2016年11月27日

大分初出店! 天下一品 光吉インター店の濃厚鶏ガラスープを堪能

先日、最近オープンした、京都に本店がある「天下一品 光吉インター店」を訪れてみた。

image


国道10号の府内大橋の交差点にあるクロスモール大分の1階にお店はある。となりは餃子の王将が出店している。

入ると通路になっていて、中央までいくと店内入り口になっている。

入ると威勢のいい声でお出迎え。カウンター席に座りメニューをみると、ラーメンとチャーシューメンがあり、スープをこってり、屋台の味、あっさりの3タイプ選べるようになっている。

他にセットメニューでラーメンと餃子か唐揚げとライスのA定食やチャーハン定食等がある。福岡のお店よりはメニューは少な目。

今回はチャーハン定食のスープをこってり、麺大盛を注文してみた。

image


こってりのスープは濃厚でかなり粘度の高いけど脂っこさはほとんどなく、濃縮された鶏ガラの旨味がガツンと広がり、京都の本店と変わらぬ旨さ。

麺は中細のストレート麺で、モッチリした食感で風味が良く、コッテリスープと良く絡んでとても旨い。

備えつけで辛味噌があり、少し入れてみるとスープのコクが増してなかなかいい感じ。しかし入れすぎると塩辛くなるので要注意。

チャーシューも柔らかくジューシーですなかなかの旨さ。

セットのチャーハンもアツアツでパラパラに炒められていて、風味がとても良くなかなかの上出来。

大分でも天下一品の濃厚スープを味わえるようになるとは嬉しいかぎり!。京都の本店や他のお店はラーメンの種類や定食メニューも豊富なので、今後増やしてもらえたらありがたいと思った。

チャーハン定食:900円

大盛:100円

天下一品光吉インター店:大分県大分市大字宮崎696-1クロスモール大分1階

営業時間:11:00〜2:00 無休




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!大分のラーメン 

2016年11月23日

2016 竹田 竹楽

この前の土曜日に竹田市内で毎年行われる「竹田 竹楽」に行ってみた。

DSC_0213


今回は岡城の駐車場に車を止めて竹田の城下町に入ることにした。

岡城はライトアップされ、夜空に城が光り輝いている。

城下町に入り、まずは広瀬神社に行ってみた。

DSC_0202


石段にたくさんの竹灯籠がおかれていて、まるで天の川みたいに輝いている。

DSC_0139


赤く色づいた紅葉が赤く輝いていて、竹灯籠と見事なコントラストを醸し出していて、とても美しい。

DSC_0204

DSC_0142


広瀬神社から竹灯籠が輝く城下町を散策していく。

DSC_0152


DSC_0147

DSC_0150

DSC_0145


竹灯籠のなかにはローソクが置かれていて火が灯されている。今時のLEDライトと違ってとても柔らかく温かみのある、まさに幻想的な灯火。

竹田荘公園辺りには竹灯籠の一大モニュメントが展示されていた。

DSC_0153

DSC_0156


紅葉が鮮やかに赤く色づいていてとても美しくまた迫力がある。

竹田荘公園へと上がる石段にも竹灯籠が置かれていて、白壁が竹灯籠のあかりで浮かび上がり、光り輝く紅葉と三位一体の美しさを醸し出していている。

DSC_0166


次に武家屋敷通りを散策してみた。

DSC_0178

DSC_0175


さまざまな模様で置かれた竹灯籠が闇夜の武家屋敷通りに浮かび上がりとても幻想的な光景が広がる。花をかたどった竹灯籠のアートもありとても美しい。

DSC_0183


臼杵竹宵と並んでこちらもとても美しく、とても幻想的な竹田城下町散策を堪能することができた。

岡城:大分県竹田市大字竹田2761




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ 

2016年11月21日

竹田@大分の名物とり天をテイクアウトで堪能〜道の駅 すごう丸福〜

先日、大分から八代に戻る途中に国道57号線沿いにある「道の駅すごう」に寄ってみた。

image


道の駅の中には竹田市内の名物とり天のお店「丸福」の支店がある。

image


お店は食堂形式やけどテイクアウトもできる。お店の入り口にテイクアウト用の受付がある。

テイクアウトメニューはとり天、ぶつ切り、唐揚げ(モモ・羽)1本、チキン南蛮、トンカツがある。

今回はとり天とモモ1本をテイクアウトしてみた。

こちらはとり天。

image


10年前に竹田市内の本店で食べたことがあるが、他のお店のとり天と違い、片栗粉の衣が厚めの、昔ながらの唐揚げといった感じ。

できたてをまず食べてみると、衣がとてもサクサクで肉がジューシー!。味つけはアッサリ塩味でいくらでも食べれそうな感じ。

こちらはモモ1本。

image


image


家で温めなおしてビールのつまみで食べてみた。けっこう大きめでボリュームタップリ!。

こちらもとり天と同じ味つけで、とり天よりも更に肉がとてもジューシーでビールにもぴったりで申し訳ない旨さ!。

久しぶりに竹田の名物とり天を堪能できてとても満足な逸品やった(^o^)v

とり天(100g):180円

モモ1本:360円

道の駅すごう丸福:大分県竹田市大字菅生989-1

営業時間:9:00〜19:00 土日祝9:00〜20:30 元旦のみ休




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年11月10日

雲仙 小浜ちゃんぽん 海花亭

雲仙普賢岳の紅葉を堪能するついでに、久しぶりに小浜ちゃんぽんも堪能してきた。

DSC_0001


小浜温泉街のメインストリートの国道沿いにある大衆食堂で、今回初めて入ってみた。

入るとテーブル席と小上がりの座敷の昔ながらの食堂といった雰囲気。

客は他におらずちょっとさみしい。メニューは名物の「おばまちゃんぽん」や皿うどんのほか、定食メニューや丼物やうどん、蕎麦等の定番の大衆食堂メニューが並ぶ。

今回はおばまちゃんぽんとライスと小鉢のセットの「おばまちゃんぽんセット」を大盛で注文してみた。

ほどなく「おばまちゃんぽんセット」が運ばれてきた。

image


アツアツに炒められたたっぷりのキャベツやもやし等の野菜に豚肉やエビがのっている。

スープはコクが深くまろやかで、具の旨味がミックスされてなかなかの旨さ。

麺は少し太めのちゃんぽん麺で、コシがありモッチリした食感で、風味が良くまさに本場のちゃんぽん麺といった感じ。

久しぶりに小浜ちゃんぽんを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v。次の機会にまた食べてないお店を訪れてみたいと思う。

おばまちゃんぽんセット:850円

麺大盛:150円

海花亭:長崎県雲仙市小浜町北本町905

営業時間:10:30〜21:30 不定休




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小浜ちゃんぽん 

2016年11月08日

2016 雲仙普賢岳 紅葉登山

先日、数年ぶりに紅葉見頃の雲仙普賢岳を山歩きしてきた。

雲仙


今回は国道389号線の吹越トンネルの北側にある、吹越登山口から普賢岳を目指した。

国見岳につながる山の稜線に上がるまではかなりの急坂が続く。

振り返ると九千部岳や更に眼下に橘湾が広がる。

image


image


image


1時間ほどでようやくロープウェイ乗り場がある、妙見岳からの登山道と合流した。

image


右手には妙見岳とあざみ谷が眼下に広がる。

image


image


風が強く、谷の上空を雲が竜巻みたいに渦巻いていた。

image


しばらく歩くと国見岳に向かう分岐点があるが、今回は普賢岳を目指すため谷を降りていく。

image


谷を降りていくと鮮やかな紅葉が広がっていた。

image


image


image


谷を降りると普賢岳山頂に向かう分岐点の紅葉茶屋に着いた。

image


そこから普賢岳山頂に向かってゴツゴツした溶岩の急坂を登っていく。所々鮮やかに色づいた紅葉がとても美しい。

image


溶岩の岩場を鎖をつたって登りきると平成新山が現れ、ほどなく山頂にたどり着いた。

image


image


普賢岳と平成新山の間には鮮やかな紅葉が広がっていた。

image


image


image


山頂の西側にはあざみ谷や妙見岳の紅葉が広がる。

image


image



今回も鮮やかな雲仙普賢岳の紅葉を堪能できてとても満足な山歩きやった(^-^)v


吹越登山口



人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年11月05日

久しぶりに本格久留米ラーメンを堪能〜来雷軒〜

今日は講習会で久しぶりに久留米市内を訪れた。

昼休みに会場の近くにある「来雷軒」に入ってみた。

image


久留米市役所に程近いところにあるラーメン屋で今回初めて訪れた。

入ると「いらっしゃいませ!」と優しくお出迎え。

店内は多くの客で賑わっている。店名からして古くからありそうな感じやけど、オープンしてまだ4年ほどの新しい久留米ラーメン店。

でも店内は今時の洒落た感じでもなく、昔ながらのラーメン屋といった懐かしさも感じさせる店内。

メニューはラーメンのほか、チャーシューメン、特製ラーメン、半ラーメンとメニューは少な目で、まさにラーメン直球勝負。

今回は特製ラーメンの大盛を注文してみた。

ランチタイムはお好みのラーメンに小ライスと辛子高菜がついた、ラーメンライスがある。また替え麺もある。

image


運ばれてきたラーメンは真ん中に生卵の黄身がのり、チャーシュー、、ネギ、メンマ、キクラゲ、海苔がのってとても具沢山で色鮮やか。

スープは「ひろせ食堂」等の昔ながらの久留米ラーメンスープといった感じに近く、とてもスッキリとしていながら、豚骨の旨味タップリでコクが深くとても旨い。

麺は博多風の細麺でコシがあり風味が良く、スープとも良くマッチしてなかなかの旨さ。

卵の黄身をスープとまぜるとまろやかになりなかなかいい感じ。

チャーシューはとても柔らかく、醤油等の風味が肉の中まで染みててこちらもなかなかの旨さ。

久しぶりに本場久留米ラーメンを堪能できてとても満足な一杯やった(^o^)v

特製ラーメン:680円

大盛:100円

来雷軒:福岡県久留米市櫛原町31

営業時間:11:30〜14:30 日曜休(不定休)





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!久留米ラーメン 

2016年11月03日

2016 霧島山 韓国岳と大浪池の紅葉を堪能

先日、久しぶりに霧島山系の韓国岳から大浪まで山歩きしてきた。

image


朝の8時前に着いて、足湯の駅えびの高原の有料駐車場に車をとめて歩き始める。

きりしま4

きりしま3


今回は韓国岳山頂まで行き、山をおりて大浪池を1周してスタート地点に戻るコースを選んだ。

徐々に高度を上げながら登って振り返るとスタート地点のえびの高原が眼下に広がる。

image


image


1時間ほどで五合目に着いた。

image


五合目からは南側に桜島と錦江湾などが一望できる。

DSC_0045


西側には六観音御池等の火口湖が眼下に望める。

DSC_0056


桜島の左側にはかすかに屋久島の宮ノ浦岳も望む事ができた。

DSC_0076


九合目をすぎると韓国岳の巨大な火口が姿を現した。

image


火口の山肌は所々赤や黄色く染まった紅葉が広がる。

DSC_0063

DSC_0075


南側には大浪池が一望できる。

image


そこからほどなく山頂にたどり着いた。

image


山頂からは高千穂峰や、噴火が落ち着いたがなお蒸気が上がっている新燃岳が一望できる。

DSC_0091

DSC_0092


しばし休憩して次に大浪池へと山を下っていく。

image


所々鮮やかに色づいた紅葉を眺めつつ山を下っていく。

image


image


DSC_0107


30分ほどで大浪池の入口の分岐点に着いた。

image


ここから半時計回りに池の回りを歩いていく。

image


池の水は青く輝いてとても美しい。

池の山肌は所々鮮やかに紅葉が色づいている。

DSC_0132

DSC_0158

DSC_0184

DSC_0129

DSC_0137


40分ほどで大浪池の登山口につながる分岐点の着いた。辺りは多くの登山客で賑わっている。

北側には先ほど登った韓国岳が一望できる。

image


そこから池周囲の紅葉を眺めつつ歩いて行くとえびの高原に戻る分岐点に着いた。

image


image


そこからスタート地点のえびの高原に向けて更に歩いて行く。

所々鮮やかな紅葉が広がっていて写真を撮りつつ歩いて行った。

DSC_0222

DSC_0221

DSC_0205


分岐点から1時間ほどでスタート地点のえびの高原に戻ってきた。

今年は暑かったためか紅葉は遅めみたいやけど、鮮やかな霧島山の紅葉を堪能できてとても満足な山歩きやった(^-^)v

足湯の駅えびの高原:宮崎県えびの市末永1495番地

駐車場料金:500円



人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年10月31日

出水市内で味わうド豚骨ラーメン〜ぶんちゃんラーメン〜

週末に出水市内にある人気店「ぶんちゃんラーメン」を初めて訪れた。

image


地元のテレビ等で以前から紹介されていて食べてみたかったお店。

入ると店員から「いらっしゃいませ!」と優しくお出迎え。

長いカウンター席とテーブル席以上店内で、多くの客で賑わっている。

メニューはラーメンのほか、みそラーメン、もやしラーメン、チャーシューメンのほか、ギョーザラーメン、チャンポンなどがある。

またチャーハンやカレーチャーハン等もあり、ラーメン専門店では珍しい酢豚もある。

セットではお好みのラーメンにプラスでライスと餃子がついた定食めし付もある。

今回はチャーシューメンの大盛を注文してみた。

image


運ばれてきたラーメンはチャーシューがたっぷりとのっている。

スープは鹿児島ラーメン定番かと思いきや、ワイルドな豚骨の風味が香るド豚骨スープで思わずビックリ!。

濃厚な豚骨の旨味がガツンと広がり、コクがとても深く、しかも後口はスッキリしていて申し分ない旨さ!。

麺は博多風の細麺でコシがあり、風味が良くスープとも相性がいい。ちなみに替玉はないみたい。

チャーシューもトロトロに柔らかくライスが欲しくなる旨さ。

まさかのド豚骨スープを鹿児島で堪能できるとはまさに予想外!。とても満足な一杯やった(^-^)v

次回はもやしラーメンが後から知ったが、お店の名物みたいなので、また試してみたいと思う。

チャーシューメン:900円

大盛:100円

ぶんちゃんラーメン:鹿児島県出水市汐見町7379-1

営業時間:11:00〜14:30 日曜休



人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年10月23日

荘厳な山城 松山城を堪能@松山市内

讃岐うどんを堪能した後、愛媛県の三崎港フェリー乗り場に向かう前に松山市内にある松山城を散策してみた。

松山市内には「坊っちゃん電車」と呼ばれる明治時代に走っていた蒸気機関車を模してつくられた電車が走っていた。

DSC_0363


松山城は小高い山の山頂にそびえるとても荘厳な山城。山の麓に二の丸があり、現在は二の丸庭園となっている。

DSC_0364


城内に向かうにはロープウェイがあるが、今回は県庁の裏側から遊歩道を登ってみることにした。

こちらは松山城の地図。

DSC_0413


山の斜面にそって登り石垣と呼ばれる石垣が山の上まで続いている。

けっこうな勾配の山道をまずは登っていく。

DSC_0369


10分ほどの山道を登り終えるとロープウェイからのコースと合流した。ほどなく城の入り口の大手門に着いた。

DSC_0377


大手門をくぐり次の太鼓門をくぐると天守閣が見えてきた。

DSC_0411


天守閣は有料で入口で券を購入した。

本壇とよ呼ばれる天守閣部に入っていく。

DSC_0429


天守閣と3ヶ所小天守閣みたいな櫓がある。天守閣と櫓は通路でつながっている。

天守閣と櫓は江戸時代創建当時のまま残されている。

DSC_0433

DSC_0434


中は松山城の歴史を伝える資料が展示されている。

天守閣の最上階に登ると360度の大パノラマが広がる。

DSC_0458

DSC_0460

DSC_0474

DSC_0466


松山市内が一望できて遠くには瀬戸内海を見渡すことができ、南側には石鎚山などが望む事ができる。

眼下には城内の様子も見渡すことができる。

DSC_0457

DSC_0456

DSC_0455

DSC_0450

DSC_0439

DSC_0449


山の麓の二の丸庭園も見渡すことができる。

DSC_0448


絶景を堪能して天守閣を出て乾門から城を出た。

DSC_0502


乾門からは美しい滑らかな曲線を描いた石垣を見渡すことができる。

DSC_0497

DSC_0507


乾門から山道を下り、スタート地点に戻ってきた。

城の南西側はかなり広い広場になっている。最後に二の丸と天守閣を撮ってみた。

DSC_0514


堅牢な石垣に囲まれとても迫力があり、そしてとても美しい山城やった(^o^)v

松山城天守閣:510円


営業時間:9:00〜17:00 (12月〜1月)9:00〜16:30 (8月)9:00〜17:30 12月第3水曜休(大掃除)


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!いろいろ 

香川県三豊市で味わう絶品冷やかけうどん〜うどん 一 鳥坂店〜

剣山に登った翌日は久しぶりに讃岐うどんを食べようと思い、三豊市内にある「うどん 一 鳥坂店」を訪れてみた。

image


image


国道11号線沿いの鳥坂峠の手前にあるうどん屋。眼下には三豊市内の田園風景が広がる。

image


入ると店主が元気にお出迎え。本店は観音寺市内にあり、こちらは支店になっている。

メニューはかけうどん、釜ぶっかけ、釜玉うどん、ひやかけ、ぶっかけ、肉ぶっかけなどがある。

基本メニューのかけうどん、ひやかけ、ぶっかけは小210円、中310円、大410円。

今回はひやかけの大を注文してみた。

茹で上がるまでしばらく時間がかかるそうなので会計を済ませて席で待つことにした。

窓越しのカウンター席に座ると三豊市内の田園風景が望めてとても眺めがいい。

15分ほどで麺が茹で上がった。店員からうどんを受けとり早速食べてみる。

image


ゲソ天とちくわ天もチョイスしてみた。

image


大は三玉入っていてなかなかのボリューム!。

麺は表面はフワッとした感じで中心はコシがあり、とてもモッチリした食感で申し分ない旨さ。

ダシはほんのりイリコダシなどが香るアッサリ風味で麺ともよくマッチしている。

ゲソ天もボリュームたっぷりで、衣サクサクでイカの風味がよくなかなかの旨さ。

次回はぶっかけなどでまた試してみたいと思う。久しぶりに、絶品讃岐うどんを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

ひやかけ大:410円

ゲソ天:120円

ちくわ天:100円




うどん 一 鳥坂店:香川県三豊市三野町大見4346-9

営業時間:9:00〜16:00 火曜休





人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング