環境汚染

2008年02月17日

教育ニュース

京都市左京区のフリースクール「わく星学校」に通う生徒たちが8年前から毎年、
鴨川や西高瀬川など市内の河川を中心にメダカの調査を続けているそうです。

4年前から特にメダカの減少が目立ってきたため、昨年末には市にメダカの生育
を守ってほしいと要望も行った。

子どもたちは「調査はできるだけ続けたい」と張り切っている。
わく星学校は不登校の子どもを中心に受け入れて、基礎的な教科学習や自然観察
会などを行っているそうです。
メダカの調査は、2000年に鴨川や西高瀬川、岩倉川など18カ所で始めたそ
うです。
毎年夏に行い、これまで延べ15人の子どもたちが参加し、メダカを捕獲して数
を数えたり、水質、流速などを調べてきた。
本年度は岩佐友さん、馬場未来生君、岩田英一君が行った。
最近4年間でメダカの減少が目立ってきたという。
悲しいですね。。
約100匹確認していた東高瀬川ではオオクチバスの侵入で数匹程度になっって
しまった。
岩倉川でも、約50匹いたのが数匹に減少してしまった。
川べりの草がすべて刈られ、隠れる場所がなくなったことが原因として考えられ
るという事です。
また、藻やオタマジャクシが大量発生したことから、富栄養化による水質悪化が
推測できる川もあるという事です。
環境汚染が色んな所で悪影響を及ぼしていますね。
減少を受け、昨年末には、外来魚の放流の取り締まりや、川べりの除草作業の際
に隠れ家を残すことを、市道路河川管理課を訪れて要望したそうです。
岩佐さんは
「京都市内にもメダカがいることを多くの人に知ってもらって、みん
なで生育環境を守ることができれば」
と話しているそうです。
こういう小さな努力で少しずつ日本をよくしていきたいです。


katekyofeel at 00:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)clip!
家庭教師フィールメルマガ
訪問者数

QRコード
QRコード
Profile
家庭教師のフィール
初めまして!
家庭教師のフィールは、関西一円で、家庭教師をしているグループです。今度はフィールの自己紹介を…
と思っていましたが、200字は厳しいですね^^笑
同じネタで落とすのは……ですが、ホームページ見て下さい(笑)
家庭教師をしたい方は、是非家庭教師のフィールへ!!