晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

レイ・リオッタ

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーの共演となると、気になってしゃーなかった(笑)しかも「ブルーバレンタイン」の監督さんだしねぇ。
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズという題名は、なんじゃらほいと思ったんですが、物語の舞台ニューヨーク州スケネクタディのことなだそうだ。先住民モホーク族の言葉でスケネクタディは、松の木々の向う側になるちゅうことでんな。
ライアン・ゴズリング→ブラッドリー・クーパー→デイン・デハーンの三部構成の映画。なかなか切ないというか…息苦しい気分になりました。
place_beyond_the_pines1プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
原題:THE PLACE BEYOND PINES
監督:デレク・シアンフランス   
製作:シドニー・キンメル、ジェイミー・パトリコフ、リネット・ハウエル、アレックス・オルロフスキー   
製作総指揮:ジム・タウバー、マット・ベレンソン、ブルース・トール   
原案・脚本:デレク・シアンフランス、ベン・コッチオ   
脚本:ダリウス・マーダー   
撮影:ショーン・ボビット   
音楽:マイク・パットン
上映時間:141分
出演:ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ、ローズ・バーン、マハーシャラ・アリ、ベン・メンデルソーン、デイン・デハーン、エモリー・コーエン、ブルース・グリーンウッド、オルガ・メレディス、他
移動遊園地で命懸けのバイクショーを行い、その日暮らしの生活を送る天才ライダー、ルーク(ライアン・ゴズリング)。巡業先で、偶然かつての恋人ロミーナ(エヴァ・メンデス)と出会った彼は、それまでの生活を抜け出し、彼女の住むニューヨーク州スケネクタディにやってくる。place_beyond_the_pines3ロミーナが密かに自分の子を生んでいたことを知ったルークは、2人を養うため、彼のバイクテクニックに目を付けた修理工の誘いに乗り、銀行強盗を行う。計画は無事に成功し、大金を手にするルーク。その後も強盗を繰り返していた彼は、ある時、ミスを犯して警察の追跡を受ける。立身出世に野心を燃やす新米警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)はその追跡に加わり、ルークを追い詰めたものの、直接対峙した時に重大なミスを犯してしまう。誰にも打ち明けられず、自分の過ちを深く恥じ入るが、皮肉にも、彼はこの一件で周囲から高い評価を受けることに。複雑な思いを抱えたまま出世してゆくエイヴリー。それから15年。親同士の過ちが、子どもたちに報いを及ぼすことになる。高校生になったルークの息子ジェイソン(デイン・デハーン)とエイヴリーの息子AJ(エモリー・コーエン)は、何も知らないまま同じ学校に入学。同級生として親しくなるが、やがて父親のルークとエイヴリーの間に横たわる因果を知ったジェイソンは、湧き上がる復讐心を押さえられなくなってゆく。葛藤の末、ジェイソンが取った行動とは……。
公式サイト

place_beyond_the_pines2天才ライダーのルークのライアン・ゴズリング、「ドライヴ」のモードだぁ〜♪
全身にタトゥーがごちゃごちゃ。移動遊園地ちゅうかそこで曲乗りライダーでその日暮らし。
スケネクタディでかつての恋人ロミーナに会い、次の巡業地で別れ、再びスケネクタディに戻ったとき、ロミーナは彼の子を産み育てていることを知る。
そこで、彼は浮き草暮らしをやめスケネクタディで住み働くことにする。
place_beyond_the_pines10この心境の変化はなんだろ?と思いながらも、妙に家族を求めてるんじゃないかって思うんだよねぇ。
しかしながら、ロミーナにはコフィという恋人がいて、彼の家に母親と共に住んでいた。
このコフィがいい人なんですよねぇ。ロミーナとの間での葛藤はかなりあったんじゃないかなと思うんですが…。
ルークの子ジェイソンを我が子として、愛してたと思う。
ジェイソンに洗礼式をするロミーナとコフィをみて、ルークは駆ける。そこで、修理屋ロビplace_beyond_the_pines5place_beyond_the_pines8ンと出会い、そこで働く。でも、ジェイソンを介して、生物学上の父親ルークとロミーナはたびたび会うわけで…。ロミーナが一番愛しているのは、ルークなんだ。
ルークは、ロビンを手助けに銀行強盗をすることで稼ぐ。
二人のために…
しかし、潮時ってあるんだよね。それを感じたロビンは、彼にやめさせようと彼にとっての家族でもあるバイクを壊したりというせいいっぱいの友情は示していると思う。
place_beyond_the_pines4警官になり立ての高学歴のエイブリーに追い込まれる。最後にロミーナに電話した言葉が、切ない。でも、やっとわかったんか〜というのもあったけどね。
エイブリーと対峙したルークは、エイブリーの銃弾を受けた弾みで窓から落ち落命。
ここから、エイブリーの話になってくる。
エイブリーはミスを犯した。ルークの件でヒーロー扱いを周囲からは受けるが、犯したミスで内面は苦悩。
彼の父は名士な裁判官であり、自身も理想や信念が真っ直ぐすぎるほどな人間のように描かれている。place_beyond_the_pines12その彼が、同僚たちの腐敗ぶりを目にし、同僚を売る。
やっぱし、レイ・リオッタは善人役ではないんだな(笑)
現場には戻れないエイブリーは、この一件を利用し、検察に移るよう計らわせる。
そして、15年後…ということで、彼らの息子の話になっていく。
エイブリーは離婚し、息子はこちらの学校に通わせるべく呼び寄せる。この息子AJ、ちょっとplace_beyond_the_pines6エイブリーの若い日とは違う。転入した学校で、ジェイソンと知り合う。
ロミーナとコフィは、一緒に暮らしていて、妹もできています。その中で、自分は異質なものを感じてはいる雰囲気はあり、彼の父親は事故で死んだことになってます。
ジェイソンが、本当の父親というものを知りたくなった時、コフィはやさしく語る。
place_beyond_the_pines7産まれたときから、ずっと父親だという彼の言葉は辛いなぁ。切ない。
こういうことを言える義理の親って少ないですよ、きっと。ジェイソンが、それに気づくときは来るのかなぁとずっと考え込んでしまいました。
ジェイソンは、ネットで実の父親を検索し、事件を知りロビンにも会う。彼は、エイブリーに復讐心を抱くようになってしまう。痛々しいです。
place_beyond_the_pines9ジェイソンは、エイブリーを追い詰める。
そこで、知る事…。エイブリーもツラいです。
ジェイソン役のデイン・デハーンは、次のスパイダーマンでハリー役をするんだって。若き日のレオとかいう記事も観たし、要チェックの若手かもしれません。
父と子がこの映画で大きい占め具合で、エイブリーも若い頃は偉大なる父の庇護があったからこそのところはあると思う。その父親の葬儀で、AJを引き取るわけだし。
place_beyond_the_pines11ルークは、父親になりたかった。でも、道を誤ってしまった。お金は魔物。
ジェイソンが、HONDAのバイクでどこかに行ってしまう姿に、無事で生きていくよう祈ってしまいました。
子供は、親を選べない。
エイブリーは、公正・正義のもと、人の上に立ちたい人でありながら、過ちを犯した。
親の因果が子に報い…とはよくいったもんだ。
人間誰しもが、誰かの子であることは間違いない。誰かの親というのは、誰しもがそうではない。
親という肩書きをもつ身の上となると、感情が入り混ざってしまって、ひりひりするような苦しいようなしんどさがこみ上げてきてしまった。
「ブルーバレンタイン」は、男女…夫婦の行方で、身につまされたんですけど、今回もかなりえぐってきました。まぁ、父の身分の親じゃなくってちょっとだけ横目で観られる部分があったのが救いです。
前半のアホだけど妙に母性本能をくすぐるライアン・ゴズリングに、デレ〜として観ていたのは否めないです♪
あっ、これでエヴァ・メンデスとお付き合い中らしいですね。この人、共演者といつもこうなる癖がありますねぇ。
ブラッドリー・クーパーって、まぁオスカーにノミニー俳優になったけど、初めはレニーさんだっけかの彼氏だってとかからしか覚えてなかったです。コメディもできるし上手い俳優さん。ハング・オーバー3も公開らしいなぁ…。

ジャッキー・コーガン

これは、ファーストデーに藁の楯と一緒に観た映画です。
HK変態仮面とギリギリまで悩んでたんですが、勇気が出なくて(え?)これにしました。最近のチケットは券売機で買うからっと思いながらも、この日の私には勇気がそげた。純粋にレディースデーのみだったら観てたと思います。
ブラピとこの監督さんのコンビの前作「ジェシー・ジェームズの暗殺」は、合わなかったので不安だったんですが、的中してしまいました…。
killing_them_softly1ジャッキー・コーガン
原題:Killing Them Softly
監督・脚本:アンドリュー・ドミニク   
製作:ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、アンソニー・カタガス、スティーヴ・シュワルツ、ポーラ・メイ・シュワルツ   
製作総指揮:ミーガン・エリソン、マーク・バタン、ビル・ジョンソン、ジム・セイベル、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、アディ・シャンカル、スペンサー・シルナ   
原作:ジョージ・V・ヒギンズ『ジャッキー・コーガン』(早川書房刊)
上映時間:97分
出演:ブラッド・ピット、リチャード・ジェンキンス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、レイ・リオッタ、サム・シェパード、ヴィンセント・カラトーラ、トレヴァー・ロング、マックス・カセラ、スレイン、リナラ・ワシントン、他
killing_them_softly2ある日、チンピラ2人が犯罪組織の賭場を襲撃し、まんまと大金を奪うことに成功する。組織から真っ先に疑われたのは賭場の雇われオーナー、マーキー(レイ・リオッタ)だった。優しく殺す」をモットーにする殺し屋ジャッキー・コーガン(ブラッド・ピット)は、ドライバーと呼ばれるエージェント(リチャード・ジェンキンス)から賭博場強盗の黒幕を捜す依頼を受ける。彼は前科のあるマーキーを捜し出したものの、強盗を仕組んだのは別の悪党3人組であることが判明。さまざまな思惑が複雑に絡み合う中、ジャッキーは事件に関わった者を皆殺しにすることを決める。
公式サイト

上映時間が、97分と短めなので、まぁいいか〜と思ったんですよね。レンタル屋に朝イチ寄って出遅れたんで、シュワちゃん復帰作は時間が中途半端でやめました。メンバーズのない京都駅前(Tジョイ)に行こうと決めていたんで(イオンにも行きたかったし)、やっぱ三条(MOVIX)まで行きゃよかったかなー。
ジェシー〜はDVD鑑賞ですが、すっぽり寝たんですよね(笑)
killing_them_softly4間抜けな二人組に、賭博場を強盗するっていう話を持ちかけられ、お当番のマーキーが疑われるから大丈夫っていう事でね。
それは、しっかり成功しちゃって…ということでさ、なかなかブラピさんは出てこないんですね。
世の中は、大統領選でわいわい言ってるっていう状況で、何か引っ掛けたいんだろうなぁとは思うんだけど、日本人だしわからんわ。
ギャング映画かなぁと思ってたんで、チンピラかよっ!という小物の人間なんですなぁ。
killing_them_softly5やたらめったら、喋りまくってるしてねぇ…。
QT監督風にしたつもりなのか?っていう感想を読んで、そうそうそうだよって思いましたわ。
うん、その割に会話のリズムとか面白みって、もうひとつかなー。
男のおしゃべりはよくないわ(笑)
喋りで、キャラを出してるとかいっても間延び。ストーリーを運んでるっていうふうにもならないんで、みんな辟易してはったようですね。
現金強奪シーンも、こんなんで奪えるんだ〜っと思いました。
killing_them_softly6疑われる男にレイ・リオッタなんだけど、彼の出てくるシーンがこの映画では一番お気に入りだったかなぁ。
いっつも悪役なんですけど、いいわぁ。
まつげの縁取りが、すごく可愛かったりもします。
ボッコボコの退場となるんだけど、そこからが意識低下しちゃいまして、かなりぼっーと観てましたわ。
killing_them_softly3ブラッド・ピットが、登場してきた時は「やっぱりこの人の存在感ってあるよなぁ」と感心していたんですが、段々そうも言ってられなくなるほど低下しました。
でも、意識メーター0になる前にドッカンとか銃音やらで、意識メーターはまた上昇という繰り返しをしていました。こーいう音に関しては、「藁の楯」より良く出来ていたんじゃないでしょうか。高速での爆発もびっくりするような音はしなかったもん。
killing_them_softly7脇もさー、渋くていいんですよ。
お金の話も、あーたらこーたら言うてました。
オバマの大統領選勝利もラストになったら、言ってました。
この映画は、アメリカの人もしくはよく知る人が観ると、なんかあるかもしれないですが、まぁ私は退屈をしてしまった映画です。
予告編が一番よかった?
L.A.ギャング・ストーリーを必ず観たるわいっとリベンジ気分になりました。
(予告も観たしぃ)
ブラピさんには、ずばりあのゾンビ映画↓ですね、これも必ず見ちゃいたいっ。

きみがくれた未来

この映画は、予告を観ていて、ちょっと爽やか青春&兄弟映画ではなさそうで、気になっていた映画です。
映画館に、でっかい横断ポスターもあったなぁ。ザッくんが、メインのね。
イマドキの言葉で言えばスピリチュアルなやつですね。
幽霊は出てくるけれど、恐くはありません。もうひとつのひねりは、予想外だったわ。
今の日本人が観るには、ちょっと早いかもしれないです。もうちょっと経ってから観ると、しみじみ感じるところが多いかもしれません。
Charlie_St_Cloud1きみがくれた未来
原題:CHARLIE ST. CLOUD
監督:バー・スティアーズ
原作:ベン・シャーウッド
脚本:クレイグ・ピアース、ルイス・コリック
製作:マーク・プラット
製作総指揮:マイケル・フォトレル、ライアン・カヴァナー、ベン・シャーウッド
撮影監督:エンリケ・シャディアック
音楽:ロルフ・ケント
上映時間:99分
出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、チャーリー・タハン、レイ・リオッタ、キム・ベイシンガー、オーガスタス・プリュー、ドナル・ローグ、他
チャーリー・セント・クラウド(ザック・エフロン)は、女手一つで家計を支える母のクレア(キム・ベイシンガー)、自分を慕う11歳の弟サム(チャーリー・ターハン)とともに暮らす高校生。charlie-st-cloud4ヨットの才能に恵まれた彼は、スポーツ奨学金を得て大学進学が決まっていた。だが、卒業式の夜が運命を変えた。大規模な自動車事故に遭遇した彼は、奇跡的に命を取り留めるが、同乗していたサムは帰らぬ人となる。弟を守れなかったことに強い罪悪感を覚えるチャーリー。葬儀の最中、いたたまれなくなった彼は、逃げるように墓地の裏手の森へ駆け込む。かつて2人は、ここで一緒に野球の練習をすることが日課となっていた。だが今はもう、キャッチボールの相手はいない……。その時、目の前に赤いジャンパーを着たサムが現れる。驚きながらも弟との再会を喜ぶチャーリー。2人はこれから毎日、夕暮れの時間に何があってもこの場所で練習を続けるという約束を交わすのだった。そして5年後。進学もヨットも諦めたチャーリーは、約束を守るため、サムを埋葬した墓地の管理人として暮らしていた。ところが、高校の同級生で、ヨットレースのライバルだったテス(アマンダ・クルー)が故郷へ戻ってきたことを知り、彼の心は揺れ動く。自分が失った夢を追い続けている彼女に、眩しさと羨ましさを覚えるチャーリー。心の中で、日増しにテスのウェイトが重くなっていく。そんな兄の変化を敏感に感じ取るサム。テスと一緒にいると、サムが遠くなってしまう。弟を失いたくない気持ちと、テスへの想いの間で揺れ動く…。
公式サイト
きみがくれた未来 - goo 映画

charlie-st-cloud2冒頭、ヨットのレースで、弟サムとともにチャーリーは優勝する。仲の良い兄弟なわけです。父親が、失踪しており、余計に兄弟の絆は強いのでしょうね。夏休みの間は、日没の大砲の音を合図に、野球をサムに教える約束をしていた。
スタンフォード大学の奨学金も得て、高校を卒業したチャーリーは、入隊する友人たちの送別会をかねてパーティに行きたがっていた。が、看護士の母親は夜勤で、サムの面倒を見なければならない。サムは、友だちの家で野球の試合を見るということで、二人は家を出る。そこで、飲酒運転の車にぶつけられ、事故に遭ってしまう。
charlie-st-cloud3このとき、チャーリーも臨死状態で、救命士のフロリオが蘇生した。サムは無理だった。
深く心に傷を負ってしまったチャーリー。
約束の時間、ひとりたたずむチャーリーの前にサムが現れた…。こうして、毎日この日課をするために、チャーリーは、墓地の管理人になり5年の歳月が流れていた。
あれほど打ち込んだヨットにも乗っていなかったが、忘れてるわけではなかった。
墓地の管理人の後輩が、彼を誘ったり、女性を紹介したりと、あれこれ気は遣ってる。このひょうきんなお兄さん、後半で力になってくれていい人だな〜と。
入隊した友人たちの一人は、帰らぬ人になりサムと同じ墓地に眠っている。
ガチョウが墓地を荒らしてたりのコミカルな場面もあるのは、いい感じ。
charlie-st-cloud5高校の同級生でヨットのライバルだったテスが、世界一周するための準備で、街に帰ってきた。
なぜか心が騒ぐチャーリー。
そしてテスと話す機会が偶然にあり、親しく会話する。
テスは、高校時代からチャーリーが気になってた風なんだよね。チャーリーはそうでもなかった風だったけど。
テスト航海にでたテスは、天候が悪い中をわざとヨットを走らせる。
そのころ、チャーリーは、サムと泥んこになって遊び回っていた。
かつて自分を助けた救命士フロリオと再会し、彼はガンであることと、チャーリーを蘇生した奇跡について語る。
チャーリーが生き返ったのは、生かされる意味があるはずだと。
このフロリオが、レイ・リオッタで、いい人やってるんですよ〜。あやしいなんかのボスじゃないんです。ふふ
最初と電話の声だけだったけど、チャーリーたちの母親はキム・ベイシンガー。
若手の多い映画には、がつっとしたベテランですね。
charlie-st-cloud6嵐のあとの夜、テスがチャーリーの家を訪ねてくる。
心惹かれ合う二人。
テスが航海に出てしまうと、6ヶ月後しかあえないというのが、二人のネックだった。
チャーリーは、サムとの約束を守るため。
テスの存在が大きくなっていくことで、チャーリーの心の中も変化していく。
自分自身、両親の死があり、大切な人を亡くすことの辛さとか想いは、わかるものがあります。チャーリーは、自分の責任だと追い込んでいるから、余計でしょう。
喪失感というものだけでも、違いますね。
死んだあと魂はどうなるんだろうということは、思う事も多いです。
癌に冒されているフロリオが、幸せな人生だったと思うと語るようにはなりたいです。
いつ何があるかわからないと身近に感じさせられた今、生かされている自分は、やはり意味があるんだろうとは思います。
そうでもなくっちゃ、やってられないしねぇ。悪い方に考えると、自分ってなんて不幸だになるのも、嫌じゃないですか。悲劇のヒロインとかになりたがる人もいますが、そんな甘いもんじゃないと思うのです。
charlie-st-cloud7テスへの気持ちが大きくなるにつれ、サムの「ぼくを忘れてしまう」という気持ちの板挟みに、チャーリーは苦しむのですが、そこで、テスは実は嵐の航海から帰還していないことを知る。テスもまた、自分がショーウインドウに映っていないことに気がつく。
チャーリーは、臨死体験から、そういうものがみえるようになっていたのでしょうね。
えー、テスも幽霊か?かわいそうやん、チャーリーと思ったんですが、そこは、奇跡。
久しぶりに船に乗り、テスの捜索をする。そして日没。サムとの約束を守れなくなってしまうことになったチャーリー。そして、サムもまた一歩踏み出す。
テスは、弱りながらも生きていた。
ファンタジーな映画と、特典でザッくんも言ってましたが、こういうミラクルってあるような気もします。
ザッくん、この髪型、顔が丸くみえる。けど、ザッくんの目の色は妙にいいですね。いつも書いてることだけど。
テスを探しながら、チャーリーは「生きている」自分をつかんだと思うし、生かされている意味だとも思ったようです。
サムは、あの世(天国)とこの世の境に留まっていたと考えればいい。
この映画、身近に大切な人を亡くした経験のまだない人には、ピンと来ない部分も多々あるかもしれないです。
主人公は、悶々としてるしうじうじだし、過去に囚われすぎだしね。
こんな後ろ向きな主人公、たまんなくウザっと思うでしょう。
ただ、表面ではこんなんでなくても、内面で抱えてる人は多いはずなんです。
私なんかも、そういうところはグサっです(笑)
母を亡くして、ちょうど1年と半近くになり、客観的にみることができますけど、そうでないと結構しんどいもんがあっただろうなって思います。1周忌を過ぎると、私は客観的になったもんです。
それでも、割り切れないような気分になっちゃうんですね。
でもね、未だに、どうして私は仕事に行くためになくなる前晩に帰ってしまったんだろう…と思ってますしね。いくら有休を取ってる人がいるからって、帰ること無かったのにって、ぐちゅぐちゅ自分のしたことを後悔してます。

デート&ナイト

なぜか、ナイト&デイに合わせてのソフトでしたね。
原題もまんまでした。夫婦として、安定してるし、家庭もそれなりに平和だけど、どこか倦怠感もある夫婦が、子供を子守に預けて、二人だけのディナーを楽しむ。
日本では、子守に子供たちを「寝かせてね〜」と頼む光景は、一般的にない。そういう子守のバイトもないです。
洋画や海外ドラマでは、よく目にする光景だけどね。そこで、事件に巻き込まれちゃうというわけですな。
何気に、豪華な出演者には驚くなぁ。
date_nightデート&ナイト
原題:DATE NIGHT
監督:ショーン・レヴィ   
製作:ショーン・レヴィ   
製作総指揮:ジョー・カラッシオロ・Jr、ジョシュ・マクラグレン、トム・マクナルティ   
脚本:ジョシュ・クラウスナー   
撮影:ディーン・セムラー
音楽:クリストフ・ベック
上映時間:88分
出演:スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ、マーク・ウォールバーグ、タラジ・P・ヘンソン、コモン、ジミ・シンプソン、ウィリアム・フィクトナー、レイトン・ミースター、J・B・スムーヴ、クリステン・ウィグ、マーク・ラファロ、ジェームズ・フランコ、 ミラ・クニス、他
NY郊外で暮らす倦怠期のフォスター夫妻は超人気レストランを訪れるも、満席で意気消沈する。だが予約席の人物が来店しないのをいいことに、その名を名乗って勝手に席をいただくことに。優雅にディナーを楽しむ彼らだったが、突然謎の男たちが現れて「ブツを返せ!」と、銃を突きつけてきた!この席を予約していたヤバい連中と人違いをしているらしい。何とかその場を切り抜けて街中を逃げ回るハメになった夫婦は、やがてマフィアや警察までもが絡む大きな事件に巻き込まれてゆき……。
FOXDVDサイトより

スティーヴ・カレルとティナ・フェイが、息のあった夫婦フィルとクレアをやってます。読書会なんかにもでちゃってる夫婦で、そこで友人夫婦が、離婚することを聞く。この友人が、マーク・ラファロ。
夫婦とはいえ、同居人(ルームメイトって言ってたね)になってしまったからと。
そんなことから、定期的に行ってるらしいデートナイトは、NYはマンハッタンの超人気シーフードレストランにおめかしして行く。
date_night4予約でいっぱいの店で、空きがあるわけない。呼び出しに答えのない客になりすまし、まんまと席に着いてしまった事が、不幸(?)の始まり。
銃を持った二人の男に、脅され、追いかけ回される羽目になる。なぜか、切り抜けて逃げ切る(笑)
どうも、予約していた客が関係あるらしい…という展開で、マフィアのボスの名前は出てくるし、やばそうなのだが。この二人は、なぜかNYPDですよ。
date_night2不動産業をしているクレアは、顧客にセキュリティ関連の仕事をしているというホルブルックを探し、逃げ込む。
なぜか半裸なマーク・ウォルバーグ。ハイテク機器もお持ちなら、車も色々。セクシー美女も。元軍人とか刑事が言ってたけど、ほんまはスパイ??
半裸なのは、マークくらいでしょ。トークは限りなくエロネタ満載ですが、あっけらか〜んと観られてしまいました。露骨にエロいシーンはありません。どうも、エロねたトークはアドリブも多いみたい。
date_night5ホルブルックスのおかげで、探し当てた元の予約カップルは、ストリッパーと泥棒。
これが、J.フランコとミラ・クニスという取り合わせで、「返せ」といわれたいたものも、ホイっとフィルに渡して、とんずらします。
まぁ〜、これだけにご出演。
ミラ・クニスとナタリー・ポートマンの「ブラック・スワン」、楽しみですな。J.フランコのシリアスもん「127時間」も6月に公開予定のようで、観に行きたいなぁ。その前に、司会やってるアカデミー賞を観ますわん。
date_night3へんてこカーチェイスも、大がかりなものですが、全体がゆる〜としてるし、会話も多いんで、気楽なムードです。
いくら、主人公たちがアブナイ目にあっても、心配はしないですね。
マフィアが経営するストリップ・クラブに乗り込んで、あれよあれよと解決してしまうんですが、一体ホルブルックスこそ何者なんだよ〜っていうのが、残りましたです。
やたら、かっこよく筋肉みせてるだけなんですけど。顔は、サル顔だけどさ。
Date_Night6マフィアのボスは、レイ・リオッタさんだったんですが、ノン・クレジットでしたね。カメオになるのかなぁ?
実は変態なほうきを持った検事が、マホーンさんじゃあーりませんか。参)プリズン・ブレイク
終始、鋭い目つきはなし(爆)
よくもまぁ、こんだけ俳優さんをあっちやこっちに配したもんですわ。
監督さんは、ナイト・ミュージアムの監督さんだったですねぇ。
この映画は、やっぱし日本未公開、DVDスルー。
スティーヴ・カレルは、とぼけた雰囲気が割合好きですねぇ。

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

ハリソン・フォードが移民局の捜査官で〜というくらいの予備知識で観ました。
これって、群像劇やん。どこかで結びつきはあるものの、ハリソン・フォードが一人熱く捜査官しているわけでもなかった。
人種のるつぼであり、自由の国といわれるアメリカ。この国には、1000万人以上の不法滞在者がいるという。9.11がもたらした影響も、また大きい。
crossing8正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
原題:Crossing Over
監督・脚本:ウェイン・クラマー
製作:フランク・マーシャル、ウェイン・クラマー
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、マイケル・ビューグ
撮影:ジェームズ・ウィテカー
美術:トビー・コーベット
編集:アーサー・コバーン
音楽:マーク・アイシャム
上映時間:113分
出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、アリシー・ブラガ、アリス・イブ、サマー・ビシル、ジャスティン・チョン、メロディ・カザエ、ジャクリーン・オブラドース、メリック・タドロス、マーシャル・マネッシュ、ニナ・ナエビ、シェリー・マリル、リジー・キャプラン、マハーシャラルハズバズ・アリ
crossing1ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E.)のベテラン捜査官マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まりながらも、彼らの境遇に同情していた。メキシコから不法入国してきた若い母親のミレヤは、息子をアメリカに残したまま、メキシコに強制送還されてしまう。女優を目指しオーストラリアから観光ビザで入国したクレアは、グリーンカードを手に入れるため、偶然出会った移民判定官の男に身を任せる…。
公式サイト
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - goo 映画

crossing4正直な話、日本の田舎に住む私、アジア以外の外国人がめずらしい(笑)
インドの人が近くの団地に住んでいたときは、遠巻きにじとーと見たさ。京都市にいくと、必ず観光に訪れている外国人をみかけるが、やっぱし物珍しいという田舎もんです。
欧米系の若いお兄さんなんか、うわぁ〜ハンサム♪っていうのもありです。そんな人なので、いまいちピンとこないものはあって当然でしょう。
何かを求め、アメリカという国に足を止め、やがて帰化という道を選ぶ彼ら。
家族で来ているものの中には、子供の中にはアメリカ国籍という事もあり、複雑になる。
親子兄弟で国籍が違ったりするのだから。
crossing7Crossing6ハリソン・フォードだけでなく、レイ・リオッタやジム・スタージェス、アシュレイ・ジャドなど脇もがっちりはしている。
監督さんも、南アフリカ出身なんだそうである。南アフリカと言えば、W杯だけど、「第9地区」8/11にDVD&Blu-rayが出ます。楽しみです♪
この不法滞在者に対する処置っていうのが、9.11以後より厄介なようなんですよね。
自由の国っていうより、おおいなる保守の国なんだなぁと強く思いました。
国民でなければ、言論の自由はないのかもしれない。
crossing5crossing3グリーンカードを取得するために、体をはるもの。
金持ちでなければという想いにかられるもの。
色んな人が渦巻く。
弱い立場の移民に手を差し出すもの。
中国人の人と接する機会が多いですが、その違いはよくわかります。
日本人の気質と違うんだよねー。細かい点で色々感じますね。
まず、謝らない。その前に、自己主張があります。
国際社会では、ちょっとそういうのは、見習った方がいいんだろうなぁと思います。
生活習慣とかも違うしね。
色んな悲喜こもごもな(どちらかというと喜は少ない)事件があり、いろんな国の人の直面する問題が浮き彫りになる。
マックスと移民判定官コールは、そういった移民の人に善意を表そうとするが、見返りを求めているかいないかが、彼らの大きな違いかもしれない。
重いテーマでありながら、田舎の日本人の私にはちょっとピンと来なかったのは残念なのかもしれないですね。どこまでも、想像の域からでないんだもの。(正直なあたし)

デス・リベンジ

先月から、ジェイソン・スティサム祭やんね。
そのジェイソンさんのコスプレもん?つうことで、手を出してみました…
まず、「怪物」っていうのがなー、なんなんだ!!って一抹の不安を覚えました。
多少、それは当たっていたかもしんないですね…(^◇^;)
オークやんウルク・ハイやん!!
魔術師?!うわあ〜〜〜あの世界観ですかぁ???となると、厳しくなるよ。
Dungeon4デス・リベンジ
原題:IN THE NAME OF THE KING: A DUNGEON SIEGE TALE
監督:ウーヴェ・ボル
脚本:ダグ・テイラー
上映時間:127分
出演: ジェイソン・ステイサム, リリー・ソビエスキー, レイ・リオッタ, ロン・パールマン、ジョン・リス=デイヴィス、クレア・フォーラニ、他
愛する家族に囲まれながら畑仕事に勤しむ農夫、ファーマー。だが、そんな彼のささやかな日常は、ある日を境にもろくも崩れさる。秩序を持たないはずの辺境の怪物たちが突如として軍勢を組み、各地の村々で虐殺を始めたのだ! この混乱の中、無念にも子供を殺され、妻をさらわれてしまったファーマーは復讐を決意! 仲間と共に怪物をせん滅するべく本拠地を目指すが、その壮絶な戦いの旅には彼の運命を変える大きな試練が待ち受けていた……!

そうあの世界観、LOTRです。好きですからねぇ、これ。なんか美術も真似っこしてるように思えます。しかも、ギムリが魔術師ですよ(ジョン=リスさん)。
そこそこ俳優さんは、イイと思います。
ファンタジーの入ったコスプレもんだったんだなあ…。いっそ、ファンタジーじゃないコスプレもんの方がよかったのにって思うな。
Dungeon2ジェイソンさん、私も好きである。異様に女性に人気があるのは、イイ体のせい?ふふ
声も好きですね。キレのよいアクションもなー。
でも、すんごい男前でもないわけよね…。ボーズだし、ハゲという噂もありますね(爆)
あっ「トランスポーター3」も観ましたよっ!!これはまた書きます。
権力を欲する悪い魔術師にレイ・リオッタ、イイ魔術師にジョン=リスさんと、なってましてね。なんかね、ジェイソンとレイはやっぱし現代風にみえちゃうのよねぇ。
いつもは銃やカーアクションのジェイソン兄さんが、ソードアクションっていうのは、新鮮でしたけど。
ロード・オブ・ザ・リング好きな私にとっては、う〜んとなっちゃいます。ロード〜をまだ観てない方なら、まだいいかもしれませんね。
Dungeon6Dungeon 1





←↑の画像なんて、どうよ。
クレッグとかいう怪物なんて、オークやん。
ロード・オブ・ザ・リングには男女の愛より強いのが、仲間の友情だったんですけど、これはそんなにござんせん。ファーマーさんは、奥さん一筋♪
邦題が、いかにもアクションがあぶなそうなんですが、原題はKINGがでてくるあたりはネタバレしまくってますね。おもっくそ、原題だと最初の方で展開が読めますもん。
Dungeon5トランスポーター3では、ヒロインにご不満な私だったんですが、この映画に関しては割と及第点。
おねえちゃんたち、カッコイイですよ。
←この種族のおねえさんたちは、ツルを自在に操っていったい何者なんだろ?
彼女たちも、どっかで観た女優さんだなぁな方ばかりです。
奥さんのクレアさんは、思い出せなくって、Imdbみて納得しました。「ジョー・ブラックによろしく」の彼女でした。
Jason1dungeon3レイ・リオッタは、相変わらずな悪役を楽しんでますねぇ。
彼の服装は、なんとかならんだんかい?
わたし的には、お暇なら観てよねって感じですかいね。
二時間超えな割には、なんか薄い感じがするし、いい人がやられちゃっても、感情に来ないし…。
ファンタジーなのになぁ…、コピーはどうみてもアクション映画だな。
ぶつくさ言ってますが、ジェイソン兄さんはかっこよかったです。
あんまり無駄脱ぎがなかったのも、ちょいマイナス要素だったかもしれませんねぇ。
(⌒◇⌒) ハハハハ

リボルバー

私、ジェイソンさんが好きである。
「スナッチ」のガイ・リッチーというよりは、マドンナのダンナという形容の方が最近勝ってるガイ・リッチー監督作品。
製作は、リュック・ベンソン。
収録時間:115分
レンタル開始日:2008-10-03
罠にはめられ投獄された凄腕ギャンブラーのジェイクは、獄中でギャンブルの究極のテクニックを会得。出所後、カジノ王・マカから大金を巻き上げて恨みを晴 らす。逆上したマカはヒットマンを雇い、ジェイクを抹殺するように命令するが、ザックとアヴィの二人組によってジェイクは救われる。二人は彼を匿うことを 条件に、全財産を渡すことを要求。さらに、血液の病気で余命が3日であることを宣告するのだった…。
リボルバー - goo 映画
公式サイト

revolver4revolver1ジェイソンさん、ちょい長髪でギャンブラーになってます。
この人の声がすきなんかなぁ??

お話的には、ちょっと哲学っぽいのよ。
うんちくのある言葉が、いっぱいでてきますので
精神的なものを感じたい人は、どうぞ(ほんとかいな)
スタイリッシュといえばそうですね。
ただ、ちょっとわかりにくいようなところがあるので、よーく観てないと、置いてけぼりくらいます。

ジェイソンさんはトランス・ポーターのように、アクションばりばりではなかったのが、残念。
でも心理的な葛藤が多くあり、それはそれで面白かったです。


revolver3この映画で、なんといっても出色なんは、レイ・リオッタ!
ちょっと狂気じみてるカジノオーナーが似合いすぎ!
後半、パンツ一丁がまた…笑えるくらい狂気。
どこか、オカマっぽい感じの雰囲気が、いいのよぉ。
(オカマの役ではありません)
後半のおろおろする顔は見もの。

ジェイソン・ステイサムより、この映画では好きかもしんないです。

他に、二人組の詐欺師も、アンバランスなのに
イイ感じ。
情緒不安定な殺し屋やら、色んな人が入り乱れ、複雑な感じなんだよね〜。
すごく面白かったとは、言い難い印象なんですが、
不思議な感じのする映画でした。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ