“走る”社労士人生・・・

元・外資系製薬企業のMR・・。MR退職後、医療法人にて老人介護施設(老健)の事務次長として人事労務担当管理職を経験。現在、医療機関、福祉施設、運送業、建設業、製造業、人材派遣業、サービス業等、多業種にわたる中小企業の労務顧問を務めております。 社労士は、企業のあらゆる経営資源のうち、事業発展の“要”ともいえる『人』の問題を扱うコンサルタントです。この仕事に大いなる誇りと遣り甲斐を感じ、日々精力的に活動しています。 趣味はマラソン。走歴8年。当面の目標は、フルマラソンでサブフォー(4時間切り)達成とウルトラマラソン(100キロ)を完走することです! (デリケートな内容の仕事ゆえ、業務関係の記事は控えめにしています。ご了承を・・)

いつもと違ったテーマで話します!

★むさし野地区会2月例会案内チラシ

私が所属している埼玉中小企業家同友会・むさし野地区会2月例会で、久々に報告者というお役目をいたします。

いつもの得意分野である「労使トラブル」ではなく、違った角度からアプローチする内容です。

しかも、きれいごと抜きに、本音ビシバシです!

コンテンツ作りに苦心し、頭を悩ませながらも、楽しんで作っています。

乞うご期待!

あ、ちなみに、同友会の会員でなくてもゲスト参加、大歓迎です!

ご希望の方は、私までお電話もしくはメールください。

BUT,同業者はご勘弁を!


雪降る夕刻にふと思ったこと・・・

人生は、波乱万丈であればあるほど、人生はおもしろくなる。

ふと、そんなことが頭をよぎった。

何事もスムーズに事が運んで、挫折も苦悩もなく、すべてがうまくいった。

そんな羨ましい人生も、あり得るのでしょうが、

私もこの歳(54歳)になり、過去を振り返ってみると、うまくいったことよりも、うまくいかなかったことの方が、はるかに多いことが分かる。

でも、その分、物語(我が人生のストーリー)は面白く味わい深く、他人に語れるものとなっているような気がします。


私くらいの年齢になると、周囲では、結婚式などのお祝い事よりも、訃報の方が多く入ってきます。

身近な人が逝ってしまうと、その人との思い出が、つい昨日のことのように思い出されてきて、切ない気持ちになります。

同時に、思うのは、

自分自身も、いつか同様に「逝く」ときがくるのだと・・・・。

そのとき、私を取り囲む人々の脳裏に、「よい思い出」となって生き続けることができたら本望だと思うのである。

まだまだ、何十年かは生きたいと思っているが、人間一寸先は闇である。

窓の外は真っ白な雪・・・・。

ふと、そんなことを考えた。

箱根駅伝・青学チームに学ぶ・・・

今年の箱根駅伝は、青山学院大学の4連覇で幕を閉じました。

今朝のワイドショーに、チームが出演して、選手一人一人のインタビューをみていて、気が付いたことがあります。

それは、

チームの誰もが、「ポジティブ思考」ですべての物事を捉えているということ。

一見、マイナスな出来事に思えることでも、それを「マイナス」と捉えることなく、すべてを「プラス」の要因と捉えることができる。

そんなところに、このチームの強さの根本があるのだと、改めて気づかされた。

これは、ひとえに、原監督の日頃の指導姿勢の賜物であろう。

原監督は、選手にどんなことが起ころうとも、決して「ダメ出し」をすることなく、

いや、たとえ「ダメ」なことであっても、ただ「ダメ」だけでは終わらせず、その事実を直視しつつも、そこに「プラス」を見出す声掛けを、普段からしているのだろうと、推察できます。

会社の従業員教育にも、この考え方、手法は応用できると思います。

従業員に、「元気に」「前向きに」頑張ってもらってこそ、会社の発展があるのです。

「ダメ出し」ばかりで、従業員の笑顔を奪い、「マイナス」で終わるような声掛けをしていては、

従業員は「やる気」を失っていってしまいます。


青山学院大学の原監督には、従業員教育について大いに学ばせてもらう点が多くあります。

来年の箱根駅伝は、5連覇を是非とも達成していただきたいと今から期待しています!

2018年・年頭に思う・・・

今年は、社労士法制定50周年の年になります。

私が社労士試験に合格したのが平成5年(1993年)ですから、資格取得後25周年ともいえるわけです。

光陰矢の如し!!

本当に早いものです。


年齢は、今年の誕生日を迎えると、55歳となり、昔のサラリーマンの定年になってしまいます。

しかし、精神年齢は年齢よりも10歳くらい若いつもりです。

では、肉体的にはどうでしょう・・・・???


私が通っている加圧トレーニングのジムで体内年齢をみてもらったところ、年齢マイナス4歳ということでした。


この歳になると、若いころに気にも留めなかった「健康」が気になるようになります。

現に、今年、私に届いた学生時代の同級生からの年賀状をみてみると、「健康」というキーワードが入っているものが多くなった気がします。

若いころには「あたりまえ」としてしか捉えていなかった「健康」が、とっても貴重なものに思えてくるのが、年をとった証拠と言えるのかもしれませんね。

とはいっても、まだまだ老け込むには早すぎるので、

今年も、肉体を鍛えつつ、新たなチャレンジをしていくつもりです!


このブログを読んでくださっている貴方へ

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


今年1年を振り返って・・・

我が事務所は、昨日が仕事納めでした。

といっても、特別なことはなく、いつもどおりお仕事をして終わりました。

今日は、事務所のレイアウトを少し変更しました。

机の向きを変えて、気分だけでもリフレッシュして新年を迎えようと思っています。



今年は、我が事務所にとって、ステップアップの1年だったと思います。

レア―ケースの案件に苦心した末に解決した案件が数件あり、とても勉強になったこと。

我が事務所史上、最大規模の顧問先が出来て、今までになく繁忙になったこと。

事務所移転したこと。



来年(2018年)は、いよいよ職員の雇用を実現しようと思います。

新たな業務にもチャレンジして、より一層、社会貢献できる社労士事務所に成長していきたいと考えております。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


緊張感が続く・・・

11月に入ってから、緊張感のあるイベントが続いています。

・上旬・・・某資格試験の受験

・中旬・・・顧問先の管理職研修への登壇

・下旬・・・トラブル対応、セミナー登壇

という具合に・・・・。

特に、「研修」と「セミナー」は、毎回オリジナルで資料を作り込むので、結構な時間と労力を費やします。

また、トラブル対応も、人を相手とするデリケートな現場対応を迫られ、失敗が許されない、まさに「一期一会」の仕事なので、かなりのエネルギーを使います。

でも、逆に言えば、だからこそ遣り甲斐を感じられるとも言えるのでしょう。


早いもので、今年もあと1カ月足らずで終わります。

今年1年が、「とてもよい1年だった」・・・と言えるように、気合を抜かずに走りきりたいと思います!!!


来年に向けての備忘録・・・

昨日の資格試験の興奮が、未だ冷めやらぬ今日ですが・・・。

仕事の合間に、つい、各予備校の試験講評や解答速報を、ついついネットで見てしまいます。(笑)

昨夜は、冷静さを欠いた中での自己採点だったのですが、今日あらためて自己採点をやり直しました。

すると、やはり昨日の自己採点は1問だけ間違えていたことが判明しました。

間違いを訂正して、点数が増えるのなら嬉しいのですが、

実は、点数は減ってしまいました。

というわけで、ますます合格の可能性は低くなりました。(T_T)

落ち込んでもいられませんので、さっそく、本日より来年の試験に向けて、お勉強を再開することにしました。

今年の反省点は、以下です。

1、勉強のやり方を確立するのに時間がかかり、試験の全体像が見えるようになったのが、試験直前2カ月前だった。

2、学校から配布された問題集をやる気にならず、放置し、試験3カ月前になってようやく(学校の問題集でなく)市販の問題集をやり始めたこと。(学校の先生方、ゴメンナサイ・・・)

3、テキストのポイントを覚えるのに精一杯で、問題演習が足りなかったこと。
 (テキストも、学校のテキストでなく市販のテキストを使用しました。)

4、記憶の精度が甘く、本試験で正解しなければならない問題をとりこぼしてしまったこと。


以上のような半端な状態でしたので、合格できるはずがないのです。(-.-)


来年に向けての勉強は、今年の反省を踏まえて、基礎力の立て直しと、徹底的な問題演習の積み重ね、徹底的な暗記・・・に、努めようと思っています。

基本、独学でいこうと思っています。
(自分には、通学は合っていないと思うので・・・)

でも、直前対策(答練・模試)は、学校を利用しようと思っています。

半端な勉強で後悔して悶々と合格発表を迎えるよりも、自己採点で合格を確信できるようにならなければ、本当の合格とはいえないと思います。

本当の合格を目指して、再起します!!!

試験が終わって・・・

本日、某・法律系資格の国家試験を受験してきました。

資格試験なんて、何年ぶりだろう・・・。

本番を迎えて、ド緊張で、終わった後は、ドッと疲れが・・・・。

それなりに勉強したつもりで臨みましたが、やはり詰めが甘かったようです。

帰宅後、予備校の解答速報で自己採点したら、かなり微妙な点数でした。

合格発表まで悶々としそうですが、

たぶん、今回はダメかな・・・・・。

そう思って、来年の試験に向けて、早く再スタートしようと思っています。

今回、初めて受験してみて、この資格試験の勉強の勘所が分かってきたので、来年は絶対に結果を出して見せようと思っています。

それにしても心残りなのは、今年の本試験は、もしかしたら例年に比べて解きやすかったかも・・・・という点です。

法令も一般知識も、サービス問題?と思われる問題が、チラホラ・・・・。

あ〜あ、もっと頑張っておけばよかった・・・・・。(*´з`)



楽しいお勉強生活を!

昨日は、社労士試験の合格発表でした。

受験された方は、悲喜こもごもだったことでしょう。

今年ダメだった方も、あきらめずに是非とも、(合格という)結果を出すまで勉強を続けていただければと思います。

この試験は、頑張れば必ずや合格できる試験だと思います。

でも、多くの人が、合格するまで勉強を継続できず、断念してしまうことも事実です。

この試験は、実をいうと、一発合格できる人は稀です。

ほとんどの合格者は、複数回受験の方です。

中には、10回以上受験して、ようやく合格した方もおられます。

要は、あきらめずにチャレンジし続けることができるかどうかです!

勉強というものは、孤独な作業であり、苦痛になることもあります。

でも、新しいことを覚えて、自分の知識が増え、実力が向上していく・・・という、

自己の成長を実感できるのも、勉強の醍醐味だと思います。

ぜひ、勉強を、自分の生活の一部として、楽しむことができれば最高だと思います。

頑張っていきましょう!!!

社労士試験・合格発表!

今日は、本年度の社会保険労務士試験の合格発表がありました。

合格率は、6.8%

昨年の4.4%よりは上がりましたが、それでも低いですね。

そんな厳しい難関試験を、見事に突破された方、本当におめでとうございます!!!


ここ2年程、合格率が低迷し、既に合格する実力がありながら、涙をのんだ方が少なくなかったと思います。

今年の試験は、昨年までの試験に比べると、取り組みやすい真っ当な内容の試験だったようです。

まさに、受かるべき人が受かった! といえる試験でした。

昨年までの試験で泣かされた人も、今年の試験で、ようやく努力が実った! そんな人が多いのではないでしょうか。

なにはともあれ、合格された方、本当に本当に本当に、おめでとうございます!!\(^o^)/
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ