爆笑問題・田中、皐月賞の配当金は797万円!

 競馬の第67回皐月賞(G機砲錬隠菊、中山競馬場の2000m芝コースで行われ、7番人気のヴィクトリー(田中勝春騎手)が1分59秒9で逃げ切り、優勝した。

第2コーナー付近で先頭になったヴィクトリーは最後の直線で2番手を進んだ15番人気のサンツェッペリンにかわされかけたが、内側からもうひと伸びし、鼻差の接戦を制した。
3着には2番人気のフサイチホウオーがはいった。

3着までを順に当てる3連単は、162万円を超える大穴となった。


単勝院 。隠沓械葦
複勝院  。毅坑葦漾´ 2110円   。隠坑葦
枠連キ─。僑械僑葦漾 ’蕨↓院。綱4630円 馬単鵜17万8340円
ワイド院。暇0070円 ´院。隠隠坑葦漾´´ 8230円
3連複´院 。横伊5370円
3連単鵜 。隠僑暇3250円


その162万馬券を東スポで予想し、見事に当てたのが、爆笑問題の田中裕二。

所属事務所には「いくら当てたのか、何に使うのか」といった問い合わせが殺到し、今回の会見となった田中。「ホントはそっとしておいて欲しかった」としながらも「(競馬)予想の連載もやっているし、隠すつもりもない」と詳細を語った。

 同レースでかけた投資額4万3000円に対して、配当金の合計はなんと797万8000円。3連単で200円を90通り、馬連で5000円ずつ5通りで購入し、その結果がこの配当金になった。レース当日は渋谷のWINSの定食屋でレースをみており、その後、まわりのひとと喜んだものの怖くなり、すぐに換金しそそくさとタクシーで家に帰ったという。


(3連単)162万3250円×2+(馬連)9万4630円×50−(投資額)4万3000円=793万5000円

それだけの高額を一気に獲得できれば、それはもう誰だって、馬券売り場で換金した後の足取りがそそくさと逃げるような感じになりますわな。

ただ、その後税理士に相談したところ、半分くらいを税金で持っていかれてしまうことがわかり、ややショックだったか。