2004年09月19日

2004/09/19 丹後100kmマラソン

国内のウルトラマラソンのコースの中でも丹後はアップダウンが激しく、タフなコースといわれています(…そうらしい)。

スタート直後と35kmに七竜峠 標高150mのアップダウン、60km過ぎからは このコースの山場 碇高原400mのアップダウン、さらに80km過ぎから 200mのアップダウンがあります。
ほかにも 高低図に出てこないような、小さな起伏は無数にあります。

今回の私の作戦は「碇高原 以降の 上り坂は歩く」 です。
作戦とは言えませんが、とりあえず 完走を目指す…ということです。

【Race Report】
朝4時半のスタートから 60kmまでは まずまず順調でした。
途中数カ所にあるエイドステーションで、いっぱい水分補給し マッサージまで受けていましたが、その時間を含めても 1km5分40秒ペースを維持しました。

んで、件の 碇高原に入ってからですが、途中平坦な箇所もありますが 上り坂が延々10km程続きます。
作戦通り 上り坂は歩いたので、60〜70kmは 1時間30分かかりました。
1km9分ですか。う〜ん。

碇高原を登り切り あとは下りだ…と喜びましたが、急な下り坂って 結構 脚に堪えるんです。
7km程もある下り坂で 太腿の前側・スネが痛くなってきました。
ペースがあがらず、70〜80kmは1時間15分かかりました。
下り坂で元のペースに戻らなかったのは、計算外でした。

次の80〜90kmも 上り坂は歩く…ということで 上りの距離自体は短いのですが、1時間20分くらいかかりました。

最後5kmになって、スネの痛みがひどくなり 走れなくなりました。
残り時間を計算すると、全部歩いても 完走はできそうです。
「走るのは 観客が多数注目していらっしゃる ゴール直前だけしよう」と 心に決め、ひたすら歩きました。

90km地点から 2時間弱、100km地点を過ぎ(100kmマラソンを謳っていますが 今回は 100.9kmだった!)、ゴール直前の曲がり角を曲がる直前から ヨタヨタと走り出し、ゴールテープを切りました。
タイムは 13時間24分55秒。無事完走です。
完走メダルをもらった時、じ〜んとしました。


今回のレースを反省するに、完走できたのは 前半の貯金のおかげですね。
長い距離を走るトレーニングと、坂道の練習をしないとダメですなぁ。

【Postscript】
・体脂肪が減りました。レース2日前就寝時10.3% → レース直後就寝前7.8% です。
・マラソンもしんどかったけど、帰途 クルマの運転も ある意味 しんどかったです。

【Photos】
スタート前日、説明会にて
スタート前日

スタート直前
スタート直前

くみはまSANSAIKAN(16.5km地点)
くみはまSANSAIKAN

丹後あじわいの郷(51km地点)
丹後あじわいの郷

ゴールテープを切る瞬間
ゴールテープを切る瞬間

ゴール直後 完走メダルと共に
ゴール直後

Posted by katsuhiko007 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsuhiko007/8132361