2006年05月05日

 ちょっと仕事でスパムのカテゴリの統計をとっていた。
スパムの中で、あて先を間違って送っていると思わせて、
親切な人に返信して貰って、カモのアドレスを収集するというものがある。

そんなかで、面白かったもの。

●●1通目
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
題名:同じ職場で働いていた洋子です。

本文:
働いてた洋子です。
8年も前の事なので、覚えていないかもしれないですけど。
上司の斉藤さんからこのアドレスhoge@hogehoge.jpを教えてもらいました。

今更なんですけど…私は雄二さんの事を好きでした。
ただ、あの時は私は既婚者でしたし、声をかける勇気も無くて。
実を言うと先月離婚したんです。
こんな都合の良い考えは申し訳ないとは思ったんですけど
長年の思いを伝えたくてメールしたんです。

雄二さんは素朴で真面目で、そんな雰囲気に惹かれて。
それに比べて、私なんか遊び好きだし、釣りあわないとは思って気持ちを押さえていました。
でも、雄二さんの様な人柄なら心から真剣に愛せるかなって。
あの時は、不倫の関係にしかならなかったすけど。
今は私も独身ですから。本気で、真剣に愛せると思うんです。

私の事、覚えていてくれたら、真剣な気持ちを受けとってくれるなら連絡下さい。

今も以前と同じマンションの501号室に住んでいます。
携帯番号はご存知なかったと思うので、連絡頂けたら教えますね。

お返事は時間のある時でかまいません。でも、本心は出来るだけ早めがいいです。
心からお待ちしています。

洋子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⇒この設定に当てはまる人、世の中にいるのかと思う。


●●2通目
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
題名:雄二さんの事でメールした洋子です。

本文:
何のメールだろうと、思われたでしょうが…。
ごめんなさい、アドレスを間違えてメールをしたみたいなんです。
本当にごめんなさい。
教えてもらったアドレスが違っていたようです。
hoge@hogehoge.jpはあなたのアドレスですものね?
本当に申し訳ありません。。
削除して下さい。

失礼します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⇒お、そうきたか。3%くらいひっかる人がいるなぁ。

●●3通目
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
題名:雄二さんの事でメールした洋子です。

本文:
一体何のメールかと思われたでしょう。
ごめんなさい、間違えてメールをした様です。
唐突に変なメールを送ってしまってごめんなさい。
私が教えてもらったアドレスが間違っていたようです。
hoge@hogehoge.jpはあなたのアドレスですものね?
斉藤さんの事は当然ご存知無いですよね?
本当に申し訳ありません。。
削除して頂いてかまいません。

それでは、失礼します。

洋子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⇒2通目と微妙に内容が変わっていますが、同様です。

●●4通目
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
題名:度々メールを送ってしまって申し訳ないのですが。

本文:
間違えメールを送った洋子です。

雄二さんと言う8年前に思いを寄せていた男性に
連絡を取りたかったのですが、どうしても連絡が取れなくて。

彼の事は諦めようと思ったのですが。
独り身の今の現状にはちょっと淋しくて…。
甘い考えかもしれませんが、メールを書きました。
よかったらでいいのですが、私と友達になりませんか?
嫌でしたら別にかまいません。

先日のメールで私の事を知られ過ぎてしまって…。
引くに引けないと言うか。
正直な話、離婚は私の浮気が原因なんです。
お見合いで結婚した相手だったので、主人に対して日々不満が募ってしまい。
主人に内緒でずっと浮気を重ねてきました。

今となっては年齢的にも出会いが無くて、淋しかったんです。
知りもしないあなたにメールを送っている位ですから。

メールだけではつまらないので、嫌でなければ
会う事を前提としてメールしませんか?
すぐにとは言いませんから。

もし、可能であれば住んでる場所を教えて下さい。
詳しくなくてかまいません。
ただ、近い方が会う事が現実的なお話になりますし。
現実的にお会いできる場所でしたらお返事しますね。

それでは、お待ちしています。

洋子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⇒人生相談に変わりました。ここまで来たら気付くでしょう。
 次にどう発展させるか期待です。


⇒⇒暇人なんじゃないよ。。。



(09:37)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔