アボカドの水耕栽培を始めて2週間と少し経ちましたが、5個中2個が完全に発根し、3個がお尻が割れて発根準備が整いました。


なんだかんだで、個体差はありますが全部うまくいってます。発根だけの成功率はかなり高いことがわかりました。



ただ、種のお尻がぎゅっと閉まっていて(意味深)、水の吸いが悪いといつまでたっても種が割れてきません。


種の中心にある、根や芽の元になる部分に水が触れると、それが膨らみ種が割れます。したがって、根や芽の元になる部分を傷つけないように種のお尻をカットすることで、発根を促すことができます。


どの位切るのかは種によって異なるので、薄くスライスしながら調整します。


種や芽の元になる部分に近くなると、割れ目に少し隙間ができているので、そこら辺でやめておきます。
image










あとは普通に水をつけておけば、ガンガン種が割れます。



あくまで、裏ワザに近いものなので水に付けて2週間以上なんの変化もなく、せっかちな方におすすめする方法です。





一番根っこがのびてるやつです。
image






順調順調!