2016年08月22日

2016夏 和歌山ラーメン巡りその1〜アロチ本家 丸高〜

明石駅前の明石焼き「松竹」を出て、次に神戸の街を経由して阪神高速湾岸線をドライブして和歌山市内へと向かった。

今まで食べてない和歌山ラーメン+食べようと思い、市内の歓楽街の近くにある「アロチ本家 丸高」に入ってみた。

image


夕方からの営業で、中に入ると飲んだ〆に入ってきた客で賑わっている。

店内は昭和にタイムスリップしたかのような、懐かしさ溢れる昔ながらのラーメン屋もいった趣き。カウンター席はなくテーブル席のみ。

テーブルには和歌山ラーメン定番の「早すし」がおかれている。一個100円で会計するときに代金を払う。

メニューは中華そばのほかは、中華そば大盛、チャーシューメン、キムチラーメン、餃子、そしておでんもある。

ビールや日本酒もあるので、ラーメンの前にビールを飲みながらおでんを食べている客もいる。

今回は中華そば大盛を食べてみた。

image


点の上にはチャーシュー、ナルト、ネギ、メンマがのり、まさに和歌山ラーメンが定番スタイルといってところ。

スープはワイルドな豚骨の風味が香り豚骨好きにはたまらない!。

濃厚な豚骨の旨味と醤油の風味もけっこう濃厚で、豚骨と醤油の旨味が絶妙にマッチしてとても旨い。

麺は中細麺で少し食べてみたが柔目のゆで加減。

俺的にはまだ硬めでも良かったが、濃厚スープとよく絡んでなかなかの旨さ。

早すしともよくマッチして、早すしのほどよい酸味と鯖の風味が食欲をそそる。

チャーシューもジューシーで柔らかく醤油の風味が中まで染みててこちらもなかなかの旨さ。

次回は餃子も旨そうなので食べてみたいと思う。久しぶり本場の和歌山ラーメンを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

中華そば大盛:800円

アロチ本家 丸高:和歌山県和歌山市友田町2-50


営業時間:17:30〜3:00 日曜休


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年08月21日

兵庫県明石名物 明石焼き巡りその2〜明石焼き たこQ〜

2軒目は関西方面から戻る途中に明石市内にある「たこQ」ちゅうお店に入ってみた。

image


こちらはテレビ番組で明石焼き入りうどんが紹介されているのを見て、ぜひ行ってみたいと思っていたお店。

メニューは明石焼きをメインに、お好み焼き、タコ焼き、トンペイ焼きなどがある。

また変りメニューで、明石焼きがのっている、たこQドンブリや明石焼き入りうどんの「QRちゃんうどん」、ざるらーめんと明石焼きのセットの、冷ラーメンセットなどがある。

今回はQちゃんうどんとタコ焼きを注文してみた。友人は冷ラーメンセットを注文。

店主が気さくな方で、注文するまでの間等、お店のメニューの事や、テレビに紹介された際のいきさつ等いろいろ教えてくれた。

まずはQちゃんうどんが運ばれてきた。

image


うどんの上に焼きたての明石焼きが3個ほどのって、きざみのり、ネギなどが散りばめられている。

明石焼きはこちらも焼きたてアツアツで、フワッとした食感で玉子の風味が広がりとても旨い。

ダシはカツオダシなどが濃厚にきいてとても味わい深く、明石焼きにもよくマッチしてとても旨い。

麺はややコシがある麺で特に特徴はない。しかしうどんと明石焼きとも違和感なくよくマッチしてなかなかの旨さ。

次にタコ焼きが運ばれてきた。

image


たこ焼きはまさに本場の味わいで、生地の表面はアツアツカリカリに焼かれていて、中はトロッとしたアツアツの生地が溢れ出してきて、タコも大きく、とても風味がよく申し分ない旨さ。

友人が注文した冷ラーメンセットのざるラーメンの、麺は店主から「姫路駅の立ち食いそばの「えきそば」の麺を使っています。」との事。

少し食べてみたがつけダシは酸味とラー油の風味がきいた醤油ダレといった感じで麺は少し柔目の中華麺といった感じでまずまずの味わい。

こちらでも明石焼き入りうどんと本場のたこ焼きを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

タコQ:兵庫県明石市大久保町大久保町880-1


営業時間:平日11:00〜14:00 土日祝10:00〜18:00 不定休


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


兵庫県明石名物 明石焼き巡りその1〜松竹〜

先日友人と関西辺りを麺グルメ旅してきた。その際に明石焼き巡りをしてみた。

1件目は明石駅前にある「松竹」ちゅうお店。

image


明石ときめき横丁ちゅう居酒屋やお好み焼屋などが入ったグルメ街の一角にお店はある。

image


入ると多くの客で賑わっている。テーブル席に座りメニューを見ると玉子焼きと特別玉子焼きのほかはビールなどしかない。

店員から、今日は特別玉子焼きはやってないとのことで、玉子焼きを一人前づつ注文した。

持ち帰りの客もかなり多く、時間がかかるかと思いきや、それほど待たずに玉子焼きが
運ばれてきた。

image


ダシが入った徳利と刻んだ三つ葉が入った陶器も運ばれてきた。

ダシを入れてその上に三つ葉を入れて、そして玉子焼きをダシに浸して食べてみる。

玉子焼きはとても柔らかくふっくらと焼かれていて、玉子の風味と中に入っているタコの風味とよくマッチしてとても旨い。

ダシはとてもアッサリで、ほんのりカツオダシなどが香る。玉子焼きの風味を邪魔させずに、玉子焼きの風味を引き出させる感じがいい。

三つ葉は香りも玉子焼きとよくマッチしてなかなかいい感じ。

あまりの旨さにあっと言うまに完食!。

次回は特別玉子焼きも試してみたいと思う。本場の味を堪能できてとても満足な一皿やった(^-^)v


玉子焼き:600円

兵庫県明石市東仲ノ町5-23 明石ときめき横丁1階


営業時間:11:00〜20:00 水曜休


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年08月18日

歴史の道「萩往還」を往く〜佐々並市〜明木市〜萩城下町〜

山口市内で牛骨ラーメンを堪能した翌日の早朝、山口市内から萩市内に向かう国道沿いにある「道の駅あさひ」に車を止め、萩往還を萩市内まで散策してみることにした。

image


近くには萩往還の宿場町「佐々並市」ちゅう古い町並みが残っている地区があり、そこからスタートした。

町並みを抜けると萩往還の入り口に差し掛かる。

image


道は整備されていて江戸時代の街道の趣きがよく残されている。

image


15分ほど歩くとはじめの峠の「千持峠」に差し掛かる。

image


そこから緩やかに下っていくと休憩所がある。

image


萩往還は至るところに休憩所とトイレが整備されていて気軽にハイキングを楽しむことができる。

しばらく下ると古い石橋を渡った。

image

image

image


落合の石橋と呼ばれる石橋で国の登録文化財に指定されている。

刎橋と呼ばれる橋で、石橋では山口しかないそう。

橋の上の部分の3枚の石板を、橋の下の両側
から斜めに突き出している石材が支えている。

小川のせせらぎと石橋がよくマッチしてとても美しい。

落合の石橋を過ぎると美しい田園風景のなかを石畳道が続く。

image

image

image


石畳道を歩き終えるといったん国道に合流して中ノ峠を越える。

峠を越えて国道を横断して再び萩往還に入ると「七賢堂の展望台」ちゅう休憩所がある。

image


展望台からは萩方向の山々や眼下に萩往還沿いの集落が見渡せる。

image


展望台をおりて集落を抜けると一升谷に差し掛かる。

image


一升谷の最高地点の五文蔵峠を過ぎると石畳道がしばらく続く。

image


今回は下っていく方向やけど、なかなかの急坂で登る方はけっこうキツイと思う。

一升谷を下り終えると「明木市」ちゅうかつての宿場町に差し掛かる。

image


こちらも江戸時代の宿場町の趣きが残されている。

そこから川沿いにしばらく歩き、最後の峠に差し掛かる。

鹿背坂と呼ばれる急坂の山道を登っていく。

image


猛暑のなか急坂を登りきると休憩所がある。

image


そこから少し歩くと明治時代に作られた「鹿背隧道」ちゅう古いトンネルがあり、こちらも国の登録文化財に指定されている。

image


トンネルは通らずに萩往還の急坂の山道をさらに登ると「御駕籠建場・茶屋跡」に差し掛かる。

image

image

image


藩主の休憩所があったらしい。ちなみにかつてのトイレが再現されている。

image


そこから山道を下ると道の駅萩往還に着いた。

image


そこでしばし休憩。道の駅の中には吉田松陰記念館等があり、伊藤博文などの長州のばくまつ志士たちの銅像がある。

image


道の駅内の地下道を渡って駐車場を過ぎると再び萩往還に入る。

image


image


しばらく歩くと、かせが坂一里塚に差し掛かる。

image


image


そこから少し歩くと山道は終わり、舗装された地元の生活道路にはいる。

道路を下ると「涙松跡」がある。

image


image


吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られる際に涙松で詠んだ歌碑が建てられている。

image


涙松跡からは家が多くなり萩市内に入っていく。

image


江戸時代の家が残されてはないが、山口独特の朱色の瓦がかつての街道の雰囲気を醸し出している。

しばらく歩くとようやく萩駅にたどり着いた。

image


こちらの萩駅も古い建物で文化財に指定されている。

ここから城下町まで歩こうと思ったが、あまりの猛暑で体も限界なので今回は萩駅をゴールとした。

萩駅から市内周遊バスで萩バスターミナルに向かい、そこから山口駅行きのバスで佐々並まで戻った。

佐々並から萩駅までは16キロほどの道のり。萩市内へと下る方向なので登りは少ないが、あまりの猛暑はさすがに体に堪えた。

次回は佐々並から山口市内方向へと散策してみたいと思う。

幕末の長州の歴史を体感できてとても満足やった(^-^)v


道の駅あさひ:山口県萩市佐々並2476-1


道の駅萩往還:山口県萩市大字椿字悴ヶ坂1258



人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


2016年08月13日

山口市内で牛骨ラーメンを堪能〜中華そば 吟〜

先日、歴史の道 萩往還を訪れた際に山口市内にある「中華そば 吟」ちゅうお店を訪れた。

image


山口市内の国道9号線沿いにあるお店。店内は手前にカウンター席と奥の方にテーブル席があり、漆喰の白壁風の壁と木目調のテーブルで、城下町山口を意識したとてもシックな店内。

スープは牛骨+鶏ガラで、メニューは開業以来欠かさず継ぎ足しながら作られるという、牛骨版呼び戻しスープといえそうな「匠味」と、「極味」等がある。また、「吟つけ麺」、「吟ちゃんぽん」等もある。

セットメニューもあり、炒飯や牛すじご飯、豚めしとのセットメニューがある。

今回は匠味の大と炒飯の他、餃子、吟アイス、抹茶アイスの中からひとつを選ぶ「炒飯セット」を餃子チョイスで注文してみた。

夕方で客は多くはなくほどなくラーメンとセットが運ばれてきた。

image


大だと2玉は、ありそうで、ドンブリいっぱいに麺が盛られていてかなりのボリューム❗。

その上には茹でられたモヤシがたっぷりとのり、ネギと厚切りのチャーシューがのっている

スープは見た目はコッテリな感じですやけど、飲んでみるとアッサリとしたなかに牛骨のワイルドな風味が香り、とてもコクが深くなかなかの旨さ。

麺は中細麺でもっちりした食感でコシがあり、とても風味がいい。

チャーシューはトロトロに柔らかく味が染みてて、スープの風味ともよくマッチしている。

image


セットの炒飯はアツアツにパラパラに炒められていて、とてもいい香りで食欲をそそる。

餃子もアツアツでなかから肉汁が出てきてとてもジューシー!。

山口牛骨ラーメンは下松市内の紅蘭など食べたけどこちらもなかなかの上出来!。とても満足な一杯やった(^-^)v。

匠味大:750円

炒飯セット:450円

中華そば 吟:山口県山口市糸米2-7-7

営業時間:11:00〜15:30 18:00〜22:00(平日)11:00〜16:00 18:00〜22:00 第 2、第4水曜休(祝日の場合は翌日休み)


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!山口のラーメン 

2016年08月07日

八代で味わう絶品刀削麺〜刀削麺 丸新〜

先日、八代市内でネットでも広く紹介されている「刀削麺 丸新」を訪れた。

image


刀削麺専門店で九州でも珍しいお店。

外観は洋風で喫茶店を思わせる。入ると店主から「いらっしゃいませ!」と暖かくお出迎え。

カウンター席のみで、木の温もりを感じさせる明るい店内。

メニューは全て刀削麺で、スープ刀削麺、カレー刀削麺、ネギ味噌ラーメン等があり、夏季限定で冷やし刀削麺、ぶっかけ刀削麺がある。

今回は冷やし刀削麺とミニカレーを注文してみた。

注文を受けると店主が生地を中華包丁でスライスしながら鍋のなかに投入して茹で始める。

ほどなく刀削麺が運ばれてきた。

image


茹でて冷水でしめた麺に冷たいスープがかけられていて、ネギや鳥のチャーシューがのっている。

麺はけっこう強いコシで店主から「コシが強いですが大丈夫ですか?。水でしめるとどうしても麺のコシが強くなってしまうんですよね。」と話されていたが、讃岐うどんの麺にもよく似ていて、コシだけではなくモッチリした食感があり、噛むほどに麺の味わい深さが広がりなかなかの旨さ。

スープはほんのり煮干しの風味が香り、酸味がきいた醤油ダレにラー油が少しミックスされていて、程よい酸味が食欲そそり、とても味わい深く麺ともよくマッチしている。

鶏肉のチャーシューはさっぱりしているが、鶏肉の旨味が広がりジューシーでこちらもなかなかの旨さ。

image


カレーはキーマカレーに似たような感じで、とてもコクが深く程よい辛さで、スパイスの風味が豊かに広がりライスにぴったりな味わい。

食べ終わる頃に店主がデザートのミルクプリンを運んできた。麺を注文するとついている。

image


プリンと一緒に味付け用のカラメルと紅茶がついている。

image


滑らかな舌触りで、ミルクの風味がとても豊か。カラメルを少し入れ、紅茶を入れると紅茶の香りとプリンの風味がよくマッチしてとても旨い。

次回は暖かいメニューでネギ味噌ラーメン等でまた試してみたいと思う。八代で絶品刀削麺を堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

冷やし刀削麺:700円

ミニカレー:200円

刀削麺 丸新:熊本県八代市港町61


営業時間:11:00〜20:00 不定休


人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!熊本のラーメン 

2016年08月04日

鹿児島で絶品油そばを堪能〜油そば専門 兎 天文館店〜

南州庵を出て、知り合いの紹介で照国通り沿いのパチンコ屋のTMAXの建物内にある「油そば専門 兎 天文館店」を訪れた。

image


駐車場の入口の一角に店舗がある。入るとカウンターのみの細長い店内。

メニューは鹿児島ではおそらく初めての油そばと、中華そばがある。

油そばは油そばと肉油そばがあり、麺の量は普通盛で200グラム、大盛で300グラム、倍盛で400グラム、またハーフサイズの姫盛100グラムと選べる。

今回は知りあいから油そばがおすすめということで、肉油そばの普通盛を食べてみることにした。

食券制で券を買いカウンター席に座り、ビールで乾杯して油そばが出来上がるのを待つ。

思ったよりそれほど待たずに油そばが運ばれてきた。

image


半熟煮卵はついていないが、知りあいからいただいた。5のつく日には半熟煮卵の無料券がもらえるみたい。

麺の上にはチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、カイワレ大根がのっている。タレがかかってないように見えるけど、麺の下にタレが隠されている。

備え付けのラー油と酢をかけてから混ぜて食べる。知りあいから「ラー油と酢をそれぞれ2周回しかけすると旨い。」と教えて貰い、その通りに混ぜて食べてみる。

image


麺は油で絡めてあり、醤油タレを絡めると麺は茶色くなった。

ストレートの太麺でコシが強く、またモッチリ感タップリでとても風味がいい。

油で絡めているが、コッテリ感はなく酢をいれていることもあり、とてもさっぱりとした味わいでいくらでも入りそうな感じ。

醤油タレも麺とよくマッチして、麺に絡んだ油とミックスされてコクを深めていてとても旨い。

チャーシューは厚切りでトロトロに柔らかくこちらもとても旨い。醤油風味が中まで染みていてライスがほしくなる。

カイワレ大根や白髪ネギもさっぱり感を上手く演出していて、油を気にせずどんどん食が進み、あっという間に完食!。

鹿児島で初めての油そばを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

肉油そば普通盛:800円

油そば専門 兎 天文館店:鹿児島市東千石町20-5TMAXビル1階




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


営業時間:11:00〜15:00 18:00〜22:00 日曜11:00〜17:00 TMAX定休日休



2016年08月01日

薩摩食堂 南州庵でトマトラーメンを堪能

週末は都城市で講習会に参加したあと、久しぶりに鹿児島市内を訪れた。

image


鹿児島中央駅前は「アミュプラザ鹿児島プレミアム館」のオープンなどで以前よりも人が多く集まっているような気がする。

今回は鹿児島の職場での知り合いと鹿児島中央駅前に程近い「南州庵」で懇親会をした。

3000円のコース料理で薩摩揚げや、酒盗ピザ等の一品料理の〆にはラーメンがついていて、ゆず胡椒ラーメン、トマトラーメン、塩ラーメンから選べるようになっている。

今回はトマトラーメンを味わうことにした。

image


塩ラーメンをベースにすりつぶしたトマトがミックスされている。

麺の上にはネギと乾燥ニンニクチップがちりばめられている。

コース料理の〆なので具はないが、昼のランチでは、チャーシュー等の具がのっている。

スープはアッサリとした程よい塩加減の風味豊かなスープにトマトがミックスされて、とても優しい味わいで、トマトの酸味ともよくマッチして、〆のラーメンにぴったり!。

麺は中細麺でもっちりした風味のよい麺で、スープともよくマッチしている。

久しぶりの鹿児島でとても優しい味わいのトマトの塩ラーメンを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

薩摩食堂 南州庵:鹿児島市中央町21-31


営業時間:11:30〜14:00 18:00〜22:30 日曜休(祝日の場合は翌日休)




2016年07月30日

八代の民家風 超穴場な熊本豚骨ラーメンを堪能〜中華料理 三宝〜

昨日は仕事を終えて八代インターの近くにある「中華料理 三宝」ちゅうお店に入ってみた。

image

image


昔ながらの民家そのままの店構えで、庭が駐車場になっている。

玄関を開けると奥から店主から「いらっしゃいませ!。」とやさしくお出迎え。

お店の左手の縁側の床の間のような部屋にテーブルがあり、と右手にカウンター席とテーブル席がある。

右手の窓側席のテーブル席に座り、メニューを見ると、ラーメンメニューと定食メニューとラーメンとのセットメニューがあり、とても種類豊富。

ラーメンは高菜ラーメン、焼豚ラーメン、そしてチャンポンにジャージャー麺等もある。

定食では酢豚定食、麻婆豆腐定食等、中華料理メニューが並ぶ。

セットでは焼飯セット、焼飯&ラーメンセット、餃子とライス、サラダ等がついたラーメン定食等がある。

今回は高菜焼飯&ラーメンセットを注文してみた。

image


セットの焼き飯はハースサイズではなく普通サイズでけっこうボリュームがある。

ラーメンは熊本豚骨らしく、マーユと乾燥ニンニクチップがかけられている。

image


スープはとてもまろやかでクリーミーな味わいで、マーユがコクを深めていて、熊本の有名店の「黒亭」等と遜色ない絶品熊本豚骨スープで申し分ない旨さ!。

麺は黄色がかった色をした細麺で、もっちりした食感で香りがよく、スープともよくマッチしてなかなかの旨さ。

具はチャーシュー、キクラゲ、ネギがのっている。チャーシューも柔らかくトロトロ。

image


高菜焼飯は熊本名物の辛子高菜がタップリと入っている。アツアツに炒められていて、炒められた辛子高菜が風味がよく、こちらもなかなかの旨さ。

次回はチャンポンや定食メニューも試してみたいと思う。八代の穴場な熊本豚骨ラーメンを堪能できてとても満足な一杯やった(^-^)v

高菜焼飯&ラーメンセット:980円

麺大盛:120円

熊本県八代市東片353




人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング


katsuemon1973 at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!熊本のラーメン 

2016年07月18日

浜松餃子人気店の絶品餃子を堪能〜喜暮里・むつ菊〜

富士市内での所用を終えて戻る途中、御前崎に行ったことがなかったので寄ってみた。

image


高台の上に灯台があり、展望台から大平洋が一望できる。

image


image


御前崎は静岡県最南端にあり、岬には最南端を記した標識がある。

水平線の彼方まで大平洋を一望できて地球が丸いことを実感できて、また大平洋のマリンブルーがとても美しく、とても壮大な景色で素晴らしい!。

御前崎から浜松市内に向い、浜松餃子を堪能すべく「喜暮里」ちゅう老舗人気店を訪れた。

image


常に行列ができている浜松餃子の人気店で来たときも席待ちの客が店の外まで並んでいた。

ちなみに駐車場はお店から80メートル離れた場所に11台分の駐車場がある。

20分ほど待ち、カウンター席に案内された。店内はコの字形のカウンター席が左右に配置されて、奥に若干のテーブル席がある。

メニューは餃子単品が大(20個)、中(16個)、小(10個)とあり、他に餃子定食が大定食、中定食、小定食とそれぞれある。

またラーメンもあり、みそラーメン、しょうゆラーメン、しおラーメン、コーンラーメン、バターラーメン等がある。

今回は餃子の大定食を注文してみた。

image


餃子が20個入っていて、なかなかのボリューム!。付け合わせで茹でモヤシがついているが浜松餃子の特長。

餃子とライス、味噌汁のセットになっている。

image


餃子のタレとお店特製のラー油を入れて食べてみる。

餃子はアツアツに焼かれて出来立て。皮がパリパリサクサクで、中の具はとてもジューシーで肉汁が溢れてくる。

刻んだキャベツがたっぷり入っていて、キャベツの甘味と豚肉ミンチのジューシーな旨味とよくマッチして申し分ない旨さ。

茹でモヤシと一緒に食べると、茹でモヤシが餃子の油っこさを中和してくれる感じで、ドンドン餃子とライスが進む!。

さすがに宇都宮を抜いて餃子日本一になっただけの実力を感じさせる。絶品餃子を堪能できてとても満足な一皿やった(^o^)v。

大定食:1280円

喜暮里:浜松市南区増楽町563-2


営業時間:11:30〜14:30 16:30〜21:00 第3水曜、木曜休

あと、数年前に関東で仕事をしていた時に職場の人と訪れた「むつ菊」ちゅうお店を紹介したい。

CA3A0425


こちらも老舗の人気店。入るとカウンター席のみのこじんまりとした店内やけどすでに満席状態。

しばらく待って席に座り、メニューを見ると餃子とビールのみでまさに餃子の直球勝負!

餃子は一人前(10個)、中(15個)、大(20個)、徳大(26個)がある。今回は大を注文してみた。

CA3A0424


丸い皿に円形に餃子がならべてあり、真ん中に定番の茹でモヤシがのっている。

焼きたてアツアツでヤケドしそうになるくらい。皮は外側はパリパリで中はもっちりした食感があり、具もジューシーでとてもうまい!。

それほど油っこさはなく、さっぱりとした味わいなので、ドンドン食べれる感じであっと言う間に完食してしまった。

また次の機会に別のお店も試してみたいと思う。

餃子大:880円

むつ菊:浜松市中区助信町41-27


営業時間:12:00〜20:00 土日祝12:00〜18:00 月曜、火曜休



人気ブログランキングにワンクリックを!!

人気ブログランキング