃手に刑事に教師だもんな。

ownnight5最後、追い詰めて、もはや「復讐」に近いものがあったけれど、
観てる側は「やってしまえぇ〜〜」と思うってば。

アクションもんというより、心理的なものが多く感じられ、面白かったです。

ハプニング

マーク・ウォールバーグ扮する理科の先生が、ミツバチの失踪事件について
冒頭に生徒に説明してますが、ホントの話なんですねぇ。
そこから、「この世の終わり」みたいな映画になったそうな。
原題:The Happening
監督:M.ナイト・シャマラン
収録時間:91分
レンタル開始日:2009-01-09
ある日突然、アメリカ全土からミツバチが姿を消したのを皮切りに、街で人が次々と倒れていく異常現象が始まる。連絡も取れなくなり、情報はだんだん少なくなっていく。原因も分からないまま世界はパニック状態に陥り、“何か”に人々は追い詰められていく…。
ハプニング - goo 映画
公式サイト

happening5不安と恐怖になりそうな題材なんだけど、なぜかちっとも怖くない…
(^◇^;)
シャマラン監督は、やりたいことを全部やった映画というコメントなんだけど、
ずいぶんお上品なんだね。
この映画、観た方はオモシロイ感想記事書いておられたりするんですが(記事がおもろい)、そういうことをひっくるめて観たかったわけです(爆)

マークの顔が、猿だから緊迫感がないんでもないと思いますよ。

happening2エリオットは友達の数学教師ジュリアンに誘われるまま、彼の妻子とエリオットの妻と安全な場所に電車で避難しようとするんだけど…
なぜ、そこが安全なんでしょう??
どーも、そういう感じで、キレがない脚本だなぁと…
ジュリアンの妻が、渋滞で電車を1本遅れてくることになったことから、彼女の身の安否がのちに心配になり、田舎の駅でほったらかされた彼らは、西をめざそうということになったにもかかわらず、ジュリアンは妻を探しに行くという。エリオットに8歳の娘を託し…。
なんで?
チミは、死ににいくんですか??だよ、まったく。
happening3疑似親子3人が、一緒に逃げることになるのだけれど、それによって夫婦の再生というのも、弱すぎ〜。
途中に出会う人々も、生かし切れてない。
あの植物への愛に満ちた夫婦は、この不思議な現象への布石ばっかでおわるし…
どうして、そう簡単に植物のせいになるんだろ?

あたしは、疑問だらけのまんまでした。
この不思議な現象が、べつにはっきり解明されてなくても、文句は言わないよ。
シャマラン監督だからって、どんでん返しの妙味を期待もしてなかったのよね。
本人も、そればっかり期待されても困ってるんじゃないかと、おばちゃんは勝手に気を遣ってあげてたわけ。(んなもんいらんよって?)
happening1人々が、急に静止して、明らかにチガウようになったという表現は、好き。
最初のセントラルパークで、髪飾りで首を突く女性なんて、おもしろかったです(表現がね)。
あとエリオットは、学校の先生なのにぃ、生徒の心配は一切しないくーるな先生ですね。
奥さんは、元教え子みたいな若さだしぃ。そのへんが夫婦として、最後までしっくりこなかった。

happening4B級映画として観れば、そこそこ面白かったです。
文句ばっか書いちゃったねぇ。
でも、そうなんだもん…。


ロック・スター

ヘビメタ・スターです。
グルービーとか、なっつかしい言葉です。
ザ・シューター/極大射程」のマーク・ウォールバーグが、ロック・スター…
ロン毛だろうが、なんだろうが、猿顔はまぬがれない!で、似合わない(爆)
収録時間:106分
レンタル開始日:2002-07-05
昼間はコピー機のセールスマン。夜はロックバンドのボーカリストのクリスは、ロック界の大御所バンド、スティ-ル・ドラゴンの熱烈なファン。夜毎ステージ で憧れのボ-カリスト、ボビー・ビアーズそっくりの歌声を披露して、地元のファンを熱狂させている。しかし、クリスはメンバーから突然にグループを追い出 され、ぼろぼろに打ちのめされる。そんな彼に1本の電話が。彼の歌声を聞いたスティ-ル・ドラゴンから、ビアーズの後釜としてリード・シンガーにならない か、という申し出だった。ファンからプロへ。夢のようなオファーに舞い上がり大喜びで受け入れるクリスだが、彼の人生はその時から大きく変わってゆくの だった……。goo 映画

ジョージ・クルーニーが、製作総指揮でござります。
ベタに面白かったですよ。
rockstarヴォーカルのボビーの動きや歌い方まで、完璧にコピーしてた彼が
ボビーの脱退で、ひょんなことから後釜になってしまい
スターの道、まっしぐら〜
見所の一つは、彼の心の変わり方ですね。(一番の見所はステージね)
酒池肉林なステージ後のパーティが、ツアーの間続くわけで
みだらでございます。
一夜にしてスターになってしまったクリスには、信じられない世界。
バンドのメンバーとしてやっていくうちに、
彼は「自分の音」をメンバーに渡すけれど
全否定される。
以前、彼はコピーバンド仲間が、「自分たちの音楽をやりたい」といったときに
全否定してるですね。それで、脱退するわけになったんだけど…。
要は、この『スティール・ドラゴン』というバンドは、「ブランド」なんですね。
スーパーモデルと結婚するのも、ファンに夢を与えてるということらしい。
彼のマネージャーとして同行してきた恋人のエミリーとのラブ・ストーリーでもあるかな?
エミリー役は、ジェニファー・アニストン。若いっ!
ブラピの元妻…ブラピも猿顔です。
『スティール・ドラゴン』のマネージャーのマッツが、いい味してます。
ハリー・ポッターにでてたよね、確か。

マーク・ウォールバーグは、ラップ・バンドにいたし、
すごいっすね〜と感心してたんですが。
実は、口パクだったのね…
スティールハートというバンドのヴォーカルのMikeが唄ってるんだってぇ。
( ̄_ ̄|||) どよ〜ん
ミュージックビデオもはいっていたので、なんでこの人が唄ってるのさ…
あ〜そうかぁ〜
ということですだ。
この映画のストーリーは、ジューダス・プリーストの実話がベースらしいです。
ショービズの世界もちょろっと、
まぁなんといっても、ロックファンには、ホンモノのミュージシャンが大量参加ってことでしょうね。
とにかく、スティール・ドラゴンのステージは、かっこいいですだ!

ザ・シューター 極大射程

shooter2観てきましたぁ〜!
面白かったよぉ〜

ザ・シューター/ 極大射程 
原題:SHOOTER
監督:アントワン・フークア
脚本:ジョナサン・レムキン
撮影:ピーター・メンジース
音楽:マーク・マンシーナ
出演:マーク・ウォールバーグ、ダニー・グローバー、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、イライアス・コティーズ
2007年アメリカ映画 /2時間5分
アフリカの角にある小国エリトリア。海兵隊の特殊部隊であり狙撃の名手ボブ・リー・スワガーは、相棒のドニーと岩山での偵察任務に就いていた。そこに武装車両の隊列が現れ、激しさを増す敵の攻撃に応援を要請するが、無線はつながらない。そして、故郷に愛する妻が待つドニーが、スワガーの横で倒れた。 それから3年後。世間と縁を切り、愛犬のサムとワイオミングの山中でひっそりと暮らしていたスワガーのもとに、アイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが現れる。 大佐によれば、全米各地を遊説する大領領に対して、暗殺の動きがあるというのだ。狙撃を行なう可能性のある都市を特定してほしいという依頼を引き受けたスワガーは、早速、各地を巡り検証を開始し、フィラデルフィアの独立記念館前の広場が実行の場所だと割り出した。 演説当日、スワガーは監視にあたり、アイザック大佐指揮下の部隊が犯人たちを取り押さえる手筈だった。そして、大統領の訪問に備え、FBIも厳戒態勢に入っていた。
 そして演説が始まり、スワガーの監視スコープの中にライフルの先端が浮かび上がった。しかし、ライフルは大統領に狙いをつけたまま微動だにしない。”何かがおかしい”とスワガーが思った瞬間、2発の銃声が重なるように響き渡る。1発は大統領に向かって、そしてもう1発は、スワガーの背中に向けて放たれた。  パトロールにあたっていたFBIのニック・メンフィス。その目の前に突然現れたのは、肩から大量に血を流している男、スワガーだった。スワガーを制止しようとするニックだが、ニックは倒され、拳銃も奪われてしまう…
ザ・シューター/極大射程 - goo 映画

1stデーということもあり、男の人が70%以上なスクリーンでした(笑)
レディスデーによく行く私にとっては、意外な光景でした。
shooter1猿顔のマーク・ウォールバーグが、カッコイイのよ〜。
ボーンシリーズのまっと・でいもんよりカッコイイぞっ!
「インテリのランボー」とも評された小説が原作で、スワガーが出てくるのはあと二作あるらしい。続編も、出来るかもね。
この「極大射程」は、『このミステリーがすごい!』で、99年の年間ベスト1の作品。もちろん、読んでない。
略して「このミス」のベスト10作品は、映画化されてヒットが多いそうな。eiga.com参

shooter7銃のアクションもんは、実はあたくし、イマイチなのだ!
すぐケリがつくでしょ。
乱射も、ねぇ〜。撃ちゃぁいいってもんじゃねぇよって思えるときもあるしぃ。
肉弾とか剣とかナイフの方がすきなのね。
これは、狙撃手(スナイパー)だもんで、乱射が少なくていいです。
いかに効率よくしかけるかです。
最初の海兵隊特殊部隊での偵察任務中の様子は、
狙撃とはこうやるんやで〜っていうのを描いてもいると思う。
狙撃する場合、かなりの距離から撃つので、周囲の風力・向き・砂や塵などや地球の自転までも計算に入れてするんだと。
映画の中でも語られていたけど、パンフにも、書かれてた。

孤高の狙撃手というコピーだけど、助ける人も出てくるわけです。
罠にはめられたスワガーが直後に出逢うFBIの新米メンフィス。
彼は、「はめられた」というスワガーの言葉がひっかかり
独自に調査しだす。
shooter6海兵隊での亡くなった相棒ドニーの妻サラ。
彼女は、彼の言葉を信じ、銃創の手当をする。
そして、二人の間には…
このへん、感情の流れが無理なくてよかった。


ボブ・リー・スワガーとFBIの新米メンフィスは、手を組む。
でも、その敵は国家をゆるがす…強大な存在だった。
そうね、プリズン・ブレイクのカンパニーみたいなもん?(観てない人にはわからんやん)
ストーリーは、ちょっとご都合よすぎなとこや、
じぇんじぇん死なない主人公&すぐ元気になる主人公みたいなとこもあるんだけど
追われ狙われながら、策略をはりあいながら、進む話は飽きなかった。
「使い捨て」の駒のように扱われる彼らの存在を(はっきりそう言われてる)
覆すのは、面白かった。
shooter5メンフィス(マイケル・ベーニャ)は、最近、観たことある顔だと思ったら、
ワールド・トレード・センターのヒメノ役でした。
どっか、頼りなそうで、ぬけてそうなんだけど、頭の切れもいい芯のある男でした。
彼を、助けるFBI内部の女性もいましたね。

彼が隠遁生活をしていたときの唯一の友人である犬のサム、
ご主人に忠実で…帰ったら冷蔵庫に直行してビールもってくる。
そんでもって飲むのよっ!
しかも、ほんまもんのビールだったらしい。
飲まないと演技しない犬だった?らしい。しかも、銘柄がきまってたらしい。
軍で学んだサバイバルや、
そのへんのものでの銃創の応急措置(点滴までしちゃう)なんかや
手軽に買えるものでの爆発物作成などは、「ほぉ〜」でした(マネはいけない!)

狙撃に関しては、プロの訓練をマークは受け、左利きにもかかわらず
かなり正確にやってのけたそう。
狙撃シーンに関しては、リアルなようです。

悲惨な銃撃事件も、起こってるこのごろだけど
娯楽作品として楽しむには、いいです。
(この件に関して、マークは『職権を乱用して悪事をはたらく人間が以下に多いかって事を衝いた話だから、そのメッセージを受け取って欲しい』とのこと)
shooter4



インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン

インビジブルじゃないの、インヴィンシブル!
invincibleー「無敵」なんて意味です。
実話を映画化したもので、日本では劇場未公開。
アメフトの話なので、日本ではちょっと一般的じゃないからかしら?
夢を諦めないスポーツサクセスもんです。
はい、気になる男マーク・ウォールバーグ主演なんで!
収録時間:104分
レンタル開始日:2007-03-21
1976年 ― アメリカ、フェラデルフィア。不況が続く中、街の人々の希望はNFLの地元チーム、イーグルスの勝利だったが、応援するもむなしく、勝利の女神に見放され たままシーズンが終了した。ファンからの不満の声が響く中、次のシーズンでは何としても勝ち星を掴まなければならないイーグルスに、新たに配属された監督 のディック・ヴァーミールは、プロのチームとしては異例の「一般からの公開オーディション」を開催することをテレビで報じる。 臨時教師のヴィンス・パパーリ、30才は、仲間と一緒にストリートでアメリカン・フットボールに興じるのが唯一の楽しみだった。高校でのアメリカン・フッ トボールの経験しかない彼だが、仲間の中では誰もが認めるスター選手で、常にチームの中心人物だ。しかし、彼も不況の余波を受け、臨時教師の職を失い、夜 のバーテンダーのバイトを増やしながら日々の生活を繋いでいた。先の見えない生活に嫌気のさした妻が彼のもとを去り、行き詰まるパパーリ。そんな時、イー グルスの公開オーディションが開かれることがテレビで放送される。30才という年齢と、大学フットボールの経験のないパパーリ。普通に考えれば、NFLで プレーすることなど夢のまた夢だ。しかし、熱狂的なイーグルスのファンである彼は、公開オーディションでホーム・スタジアムでプレーができるだけでも幸せ だ、と言う周囲からの応援により、参加を決意する ― 。
街の人々の希望を背負い、30才、ヴィンス・パパーリの夢への挑戦が始まった!
amazonより

invincible1イギリスで、フットボールといえばサッカーですが、
アメリカでは、アメフトなんですね。
30歳で、大学での試合経験なしで、NFLの選手になるということは
かつてなかったこと。
そこから、夢をつかんで、なおかつ低迷していたチームを盛り上げる牽引力になっていくんだから、たいしたもんです。

アメフトのルールが、さっぱりわかんないまま観たのですが
ちゃんと映画は、理解できます。
あっ、そうそう今日はTV放映で「GOAL!」やってたんだよね〜。
もうすぐSTEP2が、上映だもんね。でもって、来週は、ブラックパールだぜぃ!
また、話が…

「インヴィンシブル」は、アメリカの不況の頃の話。
涙は、今日はでなかったけど、元気にはなる映画です。
レンタルもんですが、特典に「ヴィンス・パパーリ物語」っていうのがあって
本人も出てきてました。音声解説もついてたよ。
もちろん現役の頃の映像も、たくさん!
(エンドロールにも少し出てきます。)
俊足を生かして、突進していき、タックルされてもすぐ立ち上がり
当時のチームに欠けていたと思われる不屈の精神が、原動力だったようですね。
アメフトは、かなり激しいスポーツだと思います。
映画の方も、かなり激しいです。
スタントが、やってるんだろうと思ったのですが
マーク・ウォールバーグはスタントなしで、やったそうです。
すごいわぁ〜。
主人公は、今で言う「負け犬」の生活をしていた。
妻には逃げられ、週二日の臨時教員も人件費削除で解雇。
唯一の楽しみは、仲間。
仲間達との草野球ならぬストリート・アメフトやバーでたむろ。
同じくみんなストだったり、失業中だったり…。
イーグルスの活躍が、慰めなのに、ちっとも勝ってくれない。
そんな生活ぶりが、結構丹念に描かれているので、アメフトを知らない私でも
観やすかったのかもしれません。
チームに入ってのキャンプでも、チームメイトからは
「おじいさん」って言われたり(30歳のルーキーだもん)、
大学のチームにも入っていないことから
かなりツライ立場だったようです。
これも、実話でもほとんど口をきいたことはなかったようですね。
試合経験の少ない彼は、実際にも試合で苦労したそうです。
監督は、チームに欠けている彼のガッツを見抜き登用してく。
監督自身も、悩む姿も…。
チームの久々の勝利に導いたのが、ヴィンスの猛牛のような働きだった時
落ち込んでるフィラデルフィアの人たちに、また活力をも与え
伝説がはじまってくわけです。
すご〜く、ひねりもないベタなつくりでもあるけれど、
実話の説得力はありますね。
マークのたっくましい体も、説得力かな?
安心して観られるサクセス物語です。
結構よかったね。
ちなみに、ディズニーでした(笑)
続きを読む
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ