Kyudoブログ〜加藤弓具店のスタッフブログ

経験に裏打ちされた技術で、価値ある製品を
お届けする加藤弓具店のブログです。

加藤弓具店のホームページへ

ダブルフェイス新色です。今回は同色系です。


 ご好評いただいておりますダブルフェイス・カケ紐の新色です。

 カケ紐は簡単に付け替えができますし、見た目が全然変わります。気軽にできる気分転換にお薦めです。


WF2020春新色 (2)


 
 今回は、同色系の組み合わせになりました。
  
1.濃いピンクと淡いピンク
ガーリーの王道を狙って!ピンクx白と迷いましたが・・・。

2.濃いムラサキ色と淡いムラサキ色
  古代紫(エヴァンゲリオンの紫というか、ベタな紫というか)を用意したかったのと、組み合わせとして品が良さそうな感じがしました。

3.濃い緑と黄緑色
緑系で2色は用意したくなく、しかし、濃い緑とウグイス色のどちらも捨てがたく、と言ったところです。

WF従来色 (2)



これまでの茶色と組み合わせたダブルフェイスもよろしくお願いします。

 
 

シャークの革の握り革です。

 新発売、サメの革、シャークスキンの握り革です。



IMG_0707

 一般に鮫皮というと、なぜかあのツブツブのエイ(スティングレー)の皮のことを指しますが、こちらは一般的な意味の鮫で、シャークです。ヨシキリザメの革になります。


 表面の立体的な模様は天然のもので、型押しではありません。サメ革独特のもっちりとした質感も合わさって、既存の握り革にはない独特なフィット感があります。


 販売前の製品評価では、吟付き革ということで(起毛していない)、汗っかきの生徒さんに多く試していただいて・・・・。評価は良かったし、それも重要な方向性だとは思っていたけども、それだけではなくて、もっといろいろな人に選んでいただける製品なのではないかと期待しています。


 ちょうど今、国体の会場で先行販売されていると思います。これから全国の弓具店さんに案内を出して、今月末ぐらいから販売されていく予定ですので、是非この新しい質感をお試しください。


プラスチックは使われない方が・・・。


お盆前の修理です。

知り合いの方に弦枕の調整をしてもらったそうなのですが、弦枕がずれるとか暴発するとかで、元に戻してほしいとのご依頼でした。

というわけで、とりあえず腹革を剥がしてみたのですが、
IMG_5315

IMG_5314

珍しいことに、プラスチックが使われていました。

もちろん私見ではありますが、プラスチックのような接着性の悪いものを修理に使うのは無茶な気がします。
いろいろな種類のプラスチックがあって接着特性もいろいろですが、基本的に接着性が悪いので、ほぼほぼ接着不良になると思います(控えなど接着面を広く取れる場所はやりようもありますが・・)。

加藤弓具店では、弦枕や芯革(控えの中の牛革の芯)にそれぞれ特別に吟味した牛革を使っています。それでも、いつのまにか品質を微妙に変えられてしまい、加工性や接着性が悪くなってしまうことがあります。

なんだかんだで10年に一度ぐらいは牛革メーカーを変えているかもしれません。接着性の良い牛革でさえ意外と難しいです。

少なくとも2年半、さらに何十年と使われるかもしれない製品ですから、材料選びも必死です。

ウグイス色のダブルフェイス 新発売です。

IMG_3516 (1)

ダブルフェイスのカケ紐、たいへんご好評をいただいています。


しっかり感がすごくいいようなのです。


きれい!かわいい!というのもありがたいのですが、実用性の観点で評価をいただけるのは、一番うれしいです。


革のカケ紐よりも安定してしっかりしていますので、しっかり感をお求めのお客様には特にお薦めです。


そして、この度、ダブルフェイスのカケ紐に新色のウグイス色が発売となりました。色は、「鮮やかな黄みどり色だけれども、かろうじてウグイス色と言っても差し支えないかな?」ぐらいの感じです。


これで、ダブルフェイスのカラーバリエーションは、茶色との組み合わせで、黒、紺、エンジ、赤、ウグイス色の5種類となりました。


是非、ダブルフェイスのカケ紐をお試しください。

赤のカケ紐をダブルフェイスで


赤が好きな方、朗報です!!


ダブルフェイスの赤色x茶が発売となります。

IMG_2090


赤は、可愛らしい色合いの赤だと思います。 


赤のカケ紐のご注文は、年に数本程度で、数としてはたいへん少ないです。そのため、赤のカケ紐の注文をいただいた場合は、革を一枚染めて製作しております。


今年修理で送られて来た弊社のカケに、革製の赤いカケ紐がついていたのですが、ひどい色落ちでカケが赤色まみれになっていました。

弊社で革を赤に染める場合は、通常表を赤、裏を茶に染めますので、表裏両面赤で染められたカケ紐は弊社のものではないとは思うのですが(あったかもしれないし)、それでも、なんだかその印象が強かったのでしょうか、ダブルフェイスで作りたいなーと思ってしまいました。

IMG_4835


ちなみにシャア専用ではありませんので大丈夫、ご興味ある方は是非弓具店さんにご注文ください。
弓道の世界に合わない色合いではないと思いますが(面倒な文章ですいません)、ご興味が方は、ぜひ道場の基準をよーく調べてからご購入ください。
厳しい場合に、茶を表にして許されればいいですが、駄目な時は諦めて、インスタにでもご利用下さい。
 
よろしくお願いします。 

 
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ