完・高須ナイジェリア事件の裏側、途中でやめてごめんなさい。
これで本当に完です。

20日20時
高須さんから現地空港着との連絡が入る、、、高須さん大丈夫ですか??と聞くと返事が、、、。


すると、、、












空港のVIPルームで寛いでるとのこと。(笑)
すでに駐ブラジル大使も合流してるとのことで、一安心。

私も遅れること1時間、ようやく初めて高須さんに会えました。初めてとは思えない感じ。

しかし、結局サッカー協会の人は現れず。

そして、大使館の車に乗り込み、完全警備でスタジアムまで。


















護送車の中はこんな感じでした。(フェイスブックライブで流してました。)

しかし、サッカー協会は4人分のVIPを取ったとのことだったが、登録されているのは高須さんのみ。
なんとか説明して入れたが、サッカー協会の人は最後まで誰もいなかった。スタジアムにもいなかったので、これは何かあったな、と。

協会を通して小切手を渡すということになってたので、選手のルートを再構築する必要がある。

そこにBBC記者とやりとりしていたチームスタッフのトフェが通りがかり、再度交渉。すぐにオッケーで、大使に言って、ということに。

ここで分かった。元々のBBC、トフェ、大使ルートはずっと繋がっていて、本件で協会を降ろしにかかった。
恐らくそこが決裂して協会側が完全に引いたとのことなのだろう。
↓後で協会は今回の寄付はしっかりとした手続きを踏んで行われるべきだった、とツイッターでスポーツ大臣のことを述べている





















ともあれ、小切手を渡せるルートが再構築できたので、まずは試合を楽しむことに!


VIPルームはこんな感じ。



国家斉唱高須さんもこの時は気持ちはナイジェリア人。きっと笑








































天気も良く涼しくて気持ちいいがバックスタンドみればわかるけど、ガラガラ。6万人のスタジアムに1万人弱という感じ。

試合は早々にナイジェリアが先制してペースを掴み、後半にも2点入れて3-0に。

しかし、いつも通り70分過ぎから疲れたのか手を抜いたのか(両方っぽい笑)、2点決められ、危ない場面があったが、なんとか凌いで3-2で勝利!!

銅メダル!

























嬉しい、けど、若干残念なのは会場人数が少なくて盛り上がりに欠けたところ。
試合中、ブラジルの応援してるやついたし(笑)

さて、私たちにとってはここからが本番。
一足先に彼らの宿泊ホテルで待機。

待っているとシアシア監督と選手たちが帰ってきた。
その後、会議室で渡すと思いきや、、、事前にスポーツ大臣と大使とシアシア監督達と会議。














テーブルに座るとこれまでのにこやかな雰囲気と違い、いきなり狩りをするライオンモードになるナイジェリア人達。
(ビデオはNGと黄色帽子のスポーツ大臣)

内容は、高須さんお金は寄付だからミケルとシアシアの名前の小切手では渡せない。これだとミケルとシアシアのお金になってしまう、というようなことを繰り返し言う大臣と大使。

高須さんは、もう小切手にしてあるのだから渡して適切に分け合ってよ、紳士に何度も優しく伝えるも大臣と大使の押しが強い(とにかく主張する笑)

こちらが話し終わる前に言ってくるもんだから終わらない。

あまりに話にならないので、大臣が熱弁してるところを私が待て待て、と遮り(後から考えると一国の大臣の話を若僧が待て待てと遮るのもちょい失礼だったかな、、と笑)、

そもそもの高須さんの想いとお金の趣旨とシアシアにもらったらちゃんと分け合うこと、協会に二重請求しないことを伝える。

高須さんも何度も伝え、日本に帰って再度手続きはしない、とということで、要はもらうの?もらわないの?という話になり、無事に小切手で渡すことに。
(この時は試合以上に緊張感あった笑)

そして、ようやく選手が待つ会場に行って、小切手を渡す時が!

高須さんも大臣を立てて、大臣から渡すことに。(これで大臣含めて喜んでもらえる人が増えるなら自分は嬉しい、と。もう高須さんほんと素敵。)































最後はみんなで、イエス高須クリニック!


この日は和田さんがビデオも回してたこともあり、僕がカメラ撮り役。

仕切るのは良くやるんだけどカメラは慣れてないもので、イエス、高須クリニックがほとんど俺の声しか聞こえない、、、すみませんw


ミケルと個人的に好きなエコングと。
遠くない将来に今運営しているクラブかこれから買うクラブでこのクラスが在籍するような感じにしたい。











あと、ここで書こうか迷ったことだか、正直に。
写真見ると楽しいように見えるが実はこのチームの雰囲気は良くないと感じた。試合に勝って銅メダルをさっき取ったチームには思えなかったのだ。
要因はチーム内のコミュニケーションを観察していてなんとなく分かったがそれは伏せたいと思う。

東京オリンピックではチームビルディングをしっかりして優勝を狙って欲しい。うちの選手も送り出したいな。


最後は大使が空港までお見送り。

















全ミッションを終え、ホテルで同行の和田さんと小打ち上げ(高須さんはお疲れなので、ご就寝)























部屋に戻り、ほとんど寝てなかったこともあり、12時間位寝ちゃうかな、と思ったが時差もあり6時の早起き。

朝飯もがっつりブラジル肉を食い、海辺を散歩。(一瞬だけ観光気分を味わう)































1週間前に高須さんのツイートに反応して始まった出来事。その時は1週間後に1泊5日でリオにいることは想像してなかった。

性悪説の文化と仕組みの中では単純な善意はうまく回らないことやアフリカ、役人という属性を想像だけでなく体感したこと、高須さんの本当の善意の心とプロモーションのバランス。
色々学んだ。

でも、1番は今回は高須さんの善悪がちゃんと伝わるように、うまく回るように、影からのサポートだったが、いつも裏で支えてくれている社員やクラブスタッフの気持ちがわかったこと。
それを踏まえた上でもっと自分が大きな影響力を持って世界を変えていきたいということ。

高須さん、本当にありがとうございました。一緒にいるとツイッターでは伝わらない高須さんの素晴らしさがわかるんだけどな、、、笑


今からまた24時間!今度はオランダ経由なので世界1週(笑)
オブリガード!!




〜前に向かう意志が明るい未来を切り拓く〜

あ、こちらのナイジェリアのゲットーからバロンドール獲得選手を、出す!と言うプロジェクトもやり始めたので是非ご覧ください。
手数料がもったいない、とクラウドファンディングを通さない大口支援の方が増えてまし、大変有り難いです(^^)