2017年12月07日

中国地方昭和レトロ自販機麺グルメ巡りその14〜ふるさと村大谷屋@島根県吉賀町〜

津和野城跡を散策したあと、津和野から車で30分ほどの吉賀町内にある「ふるさと村大谷屋」を訪れた。

image


ネットで広く紹介されているレトロ自販機登ってみたお店。

まわりは山に囲まれていてとても静かな場所。

ネットで調べた限りではプレハブ小屋のなかに自販機があるみたいやけど、そのプレハブ小屋はすでになく、お店の右側に麺自販機が1台稼動していた。

image


自販機はきつねうどんとラーメンが販売されている。

image


まずはきつねうどんを買ってみた。

お金を入れるとニキシー菅の数字が鮮やかに赤く光り、カウント数字が表示される。機械も良く整備されているみたい。

25秒間待ちうどんが出てきた。きつねうどんと思いきや、出てきたのは天ぷらうどん。

image


うどんはほんのりコシがあり、なかなかいい感じ。

出汁はアッサリとした、カツオ出汁などがきいた感じ。薬味で柚子の皮が入っていて、柚子の香織が広がり、いいアクセントになっている。

かき揚げの天ぷらがサクサクしててなかなかの旨さ。

次にラーメンも食べてみた。

image


厚切りのハムチャーシューが2枚のっていてなかなかのボリューム感!。

スープはアッサリとした醤油スープで、鶏ガラなどの風味もきいている。

麺は中細麺でモッチリした風味の良い麺で、自販機としてはなかなかの上出来。

どうやら最後の一杯やったみたいで、メニューボタンはどちらとも「うりきれ」と赤く表示されていた。

image


壁には店主からのお願いが掲載されていた。

image


昭和55年から麺自販機を設置して以来、多くのトラブルを抱えながらも、地元やファンの励ましに応えて自販機を維持してきた苦労が偲ばれる。

静かな山の中でレトロ自販機麺を堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

きつねうどん:350円

ラーメン:350円

ふるさと村大谷屋:島根県鹿足郡吉賀町柿木村柿木50





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング



2017年12月06日

紅葉真っ盛りの津和野城を散策

先日、島根県の津和野を訪れた際に、津和野城周辺を山歩きした。

DSC_0226


写真は国道9号線付近から津和野城跡を撮ったもの。

天空の城「竹田城」とともに有名な山城で、石垣がとても荘厳で美しい。

今回は鷲原八幡宮から中国自然歩道を城跡に向けて登ってみた。

鷲原八幡宮には流鏑馬馬場があり、数百メートルほどの直線の流鏑馬馬場が当時のまま残されている。

DSC_0087


まわりは紅葉が赤く鮮やかに色づいている。

DSC_0217


鮮やかな紅葉を眺めつつ山へと入っていく。

DSC_0091


DSC_0094


八幡宮から30分程で津和野城の南門櫓跡に着いた。

こちらは津和野城跡の案内板。

DSC_0156


ちなみにこちらは当時の絵図。

DSC_0173


DSC_0102


櫓跡を進む三の丸跡がある。

DSC_0104


DSC_0109


広場みたいになっていてけっこうな広さ。南門櫓跡からは津和野の街の南側が見渡せる。

DSC_0112


三の丸から天守台へと進むと大きな紅葉の木がこれまた色鮮やかでとても迫力があり、荘厳な美しさ!。

DSC_0122


DSC_0144


テーブル台からさらに太鼓丸に上がっていく。

DSC_0131



DSC_0138


東側には青野山、さらに眼下に津和野の城下町が広がる。

DSC_0134


さらに上がると最上部の三十間台がある。


南側は三の丸跡の広場と石垣が見渡せ、まさに津和野城も天空の城!。

DSC_0141


天守台から東門へと下ると二の丸などの石垣が見渡せた。

DSC_0163


DSC_0170


東門から大手登城道を下り、城下町ー散策しつつ鷲原八幡宮へと戻ってきた。

色鮮やかな紅葉と荘厳な津和野城跡を堪能できてとても満足な山歩きやった(^o^)v

津和野城址:島根県鹿足郡津和野町後田





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 23:56|PermalinkComments(0)clip!登山・山歩きなど 

2017年12月04日

中国地方昭和レトロ自販機麺グルメ巡りその13〜自販機コーナーオアシス @島根県益田市〜

先日、島根県の益田市にあるレトロ自販機のお店「自販機コーナーオアシス 」を訪れた。

image


以前、訪れた「後藤商店」に隣接してあるお店で、店内は様々な自販機がところ狭しと置かれている。

image


image


麺類自販機は天ぷらうどん、ラーメン、そして肉うどん、肉そばが売られている。

image


今回は肉うどんを食べてみることにした。お金を入れるとニキシー菅のカウント数字が動き出す。

店内にはテーブルが数ヵ所置かれていて、店内で食べることができる。

image


肉うどんは甘辛く煮込まれた細切れの牛肉がけっこう入っている。

出汁はカツオ出汁などが香り、甘辛く煮込まれた牛肉の旨味とミックスされ、コクが深くなかなかの旨さ。

麺は自販機ながらもコシがあり、風味が良く自販機とは思えないくらいの旨さ!。

別の汎用自販機では惣菜も売られていて、タコ飯や肉巻きおにぎりなどけっこう書類豊富。

今回は肉巻きおにぎりを食べてみた。

image


山陰で肉巻きおにぎりはかなり珍しいが、手作りで醤油風味で甘辛く煮込まれた豚バラ肉でライスをまいていて、肉が柔らかくとてもジューシーで、これがなかなかの絶品!。

レトロ自販機の手作り肉うどんと肉巻きおにぎりを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

肉うどん:350円

肉巻きおにぎり:130円

自販機コーナーオアシス :島根県益田市安富町2597-1

営業時間:24時間





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2017年11月30日

大分の本格派牛骨ラーメンを堪能〜らぁめん 牛ごろ〜

先日、大分市内の中央町アーケードとガレリア竹町の交差付近に程近い、大分マート内にある「らぁめん 牛ごろ」を訪れた。

image


お店の外に券売機があり、メニューを見ると、素らぁめん、白丸らぁめん、赤丸らぁめん、カレーらぁめんがある。

ほかに味玉ライスなるものもあり、また、ビーフ丼なるメニューもある。

今回は白丸らぁめんの券を購入しお店に入る。

入ると若手の店主と店員が「いらっしゃいませ!」と優しくお出迎え。

店内はとても清潔感があり、黒の壁とカウンターと木目調の床の落ち着いたシックな趣き。

店員から「辛子ネギをご自由にお取りください。」とのことで容器に入った辛子ネギを小皿に取る。

辛子ネギは刺激的な辛さとともに、爽やかな酸味もあり、味い深くこれがなかなかの逸品!。

ほどなく白丸らぁめんが出来上がった。石鍋の中でグツグツと煮えたぎっていて、店主が「鍋の下の木の部分をお持ちください。」と言われ慎重に受けとる。

image


白濁したスープの上にはネギ、海苔、ヤングコーン、そしてフレーク状になった煮込まれた牛肉と牛スジ肉がのっている。

スープはとてもまろやかで、しかも牛骨の旨味が濃厚に口のなかに広がり、コクが非常に深くとても旨い。

麺は細麺で喉ごしが良く、牛骨スープと細麺が意外にも良くマッチしている。

ネギが香りが良くシャキシャキしていて、スープの甘みを引き立てている。

煮込まれた牛肉もとても柔らかく、牛スジもトロトロ。肉の風味とスープとの相性が良く、スープの旨味を深めている感じ。

スープが旨いので思わず替玉してしまった!。

ライスも注文できるので、最後におじやにしても旨いらしい。

次回は赤丸らぁめんや、ビーフ丼も試してみたいと思う。

大分では冷麺店等を除けば唯一の牛骨ラーメン店の濃厚牛骨ラーメンを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

白丸らぁめん:750円

替玉:100円

らぁめん 牛ごろ:大分県大分市中央町1-4-22 大分マート

営業時間:11:30〜14:30 18:30〜22:30 日曜休(不定休)





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 22:36|PermalinkComments(0)clip!大分のラーメン 

2017年11月28日

大分市内の老舗イニシエ系鶏ガラ醤油ラーメンと絶品カツ丼を堪能〜キッチン つかはら〜

先日、大分市内の大分市地方卸売市場の近くにある「キッチン つかはら」を訪れた。

image


お店の前は何度も通ってはいるが、入るのは初めて。

入るとテーブル席と小上がりの座敷席の昔ながらの大衆食堂といった、懐かしさを感じさせる店内。

お店はご年配の女将さんが一人で切り盛りされていて、「いらっしゃいませ!」と、とても気さくな感じで優しくお出迎え。

メニューはかなり豊富で、キッチンラーメンのほか、チャーシュー麺、チャンポン、あんかけ焼きそば、鉄板焼きそばなどがあり、ほかに豚のしょうが焼き定食などの定食メニュー、チャーハンや丼物もイロイロある。

またサービス定食で、カツ丼ラーメンセット、カレー ラーメンセット等もある。

今回は女将さんがカツ丼ラーメンセットが人気だということで注文してみた。

image


麺の上にはチャーシュー、モヤシ、ネギがのり琥珀色の透き通った醤油スープで、昔ながらの中華そばといった感じ。

スープはとてもスッキリとしているが、鶏ガラの旨味がほのかに香り、味わい深く、とても優しい味わい。

麺は中太の黄色い麺で、モッチリした食感で香りが良く、スープとの相性もいい。

チャーシューは柔らかく、肉汁ジューシー。

image


カツ丼はとんかつの衣がとてもきめが細かく、サクサクした食感で肉がとても柔らかく申し分ない旨さ!。

少し甘めの和風ダシにトロトロの半熟玉子で絡められ、トンカツと玉子とあまめのダシで三位一体の旨さを醸し出していて、まさに絶品!。

昔ながらの鶏ガラ醤油ラーメンと絶品を堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

カツ丼ラーメンセット:800円

キッチン つかはら:大分県大分市豊町2-7-3

営業時間:12:00〜14:00





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 22:32|PermalinkComments(0)clip!大分のラーメン | どんぶり

2017年11月25日

防府市@山口県の自家製麺 濃厚中華そばを堪能〜自家製麺 中華そば 今里〜

今日は所用で山口県を訪れた。ついでに防府市内にある「自家製麺 中華そば 今里」というお店に入ってみた。

image


Yahoo!の特別企画「ビックデータで解析 全国ラーメンランキング」の山口県ランキングで2位を獲得しているお店。

入ると若手の店主と奥さんで切り盛りされていて、「いらっしゃいませ!」と優しくお出迎え。

店内はコの字形のカウンター席のみで、昔ながらのラーメン屋といった趣のある店内。

メニューは中華そばの、元祖、辛口、あっさりねぎそば、チャーシュー麺がある。

中華そばでは珍しく、替え玉もある。

ほかに、いなり寿司や山口県徳地産の、ごはんがある。

またトッピングで煮玉子、辛味噌などがある。

今回はチャーシュー麺の大盛を注文しょうとしたが、「替玉つきになりますが良いですか?」と聞かれ、とりあえずそれで注文してみた。

image


運ばれてきたチャーシュー麺は厚切りのチャーシューがたっぷりとのり、白ネギやメンマや何かはわからないが香草がのっている。

麺は替玉つきとのことで、後から替玉するのかと思ったけど、はじめから2玉麺が入っていた。

スープは背脂が入っていて、動物系の出汁と煮干などの魚介系の出汁が濃厚にきいた醤油スープで、尾道ラーメンにも似たような感じで、とてもコクが深く申し分ない旨さ!。

麺は細目の平打ち縮れ麺で、自家製ということでとても麺の香りが良く、コシがありモッチリした食感もあり、濃厚醤油スープと良く絡んでの旨い。

チャーシューとても柔らかく、脂身が少ないのでとてもサッパリとしている。とても大きいので食べ応えがある。

白ネギもシャキシャキで香りが良く、濃厚醤油スープと麺とで三位一体の旨さを醸し出している。

防府市の濃厚醤油中華そばを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

チャーシュー麺:750円

替玉:100円

自家製麺 中華そば 今里:山口県防府市字新田604-6

営業時間:11:00〜14:30 17:00〜20:00(金・土)日祝休





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 21:49|PermalinkComments(0)clip!山口のラーメン 

2017年11月23日

雲辺寺山@香川県を紅葉山歩き

先日、四国の香川県を訪れた際に香川県と徳島県の境にある「雲辺寺山」を紅葉山歩きした。

雲辺寺ロープウエイ乗り場


雲辺寺ロープウェーで山頂の雲辺寺まで行けるが、今回は登山道を歩いて登ってみた。

案内


案内板によると山頂の雲辺寺まで4.2キロメートルの道のり。

登山道を歩いていくとロープウェーの巨大な鉄塔が現れる。

DSC_1019


見上げるとロープウェーが頭上を通りすぎて通りすぎて行った。

登山道は良く整備されていてとても歩きやすい。

DSC_1020


山の稜線賑わっている近づくと木々が鮮やかに紅葉していた。

DSC_1031


2時間程で山頂付近の車道に合流し、ほどなく雲辺寺にたどり着いた。

大きな銀杏の木が鮮やかに黄色く色づいてとても美しい。

DSC_1050


雲辺寺付近は紅葉が真っ赤に色づいてまさに絶景!

DSC_1056

DSC_1084

DSC_1058


山頂の展望台からは眼下に観音寺市内や瀬戸内海が一望できる。

DSC_1060


徳島県側は遠く、剣山などが見渡せた。

帰りはロープウェーで下ることにした。

DSC_1085



山頂駅からロープウェーで下る様子を一眼レフカメラで動画撮影してみた。



15分程で山麓駅に戻ってきた。

DSC_1089


色鮮やかな紅葉を堪能できてとても満足な山歩きやった(^o^)v

雲辺寺ロープウェー乗車料金:1200円(片道)

雲辺寺ロープウェー:香川県観音寺市大野原町丸井

営業時間:7:20〜17:00(3月〜11月 ) 8:00〜17:00(12月〜2月) 無休






人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 16:35|PermalinkComments(0)clip!登山・山歩きなど 

2017年11月21日

元祖泡系!濃厚ド豚骨を堪能〜博多一幸舎空港南店〜

週末に博多駅前で社用があり、同僚と向かう途中に、福岡空港国際線に程近い3号線沿いにある、「博多一幸舎空港南店」に入ってみた。

image


去年オープンしたお店でまだ真新しい。

真っ赤な看板に白文字でデカデカと屋号が書かれていてとても目立っている。

入ると多くの客で賑わっている。白と木目を基調とした明るい店内。

食券制で券売機のメニューを見ると、らーめんの他、黒ラーメン、赤ラーメン、味玉ラーメン、青ネギラーメン、チャーハンメンなどがある。

サイドメニューで博多一口餃子(10個、5個)、Big唐揚げ、チャーハン、ミニチャーハン、博多明太丼などがある。

平日ではお好みのラーメン+100円セット(かしわごはん、ごはん、替玉)等もある。

今回は青ネギラーメンとミニチャーハンの券を購入してみた。

店員に券を渡すと麺の硬さを伝えてテーブル席に座る。

テーブル席と縦ならびのカウンター席がある。

席には備えつけで、紅ショウガならぬ、「白ショウガ」に辛子高菜がラーメン用(激辛)、ごはん用の2タイプが置かれている。

image


運ばれてきたラーメンはスープがとても泡立っていて、濃厚なワイルドな豚骨の香りが広がってくる。お店の「元祖泡系」の意味がひしひしと感じられる。

飲んでみると濃厚かつ、骨っぽい豚骨ストレートな旨味がガツンと広がり、とてもコクが深い。

ワイルドな豚骨ながらとてもスープの舌触りが繊細でなめらかで、上品さもあり申し分ない旨さ!。

麺は細麺でとても喉ごしが良く風味の良い麺で、濃厚豚骨スープと良く絡んでとてもいい感じ。

麺の上には青ネギが山盛!。ネギの香りが良く、スープとも良くマッチしている。チャーシューも柔らかくなかなかの旨さ。

image


ミニチャーハンはとてもアツアツ、パラパラに炒められていて、具の卵、チャーシュー、ネギが三位一体の旨さを醸し出して、とても風味が良くなかなかの絶品!。

「元祖泡系」濃厚ド豚骨ラーメンを堪能できて、とても満足な一杯やった(^o^)v

青ネギラーメン:800円

ミニチャーハン:350円

博多一幸舎空港南店:福岡県福岡市博多区西月隈3-15-8

営業時間:11:00〜22:00(OS 21:30) 無休(年末年始休み)







人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング



2017年11月16日

精肉問屋直営焼肉店 やきにくの蔵 新居浜 つづら淵店

うどん処しんせい2号店で肉ぶっかけうどんを堪能した後、観音寺市内にある雲辺寺山を登山。

登山後、市内にある「萩の湯」につかり、汗を流し、友人と合流し愛媛県の新居浜市内にある「やきにくの蔵 新居浜つづら淵店」を訪れた。

image


とてもゴージャスな店構え。

image


入ると焼肉店らしからぬ、和風の趣きで正面が厨房になっていて、ガラス張りの冷蔵庫には、全国各地の牛の熟成肉が並べられている。

そして大きな釜があり、御飯が炊かれている。

席待ち名簿に名前を書きしばし待つと店員にテーブル席の個室に案内された。

テーブル席にはタブレット端末があり、これで注文するようになっている。

image


今回は熟成ロース肉や黒毛和牛等を堪能できる「プレミアムコース」をチョイスしてみた。

タブレット端末で次々と注文していく。

image


こちらは厚切りの蔵ロースステーキなど。ハサミで切り分けて焼いていく。

image


こちらはネギ塩タンなど。

image


こちらは熟成蔵肩ロース。

image


こちらは黒毛和牛レバーなど。

肉を焼いてさっそく食べてみた。

image


熟成肩ロースは肉の旨味が凝縮されている感じで、とても旨味濃厚でとても柔らかく、申し分ない旨さ!。

タンも柔らかくジューシーで、これまた旨い。

黒毛和牛レバーはプルンとした食感で、臭みが全くなく、レバーの旨味が濃厚でとても旨い。

ちなみに釜炊き御飯も食べたくなり、卵かけご飯を注文してみた。

image


ご飯はとてもふっくらしていて、米の旨味が良く引き出されている。

卵と混ぜて、専用のダシ醤油をかけて食べてみると、とてもフワッとした感じになり、卵の濃厚な旨味と米の旨味とダシ醤油が三位一体の旨さを醸し出して、まるで半熟卵の親子丼を食べているかのようで、まさに絶品!。

〆には本場盛岡冷麺を注文してみた。

image


黒毛和牛げんこつ6キロや4種類の野菜で煮込まれたスープらしい。

とてもスッキリとしていながら、牛肉の旨味が広がり、コクが深くとても味わい深い。

麺は盛岡から直送みたいで、コシが強力でしかもモッチリ感タップリで、牛骨スープとの相性も抜群で、まさに本場盛岡冷麺と変わらぬ旨さ!。

チャーシューは牛肉ではなく豚肉チャーシューみたい。とても柔らかくジューシー!。

熟成肉は生まれて初めて堪能することができて、〆には本場盛岡冷麺も久しぶりに堪能できて、とても満足な焼肉やった(^o^)v

プレミアムコース:3480円

精肉問屋直営焼肉店 やきにくの蔵 新居浜つづら淵店 :愛媛県新居浜市若水町2-462-2

営業時間:17:00〜23:00 (月〜金) 16:00〜23:00(土日祝)無休





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2017年11月11日

うどん処しんせい2号店で「肉ぶっかけ」をガッツリ堪能〜香川(うどん)県高松市内〜

先日、香川県の友人に会った際に、高松市内にある「うどん処しんせい2号店」を訪れた。

image


image


高松市内の人気讃岐うどん店、「しんせい」の2号店で、本店には何度か訪れたことがあるがこちらは初めて。

朝八時半から営業していて無休なので、休日でも朝から本格派讃岐うどんを堪能できる。

お店はセルフ形式で受付でメニューを注文する。

讃岐の冬の名物の「しっぽくうどん」もすでにあった。

ほかにはかけうどん、ゆだめうどん、釜揚げうどん、きつねうどんなどの定番メニューがある。

今回はお店の名物メニューである「肉ぶっかけ」の大を注文してみた。

肉ぶっかけは出来上がるまで時間がかかるので、出来たら運んでくれるとのこと。

他に天ぷらメニューの鶏天をテイクアウトして会計を済ませ、席でしばし待つと肉ぶっかけうどんが運ばれてきた。

image


ぶっかけは冷と温と選べるが、今回はにしてみた。麺の上には甘辛く煮込んで冷やされた牛肉がたっぷりとのっている。

image


そして大根おろしとワカメもたっぷりとのっている。

麺は表面はフワッとしていて、かつ伸びるようなモッチリ感タップリで、芯に強いコシがあり、噛むほどにうどんの風味が広がり申し分ない旨さ!。

出汁はイリコなどの風味が広がり、少し甘めの味わい。

煮込まれた牛肉はとても柔らかくジューシーで出汁の風味と牛肉の旨味と麺の味わいで三位一体の旨さを醸し出している。

大根おろしの風味が後口をサッパリとさせていて、ボリュームタップリやけどスルスルと口の中に入っていく!。

image


鶏天はとてもビックサイズでこれまたボリュームタップリ!。

衣はとてもサクサクしていて肉は柔らかくとてもジューシー!。

ほんのりニンニクなどの風味がきいて、うどんとも良くマッチしていて、出汁に浸して食べるとこれまた旨い。

高松市内の本格派讃岐うどん店の肉ぶっかけうどんを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

肉ぶっかけうどん大:550円

鶏天:150円

うどん処 しんせい 2号店:香川県高松市上福岡町880-1

営業時間:8:30〜15:30 無休






人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 15:25|PermalinkComments(0)clip!讃岐うどん