僕はここにいます

未来は「想像」するものではなく「創造」するもの

生きてます

閲覧してくださっている皆さまへ

いつもありがとうございます。

生きてます。

仕事にもいっています。
無理は禁物なはずなのですが、慌ただしく過ごしています。

出来事があった日付け、物事を考えた日付けを残しておきたいので、
ただいま、バックデートして更新しております。

引き続き、ご贔屓に。

ふじてぃ より


まぢ?

608C0D2F-18DA-4425-983C-DABE043D723F

今日は、職場の健康診断でした。

去年と比べて、体重が12kgとか減っているので、「体重計に乗り直して下さい」とか、「腹囲を測り直させてください」と言われて再測定したり、右肘の血管を指さして「いつもココを狙われているね!」と注射針を刺されたり、斜視の検査で「バスに人は乗っていません!」と回答したり。

いつもどおりではあったのですが、今回のネタは、検査を終えた後の問診(VTD症候群の問診)でした。

今回は、担当する医師は、若い "おねーちゃん" って感じの女医さん(本職は、腎臓内科医らしい)だったのですが、カーテンをめくって診察室に入って顔を見た途端、目つきが変わって。

あ。バレた。

って思いました。何がバレたのかって、複視がバレました。なので、事前に記入していた問診票を手渡しながら、重症筋無力症なんです〜って申告したら、おねーちゃん先生が、

まぢ?

って。なにが「まぢ?」なんだろう???(謎)

この職場にMG患者がいるわけないと思っていたのか、僕の動作や発声からMG患者とは思えないと判断したのか、なにが「まぢ?」なのかは分かりません。

肩凝りだとか、目の疲れだとか、VTD症候群に関する会話を交わした後、聴診器を胸に当ててくださったのですが、胸の手術跡をみて、今度は、

きれい〜

とな。僕は、ケロイド状に残った胸の手術跡(横10cm、縦15cmのT字型)を「きたない」とか「恥ずかしい」と思ったことはないのですが、だからといって「きれい」だとは決して思ったことはないので、そんなものなのかーと。よく分からないけど、きっと、おねーちゃん先生の経験にて「きれいではない手術跡」というもあるのでしょう。

腎臓の話をしたかったのですが、待っている人が沢山ならんでいるので、診察終了。




月末

CIMG0555

8月もおしまい。

今年は、久しぶりに花火大会に行ったし楽しかったです。たぶん、2001年の夏 at 仙台 以来です。

一方、仕事は、正規の残業も多すぎるし、サービス残業も多すぎ。

呼応するように、クレアチニンも上昇。ふぅ。

−−−
体重:先月 -3.8 kg。(遠刈田温泉で食べすぎた。)
1月の残業:34 時間 
サービス残業:25 時間



プロフィール

ふじてぃ

環境電磁工学の研究をしています/重症筋無力症31年/紫斑病性腎炎10年/座右の銘は『人間、万事塞翁が馬』

http://www004.upp.so-net.ne.jp/katsumi/

月別アーカイブ
MGsky

MGスカイ 重症筋無力症患者と家族のための応援サイト



1日1クリック!

にほんブログ村 FC2
人気ブログランキング ブログランキングならblogram
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近のコメント
  • ライブドアブログ