ようやく高須ナイジェリア事件終わりました。
裏側の続きです。

急遽リオに行く事になり、19日13時 大手セレクトショップの研修講師を終え、急いで成田に。
高須さんと同行の和田さんは西側からリオへ、私は東からリオへ。2人で合わせて地球一周です。

私は成田→ロス→アトランタ→リオ→ベロオリゾンテ(スタジアムある街)まで全て乗り換え1時間半以内。ベロオリゾンテで高須さんと合流し、スタジアムまで一緒にエスコートの予定でした。

ちょっとでも遅れたら試合に間に合わないので、トランジットは全ダッシュでした。
↓全力で走り続けたら革バッグの跡がw


しかし、飛行機の移動中にやっぱり起こりました。

19日16時
ナイジェリア大使館がメンツを保ちたいのか空港からスタジアムまでのエスコートをやりたい、と。

こちらがどれだけの時間を要してサッカー協会のエスコートのオペレーションを組んだか、、まあ、それは良いとしてバヨが間に入り、協会と大使館の両方がエスコートに来るという、無駄に豪華な話に。。笑

しかし、詳細の詰めの段に入ると土日だから、と大使館とあまり連絡が取れず、、、。

それはまだいいとして、

19日23時
高須さんにBBC記者からメッセージが届

ーーーー
Name: Katsuya Takasu 
Passport no: TR••••••••••••
Date of Birth: January 22, 1945 

They need 
Passport Expiry and start date, 

It's needed to get him the pass from fifa online.

he pass from fifa online.

ーーーー

和田さんコメント:このようなメッセージがオケレジから高須先生へ来たのですが、何の件を指しているのかがわかりかねています。


私は和田さんにBBCルートは断ったことでメンツを潰したので、逆恨みは気をつけた方が良いと伝えていた。(彼らからしたら独占的なネタを仕入れられるはずだった)

そこに来て、この高須さんのパスポート情報を聞くメッセージ。誰も意味がわからない。
これまでこのBBC記者から高須さんに直接メッセージが来たことはない。

誰かに宛先を間違えたのか、BBCルートのエスコートの断りが伝わっていなかったのか。
しかし、後者であれば同行している和田さんのパスポートは聞かずに高須さんのみ聞くのはおかしい。

とにかく危険であることに変わりはない。和田さんにこのBBC記者とチームスタッフ(協会所属ではない)とのこれまでの連絡記録を全部共有してもらった。

内容から見るとやはり20万ドルはNFFの未払い分というより、高須さんからのプレゼント=協会には別途請求の可能性大。というものが見えてきた。

また、よく見るとエスコート断りの返信に対するリアクションはない。しかし、時間的には目にしていないことはあり得ない。
逆にそこに返信がないことが不気味。

高須さんの身に何かあったら洒落にならない。

すぐにバヨからこの記者とチームスタッフの居場所の特定を協会に依頼。

20日朝3時
しばらくしてチームスタッフは確認が取れて、問うとやはり受け取った上で協会には別請求しようとしていたとのこと。

記者はまだ居場所は確認できていない。
そして、リオから会場のベロオリゾンテへはターミナルの移動があるため、そこの危険もある。

文章に書くと簡単だが、これを西から向かう高須、和田組、東から向かう加藤、日本で対応のバヨ、ナイジェリアサッカー協会、ブラジル大使館とこれまた時差による意思疎通の難しい。

飛行機内で寝れない時間が続く。

危険を感じて高須さん達が先に着くので空港から出ずに中で私を待っててもらうように依頼。

BBC記者がどこにいるかは掴めていない。現地空港に着いた時の不安が残る。

果たして無事にエスコートまでたどり着けるのか、、、

20日17時
エスコートに来るはずの協会スタッフと連絡が取れなくなる。
何かが起こっている。

20日20時
高須さんから現地空港着との連絡が入る、、、高須さん大丈夫ですか??と聞くと返事が、、、。




スマホで打ってて疲れたので、
続きは明日書きます。(笑)