“走る”社労士人生・・・

元・外資系製薬企業のMR・・。MR退職後、医療法人にて老人介護施設(老健)の事務次長として人事労務担当管理職を経験。現在、医療機関、福祉施設、運送業、建設業、製造業、人材派遣業、サービス業等、多業種にわたる中小企業の労務顧問を務めております。 社労士は、企業のあらゆる経営資源のうち、事業発展の“要”ともいえる『人』の問題を扱うコンサルタントです。この仕事に大いなる誇りと遣り甲斐を感じ、日々精力的に活動しています。 趣味はマラソン。走歴8年。当面の目標は、フルマラソンでサブフォー(4時間切り)達成とウルトラマラソン(100キロ)を完走することです! (デリケートな内容の仕事ゆえ、業務関係の記事は控えめにしています。ご了承を・・)

何事も第一印象は、とても大事ですね。

仕事柄、様々な会社に訪問するのですが、

会社の門をくぐって、最初に遭遇する社員さんの対応で、その会社の状態が半分以上分かってしまいます。

まず、「あいさつ」。

気持ちの良い笑顔で、明るく迎えてくれる会社は、いろいろな意味で「良い会社」。

反対に、

挨拶が暗い、無表情、人の目を見ない、

究極は、

こちらが挨拶しても、ろくに反応せずに、冷たい態度・・・・。

こういう会社は、「残念な会社」・・・問題の多い、トラブルの危険性が高い会社。

という評価を、第一印象として抱いてしまいます。


「人のふり見て、我が振り直せ!」

とはよく言ったものです。

自戒も込めて・・・・・。

ここ数日、若干ではありますが、暑さも和らいできましたね。

この夏の猛暑は、本当にきつかったですね。

事務所でも、自宅でも、寝るときも、エアコン付けっ放しでした。

今日あたりは、気温が30度を下回っていますが、湿度が相変わらず高いので、

やはり、エアコンは必要ですね。

外に出ると、つい、

「早く秋にならないかな・・・・。」

と、つぶやいてしまいます。

一昨年の夏場は、体調を崩してしまい、体重が5キロ減りましたが、

昨年、今年と、夏場でも食欲が落ちず、体重が高止まりしたままです。

猛暑で走る気にもならず、運動不足で太りましたが、

そろそろ、マラソン復活せねばっ・・・・と、思っている今日この頃です。

いよいよ社会保険労務士試験ですね!

受験される皆様は、どうか肩の力を抜いて、100%の実力を出し切ってきてください!

結果は後からついてきますよ!

幣事務所からも、明日、受験する人がいます。

誰とは言いません。ご想像にお任せします。

社労士試験は、難関国家資格試験の一つです。

容易には受からせてくれません。

だからこそ、挑戦する価値があるし、合格した後は、多くの活躍の場が待っているわけです。

悔いなき闘いをしてきてください!!

がんばってください!!!

今日(16日)まで、お盆休みをいただきました。

とはいっても、事務所にいると、お仕事の電話はちょくちょく、かかってきます。

お仕事があるって、ほんと、幸せなことです!!!



さて、お盆だから・・・・という訳ではありませんが、

最近、ふと考えることがあります。

それは、「生涯現役」ということについてです。

仕事柄、いろいろな会社の労務管理をみていますが、多くは「定年」という制度を採用しています。

法律上の「定年年齢」の最低ラインは「60歳」ですが、ちょっと待てよ・・・と・・・。

そりゃ〜いくらなんでも、早すぎないかい??! 

確かに、定年後の再雇用で、65歳まで雇用継続できるようにはなっているが・・・。

それでも65歳で退職しなければならない。

私自身、現在55歳なので、あと5年で定年、あと10年後には現役を引退????

正直、早すぎるし、その先が不安この上ないです。

そりゃ〜、昔のように、現役引退後に「生活できるレベルの」年金が受給できれば、それもアリかと思いますが、

現在の年金水準では、働かないと一人前の生活水準は維持できないし・・・。

むろん、預貯金やら資産やらが潤沢にある人や、子供が生活の面倒を見てくれるという人は別ですが、大方の人は、働き続けないと生活すら危ういと思います。

私自身もご多分に漏れず、老後を考えると、不安はあります。

でも、幸いなことに、私は自営業ですので、定年はありません。
生涯現役を実現できるわけです。

でもでも、それはあくまで、「健康」である限り・・・という大前提があります!

もし、ひとたび病気で労務不能に陥ってしまったら・・・と考えると、恐ろしい気がします。

そう考えると、人間、一番の財産は、「健康」なのですね。

いくらお金があっても、「健康」でなければ、幸せな人生とはいえないですよね。


「健康」で「生涯現役」を貫けるよう、頑張りたいと思う、今日この頃です。

もうすぐ8月!

今年のお盆休みは、8月11日から16日までの6連休を予定しています。

といっても、どこに出かけるわけでもなく・・・・。

何を隠そう、8月26日に、妻の社労士受験を控えているので、お盆休みは、ひたすらお勉強に費やす予定です。

社労士試験は、このところ難化の一途を辿っており、1回や2回の受験で、やすやすと受からせてはもらえなくなりました。


いくら私が、元・社労士講師だからといっても、知識を覚えて問題を解くのは、いうまでもなく本人なのですから、こればっかりはどうにも・・・・。

日々欠かさず、問題集とテキストに黙々と取り組んでいる妻の姿に、日々感服しています。

私も負けずに、目標に向かって、頑張らねばっ・・・・!!!

繁忙期もそろそろ一段落した今日この頃。

今年は、なぜか繁忙期のさ中に、新規のお仕事を立て続けにいただき、嬉しい悲鳴でした。

文字通り、とっても熱い、暑い夏を過ごしております。


被災地で、たいへんな思いをされている方、

例年にない猛暑の中で、屋外作業をされている方、

くれぐれも熱中症対策を怠らぬよう、気を付けてお過ごしください!!


役所の手続きを代行している立場上、その苦労は付き物・・・・。

とは思うものの、

添付書類の多さに、いつも辟易しています。


そんな書類まみれのお役所手続きを、すっきりシンプルにしようと、政府では将来的に、社会保険手続きに書類を不要にする仕組みを構築しようとしているようですね。

その第一歩が、マイナンバー制度ということらしいですが、マイナンバーの普及・定着には、まだまだ時間がかかりそうですね。


お役所手続きの非効率さは、仕事柄、痛感しています。

しかし、一方で、その煩雑さゆえ、我々のような士業が必要とされていることも否定できません。


そういう意味においては、添付書類の多さにイライラするのは、お門違いなのかもしれませんね・・・・。

でも、そうはいっても、やっぱり(+o+)・・・・・。

今年の後半戦を迎えました。

労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届・・・・と、繁忙期真っ只中です!

お客様が少なくて苦悩の日々を送っていたころを思えば、堂々と「繁忙期」と言える現在は、とっても幸せなことだと思っています。

「初心忘るべからず」

私の座右の銘になっています。

書類が思うようにそろわなかったりして、期限間近になって気持ちが焦ったりすることがありますが、大抵のことは、じっくり取り組めばいつか解決するので、イライラしないように気を付けています。

この繁忙期もあと少し!

がんばって乗り切ろうと思っています。

私のような年齢になると、冠婚葬祭というと、圧倒的に「葬祭」が多くなる。

とはいっても、私は現在55歳であるが・・・・。

考えてみれば、もう半世紀以上、生きてきたことになる。

つい最近まで身近にいた人が、ある日突然、「訃報」となって、私のもとに届く。

その人が、身近な存在であればあるほど、ショックは大きい。

葬儀に参列し、出棺前のお別れをし、棺に入ったお顔を見るにつけて、

「ああ〜、人生とはかくも儚いものなのか・・・」 と思ってしまう。

私自身も、遅かれ早かれ、いつか行く道・・・。

悔いなきよう、日々を大切に精いっぱい生きよう・・・・。


今日、身近でお世話になった方の葬儀に参列し、しみじみと考えてしまいました。

早いもので、もう6月・・・・。

梅雨入りもして、社労士として仕事の方も繁忙期に入っています。

今日も朝から雨模様で、気分的にもジメジメとしがちですが、なんとか元気に過ごしていきたいものですね。



今月(6月)は労働保険の年度更新、来月(7月)は社会保険の算定基礎届が集中します。

今年も、早め早めの処理に心掛け、余裕をもって完了したいと思っています。


昨年までと違い、現在は、頼りになるスタッフが2名おりますので、気持ち的には余裕があります。

有難いことです。(^.^)


その分、私自身も現状に甘んじることなく、レベルアップを図らねば・・・と思っている次第です。

気合を入れて、頑張ってまいります!

このページのトップヘ