6/12 ヤフードーム
  <ソフトバンクvs.中日 4回戦=ソフトバンク2勝2敗、観衆:33,997人>
 
中  日
S   B×


(中)長峰、吉見、チェン、平井−小川
(ソ)大隣−山崎

(勝)大 隣 6勝5敗
(S)
(敗)長 峰 0勝1敗 
 
(本)藤井1号(8回ソロ・大隣)

<先発メンバー>

    (中  日)         (S  B)

(二) 荒   木   1   (二) 本   多
(遊) 井   端   2   (遊) 川   
(D) ウ ッ ズ   3   (D) 松   中
(左) 和   田   4   (一) 小 久 保
(一) 中 村 紀   5   (右) 柴   原
(三) デラロサ    6   (三) 松   田
(中) 平   田   7   (中)   辻  
(右) 藤   井   8   (左) 中   西
(捕) 小   川   9   (捕) 山   崎
(投) 長   峰   P   (投) 大   隣

 早くも、完全優勝の可能性が消滅してしまった。
もはや、12球団最弱の打線にとって、打者の補強は急務である。

ホームラン50本打ってるのに得点圏打率が1割台の打者よりも、ホームラン0本でも得点圏打率5割の打者のほうがよっぽど強打者にみえる。

だが、残念なことにそんな打者がチームの中に誰1人としていないのが現実。
前者なら1人いるが、三振も多いのがダメだな。
いま、ドラゴンズに欲しいのは後者の方。だれかいないかなぁ・・・。

今日みたいに、序盤で3点を失ってしまうと、追いつく間もなく9回までやってきてしまう。
こんな試合を、今年何度と見たことか。

1点差の試合で相当負けてるんだろうなと思い、一応調べてみた。
今日の試合で7勝9敗。
岩瀬という絶対的守護神がいるとはとても思えないような酷い数字。
岩瀬自身のリリーフ失敗は今季1度だけ。

ということは、点が欲しいところで取れなかった試合がかなりあるということ。

左の大隣が先発ということで、平田、藤井を初めてスタメンで起用し、右打者ばかりを並べたオーダーも不発だった。


もうこれ以上負けられない。