憂鬱な日々が・・・(交換メールより)地球の異常現象はなぜ起きるのか?

2010年04月05日

N響アワーを録画して楽しむ

以前に購入したパソコンは、TVチューナー内蔵型で、家族内で同じ時刻に放送される番組の取り合いになる場合、しばしば用いています。更にまた、録画機能もありますので、フィギュアで、浅田真央選手が台頭してきた頃は、たびたび録画していました。最近は、もっぱら、N響アワーです。

気が付いてみますと、30本ほどの録画が溜まり、1テラはあるものの、ハードディスク容量の60%にも達しましたので、ブルーレイディスクに書き込みして、その後、消去することにしました。

パソコン購入当初は、書き込み、ムーブをすると直ぐに、その分は自動的に消去されていましたが、いつからかは記憶にありませんが、10回まで、書き込み、ムーブすることが許容されることになりました。そのため、ハードディスクに空き容量を付加するためには、ムーブした後、消去する作業が加わりました。

過去の録画番組を改めて見てみますと、懐かしいものが多く、やはり、ディスクに残しておきたいと思うものばかりでした。なかには、午前1時20分から、午前4時20分までの深夜番組の録画もありました。「朝まで話そう」というテーマで、政治、社会について、学者や学生、新聞記者、一般社会人などが論争を繰り広げた内容でした。

パソコン内蔵の放送録画機能を用いる場合、大変な注意が要ることを学びました。

1.インターネット回線を切断すること

  これをしないと、ダウンロードなどがあったばあいには、「ダウンロード中」というメッセージが画面に残ります。「Windows Updateプログラム」が自動的にダウンロードされた場合でした。

2.ウィルス・セキュリティソフトを、「サイレントモード」にしておくこと

  これをしておかないと、自動的に、スキャンが始まり、画面、音声に乱れが起きる場合があります。

3.詳細な「電源管理」を行うこと

  録画時間に対応して、ハードディスク、スリープ、ディスプレイの3項目について、電源切断時間の設定をやり直しておくことが必要です。これをしておかないと、録画を再生してみますと、画面、音声に乱れが生じます。

メーカーのホームページでは、ソフトで録画するため、画面に乱れが生じる場合があります、と記されていましたが、上記の方法を採れば、画面に乱れの生じることなく、録画をすることが可能になることを発見しました。

これらの注意事項に気付くまでに、相当の時間が掛かりました。N響アワーに現れるアシュケナージを録っておこうとしましたが、いずれも、画面、音声に乱れが生じていました。ジュニア時代の浅田真央選手のばあいも、乱れがあり、何とかしなくちゃー、との思いで、方策を探った次第です。

いまでは、このN響アワーは、残しておきたいと思うものは、確り録画できています。特に、新鋭のソリストの紹介については、貴重な録画だと思っています。

katokats2008 at 12:54│Comments(0)TrackBack(0) TVチューナー内蔵型パソコン | 音楽

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
憂鬱な日々が・・・(交換メールより)地球の異常現象はなぜ起きるのか?