四谷、司法書士、KTY四谷事務所 ラーメン&日記

平成23年3月、ブログタイトル変えました!!! 平成29年1月、ブログタイトル変えました!!! 月1回更新のブログをパワーアップして更新頻度を上げています。 最近はもはやラーメンブログです。 目指せラーメン司法書士!&ラーメン不動産屋社長! このブログ内で司法書士業務や不動産業務についての記事はまぁ、無いでしょう。。。

二男坊 佐世保ハウステンボス

ファイル_002

ファイル_001 (1)

ファイル_000 (1)


家族旅行ですよ。家族旅行。もう一度言いましょう。家族良好。
そう、良好。いやいや、旅行ですよね。良好であることも間違いないのですけどね。

という無駄な書き出しはともかく、今回は、長崎県は佐世保市にやってきました〜。見てくださいこの天気!!って写真アップ無いのでわからないですね。

長崎空港から船で直接ハウステンボス港?に到着して、そのすぐ近くですね。
いわゆる観光地のラーメン屋さんって感じですね。
まぁ,
こういうところだから大したことないだろうなと、たかをくくっての訪問です。
私は観光地ですから、贅沢に煮卵ラーメンとしました。贅沢ですね。

待つこと、まぁすぐに出てきました!豚骨ラーメンですからね。
見てくださいな。この見た目。

しっかり豚骨ラーメンですね。

そして、一口、
おおおおおおおおおおおおお、馬ままむ会うアマ美味い。
美味いですね。

しっかり豚骨が感じられますね。若干背脂が浮いている系の豚骨なので、背脂でごまかしやがって、許せん!!などと言う御仁には向かないのかもしれませんが。。。

普通に美味い!

替玉もしっかり行いますよ。
フードコート的な感じなので、自分でレジまで替玉注文を行わなければいけないところが閉口気味ですけど、環境的に仕方ありませんね。

佐世保でわざわざ豚骨ラーメンかよ!!!って思いながらも、良い経験が出来ました。
お台場にもお店があるようなので、東京で雰囲気が味わいたい方はどうぞ。
もちろん、佐世保の雰囲気はお台場では味わえませんので、あくまでラーメンの話ですね。

ということで、これらを一言で表現すると
「佐世保で博多ラーメンなんて、どこでもドアみたいや〜ん。と思う時の味」

そうですね。佐世保に行ったのに佐世保バーガーとかではなく、ラーメンというむしろ少し博多に戻り気味な感じを表現してみました。


@ iPhone 2月4日実食(^_^)

中華そばさとう 羽田(二回目)

ファイル_000

ファイル_001


昼間も食べたのに夜もラーメンです。家族と一緒に夜ラーメンというのはなかなかないけど、嬉しいですよね。

どうして家族と一緒にいるのかは、察していただければ幸いですね。
決して、このラーメンの為だけに外出したというラーメン一家ではないことは、
確かですね。

なので、子供取り分け用ということも考えて、ラーメン(特)を注文です。
特は、大盛の上で2玉分入ってるものだそうです。

なんていう間に、出てきました。見てください、このビジュアル!!!

麺大杉!いやいや多すぎ!!
ビジュアル的には、ずいぶんデップリしてしまいましたね。
美味しそうというより、麺が延びているのか?と思ってしまいますよね。

延びるか伸びるか迷うところですよね。どちらの漢字を使うのか。。。



そんな中、早速一口、
うまままままままままあまっままま!!!
うまうまうまうまうまうまうううう〜。

前回も記載した通りなので、以下流用しますと、

濃厚豚骨醤油魚介系とは、真逆ですね!!!
濃厚豚骨醤油魚介系が、足し算のスープだとすると、
こちらは、そこから逆算で、引いていってどこまで引けるかに挑戦したかのようなものです。

流用ここまで。

淡麗鶏ガラ醤油煮干し系って言うんですかね?
鶏ガラ入っているのか知りませんけどね!

渋味っていうか、滋味って言うんですかね。ほっこりする様な、心が洗われる様なそんな気持ちになる一杯ですね。

あと、おまけですがメンマが美味いんだな。これが。


すみません、こちらも流用でした。

しかし、今回(特)にしたのですが、うーん、これが正解ではなくあまり良くなかったかもしれません。
どうしても、麺が多いので、無駄にスープを吸ってしまい、麺とスープの黄金比率が崩れてしまうんですね。

麺に絡まってきて欲しいスープ量が絶対的に足らないというか。
麺とスープによるラーメンという食事に対して、麺のみ、スープのみ、で考えているのであれば良いのですが、やはりラーメンは麺とスープの割合も大事なんだなぁと再確認させてもらいました。

スープそのままで、麺だけ2倍はもはやお得なのではなく、味を損ねているだけとわかりました。
次回はしっかり2杯注文します。

これはお店からのアンチテーゼであると感じ取りました。
アンチテーゼの意味をよくわかりませんが。。。。

ということで、これらを一言で表現すると、
「ピーンと張り詰めた表情の中で、タブーを犯してしまった自分を反省する時の味。」

ですね。お店に対して申し訳ない気持ちでいっぱいですね。
また行きます。


@ iPhone 1月14日実食(^。^)y-.。o○

王将 新橋店

ファイル_000 (1)


一仕事を終え、たぶん成約はダメなんだろうなぁという
全く手応えのないままに、まぁ食事でもしますかと、会社の者と同行です。

そんな覇気のない中、

王将ラーメンセットを注文です。王将はまあまあ好きですが、あんまりラーメンを食べたことがないなぁと思いながら、大学時代に学校の近くの王将で、さんざん学生ラーメンをたべたなぁと思いだしましたよ。
学生ラーメンはめちゃ安かったんだよなぁ。

しかし、ご存知の通り、王将は店によって味が異なりますので、わたしが学生時代に通ったのは、また別のところのお店ですので、味はもちろん異なります。

なんて、王将あるあるを思いながら待つこと数分で出てきました。

見てください。この安定のビジュアル!!
何をやっても王将に見えてしまいますよね!!

ちょっと豚骨醤油的な感じですよね。まぁこういう中華料理屋さんのラーメンていえば、済んだスープに麺というオーソドックスなものが出てきますよね。

そういうイメージからは逆なので、良心的な設定にも感じてしまいますね。

ラーメンにもこだわりがあるんだよ!!的な

なんて思いながら、早速一口

おおおおおおおおおおお、

と思ったでしょ。何コメントするかな?こいつ。的な。
そうですよ。まずは、一口チャーハンでした。

うふふふふふふふふふふ。

まぁ、チャーハンはさすが王将といったところですね。しかし、チャーハンに対するコメントはあまり持ち合わせていないため、次にいきましょう。

そうです。ラーメンですね。

うあっまままっままままままままままm!うまい!
しっかり豚骨ベースな。それでいてしっかり醤油もという分かり易いコンビだこと。

麺もまぁ想像した通りで、美味いのですがまぁ、いたって普通というか、感動!!ってなかなかしないですねぇ。

それでも、ラーメンとしての完成度は十分高めですから、美味いですし、満足はできますですよ。

ということで、これらを一言で表現すると、
「王将なめんなよ!新橋店です!」

もはや、宣伝にしかなっていませんね。
ご自身の舌でご確認をお願いいたします。

仕事も成約に向けて頑張ります。

@ iPhone 1月14日実食( ◠‿◠ )

富田食堂 松戸

ファイル_001


ファイル_000


あけましたね!!
あけましておめでとうございます!!
今年の一発目は!

そう、松戸にいるんですよ。もはやラーメン聖地のひとつに数えられる街ですよね。

松戸でラーメンって言えば、そうでしょう!つけ麺富田でしょうよ!!!って思っていたら、こういうお店もあるんですね。

では、今回はこちらにchallengeでげすよ。


特製中華そばを注文です。しかも並盛。
あっさり鶏出汁と煮干のスープだそうです。

待つこと数分で出てきました。

そして、一口、
うめめめめめめめめめめmmmっめめええええええええええ、どうなってんのこれ?
アッサリ系で、こんなにしっかりした味出しますか?
既にあっさりを越えてきてますよね。あっさりのK点越え。
あっさりバッケンレコードもんですよ。こりゃ。

鶏とか煮干しとか、どうしても濃厚系に走りたくなる気持ちもわかりますが、
こちらは、そんな容易な方に走らずに、それぞれの出汁感をしっかり捉えて離しません。
そして、アッサリ系だとどうしても、麺に頼ってしまうところもありますが、
麺は麺で自己主張をしないで、あくまでスープを支える裏方に回っているような感じです。
主役は、麺なのですが、実はスープが主役と見事に感じさせてくれていますね。

いやぁ、脱帽ですね。思わずカツラが吹っ飛んでしまうぐらいですね。
カツラでは、ないですが。

人によっては、「君、シェフを呼んでくれたまえ」とシェフを呼んで、
「今日のは、素晴らしかった、ぜひお礼が言いたかったんだよ。」と
握手攻めなんていう感じですね。

そんな素晴らしさを感じますよね。
しかし、美味いのですが、記憶に残っていないのはなんでだろう〜。

アッサリ系の宿命ですよね!

ということで、これらを一言で表現すると、
「シェフ、今日の料理は素晴らしかった。是非ともお礼を言わせてくれ。ありがとう。特にあのスープが素晴らしかったよ。具体的にはよくわからないけど。という、なんとも言えない、素晴らしいのに記憶に残らないという時の味」

もう、一言で表現する前の前段で鍵カッコ付で言ってしまっていますよね。

これもまたダメダメな感じですね。あくまで、ラーメンではなく、わたくし自身がダメダメなのですから、お間違いなく。
ラーメンは言うことありませんよ!!!


@ iPhone 1月6日実食( ◠‿◠ )

スージーハウス 四ツ谷

ファイル_001


ファイル_000



仕事の合間に訪問です。四ツ谷でラーメンってなかなかないですからね。

レモンつけ麺にしようかと思ったのですが、券売機に女性1番人気ってPOPが貼ってあったので、あえて、辛味つけ麺にしました。
こちらは店長オススメだそうです。

辛味は2倍です。

待っている間に、店内をキョロキョロと見渡します。
なかなか四ツ谷のラーメン屋さんって、定着しないイメージがあるので、ぜひ頑張ってもらいたいですよね。事務所の近くでもあるわけだし。

なんてことを思っているうちに、待つこと数分で出てきました!!!
見て下さいこのビジュアル!!

辛そうですよね。

豚骨魚介系のつけ汁に辛味プラスな感じです。って食べる前にわかるのかよ!!!おい!!


と一人で、突っ込んでいますが、冷静になりましょうよ。店内の壁に、そう書いてある紙が貼ってありますから。

なんて思いながら、早速一口、
おおおおおおおおおおおおkrかrかrかrかkらkらkっらからからああい
やっぱり辛いですね。
一瞬辛さでむせそうになりましたが、なんとかやり切りました。

麺は最近の傾向と異なり、若干細めの中太麵ですね。
細いのか太いのかよくわからない表現ですが、つけ麺の割に細目と思ってください。

味は、なかなか良いのですが、麺との絡みというか、辛みがあまり絡んでいいないような。。。。
辛みが一歩前に出て、後から、味わいや風味が付いてくるような感じかな。
まあ、ついてくるだけ良いですよね。世の中には辛いだけっていうものもありますから。

なので、全体のバランス感からすると、辛みが前に出ている分、物足りない感が生じてしまいますね。
辛味8に風味が5みたいな感じですかね。いや風味6かな?
っていうか数値化するのは無理ですねやっぱり。

ということで、これらを一言で表現すると
「地元っていうことで、ひいきしてしまうよねと思う時の味」

言ってしまいましたね。ひいきって。
なので、評価はどうしても割り引いてくださいね。


@ iPhone 12月20日実食(^ω^)
Archives
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ