四谷、司法書士、KTY四谷事務所 ラーメン&日記

平成23年3月、ブログタイトル変えました!!! 平成29年1月、ブログタイトル変えました!!! 月1回更新のブログをパワーアップして更新頻度を上げています。 最近はもはやラーメンブログです。 目指せラーメン司法書士!&ラーメン不動産屋社長! このブログ内で司法書士業務や不動産業務についての記事はまぁ、無いでしょう。。。

らーめんこてつ 新所沢

ファイル_001 (2)


ファイル_000 (2)



新所沢に訪問という、なかなか無い事なので、次の予定の合間にこちらを訪問です。
何気に新所沢は名店が多いんですよね。
皆さんご存知のとおりに。
知ってますよね?!?!

さぁ、そんな中、喫茶店の様な店内にて、
つけ麺の中盛を太麺で注文です。

昨日のホープ軒の色んな意味でのダメージから、今回はこちらでつけ麺にしました!!!


そして、待つこと数分で出てきましたよね!!
うわぉっ!!!!!!
見てみてみてみてみてみてくださいこの美しすぎるプロポーション!!!
麺's STYLE!!!
わお!!!

いやぁ、凄い、素晴らしい!!!

そんな中で、早速一口、
馬ままmっママあまままっまあmっままままっまママママママママま、
やみーやみー、旨味!!

濃厚魚介系の本家かよ!!!

というぐらい、味の完成度が高めだと思います。
やはり評判通りというか、こんなに美味いつけ麺は、安心安定安全ですね!!

先ほどから、興奮が止まらないですから、むしろ安全というより、
安心でも、安定でもありませんね!!!
そうです、攻撃的魚介というか、前に進めようとする気力が感じられますね。

つけ麺をもっと前に。
それも、変な方向の前衛的なということじゃなく、もともとあるスペックの全体を底上げ的に前に進めるのです。

これは、素晴らしい。
何が?と聞かれたら、「すべてが」と答えざるを得ない。
もっともっと注目されるべき名店ですね。

今回が神回だったのかと思うぐらいに素晴らしいものでした。

ということで、これらを一言で表現すると、
「物事が自分の思った以上に良く進みだして、思わずほくそ笑む時の味」

むっふふフフフフフフみたいな感じですね。
まぁ普段から微笑みなんてことはないですから、ほくそ笑むわけですね。

しかし、良かったです。


@ iPhone 12月5日実食( ◠‿◠ )

ホープ軒 千駄ヶ谷

ファイル_001 (1)

ファイル_000 (1)



仕事関係の飲み会が終わって、なぜが神宮前なので歩いてこちらに訪問です。

そういえば、かなり昔に来て食べたけど、もう覚えていないよなぁ〜。

立ち食いで、昔は行列なんかしていたのでしょうけど、今は並ばず食べられます。

所謂、背脂ギトギトな感じだったと思いますが、いかがでしょうか?
そんな感傷に浸りながら
待つ事数分で出て来ました!!!


見て下さい!!!このギトギトギトギトビジュアル!!


略してギトビジュ!!ですよね!!!



ギトビジュ!ってもう言いづらい!!
唇噛んでしまうでしょ!!!

これ以上はもう無理ですね。


最近では、もはやあまり無い感じになりますよね。

まぁ飲み会の〆で来ていますからね。そんなに期待はしていませんが、でも少し期待している自分がいるんですよね。

早速一口、
うまままままままままままま!うまい!しょっぱい!
あ、、言ってしまいました、しょっぱい!

醤油が強めなんでしょうかね?
それとも塩を強めにして、ニンニクで強調した感じだからですかね?
そんな気持ちになりながら食べ進めます。

いろんなことを、考えながら、思い描きながら食しましたが、
一時のブームが去った後のさみしさを感じながらのいっぱいでしたね。

全体的な主張はわかるのですが、ここがもう少しなぁとか、こうしたらよいのにとか思うところがいっぱいありました。

背脂チャッチャ系という一ジャンルを確立したラーメンとして讃えるべきではあるのですが、現代だと、背脂と言ってもこの程度かい!もっとギットンギットンにしてくれ!!!と思ってしまいますし、豚骨ももっとグッツグツにしてドロドロにしないと!!と思ってしまいます。

なので、濃厚ギトギトラーメンの初期のものとして、ラーメン殿堂入りをしても良いのではないかと思う一品ですね。
その時代の行列を作った想い出やノスタルジーを感じながら食べるという、温故知新的なものですね。

そうですね。つまり私がラーメンジャンキーになってきている証拠カモしれません。

ということで、
これらを一言で表現すると、
「年をとると、どうしても昔話をしてしまいがちですが、他人の昔話ほど面白くないものは無いなぁ思う時の味」

といった感じでしょうか。

悪い意味にとらえられかねませんが、ラーメンに愛情を持っていますから、お店を批判しているわけではありませんからね!って弱気になっている今日この頃です。





@ iPhone 12月5日実食(*⁰▿⁰*)

味源 国分寺

ファイル_001 (3)

ファイル_000 (3)


国分寺で夜遅めの時間に仕事で、同行者(男)がいて、腹が減って、ビールが飲みたくて、駅の近くで、他にお店がなくて、特にこれといったお店もなければ、

行くでしょう!!

そうです。行ったお店は、味源です。


味源は、昔は新宿御苑あたりにあって、北海道ラーメンと言えば!!
なんていうお店で、なかなかの人気店でしたが、今では、なんか普通のラーメン屋さんみたいな感じになってきていますよね。

もっと特徴出せばよいのに。。。と思っていたところ、
個々のお店は違いました。

なんじゃこりゃああああああああああ!!!!

店内満席で、みんなお酒のんでるじゃ、あーーーーーーーりませんか!

状態としては、居酒屋です。

なので、しっかりビールを飲んでいい気分で、オロチョンラーメンのネギ多めで〆させていただきましたよ。

もはや飲み会の〆状態なので、ラーメンの味なんて、美味いに決まってるだろ、この野郎!!!!という感じです。べらんめぇ。

ということで、これらを一言で表現すると、
「味源はやっぱり美味いねぇ。酔っぱらってますけどね!」

なので、参考になりませんね。




@ iPhone 12月1日実食(*⁰▿⁰*)!!!※一日二食!!!

バリ男 日本橋(5回目)

ファイル_001 (2)

ファイル_000 (2)


やっぱり日本橋にいるわけですから、久しぶりに行きたくなりますよね!

そう、レッツゴー、バリ男!!!

いつもの通り外の券売機で迷った挙句、最近の体調とか、肥え太り状態を客観的かつ冷静に、それでいて、熱い気持ちを忘れずに、家族の顔が浮かびラーメンなんて・・・と思う気持ちに負けつつ、でもchallenge精神ももたなきゃいけないし、いつでもロックな生き様をしないと(早く決めて買えよ!!)



んな感じで、
麺少なめ味玉付を注文です。

弱気だなんだ言われても、仕方ないでしょう!!!



待つ事数分で出てきました!!
このビジュアル!麺少なめだとやはり寂しい感じもしますが仕方ないでしょう!!!

早速一口、
うおあおおあおたあおおおおおたおおお!!バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリ男!!!

やはり好きなんですねこの味。

ジロリアンたちから、違うだ邪道だ言われたとしても、これが好きなんだなぁ〜。わしは。

麺も程よく、お昼に丁度いい感じですね。

大人ですから、思い切って、麺少なめにすることも大事ですね。ちなみに写真では、味玉は入れてあるの?という感じでした。が食べ進むうちに沈んでいました。麺少なめの影響がココに出ているのですかね。

いつもの様なボリューミーな満足感より、ラーメンという料理をおいしく食べさせていただきましたと言う、満足感でいっぱいになりますね。

是非とも恋人や大事な人と来て、ラーメンデートなんかに利用してみてもらえば、良いかなと思います。

しかし、あえて言っておきますけど、ラーメンデートは敷居が高いよ諸君!!
最初のデートでラーメンはダメですからね!たぶん!!!

ということで、これらを一言で表現すると、
「彼女と初めてのデートで、まずほラーメン行こうとなった時の彼女の気持ちは、は?らーめん?安っ!!軽く見るんじゃねーよ!と思いつつ、男はラーメンが大好きなので、全然気にしないという、周りが見ていてハラハラして、口の周りが乾いてしまう時の味」

ということになります。
つまり、女の気持なんかしらねーよ!!!!
ということですかね。

だからモテないんですけどね。
いや、年だからかな?




@ iPhone 12月1日実食(*⁰▿⁰*)

アルス 乃木坂

ファイル_001 (1)

ファイル_000 (1)



乃木坂で仕事が終わった後ですから、
何か食べたいっちゃ!と思うわけですがな。これが。

スマホで速攻調べて、こちらを訪問です。駅から近いですね。

店内は、小料理屋のような雰囲気の入口でしたが、中に入って、なかなかどうして、広めの店内です。どっちかというと、和風なBarみたいな感じですね。

そんなレポートはさておき、
夜は出汁の効いた料理が食べられるお店の様です。
お昼にランチタイムでラーメンを提供しているようです。

そんな中、黒だれ煮干つけ麺を注文です。
なぜ、これにしたのかは、特に理由ありません!
黒いのが良かったんですよ!兄貴!姉貴!ヒデキ!

まぁ、前にも使った様な表現ですが、前に進めますね。

待つこと数分で出てきたでやんすよこれが!!
見てくださいな。このビジュアル!!

そして、早速一口、

なるほど!麺は普通の麺をつけ麺状にしたような感じです。
水菜が多くて繊細な感じがしますね!!

スープは確かに煮干しの出汁が効いている感じはします。しっかり、出汁を採りましたよ!的な感じになっていますが、味が薄いのか塩が少ないのか、パンチ力という点ではさみしい感じですね。

これが、つけ麺用の麺というよりかは、つけ麺専用にもっと細い麵を利用して、スープも一緒に飲むような、そうめんの様なスタイルだったらまた違う感じになるのではないかなぁと思いました。

麺自体は、そんなに太くはなく、確かに細麺の部類に入るのでしょうが、ラーメンですから縮れているんですけど、棒ラーメンのようなまっすぐタイプにした方がつるつると食べられて、口の中でスープと麺を絡めるということも良いのでないかと思います。

もともと、ラーメンで提供しているものをつけ麺にアレンジしました的なものなので、次回はラーメンの方で勝負をかけたいと思いました。場所柄なかなか訪問する機会は無さそうですが、力を出し切れていない感が残念で仕方がないのです。

とたんに、平坦な表記になって、読む方が逆にハラハラ抑揚をつけようかと思ってしまいますよね。

ということで、これらを一言で表現すると、
「出汁は大事だし!!という、くそつまらないシャレを言って世間一般が凍り付くときの味」

まぁそういう、スベリ芸が大事ということもありますが、
我々素人にとっては、普段からスベッてるわけですからねぇ。
玄人の考えることはよくわからんなぁ。というところでしょうか。


@ iPhone 11月24日実食(^。^)y-.。o○
Archives
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ