これ、とんでもない名著です!
ザクっと言うと、池井戸作品に松岡修造本人が登場する感じ

松岡修造のぶっ飛んだ言葉のひとつひとつが、理性と情熱をかね備えていて胸を揺さぶります。