#1「迷探偵 対決!」

ショッピングモールの駐車場で警備員の射殺体が発見された。現場検証に訪れたモンクだったが、犬のフンが気になって捜査に集中できない。そんな中、私立探偵のマーティが現れ、犬のフンも重要な手がかりだと言って次々と推理を命中させる。なかなか本領発揮できないモンクは、やがて捜査から外されてしまう。

#2「モンクの父帰る!?」

現金輸送ドライバー銃殺事件の捜査をしていたモンクに、弟のアンブローズから電話が入った。モンクらが幼い頃に失踪した父親が会いに来るというのだ。ハローウィンのその日の夜、実家に向かったモンクだったが、「フランケンシュタインの怪物」が子どもたちのお菓子を狙う騒ぎが起こり…。

父の話かと思うとハロウィンの騒動になって、ぐるっと巡ってまた元に戻る構成がお見事。

#3「名探偵ナタリー」

ピザ配達人が殺される事件が発生。殺された配達人を最後に見たナタリーは捜査に協力しようとするが、ストットルマイヤー警部もディッシャー警部補も女性判事行方不明事件にかかりきりでナタリーを相手にしない。そんな時、モンクは風邪をひいて寝込んでしまった。ナタリーはひとりで捜査を始めるのだが…。

クライマックスの趣向はポーの「黒猫」に近いのだけれど、そうとわからせないうまさ。

#4「新入社員モンク」

投資コンサルタントのケンプが、地下駐車場で何者かに右手を折られた。犯人はその前に駐車係を殺害していたのにもかかわらず、ケンプは右手の負傷のみ。ケンプはモンクに社内での覆面捜査を依頼する。社員のフリをして潜入したモンクは、同僚ができたことに大喜び。一方、ケンプにはインサイダー疑惑がかかり…。