シネマハスラーの批評くるぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
98a17eac-s





http://radiko.jp/#TBS
989b43e887d44955686c7c5cf5ebfc83
友人からのメールで初めて知った件。ちなみに、番組自体はよくきいてます。視聴者からのメールと、本人が見た感想をわかりやすく語ってくれます。
utamaru_96_interview
d9ccfbd3feef5cbe8f0399e6160cfdcc


生で聴いてく予定なので、後々聞き終えたらどんなこと言ってたか書いていきますかね。



聴き終えました。かなりネタバレに気を遣ってたようですが、大絶賛してましたね。
新房作品に虚淵作品予習して臨むとかすごい。で、3回見たんだもんなぁ。

リスナーはやはり高評価が多かった模様。でも、TV本編ですっきりまとめたのに、あの終わり方では後味が悪いという意見もあったと。

ただ、本作は続編である以上に、ファンが見たかったものを見せるというファンサービス的な面が強いと。つまり、アメコミヒーロー終結した『アヴェンジャーズ』の様な、日本のアニメで言えばプリキュアオールスターズ他、そういった勢揃い作品であると。

そういった続編としては氏曰く、100点だそうで。例を挙げれば、TV本編ではあんさやが共闘することはなかったけど、手を握って戦う場面など。

つまり本作は、登場人物は全員女の子だけど、男の子が喜びそうな手に汗握る熱血アクション映画であると。萌えでなく、燃えで熱い作品と。

他、似てる作品として『リベリオン』に『ダークシティ』、『ビューティフルドリーマー』挙げてましたね。不二子FのFの方の短編作品でも似た様なのがあったと。

山川さんなる人の評論本の言葉を借りると、まどまぎは『ほむらの片思いの物語』。ほむらの愛はまどかの為だけの物であり、世界や他人はどうでもいいという愛。

まどかは力は無いけれど、他人や世界全体を想う愛。正義と悪の戦いと。で、やはり『デビルマン』に成るしかないと……


そうですね。本当、世界が云々言ってるけど、ほむほむはまどかしか見てないわけだもんなぁ。考えさせられる考察でしたわ。