2018年12月17日

自分のパソコンは常に帯同しているものの、
最近、学校のパソコンルームによくゆく。
インターネットのスピードは速いし、なんと言ってもお気に入りに
登録がないので、ふらふらせずに集中できる。

今は卒論執筆の追い込み時期である。学生たちは本を何冊も置いて
パソコンに向かっている。

たとえ3万字の論文でも、初めて書く卒論は大変なのだろう。
学部生に言ったことがある。「月1本はおろか、毎週、卒論を書くくらいでないでないと
博士課程はつとまらない」
えらそうな意見がだ、本当である。th2

th3





kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月16日

簡単にスラム街というが、ことばで説明するとなると難しい。

12月15日、読んだ本の一部に定義が書いてあった。

スラム街の定義は一定していないが

「外見的には不良住宅であり、内面的には困窮者の密住地区であり、
その地区があるために、都市悪の温床となり、全市民の負担となっている地区という概念」

ヨーロッパの福祉政策は、まず住宅を確保してあげることだという。
しかし、日本では住所の定まっていない人に福祉の支援はない。

北欧と違い、家がなく、その辺で野宿していたとしても
凍死することがない、がその根源か?


th

th1






kato2008 at 18:00コメント(0)

2018年12月15日


苺という文字の中に
母という字を入れた
遠い昔の人よ
あなたにも
愛しいお母さんが
いたでしょうね
時代は変わりましたが
今の子供達も皆
苺が大好きです
お母さんが大好きですよ

img001
星野富弘が有名になったのは
自分もよく聴いていた「みんなのラジオ。日曜版」で人気のあった
相田みつをの後編として取り上げられたため。




kato2008 at 15:54コメント(0)

2018年12月14日



順天堂大医学部が、女子と浪人生を不利に扱い、合格ラインに達していた受験生を不合格にしていた。今年と去年で165人に上る。面接を行う2次試験の評価では男女で異なる合格ラインを設定していた。  驚くべきは、その理由だ。「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」「20歳を過ぎると差がなくなるというデータがあり、男子学生を救う発想だった」というものだ。  順大は、文部科学省の調査に対し不正を否定し、調査に当たった第三者委員会にも、性差を正当化するような学術論文を提出したという。だが、この弁明は開き直りに等しい。  医学部1年生は全員寮生活を送る。順大は、女子寮の収容能力の限界も女子合格者抑制の理由に挙げたが、新たな寮の完成後も、判定基準は変わらなかった。

順天堂も馬鹿だな、と思った。東京医大の方がはるかに、まともである。

女子が皮膚科や眼科、など緊急や夜勤の無い比較的軽いものを専攻したがる。
これらは都市部に集中する。

外科や小児科は嫌う。
堂々と、これらの人材確保のために、男性50人、そのた50人と募集すればいい。

10年以上前、法科大学院がなく、司法試験の合格者が700人のころ
「500番までは順番に、残り200人は受験回数3回以内から合格者を出す」
という制度があった。
これだと、501番で不合格になる人がいる一方で、1500番くらいでも
合格する人がいる。
現役優先というより、若い人優先はやむをえない。


kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月13日

備忘録
朝から雨、今日が年内最終 73回

酒を飲むのをやめた理由に、家の中にビール缶すぐ貯まってしまう、
と言ったが、コーヒーの瓶も貯まる。
最近は200gのものがなくなり、100gも90,80gと小型化している。
1週間に軽く1瓶空いてしまうので、すぐに10,20と貯まってしまう。
そろそろコーヒーもやめようか。

河野外相の4回連続「次の質問どうぞ」には閉口した。
オリンピック担当大臣の資質も酷いことが、むしろ河野外相の方が
悪質で問題が大きい。
質問の途中で水を飲んだり、そわそわしたり、これは
真面目に聞かない、真面目に答えるつもりがない証拠である。

そろそろ中国旅行のガイドブックを買おう。

16日、久々に学内でアルバイト。






kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月12日

毎年、今頃になると会話の中で出てくるのは

「日が短くなった…」

直訳すれば、日照時間が短くなった、であるが、
実際の会話では「日が沈むのが早くなった=暗くなるのが早くなった」
であろう。

よく勘違いする人がいる。「冬至の日が一番早く日が沈む」
冬至は日照時間が一番短い日であり、日が沈むのが一番早い日ではない。
毎年違うが、だいたい12月5日〜10日くらいが、もっとも早く日が沈む。

       日の出     日の入り
11/20  06:20:37   16:31:59
12/01  06:31:06   16:28:16
12/06  06:53:30   16:27:53(今年一番早い日没)
12/10  06:37:57   16:28:04
12/20  06:45:26   16:31:10
12/22  06:46:29   16:32:08(冬至)
01/01  06:50:01   16:38:30
01/07  06:50:40   16:43:24(日の出が一番遅い日)

登山をする場合、ヘッドライトなしで山道を歩けるのが、
日の出の40分前から、日没後50分後 くらいまでとされている。



kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月11日

毎日のように、東名高速道路、危険運転に対する裁判が報じられている。
求刑は危険運転致死罪を適用し、懲役23年であるが、
TV解説者は止まっている車であり、この罪状を適用するのは無理、
としている。

しかし、そこが裁判員裁判の難しいところである。
私の予想は一審は懲役20年、二審が懲役7年である。
裁判員裁判は、より世間感情に敏感である。
普通の裁判は3人の裁判官の合議、実際は多数決だが、
裁判員裁判は、裁判官一人を含んでいれば、しろうと裁判官の
多数決で決まる。
プロ裁判官は、動機や計画性、初犯を重視するが、素人は
それらを重視せず、結果を重視する。
計画性があろうとなかろうと、家族を失った悲しみは同じ、という考えである。

高速道路の追い越し車線に停車していれば、車は動いていなくても
運転行為の一部である。

でも、高裁は認めないだろう。
それなら、最初から裁判員裁判なんかいらないでしょう、という人がいる。
三審制は憲法で保障された権利である。



kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月10日

私と姉とは、5才(5学年)離れている。
中学校はダブったことはないが、同じ先生から教わったことはある。

数学のI先生は、50才くらいで、実家はお寺であった。
私の家は、途中から、このI先生の檀家となった。
このI先生が,坊さんとして、我が家に来てくれた記憶はない。

この先生に私と姉は数学を学んだ。
というより、共通の話となるのは、頻繁に生徒を殴ったこと。
暴力は当たり前、今回の貴ノ岩くらいの暴力であれば、
1日3回くらいはクビになっている。教師が生徒に対する暴力なんて
当たり前な時代であった。


kato2008 at 18:00コメント(0)

2018年12月09日

義務教育
日本の憲法
第二十六条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2 すべて国民は、 法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

11月1日の授業で、終戦直後に台湾に留用された日本人の子弟教育について
部分的に発表した。
何よりも気にしたのが子どもたちの教育をいかに受けさせるかであった。

さて、外国人労働者受け入れ、
法律には「属地法」と「属人法」があり、
憲法の義務教育に関する条文は「すべての国民は」と書かれているとおり、
日本国民を対象にしており、国内で働く人の子供まで義務教育の
対象としていない。
やはり教育は大切だ。



kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月08日

掛け算
6 × 7=42 
これを英語で言うと

「six  times  seven  equal  is  forty  two」

isを省略したとしても、結構長い。

日本語では
「ろく しち しじゅうに」
単に数字を並べているだけである。
さらに、リズム感がある。

これが原因らしい。



kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月07日


世界200か国以上の中で、日本の基準で水道水が飲めるのは8か国だという。

アイスランド
アイルランド
オーストリア
デンマーク
ドイツ
フィンランド
ノルウェー
南アフリカ共和国 

日本の水道水は飲むことを前提に供給されており
海外では、水は買って飲むもの、が定着している。

世界で、きれいな淡水が完全に充足されている国は
5,6か国と聞いたことがある。

なんと言っても日本の強みは、きれいな淡水が大量にあり、
まったく困らないことだ。
20世紀は石油をめぐる戦い、21世紀は水をめぐる戦いなのだ。



kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月06日

12月6日 日々雑感

12月5日にブログのアクセスが549あった。
アクセス数にはPVとUUがあり、これを見ると
一人の人が500以上アクセスしたことがわかる。
1回のアクセスで5〜8日くらい読めるので、
5としても2000日以上のブログにアクセスしたことになる。
「犯人」はだれか? 可能性があるのは、11月30日に久々に会った
OB会のメンバーか。

12月に入っても暖かい日が続いていたが
今日は朝から冷たい雨が降っている。
いつも思うが、仕事には二種類あり、
雨の日に雨カッパを着て仕事をする人
郵便配達、新聞配達、宅配便、建設工事、など
室内とは言わなくても、雨ガッパを全く使わない仕事

荒井由実さんの「冷たい雨」を思い出す。

久々に正月登山をしようとプランをたてるが、どうしようか。

カンボジア仲間の女性が娘(5才)とインドに行くという。
今更、元彼との復縁はないと思うが。

暖冬のため、白菜、キャベツ、大根の生育が早く
安い。この反動は年明け、大寒のころに来る。






kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月05日

12月3日(月)
20:20からの大学院博士課程の読書会
佐々木雄一『陸奥宗光』
なんと著者の佐々木さんも参加していただいた。

この本の中に、.陸奥の死の直前における原敬との面会シーンがある。
『原敬日記』からの引用だが、このシーンは何回読んでも感動する。

原は陸奥から多く語ってもらわなくても、言いたいことは十分わかる、とした。
さぞつらい別れだっただろう。


41xzhnlKv-L._SX316_BO1,204,203,200_

条約改正や日清戦争の難局を打開した外交指導者、陸奥宗光。幕末の紀州に生まれた彼は、坂本龍馬のもと海援隊で頭角を現す。明治新政府において県知事などを務めるが、政府転覆計画に関与し投獄される。出獄後、欧州遊学を経て再起し、駐米公使としてメキシコと対等条約を締結。1892年、伊藤博文内閣の外務大臣に就任し、条約改正や日清戦争で手腕を発揮した。最新の研究成果をもとに、「日本外交の祖」の実像に迫る。


kato2008 at 18:00コメント(0)

2018年12月04日


11月30日
あるOB会があった。
参加者は予想より多く、20人以上いた。
私は人の名前を覚えるのが得意な方なので、
ほぼ全員の名前を憶えていた。
おどろいたのが、多くの人が私の名前を憶えていたこと
昔、ばかばかりやっていたこと、失敗したこと、成功したことなど
いろいろなことを話題にしてくれたこと。

話は変わるが、有吉佐和子の「私は忘れない」という小説がある。
自分がここまで大過なく過ごしてきたのは、この小説に出てくる
校長先生の別れの一言だった。その一言に感動した新進女優は
「わたしはこの島のことを忘れない」と誓ったのだった。

久々にこの小説を読んでみたい。
このOB会に参加して帰り道に思った。



CIMG3069

51cw-QRSG6L._AC_US300_QL65_





kato2008 at 17:30コメント(0)

2018年12月03日

東京国立博物館で顔真卿(がんしんけい)の特別展がある。
唐の時代の忠臣として名高いが、書家としても超一流で
唐に留学中の弘法大師が書の手本としたくらいである。
私の論文に台湾統治時代に藤田組に所属し、台湾総督府と交渉役となり
のちに台湾5大財閥となった顔雲年が登場する。
彼の祖先は顔真卿という。
雲年のひ孫が、顔窈、顔妙さん姉妹でる。顔窈は歌手の一青窈さんである。

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

 日本の考古・特別展(平成館) 

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」 /
平成館 特別展示室   2019年1月16日(水) 〜 2019年2月24日(日)
  
祭姪文稿(部分) 顔真卿筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵
中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達しました。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させました。そして顔真卿(がんしんけい、709–785)は三大家の伝統を継承しながら、顔法と称される特異な筆法を創出します。王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識のもとにつちかわれた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えました。
本展は、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫ります。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します。



kato2008 at 18:00コメント(0)
★私ってこんな人★
さいたま市在住。仕事を早期リタイアして現在、大学院博士後期課程に在学中。日々、老骨と老眼に鞭打って勉強中。カンボジアを中心に海外旅行大好き



★プロフィールです!★

kato2008

★月別BLOG★