第14回勝抜杯

クイズ大会、第14回勝抜杯の情報公開ブログです。 2014年4月26日に行われました。

スタッフ西田さんにまとめて頂いた予選問題の正解率を掲載します。
全体正解率の高い順に記します。模範解答の右の数字は順に
「全体正解率、通過者正解率、非通過者正解率、通過者と非通過者の正解率差」です。


【易しい25問】
全体平均点 13.38点
通過者平均 16.60点
非通過平均  9.95点
首位:廣海渉 23点
2位:田中健一、加藤禎久、尾林衡史、野田修平 22点

13 4人組 81.96% 89.00% 74.47% 14.53% 

田中聖のKAT-TUN脱退ニュースが記憶に残っていた人も多く、全体的に得点できていました。


11 電王戦 76.80% 86.00% 67.02% 18.98%

第3回電王戦から登場した「電王手くん」も話題となりました。プロ棋士側で勝利したのは現在まで阿部光瑠、豊島将之の2名のみ。


1 ケイ素 74.74% 86.00% 62.77% 23.23%
島田翔平さんは「珪素」と漢字回答!もちろん正解です。


5 ハバナ 62.89% 84.00% 40.43% 43.57%
「バハナ」と書いて失点した人も数名。落ち着いて正解したい。誤答では「キングストン(ジャマイカ)」「ナッソー(バハマ)」「マナマ(バーレーン)」など。


24 駑馬    62.37% 85.00% 38.30% 46.70% 

「駑馬」の意味は駄馬とほぼ一緒なのですが、「戦国策」出典の言葉であり、「駑馬」のみが正解となります。予選通過への分かれ目となりました。


42 松本清張 60.31% 75.00% 44.68% 30.32% 
上位はきちんと得点できていましたが、若い世代の誤答が目立ちました。


32 萩本欽一 59.28% 66.00% 52.13% 13.87% 
皆さん慎重にひらがな解答で得点していました。番組3本は「欽ドン!」「欽どこ」「週欽」と呼ばれた、いずれも萩本欽一の冠番組。


36 小池百合子 57.73% 72.00% 42.55% 29.45% 
「女性政治家」というキーワードから「川口順子」「田中眞紀子」「野田聖子」などが誤答にありました。防衛大臣を務めた女性は現在まで小池百合子のみです。


23 ポール・マッカートニー 57.22% 70.00% 43.62% 26.38% 
ポールが裸足であったことから、当時広まった「ポール死亡説」の噂の根拠の一つとされています。


12 こぐま座 55.15% 68.00% 41.49% 26.51% 
問題文の一つ星とは北極星のことなのですが、そのまま北極星と書いて失点した人が多数。「何座の星」と聞かれているので、一呼吸おいて正解に至ってほしいところでした。


14 葵の上 54.64% 62.00% 46.81% 15.19% 
光源氏の子女…冷泉帝(母は藤壺中宮)、夕霧(母は葵の上)、明石の姫君(母は明石の御方)。薫大将(表向き光源氏の次男だが実父は柏木、実母は女三宮)。


50 かんぽ生命 54.64% 69.00% 39.36% 29.64% 
正しくは「株式会社かんぽ生命保険」です。なお、郵便局株式会社は、郵便事業株式会社と統合して日本郵便株式会社となっています。


49 Famiポート 53.09% 59.00% 46.81% 12.19% 
セブンイレブンは、コピー機が「マルチコピー機」として役割を果たしているため、LoppiやFamiポートのような機械はないようです。


19 佐藤寿人 52.06% 65.00% 38.30% 26.70% 
双子の兄の佐藤勇人もジェフ千葉の選手。Jリーグで双子の選手は他に森崎和幸・浩司兄弟も。


38 20 52.06% 59.00% 44.68% 14.32% 
「体重(kg)」を「身長(m)の2乗」で割ればよいので、51.2/(1.6×1.6)=20となります。解答用紙の欄外に計算して頑張った跡もありました。


6 ペルム紀 50.52% 71.00% 28.72% 42.28% 
「シルル紀」(ウェールズの古民族名から命名)の誤答が多かった。古生代はカンブリア→オルドビス→シルル→デボン→石炭→ペルム、の順。


18 安藤忠雄 50.52% 64.00% 36.17% 27.83% 
誤答では「伊東豊雄」(2013年プリツカー賞)「坂茂」(2014年プリツカー賞)など。坂茂は大会の本出題にもあったので、勉強された方も多かったようです。


41 大殺界 47.94% 52.00% 43.62% 8.38% 
「天中殺」の誤答がやはり多かったようです。意味合いの近い語ではあります。


37 17年間 44.33% 57.00% 30.85% 26.15% 
「3%の期間が8年間」というヒントがあるので、3%が始まったのが1989年(平成元年)であることがわかれば計算で正解を出すことも可能です。


22 久慈市 43.81% 57.00% 29.79% 27.21% 
誤答は宮古市、陸前高田市などが多かったです。久慈市は岩手県北部にある市で、ビッグダディことコダカラー・清志もここが生誕地。


29 三好 39.69% 56.00% 22.34% 33.66% 
それぞれ実在の武将である三好政康、三好政勝の兄弟がモデルとされています。しかし、実在の三好兄弟は大坂の陣では敵味方に分かれています。


26 マメ科 38.14% 57.00% 18.09% 38.91% 
4月と7月がそれぞれ藤と萩で「マメ科」が正解となります。4月を桜だと考えて「バラ科」とした解答も多くありました。2月と3月の札なら梅と桜で「バラ科」です。


31 白川方明36.60% 56.00% 15.96% 40.04% 
全体正解率3割台にもかかわらず、予選通過への分かれ目となった問題。「白川」までは比較的書けていたのですが、皆さん名前に苦心されたようです。


3 イタドリ 36.08% 51.00% 20.21% 30.79% 
「虎」につられたのか、「トラツグミ」(虎鶫)との回答や、薬用性から「ゲンノショウコ」(現の証拠、験の証拠)とした回答がありました。


35 関西学院大学 35.05% 44.00% 25.53% 18.47% 
読み方「かんせいがくいんだいがく」に注意。ひらがな解答で「かんさい」と書いて惜しくも失点している人が数名いました。


【難しい問25問】
全体平均点:5.85点
通過者平均:7.94点
非通過平均:3.63点
首位:田中健一 17点
2位:廣海 渉 16点
3位:安藤正信 15点
   横田 薫 15点
4位:武富康朗 14点
(横田さんの順位、点数を修正しました)

39 伊原春樹 34.54% 45.00% 23.40% 21.60% 
フルネーム解答に苦労していた人が多かったようです。誤答で多かった伊東勤(千葉ロッテ監督)は2年目。


34 ベネズエラ 34.02% 45.00% 22.34% 22.66% 
「南米の国」ということで解答はしやすかったのですが、コロンビアと迷われた方が多かったようです。


15 ドリームワークス 33.51% 47.00% 19.15% 27.85% 
誤答では「ピクサー」が多かったようです。ピクサーは『トイ・ストーリー』シリーズや『モンスターズ・インク』などが知られています。


16 桃 33.51% 43.00% 23.40% 19.60% 
誤答では「梨」「枇杷」が多かったです。寿老人は長寿と自然との調和のシンボルである牡鹿を従えています。


30 和歌山県 30.93% 42.00% 19.15% 22.85% 
撮影の北限である「福島県」を書いた人も多かったようです。確かに300キロメートル近いのですが、和歌山県の妙法山からの方がより遠くから、となります。


21 『メモリー』 30.41% 39.00% 21.28% 17.72% 
『キャッツ』はアンドリュー・ロイド・ウェーバー(作曲者)、T・S・エリオット(原作者・1948年ノーベル文学賞)、劇団四季といったところもよく聞かれますね。


47 竹内智香 30.41% 42.00% 18.09% 23.91% 
誤答「小野塚彩那」はスノーボードではなく、フリースタイルスキーのハーフパイプでの銅メダルです。フルネーム解答が難しかった模様。


8 1616年 28.35% 40.00% 15.96% 24.04% 
大坂冬の陣(1614年)→大坂夏の陣(1615年)→元号を元和に改元(元和偃武)→武家諸法度・禁中並公家諸法度の制定(1615年)→徳川家康死去(元和2年・1616年)の流れでおさえましょう。


27 ワールドバザール 28.35% 37.00% 19.15% 17.85% 
「イクスピアリ」の解答も多数。東京ディズニーリゾート内にあるショッピングモールで位置も近く、非常に惜しいのですが…。


25 マウリヤ朝 27.84% 32.00% 23.40% 8.60% 
マウリヤ朝は初代チャンドラグプタから、第2代ビンドゥサーラ、第3代アショーカと続き、現在のインドのほとんどの地域を制しています。


4 重量挙げ 27.32% 38.00% 15.96% 22.04% 
問題文にある会場で実施可能な競技を考えれば、答えは絞られます。誤答では「フェンシング」が目立ちました。また「重量上げ」としてしまった惜しい失点も。


9 問丸 27.32% 39.00% 14.89% 24.11% 
土倉・借上(かしあげ)…鎌倉・室町期の金融業者。運上…租税の一種。


10 北方謙三 27.32% 40.00% 13.83% 26.17% 
誤答では「宮城谷昌光」が目立ちました。『三国志』を文芸春秋に10年連載、2006年に紫綬褒章も受賞した歴史小説家なので確かに惜しいです。


44 韓国 24.74% 32.00% 17.02% 14.98% 
圧倒的な人口を背景に「中国」の誤答が多数を占めました。正解に至った方も、一度「中国」から書き直している人も複数おり、決断のいる解答だったと推測します。


33 ミュラー 20.10% 27.00% 12.77% 14.23% 
「粉挽き」=英語のミル(mill)から連想して得点に至ろうと苦心された解答も多かったです。方向性は正しかったのですが、正解者は少なめでした。


43 伊達政宗 20.10% 26.00% 13.83% 12.17% 
戦国武将ということでいろいろな誤答がありましたが、大河ドラマの影響か、「黒田官兵衛」と書いたものが比較的ありました。


2 マルグレーテ2世 19.59% 31.00% 7.45% 23.55% 
「マルグレーテ」「マルグレーテ女王」までは書けている人も多くいましたが、厳しく×判定としております。


45 13歳 18.56% 23.00% 13.83% 9.17% 
「何歳以上」とあるので解答は書けるものの、全体的に解答がばらついてしまった感じです。結局、正解者は2割を切る結果に。


7 八天堂 18.04% 22.00% 13.83% 8.17% 
「タカキベーカリー」は「アンデルセン」「リトルマーメイド」などの店舗を展開する広島市の製パン会社で惜しい誤答。「八角堂」は堺市にあるくるみ餅のおいしい和菓子屋さん。


40 コマンダー 18.04% 29.00% 6.38% 22.62% 
commanderの語を用いるのは、「指揮官、司令官」の意味合いが強いため。今年、若田光一さんが国際宇宙ステーションの第39代コマンダーとなっています。


20 ハゼ 17.53% 25.00% 9.57% 15.43% 
さかなクンの発見の影響か、「クニマス」と書いた誤答が多かったようです。昭和天皇も、生物学者としてヒドロ虫類の研究が知られています。


28 トライアスロン 17.01% 26.00% 7.45% 18.55% 
何がしかの競技は書けるのですが、1人は知らないと正解にはたどり着けなかったと思われます。誤答ではバドミントン、ゴルフが多かった模様。


17 840 10.31% 14.00% 6.38% 7.62% 制限時間の中では少し解きにくいため、難問でした。840が最多の32個を持っています。なお、10000までの範囲だと7560と9240の64個が最多となります。


46 コンゴ民主共和国 4.64% 7.00% 2.13% 4.87% 
今回も地理問題はかなりの難度となってしましました。正解された9名の皆様は素晴らしい知識、推理力の持ち主です。


48 カラス 4.12% 4.00% 4.26% -0.26% 
何かしら鳥は書けるのですが、シード選手も全員不正解となる難問でした。誤答「ティモシー」はダンボの親友となる、鼓笛隊の恰好をしたネズミです。

近似値問題正解者
杉本光季、蔦 友宣、角崎和行

 第14回大会を無事に終了することができました。感謝申し上げます。
準決勝、決勝を中心に手に汗を握るスリリングな展開が続き、高いレベルの競技会が実現できたと感じています。設営、撤収の作業を含め、出場者の皆様、スタッフには大変お世話になりました。ありがとうございました。
 終わりの挨拶でも申し上げましたが、主催者・三木は5月に大阪へ転勤することが決まりました。次回があるのならば、大阪での開催になると思われます。今後とも勝抜杯を何卒よろしくお願いいたします。

-結果報告-

開催地:すみだリバーサイドホール
参加人数:194人
予選1位:廣海 渉(京都府) 39/50点
Winning Answer:「さのまる」
(はかま姿の腰に名物のいもフライを差して/いる、2013 年のゆるキャラグランプリで優勝した栃木県佐野市のキャラクターは何?)

 優 勝:宮川 敬(北海道)
 準優勝:野田 修平(東京都)
 3 位:田中 健一(神奈川県)

 準決勝進出:
  横田  薫(大阪府)
  加藤 禎久(愛知県)
  五島 大裕(兵庫県)
  中村 栄斗(奈良県)
  松本 裕輔(埼玉県)
  石塚 領史(埼玉県=敗者復活)

開催日:2014年4月26日(土)
大会名:第14回勝抜杯 会場:すみだリバーサイドホール
主催:三木智隆 会場最寄り駅:各線浅草駅徒歩5分、都営浅草線・本所吾妻橋駅徒歩5分
開場:10時/開始:11時/終了(予定):18時
参加費:2000円(学生1000円) コンセプト:早押しクイズの競技会
予選通過枠:100人
問題難度:易~難(例年通り)
主催者の言葉:過去3年と会場が異なっているので、ご注意ください。
エントリーは2月1日~4月21日の期間で受け付けます。
問い合わせ先:katinuke14@yahoo.co.jp
注意事項:会場の都合上、物販は禁止させて頂きます。ご了承ください。
レギュレーション:参加制限無し 

※大会開催日まで、このページがトップに表示されます。
エントリーはこちらから(締め切りは4月21日23時59分まで)
http://katinuke.shakenbu.org/

会場地図
http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/tamokuteki/sumidariversidehall/riyou_info.html

大会前日となりました。

諸注意を記させて頂きます。

▽持ち物
筆記用具、下敷きになるもの、参加費

懇親会に出られる方はその費用も忘れずに。

▽エントリー番号の確認
受付に並ぶ前にネームプレートを受け取ってもらいます。
ご自身のエントリー番号を確認の上、ご来場ください。
確認は以下から。
http://katinuke.shakenbu.org/entries

▽昼食
午前11時30分~午後1時がお昼休みの時間です。
吾妻橋を渡って浅草に出れば、大量に店があります。
また、スカイツリーまで634メートルほどの距離なので、
東京ソラマチに出てもいいかもしれません。
ゴールデンウィーク初日なので、混雑には気をつけてください。
予選の結果発表、本戦開始は午後1時の予定です。

▽マスク
会場内でのマスク着用はOKですが、舞台に上がったときは外してください。

▽舞台
舞台は高さ90センチメートルあります。
女性の方はスカートを避けて頂くことをお薦めします。

▽携帯電話
予選の最中は電源から切ってください。
本戦中は音が出ないマナーモードでお願いします。

▽QUIZ JAPAN
撮影が入ります。参加者の皆様には好意的にインタビューなどを受けて頂ければと思います。

▽見学
直前まで受け付けます。
来場予定の方は当日でも構いませんので
katinuke14@yahoo.co.jp
までメールしてください。見学費用は1000円です。

▽設営
午前9時から設営作業を行います。
前方のステージの設営後、椅子、机の設営に入ります。
人出が必要な作業です。お時間に余裕がある方、是非ご協力をお願いします!

▽回答
早押しクイズの回答は大きな声で、はっきりとお願いします。
特に24端子の1回戦はマイクを用いません。
会場の後方まで届くような声で発声して頂くと、大変助かります。


お天気も良さそうです。
クイズを通じて、素晴らしい一日にしましょう!
当日はよろしくお願いいたします。

大会へのエントリーは締め切りました。
本日以降、急病などで大会へ参加できなくなった場合は、
以下のアドレスにご連絡ください。
katinuke14@yahoo.co.jp
件名に「キャンセル▽(お名前)」と記して頂けると助かります。

エントリー、キャンセルの締め切りは4月21日23時59分です。
遅れた場合は参加できませんので、ご了承ください。

さて、大会後の懇親会のお知らせです。

◇とき 4月26日午後7時スタート(2時間)
◇ところ スーパードライホール「フラムドール」
会場に隣接する建物です。屋上に有名な金の炎のオブジェがあります。

http://www.asahibeer.co.jp/restaurant/azuma/access.html

◇会費 社会人5000円 学生4000円

社会人の会費は、値下げ交渉が成立し、当初の予定より500円下がりました。
ビールが美味しいとのことなので、たくさん飲みましょう。
大会の終了時刻が押した場合、午後7時30分くらいまでずれ込む可能性があります。
みなさんの力で片付けを行い、ささっと繰り出しましょう。

当日の参加費は以下の通りです。
午前中に受付でお支払いください。
【社会人】
懇親会参加 7000円 不参加2000円
【学生】
懇親会参加 5000円 不参加1000円


以上、よろしくお願いします!

最終回はこれからのクイズ界を支える10代、20代の方々です。

 1984年生まれの五島大裕さん(兵庫)石野将樹さん(東京)が強いです。ともに難問への対応力があり、オープンの筆記1位、優勝経験も豊富です。ABCやstuで筆記1位経験を持つ山田晋也さん(茨城)は若手では、きれいなクイズを展開する代名詞的な存在。7○3×で終わる選手ではないでしょう。東日本早押王2連覇中の鳥居翔平さん(千葉)は学生に大きな影響力を持つSTUシリーズの主催者。オープン大会頻出の基本問題で、日本トップクラスの力を誇ります。どんな局面でも自らの押しに徹することができるメンタルも大きな武器とします。
 ここから平成生まれに入ります。「頭脳王」などでおなじみの廣海渉さん(京都)は第12回のシード経験者。最新回のABCも予選1位と知識量は底知れません。abc優勝経験のある大美賀祐貴さん(宮城)隅田好史さん(岐阜)の戦いぶりにも注目。隅田さんは前回、難なく準決勝に進んでおり、優勝も狙える存在です。2人と同期の伊藤倫さん(岡山)は前回、サプライズのシード入りを果たしました。
 学生では直近のPERSON OF THE YEARとabcで筆記1位となった武富康朗さん(東京)が社会人相手にどこまで上位に食い込めるか。廣海さんのようなシード入りも十分考えられます。さらに下の年代に目を向けます。高校生クイズ2連覇の伊沢拓司さん(埼玉)はテレビクイズでおなじみの存在。今年のabcで覇権を争った青木寛泰さん佐谷政裕さん李泰憲さん(すべて東京)は新世代を代表するプレーヤーです。全国から多士済々のメンバーが集うフルオープンでどんな戦いを見せるか、目が離せません。

以上で大会展望は終了です。
エントリー、キャンセルの締め切りは4月21日中です。お忘れなきよう、お願いします。

 中堅といっていいか微妙な方もいらっしゃいますが、30代の方を紹介いたします。

 オープン大会18年連続優勝の記録を持つ春日誠治さん(埼玉)、近年はmono-seriesを主催されている神野芳治さん(埼玉)は知識の幅広さと深さ、押しの鋭さを兼ね備えます。abcシリーズ、早押王シリーズを生んだ市川尚志さん(埼玉)、昨年は著作を2冊発表した日高大介さん(東京)もクイズの普及に大きく貢献したおなじみのプレーヤーです。
 主催者と同期の松本裕輔さん(埼玉)は「間違えずに早く押す」の手本のようなクイズを展開し、押しにむらがないという印象です。昨年、7○3×で安藤正信さんに先駆けて1抜けを果たした熊谷覚さん(神奈川)は年末の東日本新人王覇者で勢いがあります。9月にオープン開催を控える北海道を代表するプレーヤー、宮川敬さんも思い切りのいい押しが光ります。

 今大会の模様を、「QUIZ JAPAN」様http://quizjapan.com/が撮影し、
後日編集した映像をニコニコチャンネルで配信を行うことになりました。
当日は会場内にスタッフが入り、撮影を行います。
お名前や映像が後日、放送される可能性があることをご理解ください。
「QUIZ JAPAN」のサイト内のレポートにも大会内容が写真とともに掲載される予定です。

また、一部の参加者の方にはインタビューを行いたいと申し出を受けましたので、
ご協力くださるよう、よろしくお願い申し上げます。

不都合な点などがありましたら、katinuke14@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

 今大会は会場内に机を70台、椅子を300脚近く設置する予定です。机は筆記クイズの際にご使用頂けますが、参加者全員分は用意できないと想定されます。申し訳ありませんが、予選時の机の使用は、当日朝の設営をお手伝い頂いた方を優先したいと思います。午前10時以降に来場された方は、机のある席が余っている場合はご使用頂けますが、ない場合は後方の椅子席で予選を受けてください。下敷きもご用意ください。
 机のある席は筆記クイズ時は1台につき2人(中央を空けてください)、本戦中は3人まで使用できます。
 ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

◇当日朝のスケジュール
午前9時 会場設営開始
   10時 開場
   11時 開演、予選筆記実施

本日はクイズの世界を支えてこられた40代以上のベテランの方々です。

 まずは、80年代後半から90年代前半のテレビクイズ時代に大活躍されたレジェンドの皆様を紹介いたします。今年3月、テレビ東京系でドキュメンタリーが組まれた永田喜彰さん(兵庫)は3年ぶりの参加予定。初期の「FNS1億2000万人のクイズ王決定戦」で永田さんと鎬を削った布川尚之さん(新潟)とともに注目したいです。おなじみの「キング・オブ・クイズ」能勢一幸さん(埼玉)は近年3大会でシード2回と強さを発揮しました。石野まゆみさん(東京)も予選3位以上を6度マークと高いレベルを誇ります。


 続きまして百戦錬磨の経験を持つベテランの方々。
 遠藤聡さん(新潟)は前回の準優勝者。全国屈指の強豪が集った準決勝を勝ち上がり、11度目の参加で歴代最年長の決勝進出を果たしました。豊富なナチュラル知識が炸裂すれば、大変手強い存在です。加藤裕之さん(愛知)は12大会連続予選通過中のレコードホルダーです。アタック25で年間チャンピオン経験のある中野亨さん(埼玉)は地下クイズ王としてもおなじみ。長いキャリアを持つ鷹羽寛さん(茨城)伊藤寿規さん(岐阜)も上位候補に挙げられます。本来は優勝候補に入れたい加藤禎久さん(愛知)は最近の鬼門となっている対決クイズをいかにくぐり抜けるか。岡山の強豪・石貫能和さん、西のクイズ女王・横田薫さん(大阪)は主催者の大学の先輩。東大OBの上野裕之さん(千葉)秋田芳巳さん(神奈川)もトップクラスの知識量を誇ります。類い希な勝負強さを持つ大森孝宏さん(東京)の押しにも注目です。

これまでにエントリーがあった方のなかから、大会で活躍が期待される有力選手を紹介いたします。

本日は4回シリーズの1回目。まずは「優勝候補」です。
最近のクイズ大会、勝抜杯との相性、結果を踏まえて〝7人の侍〟を選ばせて頂きました。


 第一に挙げたいのは知識量日本一の呼び声高い田中健一さん(神奈川)です。勝抜杯予選との相性は抜群で、過去10回参加で1位が5回。平均順位3.9位は他を圧倒する成績です。早押しでも7大会連続で対決クイズ突破中で、こちらも唯一の記録。大会の東京移転後は3大会連続準決勝で敗退していますが、優勝候補の筆頭格です。苦手の多人数押しをどう攻略できるかがポイントとなりそうです。
 クイズどころの岐阜からは安藤正信さん。前回は予選で自己最高の2位から初優勝。思い切りのいい早押しは誤答のリスクもはらみますが、はまったときは手をつけられない強さを誇ります。基本問題だけでなく、難問に幅広く対応できるのも強みです。
 安藤さんと同じくTBS「クイズ神」のタイトルを持つ渡辺匠さん(神奈川)も日本を代表する強豪です。お子様誕生のため、クイズを数か月小休止されていましたが、今年3月のABCでは鮮やかに返り咲き優勝を果たしました。知識、スピードともに高いレベルを誇ります。
 岡山が生んだクイズ王、為季正幸さんは第11回で敗者復活に回りましたが、決勝では鬼神の強さを誇り優勝しました。勝負所でチャージのミスに泣くことが多いですが、基本問題の安定感は随一です。
 大阪開催の第10回、2012年の第12回を制した片岡桂太郎さん(八丈島)も上位候補です。シード入りし、ローリングを回避できれば一気に頂点に立つ可能性があります。
 クイズ作家に転身した古川洋平さん(東京)は昨年12月の早押王準優勝、1月のstu、Qで2日間連続優勝と抜群の安定感。待つべき問題は待ち、速攻押しは高速で仕留めるボタンテクニックは必見です。
 最後には伊部聡一郎さん(茨城)を挙げます。東京移転後の3年間で、2度の決勝進出はただ1人の記録。幅広いジャンルから正解を出し、クールな外見から闘志を感じさせる押しを見せます。

 今回の会場は客席が固定されたホールではありません。がらんとしたイベントホールとなっており、大会前に設営作業を行う必要があります。イス300脚、テーブル70脚ほどを並べ、舞台設営も行わなければなりません。

http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/tamokuteki/sumidariversidehall/sisetugoiyou.html
(こんな感じです)

 専属スタッフを5人以下で回している関係もあり、参加者の皆様の力を借りなければ、午前11時に予選を始めるのが困難な状況です。大阪・十三の淀川区民センターで行っていたときのような人海戦術の会場設営をお願いしたいです。
 趣旨にご賛同頂ける方は受付を始める前の午前9時に会場にお集まり願えないでしょうか。
 また、午後6時以降の撤収作業も参加者の方の力を借り、短時間で済ませたいと考えています。ご協力よろしくお願い申し上げます。

久々の更新となります。

大会当日まで1カ月を切りました。
4月に入ってから、大会展望など記事をアップする予定です。

きょうは数件、お問い合わせのあった【見学】について説明いたします。

会場内に座席の余裕があった場合のみ、見学を受け付けます。
料金は社会人、学生問わず1000円です。
記録集「道標」は別途1000円でお渡しいたします。

予選が行われる午前11時~11時30分頃は入場ができません。
昼休み以降、受付で手続きを行ってください。

見学希望の方は事前に
katinuke14@yahoo.co.jp
まで「見学希望▽お名前」というタイトルでメールを送付してください。

なお、主催者の個人的なお願いですが、
午前11時までに来場できる方は、是非、見学ではなく参加者として大会に挑んで頂ければと思います。
参加しなければ感じられない感情、興奮がきっとあるはずです。

また、今回は、参加者全員のお名前を掲示した成績発表は行わない予定です。

以上、宜しくお願いいたします。

【決勝 round trip quiz(3→1)】

・前半は正解すると1ポイントが入り、誤答は対戦相手2人に1ポイントが加わる。
・トップのプレーヤーが13ポイントに到達したあと、その時点のポイントを持って後半に移行。
・後半は正解すると対戦相手2人を1ポイント減らすことができ、誤答した場合は誤答者が-1ポイント。
・失格者が1人出ると、誤答ペナルティが「読み切って相手に解答権」に変わる。
・対戦相手2人の点数を0にしたら優勝。

昨年と同じ形式となります。

▼前回の優勝者
安藤 正信(2位) 初優勝/参加10度目


ルール発表は以上で終了となります。
3月は私(三木)が海外出張に出ますので、更新は行わない予定です。
大会関連で質問があれば、
katinuke14@yahoo.co.jp
宛にメールを頂ければと思います。

4月に入り、更新を再開いたします。よろしくお願いします。

【敗者復活(敗者全員→1)】

・内容は秘密です!
・時間の関係で、実施しない可能性もあります。

【準決勝 3points ahead(9→3)】

・1問正解1ポイント。
・得点の1位と2位、2位と3位、…(略)…、8位と9位の間のどこかに3ポイント差が生じれば、そこでラインが引かれる。
・引かれたラインより上位にいる選手が勝ち抜け枠と同じかそれ以下ならば勝ち抜け。勝ち抜け枠より多かった場合は、ラインより下にいる選手が失格となる。3人の勝ち抜け者が決まるまで、クイズを続ける。
・例えば、4,4,4,3,3,3,0,0,0となれば、0点の3人が失格。残り6人でクイズを続行する。
・誤答は当該者を除き、生き残っている人数分の問題を休む。
(最初の問題の誤答は8休、3人残りの状態で間違うと2休。他プレーヤーが休み中であるかは問わない)
・合計5回の誤答で失格。失格者の得点は残る。

昨年と同じ形式です。
長丁場になることも予想されますが、決着がつくまで戦ってもらいます。
ここまで勝ち残った全員が一斉に競技するラウンドとなり、
日本を代表するプレーヤーがレベルの高い攻防を繰り広げます。

▼前回の突破者
安藤 正信(2位)
伊部聡一郎(16位)
遠藤   聡(32位)




【3回戦 1対1対決クイズ(16→8)】
・1対1対決クイズを8組実施。ボタンは2つのみ使用。7○3×の1位抜けと2位抜けが対戦する。
・1位抜けのプレーヤーが予選上位順に2位抜けプレーヤーを指名していく。
・4ポイント先取で勝ち抜け。ただし、3-3になった場合はデュースとなり、この状態から2ポイント差をつけると勝ち抜け。
・誤答は「1×失格」「読み切ってサイドアウト」から1位抜けプレーヤーが指定できる。

誤答ルールの「1回休み」がなくなった以外は前回と変わりません。

▼前回の突破者
田中 健一(1位)
安藤 正信(2位)
日高 大介(4位)
渡辺   匠(5位)
為季 正幸(6位)
隅田 好史(15位)
伊部聡一郎(16位)
遠藤   聡(32位)
※「QUIZ JAPAN」に登場したクイズの神々「神5」が全員、準決勝に勝ち残りました。

【2回戦 7○3×クイズ(40→16)】
・シード組10人、1回戦通過組30人の合計40人が参加。
・各組5人から2人勝ち抜けの早押しクイズを実施。全8組。
・7問正解勝ち抜け、3問誤答で失格。

おなじみ、5→2の7○3×です。
古くはTBS「史上最強のクイズ王決定戦」で行われ、最近では東西の早押王/新人王で実施される、とてもスタンダードな形式です。
全ラウンドで使用問題が最も多く、大会中の実施時間も最長となります。

▼前回の突破者
田中 健一(1位・神奈川)
安藤 正信(2位・岐 阜)
日高 大介(4位・東 京)
渡辺   匠(5位・神奈川)
為季 正幸(6位・岡 山)
西村 未央(7位・東 京)
加藤 禎久(10位・愛 知)
石野 将樹(12位・東 京)
隅田 好史(15位・岐 阜)
伊部聡一郎(16位・茨 城)
遠藤   聡(32位・新 潟)
熊谷   覚(40位・神奈川)
市川 尚志(45位・埼 玉)
津田 功司(46位・愛 知)
三浦 岳史(50位・秋 田)
伊藤 寿規(52位・岐 阜)





【1回戦・ローリングクイズ(90→30)】
・予選11位から100位までが1列に並んでいる状態でクイズを開始する。
・早押しボタンの端子数は終始24個。第1セットは予選11位から34位までの選手がボタンにつく。
・セット内で2問正解すれば勝ち抜け、1問正解で次セット居残り。
・誤答はその時点で最後尾の選手の後ろへローリングとなる。
・セット内で1問も正解できなければ、セット終了時に最後尾へ予選順位順にローリングされる。

・出題問題数は第1セット24問、第2セット22問、第3セット20問…と以下2問ずつ減っていく。
・2周目に入ったセット(予選100位の選手が入った次のセット)から問題数は固定され、前セットと同じ問題数が出題される。
・セット内の最終問題が誤答だった場合は正解、スルーが出るまで出題を続ける。
・「今、何問目を出題中」という問題数表示は行わない。舞台上への筆記具持ち込みや、客席から問題数を教える行為も禁止する。
・勝ち抜け順に2回戦の組選択を行う。


第11回(2011年)以来となる横ローリングです。順位発表は一気に100位まで行うわけではありません。
次セットに参加する選手まであらかじめ呼んでおく形となります。

▼前回の突破者

石野 将樹(12位・東 京)
廣海   渉(14位・京 都)
隅田 好史(15位・岐 阜)
伊部聡一郎(16位・茨 城)
宮川   敬(18位・北海道)
大村 哲也(22位・北海道)
横田   薫(23位・大 阪)
上野 裕之(24位・千 葉)
村上   彰(25位・宮 城)
秋田 芳巳(26位・神奈川)
遠藤   聡(32位・新 潟)
野田 征嗣(35位・岐 阜)
熊谷   覚(40位・神奈川)
山田 晋也(44位・東 京)
市川 尚志(45位・埼 玉)
津田 功司(46位・愛 知)
望月 雅由(47位・愛 知)
安藤 出海(48位・埼 玉)
神野 芳治(49位・埼 玉)
三浦 岳史(50位・秋 田)
伊藤 寿規(52位・岐 阜)
岩田 浩幸(57位・香 川)
石川 貞雄(58位・愛 知)
安達   光(62位・東 京)
苦瓜 達郎(66位・東 京)
佐藤    匠(67位・岩 手)
山口 尚希(71位・奈 良)
太田 大介(83位・神奈川)
竹内   玲(90位・神奈川)
山本 達也(93位・東 京)

【予選 50問(+近似値1問)筆記クイズ (全体→100/シード10)】
・1問1答の筆記クイズ50問と近似値クイズ1問を実施。
・制限時間は18分間。
・絶対値の大小によって判定する近似値差も同値の場合はエントリー番号の若い方が上位。
・上位10人のシード選手は2回戦「7○3×クイズ」進出。11位~100位の90人が1回戦へ回る。
・シード選手は上位から2回戦の組分けを行い、希望の組に名前を書き入れる。シード選手が同一組に複数入ってもよく、シード選手がいない組が発生する可能性もある。


今回も難易度、問題傾向ともに大幅な変更は行わない予定です。半分の25点をクリアすれば通過ラインには届くと思います。

知識の幅広さ、正確さだけではなく、複数の知識を使わなければ解けない応用力も問います。

▼前回のシード選手
1位 田中 健一(神奈川)
2位 安藤 正信(岐 阜)
3位 古川 洋平(東 京)
4位 日高 大介(東 京)
5位 渡辺   匠(神奈川)
6位 為季 正幸(岡 山)
7位 西村 未央(東 京)
8位 能勢 一幸(埼 玉)
9位 伊藤   倫(茨 城)
10位 加藤 禎久(愛 知)

たくさんのエントリー、ありがとうございます。

本戦で出題する問題の例題を記載させて頂きます。
前回大会で出題した問題と、私の自作をミックスした20問です。
当日はこのような文体、難易度で進めていく予定です。ご参考にしてください。


・人気のキャラクターの誕生日で、ドラえもんは9月3日生まれですが、キティちゃんは何月何日生まれ?
11月1日

・円周率を表記した際、小数点以下762桁目から6連続で「9」が登場しますが、この並びのことを、講義中に暗唱してみせた物理学者にちなんで何ポイントという?
ファインマン・ポイント


・絵本のキャラクターで、バーバパパの体の色はピンクですが、バーバママは何色?


・先日、タイ政府が行うキャンペーン「タイセレクト」の広報大使に就任した、お笑いグループ、ネプチューンのメンバーは誰?
名倉潤

・アルファベット3文字でKFC。ファーストフードならケンタッキーフライドチキンですが、AKB48のヒット曲なら何? 
『恋するフォーチュンクッキー』

・『燃える闘魂』『生き方』『アメーバ経営』などの著書がある、京セラと日本航空の名誉会長を務める実業家は誰?
稲盛和夫


・「カマテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2種類がある、ラグビーのニュージーランド代表が試合前に行うダンスを伴った儀式を何という?
ハカ

・青森県、岩手県、宮城県にまたがる、リアス式海岸が特徴的な国立公園の名称は何?
三陸復興国立公園

・『家政婦のミタ』の韓国版ドラマ『あやしい家政婦』で無表情な女主人公パク・ボンニョ役を演じた、日本でも人気の韓国の女優は誰?
チェ・ジウ

・2013年で創刊50周年。ガガーリンの「地球は青かった」という名言にちなんで名付けられた、自然科学を主な対象とした講談社の新書シリーズは何?
ブルーバックス


・空海が開いた綜藝種智院をルーツに持つ、陸上選手の桐生祥秀が在籍する京都市の私立高校はどこ?
洛南高校

・2011年に『仮面ライダーフォーゼ』の主人公役でテレビ初主演を果たし、『あまちゃん』の種市先輩役でブレークした若手俳優は誰?
福士蒼汰

・旧約聖書には「農業は7年に1度休み、大地を休ませる」という記述がありますが、この休耕に充てた1年を何イヤーという?
サバティカルイヤー

・中高年の女性が多くかかる「慢性甲状腺炎」のことを、初めて論文を発表した九州大学の内科医の名前から何病という?
橋本病


・同じ内容で印刷された書籍を重版といいますが、出版社に版権がなく、印刷されなくなった書籍を何という?
絶版

・東京都の夢の島に現在も展示されている、1954年のビキニ環礁水爆実験によって被爆した、日本のマグロ漁船の名前は何?
第五福竜丸

・色が白いから「素人」を連想させる、食べても当たることはない、などの理由から、演技の下手な役者ことをある野菜を用いて何という?
大根役者

・イギリスの20ポンド紙幣に肖像として用いられている、「経済学の父」と呼ばれた経済学者は誰?
アダム・スミス

・式典の飾りとして用いられ、割ると中からテープや紙吹雪が出てくるものを何という?
くす玉

・ベートーベンをモデルに書かれたとされる、フランスの作家ロマン・ロランがノーベル文学賞を受賞するきっかけとなった長編小説は何?
『ジャン・クリストフ』

▽エントリー
大会エントリーを2月1日0時より受け付けます。
エントリーのリンク先は以下になります。
上限の350名を超えるとキャンセル待ちとなります。

エントリー時刻が
「2014/01/31 23:59:59」以前のものは無効とし、主催者によって削除させて頂きます。
もう一度、エントリーし直してください。


予選の筆記クイズが同点の場合は近似値クイズで順位を決めますが、
それも同じ場合はエントリー番号が若い方が上位となります。

▽キャンセル
キャンセルはエントリーページから手続きしてください。
4月22日0時以降のキャンセルはエントリーページでキャンセルした上で、
主催者宛にメールをお願いします。
件名に「キャンセル」と必ず記入してください。
懇親会のキャンセルも同様の手順を踏んでください。
katinuke14@yahoo.co.jp
当日の連絡なしのキャンセルは今後の大会参加をお断りさせて頂く可能性があります。


▽見学
会場内に空席がある場合に限り、大会の見学を許可いたします。
見学できない場合もありますので、留意ください。
見学者の方は午前11時~11時30分予定の予選実施時間は会場内に入れません。
受付で「見学」のネームプレートを受け取ってください。
見学者の入場料金は1000円といたします。

大会に初参加を考えられている方へ、役立ちそうなリンク先を掲載いたします。

▽予選資料
前回、前々回の予選資料を掲載いたします。
ともに制限時間は18分間の50問筆記クイズです。

【第12回(256人参加、予選通過100人)】
予選問題
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke12/kachinuke12q.pdf

正解
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke12/kachinuke12ans.pdf

予選通過者一覧
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke12/kachinuke12qualify.pdf

【第13回(263人参加、予選通過100人)】
予選問題
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke13/kachinuke13q.pdf

正解
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke13/kachinuke13ans.pdf

予選通過者一覧
http://3rd.geocities.jp/q_thalath/kachinuke13/kachinuke13qualify.pdf


▽大会記録集「道標」の通販
過去の大会の予選、本戦の内容を記載した記録集「道標」や大会DVDも発売中です。
「道標」には使用問題以外にも、過去の参加者全記録など、詳細なデータも掲載しています。

以下の通販サイトからお求めください。
・クイズ宅配便さま
http://q-tak.com/
・Quiketさま
http://quiket.biz/
・キーボートスさま
http://quizkivotos.cart.fc2.com/


▽大会の簡単な歴史
・クイズ辞典に簡単な大会の歴史がまとめられています。ご参考にしてください。
http://www5.atwiki.jp/qqqnoq/pages/115.html

主催の三木智隆です。
日頃よりお世話になっております。

今年も早押しクイズの大会、勝抜杯(かちぬけはい)を開催できる運びとなりました。
私がすべての問題を用意する個人杯で、
どなたでも参加できるフルオープン大会となります。

1999年に大阪で第1回を開催し、回を重ねることで
日本有数のプレーヤーが全国から集まるクイズ大会となりました。
中学生から60代まで、クイズを愛する人々が同じスタートラインから
頂点を目指し、真剣勝負に向き合える場にしたいと考えています。

当ブログでは、当日のルールなど、大会に関する情報を開示いたします。
また、本業多忙のため、昨年行った有力選手紹介は割愛させて頂きます。
4月中旬に「大会展望」は掲載する予定です。
ご了承ください。

エントリーは2月1日午前0時から開始する予定です。
詳細については後日、記載いたします。


今年も何卒、よろしくお願いいたします。

このページのトップヘ