私の、師匠の一人である、大阪製作所の後藤社長が生出演されたNHKの番組を、おくればせながら、ようやく見ました。


後藤さん。めちゃかっこよかった!!!!


なんか、番組全体としては、

  元気な大阪を、もっと演出できないの?
  番組の趣旨は、大阪をへこますことか?!

  おいおい。
  なんの為に放送してんねん!もっと盛り上げんかい!!!

というのが率直な感想でした。

そのなかでも、後藤さんと、堀江のおっさんは、前に進むオーラが、ビンビンでてて、この二人が出ていなかったら、ホンマしょうもない番組になってたんちゃうやろかと思いました。

 

いっつも思うんですが、なんで、マスコミさんって景気の悪い話ばっかりするんでしょうね・・。


  八尾に来いよ、東大阪に来いよ、門真にこいよ、

  人が足りなくって、ヒーヒーいってんねん。
  後継者がいなくって、焦ってんねん。

  仕事は、あるねん!!!あるねん!!!あるねん!!!
   それも、メチャクチャ面白い仕事やねん!!!!

  観光サービスとか言うとるの前に、こっちに人よこせーー!!


ってな、メッセージを私たちが伝えていかないといけないのかもし
れませんね。

堀江のおっさんと、後藤さんは、自分自身でアクションをおこす、という気持ちが前面にでていましたが、ほかの大阪人って、なんであんなに、行政とか大きな物に動いてもらうことを期待するんでしょうね。

堀江のおっさんの『13年掛かりました。でも、まだまだです。』
という言葉とその時の笑顔が、胸に突き刺さりました。


自戒をこめて。勝手に感想文でした(^^)